ENGLISH WORK公式

留学で相手にされない原因11選:悪評が広がる前に

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは!今回のブログ記事では、留学生活におけるある一つのリアルな課題について掘り下げていきたいと思います。それは、「なぜ私は他の留学生や現地人から相手にされないのだろう?」という疑問です。

留学は、新しい環境、新しい文化、新しい言語といった多くの「新しい」に直面する経験です。それは、まさに生活そのものを一から学び直すようなチャレンジ。しかしながら、そんなエキサイティングな留学生活の中で、自分が相手にされていないと感じてしまう瞬間があるかもしれません。

あなたがどれほど親切で、コミュニケーション能力が高く、語学力があるとしても、なぜかうまくいかないことがあるのです。それは、非常に混乱させられる経験であり、自己評価を下げ、自信を奪ってしまうかもしれません。

しかし、皆さん、ここで一息ついて、その状況を客観的に見てみましょう。もしかしたら、あなたが相手にされないと感じる原因は、あなた自身の行動や態度だけではなく、もっと幅広い要素によるものかもしれません。

本記事では、留学生活で「相手にされない」と感じる可能性のあるさまざまな状況や要因をご紹介します。これらを理解することで、あなたは自分自身の立ち位置をより明確に理解し、留学生活でのコミュニケーションをより上手に進めることができるでしょう。それでは一緒に、この問題を解き明かしていきましょう!


あなたが留学で相手にされない原因11選

留学で相手にされない原因1:英語が酷すぎて現地人に嫌われる

そう、あなたが留学中に相手にされない大きな理由の一つがここにあります。想像してみてください。あなたが英語力の皆無な留学生だとして、その下手な英語で現地人に話しかけてみたらどうなるでしょうか?残念ながら、真剣な顔で頷きながら、内心では「またこの人、何を言っているのかさっぱりわからない…」と思われてしまう可能性があるのです。

もちろん、全ての現地人がそういう訳ではありませんよ。多くの人々は親切で、道を尋ねたり、お店で会話を試みたりした時には笑顔で対応してくれます。しかし、中には「私に何を言っているのかさっぱりわからないこの人、めんどくさい…」と考えてしまう人もいるのが現実です。そしてその結果、あなたが理解できないような早口英語で話されて、まるで「お前なんて相手にしてないぞ」とでも言われているような感覚になることもあるでしょう。

辛辣な言葉を使ってしまいましたが、これが現実なのです。英語が下手すぎるという理由だけで、留学中に相手にされない状況に陥ることがあります。これは、あなたが何か間違ったことをしているわけではなく、単純に相手が話を理解するのが難しいからです。そしてその中で、相手があなたを避けるために早口英語を使ってしまうのです。

だからと言って、これを悲観してはいけません。これは逆に、自分の英語力を磨くための絶好の機会です。英語が上手くなれば、人々とのコミュニケーションもスムーズになり、理解されないという状況も少なくなるでしょう。そしてそれが留学生活をより豊かなものにする最初の一歩となります。だからこそ、この問題を直視し、英語力の向上に努めることが重要なのです。


留学で相手にされない原因2:退屈な会話で相手を飽きさせる

それでは次の問題です。こちらもまた、あなたが相手にされない理由の一つかもしれません。それは「退屈な会話」です。皆さん、一度はこんな経験があるのではないでしょうか? 留学初期の頃、伝えたいことは山ほどあるのに、それの1割も英語で伝えられない。そして、会話がテンプレート化してしまう。毎回同じような挨拶、同じような返答。もう、そんな会話はうんざりですよね。

それはあなたが相手から見ても同じです。「また同じ話か」という感じで、相手にとっても退屈な会話は、物足りなさを感じさせてしまいます。特に語学学校に通っている欧米人たちは、すでに高いレベルの英語を使って会話を楽しんでいます。それに比べて、あなたの会話はまるで子供がおままごとをしているよう。そんな状況だと、あなたが相手にされない可能性が高まってしまいます。

厳しい言葉を使いましたが、これもまた現実です。英語力がまだまだということは、会話の幅も限られてしまい、つまり退屈な会話を繰り返す結果になります。でも大丈夫。これもまた、あなたの英語力を磨く良いきっかけです。英語力が上がれば、会話の幅も広がります。もっと豊かな表現ができるようになり、相手を飽きさせることもなくなります。

あなたが相手にされないのは、あなたがつまらないからではなく、あなたの英語力がまだまだだから。そのことを忘れずに、英語力を磨くことに集中しましょう。そして、もっと面白い会話を楽しむためのスキルを身につけていきましょう。


