ENGLISH WORK公式

留学後に虚無感に襲われる理由9選

  • 投稿日時:3週間前

留学は多くの人にとって、人生の中で一度は経験したい大冒険です。新しい文化に触れ、異なる言語を学び、世界観を広げる絶好の機会を提供してくれます。しかし、この刺激的な期間が終わり、日本に帰国すると、予期せぬ虚無感に襲われる人が少なくありません。留学後に感じるこの空虚感は、多くの帰国生にとって、予想外の課題となることがあります。では、なぜ留学後に虚無感を感じるのでしょうか?本記事では、「留学後に虚無感に襲われる理由9選」と題して、その原因を深掘りします。これから紹介する9つの理由を通じて、留学後の虚無感の正体とその対処法について考えてみましょう。


留学後に虚無感に襲われる理由9選

やりたいことがなくなって虚無に

留学を終えた後に感じる虚無感というのは、決して珍しいことではありません。多くの方が、留学という大きな目標を達成した後、次に何を目指せばいいのか、どう進んでいけばいいのかについて、悩まれることがあるのです。特に留学という経験は、多くの人にとって人生の中で最大級の挑戦となることが多く、その準備や実行に多大な努力と時間を費やしてきます。そうした大きな目標を達成した後に、急に目標がなくなってしまうと、どうしていいか分からなくなり、虚無感に襲われてしまうのです。

例えば、留学前は留学先での生活や学業、異文化との交流に向けて日々努力を重ね、それが生活の大きな部分を占めていたとします。しかし、帰国後にはそれらが一切必要なくなり、以前のように日々を充実させるための具体的な目標が見つからない場合、人は無気力になりがちです。これは、人が目標に向かって努力することで得られる達成感や充実感が、急に失われるために起こります。

また、留学中は新しい友達ができ、毎日が新鮮な発見に満ちていたかもしれません。しかし帰国すると、その環境から一変し、かつての友達や生活に戻ることになります。これが、達成した後の空虚感をさらに強める要因となることもあります。

このように、留学という大きな目標を終えた後、次に何を目指せば良いのか見失い、日々の生活において「何をすればいいのか分からない」と感じることが、虚無感に繋がるのです。人は常に何かしらの目標がある時に最も生き生きとし、努力をする意味を見出せるものです。留学後に虚無感に襲われるのは、そうした人間の本質的な部分に関わる問題なのかもしれません。だからこそ、留学後の計画も大切にして、新しい目標を見つけていくことが、虚無感を乗り越えるための一つの方法と言えるでしょう。


夢の国から現実世界に引き戻されて虚無

留学生活が終わり、日本に帰国した多くの方が直面するのが、夢のようだった留学生活から現実世界への突然の移行です。留学中は、まるで毎日が冒険であり、新しい発見があるディズニーランドのような楽しい日々を過ごしている感覚に包まれています。しかし、その期間が終わり、帰国すると、突然その魔法が解けたような虚無感に襲われることがあります。

留学は、新しい文化に触れ、異なる価値観を学び、世界中から集まる人々と交流するという、日常では味わえない特別な体験を提供します。そんな日々は、まさに夢の国にいるようなもので、学業や言語の壁を乗り越える喜び、異文化交流から生まれる新たな友情、そしてそこでしかできない経験が、毎日を輝かせています。しかし、留学が終わり帰国すると、そのすべてが一気に遠い記憶となり、現実の日常生活が待っています。まるでディズニーランドが閉園し、舞浜駅から電車に乗り自宅に戻る途中、明日からの学校や仕事のことを考え始めた瞬間のように、特別だった日々が終わりを告げ、現実が待っていることの寂しさや虚無感を感じるのです。

この感覚は、留学が提供する非日常的な生活から、帰国後の日常への急な移行によって引き起こされます。留学中は、自分自身が成長し、新しいことに挑戦することで、日々が充実していました。しかし帰国後、その成長や挑戦が一旦停止し、かつての日常に戻ることで、何を目指していいのか、どう生活を充実させていけばいいのかが見えなくなります。留学という非日常から現実への移行は、自分の居場所を見失うことにも繋がり、そこから虚無感が生じるのです。


こんなストレス社会で生きなきゃいけないのかという絶望感

留学から帰国したばかりの時に感じる虚無感の中には、「こんなストレス社会で本当に生きていかなければならないのか」という絶望感があります。確かに日本は治安が良く、生活水準の高さや民度の高さなど、世界的に見ても羨ましがられるような素晴らしい面がたくさんあります。しかし、帰国して日常生活に戻ると、日本特有のストレスやプレッシャー、ネガティブなマインドが蔓延していることを改めて感じることがあるのです。

