ENGLISH WORK公式

マルタ留学つまらないと言われる理由7選

  • 投稿日時:2週間前

世界中から多くの学生が語学学習の目的で留学先を選んでいますが、中でも地中海に浮かぶ小さな島国、マルタは英語を学ぶための人気の留学先の一つです。その一方で、マルタ留学には「つまらない」という声も少なからず聞かれます。この記事では、マルタ留学がなぜ一部の学生にとって物足りないと感じられるのか、その理由を7つに分けて掘り下げてみたいと思います。マルタの街の小ささから始まり、語学学校の選択肢の限られていることに至るまで、様々な側面からマルタ留学のリアルをお伝えします。


マルタ留学つまらないと言われる理由7選

街が小さすぎて数日で飽きる

マルタ留学がつまらないと言われる最大の理由は、何と言ってもその島の規模の小ささにあります。この点については、留学経験のある私自身も実感しており、また、知人がマルタに1週間ほどの旅行で訪れた際も、3日あれば充分だと感じたとのこと。マルタは間違いなく美しい場所で、特に旧市街地を歩いていると、まるで時間を遡って中世ヨーロッパの雰囲気を味わえます。歴史に興味がある方なら、マルタの豊かな過去に魅了されるかもしれません。

しかし、語学留学という観点から考えると、この小さな島で1年も過ごすのはかなり厳しいと感じざるを得ません。例えば、宮古島に1年間住むことを想像してみてください。短期間の旅行であれば確かに楽しいですが、長期間滞在するとなると話は別です。マルタもまた同じような状況にあると言えるでしょう。

さらに、島の規模が小さいということは、新しい体験や出会いの機会も限られてしまいます。留学の魅力の一つは、異文化交流や現地の人々との深いつながりを経験することにあります。しかし、マルタではそのような体験が限定的になる恐れがあります。たとえば、マルタでの日常は、同じ場所を何度も訪れたり、同じ人に何度も会ったりすることが多くなるでしょう。これは、新鮮さを求める人にとっては物足りなさを感じる原因となります。


ヨーロッパから来る留学生はすぐに母国に帰る

マルタ留学がつまらないと言われる一つの理由に、「ヨーロッパから来た留学生がすぐに母国へ帰ってしまう」という現象があります。マルタは確かに、その美しい海や歴史的な町並みで知られ、ヨーロッパ各国から多くの留学生を引き寄せています。しかし、多くの場合、これらの学生は夏休みを利用して短期間の留学を楽しんでおり、休みが終わるとあっという間に帰国してしまいます。結果として、彼らと深い関係を築こうとすると、時間が足りず難しいと感じることが少なくありません。

さらに、ヨーロッパから来た学生の多くは、休暇気分で友人同士でマルタを訪れています。授業が終われば、彼らは仲間内で集まり、母国語で盛り上がることが多いです。これが、留学生活の中で彼らと親しくなる、あるいは彼らのグループに加わることを難しくしています。留学の大きな魅力の一つは新しい友人を作ることですが、このような状況では、新たな交友関係を築く機会が制限されがちです。

対照的に、イングランドやアイルランドからの留学生は、比較的長期にわたり留学することが多く、また、単独で留学する学生も多いため、友達を作りやすいと言えます。彼らはマルタでの生活にもっと時間を割り、異文化交流にも積極的であり、より多くの留学生と深い繋がりを持つことが可能です。


大型ショッピングセンターや大きな美術館などはない

マルタ留学がつまらないと感じる理由の一つに、「大型ショッピングセンターや世界的な美術館がない」という点が挙げられます。イギリスやアイルランドなど、ヨーロッパの他の人気語学留学先では、週末や暇な時間を楽しむための大型ショッピングセンターや、名高い美術館が数多く存在します。これらの施設は、留学生活の中での息抜きや、文化的な体験の場として重宝されています。

しかし、マルタではそういった大型の商業施設や文化施設が充実しているとは言い難いのが実情です。もちろん、マルタにもショッピングを楽しめる場所はありますが、ロンドンなど大都市にあるような規模や品揃えを期待するとがっかりするかもしれません。留学生にとって、新しい環境での生活は刺激的でありながらも、時には慣れ親しんだ生活様式を求めることもあります。特に長期間の滞在では、週末ごとに友人と過ごすための多様な選択肢が欲しくなるものです。

マルタでの生活が始まった当初は、その美しい自然や歴史的な建造物に魅了されることでしょう。しかし、数ヶ月が経過すると、新鮮さが薄れ、日常生活での多様な娯楽の欠如が顕著に感じられ始めるかもしれません。例えば、最新のファッションや雑貨を求めてショッピングに出かけたい時、マルタでは満足できる選択肢が限られてしまいます。また、世界的に有名な展示物を見て刺激を受けたいと思っても、そのような機会はマルタではほとんど期待できないのが現実です。


