ENGLISH WORK公式

留学が羨ましい人へ7つの話:見せかけのキラキラ生活

  • 投稿日時:8か月前

皆さんこんにちは!「留学 羨ましい」という思いを抱いていますか?その夢を現実にするために何か行動を起こしていますか?それとも、なんとなく留学生活を夢見つつ、自分には無理だと諦めているのかもしれませんね。

「留学 羨ましい」と思いながら、その一方で、その実現に向けた壁に怯えているあなた。留学はそう、華やかで素敵な経験ですが、それを手に入れるためには資金問題や時間、言語の壁など、多くの問題に直面しなければなりません。

でも、ちょっと待ってください。その問題、本当に無視できないほど大きなものでしょうか?留学はあなたの人生における大切な体験、一生に一度の機会です。そんな特別な機会を、一時的な困難で諦めてしまうのは、非常に残念なことではないでしょうか。

「留学 羨ましい」と感じながらも躊躇しているあなたに、この記事は真実を伝えます。留学はそう、ただ華やかなだけのものではありません。厳しい現実も、苦しみも存在します。しかし、それらを乗り越えた先にある達成感と、手に入れることのできる無限の可能性、それこそが真の留学の価値です。


あなたが他人の留学を羨む根深い3つの原因

お金 – 永遠の壁と感じる人へ

さて、友達が留学していると聞いて、あなたは何を思いますか? 「うらやましい」、そう思う人が大半だと私は確信しています。しかも、その原因は残酷に明快です。それは「お金」です。突き詰めて考えれば、留学を阻む壁として立ちはだかるのは、大半が「お金」の問題ではないでしょうか。残酷な事実ですが、我々が直視しなければならない現実です。

学生であれ社会人であれ、あなたが留学の夢を諦めている一番の理由は、往々にしてお金だと私は思います。特に大学生なら、すでにおそらく親に学費を払ってもらっているでしょう。その上、留学には大金が必要。さらに親に負担をかけるのはあまりにも心苦しい。自己資金で学費を払っている学生も同じ。一生懸命に働いて学費を稼いでいるあなたにとって、留学費用を捻出するなんて無理ゲーですよね。

そして社会人の方。正社員であろうと、時代と物価の狭間で給料が伸び悩んでいますよね。ひと月の生活費に四苦八苦している現状で、留学という贅沢を考える余裕なんてありませんよね。だって、そんなギリギリの生活から少しでも目を離せば、すぐに生活の底が抜けてしまいますから。このような厳しい現実の中、お金を気にせずに留学している人を見てしまえば、誰だって羨ましくなるのは当然のこと。誰だって、あの楽しそうな留学生活を体験してみたいですよね。

だからと言って、これは決してあなたが劣っているからではありません。これは、無情な現実があなたの夢を阻んでいるだけ。しかし、それでも夢を諦める必要はありません。あなたが羨むその留学生活、必ず叶えられる方法があるのですから。

お金持ちじゃなくても留学できる14の理由


勇気 – 一歩を踏み出せない人へ

次に、留学に対するあなたの感情をさらに深掘りしましょう。今度は「勇気」に焦点を当てて考えてみます。私が言いたいのは、「あの人たちが留学しているのを羨ましく思う」その感情の奥底には、彼らの持つ「勇気」への憧れがあるのではないかということです。

特に社会人の方々においては、この「勇気」が必要とされます。なぜなら、社会人としての立場から留学を選択するというのは、それだけでかなりの勇気を必要とするからです。例えば、現在のキャリアを捨てるというリスク、日本の風潮としてキャリアにブランクがあることを良しとしないという偏見、そして留学を「逃げ」と見る視線。これらの風潮に恐怖を感じ、留学する決断ができない方が多いのではないでしょうか。

だからこそ、そのような逆境を跳ね除けて、留学という一歩を踏み出す人々の行動は、一種のクレイジーさを感じるものです。そして、そのクレイジーさにこそ、あなたは心からの羨望を感じているのではないかと私は考えます。あなたが留学生活を送る人々を見て羨ましいと感じるその胸の奥底には、「自分もそんな勇気を持てたらなあ」という感情が芽生えているのではないでしょうか。

しかし、恐れてはいけません。確かに、留学という選択はある種のリスクを伴います。しかし、そのリスクを乗り越えた先には、あなたが望む成長と経験が待っています。

留学に向いている人の11の特徴:損得を超えた価値


恐怖 – 休学という選択を怖がる人へ

ここで次に取り扱うのは「恐怖」です。この「恐怖」という感情は、学生の皆さんが留学という選択を前に立ち止まる大きな理由になることが多いです。とりわけ、1年もの間休学をして留学をするという選択は、とてつもなく大きな恐怖を伴うものですよね。

