ENGLISH WORK公式

スコットランド留学驚愕のメリット・デメリット13選

  • 投稿日時:3か月前

スコットランドは、その豊かな歴史、壮大な自然、そして独特の文化で知られています。多くの学生にとって、スコットランドでの留学は一生に一度の冒険となるでしょう。しかし、異国での生活は夢と挑戦が混在するものです。この記事では、スコットランド留学の驚愕のメリットとデメリットを20選、実体験をもとに深掘りしていきます。スコットランドでの学びは、ただの学問的追求に留まらず、自己発見と成長の旅にもなり得るのです。これからスコットランドへの留学を考えている方々にとって、この記事が貴重な洞察となり、準備の一助となれば幸いです。


スコットランド留学のメリット13選

街並みが息を呑むような美しさ

スコットランド留学を検討されている皆さん、その大きなメリットの一つに「息を呑むような美しい街並み」があることをご存じでしょうか。スコットランドの街々は、その古き良き美しさで知られ、まるで時間旅行をして中世に足を踏み入れたかのような錯覚に陥ります。特にエディンバラは、留学生にとって見逃せない街の一つです。その中心にそびえ立つエディンバラ城は、まるでハリーポッターの世界から抜け出してきたかのよう。ホグワーズ魔法学校を地で行くこの城を見るたびに、物語の中に迷い込んだ気分になること請け合いです。

しかし、この美しさはエディンバラ城だけに留まりません。街を散策すると、そのどこもが中世の風情を色濃く残しており、細い路地や石畳の道は、まるで過去にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。たとえば、ロイヤルマイルはエディンバラ城からホリールード宮殿まで続く歴史的な街路で、この道を歩けば、古い教会、歴史的な建物、魅力的なショップが立ち並ぶ風景に心奪われることでしょう。

さらに、スコットランドの街並みの美しさは、留学生活にも大きな影響を与えます。例えば、勉強の合間に街を散歩することで、心のリフレッシュやインスピレーションを得ることができます。また、古い建物に囲まれながらカフェで過ごす時間は、学問に打ち込む日々の中で格別のひとときとなるでしょう。まるで自分が主人公となったファンタジー小説の一ページを歩いているような、そんな非日常的な体験がスコットランド留学の大きな魅力の一つです。


ロンドンよりも落ち着いて過ごせる

スコットランド留学を考える際、その大きなメリットの一つに「ロンドンよりも落ち着いて過ごせる」という点が挙げられます。ロンドンは確かに英国のビジネス、文化、観光の中心地であり、常に活気に満ちている都市です。そこは世界中から人々が集まる場所であり、カフェ一つとっても席を見つけるのに一苦労することも珍しくありません。これが、常に何かと忙しい雰囲気が漂う理由でしょう。

しかし、スコットランドの話になると、事情はまったく異なります。たとえばスコットランドの首都エディンバラは、ロンドンに比べて人口密度が低く、街のペースもゆったりとしています。エディンバラのカフェや公園に足を運べば、どこもかしこもがんじがらめに混雑しているわけではなく、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。これは、学生にとっては大きなメリットです。勉強や研究に集中するための静かな環境が自然と整っているのです。

また、スコットランドの街では、人々がよりフレンドリーで落ち着いていると感じられることもあります。例えば、エディンバラやグラスゴーの地元の人々は、訪れる留学生に対して温かく接してくれることで知られています。このような環境は、新しい場所に慣れるのに時間がかかる人にとっても、安心して生活を始めることができる大きな助けとなります。


独自の文化がある

スコットランド留学を選ぶ大きなメリットとして、その独自の文化があります。イングランドと共にイギリスを構成しているとはいえ、スコットランドは歴史、伝統、言語、そして文化的アイデンティティにおいて、独自性を強く保持しています。特に、ケルト文化の影響が色濃く残るスコットランドでは、高地(ハイランド)地域を中心に、その独特の文化を肌で感じることができます。

ケルト文化は、音楽、舞踏、伝統衣装、祭りなど、スコットランドの文化的アイデンティティの根幹を形成しています。たとえば、バグパイプの音色はスコットランドのシンボルの一つであり、祭りやパレード、結婚式など、さまざまな場面でその響きを耳にすることができます。また、タータン(格子模様)のキルトをはじめとする伝統衣装も、スコットランドならではの文化的特徴を示しています。

