ENGLISH WORK公式

高級ホテル暮らしのメリット・デメリット18選【感想】

  • 投稿日時:2週間前

高級ホテルでの暮らしと聞くと、多くの人が一度は憧れる豪華で非日常的なライフスタイルを思い浮かべるでしょう。実際に、私自身も一時期、ペニンシュラホテルやフォーシーズンズホテル、パレスホテルといった名だたる高級ホテルを渡り歩いた経験があります。

その体験を通じて、高級ホテル暮らしの数々のメリットと、予想外のデメリットを実感しました。この記事では、高級ホテルでの生活がもたらす12のメリットとデメリットについて、私の個人的な感想を交えながらご紹介します。


私の高級ホテル暮らしについて

2020年、世界は未曾有の事態に見舞われました。多くの業界がその影響を受け、ホテル業界も例外ではありませんでした。この時期に、私はある機会を捉えました。通常ならば一泊数十万円する東京の高級ホテルが、大幅に料金を下げていたのです。そこで、私はペニンシュラホテル、フォーシーズンズホテル丸の内、パレスホテル、そしてアスコットホテルを渡り歩くことにしました。中でもアスコットホテルでは1ヶ月間の長期滞在を経験しました。現在では考えられないほどの価格で、このような高級ホテルでの生活を満喫することができたのです。

今となっては一泊10万円以上するような場所での生活が、どれほど特別な体験であったかを振り返ると、感慨深いものがあります。もちろん、金額について具体的な数値を記すことは避けますが、当時の状況を考えると非常にリーズナブルな価格で高級ホテルのサービスと快適さを享受できました。

この2ヶ月間の高級ホテル生活を通じて、数えきれないほどのメリットと、予想外のデメリットも経験しました。これらの経験は、単に贅沢な暮らしをした、ということ以上の価値があると確信しています。それは、日常とは一線を画す環境で自分自身と向き合う時間を持てたこと、また、様々な人との出会いがあったことです。

特にアスコットホテルでの1ヶ月間は、私の生活において非常に印象深いものとなりました。高級ホテルならではの洗練されたサービス、隅々まで行き届いた心配り、そして何より、都会の真ん中にありながらも感じられる静寂と落ち着きは、普段の忙しい生活では味わえないものでした。このような環境で過ごすことで、精神的にもリフレッシュすることができ、日常生活におけるストレスから解放された感覚を得ることができました。

しかし、このような生活にはデメリットも存在します。例えば、長期間にわたる滞在では、いくら快適な環境であっても、ある種の単調さや孤独感を感じることがありました。また、高級ホテルのサービスに慣れ過ぎると、自宅に戻った時のギャップに苦しむこともあります。

この記事では、そうした経験を踏まえ、高級ホテル暮らしのメリットとデメリットを、私なりの感想と共にお伝えしていきたいと思います。

高級ホテル暮らしのメリット12選

審査がほぼ不要

高級ホテルでの生活において、目立つ利点の一つがその手続きの容易さです。従来の賃貸住宅を探す際には、しばしば厳格な審査が伴います。これは特に、フリーランスや新たに事業を始めた方々にとって、大きな障壁となることがあります。しかしながら、高級ホテルに住む場合、このような心配から解放されます。

通常、ホテルの宿泊予約は、予約サイトを通じて、または直接ホテルに連絡を取って行うことができます。支払いを済ませれば、あとはチェックインを待つだけです。この過程において、賃貸契約の際によく見られるような審査は、ほぼ存在しません。もちろん、長期滞在の場合には、少なくとも形式上の審査が行われることがありますが、これは非常に簡素なものです。

私が経験した丸の内のアスコットホテルでの1ヶ月間の滞在は、その良い例です。事業を始めたばかりで社会的信用が確立していなかった私でも、通帳の写しを提出するだけで容易に審査を通過することができました。この手軽さは、忙しいビジネスパーソンや、柔軟な居住地を求めるデジタルノマドにとって、大きな魅力と言えるでしょう。

