ENGLISH WORK公式

ホテル暮らしが疲れる原因7選【8年目の経験者語る】

  • 投稿日時:2週間前

長年にわたり、様々な場所でホテル生活を送ってきた私ですが、この独特なライフスタイルが疲れる瞬間があることを認めざるを得ません。ホテル生活が一見華やかで自由に満ち溢れているように見える一方で、実際には多くの挑戦とストレスに直面することもあります。

このブログ記事では、ホテル暮らしがなぜ疲れることがあるのか、そしてその疲れをどのように乗り越えられるのかについて、8年間の経験から得た知見を共有したいと思います。ホテル生活を検討している方、または現在ホテル生活を送っている方々にとって、この記事が何らかの参考になれば幸いです。


ホテル暮らしが疲れる原因7選

身の丈に合わない高価格なホテルで暮らしている

ホテル暮らしと聞くと、多くの方が羨望の眼差しを向けるかもしれません。清掃の心配もなく、日々の煩わしさから解放される生活は、一見すると理想的に映ります。しかし、この快適さが疲れる原因になることも少なくありません。特に、自分の収入や生活水準に見合わない高価格なホテルでの生活は、精神的な負担を大きくしてしまいます。

想像してみてください。毎月の請求書が届くたびに、自分の財布の中身を心配し、次の給料日までの間、節約を余儀なくされる生活を。外食や趣味の活動にも制限がかかり、本来楽しむはずのホテル生活が、いつしか負担となってしまいます。このような状況では、ホテルのラグジュアリーさが逆にストレスの原因となり、生活の質が下がってしまうのです。

さらに、高価なホテルでの生活は、周囲の人との関係性にも影響を与えかねません。たとえば、友人が訪ねてきた際、自分の選んだ生活スタイルについて正当化する必要を感じたり、無理をしていると思われたくないために、本音を隠してしまうこともあるでしょう。このように、自分にとって心地よいはずの空間が、実は心の負担となり、疲れを感じさせる場に変わるのです。

もちろん、自分を奮い立たせるために、あえて出費を増やすという選択をする人もいます。しかし、そのような刺激が持続可能なモチベーションにつながるかは疑問です。長期的に見れば、自分の生活レベルに合ったホテル選びが、精神的な安定と持続可能な生活のためには不可欠でしょう。


ホテル暮らしと相性が悪いライフスタイルをしてる

ホテルでの生活は、一見すると洗練された日々を約束してくれるかのように思えますが、実はすべての人にとって最適なわけではありません。ライフスタイルとの相性が原因で、疲れを感じることも少なくないのです。例えば、会社員として日々を送っている人々の生活を考えてみましょう。オフィスで過ごす時間が長く、スーツを着用する必要がある場合、ホテル暮らしはそれほど便利ではないかもしれません。

ホテルのクローゼットスペースは限られています。スーツやビジネスカジュアルな服装を綺麗に保管するには、工夫と努力が必要です。また、朝の準備に必要なアイテムがすぐに手に入らないこともあり、忙しい朝にストレスを感じることもあるでしょう。

趣味がゲームである場合、ホテル暮らしはさらに困難になります。ゲーミングマシンや周辺機器はかさばる上に、設置スペースを必要とします。ホテルの部屋では、これらを快適に設置し、使用するのが難しいかもしれません。さらに、インターネットの接続速度や安定性が、自宅に比べて劣る可能性もあります。これらは、ゲームを楽しむ上で大きな障壁になることがあります。

また、ファッションを趣味とする人にとっても、ホテル暮らしは挑戦的です。衣類、アクセサリー、靴など、多岐にわたるアイテムを適切に管理するためには、相応の収納スペースが必要です。しかし、ホテルの部屋はそのような収納ニーズに応えることが難しい場合が多いのです。結果として、常にスーツケースを何個も持ち歩くような生活になりがちで、これは明らかに煩わしさを感じる原因となります。


良いホテル探すのになれてない

ホテル暮らしを始めたばかりの頃、良いホテルを見つけるのが難しいと感じることは、疲れる大きな原因の一つかもしれません。特に、コストパフォーマンスに優れたホテルを求めるならば、その探求はなおさらです。初めてのホテル暮らしでは、価格の安さに惹かれて選んだ結果、部屋の状態が期待外れだったり、場所が便利ではなかったりと、様々な問題に直面することがあります。

例えば、東南アジアなどの地域では特に、写真と実際の部屋のギャップに驚かされることも少なくありません。価格が安いからといって飛びついたものの、清潔さが保たれていなかったり、部屋の設備が不十分だったりすることがあるのです。これでは、ホテル暮らしのはずが、不満やストレスの連続で、疲れてしまうのも無理はありません。

しかし、ホテル暮らしに慣れてくると、評価や価格、立地、提供される写真などから、宿泊施設の質を見極める目が養われます。時間をかけて様々なホテルに滞在してみることで、自分にとって最適なホテルの選び方がわかってきます。もはやレビューを見なくてもいいホテルを判別できるようになるのです。