さらに、スコットランドでは年間を通じて多くの文化祭やイベントが開催されます。例えば、毎年エディンバラで開催されるエディンバラ国際フェスティバルは、世界中からアーティストが集まり、音楽、演劇、ダンスなどのパフォーマンスが披露される大規模な文化イベントです。これに加え、伝統的なハイランドゲームズも見逃せません。ハイランドゲームズでは、タグ・オ・ウォー(綱引き)、キャバー投げ(大木投げ)、ハンマー投げなど、古代ケルトの伝統に基づく競技が行われ、地域のコミュニティが一堂に会します。


ヨーロッパ旅行に無限に行ける

スコットランド留学の大きなメリットとして、ヨーロッパ諸国への旅行が驚くほど容易である点が挙げられます。多くの日本人にとっては想像もつかないかもしれませんが、スコットランドからヨーロッパの他の国々への旅行は、非常に手軽な価格で実現可能です。特に、片道1500円からという驚異的な価格で航空券を提供するLCC(格安航空会社)がヨーロッパでは非常に発展しています。スコットランドからも利用できるRyanairなどのLCCを使えば、誰もが驚くような超格安航空券で、ヨーロッパ内を自由自在に旅することができるのです。

このメリットは、留学生活において非常に魅力的なポイントです。学業や語学の勉強に追われる日々の中で、ふとした瞬間に訪れる旅行の衝動に、手軽に応えることができます。例えば、ある日突然ピザが食べたくなったら、すぐにイタリアへ飛んで本場の味を楽しむことができます。また、Netflixで見たドラマに触発されてスイスの壮大な自然を目の当たりにしたいと思ったら、簡単にスイスへの小旅行を計画することができるのです。

このような旅行のしやすさは、留学生にとって学びだけでなく、文化や歴史を直接体験する絶好の機会を提供します。たとえば、フランスのパリを訪れてルーブル美術館で名画を鑑賞したり、スペインのバルセロナでガウディの建築を巡ることは、教室の外で得られる貴重な知識と経験です。また、これらの旅行は留学生同士の交流を深める機会にもなり得ます。週末に友人と一緒に近隣国を訪れることで、異文化交流の幅を広げ、友情を深めることができるでしょう。


さまざまな芸術的なアイデアが得られる

スコットランド留学の魅力の一つは、無限の芸術的アイデアを得られる環境にあることです。この地が『ハリー・ポッター』シリーズの著者、J.K.ローリングに与えた影響は、その最も顕著な例でしょう。1990年代初頭にエディンバラに移住したローリングは、この美しい都市の中で『ハリー・ポッター』シリーズの多くを執筆しました。彼女が作品の多くを書いたとされる「ザ・エレファント・ハウス」というカフェは、今や世界中のファンにとって聖地のような存在となっています。

エディンバラの街角、古いカフェの窓から見える風景、歴史的な建物が織りなす独特の雰囲気は、ローリングだけでなく、多くのクリエイターにインスピレーションを与えてきました。スコットランドの自然の美しさ、古城の神秘性、豊かな文化遺産は、アートや文学、音楽など、さまざまな分野の芸術家たちに新しいアイデアをもたらし続けています。

スコットランド留学生としてこの地を訪れることは、単に学問を深めるだけではなく、自らのクリエイティブな才能を刺激し、新たな芸術的表現を見つけ出す旅にもなります。街を歩けば、どこか懐かしくも新しい発見があるかもしれません。自然に囲まれた静かな読書スポットや、歴史的な背景を持つアートギャラリー、または地元の音楽家が演奏するパブなど、刺激に満ちた場所があなたを待っています。

留学中に訪れるべきは、エディンバラのアートシーンだけではありません。スコットランド全土が、伝統と革新が融合したユニークな文化を育んでおり、それは訪れる人々に新たな視点を提供します。たとえば、グラスゴーには現代アートの展示で知られるケルビングローブ美術館や、革新的なデザインの展示が行われるリバーサイド博物館など、芸術に触れることができる場所が数多く存在します。