高級ホテル生活を選ぶ最大の魅力の一つは、この手続きのシンプルさにあります。必要なのは、予約をするという行動と、その後の支払いだけです。このプロセスは、多くの人にとって大きな負担を感じさせないものです。また、この簡素化された手続きは、高級ホテルが提供する他の多くのメリットへとつながっていきます。例えば、即時の入居が可能であること、プロフェッショナルなサービスをいつでも利用できることなどが挙げられます。


駅直結など立地が良い

高級ホテルでの生活を考える際、その立地の良さは大きなメリットとなります。特に都心部に位置するホテルの場合、駅直結や主要な交通機関へのアクセスの良さは、日々の生活において計り知れない利便性をもたらしてくれます。多くの方が高級ホテル暮らしを選ぶ理由の一つとして、この点を挙げられることでしょう。

確かに、高級ホテルの利用客の中にはタクシーや専用車を頻繁に利用される方もいらっしゃるでしょう。しかし、私のように公共交通機関を主に利用する人間にとって、駅直結や交通の便が良い立地は非常に魅力的です。雨の日に外出する際の不便さを考えれば、このメリットはさらに際立ちます。

私が経験したアスコットホテルは、大手町駅に直結しており、東京駅までも地下を通って歩いて行ける立地にありました。この地下道を利用することで、雨に濡れることなく、東京駅にあるデパ地下で買い物を楽しむことができました。お寿司やローストビーフなど、豊富なグルメを購入し、ホテルに戻ってYouTubeを見ながら食べる。こんな楽しみ方ができたのも、すべては立地の良さあってのことです。

また、散歩が趣味の私にとって、ホテルの周辺環境も大切なポイントです。アスコットホテルのように中心地に位置していると、新たな発見や気分転換に最適な散策コースが豊富にあります。忙しい一日の終わりに、周辺の美しい景色を眺めながら歩くことは、心身のリフレッシュに非常に効果的です。


いい気の流れを受け取れる

級ホテル暮らしを考える際、そのメリットの一つとして挙げられるのが、いい気の流れを受け取れることです。この点は、少々スピリチュアル的な表現になるかもしれませんが、高級ホテルが位置する立地の良さと、その設計によって生み出される開放感は、まさに心身のリフレッシュにつながる重要な要素です。

例を挙げると、丸の内にあるペニンシュラホテルは、皇居の内堀のすぐそばに位置しています。この立地は、遮るものが一切なく、部屋からは皇居の美しい景色を存分に楽しむことができます。皇居の周辺は、開放的で、とてもいい気が流れている場所として知られています。実際にペニンシュラホテルでの滞在では、この素晴らしい環境を身近に感じることができるのです。

また、高級ホテルの設計においては、空間を広々と利用することに重点を置いています。ロビーや客室、さらには天井に至るまで、ゆとりのある設計がされているため、どこにいても開放感を感じることができます。これに対して、ビジネスホテルなどの場合、収益性を考慮して空間を極力狭くし、天井も低めに設計されることが多く、そうした空間ではどうしても息苦しさを感じてしまいます。

高級ホテルでは、このようにして心地よい気の流れを作り出すための工夫が随所に施されています。例えば、ホテルのロビーはただ広いだけでなく、その空間に流れる自然光や、植物によっても心地よさが増しています。また、ホテルが提供するアロマの香りや、バックグラウンドミュージックも、訪れる人々の心を落ち着かせ、より良い気の流れを感じさせるために計算されています。


無意識レベルでいい影響を受けれる

高級ホテル暮らしを考える際、そのメリットの中には、無意識レベルで良い影響を受け取れることがあります。この点は、一見すると抽象的に感じるかもしれませんが、実際には日々の生活の中で大きな価値をもたらしてくれるものです。

