ENGLISH WORK公式

ホテル暮らし「しんどい」と感じる原因12選

  • 投稿日時:2週間前

ホテル暮らしは、一見すると華やかで自由なライフスタイルの象徴のように思えます。しかし、長期間にわたるホテル生活は、予想外の「しんどさ」を伴うことがあります。本記事では、「ホテル暮らし「しんどい」と感じる原因12選」と題して、その理由を深堀りしていきます。新しい仕事に慣れていない不安から、恋人との時間の確保、良いホテル探しの難しさまで、様々な視点からホテル暮らしの隠れた課題を探ります。


ホテル暮らし「しんどい」と感じる原因12選

今の仕事に慣れてない

ホテル暮らしは、一見すると自由で洗練された生活のように思えるかもしれませんが、実際には様々な苦労やしんどさを伴います。特に、今の仕事にまだ慣れていない方にとっては、この生活様式は想像以上に負担が大きいかもしれません。仕事に慣れていないという状況は、日々の業務に追われ、新しい知識や技能を習得しようとする中での精神的、時には肉体的な疲労を引き起こします。このような時、安らぎを求める場所がホテルの一室であると、なかなか心が休まらないものです。

ホテル暮らしは、頻繁に移動を伴います。新しいプロジェクトや仕事の都合上、異なる場所に短期間で何度も宿泊する必要が生じることがあります。そのたびに、予算やロケーション、設備など、様々な条件を考慮しながらホテルを選び、予約する手間が生じます。また、仕事の内容によっては、急な出張や予定の変更も少なくありません。予定がコロコロと変わる中での宿泊施設の手配は、精神的な負担となり得ます。

仮に、新しい仕事に慣れようと奮闘している状況の中で、ホテル暮らしを余儀なくされているとしましょう。一日の終わりに帰る場所が、「家」ではなく「ホテル」であるという事実が、さらに心身の疲労を深めてしまうかもしれません。家では、自分だけの時間や空間を確保しやすいですが、ホテルではそれが難しいです。ホテルの一室は、どこか非日常の空間として感じられ、仕事で疲れた心を癒やすには、必ずしも最適な場所ではありません。


身の丈に合わない高価格なホテルで暮らしている

身の丈に合わない高価格なホテルで暮らしていることが、ホテル暮らしを「しんどい」と感じる一つの大きな原因になり得ます。確かに、ホテルでの生活は掃除や洗濯といった日々の家事から解放され、快適で充実した時間を過ごすことができるかもしれません。しかし、その裏側で、経済的なプレッシャーを感じている人も少なくありません。

例えば、仕事の関係で都心の一等地にある高級ホテルに長期間滞在することになったとします。初めはその豪華さに心躍らせるかもしれませんが、滞在が長引くにつれ、その費用が家計に与える影響を深刻に感じ始めるでしょう。特に、給与や収入がそれほど高くない場合、高級ホテルの請求額は、徐々に負担となってきます。その結果、本来楽しむはずのホテル生活が、経済的な苦痛と変わってしまうのです。

さらに、このような生活を送っていると、自身の金銭感覚が麻痺してしまう恐れもあります。毎日のようにルームサービスを利用したり、ホテル内の高級レストランで食事を取ったりすることで、何が「普通」の出費なのか、判断が難しくなってきます。そして、いざホテル生活を終えた後、普通の生活に戻ったときに、そのギャップに苦しむことになるかもしれません。


恋人がいる

ホテル暮らしがしんどいと感じる原因の一つに、「恋人がいる」という状況が挙げられます。これは一見すると、ホテル暮らしの利便性とは無関係に思えるかもしれませんが、実は恋人との関係性において大きな影響を及ぼす場合があります。特に、二人だけのプライベートな時間を大切にしたいと考えているカップルにとっては、なおさらです。

恋人がいる場合、どうしても二人だけの時間を過ごしたくなりますよね。たとえば、共通の趣味を楽しんだり、一緒に料理を作ったりすることで、お互いの絆を深めたいと考えるものです。しかし、相手が実家暮らしであったり、自分がホテルで生活していたりすると、こうした家庭的な時間を過ごす機会が格段に減少します。会うたびに外出をすることになり、お金もかかる上に、どこか落ち着かない感覚に陥りやすいです。