ヨーロッパからの留学生が多い

スコットランド留学が持つ大きなメリットの一つに、ヨーロッパ各国から来た留学生との交流の機会が豊富にあることが挙げられます。ヨーロッパ内に位置するスコットランドは、その地理的利点から多くのヨーロッパ国籍の学生や社会人が語学留学や専門教育を目指して訪れます。フィリピン留学などでは、地域の特性上アジア人留学生が中心となることが多いですが、スコットランドでは様々なヨーロッパの文化や言語背景を持つ人々と出会うことができるのです。

この環境は、留学生にとって比類なき学びの場となります。異なる文化や言語の背景を持つ人々との日常的な交流は、自身の視野を広げるだけでなく、異文化理解の深化にもつながります。例えば、クラスメイトや寮のルームメイトとしてイタリア人やスペイン人、ドイツ人といった多国籍の友人を持つことで、それぞれの国の文化や言語について学ぶ機会を得ることができるでしょう。

また、こうした多国籍の友人関係は、ヨーロッパ内での旅行計画においても大きなメリットをもたらします。スコットランドでの留学生活を通じて築いた友情は、ヨーロッパ各地に友人の家を訪れることができる貴重なネットワークになります。実際に、多くの留学生が休暇中に友人の家に滞在しながら、その国の文化や生活を肌で感じる経験をしています。


ロンドンと比べ物価が安い

スコットランド留学を選択する上で、注目すべき大きなメリットの一つは、ロンドンと比較して物価が安いという点です。スコットランドの多くのエリアが、ロンドンほどのビジネスや観光の中心地ではないため、生活コストが格段に低いことが多いのです。特に、住宅費に関して言えば、スコットランドでは街の中心地に近い立地であっても、ロンドンで同様の条件の住居を探すよりずっとリーズナブルな価格で住むことが可能です。

たとえば、エディンバラやグラスゴーのような主要都市でも、学生用のアパートメントやシェアハウスを比較的手頃な価格で借りることができます。この点は、特に予算を気にしながら留学生活を送りたい学生にとって大きな魅力となります。

食費に関しても、カフェやレストランでの食事は日本と比較して少し高く感じられるかもしれませんが、スーパーでの食材の購入に関しては、ロンドンよりもずっと費用を抑えることが可能です。例えば、地元産の野菜や肉類を含む多くの食材が、手ごろな価格で提供されています。また、スコットランドのスーパーでは、時折、食材や日用品のプロモーションが行われることもあり、賢く買い物をすることで、さらに生活費を節約することができるのです。


高い衛生レベル

スコットランド留学の大きなメリットとして、その高い衛生レベルが挙げられます。多くの人が留学先を選ぶ際、生活環境の清潔さは重要な判断基準の一つです。他の人気留学先と比べて、スコットランドの街は特に綺麗であり、公共の場所もしっかりと管理されています。これはスコットランドが先進国の一つとして、衛生面においても高い水準を保っているからです。

例えば、スコットランドの都市部では定期的に清掃が行われ、ゴミの分別や回収も厳格に実施されています。これにより、街中でも不快なゴミの山や悪臭を感じることはほとんどありません。さらに、公共施設やレストラン、カフェなどでも清潔さが保たれており、訪れる人々に快適な環境を提供しています。

留学生が住む住居に関しても、虫が出ることは少なく、日本人学生にとっては非常に過ごしやすい環境だと言えます。もちろん、どの国にも特有の生活習慣や文化があり、完璧な清潔さを求めるのは難しいかもしれません。しかし、スコットランドでは、不快に感じるほどの汚さはほぼなく、日常生活を送る上で衛生面でのストレスは少ないでしょう。


治安がいい

スコットランド留学の大きなメリットとして、その治安の良さが挙げられます。日本の外務省の情報でも確認できるように、スコットランドは「現在、危険情報は出ておりません」とされており、これは留学生や観光客にとって大きな安心材料となります。他の人気留学先に比べても、スコットランドの治安の良さは際立っています。例えば、フィリピンでは常に何らかの危険レベルが設定されており、アメリカやイングランドにおいても、場所によっては治安が悪いエリアが存在します。

スコットランドでは、特に大都市圏内でも、薬物中毒者が街を溢れかえっているような状況はほとんど見られません。もちろん、どの国においても夜間に女性が一人で外出する際には注意が必要ですが、スコットランドは日本と同等レベルの治安の良さを保っていると言えるでしょう。実際、世界治安ランキングでスコットランドは常に高い評価を受けており、日本と同様に安全な国として認識されています。