海外生活では、特に西洋諸国においては、ポジティブなマインドセットが奨励され、仕事や生活においてもそのような姿勢が反映されています。例えば、仕事中にスマホをいじったり、同僚と談笑しながら楽しく働いている姿は、そこまで珍しい光景ではありません。これは、仕事を通じて人生を楽しむこと、ストレスを溜め込まずにポジティブに過ごすことの大切さを示しています。

それに対して、日本では仕事に対するアプローチが根本的に異なります。ルールやマニュアルの厳格な遵守、長時間労働、無駄に感じる会議の多さなど、効率よりも形式を重んじる傾向があります。このような文化は、海外での生活を経験した後だと、特に窮屈に感じることがあります。「なぜもっと楽しく、効率的に仕事を進めることができないのか?」と疑問に思う瞬間があるでしょう。

この文化的なギャップは、帰国したばかりの人にとって、ただでさえ難しい再適応プロセスをさらに複雑にします。海外で感じた自由さや、ポジティブな生き方から一転、日本社会のストレスフルな環境に戻ることは、多くの人にとって心理的な負担となり、虚無感や絶望感を引き起こす原因となります。


日本の添加物にエネルギーを奪われている

留学から帰国したばかりの方が、時に感じる虚無感。その一因として、日本の食品に含まれる添加物が挙げられるかもしれません。日本に暮らしていると、日々の食生活の中でそれほど意識することはないかもしれませんが、実は日本の食品には相当量の添加物が含まれています。

留学先での生活に慣れ親しんだ後、日本に戻ると、食生活の違いに戸惑うことがあります。例えば、海外の食パンは保存料が少なめであるため、購入後数日でカビが生えることが珍しくありません。一方で、日本のパンは保存料のおかげで長持ちしますが、それが体にとって必ずしも良いわけではありません。保存料やトランス脂肪酸、グルタミン酸ナトリウムなど、体に負担をかける成分が多く含まれている食品を摂取することで、体が疲れやすくなり、エネルギーを奪われてしまうのです。

特に、留学先で新鮮で自然な食材を中心に食生活を送っていた場合、この違いはより一層顕著に感じられます。カップラーメンやファストフードなど、手軽に食べられる食品が豊富にあるのは便利な一面もありますが、それらが含む添加物が体調を崩しやすくする原因となることもあるのです。

このような食生活の変化は、ただでさえ環境の変化に適応しようとする中でのストレスを増大させ、結果としてエネルギーの消耗を早め、虚無感に陥りやすくします。留学経験を通じて身につけた健康的な食習慣を、帰国後も継続することが困難であると感じることも少なくありません。

この問題に対処するには、帰国後も意識的に食品の選択を行い、可能な限り自然な食材を使った食事を心がけることが重要です。また、体に優しい食生活を続けることで、帰国後に感じる虚無感や体調の悪化を少しでも軽減することが期待できます。留学という大きな経験を終え、再び日本での生活をスタートさせる際には、食生活にも留意し、心身ともに健康な状態を維持することが、新たなスタートを切る上での大きな支えとなるでしょう。


時差ぼけ虚無

留学から帰国した直後に感じる虚無感の一因として、案外見過ごされがちなのが時差ぼけです。長期間にわたって異国で生活した結果、その国の時間に完全に体が慣れてしまうのは自然なこと。しかし、日本に戻ってきたとき、体の時計はまだ留学していた国の時間に合わせており、これが意外とすぐには元に戻らないものです。

たとえば、アメリカやヨーロッパなど、時差の大きな国から帰国した場合、日本での朝がその国では夜にあたる時間帯であることが多いですよね。その結果、日本で朝起きるべき時間に、体はまだ深夜の休息を取るべき状態にあります。そうなると、朝から活動的になることが難しく、日中もずっと体がだるく、集中力が続かないという状況になります。留学から帰ってきたばかりの時期に、このような状態が続くと、自分が何をしていいのかわからなくなり、日常生活における意欲の低下を感じることになります。

特に、1年以上の長期間留学していた場合、時差ぼけからくる体調不良や疲労感は一朝一夕には解消されません。体のリズムが完全に留学先の国に合わせられていた場合、日本に帰国しても、なかなか元の生活リズムに戻ることができないのです。この長引く疲れやリズムの狂いが、精神的な不安定さや虚無感を引き起こす原因になることもあります。

時差ぼけからくるこのような体調不良は、ただ単に「疲れている」というだけではなく、帰国後の生活への適応を難しくする一因となります。帰国してすぐに学校や仕事が始まる場合、この時差ぼけを理由に活動が制限されることもありえます。その結果、自分が留学前に戻りたいと考えていた生活に上手く馴染めないことから、自分の居場所がどこにもないような虚無感に陥ることがあります。