休学を選ぶと、それはあなたの人生のリズムを一変させることを意味します。帰国したときには、一つ下の学年と一緒に学ぶことになるでしょう。それはつまり、あなたが今まで築いてきた友達関係が一度リセットされ、ゼロからのスタートになるということです。しかも、それは単に友達関係だけの問題ではありません。就職活動の際には、この休学の事実が不利に働く可能性すらあります。

これらのリスクを考えたとき、恐怖に駆られてしまうのは当然のことでしょう。しかし、こうしたリスクをものともせずに留学を選ぶ友人を見ると、あなたはどう感じるでしょうか。そう、羨ましく思ってしまうのではないでしょうか。その人たちが、留学という未知の世界へ飛び込むための勇気を持っている姿を見て、あなたも心のどこかでその勇気を持ちたいと思っているのではないでしょうか。

そのような逆境を跳ね除け、留学という未知の世界へ飛び込む人々の勇敢さには確かに羨望を感じます。

留学が怖いと感じる10の理由:怯えず対策して戦え

羨むことから解放される7つの方法


留学生の見せかけのキラキラ生活

あなたがスマホを片手にInstagramやTwitterなどのSNSを見ているとき、きらびやかな留学生活を投稿している人を見かけたことはないでしょうか。彼らの日々の投稿を見ていると、毎日がパーティーで、海外生活は楽しくて仕方がないように見えますよね。そのキラキラした生活を目の当たりにしたあなたは、少なからず羨望の念を抱くかもしれません。

しかし、ここで一つ断言しましょう。その羨望の感情、全く無駄なんですよ。なぜなら、留学生活のキラキラした表面下には、実は地味な毎日が待っているからです。毎日がパーティーなんてことはありません。多くの場合、留学生の日常は家と語学学校の往復だけで、思った以上に単調なものです。

そして、もしも留学生活が本当にキラキラした遊びばかりの生活だとしたら、それは必ずしもあなたの人生を豊かにするものではありません。楽しい遊びが連日続けば、その場は確かに楽しいでしょう。しかし、それが将来的なあなたの人生の豊かさにつながるとは限らないのです。むしろ、遊び呆けていると、就活などでそのつけが回ってくることもあるのです。

だからこそ、他人の見せかけのキラキラした留学生活に羨ましいと感じる必要は全くないのです。本当に大切なのは、見かけの楽しさではなく、留学を通じて得られる真の経験と学びです。それを心の奥底に刻んでおきましょう。


留学=就職有利?その誤解を解く

皆さんは一度や二度、きっとこんな言葉を耳にしたことがあるでしょう。「留学経験があると就職に有利だよ」。あるいは、留学経験者の話を聞いて、「あの人は留学してるから、就職に有利なんだろうな」と思ったこともあるかもしれません。しかし、そのような思い込みこそが、まさに大きな誤解なのです。

なぜなら、留学経験が就職に有利に働くということは決して一概には言えないからです。専門的な知識を学ぶために大学に留学するなど、特定の目的がある場合は話が異なりますが、一般的な語学留学が直接的に就職に有利になるとは限らないのです。

留学生活を経て英語力が伸びれば、それは間違いなく自分のスキルとして活かせます。しかし、それが自動的に就職活動で評価されるわけではありません。企業が求める能力は多岐にわたります。語学力だけが全てではないのです。

むしろ、海外での経験をどのように自身の成長につなげたか、自己啓発に役立てたかということが重要視されます。つまり、留学経験があるからといって一概に就職に有利とは言えないのです。

だからこそ、他人が留学していることをただ羨むだけではなく、留学という経験をどう自分自身のために活かすかを考えることが大切なのです。留学すること自体に価値を見出すのではなく、留学を通じて何を学び、どう成長するか、その過程こそが本当に重要なのです。あなたが留学を検討する際には、ぜひこの点を忘れないでください。

留学を活かせる仕事20選!英語力と海外経験を武器に!


英語力の獲得 – 留学でなければ無理?