この治安の良さは、留学生活を送る上で非常に重要な要素です。異国の地で生活する不安を軽減し、学業や日常生活に専念できる環境が整っています。例えば、エディンバラやグラスゴーのような主要都市でも、夜遅くまで図書館で勉強した後、安心して宿舎に戻ることができるでしょう。また、週末には友人たちと市内を探索したり、スコットランドの美しい自然を楽しむハイキングに出かけることも、安全な治安状況があればこそです。


自然は息を呑むような美しさ

スコットランド留学の最大のメリットの一つは、その息をのむような自然の美しさです。スコットランドは、四季を通じて緑豊かな風景が広がり、この地を訪れる人々に深い癒やしを提供します。この美しい自然は、スコットランド特有の温暖湿潤気候によるもので、緑が常に生い茂る環境を作り出しています。

特に、エディンバラ周辺の自然は圧倒的な美しさを誇ります。例えば、アーサーズ・シートはエディンバラ市内からアクセスしやすい場所にありながら、荘厳な景色と静寂を楽しむことができる自然の宝庫です。この古代火山の頂上からは、エディンバラの街並みを一望することができ、晴れた日には遠くスコットランドの風光明媚な景色を眺めることができます。

また、スコットランド高地の壮大な山々や、ネス湖の神秘的な風景も、スコットランドの自然美を象徴する場所です。これらの地域では、ハイキングやサイクリング、カヌーなどのアウトドア活動を楽しむことができ、自然と一体になるような経験をすることが可能です。

スコットランドの自然はただ美しいだけでなく、留学生活において心のオアシスとなり得ます。学業や日々のストレスから離れ、自然の中でリフレッシュすることは、学生にとって非常に重要です。エディンバラの街からほんの少し足を延ばすだけで、美しい海岸線や、昔ながらの村々を巡ることもできます。これらの場所は、スコットランドの歴史や文化に触れることができるだけでなく、新たな発見や出会いを提供してくれます。


お酒好きには天国

スコットランド留学がお酒好きにとって天国である理由は、その世界的に有名なウイスキー文化にあります。スコットランドといえば、豊かな自然や深い歴史、独自の文化が思い浮かびますが、この地を語る上で欠かせないのが、世界に誇るウイスキーです。スコットランドのウイスキーは、その地の風土や人々の情熱、そして長い年月をかけて受け継がれてきた伝統の結晶と言えるでしょう。

スコットランドには数多くの著名なウイスキー蒸留所があり、例えば「グレンフィディック」や「マッカラン」、「ラガヴーリン」などが世界的にその名を知られています。これらのウイスキーは、それぞれ異なる風味と個性を持ち、スコットランドの多様な自然と文化を反映しています。留学生は、実際にこれらの蒸留所を訪れ、ウイスキー作りの過程を学んだり、試飲を楽しむこともできます。

また、スコットランドのパブ文化も見逃せません。地元の人々が集まり、日々の出来事について談笑するパブでは、地元産のウイスキーを始めとする様々な種類のお酒が楽しめます。ここでの交流は、スコットランドの温かな人々とのふれあいの場となり、留学生活においてかけがえのない思い出を作るでしょう。

スコットランド留学中には、地元のフェスティバルやイベントに参加する機会も多く、これらの場ではスコットランドのお酒文化を身近に体験することができます。ウイスキーに関するセミナーやテイスティングイベントは、お酒好きな留学生にとっては特に興味深い活動の一つです。

スコットランド留学のデメリット7選


英語の訛りがかなり強い

スコットランド留学を検討する上で、留意すべきデメリットの一つが、その独特の英語訛りの強さです。スコットランドの英語は、特有の響きと発音があり、特に初めてこの地を訪れる人や、英語のリスニング力に自信がない方にとっては、理解するのが難しい場合があります。私自身、留学中は自分の英語力、特にリスニング能力に問題があるのではないかと思っていました。しかし、YouTubeなどで一般的なスコットランド人の英語を聞くと、その訛りの強さに気づかされます。

