ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしの現実20選【10年続けた経験者語る】

  • 投稿日時:3週間前

ホテル暮らしは、多くの人にとって非日常の贅沢、あるいは遠い夢のような存在かもしれません。しかし、実際には生活のスタイルとして選択する人が世界中に増えています。特にデジタルノマドの流行と共に、場所に縛られずに仕事をする現代人にとって、ホテル暮らしは新たなライフスタイルの一つとして注目されています。

このブログ記事では、ホテル暮らしを約10年続けている私が、「ホテル暮らしの現実20選」と題して、ホテルでの生活がもたらすさまざまな現実を紹介します。快適さや利便性の中に隠された課題や、意外と知られていないメリットについても触れていきます。ホテル暮らしを検討している方、あるいはただ興味がある方にとって、有益な情報を提供できれば幸いです。


ホテル暮らしの現実:良い面15選

賃貸より普通にホテル暮らしの方が安い

一般的に、「ホテル暮らし」と聞くと、高級感あふれる生活を送ることができるが、その代わりに多額の費用が必要だというイメージを持つ方が多いかと思います。しかし、実際のところ、ホテル暮らしの現実は、思いのほか経済的な面で有利な場合があります。特に、東南アジアのような地域でホテル暮らしをする場合、日本の都市部の賃貸物件と比べて、予想外にリーズナブルに生活ができるのです。

例えば、東南アジアでは1泊あたり3,000円から4,000円で、清潔感があり、快適に過ごせるホテルに泊まることが可能です。この価格帯であれば、月額にして約12万円程度となり、日本の都市部の一人暮らしの賃貸物件と比較しても決して高くはありません。

更に、ホテル暮らしの場合、光熱費やインターネット料金、清掃サービス、日用品(ティッシュやトイレットペーパーなど)のコストも含まれています。つまり、これらを全て加味すると、賃貸物件に住むよりも、トータルでの生活費が安く済む可能性があります。

また家具家電代、引っ越し費用、敷金礼金、仲介手数料も当然ありませんから、東南アジアなどコスパ良くホテル滞在ができる国であれば、トータルで考えるとホテル暮らしの方が安いでしょう。


コスト管理が圧倒的に楽

多くの方が経験するであろう賃貸生活では、毎月の出費を把握することが一つの課題となります。特に、水道光熱費、インターネット料金、生活用品の購入など、さまざまなコストが個別に発生し、それぞれ支払い方法や請求のタイミングも異なるため、正確な支出管理が求められます。このような状況は、「今月の給料で全ての費用を賄えるだろうか…」という不安を抱える原因ともなり得ます。

しかし、現実にホテル暮らしを選択すると、このようなコスト管理の手間が圧倒的に軽減されることが魅力の一つです。例えば、1泊5,000円のホテルに滞在する場合、その料金には水道光熱費、インターネット使用料、生活用品代、そして清掃代まで含まれているのが一般的です。これにより、ホテル代と食事代以外に、大きな出費を気にする必要がなくなります。

私自身、10年以上ホテル暮らしを続けていますが、この生活を選んだ最大の理由の一つが、まさにこのコスト管理の楽さです。以前は賃貸で生活していたため、毎月の光熱費やインターネット料金、更にはトイレットペーパーのような日用品の購入に至るまで、常に何かしらの支出を意識していました。しかし、ホテル暮らしに切り替えてからは、生活に必要な費用をシンプルに把握できるようになり、精神的な余裕も生まれました。


不動産会社や管理会社に対してイライラしなくて済む

賃貸物件を探す際や、契約する過程で、不動産会社や管理会社とのやり取りにイライラした経験をお持ちの方は少なくないでしょう。特に、日本独特の敷金・礼金、仲介手数料といった初期費用は、海外にはほとんど存在しない制度であり、これらの費用に納得がいかないと感じる方も多いのが現実です。

私自身、東京で30万円の賃貸物件を借りた時、「なぜ仲介業者がやる仕事の内容は一緒なのに、安い物件も高い物件も一律に賃料1ヶ月分を取られなければならないのか」と疑問に感じました。加えて、契約解除時には、私がつけたかもわからない傷の修繕費として、敷金のほとんど半額にあたる15万円を請求されたこともあり、その不満は今でも忘れられません。