留学で相手にされない原因3:無料の英語先生として使おうとする悪評

そして、次の問題点は「無料の英語先生として使おうとする悪評」です。いやいや、皆さん、これは本当によくないですよ。留学生の中には、現地の人をただの無料の英語先生として使おうとする人がいます。でも、考えてみてください。あなたがその立場だったらどう感じますか? もちろん、良い気はしないですよね。

現地の人々も、こうした留学生の思惑を理解しています。あなたがバーなどで話しかけても、”あ、この人、無料の英語レッスンを求めているんだな”と感じたら、まるであなたを相手にしていないような態度を取る人もいます。これは、あなたが悪いわけではなく、それが現地の人々の中に広まっている一種のイメージなのです。

それなら、どうすればいいのでしょうか? まず最初に、相手のことを尊重することが大切です。彼らはあなたの英語の先生ではありません。彼らは友達や知り合いであり、それぞれ自分の生活や価値観があります。英語を学びたいのであれば、プロの教師に教えてもらうか、あるいは友達との会話を通じて自然に学ぶのが一番です。

あなたが相手にされない理由は、あなたが何かを求めすぎているからかもしれません。もちろん、英語を学びたいという気持ちは大切です。しかし、その過程で他人を利用しようとすると、その人はあなたを避けるようになるでしょう。これが、あなたが相手にされない理由の一つかもしれません。だからこそ、相手を尊重し、自分の英語力を自然に伸ばすことを心掛けてみてください。


留学で相手にされない原因4:意見のない人は他の留学生に敬遠される

次の重要なポイントは、”意見のない人は他の留学生に敬遠される”という問題です。これは、あなたが英語を話すスキルに関係なく、あなた自身の人間性に関わる問題です。自分の意見を持たない人は、他の留学生にも相手にされない可能性があります。これは特に日本人の間で見られる傾向で、自分の意見をはっきりと表現しない人が多いのです。

例えば、政治の話題が出たとき、自分の立場を明確に示さない人が多いのです。もちろん、中立であることは悪いことではありません。しかし、問題なのは、多くの人が自分が中立である理由を語ることができないことです。それはまるで、自分で考える力がないかのように見えてしまいます。

そうなると、相手から見てあなたは何を考えているのかわからない、怖い人物と映るかもしれません。また、自分の意見を持たないということは、自分の心を開いていないとも解釈されかねません。それならば、あなたが相手にされないのも当然の結果と言えるでしょう。

ここで大切なことは、自分の意見を持つということは、自分自身を認識し、自分の思考を他人と共有することを意味します。自分の意見を持つことができれば、他の人々と深い関係を築くことが可能になります。そうすれば、他の留学生からも認知され、尊重されるようになるでしょう。自分自身を見つめ直し、自分の考えを形成し、それを英語で表現する力を持つことが、留学生活を成功させるための重要なスキルとなるのです。

留学向いてない人の特徴15選:天国か地獄の始まりか


留学で相手にされない原因5:ネガティブオーラで人間関係を破壊

次に触れるべき重要なポイントは、”ネガティブオーラで人間関係を破壊”するという問題です。海外生活の難しさや挫折感があなたの心に影を落とすとき、それは見て見ぬふりをすることはできません。しかし、そのネガティビティが周囲に広がり、人間関係を破壊する引き金になることもあるのです。

特に海外では、ポジティブな態度がマナーとされる風潮があります。その中であなたが常に自己卑下していたり、極端に謙虚な態度を示していると、周囲の人々から見て面倒くさい存在と見なされてしまうかもしれません。なぜなら、彼らはあなたを励ます言葉を毎回かけなければならないからです。それは面倒であり、あなたと一緒にいると自分もネガティブな気分になってしまうと感じる人もいるでしょう。

さらに、新たな環境である留学先で、日本と比べて不満に思う点が見つかることもあるでしょう。しかし、それに対して絶えず文句ばかり言っている人は、先程と同様の理由で相手にされなくなるでしょう。ネガティブなことを口に出しても、状況は一向に改善されないのです。ひたすら文句を垂れ続けるのは、時間の無駄であり、エネルギーの浪費です。

だからと言って、全てを無理にポジティブに捉えることが必要というわけではありません。大切なのは、現状を冷静に認識し、それをどう改善するかに向けてエネルギーを使うことです。問題に直面したときは、まずそれを認識し、次にそれをどう解決するかを考える。そうすることで、自分自身の成長を促し、周囲の人々との関係も健全に保つことができるのです。


