ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしの費用を安く済ませる方法12選

  • 投稿日時:2週間前

海外でのホテル暮らしは、多くの人にとって憧れの生活スタイルかもしれません。しかし、長期間にわたるホテル生活は、予想以上に高額な費用がかかることが多く、計画的に進めなければ予算を大きく超えてしまう可能性があります。

幸い、いくつかの工夫をすることで、これらのコストを大幅に削減し、賢く快適なホテル暮らしを実現することが可能です。このブログ記事では、「ホテル暮らしの費用を安く済ませる方法12選」を紹介し、海外での生活をもっと手軽に、もっと楽しくするためのヒントを提供します。日本での生活とは一味違う、海外での新たな日常を経験してみませんか?


ホテル暮らしの費用を安く済ませる方法12選

日本でホテル暮らしをしない

ホテル暮らしについて考えた場合、費用面からみて最も効果的な方法は、実は「日本でホテル暮らしをしない」という選択をすることかもしれません。

日本でのホテル暮らしの費用に目を向けてみると、近年のインフレの影響で、たとえばアパホテルなどのビジネスホテルでさえ、1泊あたり約1万5000円という価格が普通になっています。これを1か月続けると考えると、費用は約45万円に上ります。この金額を考えれば、同じ価格であれば都心部に近い、設備の整ったマンションに住むことも可能です。つまり、日本でのホテル暮らしは、費用対効果の面で見ると決しておすすめできる選択肢ではないのです。

しかしながら、ホテル暮らしにはホテル暮らしのメリットがあります。清掃サービスやセキュリティ、フロントサービスなど、手厚いサービスを享受できる点は大きな魅力です。しかし、これらのサービスを日常的に享受することのできる環境を、日本国内でコストを抑えて実現することは困難です。

そこで、もし費用を抑えつつホテル暮らしを楽しみたいと考えているなら、日本国外での生活を検討するのも一つの方法です。例えば、東南アジアや東ヨーロッパなど、生活費の安い国では、日本と同等またはそれ以上のサービスをずっと安価に享受することが可能です。また、長期滞在に適したサービスアパートメントを利用することで、日本での高級マンションと同等の生活を、はるかにリーズナブルな価格で実現することもできます。


東南アジアでホテル暮らしをする

ホテル暮らしを安く楽しむには、地の利を活かすことが肝心です。特に、コストパフォーマンスに優れた選択肢として、東南アジアでのホテル暮らしが注目されています。私自身、東南アジアに住んでおり、特にタイのバンコクやチェンマイ、ベトナムのホーチミンやハノイなどを拠点にしています。

東南アジアでは、1泊あたり4000円前後で泊まれるホテルが豊富にあります。日本では考えられない価格帯で、このレベルのホテルに滞在することができるのです。そして、6000〜7000円を出せば、よりクオリティの高いホテルに泊まることが可能ですが、個人的には4000円台のホテルで十分快適に過ごしています。この価格差は主に立地によるもので、私のように観光や特定の遊びを目的としていない場合、中心地から少し離れても全く問題がありません。

タイやベトナムを選ぶ理由はいくつかありますが、まずインフラの整備が進んでいる点が挙げられます。インターネットの接続状況が良好で、日常生活で困ることが少ないのです。また、食事が美味しいことも大きな魅力です。地元の料理はもちろん、国際料理も手軽に楽しむことができます。さらに、日本からの直行便が存在するため、移動の便利さも見逃せません。無駄な時間とお金をかけずに済むため、長期間の滞在にも最適です。


海外のホテル予約サイトを使う

ホテルでの長期滞在を検討している方にとって、コスト削減は常に重要な課題です。特に、安くホテル暮らしを実現するためには、賢い予約方法を知っておく必要があります。その鍵となるのが、海外のホテル予約サイトの利用です。

日本国内の予約サイト、例えば楽天トラベルやじゃらん、一休などは非常に便利で安心して使える反面、海外サイトと比べて料金が高めに設定されていることが少なくありません。この差は、特に長期滞在になると大きな差となり得ます。そこで、コストを抑えるためには、エクスペディアやAgoda、booking.com、Hotels.comといった海外の予約サイトを積極的に利用することをお勧めします。