そもそもホテルという環境で落ち着けない性格

ホテルでの生活が疲れる原因の一つに、そもそもホテルという環境自体に馴染めない性格が挙げられます。私自身はそのような性格ではないため、この感覚は少し理解しにくいのですが、実際に、短期間の滞在でさえホテルの部屋で寝付けないという方がいらっしゃいます。そのような方々は、自然とホテル暮らしを選択しませんが、自分でも気づいていない程度にホテルの環境に適応できない性質を持っている人は、ホテル暮らしをしていても「何となく疲れる」と感じることがあるでしょう。

たとえば、日常的に環境の変化に敏感である方や、プライベートな空間に対するこだわりが強い方は、ホテル暮らしに特有の一時的で非日常的な雰囲気にストレスを感じやすいです。ホテルの部屋は一般的に統一されたデザインであり、個人の趣味や生活スタイルを反映させる余地が少ないため、自宅のような安心感や落ち着きを得にくいのです。

さらに、ホテル暮らしでは、部屋の隣や上下に他の宿泊客がいるため、生活音に敏感な方はその存在だけで落ち着かないことがあります。静かな環境で過ごすことに慣れている方にとっては、廊下を行き来する音や隣の部屋から聞こえるテレビの音量などが、思わぬストレス源となることがあります。


心配性すぎる

ホテルでの暮らしが思いのほか疲れると感じることがありますが、これは心配性な性格が原因であることが少なくありません。ホテル生活をしていると、貴重品の管理に常に気を使う必要があります。スーツケースやセーフティボックスに財布やパスポートなどの重要な物を保管する際、「もしも盗まれたらどうしよう」という不安が頭をよぎることでしょう。特に、心配性の方は、このような不安が頻繁に心を占め、その結果精神的な疲労を感じやすくなります。

確かに、ホテルではセキュリティ面で多くの対策が施されていますが、それでも「もしも」の事態を完全には排除できないため、心配性の方にとってはそれが大きなストレスとなることがあります。しかし、実際にホテル暮らしをしていて貴重品が盗まれる事例は極めて稀です。万が一盗難が発生したとしても、クレジットカードなど、足がつきやすい物品を盗間れることはほぼありません。これは、現金以外の物品を盗んでも犯人にとってメリットが少ないからです。なので過剰に心配する必要はないでしょう。


実は潔癖症?

ホテル暮らしをしていると感じる疲れの一因に、意外と見過ごされがちなのが潔癖性かもしれません。極度の潔癖症の方にとっては、ホテルの滞在自体が非常に困難な挑戦となることは想像に難くありません。しかし、自覚のない潔癖性を持つ方も、ホテル暮らしを通じて何となく疲れを感じてしまうことがあります。例えばベッドに横になりながら、「この枕を前に誰が使っていたんだろう」と考えたり、「部屋の清掃は本当に行き届いているのだろうか」と不安に思ったりすることでしょう。

このような慮りが頭をよぎるだけで、心地よくリラックスするはずのホテル生活が、気が休まることのない連続になってしまいます。特にホテルでは、前の宿泊客がどのような状況で部屋を使用していたのかを知る術がなく、清掃スタッフの対応も見えにくいため、潔癖性を持つ方にとっては、常に不安と隣り合わせの生活を強いられることになります。


本当は安定した暮らしが好き

ホテル暮らしの疲れを感じる根本的な原因の一つに、「本当は安定した暮らしが好き」という心理があります。私自身、8年間のホテル暮らしを経験してきましたが、このライフスタイルが自分にとって自然であると感じる人は、かなり特殊なケースだと思います。多動性障害(ADHD)のような特性を持つ人を除き、多くの人にとっては、やはり安定した生活の方が心地よいのです。

人類の進化の過程を見ても、人間は常に安定を求めてきました。狩猟採集から始まり、農業の開始、畜産の導入と、生活の基盤を固め、移動を必要としない生活様式へと進化してきたのです。このように、安定した生活環境を築くことが、人間にとっての本能的な欲求の一つであると考えられます。

対照的に、ホテル暮らしは、定住することなく様々な地を転々とする生活スタイルです。仮にビジネスや趣味で国を跨ぐことが多いとしても、その根底にあるのは、一か所に根を下ろす安定した生活への憧れです。ホテル暮らしは、その場その場での快適さや便利さを提供してくれますが、心の奥底では、自分だけの空間や環境に固定された安心感を求めているものです。

おわりに


ホテル暮らしが疲れる原因を探る旅は、自己理解の旅でもありました。私たちの生活スタイルは多種多様であり、一概に「ホテル生活は良い」とも「悪い」とも言えません。しかし、この記事を通じて、ホテル生活がもたらす可能性のある疲労要因と、それに対処する方法をお伝えできたと思います。最終的に大切なのは、自分にとって何が最適かを見極め、自分らしい生活を送ることです。もしホテル生活があなたにとって重荷となっているなら、変化を恐れずに生活スタイルを見直す勇気を持つことも大切です。この記事が、皆さんの豊かな生活を送る上での一助となれば、これほど嬉しいことはありません。ホテル暮らしも、定住生活も、それぞれの魅力があり、どちらが良いというわけではありませんが、自分自身にとって心地よい選択をすることが最も重要です。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X