留学と聞くと、自然と想像するのは、流暢な英語を話す姿かもしれませんね。留学という経験が、一気に英語力をつける魔法の杖のように思えるかもしれません。そして、それが就職や転職に有利に働くと考えて、留学している人を羨ましく思う人も少なくないでしょう。

しかし、現実は少し違います。語学留学をしても、そう簡単に英語が話せるようになるわけではないのです。むしろ、大半の人が留学を終えても、大して英語を話せるようにならないのが実情。そして、ビジネスでバリバリ使えるような英語力を身につけられる人は、その中でもさらに少ないのです。

もちろん、留学によって英語力がアップする人もいます。しかし、それは留学そのものがもたらす結果ではなく、その人がどれだけ努力したか、自分で学び取る力を身につけていたかによるのです。

留学だけが英語力を獲得する唯一の手段ではありません。国内でも十分に英語学習の機会はありますし、インターネットが普及した現代では、外国人との交流も手軽にできます。最重要なのは、自分自身が英語学習に対してどれだけ真剣に向き合うか、努力するかです。

だから、他人が留学していることを羨むのではなく、自分自身の英語力をどうやって向上させるか、それに焦点を当ててみてはいかがでしょうか? 英語力を身につける方法は、留学だけに限らないのです。他人を羨む時間を自分の成長のために使うことで、より大きな結果が得られるかもしれませんよ。


羨ましいと思っているあなたの現実

他人が留学を楽しんでいる姿を見ると、あなたはどう感じますか? もしかしたら、日々の生活の中で疲れ果て、楽しそうに過ごす他人を羨ましく思っているかもしれません。特に社会人の方々は、日常の仕事を辞めて一時的に自由を満喫する人々を見て、”ああ、自由な時間を手に入れられたらどんなに良いだろう”と思うことでしょう。

しかし、現実はそれほど甘くないのです。留学を楽しんでいる人々の姿は、あくまで一時的な逃げに過ぎない場合が多いのです。言い換えれば、それは一時的な息抜き、一時的な楽しみに過ぎないということ。

彼らが日本に帰国すると、待ち受けているのは同じ現実、あるいはより厳しい現実です。再び仕事を見つける必要があり、留学したことで得た何かが直接的には役立たないかもしれません。キャリアにブランクができたことで、以前よりも雇用条件が厳しくなるかもしれません。

そのような事実を前にすると、他人の留学を羨むことは無意味と言えるでしょう。留学をしている人々の楽しそうな姿に魅了されるのではなく、自分自身の現実を直視し、どう向き合うか考えることが必要です。


英語習得は日本でも可能!

あなたがもし留学している人々を羨んで、それが原因で英語力を手に入れる機会を逃しているとしたら、あまりにも惜しいことです。なぜなら、その思い込みは誤ったものだからです。日本にいても英語習得は十分に可能なのです。ええ、その通り。英語は留学すれば自動的に話せるようになるわけではないのです。

留学生活が英語力を自動的に上げてくれると考えているなら、それは大いに誤りです。英語力を身につけるには、まずは基本的な単語や文法などのインプットが必要です。それから、シャドーイングを通じてリスニング力を鍛えること。さらにディクテーション、外国人とのスピーキング練習など、あらゆるトレーニングが必要です。

これらのトレーニングは、実は日本でも十分に可能なのです。留学に行かなくても、自分の日常生活の中で英語習得のための環境を作り出すことができます。インターネットが普及した今、英語学習のためのリソースは無限にあります。それらを活用すれば、お金をかけることなく英語力を上げることができるのです。

だからこそ、他人の留学経験を羨むのではなく、自分自身の英語習得に向けた具体的な行動をとるべきなのです。あなたが留学をするかどうかはあなた自身の選択です。しかし、その選択をする前に、自分自身が目の前の現実、すなわち日本での英語学習の可能性を見つめ直すことが重要です。それがあなたにとって最善の選択となるでしょう。


留学は年齢を問わない!

留学と聞くと、どうしても若者の特権のように思えてしまうかもしれません。しかしその考え方、実は大いに誤っています。なぜなら、留学は年齢を問わないからです。大人になってからでも留学はできるのです。だから学生のあなたが他の人々を羨む必要は、まったくないのです。

ぶっちゃけて言いますが、大学生が留学するのもいいし、社会人になってから留学するのもいい。それぞれ得られるものは大して変わらないのです。少なくとも20代であれば得られるものは変わらないでしょう。そう、英語力の成長度合いも同じ、SNSで見せびらかせるキラキラ生活の度合いも同じ。

この世界は広大で、学ぶべきものは数え切れないほどあります。それを限定してしまうのは、自分自身の可能性を狭めてしまうことになるのです。学生であれ、社会人であれ、自分自身の成長を望むのであれば、留学という選択肢を視野に入れることが大切です。

だからこそ、他人を羨むのではなく、自分自身の可能性を信じて、自分の成長のための選択をすることが重要です。年齢はただの数字であり、あなた自身の可能性を制限するものではありません。そう認識して、自分の可能性を広げるような選択をしていきましょう。


日本でも外国人との友達作りは可能!

