ENGLISH WORK公式

アイルランド留学で失敗する人が多い理由9選

  • 投稿日時:2週間前

アイルランドは、その緑豊かな風景、豊富な文化遺産、そしてフレンドリーな国民性で知られています。多くの学生にとって、アイルランドでの留学は英語力を高め、新たな文化を体験する貴重な機会です。しかし、留学が常に成功するわけではありません。成功体験談の陰で、挑戦と苦労を経験する学生も少なくありません。本記事では、アイルランド留学で失敗する人が多い理由9選をご紹介します。これらのポイントを把握し、事前に準備をすることで、留学生活をより豊かで有意義なものにすることができるでしょう。


アイルランド留学で失敗する人が多い理由9選

英語の訛りは想像以上

留学と聞けば、多くの人が英語力の向上を最大の目的としています。しかし、アイルランドでの留学を失敗と感じる人が少なくない一因に、「英語の訛りが想像以上」という点があります。この問題について、皆さんと共有したいことがあります。

まず、失敗を避けるためには、アイルランド独特の英語の訛りについて理解しておく必要があります。例えば、私がアイルランドに留学した際、最初の数週間は地元の人々との会話に大きな困難を感じました。なぜなら、彼らの話す英語は、私がこれまで学んできた英語とはかなり異なる音色とリズムを持っていたからです。具体的には、「three」を「tree」と発音するなど、独特の発音が多々あります。加えて、アイルランド人は比較的早口で話す傾向にあり、これがさらに聞き取りを困難にしています。

学校での学習だけでなく、日常生活の中で英語に触れる時間が多い留学では、地元の人々とのコミュニケーションが非常に重要です。しかし、アイルランドの英語は、その訛りと速さにより、英語学習者にとっては大きな壁となり得ます。実際に、授業後の生活の中で、地元の人とスムーズにコミュニケーションを取ることができなかったために、英語力の向上を実感できないと感じる学生も少なくありません。

私の体験では、語学学校の先生は確かに訛りのない標準的な英語を教えてくれますが、学校の外で過ごす時間の方が長く、その間に地元の人々と触れ合う機会が多くあります。このように、アイルランド留学での英語の訛りは、学習者にとって想像以上の影響を与えるのです。


田舎すぎて首都ダブリンでも3ヶ月で飽きる

留学を考える際、私たちはしばしば新しい環境での刺激や学びを夢見ます。しかし、アイルランドでの留学を失敗と感じる一つの理由に、「田舎すぎて首都ダブリンでも3ヶ月で飽きてしまう」という現象が挙げられます。この点について、少し詳しくお話ししましょう。

アイルランドはその豊かな自然や歴史的建造物、落ち着いた生活環境で知られています。特に首都ダブリンは、その文化的魅力や教育施設の充実さで多くの留学生を引きつけています。しかし、ロンドンのような大都市の活気や多様性を期待してアイルランドに来ると、3ヶ月ほどでその落ち着きが逆に物足りなさを感じさせることになるかもしれません。

実際、ダブリンは日本の地方都市に似た規模感を持っています。活動できる場所やイベントの種類が限られているため、初めは新鮮に感じられる異文化の体験も、時間が経つにつれて日常の繰り返しとなり、新鮮味を失ってしまいます。たとえば、ダブリンの中心部を歩き尽くしてしまったり、同じカフェに何度も足を運んだりするうちに、「もうここでは新しい発見がないかもしれない」と感じ始めることでしょう。

さらに、留学生活では新たな刺激や日々の変化が英語学習のモチベーションを保つ重要な要素です。しかし、ダブリンの静かな日常は、学びの場としては理想的ですが、やがて英語を使う環境においても同じルーチンが繰り返され、学習意欲の低下に繋がることがあります。

このような状況を避けるため、アイルランド留学は短期間に留め、留学生活の残りをロンドンやスコットランドなど、より大きな都市で過ごす選択肢も考慮に値します。異なる文化や生活環境を経験することは、英語学習だけでなく、個人の成長にとっても貴重な機会となります。また、留学先を変えることで新たな刺激を得られ、英語学習のモチベーションを維持しやすくなります。