国際交流イベントなどが少ない

マルタ留学がつまらないと感じる理由の中で、よく挙げられるのが「国際交流イベントの少なさ」です。マルタは確かに魅力的な小さな島国ですが、その規模ゆえに国際交流イベントの開催頻度や種類は限られてしまいます。例えば、ロンドンやアイルランドのダブリンのような都市では、留学生を対象とした様々な国際交流イベントが頻繁に行われています。これらのイベントは、異文化理解を深め、新たな友人を作り、語学力を実践的に向上させる絶好の機会を提供してくれます。

しかし、マルタではそのようなイベントがかなり限定的になりがちです。これは、島のサイズと人口が少ないこと、そして国際的なイベントを開催するためのリソースが限られていることに起因しています。留学の醍醐味の一つは、世界中から来た人々との出会いや文化の交流にありますが、マルタでの留学生活では、これらの機会が少ないために、一部の学生にとっては物足りなさを感じる要因となってしまうのです。

例を挙げると、留学生向けの国際交流パーティーや、文化交流イベント、語学交流会などが思ったよりも少ないという現実があります。また、存在しているイベントであっても、参加者の規模が小さいために、多様な国籍の人々と出会う機会が限られてしまいます。英語力を向上させるためには、実際に様々なバックグラウンドを持つ人々とコミュニケーションを取ることが不可欠ですが、マルタではそのような環境が十分に提供されていないかもしれません。


英語以外に学べるものが少ない

マルタ留学がつまらないと言われる理由の中に、「英語以外に学べるものが少ない」という点があります。確かに、マルタは英語学習のための素晴らしい環境を提供していますが、それ以外の分野での学びの機会は限られているかもしれません。例えば、ロンドンでは、アートや音楽、プログラミングなど、多岐にわたる分野で学びや交流の機会が豊富にあります。街角には様々な美術館が点在し、アートに関心がある人にとっては刺激的な環境です。また、多くのバーではライブ音楽が楽しめ、音楽の歴史に触れることができます。さらに、技術系の交流会では、将来のキャリアにつながる貴重な出会いが待っています。

しかし、マルタ島ではこのような学びや出会いの機会が相対的に少ないことが、留学生にとっての物足りなさにつながっています。もちろん、マルタにも美術館や音楽イベントは存在しますが、規模や頻度はロンドンなどの大都市と比べると限定的かもしれません。また、特定の分野での専門的な勉強やキャリアを目指す人にとっては、必要とするリソースやネットワークを見つけるのが難しい場合があります。

たとえば、プログラミングやアート、音楽制作に関心がある人は、マルタでの留学中にそれらの分野で深く学びたいと思っても、求めている質や量の教育プログラムやコミュニティにアクセスしにくいかもしれません。このような状況は、留学を通じて特定のスキルを伸ばしたい、特定の分野でキャリアを築きたいと考えている人にとって、フラストレーションの原因となりうるでしょう。


語学学校の選択肢が限られている

マルタ留学がつまらないと言われる理由の一つに、語学学校の選択肢が限られていることが挙げられます。マルタは面積が小さい国であるため、その土地の大きさに比例して語学学校の数も自然と限られてきます。留学を考える際、多くの人がさまざまな選択肢から自分に合った学校を見つけ出す楽しさを期待していますが、マルタではその選択の幅が狭いことがあります。

例えば、ロンドンのような大都市では、語学学校の数が非常に多く、各学校ごとにカリキュラムや学校の雰囲気、校舎のデザイン、立地条件、学生の国籍の多様性など、異なる特色を持っています。これに対し、マルタでは「これだ!」と感じる学校を見つけるまでに選択肢が限られ、思わず「消去法」で選んでしまうこともあるかもしれません。

留学先を選ぶ際には、語学力向上だけでなく、学ぶ環境や周囲の雰囲気、自分と同じような目的を持った学生との交流など、多くの要素が重要になります。しかし、マルタでは選べる語学学校が少ないために、これらの要素を満たす学校を見つけるのが難しくなる場合があります。たとえば、アートや音楽、歴史に特化したプログラムを提供している学校や、特定の国籍の学生が多く集まる学校など、自分の興味や学習目標にぴったり合った学校を見つけることが、マルタではなかなか難しいのです。

おわりに


マルタ留学が一部の人にとって「つまらない」と感じられる理由を7つ挙げてみましたが、これはあくまで一面に過ぎません。マルタ留学が提供する独特の魅力、学びの機会、新しい出会いは、多くの留学生にとってかけがえのない体験となるでしょう。留学先としてマルタを選ぶ際には、この記事で触れたポイントを参考にしつつ、自分自身の目標や期待に照らし合わせて慎重に選択することが大切です。そして何より、留学は自分次第でその価値が大きく変わる冒険です。マルタでの留学生活を通じて、新しい自分を発見し、充実した時間を過ごしていただければと思います。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X