ENGLISH WORK公式

イギリス留学で失敗する人が多い理由9選

  • 投稿日時:2週間前

イギリス留学は多くの人にとって、一生に一度の貴重な経験です。新しい文化を体験し、言語能力を高め、世界観を広げる絶好の機会を提供してくれます。しかし、留学が必ずしもすべての人にとって順風満帆なものとは限りません。成功と同じくらい、多くの人がさまざまな理由で失敗を経験しています。この記事では、「イギリス留学で失敗する人が多い理由8選」を紹介します。これらの失敗を理解し、事前に準備することで、留学生活をより充実させることができるでしょう。


イギリス留学で失敗する人が多い理由9選

イギリス英語とアメリカ英語の違いをなめて留学する

イギリス留学を考えている皆さん、イギリス英語とアメリカ英語の違いをしっかりと認識していますか?多くの留学失敗談の背景には、この言語の違いをなめてかかった結果が隠れています。日本においては、イギリス英語を耳にする機会はほとんどありません。私たちが学校で学ぶのはアメリカ英語が中心で、視聴する映画やテレビ番組もアメリカ製のものが大半を占めます。そのため、私たちの耳はアメリカ英語に慣れ親しんでいるのです。

しかし、イギリス英語とアメリカ英語は、ただアクセントが異なるだけでなく、発音の仕方、アクセントの付け方、さらには単語の使い方に至るまで、多くの違いがあります。例えば、イギリス英語では「schedule」を「shed-yool」と発音しますが、アメリカ英語では「sked-yool」となります。また、「privacy」もイギリスでは「プライバシー」と発音し、アメリカでは「プライベシー」となります。このような違いは、発音だけに留まらず、日常会話においてもしばしば混乱の原因となります。

留学前にアメリカ英語のみに触れてきた人は、イギリスに到着してすぐにこの言語の違いに直面します。最初の数週間は、自分が英語を知っているはずなのに、なぜか周りの会話がスムーズに聞き取れないというフラストレーションに苛まれることも少なくありません。特に短期間の留学では、この言語の壁を乗り越えるために必要な時間が足りず、学びたい内容を十分に吸収することができない可能性があります。


友達を作りで失敗

イギリス留学で失敗する原因の一つに、「友達ができない」という問題があります。これはイギリス留学に限った話ではありませんが、留学生活の中で友達作りに苦労する人は少なくありません。留学を決めた時、多くの人がYouTubeやブログ、留学経験者の話から「異国での新しい友情」を夢見ています。しかし、実際に留学生活をスタートさせると、想像していた「キラキラした毎日」からは程遠い現実に直面します。

特に留学初期は、英語力の不足を痛感するものです。語学学校でクラスメイトに声をかけても、会話がなかなか弾まなかったり、相手に申し訳ないと感じたりすることがあります。このような経験を重ねるうちに、新しい人と積極的に交流すること自体が億劫になってしまう人もいます。

しかし、友達作りにおいては、ヨーロッパ人やネイティブスピーカーにこだわらず、同じような英語レベルのアジア人や日本人と友達になることが一つの解決策です。多くの留学生が「せっかく留学したのだから、日本人とばかりつるんでは意味がない」と考えがちですが、実際は逆です。同じ言語を話す友人と一緒にいることで、英語を使った交流の場に挑戦する勇気が湧いてきます。パブやイベントなど、様々な場所での交流を通じて、自然と異文化の友人も増えていくでしょう。

また、日本人の友達が欧米人との橋渡しをしてくれることもあります。二人で力を合わせて英語での会話に挑戦したり、会話のテンポを日本語でサポートし合ったりすることもできます。これは、交友関係を広げるだけでなく、英語力向上にも繋がります。


想像以上の物価の高さで楽しめなかった

イギリス留学を失敗と感じる一因として、予想以上の物価の高さに直面することが挙げられます。イギリス、特にロンドンの物価は日本と比べて著しく高い水準にあります。日本で500円程度で食べられる牛丼が、ロンドンでは1500円程度するのは珍しくありません。また、日本のスーパーで購入するお肉や魚もイギリスでは格段に高価で、日常的に購入するのを躊躇させられるほどです。

留学前にある程度の物価の高さは覚悟していたとしても、実際に生活を始めるとその実情に驚かされることでしょう。特に、長期間の語学学校に申し込み、毎日のように外食や観光を楽しもうと計画していた学生は、使えるお金の減少速度に愕然とするかもしれません。このように、物価の高さは留学生活を思うように楽しめない大きな要因となり得ます。