旅行のことばかり考え始める

学の目的は人それぞれですが、中にはアイルランド留学をして失敗する方々がいることも残念ながら事実です。その一つの理由として、「旅行のことばかり考え始める」という現象があります。この点について深掘りしてみましょう。

アイルランドの静謐な魅力は多くの留学生を引き寄せますが、3ヶ月が経過すると、一部の学生はその穏やかな生活に飽きを感じ始めます。特に9ヶ月以上の長期留学の場合、時間が経つにつれて、学業よりも旅行への関心が高まることがあります。この変化は、学校をサボりがちになるという結果を招きかねません。

実際、アイルランドからはヨーロッパ各国への格安航空券を簡単に手に入れることができます。片道2000円程度で訪れることができる国も多く、この便利さが旅行への誘惑を強める一因となっています。留学生活の中で、いつしか英語学習よりも新たな国や文化を経験することに重きを置くようになり、結果的に留学の本来の目的を見失ってしまう人も少なくありません。

私自身、1年間のアイルランド留学を経験しましたが、半年を過ぎた頃から学校に通うことよりもヨーロッパ中を旅する魅力に心奪われました。確かに、旅行は素晴らしい経験であり、英語力の向上にも繋がります。しかし、振り返ってみると、英語学習にもっと集中していればと思う瞬間もあります。

このような状況を避けるためには、留学の目的を常に自問自答することが重要です。また、飽きが来ないような環境での留学を選択することも一つの解決策です。たとえば、より多様な文化や活動があるロンドンなどの都市では、学業と旅行のバランスを保ちやすいかもしれません。


物価が安いといってもヨーロッパだから日本より高い

留学する際、多くの人が計画において重視するのは経済的な側面です。しかし、アイルランド留学を失敗と感じる人の中には、「物価が安い」という誤解のもと、不意に経済的な困難に直面するケースがあります。この点について、詳しくお話ししましょう。

アイルランドは、ヨーロッパ内で見れば比較的物価が低い国の一つとされていますが、日本と比較すると全体的に物価は高めです。例えば、外食の平均的なコストは日本よりも高く、住居費も都市部では特に高額になりがちです。また、日用品や交通費など、生活全般にわたる費用が日本と同じ感覚で計画されていると、すぐに予算オーバーとなる恐れがあります。

特に留学初期には、新しい生活に必要なものを揃えるために多くの出費が発生します。この時期に日本と同じ物価感覚でいると、あっという間に手持ちのお金が底をつき、留学生活が苦しくなってしまいます。留学生活が苦しくなると、せっかくの留学の機会にも関わらず、家にこもりがちになり、現地での体験や学びの機会を十分に活かせなくなることも。

例えば、ダブリンの中心部でカフェに入ると、一杯のコーヒーに4ユーロ(約500円)以上はかかることが普通です。これは日本の多くのカフェよりも高価です。また、公共交通機関を利用する場合も、日本の一部の都市と比較すると、運賃が高い傾向にあります。

このような状況を避けるためには、留学前にしっかりと現地の物価を調査し、日本とは異なる物価水準を理解しておくことが大切です。また、予算を立てる際には、余裕を持った計画を立て、日々の生活費用を管理することが重要となります。


美味しい日本食はあまりない

留学中に直面する様々な挑戦の中で、意外と見落とされがちなのが「食」に関する問題です。特に、アイルランド留学で失敗すると感じる一因に、「美味しい日本食はあまりない」という点が挙げられます。留学の初期段階で多くの学生が直面するこの現実について、詳しくお話しします。

アイルランドには確かに日本食レストランが存在しますが、その数は決して多くはありません。そして、そこで提供される日本食のクオリティに関しては、正直言って期待を大きく下回ることが少なくありません。さらに、日本食レストランの価格は高めに設定されており、日本であれば手頃な価格で楽しめるお寿司や天ぷらも、アイルランドでは贅沢品となり得ます。例えば、お寿司が4000円以上することは珍しくなく、日本食を楽しむには相応の覚悟が必要です。

