ENGLISH WORK公式

ワーホリ途中で帰国するのは全く問題ない6つの理由

  • 投稿日時:8か月前


途中帰国はあり?もちろん!!

皆さん、ワーホリをご存じですよね。夢を追って異国の地へ飛び立つ、そんな青春の一ページ。しかし、その一方で私たちは途中帰国という現実を見据えなければなりません。いくら美しい夢を追うとはいえ、その道のりには苦難が待ち構えていることを理解しなければなりません。

皆さんがワーホリに挑戦し、その途中で日本へ帰国することを考える原因は様々だと思います。そう、それはあなたがワーホリ先で生活する上で精神的に苦しむことだったり、家族や友人に会えない寂しさだったり、ワーホリ先で思うように人間関係を築けないことだったり。そういった様々な事情があって、ワーホリ途中で帰国を選択する方が少なからずいらっしゃいます。

また、ワーホリの途中で一時的に日本に帰って正月などを家族と過ごし、その後またワーホリ先に戻るという選択もあります。それは「一時帰国」と呼ばれる行動で、これもまたワーホリ途中で帰国する一つの形と言えます。しかし、この記事では途中帰国する方々が直面する現実、そしてその背後にある深い思いや苦悩に焦点を当てて話を進めていきたいと思います。

ワーホリを1年という長期のプランで考えて、それが途中で終わる。これは一体何を意味するのでしょうか?それは、あなたが自分自身の体調や心の状態を重視し、無理をせず、必要とあらば自分を守るための選択をすることを意味します。

だからこそ、私はこの記事を通して、皆さんに途中帰国という選択について真剣に考えていただきたいと思います。それは決して後ろ向きな選択ではなく、自分自身の生活を再考し、その後の人生にとって最善の選択をするという意味でもあるのです。

ワーホリで途中帰国することは、別れを告げることであり、新しい生活へのスタートを切ることでもあります。その選択があなたにとって最善かどうかを決めるのは、あなた自身なのです。それがこの記事の出発点であり、皆さんに伝えたいメッセージなのです。

ワーホリ途中で帰国するのは問題ない6つの理由

精神的に疲れたなら日本に帰ろう

ワーホリ。その響きだけで興奮し、夢を描くことでしょう。しかし、思うように行かない現実が待っていることも、ワーホリの途中帰国という選択が存在する事実からも伺えます。

ワーホリは確かに一大イベントで、大金がかかることもあります。しかし、そのイベントの途中で自分が精神的に疲れてしまったとき、皆さんはどうしますか?我慢をして頑張り続けることが必ずしも最良の選択とは限らない、それが私から皆さんへのメッセージです。

何かを我慢してまで続ける価値があるとしたら、それは自分の心や身体を壊してまで挑むべきものではありません。「ワーホリだから」と頑張って疲れた自分を無視することは、自分自身への敬意を欠いた行動だと私は思います。大切なのはあなた自身で、あなたの心と体です。

途中帰国の理由は何でもいいのです。英語が上達しない、友人ができない、家族や友人と会えない寂しさ、仕事が見つからないといった悩みがあるかもしれません。それら全てが途中帰国を選択する十分な理由です。それらを抱え、自分が精神的に辛いと感じているなら、途中帰国はあなたにとって最良の選択かもしれません。

もしもあなたがワーホリの途中で帰国を考えているのであれば、決してそれは失敗ではないことを知ってください。あなた自身が最優先であり、その判断は誰もが尊重すべきものです。途中帰国は、自分を大切にするという最善の行動であり、それはワーホリという経験から得る最大の教訓の一つだと私は考えます。


その国に飽きたら期間の途中でも帰ろう

今度は場所に対する倦怠感について深掘りしていきましょう。これは特に多動性の傾向が強い方にとっては重要なポイントとなるでしょう。

ワーホリというのは、一つの国で一定期間生活するという形を取ります。しかし、そこには落とし穴が存在します。それは、一つの場所に長く留まることに対する飽きや倦怠感です。何もワーホリだからといって、自分が不快に感じる状況を無理に我慢し続ける必要はありません。その国の文化や風景、生活スタイルに飽きてしまったと感じたなら、それは途中帰国を検討する大きな理由となります。