これらのサイトが提供するメリットは多岐にわたります。まず、価格の競争が激しいため、同じホテルであってもより安い料金で予約できる場合が多いです。また、特定の地域や国に特化したプロモーションを行っていることもあり、さらにお得に予約が可能です。さらに、ユーザーのレビューや評価を参考にできるため、価格だけでなく、サービスの質や立地など、総合的に判断して予約を行うことができます。


可能な限り全てクレジットカード決済

ホテル暮らしをする際、支出を効率的かつ安く抑える方法の一つに、クレジットカードを活用することが挙げられます。特に私が東南アジアでのホテル暮らしを経験してきた中で、この方法は非常に有効であることがわかりました。

海外で現金を引き出す際には、手数料がかかるうえ、両替レートも決して良いとは言えません。これに対して、クレジットカードでの決済は手数料が低い、または無料であることが多く、レートも比較的有利です。加えて、ポイントが貯まるクレジットカードを使用すれば、さらに経済的な利点が生まれます。

東南アジアでは、Grabという配車アプリが広く利用されています。このアプリは、クレジットカード情報を登録することで、タクシーやバイクの配車、さらにはフードデリバリーサービスまで利用できます。これにより、現地での移動や食事の支払いを非常に便利にし、かつ安全に行うことができるのです。


ちょっと街から離れたホテルに滞在する

ホテルでの長期滞在を計画している方々にとって、滞在費をできるだけ抑えることは大きな課題の一つです。その解決策として、街の中心地から少し離れた場所にあるホテルを選ぶことが非常に効果的です。特に、タイやベトナムのような人気の旅行先では、中心地に位置するホテルの料金は高めに設定されていることが多いです。これは、便利な立地に対するプレミアムとして、観光客向けの価格が反映されているためです。

例えば、タイのバンコクやベトナムのホーチミンでは、中心部にあるホテルの一泊あたりの料金が6000円以上になることも珍しくありません。しかし、これはその国の一般的な物価を反映したものではなく、あくまで「観光客価格」です。そこで、賢い選択として、中心地から少し離れたエリアに目を向けることで、一泊3000〜4000円程度で快適で広い部屋に滞在することが可能になります。

たとえば、バンコクであれば、中心地から電車で数駅離れたエリアには、清潔で広々とした部屋を提供するホテルが多数存在します。これらのホテルは、中心地にある施設と比較しても遜色ない、あるいはそれ以上の快適さを提供しているにも関わらず、料金は大幅に安価です。

中心地から離れたホテルを選ぶメリットは、料金の安さだけではありません。より地元の人々の生活に近いエリアでの滞在は、その国や地域の文化をより深く理解する機会にもなります。例えば、地元の市場を訪れてみたり、近所のカフェで地元の人々と交流を持つことで、ただ観光地を巡るだけの旅とは一味違った体験をすることができるでしょう。


海外の食事に慣れる

ホテルでの長期滞在では、日々の食事も大きな出費となります。特に日本食へのこだわりが強い場合、その出費はさらに大きくなりがちです。しかし、海外の食事に慣れることで、この費用を大幅に削減することが可能です。海外で日本食を食べると、1食あたり1000円以上かかることが普通ですが、現地の食事ならば500円以下で済むことが多いのです。

たとえば、タイではガパオライスやカオマンガイが日常的に楽しめる料理として知られています。これらの料理は非常に美味しく、しかも手頃な価格で提供されています。ガパオライスは、バジルの香りが特徴のピリ辛料理で、ご飯の上に豚肉や鶏肉を乗せたもの。一方、カオマンガイは、鶏肉を使ったシンプルながらもジューシーで味わい深い料理です。

ベトナムでは、フォーやバインミーが代表的なストリートフードとして人気があります。フォーは香草やスパイスが効いたスープに、細いライスヌードルと牛肉や鶏肉が入った料理で、バインミーはフランスパンに様々な具材を挟んだサンドイッチのような食べ物です。これらも非常に美味しく、さらには低価格で楽しむことができるので、現地の食事に慣れることで、食費をかなり節約することができるのです。