また、ホテル暮らしをしている場合、部屋に恋人を招くことに何となく抵抗を感じることがあります。確かに、ホテルによっては部屋にゲストを入れることが許可されている場所もありますが、プライバシーの面で完全にリラックスすることは難しいかもしれません。ホテルの部屋は、あくまで一時的な滞在場所であり、自分の「家」という感覚を持つには限界があるためです。このように、二人の間で「自分たちの空間」と呼べる場所がないことは、関係にとって小さなストレスとなり得ます。


心配性すぎる

ホテル暮らしは、一見すると手軽で快適な生活のように感じられますが、心配性の方にとっては、予想外のストレス源となることがあります。特に、「誰かに盗まれるんじゃないか?」という不安は、心配性の方が抱えやすい懸念の一つです。ホテルのセーフティボックスやスーツケースに貴重品を入れる際、このような心配が頭をよぎり、結果として精神的にかなりしんどく感じることがあります。

実際に、ホテルでの生活を送る際、貴重品の管理は非常に重要な問題です。例えば、外出する際にはパスポートやクレジットカード、大切な書類をセーフティボックスに入れる必要がありますが、その安全性について過剰に心配することで、ホテルでの滞在が楽しめなくなってしまうことも少なくありません。また、チェックアウトの際に何かを忘れるのではないかという心配や、ホテルの部屋に誰かが入ってくるのではないかという不安も、心配性の方にとっては大きな負担となります。

しかし、実際にホテル暮らしで物が盗まれるケースは非常に稀であるという事実を知ることは、このような心配を和らげる手助けになります。ほとんどのホテルはセキュリティがしっかりしており、貴重品が盗まれるリスクは極めて低いです。

難が発生する場合でも、現金以外の物品に関しては、犯人が足がつくリスクを避けるため、特にクレジットカードなどは盗まれにくいとされています。


隠れ潔癖症?

ホテル暮らしにおけるしんどさを考える際、意外に見過ごされがちなのが、隠れ潔癖症という側面です。もちろん、自覚している極度の潔癖症を持つ人にとって、ホテルでの長期滞在は相当なストレスとなるでしょう。しかし、無自覚な潔癖症の人も、ホテル生活が何となくしんどい原因の一つとして、この状況に陥るかもしれません。特に、ベッドに横たわりながら「この枕は一体誰が使ったのだろう」「この部屋、本当にちゃんと清掃されているのだろうか」といった疑問が頭をよぎることは、決して珍しいことではありません。

ホテルの部屋は一見清潔に見えても、過去にどれだけ多くの人が使用してきたのか、その詳細は誰にもわかりません。枕やシーツ、タオルが毎回きちんと洗濯されていることは期待できますが、それでも「隠れた汚れ」が気になる人は少なくありません。たとえば、リモコンやスイッチ、電話機などの消毒が徹底されているか、カーペットやソファの隅々まで清掃されているかなど、細部にわたる清潔さは常に疑問符がつきまといます。

また、バスルームにおいても、前の宿泊客がどのように使用したのか、水回りの清潔さは特に気になるところです。水垢やカビ、髪の毛一つ見つけただけでも、気分が落ち込んでしまう人は少なくありません。このように、日常生活では意識しないような小さなことでも、ホテル生活ではストレスの原因となり得るのです。


ホテル暮らしと相性が悪いライフスタイルをしてる

ホテル暮らしがしんどいと感じる原因の一つに、自身のライフスタイルがホテル生活と相性が悪いことが挙げられます。たとえば、日常的にオフィスで働く会社員の場合、オフィスにいる時間が長く、スーツなどのフォーマルな服装が必要になります。こうした生活をしていると、ホテルの限られたスペースや設備では、服の管理や保管に苦労することがあります。