特にワーホリをするような行動力を持つ方々は、一つの場所に長く留まるのが苦手な傾向があります。新しいものを探求する好奇心や活動性が高いのですから、当然と言えば当然のことでしょう。そんな多動性の性質を持つ方々にとっては、一つの場所で長く生活するというワーホリの形式は、思った以上に負担となることも少なくないのです。

「でも、途中で帰国するなんて…」と思うかもしれません。しかし、途中帰国は別に恥ずかしいことでも、失敗した証でもありません。それはただ、あなたが自分自身の感情や体調を大切にした結果です。あなたが過去に選んだワーホリという経験から学んだこと、それが何よりも大切なのです。

だからこそ、自分の心と体に嘘をつかず、自分自身を大切にしましょう。それが途中帰国という選択に繋がるのであれば、それはそれで一つの経験として受け入れ、その先に新たな道を見つけていくのです。あなたの人生はあなた自身のもので、あなたがどう選択するかで形成されていくのですから。


お金があるなら気兼ねなく途中帰国しよう

今度は、お金に余裕があるという状況下での途中帰国について考えてみましょう。ワーホリという経験自体が費用がかかるものなので、途中帰国を考える際には、しっかりとお金のことを考える必要があります。しかし、お金の面で余裕がある場合、途中帰国はかなり有効な選択肢となるのです。

さて、お金の余裕があるというのは、つまり途中帰国のデメリットをカバーする能力があるということです。例えば、航空券の代金や、日本での一時的な生活費など、途中帰国にはそれなりのコストがかかることは事実です。しかし、それらのコストを問題なく捻出できるなら、途中帰国を選択する際の心理的な負担はかなり軽減されるでしょう。

そして、一番のメリットは何といっても、家族や親しい友人との再会です。ワーホリの途中帰国で、一番大きなメリットと言えば、やはり愛する人々に再会できること。親の顔を見る、友人と一緒に時間を過ごす、そんな幸せは金銭的な価値とは比べ物になりません。親はいつ亡くなるかわからないし、友人との思い出も無価値なものではありません。だからこそ、途中帰国でそうした時間を持つことができるなら、それは非常に価値のあることと言えます。

また、もしワーホリ先に戻りたくなったら、お金の余裕があるならそれも容易に可能です。つまり、途中帰国は終点ではなく、あくまで選択の一部。ワーホリという旅の一部であって、その終わりではないのです。

なので、お金に余裕があるなら、途中帰国は積極的に検討すべき選択肢です。それはあなたの時間と感情を大切にするという選択。そして、それはあなた自身のためだけでなく、あなたを待っている家族や友人たちのための選択でもあるのです。


途中で帰りたいのは、その国で得られるものがない証拠

ワーホリを始める際、みなさんはそれぞれ個々に目的を持っているでしょう。英語を流暢に話すこと、異文化と触れ合うこと、海外での自立した生活を体験することなど、その目的は人それぞれ多種多様です。しかし、途中でワーホリから帰国したいと感じるとき、それは多くの場合、その初めての目的に対するモチベーションが失われている証拠かもしれません。

ふと気がつくと、当初の目的を追求することが自分にとって価値があることなのか疑問に感じることがあります。ワーホリ先での生活が思うようにいかないとき、孤独を感じるとき、モチベーションはどんどん下がってしまいます。そして、そんな時に自問自答するのが、”私は本当にこれを追求する価値があるのか”という問いなのです。

この質問に対する答えが「いいえ」だとしたら、それは途中帰国を真剣に検討するべき時期が来ているということです。無理にワーホリを続けても、心はそこになく、自分が何を追求しているのかわからなくなってしまいます。その結果、自分がなぜその国にいるのか、何のためにワーホリを始めたのかすらわからなくなるかもしれません。

ですから、途中帰国という選択を検討することは、決して恥ずべきことではありません。それは自分自身に誠実であること、自分の心と向き合うことを意味します。ワーホリはあくまで手段であり、その目的が失われた時点で無理にそれに固執する必要はありません。途中帰国という選択は、自分自身をリセットし、再び新しい目的を見つけるためのステップとも言えるのです。