留学で相手にされない原因6: 距離感の悪さで留学生から疎まれる

さて、次に触れておきたいのが、”距離感の悪さで留学生から疎まれる”という問題です。海外の方々、特に語学学校の生徒たちは、フレンドリーな人が多いですよね。しかし、それが全ての人に対して同じ距離感を保てるというわけではありません。とりわけ、まだ親しみが深まっていない段階で、無理に距離を縮めようとすると、それは逆に不快感を与えてしまう可能性があるのです。

これはつまり、あなたが他の留学生から相手にされていないのは、距離感の取り方が下手だからかもしれません。あまりにも急速に親密さを求める行動は、不自然に映ることがあります。それはつまり、相手に対する配慮やリスペクトが欠けていると捉えられる可能性があるのです。

留学では確かに積極性も必要ですが、それ以上に重要なのは、自然体で他の人とのコミュニケーションを取ることです。人間関係の構築は、ある程度の時間を必要とします。すぐに結果を求めず、じっくりと人間関係を築いていくことが必要です。

また、相手の気持ちを尊重し、彼らがどの程度の親密さを求めているのかを感じ取るセンスも求められます。誰もが同じ速さで人間関係を深めるわけではないのです。そうした違いを理解し、自分のペースを押し付けるのではなく、相手と歩調を合わせていくことが大切なのです。

そうすれば、あなたが他の留学生から疎まれることはなく、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

留学から帰国後にうつ?劣化した日本社会に絶望するあなた


留学で相手にされない原因7:相手が抱える問題で冷たくされる

さて、ここでお話しするのは「相手が抱える問題で冷たくされる」という事態です。留学中に他の留学生や現地人から避けられていると感じたら、その原因は必ずしもあなたにあるわけではないかもしれませんよ。え?思いもよらなかった?それって、彼ら自身が何らかの問題を抱えている可能性もあるんです。

人間だれしも、気分が落ち込んでいたり、精神的な病気を抱えていたりする時がありますよね。そんな時、他人とコミュニケーションを取るのは、実はすごく怖いことなんです。その結果、何も悪気はないのに、他人に対して厳しい態度をとってしまうこともあります。

思い返してみてください。あなた自身、そのような時期を経験したことはありませんか?そういう時、あなたが他人に対して冷たくなってしまうのと同様に、相手もまた同じ状況にあるかもしれないのです。

だからこそ、相手の態度が突然冷たくなったと感じた時には、「自分が相手にされていない」と悲観的になるのではなく、一旦立ち止まって考えてみてください。それは、相手が何かしらの問題を抱えていて、それが行動に表れているだけかもしれません。

人間関係は繊細なものですから、相手が何を感じているのか、どんな状況にあるのかを理解しようとすることが、より良い関係を築くための第一歩となるでしょう。


留学で相手にされない原因8:アジア人差別に遭遇

ここで触れるテーマはなかなか難しいものです。「アジア人差別に遭遇」という問題です。これは、留学生活の中で、あなたが想像もしなかった、とても厳しい現実と向き合うことを意味します。それは、いわゆる「アジア人差別」です。

この世界は、時に冷酷なほどに差別の存在を突きつけてくることがあります。アジア人差別も、その一つです。街を歩いていると、突如として現れる人々の目の冷たさ。場合によっては、言葉での罵倒。そんな露骨な差別行為を経験することもあるでしょう。

さらに微妙な場合、あなたが話しかけたときに、あたかも「アジア人なんて相手にしてない」と言ったような態度をとる人もいるかもしれません。それは、露骨な差別行為ではなく、さらに深く、根深い差別の表れと言えます。

しかしここで、ひとつだけ安心してほしいことがあります。それは、留学生の間でこのような差別行為が行われることは非常に稀だということです。留学する人たちは、多様な文化に興味を持っていることが多いからです。

だから、アジア人差別に遭遇したときは、差別者の無知さに振り回されるのではなく、自分が誰であるかを誇りに思うことが大切です。異文化に触れることは、自分自身を見つめ直す機会でもあるのですから。


留学で相手にされない原因9:勘違いで相手にされないと感じる

留学生活の中で時折、「自分は相手にされていない」と感じることがありますよね。しかし、その感覚はあなたの「勘違い」かもしれません。なぜなら、文化やコミュニケーションのスタイルは国や地域によって大きく異なるからです。

例えば、日本では誰かが話しかけてきたら、最低限のマナーとして、相手を不快にさせないようにするのが一般的です。しかし、海外の一部では、人々はとてもドライで、無表情な態度をとることがあります。そして、そんな彼らの態度を見て、あなたは「自分は相手にされていない」と感じてしまうかもしれません。