しかし、ホテル暮らしに切り替えてからは、このようなストレスとは無縁の生活を送っています。ホテルでの生活では、そもそも敷金や礼金、仲介手数料といった費用は発生せず、滞在費に全てが含まれています。そのため、賃貸物件を借りる際に感じるような、理不尽な費用に対する不満を抱えることがありません。

また、ホテルでは、内装に傷をつけないよう注意するのは当然ですが、「傷をつけたら何万円も請求される」という不安を感じずに生活できる点も大きな魅力です。


その時の収入に応じてホテル代を調整できる

ホテル暮らしの現実として特に魅力的な点は、自身の収入状況に応じてホテル代を調整できる柔軟性にあります。特にフリーランスや自営業者の方々にとって、月々の収入が一定ではないのは日常茶飯事。一時的に収入が下がったときに高額な賃料を払い続けるのは、精神的にも経済的にも大きな負担です。

しかし、ホテル暮らしでは、その時々の経済状況に応じて、滞在するホテルのグレードを調整することが可能です。例えば、収入が比較的安定している時期は、やや高級なホテルで快適な生活を楽しむことができます。一方で、収入が少なくなった月は、コストパフォーマンスの高いホテルに移ることで、生活費を抑えることができるのです。このような柔軟性は、賃貸物件ではなかなか実現しにくいものです。

東南アジアなど、特にホテルの宿泊費が比較的安価な地域では、2,000円台でも快適に過ごせるホテルがあり、生活費を大幅に節約することが可能です。節約した費用を事業投資に回すなど、賢い資金運用も夢ではありません。逆に、収入が増えた際には、一流のマリオットホテルやリッツカールトン、フォーシーズンズホテルなどに宿泊し、贅沢な時間を過ごすことも可能になります。


部屋に虫が出ても、自分で対処する必要ないから楽

生活をしていれば、どうしても避けられないのが部屋に虫が出現すること。特に、日本のような四季がはっきりしている国では、季節の変わり目には虫が出やすくなります。私も以前、一人暮らしをしていた時には虫が苦手で、部屋に虫を見つけると自分でなんとか対処しなければならないストレスに悩まされていました。しかし、ホテル暮らしに切り替えてからは、このような心配から解放され、より快適な生活を送ることができるようになりました。

実際のところ、ホテル暮らしの現実として特にありがたいと感じるのは、もし部屋に虫が出ても、自分で対処する必要がない点です。何か問題があれば、すぐにホテルのスタッフに連絡を取り、対応してもらうことができます。特に、高級ホテルでは、客室に虫が侵入した場合には、迅速に新しい部屋に変更してくれたり、場合によってはお詫びの意味でフルーツの盛り合わせなどのサービスを提供してくれることもあります。

また、ホテルの定期的な清掃や害虫対策が徹底されているため、そもそも虫が部屋に入り込むリスク自体が低減されます。


水道光熱費など各種手続きがなくて楽

新しい生活を始める際、多くの人が直面するのが、水道光熱費やインターネット契約といった各種サービスの手続きです。実際、私自身が以前賃貸物件に引っ越した時、これらの手続きの煩雑さには本当に困惑しました。インターネットで簡単に完了するものもあれば、水道局に直接電話をかけたり、特定の書類を郵送で提出しなければならないケースもあります。そのたびに感じたのは、「この手続きを引っ越しのたびに繰り返すのか…」という疲労感と、ほんの少しの絶望感でした。

しかし、ホテル暮らしの現実として、このような手続きに悩まされることがありません。ホテルの場合、滞在費には水道光熱費やインターネット使用料が全て含まれています。そのため、ホテルを移動しても新たに手続きをする必要がなく、面倒な書類の提出や契約の更新などから完全に解放されるのです。これが、ホテル暮らしを選択する大きな魅力の一つであり、生活をよりシンプルに、そして快適にする秘訣でもあります。