特に、高級ホテルに宿泊している人々の中には、成功を収めているお金持ちが多くいます。そのような環境に身を置くことで、彼らの所作や言動から、無意識のうちに多くのことを学ぶ機会があります。例えば、ビジネスシーンでの振る舞いや、日常生活におけるマナー、さらには彼らがどのように時間を価値あるものとして使っているか、といったことがそれにあたります。

この種の学びは、明確に言語化された知識とは異なり、生活の中で自然と身に付くものです。たとえば、朝食を取っている際に隣のテーブルで行われているビジネスミーティングを耳にしたり、ロビーでのカジュアルな会話から、人々がどのようにして自分のビジョンを語っているかを感じ取ることができるでしょう。

また、お金持ちになるにはそれなりの理由があるものです。彼らが成功を収めた背景には、努力や決断力、そして何よりも継続する力が必要です。これらの要素を、直接的なアドバイスを受けるわけではなく、彼らの生活態度や行動から学ぶことができます。高級ホテルでの生活が長ければ長いほど、このような無形の資産を多く蓄積することができるでしょう。


リスク最小限に自分を追い込める

高級ホテル暮らしのメリットについて考える際、一般的にはその快適さやサービスの質が思い浮かびがちです。しかし、もう一つ注目すべき点があります。それは、自分自身を追い込むことができるという点です。特にフリーランスや起業したばかりの経営者など、まだ道半ばの人たちにとって、この環境はモチベーションを高める貴重な機会となり得ます。

高級ホテルに滞在するということは、確かに金銭的な負担が大きいかもしれません。しかし、このプレッシャーがかえって自分を奮い立たせ、目標達成への強い動機付けとなるのです。例えば、毎月一定の額をホテルの宿泊費に支払うことを考えると、それに見合った収入を確保する必要があります。このように、自分に財務的なプレッシャーを与えることで、仕事への集中力や効率が向上する可能性があります。

さらに、高級ホテル暮らしのもう一つの利点は、リスクの最小化です。賃貸契約の場合、収入が落ち込んだとしても高い賃料を払い続けなければなりません。しかし、ホテル暮らしの場合、収入状況に応じて宿泊するホテルを変更することができます。つまり、経済的な状況が厳しくなった場合でも、より手頃な価格のホテルに移ることで、一時的に支出を抑えることが可能です。この柔軟性が、フリーランスや新規事業の経営者にとって大きな安心材料となります。


毎日非日常的な世界で過ごせるからデジタルデトックスしやすい

高級ホテル暮らしの大きなメリットの一つに、非日常的な世界での日々がデジタルデトックスを容易にしてくれることがあります。現代社会では、多くの人が日常生活でスマートフォンやパソコンに囲まれ、常に情報に接しています。その結果、デジタル機器に過度に依存し、心身の疲れを感じやすい状態になってしまうことも少なくありません。

しかし、高級ホテルでの生活は、このようなデジタル機器から離れ、リアルな世界での体験を豊かにする機会を提供します。たとえば、窓からの美しい景色は、スマートフォンの画面を見ている時間を忘れさせてくれます。炭酸水を飲みながら、目の前に広がる都市のパノラマや自然の美しさに心を奪われる瞬間は、デジタルデバイスの存在を忘れさせるに十分です。

また、高級ホテルには質の高い音響設備が備えられていることが多く、お気に入りの音楽を再生するだけで、まるでコンサートホールにいるかのような感覚を味わえます。このようにして、音楽をじっくりと楽しむ時間を持つことも、デジタルからの解放を促します。

さらに、ホテル内のカフェは非日常的な空間の象徴です。そこにノートとペンを持って行くだけで、日常では思いつかないようなアイデアが次々と湧いてくることも珍しくありません。このような環境は、デジタルデバイスに頼らずに、自分自身の内側から湧き出る創造力に注目する良い機会を提供してくれます。


不快に感じることがほぼない

高級ホテル暮らしの大きなメリットの一つは、日々の生活で不快に感じることがほぼない、という点にあります。日常を快適に過ごすことは、精神的な健康にとって非常に重要です。私が体験してきた高級ホテルでは、この点が特に顕著でした。