繁忙期に日本に帰国しない

テル暮らしをしながら海外生活を送るうえで、予想外に費用がかさむのが帰国の際の出費です。特に、年末年始、クリスマス、ゴールデンウィーク、夏休みといった繁忙期には、航空券の価格が通常よりも高騰し、ホテル代も上昇する傾向にあります。これらの期間は、海外でも日本でも旅行需要が高まるため、コスト削減を目指すなら、特別な理由がない限り避けた方が賢明です。

たとえば、年末年始に一時帰国を検討している場合、この時期は航空券が最も高価になることが多いです。実際に私が経験したことがありますが、通常期に比べて航空券の価格が2倍以上に跳ね上がることも珍しくありません。さらに、ホテルの宿泊費も同様に高くなり、結果的に短期間の帰国であってもかなりの出費を強いられます。

しかし、家族との時間を大切にしたい、年末年始は日本で過ごしたいと考える人も多いでしょう。その場合は、可能な限り早期に航空券と宿泊先を予約することがコスト削減のカギとなります。例えば、帰国予定の半年から1年前には、航空券の予約を済ませておくことで、比較的リーズナブルな価格で確保することが可能です。


ビザの有効期間が長い国に滞在する

海外でのホテル暮らしを安く抑える方法を考える際、意外と見落としがちなのが、滞在先の国のビザ制度に注目することです。特に、ビザの有効期間が長い国を選ぶことは、移動回数を減らし、それに伴うコストを節約する上で非常に重要です。具体的には、タイ、ベトナム、マレーシアがお勧めの国々です。

例えば、タイではビザ無しでの入国が可能であり、初回は1ヶ月の滞在が認められています。さらにこの期間は、条件を満たせば現地で1ヶ月延長することが可能です。このように、比較的手軽に2ヶ月近く滞在できるのは、長期滞在者にとって大きな魅力です。

ベトナムもビザなしで最大45日間の滞在が可能です。マレーシアに至っては、多くの国の国民がビザ無しで最大90日間滞在できるため、長期滞在には理想的な環境が整っています。

こうしたビザの有効期間が長い国々では、滞在期間中に何度も国境を越える必要がなく、その結果、移動に伴うコストや手間を大きく削減できます。加えて、長期滞在が可能になることで、その地域の文化や言語、人々と深い関わりを持つことができ、より充実した滞在が期待できます。


日本からの直行便がある国

海外でのホテル暮らしを検討している方にとって、移動にかかるコストは大きな懸念事項です。その点で非常に重要になるのが、日本からの直行便がある国を選ぶこと。直行便の存在は、移動コストを抑えるだけでなく、移動の手間や時間も大幅に削減してくれます。特に、乗り換えが必要ないため、航空券の価格も一般的にリーズナブルになります。物価の安いタイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどは、直行便があり、日本からアクセスしやすいため、ホテル暮らしには理想的な選択肢です。

例えば、タイのバンコクやベトナムのホーチミンなどは、日本から直行便で行ける都市です。このような都市を選ぶことで、航空券のコストを大幅に抑えることができます。実際に、直行便を利用した場合と乗り換えが必要な場合では、航空券の価格に大きな差が出ることが多いです。特に繁忙期では、この価格差はさらに拡大します。

直行便を選ぶメリットは、コスト削減だけではありません。長時間の移動や乗り換えのストレスから解放されることで、移動時の疲れを軽減し、到着後すぐに新しい環境での生活を楽しむことができます。また、特に長期滞在を計画している場合、到着後の体調管理も重要になるため、直行便の利用はその点でも有利です。

おわりに


海外でのホテル暮らしを安く済ませるための12の方法をご紹介しました。これらの方法は、単に費用を削減するだけではなく、より豊かで快適な海外生活を送るための秘訣でもあります。直行便の活用、ビザの有効期間が長い国への滞在、現地の食事に慣れること、そして繁忙期を避けるなど、少しの工夫と情報収集で、驚くほど生活コストを抑えることが可能です。もちろん、すべての人にとって最適な方法が同じとは限りません。自分のライフスタイルや優先順位に合わせて、最適なプランを立てることが重要です。海外でのホテル暮らしを夢見るすべての人が、この記事をきっかけに、よりリーズナブルで充実した海外生活を実現できることを願っています。新しい文化に触れ、未知の世界を探索する旅は、これからがさらに楽しみですね。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X