審査がないし、保証人も不要

賃貸物件を借りる際には、多くの場合、審査を通過する必要があり、また保証人を立てることが求められます。特に、フリーランスや起業したばかりの方々にとっては、これが大きな障壁となることが少なくありません。収入が不安定であったり、希望する条件の物件を見つけても、審査で断られてしまうことが珍しくないのが現実です。このような状況は、日本特有の問題とも言われており、多くの人がこのシステムに対してフラストレーションを感じています。

しかし、ホテル暮らしでは、このような問題に直面することはありません。ホテルでは宿泊の審査が必要なく、また保証人を求められることもないため、誰もが気軽に始めることができます。自分が希望するグレードのホテルを選び、宿泊料金を支払えば、それだけで生活のスタートを切ることができるのです。


買い物の手間、清掃の手間が省けて楽

ホテル暮らしの現実をご紹介する中で、特に注目したいのが、日々の生活における買い物や清掃といった手間が一切不要という点です。私も以前、東京の千代田区で賃貸物件に一人暮らしをしていた経験がありますが、仕事で疲れて帰宅した後に部屋の掃除をするのは、正直なところ大変な労力でした。特に、忙しい時期は掃除を1週間以上放置してしまい、水回りが汚れてしまった時の気分の落ち込みようといったらありませんでした。

しかし、ホテルでの生活に移行してからは、このような日常の負担から解放されました。ホテル生活では、部屋の清掃はもちろん、シーツやタオルの交換も日々行われるため、常に清潔な環境で過ごすことができます。また、部屋を綺麗に保ちたい時は、ドアノブに「Please Make Up Room」の札をかけておくだけで、部屋が整えられるのです。この手軽さは、疲れている時に特にありがたく、生活の質を大きく向上させてくれます。

また、買い物に関しても、ホテル生活ではその手間が大幅に削減されます。例えば、トイレットペーパーやシャンプーなどの日用品の補充はホテル側で行われるため、自分で購入する必要がありません。さらに、多くのホテルではルームサービスやレストランが併設されているため、食事に関しても、外に出て食材を買ってくる必要がなく、部屋でリラックスしながら食事を楽しむことができます。


トラブルが起こっても部屋を移動するだけで解決できて楽

生活していれば、思わぬトラブルに遭遇することも珍しくありません。特に、賃貸住宅で生活していると、エアコンが壊れたり、水漏れが起こったりといった問題が突如として発生することがあります。例えば、真夏にエアコンが故障した場合、修理業者に連絡し、修理の手配をするまでの間、暑さに耐えながら過ごす必要があります。この間、修理費用の負担や、快適な生活が送れないストレスは計り知れません。

しかし、ホテル暮らしの現実として、このようなトラブルが起こった場合でも、部屋を移動するだけで問題が解決するため、非常に楽です。エアコンが機能しなくなったとしても、フロントにその旨を伝えれば、迅速に別の部屋への移動を手配してもらえます。このプロセスは、自分で修理業者を探し、費用を負担し、修理が完了するまでの間不便を強いられる賃貸生活と比較すると、格段に手間がかかりません。

さらに、ホテル暮らしでは、その他のトラブルについてもホテル側が全責任を負います。高級ホテルの場合、部屋に何か問題があった際には、クラブラウンジの利用権を提供されるなど、お客様の不便を最小限に抑えるための配慮がされていることが一般的です。


隣人関係を気にしなくて楽

多くの人が賃貸での生活において、隣人との関係に一定の気を遣うことは避けられない現実です。例えば、「夜遅くまで音を立てないように気をつけよう」「早朝や深夜のエレベーターでの鉢合わせを避ける」「廊下での会話は控えめに」といった、無意識のうちに心がけていることもあるでしょう。これらは、他人との共生の中で生じる自然な配慮ですが、時にはそれがストレスに感じられることもあります。

しかし、ホテル暮らしでは、このような隣人関係に関する悩みが根本的に存在しません。ホテルでは、宿泊客が常に入れ替わるため、特定の隣人と長期にわたって関わることがほぼありません。そのため、普段の生活において「隣人を気にして行動を制限する」ということが必要なく、より自由に、ストレスなく生活を楽しむことができるのです。