例えば、安価なホテルに泊まるときには、時折遭遇することがあるのが、騒がしい宿泊客や、スタッフに対して不当な要求をする人々です。こうした光景は、せっかくの休息を求める場において、不快感を覚える原因となります。しかし、高級ホテルの世界では、このような状況に出くわすことはほとんどありません。

高級ホテルの客層は、マナーをわきまえた行動が自然と期待される環境であるため、客同士のトラブルや、スタッフとの間での不愉快なやり取りが生じにくいのです。また、高級ホテルのスタッフはプロフェッショナルな対応が徹底されているため、宿泊客一人ひとりが特別な扱いを受ける感覚を持つことができます。

このような環境は、心理的な安らぎを与えてくれるだけでなく、日々のストレスから解放されることにもつながります。たとえば、部屋からの美しい景観、静かで落ち着いた雰囲気、細部にまで行き届いたサービスなど、高級ホテルならではの特徴が、宿泊客に心地よい体験を提供してくれます。

意外なホテル暮らしのデメリット


数日もすれば飽きる

高級ホテル暮らしのデメリットとして、意外かもしれませんが、「数日で飽きてしまう」ことが挙げられます。初めは非日常の空間とサービスに心躍らせるものの、それが日常となると、新鮮さを感じにくくなることがあります。この現象は、特に刺激を求め続ける現代人にとって、一つの課題かもしれません。

私自身は、小さなことにも幸せを見出すタイプなので、高級ホテルでの生活を長く楽しむことができました。毎朝目覚めると窓から見える美しい景色、プロフェッショナルなスタッフによる心地よい挨拶、部屋の中で過ごす静かで落ち着いた時間。これらすべてが、日々の小さな喜びとなりました。

しかし、強い刺激に慣れ親しんだ人々にとっては、高級ホテルの提供する豊かな体験もやがて平凡に感じられることがあります。たとえば、最初は感動的だった部屋の豪華な装飾や、ゴージャスな朝食も、毎日のことになるとその特別感が薄れてしまうかもしれません。また、ホテル内での生活が一定のパターンになりがちなことも、飽きの一因となり得ます。

このような飽きが訪れると、高級ホテル暮らしの醍醐味である「非日常の楽しみ」を見出すことが難しくなります。それは、日常生活において新たな刺激や変化を求める心理と同じです。人は変化を楽しみ、新しい刺激に心を動かされるものですが、それが一定の環境下で得られなくなると、満足感が減少していくのです。


洗濯機がついてないことも

高級ホテル暮らしには数多くのメリットが存在しますが、その一方で見落とされがちなデメリットもあります。その一つが、部屋に洗濯機が備え付けられていないことです。日常生活において、洗濯は避けて通れない家事の一つ。特に長期にわたってホテル暮らしをする場合、この点は大きな問題となり得ます。

確かに、多くの高級ホテルではランドリーサービスを提供しています。しかし、このサービスは利便性が高い反面、コストが高額であるため、毎日利用するには現実的ではありません。特に小さな洗濯物であっても、料金は一律で、頻繁にランドリーサービスを利用すると、思いのほか高額な出費となってしまいます。

このような状況は、特に長期滞在者にとっては大きなデメリットです。普段から自分で洗濯を行いたい方や、コストを抑えたい方にとっては、この点が高級ホテル暮らしの大きなハードルとなり得るのです。また、急に必要になった服をすぐに洗って乾かす、ということが難しく、計画的にランドリーを利用しなければならない点も不便な部分の一つです。

しかし、全ての高級ホテルがこのようなデメリットを持つわけではありません。例えば、アスコットホテルのような一部の高級サービスアパートメントホテルでは、部屋に洗濯乾燥機が完備されています。このような設備がある場合、自分の好きな時に洗濯をすることができ、ランドリーサービスの高額な料金を気にすることなく、快適に過ごすことが可能です。