例えば、週末に友人とパブで食事を楽しみたいと思っても、一食につき数千円が飛んでいくため、頻繁には外食できない現実に直面します。また、イギリスは公共交通機関も高額であるため、移動するたびに無駄にお金を消費している感覚に陥りがちです。

このような状況に対処するには、留学前にしっかりと財務計画を立て、現地での生活コストをリアルに把握しておくことが重要です。また、スーパーマーケットでの買い物や自炊を積極的に行い、不必要な外食を減らす、公共交通機関の代わりに自転車を利用するなど、日常生活でコストを削減する工夫が求められます。


ホームシックを感じやすい距離

イギリス留学に挑む多くの学生が直面する困難の一つに、「ホームシック」があります。失敗の原因としてしばしば見過ごされがちですが、日本とイギリスとの距離を軽視してしまうことが、ホームシックを感じやすくする大きな要因です。日本からイギリスへは、直行便を利用しても約15時間のフライトが必要であり、物理的な距離の長さは、心理的な距離感を一層強めます。

例えば、近場のフィリピン留学であれば、日本からの距離は約4時間程度であり、航空券の価格も比較的安価です。これにより、途中でホームシックになったとしても、比較的容易に一時帰国することが可能です。しかし、イギリスの場合は、フライト時間も長く、航空券の価格も片道で10万円程度と高額です。気軽に帰国できる状況ではなく、この点がホームシックを感じる原因となってしまいます。

特に留学の初期段階では、新しい環境への適応、言語の壁、文化の違いなど様々なストレスが重なり、ホームシックを強く感じやすい状況にあります。留学生活が進むにつれて友達ができ、生活に慣れてくると多少は軽減されますが、「もっと短期間の留学にしておけばよかった」と感じる学生も少なくありません。

ホームシックを軽減するためには、留学前の準備が重要です。例えば、日本とイギリスを繋ぐオンラインコミュニティに参加する、イギリス在住の日本人と事前にコンタクトを取っておく、留学中も定期的に家族や友人とビデオ通話をするなど、心理的なサポート体制を整えておくことが効果的です。


低気圧でモチベーションが上がらない

イギリス留学での失敗体験には様々な原因がありますが、「天気が悪くて憂鬱になる」という理由は意外にも多くの人が直面する問題の一つです。イギリス、特にロンドンなどの都市は、その不安定な天候で有名です。実際、イギリス人自身が「常に曇り空でうんざりする」と自虐的に語るほどです。

このように、日照時間の短い冬季や雨の多い季節に留学を始めた場合、低気圧の影響で毎日のように朝起きるのが辛くなったり、一日中眠気に襲われたり、頭痛に悩まされることも少なくありません。特に、低気圧に敏感な人は、これらの症状によって学業や日常生活に大きな影響を受けることがあります。

留学初期は新しい環境への適応、言語の壁、文化差など、すでに多くのストレスに直面しています。その上、慣れない国での天候による体調不良は、留学生活へのモチベーションをさらに低下させる原因となり得ます。実際に、「もっと天気の良い国に留学すればよかった」と後悔する学生もいると聞きます。

しかし、このような状況に対処するためには、留学前の準備が非常に重要です。例えば、季節に応じた服装やサプリメントの準備、室内での趣味を見つける、定期的な運動や社交活動を計画するなど、天候に左右されずに過ごせる工夫をすることが効果的です。

さらに、留学先での生活においては、天候に負けずに積極的に外出することも大切です。たとえば、雨の日でも楽しめる美術館や図書館の訪問、カフェでの勉強など、天気に左右されない活動を見つけることで、イギリス留学生活をより充実させることができます。


ホームステイを長くしすぎて失敗

イギリス留学での失敗体験には様々な要因がありますが、「ホームステイを長くしすぎる」という点も見過ごせません。多くの学生が留学前に描くホームステイ生活は、キラキラとした理想像に満ちています。しかし、実際にはその期待と現実とのギャップに苦しむことも少なくありません。

ホームステイを受け入れている多くの家庭は、純粋に留学生との交流を楽しむというよりは、経済的な理由からホームステイを提供している場合が多いのが実情です。自身の家に見知らぬ留学生を迎え入れることには、さまざまなリスクや犠牲が伴います。これはイギリスに限らず、世界中のホームステイが直面する普遍的な問題です。

実際、イギリス留学を経験した人の中には、厳しい家庭ルール、ホストファミリーとの相性の悪さ、アットホームな雰囲気の欠如などに苦しめられ、ホームステイを早期に解消してシェアハウスや学生寮に移るケースもあります。これらの体験は、留学期間を通じてのモチベーション低下や、留学目的を達成する上での大きな障害となり得ます。