社会毒があなたのエネルギーを根こそぎ奪う

留学からの帰国後、抱える虚無感の背後には、意外な原因が潜んでいることがあります。それは、日常生活の中で接触する「社会毒」が、無意識のうちにあなたのエネルギーを奪っている可能性です。この社会毒とは、添加物や化学物質のことを指し、私たちの生活のあらゆる面でそれに触れています。

例えば、日本の水道水は高い安全基準を満たしているため、直接飲むことが可能です。しかし、その裏で、水質を保つために様々な化学物質が使用されているのも事実です。留学先でミネラルウォーターを主に飲んでいた人にとっては、この違いが体にストレスを与える一因になるかもしれません。また、日本の歯磨き粉に含まれているフッ素も、海外ではフッ素フリーのものが主流であることが多く、このような違いにより、体が微妙な負担を感じている可能性があります。

さらに、食生活においても、日本は添加物を多用していることが指摘されています。留学生活で自然食品に慣れていた人が、帰国後に添加物が多い食品を摂取することで、体調を崩したり、精神的な不調を感じたりすることは珍しくありません。これらの添加物は、体にとって見えない負担となり、それが積もりに積もって虚無感として現れることもあるのです。

この社会毒による負担は、自覚しにくいものです。毎日の生活の中で当たり前のように接しているものだからこそ、その影響を見過ごしがちです。しかし、体や心が「なんとなく疲れやすい」「元気が出ない」と感じている時、それは社会毒の影響を受けているサインかもしれません。

留学から帰国後、このような社会毒によるエネルギーの奪われ方に気づくことは、自分の体調や精神状態を守る上で非常に重要です。可能であれば、自然な素材のものを選ぶ、添加物が少ない食品を心がけるなど、小さな変化を日々の生活に取り入れていくことが、エネルギーを取り戻し、虚無感から脱出する一歩になるでしょう。留学という大きな経験を経て、より健康的でポジティブな日常生活を取り戻すために、社会毒との上手な付き合い方を見つけていきましょう。


日本の気候は想像以上にエネルギーを奪う

留学から帰国した後、多くの方が感じる虚無感。その一因として、意外に思われるかもしれませんが、日本独特の気候が大きく関係しています。留学先で体験した、一年中穏やかな気候や、適度な湿度を保った環境から、日本の激しい季節変動への戻りは、想像以上に私たちのエネルギーを奪います。

例えば、梅雨の時期のじめじめとした暑さや、夏の蒸し暑さは、体力だけでなく精神的なストレスも引き起こします。特に、留学先が温暖で湿度が低い地域だった場合、帰国後に日本の湿度の高さを直接肌で感じたときの違和感は計り知れません。この時期は、外に出るのも億劫になりがちで、活動的になれない日が続くことも。さらに、冬の厳しい寒さも同様で、留学先では感じることのなかった寒さに体がついていかないこともあります。

このような日本の気候の変動は、単に「天気が悪いな」と感じるレベルを超え、私たちの身体だけでなく思考にも大きな影響を及ぼします。体が常にエネルギーを消耗している状態では、物事に対する意欲も低下しやすくなり、それが虚無感として感じられることも少なくありません。特に留学生活で得た新鮮な刺激から一転して、このような状況に直面すると、そのギャップに戸惑い、なおさら疲労感を感じることでしょう。

留学後に感じるこの種のエネルギーの消耗は、自分一人で対処するのが難しいかもしれません。しかし、適切な体調管理や、季節に応じたライフスタイルの調整を心がけることで、徐々に改善されていきます。日本の気候に再適応することは、留学後の生活を豊かにするためにも、非常に重要なステップの一つです。留学という大きな経験をした後は、体だけでなく心のケアも忘れずに、新たな日常生活を楽しんでいきましょう。

おわりに


留学経験は、それぞれの人にとって貴重な宝物であり、その時だけでなく、帰国後の人生にも大きな影響を与えます。しかし、帰国後に直面する虚無感は、多くの帰国生が予期しないものです。本記事で紹介した「留学後に虚無感に襲われる理由9選」を通じて、その感情の背景には様々な原因があることが理解できたかと思います。重要なのは、この虚無感を正面から受け止め、それを乗り越えることでさらなる成長につなげることです。留学から帰国した後も、新たな目標を見つけ、前向きに進んでいくことが、この感情を乗り越える鍵となるでしょう。留学という経験を生かし、充実した帰国生活を送るための一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X