ホテル代が高くつく

高級ホテル暮らしの大きなデメリットとして、避けて通れないのがそのコストです。特に最近の日本では、ホテルの宿泊料金が数年前と比べて著しく上昇しています。かつてはもう少し手頃だった高級ホテルの料金も、現在では1泊あたり10万円程度が一般的になりつつあります。これを月額で考えると、約300万円にも上り、年間では莫大な金額になります。

例を挙げると、ペニンシュラホテル、フォーシーズンズホテル、パレスホテルなどの名だたる高級ホテルでは、その豪華さとサービスの質の高さから、宿泊料金が高額に設定されています。これらのホテルでの生活を続けるには、年収が億単位でなければ維持が難しいというのが現実です。

このような高額なホテル代は、高級ホテル暮らしを考える上での大きなハードルとなり得ます。特に、フリーランスや起業家、または自分へのご褒美として高級ホテルでの生活を考えている方々にとっては、経済的な負担が非常に重くのしかかることになるでしょう。

しかしながら、高級ホテル暮らしを望む人にとっては、その費用を支払うことで得られる価値は計り知れないものがあります。例えば、24時間対応のコンシェルジュサービス、最高級のアメニティ、一流シェフによる美食、そして何よりも、日々を非日常の空間で過ごせること自体が、多くの人にとって大きな魅力となります。


過剰なサービスが気まずい

高級ホテルでの生活は多くのメリットを提供しますが、一方で過剰と感じられるほどのサービスがデメリットとして挙げられることもあります。特に、プライバシーや自立性を重んじる人にとっては、この点が快適さを損ねる原因になることがあります。

例えば、「ターンダウンサービス」とは、夕方や夜になるとホテル側が提供するベッドメイキングのサービスです。このサービスでは、ベッドの上に掛け布団をめくり、就寝に適した状態に整えたり、部屋の照明を落としてリラックスできる雰囲気を作り出したりします。加えて、スリッパを床に並べたり、チョコレートやお茶を用意してくれる場合もあります。

私がペニンシュラホテルに滞在していた時、このターンダウンサービスは毎日提供されました。夕方、仕事に集中しているときも、部屋に滞在している間にスタッフが入ってきてサービスを行うため、このような場面では特に気まずさを感じることがありました。サービスを提供してくれるのは、自分よりも年上の方々であり、自分が特に求めていないサービスに対して、どのように振る舞うべきか戸惑いを覚えることが少なくありませんでした。

このような経験から、高級ホテルでの生活では、サービスの質が高すぎることが逆にプレッシャーとなり、日常生活における小さなストレスとなることがあります。自分が求めていないサービスを受ける際の心理的な負担は、意外と大きいものです。特に、自分のプライベートな時間や空間を大切にしたい人にとっては、これらのサービスが過剰に感じられることもあるでしょう。

おわりに


高級ホテルでの生活は、日々を非日常の中で過ごす、特別な経験を提供してくれます。洗練されたサービス、優雅な空間、そして細部にわたる配慮は、確かに他では得られない豊かな時間をもたらしてくれます。しかし、このライフスタイルがすべての人に合うわけではありません。高額なホテル代、過剰なサービスに感じる気まずさ、そして何より、日常生活における小さな不便さや飽きが来る可能性など、考慮すべきデメリットも存在します。

私の体験を振り返ると、高級ホテル暮らしは一時的な逃避や非日常を求める際には最適な選択ですが、長期的な生活スタイルとしては、個人の価値観や生活の優先順位によってその適合性が大きく変わると感じます。重要なのは、自分自身が何を大切にしたいのか、どのような生活を送りたいのかを深く考え、それに最も適した選択をすることです。高級ホテル暮らしはその一つの選択肢に過ぎず、その魅力と限界を理解した上で、自分にとって最適な道を選ぶことが、より良い生活への第一歩になるでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X