例えば、スコットランド英語では、”light”が「ライト」というよりは「ライット」と聞こえることがあり、”right”も「ライト」というよりは「ライトゥ」と発音される傾向があります。これは、スコットランド英語が持つ独特の響きと、口の動かし方によるものです。また、”not”は「ノット」ではなく、「ナット」と聞こえることもしばしばです。これらの特徴は、特にスコットランドの一部地域ではより顕著で、時にはロンドン出身の英国人でも理解に苦しむことがあると言われています。

もちろん、語学学校の先生方は比較的標準的な英語を話すため、クラス内でのコミュニケーションに大きな問題は生じません。しかし、現地の人々との日常的な会話の中で、この訛りによって意思疎通に苦労する可能性があります。私個人としては、経済的な余裕がある場合、より訛りの少ないロンドンでの留学を検討する価値があるかもしれません。


田舎だからすぐ飽きる

スコットランド留学を検討している方にとって、一つのデメリットは、比較的田舎であることから来る活動の限定性かもしれません。確かに、スコットランドは美しい自然と豊かな歴史を有していますが、国自体の規模が小さく、経済的にもイングランドと比べると規模が小さいため、特に首都のエディンバラでさえも街の大きさは限られています。

大きなショッピングセンターや飲食店の数が少ないため、東京のような大都市の生活に慣れている人にとっては、やりたいことがすぐに尽きてしまうかもしれません。エンターテイメントの選択肢が限られていることは、長期間の滞在においては特に顕著に感じられることでしょう。

しかしながら、スコットランドの生活には、そのような状況を逆手に取った魅力もあります。例えば、大自然の中でのアウトドア活動は、スコットランドならではの楽しみ方の一つです。ハイキング、サイクリング、釣り、ゴルフなど、自然を満喫する機会は豊富にあり、これらは都市部では味わえない独特の経験を提供してくれます。

また、大規模なショッピングモールでの買い物体験に代わる、小さな街ならではの個性的なショップでの買い物も、特別な楽しみの一つです。エディンバラやグラスゴーのような都市では、独立したブティックやアンティークショップ、地元のクラフト品を扱う店舗が見つかり、こうした場所での探索は、大都市では得られない特別なアイテムを見つける喜びを提供します。

さらに、デジタルデトックスとしての機会も、スコットランドの生活が提供する利点の一つです。忙しい都市生活から離れて、静かな環境でのんびりと過ごすことは、精神的なリフレッシュにも繋がります。

天気がどんよりしがち

スコットランド留学において直面するかもしれないデメリットの一つは、その変わりやすい天候です。イングランドが天候の変動で知られているように、スコットランドもまた、一日のうちに四季を経験するかのような天気の変わりやすさが特徴です。朝は晴れているかと思えば、突然の雨に見舞われ、そしてまた晴れ間がのぞくことも珍しくありません。

このような天候は、特に屋外でのアクティビティを計画する上で予測が難しく、日常生活においても一定の準備を必要とします。例えば、外出時には常に傘や雨具を携帯する必要があり、また、温度変化にも対応できるような着るものの選択も重要になってきます。

しかし、この変わりやすい天候がスコットランドの自然環境にもたらす影響は、決してデメリットだけではありません。雨のおかげで、スコットランドの自然は一年中、鮮やかな緑を保っています。豊かな自然の風景は、この地域ならではの魅力の一つであり、雨が降った後の清々しい空気や、雨上がりの美しい虹は、日常生活に小さな喜びを与えてくれます。

また、天候が人々の営みや感情に与える影響を間近で感じ取ることができるのも、スコットランド留学のユニークな経験です。不安定な天気の中での生活は、時に人間としての本能的な感覚を呼び覚ますことがあり、自然とのつながりを強く意識する機会にもなります。

美味しい日本食は少ない

スコットランド留学のデメリットとして、美味しい日本食が少ない点が挙げられます。留学生活を送る上で、時には故郷の味が恋しくなるものですが、スコットランドでは日本食レストランの数が極めて限られており、見つかったとしても、その品質には満足できないことが多いようです。私が留学していた時期から数年が経過し、状況が少し改善されている可能性もありますが、依然として日本食レストランは少なく、提供される料理のクオリティも期待ほどではないのが現実です。

日本食レストランで提供される料理の価格は、日本円で2000円程度となることが多く、この価格であれば日本国内で高品質な日本食を楽しむことができるため、価格と品質のバランスに納得がいかないことも少なくありません。このため、日本食を楽しみたい場合は、自炊を選択肢とするしかない状況です。