英語話せるようにならなかった?それでもOK

皆さん、ワーホリには多くの理由があるかと思いますが、その中でも特に英語力を上げるという目的を持っている方は多いことでしょう。そして、その期待通りに成果が出ないと、ワーホリを途中で切り上げて帰国したくなるかもしれません。しかしこの状況に罪悪感を感じる必要は全くないのです。

なぜなら、ワーホリ期間が1年でも、その間に流暢な英語を身につけることができるとは限らないからです。英語を学ぶことは時間と労力が必要なプロセスであり、焦りやプレッシャーはむしろ学習を阻害することがあります。しかも、精神的に辛いと感じている状況下では、英語力の向上どころか、日々の生活すら困難になることがあります。

ワーホリを続ければ、確かに英語力は向上する可能性はあります。しかし、それが精神的な苦痛を伴うのであれば、途中帰国という選択も全く問題ありません。むしろ、心の健康を優先するべきです。帰国した後も、日本には英語を学ぶたくさんの方法があるのですから。

そして、私たち日本人は時として、過度に真面目すぎる傾向があります。海外に目を向けてみれば、ワーホリを途中で切り上げて帰国する人もたくさんいます。それが全く問題ないということを理解することで、自分自身を過度に追い詰めることなく、ワーホリをより有意義な経験にすることができるのではないでしょうか。


お金借りてワーホリした人の罪悪感?無視しよう

ワーホリで海外へ旅立つとき、費用面でのサポートを親や他人から受けている方もいるかと思います。そしてそのような場合、途中帰国を考えるときに罪悪感を感じるかもしれません。しかし、これについては私の考えは一つ、そんな罪悪感を感じる必要は全くないということです。

確かに、誰かから支援を受けていると、それが無駄になると感じ、またその恩を返すためにもワーホリを続けるべきだと感じるかもしれません。しかし、実際には途中帰国すればいいのです。そしてその負担は、返済すればいいだけの話です。

もし自分の貯金を使っているのであれば、なおさら罪悪感を感じる必要はありません。何故ならそれは自分のために使ったお金であり、それを元に得た体験や知識は決して無駄ではないからです。そしてまた、帰国後に働き始めて、そのお金を取り返すことも可能です。

ワーホリは一時的な経験であり、その全てを完璧にする必要はありません。もし途中帰国を考えているなら、罪悪感に捉われることなく、堂々とその選択をするべきです。重要なのは自分の精神的な健康と、これからの生活で得られる経験と成長です。そしてそのためには、無理をすることなく、自分の心に耳を傾け、最適な選択をすることが大切です。


ワーホリ途中で帰ることを恥ずかしがる必要なし

ワーホリの途中で帰国を考えると、自分自身に対する羞恥心を感じる人がいることを私は知っています。まるで自分が途中で挫折してしまったような、なんとも言えない情けなさを感じるかもしれません。しかし、そんな羞恥心を感じる必要は一切ありません。なぜなら、途中帰国こそがあなたの人生の新たなスタートに繋がる可能性があるからです。

途中帰国が恥ずかしいことだと感じる人がいますが、その視点を少し変えてみてください。実は、ワーホリの途中で自分の感情に素直になり、予定を変更することは、無駄を省き、より早く人生を進めるという観点から見ればとても良いことなのです。

人生は一度きりで、時間は限られています。自分自身が本当にやりたいこと、本当に必要としていることに焦点を当て、そのための行動を取ることが重要です。それがワーホリを途中で切り上げ、帰国することであれば、それはそれで全く問題ありません。

だからこそ、あなたが途中で帰国を選ぶことは、逆に誇るべきことなのです。自分自身に正直になり、自分の人生を自分自身で切り開くという行動は、実はとても勇気が必要なことです。そしてその勇気を持つことこそが、新たなスタートへの一歩となるのです。だからどうか、途中帰国を選んだ自分を誇りに思ってください。

ワーホリ途中で帰ってしまう前にすべきこと5選


ワーホリの目的再確認:忘れていた理想への回帰

ワーホリを途中で切り上げ、帰国を考えるとき、一体何のためにワーホリに来たのか、自問自答する時があるでしょう。その瞬間が、もしもあなたが一時的な感情に流されて帰国を考えているのなら、改めてワーホリの目的を確認する絶好の機会です。