実際にホテル暮らしをしていると、夜中に映画を見たり、早朝から音楽を聴いたりする際も、隣室に気を遣う必要が格段に少なくなります。もちろん、基本的なマナーは守るべきですが、賃貸住宅におけるような、細やかな配慮からは解放されます。


所有物がないから精神的に楽

ホテル暮らしをする上で感じる大きな解放感の一つが、所有物がほとんどないことからくる精神的な楽さです。日本の賃貸住宅では、基本的に家具や家電が付いていないことが多く、新生活をスタートする際にはテーブル、椅子、テレビ、ベッド、洗濯機など、生活に必要なものを一から揃える必要があります。この初期投資だけでも相当な出費となり、さらに家具や家電は使用しているうちにいずれ壊れるため、その都度修理や買い替えのコストが発生します。

加えて、使わなくなった家具や家電を処分する際にも、費用がかかるだけでなく、処分業者に連絡を取り、回収の手配をするといった手間が伴います。特に、質の低い家具や家電では、売却して処分することも難しく、結局は処分費用を支払って手放すことになるケースがほとんどです。

しかし、ホテル暮らしの場合、これらの悩みから一切自由です。ホテルの部屋には、生活に必要な家具や家電が全て揃っており、自分で何かを揃える必要はありません。また、所有物が少ないため、壊れるリスクや処分の手間も考える必要がなく、生活が非常にシンプルになります。移動する際も、個人の荷物だけをまとめれば良いため、引っ越しの手間やコストも大幅に削減されます。


物が盗まれることは海外でもほとんどない

ホテル暮らしを検討する際、セキュリティ面での不安を抱える方も少なくないかもしれません。特に海外での生活では、物が盗まれるリスクについて心配されることがあります。しかし、実際にホテル暮らしをしてみると、このような不安はほとんど無用であることがわかります。私自身、東南アジアをはじめとするさまざまな地域でホテル暮らしを経験してきましたが、物品が盗まれたという経験は一度もありません。

多くのホテルでは、客室のセキュリティに大きな注意を払っており、特に貴重品を安全に保管できるように、セーフティボックスが設置されていることが一般的です。もちろん、机の上に高価な物品や現金を放置することは避けるべきですが、スーツケースにロックをかけておく程度の対策で、大抵の問題は防げます。実際、私が清掃スタッフに部屋を任せる際も、貴重品は常に自分で管理し、外出することで、安心してホテル生活を送ることができています。


男であればスーツケース一つで問題なく生きていける

ホテル暮らしをする上での現実の一つとして、特に男性であればスーツケース一つで快適に生活を送ることが可能です。賃貸暮らしに慣れ親しんでいると、日常生活を営むためには多くの物品が必要だと考えがちです。しかし、実際には、必要最小限の持ち物で生活することが、非常に解放感のある経験となり得ます。

特に、ビジネスシーンでスーツを着用する必要がある方や、ファッションに興味が深い方でなければ、衣類や日用品を選び抜いて一つや二つのスーツケースに収めることで、あらゆる生活シーンに対応することができます。この点が、ホテル暮らしを選択する上での大きな魅力となっています。

例えば、私自身も約10年にわたってホテル暮らしを続けていますが、不要なものは日本にある倉庫などに入れたりして対応し、何の問題もありません。

海外では洗濯屋さんに1kg200円くらいで洗濯を外注できて楽

ホテル暮らしの現実で特に海外生活を快適にしてくれるのが、洗濯を気軽に外注できる環境です。洗濯は日常生活の中で欠かせない家事の一つですが、正直なところ面倒に感じることもあります。特に長期の旅行中や海外での生活では、洗濯機のない環境で困ることも多いでしょう。しかし、東南アジアをはじめとする多くの国では、非常にリーズナブルな価格で洗濯を外注するサービスが充実しています。