私自身、留学時代はまだ若く、語学学校で知り合ったウクライナ人の経営者の女性によく日本食をごちそうになっていましたが、それは例外的な状況であり、一般的には日本食を手軽に楽しむことは難しいでしょう。ロンドンなど他の英国の都市では日本食レストランの選択肢が豊富ですが、スコットランドではそのような環境とは言えないのが実情です。

気軽に外食できないから栄養バランス偏りがち

スコットランド留学の一つのデメリットとして、気軽に外食する文化が少ないため、栄養バランスの偏りが生じやすい点が挙げられます。日本と異なり、ヨーロッパでは外食が日常的ではなく、特にスコットランドでは、気軽に立ち寄れるような飲食店の選択肢が限られています。主には、少し格式のあるレストランか、ファストフードのような極めてカジュアルなオプションが主流で、日本のように吉野家や大戸屋、日高屋、さらにはラーメンや蕎麦、パスタ専門店のような中間的な選択肢がほとんどありません。

このため、日本で外食中心の生活をしていた人は、スコットランドでは食生活の調整に苦労するかもしれません。外食が手軽ではない環境では、自炊を余儀なくされることが多く、特に料理に慣れていない留学生の場合、健康的な栄養バランスを維持することが難しくなりがちです。

しかしながら、この状況を逆手に取り、留学生活を通じて料理スキルを身に付けることも可能です。例えば、地元のスーパーマーケットやマーケットで新鮮な食材を購入し、自国の料理だけでなく、スコットランドや他の国の料理にも挑戦することで、食生活の幅を広げることができます。また、このプロセスは、新たな友人を作る機会にもなり得ます。共同キッチンを持つ学生寮やシェアハウスでは、料理を通じて他の留学生や現地の学生との交流が生まれることもあります。

日本のものを買える場所はほとんどない

スコットランド留学のデメリットとして、日本の製品や商品を手に入れる場所がほとんどない点が挙げられます。ヨーロッパは多くの先進国が集まる地域であり、それぞれの国が独自のプロダクトを持っています。このような環境の中では、日本製品が市場に出回る余地は限られており、日本から持参する以外に入手方法がない場合も少なくありません。

特に、日本特有の食品や生活用品に関しては、現地での入手が困難なことが多く、日本から大量に持ってくる必要が生じることもあります。これは、特定の日本食材や化粧品、日用品など、日本でないと手に入らないものに依存している場合に特に顕著です。

しかしながら、私個人の経験では、日本製品でなければ満足できないということはありませんでした。現地のシャンプーや洗剤などは、日本のものとは異なる香りや使用感があり、むしろ新鮮で好ましいと感じることも多いです。また、日本食が世界的に流行っている影響で、一部の日本食材は普通のスーパーマーケットでも販売されている場合がありますが、価格が日本国内と比較して高めであることは覚悟する必要があります。

おわりに


スコットランド留学を考える際、様々なメリットとデメリットを理解することは非常に重要です。美しい自然や、独特の文化体験、世界レベルの教育機関での学びは、間違いなく魅力的です。しかし、天候の変わりやすさや、外食文化の違い、そして日本製品の入手困難さなど、日常生活における小さな挑戦も存在します。これらの点を踏まえた上で、留学は自己成長の大きな機会を提供してくれます。スコットランドでの生活は、新しい視点を開くとともに、未知の自分を発見する旅となるでしょう。留学を通じて得られる経験は、あなたの人生にとってかけがえのない宝物となるはずです。スコットランドでの留学を検討している皆さん、この記事がその冒険の第一歩となりますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4週間
  • アルバイト
  • 日本、〒260-0023 千葉県千葉市中央区出洲港348−26
  • 時給1100円
  • 卸売・小売
  • 株式会社ビーフリー KTM千葉/ハスクバーナ・モーターサイクルズ千葉
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2か月
  • フリーランス
  • 兵庫県神戸市東灘区住吉東町1−6−17 203
  • その他
  • 株式会社RINXs
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 7か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • Okayama
  • 月給28万円
  • メディア・エンタメ
  • 木下サーカス株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

ENGLISH WORK月間訪問者数が2万人を突破しました!

X