人は、自分が立ち向かうべき困難が目の前に迫ってくると、途方にくれることがあります。ワーホリも例外ではありません。新しい環境、新しい文化、新しい言葉。全てが新しく、戸惑いや不安が心を支配することもあるでしょう。そんなとき、自分が本当に帰国したいのか、それとも一時的な苦しみから逃れたいだけなのか、自問自答することが大切です。

ワーホリの初期は、新しい環境に馴染むこと、言語の壁、友達ができないといった問題に直面し、精神的に非常に辛く感じることがあります。しかし、そんな時こそ、一旦深呼吸をして、ワーホリを始めた目的を思い出すことが大切です。

あなたが何のためにワーホリに来たのか、その目的がまだ達成されていないのであれば、その目的を再確認し、それを乗り越える力としましょう。その目的が、英語力を上げることだったり、新しい文化を学ぶことだったり、自分自身を見つめ直すことだったり。その目的が何であれ、それを再確認し、それを追求することで、ワーホリでの一時的な苦しみを乗り越えることができるはずです。

途中帰国を考えることは決して恥ずかしいことではありませんが、その前に一度、自分のワーホリでの目標を再確認することをおすすめします。それがあなたの途中帰国の決断をより明確にすることでしょう。


状況改善への策略:問題解決のための一石二鳥

ワーホリ中、特に苦しい時期に陥って、途中帰国を考えている人へ。もしも、あなたがワーホリで抱えている問題が何かあるなら、その解決方法を一度じっくり考えてみてはいかがでしょう。たぶん、その問題はもっと深く考えてみれば、解決策が見つかるものかもしれません。そしてその解決策を見つけることが、あなたをより成熟した人間へと成長させる機会となるでしょう。

海外にいる時こそ、自分を見つめ直す時間がたくさんあります。しかし、その時間をただひたすらに悩むことに使ってしまうと、大切な機会を無駄にしてしまいます。もちろん、問題を抱えているときにはそれが頭から離れないこともあるでしょう。だからこそ、その問題を解決するために時間を使うことが重要なのです。

例えば、ワーホリ中に見つけた仕事があまりにも厳しいと感じている場合。そんな時は新しい仕事を探す、という手もあります。あなたが今までの経験から得たスキルや知識を活かせる、もしくは新しいスキルを身につける機会を提供してくれる仕事があるかもしれません。

ワーホリは、新たな経験と出会い、自己成長の場であり、その過程で問題に直面することも多いです。しかし、それらの問題をどう解決するかを考え、行動することが、ワーホリ中の自己成長に繋がると思います。途中帰国を考える前に、一度その解決策を見つけてみてはいかがでしょうか。


旅行を利用した気分転換:新たな視野への逃走

ワーホリ生活が苦しくて途中帰国を考える時、あなたが忘れている一つの大切な要素があるかもしれません。それは、あなたが現在いるその場所が新たな冒険と経験を求めてきた旅の途中だということです。ワーホリ中、日々のルーチンワークや語学学校の勉強に追われて、忘れがちなのがこの「旅」の本質かもしれません。

語学学校と家の往復で一日が終わってしまうなんてこと、あなたも経験していませんか? そんな単調な日々は、精神的にもかなりキツいものです。そこで提案したいのが、旅行を利用した気分転換です。これはただの逃避行ではなく、新たな視野を開くための貴重な機会とも言えます。

例えば、ヨーロッパでワーホリをしているのであれば、手頃な価格で航空券を手に入れ、色々な国を訪れることができます。あなたの生活圏を少し広げてみてはどうでしょう?学校を休んで、ちょっと遠出してみる。そうすることで、違う視点を持つことができ、新たな気づきがあるかもしれません。

途中帰国を考える前に、一度周辺の国や地域を旅して、気分転換を図ってみてはいかがでしょうか。ワーホリの楽しみ方は人それぞれです。あなた自身が楽しむことが最優先事項ですから、途中帰国の決断をする前に、少し遠くを見てみてください。