ホームステイの期間設定に失敗しないためには、留学前に以下の点を考慮することが重要です:

  • ホームステイの期間を最初から長期間設定せず、短期間から始めて徐々に延長する選択肢を検討する。
  • 留学先の文化や生活環境に関する事前のリサーチを徹底し、ホームステイのリアルなイメージを持つ。
  • ホームステイファミリーとのコミュニケーション方法や、相性の不一致に備えた対処法を事前に考えておく。
    理想と現実のギャップに苦しむことなく、イギリス留学を成功させるためには、ホームステイに関する適切な期間設定と準備が不可欠です。失敗を恐れず、柔軟な姿勢で留学生活に挑むことが、豊かな経験を積む鍵となるでしょう。


シェアハウス選びで失敗

イギリス留学において、多くの人が直面する挑戦の一つに「シェアハウス選びでの失敗」があります。多くの留学生は、留学初期の数週間はホームステイを経験し、その後はより自由度の高いシェアハウスでの生活を選択します。しかし、このシェアハウス選びが思わぬ失敗に繋がることも少なくありません。

シェアハウス生活には確かに楽しい面も多いですが、それと同時に様々な苦労も伴います。例えば、清掃当番を守らない人、夜遅くまで騒ぐ人、共用の冷蔵庫の食べ物を勝手に取る人、そして最悪の場合、自分の現金や貴重品を盗む人も存在します。日本におけるシェアハウスが比較的平和であることに慣れている人にとっては、このような状況は想像もしないことかもしれません。

特に、海外のシェアハウスは所得の低い成人も多く利用しており、残念ながら中には犯罪に手を染めてしまう人もいます。これらの問題は、シェアハウスの選択を誤ることによって、留学生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

シェアハウス選びで失敗しないためには、以下の点を事前に確認することが重要です。

  • 安全性:地域や建物の安全性、過去の居住者のレビューや評判をリサーチします。
  • ルール:共用部の清掃ルール、夜間の騒音に関する取り決めなど、共同生活に関するルールが明確に設定されているかを確認します。
  • 入居者:できれば現在の入居者と事前にコンタクトを取り、雰囲気を感じ取ることも一つの方法です。

また、短期間だけシェアハウスに入居し、自分に合った環境かどうかを確認した後で長期契約を結ぶという方法もあります。イギリス留学の成功は、住まい選びにかかっていると言っても過言ではありません。シェアハウス選びでの失敗を避け、快適な留学生活を送るためには、事前の丁寧な準備とリサーチが不可欠です。


語学学校までの通学時間が長い

イギリス留学を計画している多くの人が見落としがちなのが、「語学学校までの通学時間の長さ」です。失敗の原因としては意外に思われるかもしれませんが、実際にはこの通学時間が学生生活に大きな影響を与えることがあります。

イギリス、特にロンドンなどの大都市では、中心地に近づくほど家賃が高騰します。その結果、多くの留学生は家賃を抑えるために市の中心部から離れた郊外に住むことを余儀なくされます。しかし、多くの語学学校は市の中心に位置しているため、郊外からの通学は時間がかかり、特にロンドンのような都市では、通勤・通学時間の混雑も避けられません。

例えば、郊外からロンドンの中心部への通学には、電車やバスを乗り継いで1時間以上かかることも珍しくありません。さらに、朝のピーク時には電車やバスが混雑し、座ることができないことも多いです。このような状況は、毎日のように続くと学業に対するモチベーションの低下を招くだけでなく、疲労感の蓄積にも繋がります。

通学時間が長いという事実を甘く見てしまい、留学生活の初期段階でこの問題に直面すると、「もっと交通の便が良い場所に住むべきだった」と後悔する人も少なくありません。また、長時間の通学は、勉強やアルバイト、社交活動など留学生活を豊かにする他の活動の時間を削ります。

この問題に対処するためには、留学前の住居選びで通学ルートと時間をしっかりとリサーチし、現地での生活リズムを想像してみることが重要です。また、可能であれば、通学時間を有効活用するための工夫、例えばオーディオブックやポッドキャストでの英語学習などを計画に入れることも一つの方法です。

おわりに


イギリス留学で直面するかもしれない様々な失敗について知ることは、留学を成功させるための第一歩です。これらの失敗例を通じて、留学準備の重要性がお分かりいただけたと思います。事前のリサーチと準備、そして柔軟な心構えを持つことが、留学生活を有意義なものに変える鍵となります。留学は多くの挑戦と困難を伴いますが、それらを乗り越えた先には、自分自身の成長と素晴らしい経験が待っています。この記事が、あなたのイギリス留学を成功に導く一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X