たとえば、タイやベトナムでは、地元の洗濯屋さんに1kg200円程度で衣類の洗濯を依頼できます。これは、自宅で洗濯をする手間や時間、さらには洗濯機のメンテナンスコストを考えると、驚くほど経済的な選択と言えるでしょう。この手軽さとコストパフォーマンスの良さが、ホテル暮らしをさらに魅力的なものにしています。

ホテル暮らしの現実:悪い面5選

日本でのホテル暮らしはコスパが悪すぎる

ホテル暮らしの選択肢を考える際、特に日本国内での実践はコストパフォーマンスの面で大きな課題を抱えています。かつては一泊5,000円程度で快適に過ごせるホテルも少なくありませんでしたが、近年のインフレの影響を受け、同じレベルのホテルに宿泊するためには、一泊あたり1万円以上の出費が必要になることが珍しくありません。これは、長期的に見ればかなりの出費となり、特に経済的に厳しい条件のもとで生活をしている人にとっては、現実的な選択肢とは言い難い状況です。

例えば、ビジネスホテルの中でもポピュラーな「アパホテル」でさえ、都心部では1泊1万円を超えるケースが増えています。このような状況では、ホテル暮らしを持続することは、毎月の生活費が非常に高くつくことになります。一方で、東南アジアなどの一部の地域では、1泊3,000円程度で清潔感のある快適なホテルに滞在することが可能です。この差は、特にリモートワークが可能な人にとって、海外での生活を検討する大きな動機となり得ます。

東南アジアであまりにも安いホテルだと水回りが臭ったりする

ホテル暮らしをする上で、東南アジアはその手頃な価格設定によって非常に魅力的な選択肢となります。しかし、価格があまりにも安いホテルを選択すると、水回りが臭うなどの問題に直面することがあります。特に、都市部の低価格ホテルは、そのような問題を抱えている確率が高く、快適な生活空間を求める上で注意が必要です。一般的には、一泊3,000円を下回る価格帯のホテルでは、そのリスクを覚悟する必要があると言えるでしょう。

しかし、都市部から少し離れたエリアでは、現地の物価が反映された価格設定のため、3,000円でも清潔で快適なホテルに滞在することが可能です。こうしたホテルは、郊外に位置しているため、中心地へのアクセスには少々時間がかかりますが、東南アジアではタクシーや電車の運賃が非常に安価なため、特に問題にはなりません。観光目的でなければ、中心地にこだわらず、郊外の快適なホテルを選択することで、コストパフォーマンスの高いホテル暮らしを実現することができます。

海外ホテル暮らしの場合にはビザを考慮する必要がある

海外でのホテル暮らしを選択する際、考慮しなければならないのが、ビザの滞在可能期間です。多くの国では、ビザや滞在許可に定められた期間内に出国し、再入国する必要があります。このビザの制約は、海外での長期滞在を計画する上で重要なポイントとなります。特に、1〜2ヶ月おきに出国する必要がある場合、航空券の費用や出国の手間が、生活コストや計画に大きく影響を及ぼします。

最近では、インフレの影響もあって、航空券の価格が上昇傾向にあり、このトレンドはホテル暮らしを検討する上で無視できない要素です。しかし、地理的に距離が短い国々間では、比較的リーズナブルな価格で航空券を手に入れることが可能です。例えば、タイとベトナム、マレーシアとタイといった路線では、安価な航空券が見つかることがあります。

おわりに


ホテル暮らしには、想像以上の快適さと日々の生活を豊かにするポテンシャルが秘められています。しかし、その一方で、コストの問題やビザの滞在期間の管理など、考慮すべき点も少なくありません。この記事を通じて、ホテル暮らしの現実的な側面を多角的に見てきました。

日本国内でのホテル暮らしのコスパの問題、海外での生活におけるビザ管理、そして物品の安全性など、ホテルで生活することのメリットとデメリットをバランス良く理解することが重要です。ホテル暮らしを選択するかどうかは、個々人のライフスタイルや価値観、そして目的によって異なります。この記事が、ホテルでの長期滞在を考える一助となり、より豊かで快適な生活を実現するための参考になれば幸いです。最終的には、自分にとって何が最適なのかを見極め、理想の生活を実現していただきたいと思います。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X