しかしこの場合、問題はあなたが「相手にされていない」と感じることではなく、その感情が「勘違い」である可能性があることです。無表情な外見とは裏腹に、彼らは本当には心の底からあなたとコミュニケーションを取りたいと思っているかもしれません。その証拠に、仲良くなったらよく笑う人、顔は無表情だけど話してみると思いやりのある人、というパターンも珍しくありません。

だからこそ、あなたが「相手にされていない」と感じたときは、一旦立ち止まって考えてみてください。それは本当にあなたが無視されているのか、それともただ単に異文化間のコミュニケーションの違いによるものなのかを。そうすることで、あなたの留学生活はさらに豊かなものになるでしょう。


留学で相手にされない原因10:シャイすぎて相手にされない

あなたが「自分はなぜ相手にされないのだろう?」と悩むその根底に、あなた自身が極度にシャイであるという事実が潜んでいるかもしれません。留学生活は新たな人々との出会いの連続です。そのため、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。

しかし、あなたがシャイであるあまり、いつも受け身の姿勢でいると、自然とあなたと他人との間に距離が生まれてしまいます。そして、その距離がある程度開くと、いざ自分から話しかけようとしても、相手にされない、という悲しい現実に直面するかもしれません。

シャイな性格は、自分自身を守るための防御壁の一種かもしれません。しかし、それがあまりに厚く、高すぎると、新しい人々との出会いや新しい経験への道を塞ぎ、あなた自身を孤立させてしまう可能性があります。

だからこそ、「旅の恥は掛け捨て」と言われるように、留学生活の中でシャイな性格を少しずつ手放していくことをお勧めします。もちろん、無理に自分を変える必要はありません。でも、少しずつでも自分から積極的に行動することで、あなたが自然と相手にされる存在になることでしょう。その一歩が、あなたの留学生活をより豊かなものにするかもしれませんよ。


留学で相手にされない原因11:階級やステータスにこだわる人に遭遇する

皆さん、留学生活の中であなたが話しかけてもなかなか相手にされないと感じる原因の一つに、階級やステータスを重視する人々との遭遇があるかもしれません。世界は広い。その中には、社会的地位や経済的なレベルを基準に人間関係を築く文化を持つ国や地域が存在します。

こうした場所で生きる人々の中には、自分より地位が低いと見なされる人々と関わることで、自分自身の社会的価値が下がると感じる人もいるのです。残念ながら、このような人々はあなたがどんなに親切で、魅力的であろうとも、階級やステータスの観点からあなたを避ける傾向があるでしょう。

このような人々と出会ったときには、深く傷つくこともあるでしょう。しかし、ここで大切なのは、自分自身の価値は他人の認識に左右されるものではないということを忘れないことです。あなた自身が自分の価値を認識し、肯定することで、あなたは自分自身の道を切り開くことができます。

また、ステータスにこだわる人々に出会った時には、彼らが自分自身の不安や恐怖を隠すための防御メカニズムとして階級やステータスに執着している可能性もあることを理解することも重要です。そのような理解をもって接することで、あなたは人間関係の様々な側面を理解し、より豊かな人間性を培うことができるでしょう。

おわりに


皆さん、これまでの内容を読み進めてくださり、本当にありがとうございました。我々がここで取り上げた、留学生活中に「相手にされない」と感じるさまざまな状況や要因は、決して個々の問題ではないことを理解していただけたらと思います。それらは、人間関係のコミュニケーションの難しさ、文化の違い、さらには自己の認識と理解に関わる深い問題を含んでいます。

自分が相手にされないと感じるとき、それは我々自身の問題だけでなく、相手の問題やその時々の状況によるものもあることを忘れないでください。そして、それがあなた自身の価値を決定するものではないということを心に留めておいてください。

留学生活は困難な瞬間を含むかもしれませんが、それらは皆さんの成長の一部であり、新しい視点を開く機会でもあります。どんな状況も、あなたを形成し、あなたの経験を豊かなものにするためのステップです。

この記事が皆さんの留学生活における一助となれば幸いです。そして、何よりも大切なのは、あなた自身が自分自身であることを忘れないことです。世界は広く、誰もが自分自身の場所を見つけることができます。あなたが自分の居場所を見つけ、自己を肯定し、自己の成長を喜び、留学生活を最大限に楽しむことを心から願っています。これからも一緒に学び、成長し、探求しましょう。これからもよろしくお願いします!

社会人留学で多くの人が後悔するわけ

【悲報】社会人留学で失敗!過ちを犯さないために知っておくべきこと

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X