帰国後の気持ちの想像:未来への悔いなき覚悟

ワーホリの生活が辛くて、ついつい途中帰国を考えてしまう時、一つ大切なことを考えてみてください。それは、日本に戻った時、あなたがどんな気持ちになるか、想像することです。これは決してネガティブな思考ではなく、むしろ自分自身の未来に向けた覚悟を決めるための大切なステップです。

ワーホリ先の苦難に立ち向かうことが難しく、途中帰国を考えてしまう瞬間、想像してみてください。「帰ったら、どんな気持ちになるだろう?」 「もし、私が今途中でワーホリを辞めてしまったら、日本に戻った時に「なんで途中で辞めちゃったんだろう」「ああしたらあの負のループから抜け出せたのに」と後悔するだろうか?」と。

ワーホリは、その名の通り「働きながら旅をする」プログラムですが、それは同時に「自己成長の旅」でもあります。途中帰国するという選択もその一部で、それはあなたの決断であり、誰もあなたを責めることはありません。ただ、重要なのは、その決断が後悔に繋がらないように、しっかりと自己対話を行うことです。

ワーホリは30歳までしか体験できないプログラムです。もし、その年齢を過ぎてから「あの時、もう少し頑張ればよかった」と後悔する可能性があるなら、ワーホリ先で少しでも頑張ってみましょう。それがあなた自身の未来への「悔いなき覚悟」に繋がるはずです。


やり残しの確認:隠れた宝物を見つける冒険

ワーホリの旅路が険しく、途中帰国を視野に入れる前に、ぜひともあなたにやり残しの確認をしていただきたいのです。「私、もう全てを見尽くした」「この国にはもう飽きてしまった」と感じるかもしれません。しかし、それが本当にそうか確認したことはありますか?実は、まだ見ぬ宝物があなたの近くに眠っているかもしれませんよ。

長期間ワーホリをしていると、現地の生活に慣れすぎてしまい、新鮮さが失われてしまうことは確かにあります。だからこそ、少し視点を変えてみてはいかがでしょう?インターネットで検索したり、現地の人々に話を聞いたりして、まだ見ぬその国の魅力を探ってみましょう。

途中帰国を決める前に、あなたがまだその国で体験していないこと、その国ならではの経験はないか探してみてください。それは、その国でしかできない伝統的な体験かもしれません。それが、あなたがまだ訪れていない美しい自然のスポットかもしれません。それが、あなたの知らなかった現地の料理かもしれません。

ワーホリの醍醐味は、その国でしか体験できないことを見つける冒険にあります。その冒険を途中で終わらせてしまって、本当にいいのでしょうか?あなたがワーホリ先で見つけられるまだ見ぬ宝物を想像してみてください。それが、途中帰国を考えるあなたの心に新たな視点を提供してくれるかもしれません。

おわりに:途中帰国を悩むあなたへ


私たちがワーホリを通じて得る経験は一人ひとり違います。喜びも苦しみも、それぞれがそれぞれの旅路を辿ります。だからこそ、あなたが今、途中帰国を考えているという事実は、誰もあなたを責めることはありません。しかし、その決断を下す前に、私たちはあなたにいくつかのことを再考するようお願いします。

まず、自分が何のためにワーホリを始めたのかを思い出してみてください。そして、その目的はまだ達成されていないのか、確認してみてください。途中帰国を考えている現在の状況を、異なる角度から見てみることも大切です。未来への悔いなき覚悟を持つためには、帰国後の自分がどのように感じるか想像してみてください。そして、まだあなたが見ていない、その国で体験できる新たなことを見つけるために、少し努力をしてみてはいかがでしょう。

あなたがどんな選択をするにせよ、その決断を尊重します。しかし、もし少しでも後悔のない選択をする手助けになれば、という想いから、私たちはこのような視点を提供したいと思いました。ワーホリは一生に一度の体験です。どんな選択をするにせよ、後悔のないように全力でその瞬間を生きてください。そして、自分自身を信じてください。どんな状況でも、あなた自身が自分の未来を切り開く力を持っていることを忘れないでください。

あなたのワーホリの旅が、あなた自身の成長と、素晴らしい思い出の源となることを心から願っています。どんな道を選んでも、その道があなたにとって最善であることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X