また、趣味がゲームという人の場合、大型のゲーミングマシンや周辺機器を持ち運ぶ必要があります。これらの機器は場所を取るだけでなく、設置や接続にも一定のスペースと手間がかかります。ホテルの部屋では、これらの機器を快適に使うための十分なスペースが確保できない場合が多く、趣味の時間が制限されてしまう可能性があります。

さらに、趣味がファッションという人の場合は、衣類やアクセサリーを多数持ち歩く必要があるかもしれません。スーツケースが複数個必要になることもあり、ホテルの部屋でこれらを適切に保管し、管理するのは一苦労です。ファッションに興味がある人にとって、衣類の収納や管理は日々の楽しみの一部ですが、ホテル暮らしではその楽しみが十分に得られないこともあるでしょう。

こうしたライフスタイルとホテル生活の相性の悪さは、精神的にもしんどさを感じる大きな要因となります。毎日の生活の中で自分の趣味や仕事に必要なものを自由に使えない、あるいは十分に楽しめないという状況は、ストレスにつながります。


良いホテル探すのになれてない

ホテル暮らしがしんどいと感じる一つの大きな原因は、良いホテルを探すことへの慣れていなさです。多くの方がホテル生活を始める際、低価格でありながらもクオリティが高く、コストパフォーマンスの良い宿泊施設を望みます。しかし、この理想を実現することは、特に慣れていない方にとっては容易なことではありません。

例えば、価格の安さに惹かれて予約したホテルが、期待に反して部屋の清潔さが不十分だったり、設備が古かったりするケースは少なくありません。特に東南アジアなど、価格競争が激しい地域では、低価格だが品質が劣るホテルに当たる可能性が高いです。このような状況は、快適なホテル生活を求める方にとって大きなストレスとなります。

しかし、良いホテル探しに慣れてくると、ホテルの評価や価格、立地、提供されている写真などから、その宿泊施設が自分のニーズに合っているかどうかを大まかに判断できるようになります。このスキルを身につけるためには、実際に数ヶ月間ホテル暮らしを続けてみることが推奨されます。この過程で、良いホテルとそうでないホテルの違いを肌で感じ、自分にとって何が重要なのかを理解することができます。


本当は安定した暮らしが好き

ホテル暮らしの日々は、一見すると華やかで自由に満ち溢れているように見えます。しかし、その実態は常に移動し、新しい環境に適応し続ける生活です。このような生活がしんどいと感じる一つの大きな原因は、私たちの多くが本質的に安定した暮らしを求めているからかもしれません。私自身、約8年間ホテル暮らしを経験してきましたが、この生活が性に合う人は非常に特殊だと感じています。ADHDや多動症の方々を除けば、大多数の人にとってホテル暮らしは合わないとさえ思えます。

人類の歴史を振り返れば、私たちは常に安定を求めてきました。狩猟生活から農業、畜産へと進化してきた過程は、人間が移動しなくても生活できるようになるための進化の歴史そのものです。農耕や畜産によって食料を確保し、定住生活を営むことで社会は発展しました。それにより、家族やコミュニティの絆が強まり、文化や技術が育まれてきたのです。

しかし、ホテル暮らしは、この人類の進化とは正反対の行動をとることになります。いろんな国を飛び回り、常に新しい環境に身を置くことは、私たちの本能が求める「安定」とはかけ離れたものです。その結果、どこか落ち着かない、居場所が定まらない感覚に襲われることが少なくありません。特に長期にわたるホテル暮らしは、人間関係やコミュニティとのつながりを希薄にし、精神的な安定を損ねる要因となりがちです。

おわりに


ホテル暮らしに関する様々な課題を見てきましたが、重要なのは「知っておくこと」です。事前に準備や対策をしておくことで、多くの「しんどい」を回避することができます。また、ホテル暮らしのデメリットを知ることで、それを乗り越えたときに得られる生活の快適さや、新たな発見がより価値のあるものに感じられるでしょう。

ホテル暮らしは、ただ単に「住む場所」を変えること以上の意味を持ちます。それは新しいライフスタイルへの挑戦であり、自己発見の旅でもあるのです。本記事が、その旅を少しでも豊かなものにする手助けとなれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X