留学というと、一つの大きな魅力として「外国人との交流」があるでしょう。新たな文化に触れること、異なる背景を持つ人々と出会うこと。その経験は確かに価値があるものです。でもね、そのために海外に飛び出さなくてもいいんです。日本にいても十分に外国人の友達は作れるんです。

特に東京や大阪、京都などの大都市には、世界中から訪れる外国人が多くいます。英語系のイベントに参加したり、英会話カフェに行ったりすれば、新たな出会いに溢れています。大学生であれば学校に外国人の学生がいることでしょう。もし英語が話せなくても心配ありません。彼らは日本語を勉強していることが多く、日本語で交流できます。海外で友達を作るよりハードルが低いかもしれません。

あなたが思っている以上に、留学生のようなキラキラした生活は日本にいても可能です。そしてそれをSNSでシェアすれば、あなた自身が留学生と変わらない魅力的なライフスタイルを送っていることを皆に見せることができます。だからこそ、他人を羨むのではなく、自分が日本でできることに目を向けてみてください。その中にも、きっと大切な価値が見つかるはずです。

英語を使う機会がない?6つの対策教えます

羨むな!行動するべき3つの理由



留学と休学の恐怖 – 就職活動に影響はない!

よく聞く話ですよね、大学を1年でも休んだら、就職に影響があるんじゃないかって。特に学生の皆さんにとっては、この不安が留学を躊躇させてしまう大きな壁かもしれません。でもね、これは大いなる誤解なんです。

大学を1年くらい休んだからといって、就職に大した影響はありません。というのも、学生っていうのは、基本的にはスキルも経験もないんですよね。だから、就活で評価されるのはほぼ学歴。いい大学を出ている人なら、まあまあいい会社に入れるでしょう。普通の大学を出ている人なら、普通の会社には入れます。それだけの話です。

じゃあ、留学はどうなのか?これは、正直に言って、いい意味でも悪い意味でもあまり影響はありません。留学経験があってもなくても、大事なのはあなたがどの大学を卒業したか、それだけです。だから、他人を羨んでばかりいるより、自分のために留学してみてはいかがでしょうか?その経験があなたの人生に新たな風を吹き込んでくれるかもしれませんよ。

大学生は留学すべきか?15の理由:大人になって後悔は遅い


キャリアにブランクは無視できる存在

そうですか、留学でキャリアにブランクができるのが怖いんですね?でも、一度この疑問をぶつけてみたい。それだけで揺らぎ始めるようなキャリア、本当にそれは価値あるものなのでしょうか?少なくとも私から見れば、そんなものは軽々と放り投げてしまうべきだと思います。

なぜなら、働く上で本当に大切なのは、自分が何ができるのか、どういうスキルを持っているのか、そして自分でお金を稼げる能力があるのか、それが重要なのです。一時的なブランクなんて、その能力さえあれば充分にカバーできるはず。だからこそ、他人が羨ましいと思う暇があったら、思い切って仕事を辞めて、留学で自分自身を成長させてみてはいかがでしょう?

あなたの恐怖心は無視できる存在だということを、強く認識してほしい。その恐怖心を打破すれば、新たな自分を見つけるきっかけになるかもしれませんよ。思い切って飛び込んでみてはいかがでしょう?新たな経験はあなたのスキルを磨き、より強いキャリアを作るための道しるべとなるでしょう。

社会人留学のデメリット8選:対処法あり


留学資金問題 – 「借りる」「貯める」「稼ぐ」の3つの手段

留学するためのお金がないからといって、他人を羨んでばかりいては何も始まりません。自分には留学する資金がないからと諦めてしまう前に、ぜひ考えてみてほしい。そう、「借りる」「貯める」「稼ぐ」の3つの手段です。

一番簡単なのは、親や親戚に頼むこと。恐らくあなたも一度は頭に浮かんだことでしょう。親に頼むのは、確かに恥ずかしいかもしれません。しかし、あなたが真剣に考え、真剣に学びたいと思っているのなら、それは決して恥ずかしいことではありません。

次に「貯める」手段。これは特に学生さんにおすすめです。バイトを頑張って、少しずつでも留学資金を貯めてみましょう。社会人であれば、少しでも生活費を切り詰めて、その分を留学資金に充ててみる。見た目にはつまらない日々かもしれませんが、それはあなたの未来への投資です。

そして最後に「稼ぐ」。これは、留学資金がほとんどないという方に最適な手段です。ワーキングホリデーを利用すれば、現地で働きながら留学することができます。資金が足りない分は、海外で自分自身の力で稼ぎ出す。これほど自立した経験はありません。

あなたが留学したいと思うなら、そのための方法は必ず見つかります。他人を羨んでいる時間はありません。今すぐ行動を起こして、あなた自身の未来を切り開いてみてください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X