このような状況は、特に日本食を慣れ親しんだ人にとって、留学生活のストレス要因となることがあります。留学初期には新しい食文化への適応が楽しいものですが、時間が経つにつれて、慣れ親しんだ味が恋しくなるのは自然なこと。しかし、アイルランドではそのような時に手軽に対応できる選択肢が限られています。

私の場合は、語学学校で知り合ったロシア人の経営者の女性が、時折日本食をご馳走してくれる機会がありました。このように、現地での人脈を通じて日本食を楽しむことができる場合もありますが、それには運も関係しますし、常に可能なわけではありません。


気軽に外食できない

アイルランド留学で失敗を感じる人が直面する問題の一つに、「気軽に外食できない」という現実があります。日本と比較すると、アイルランドをはじめとするヨーロッパでは、外食文化に大きな違いがあることが挙げられます。この点について、より深く考えてみましょう。

ヨーロッパでは、日本のように手軽に食事を楽しめる飲食店は確かに少ないです。アイルランドでは、高級レストランやファストフード店の二極化が顕著で、吉野家や大戸屋、日高屋のような、手頃な価格で栄養バランスの取れた食事を提供する店舗は限られています。このため、日本で外食を頻繁にしていた留学生は、アイルランドでの食生活に戸惑うことが少なくありません。

例えば、日本では仕事や学業の合間にサクッと立ち寄れるラーメン屋や蕎麦屋がありますが、アイルランドではこのような食事のスタイルを見つけるのが一苦労です。また、気軽に入れるカジュアルなパスタ屋さんも、アイルランドでは必ずしも手ごろな価格で提供しているわけではありません。

この状況は、留学生の食生活に大きな影響を及ぼすことがあります。外食の選択肢が限られているため、栄養バランスが偏りがちになる可能性が高いのです。また、外食のたびに高額な支払いを強いられることで、経済的な負担も大きくなります。結果として、留学生は健康的な食生活を送るために、自炊を余儀なくされることになりますが、これがまた別の課題を生むことになります。


いくらフレンドリーな国民性とはいえ現地人の友達を作る難易度は高い

アイルランド留学で失敗する人が直面する問題の一つに、いくらフレンドリーな国民性とはいえ、現地の友達を作る難易度の高さがあります。これは留学の成功を左右する重要な要素であり、その背景にはいくつかの理由があります。

まず、アイルランドの人々は非常にオープンでフレンドリーですが、その発音や話し方は英語を母国語としない人にとっては聞き取りにくいことが多いです。特にアイルランド独特の訛りは、英語初心者にとっては大きな壁となります。実際の会話の中で、言葉の意味を理解するだけでなく、相手の文化やニュアンスを把握することは、言語の壁を超える大きな挑戦です。

さらに、ダブリンなどの都市部では国際的なコミュニティが存在するものの、その規模はロンドンなどの大都市に比べると小さいため、同じ言語を話す友人を見つけることも一苦労です。日本語が通じる友達を探すことは、思った以上に難しいかもしれません。これは、言語だけでなく、文化的な理解や共感を得ることの難しさを示しています。

また、現地のコミュニティに入ることの難しさは、単に言語の問題だけではありません。アイルランド人は一般的に親密な友人関係を大切にするため、新しいメンバーがその輪に入るには時間がかかることもあります。このように、現地で深い関係を築くためには、相互の理解と信頼を深める努力が必要です。

おわりに


アイルランドでの留学は、多くの挑戦と同時に、成長と学びの機会を提供してくれます。今回挙げた9つの理由は、留学生が直面する可能性のある課題を浮き彫りにするものです。しかし、これらの課題に対する準備と対応策を理解することで、失敗を乗り越え、留学から最大限の価値を引き出すことが可能です。留学は、単に学問を学ぶだけでなく、自己成長の旅でもあります。アイルランドでの経験が、あなたの人生において忘れられない貴重な宝物となることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X