ENGLISH WORK公式

留学が就活において意味ない10の理由

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆様。いつもこのブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。今回はある興味深いテーマについて語りたいと思います。それは「留学経験が就活に対して意味がない」という問題です。

ほとんどの学生たちは、留学は自分の履歴書に輝かしい一行を加え、就活に強い武器になると考えています。そのために数多くの時間と労力、そしてお金を投じて留学に挑むのです。しかし、本当にそうなのでしょうか?留学経験は果たして就職活動における「強力な武器」なのでしょうか?

この問いに対する答えは一概には言えません。留学経験の価値は、その人がどのような職業を目指しているか、また企業がどのようなスキルや経験を求めているかによります。しかし、今回の記事では、少し違った観点から、留学経験が就活にどのような影響を与えるのか、その実情について探ります。

では一緒に、留学が就活に対して意味がない理由を見ていきましょう。是非ともこの記事を通じて、新たな視点を得ていただければ幸いです。それでは、皆さん、一緒に進んで行きましょう!


留学が就活において意味ない10の理由

ビジネスレベルの英会話力が身につくことは稀だから意味がない

あなたが留学を検討しているなら、まず最初に知っておくべきことがあります。それは、留学しても、それが就活に役立つとは限らない、という事実です。なぜなら、留学中にビジネスレベルの英会話力が身につくことは、実はめったにないからです。

そう、あなたが思い描く留学生活と現実は、しばしばかけ離れているのです。例えば、あなたが海外で現地の友人と楽しく交流して、スムーズに英語を話せるようになったとしましょう。でも、それは日常会話レベルでの話。ビジネスシーンで必要な英語力とは、まったくの別物なのです。

「どういうこと?」と思われるかもしれませんね。要は、日常会話で使える英語力があったとしても、それが仕事で使えるレベルのものでなければ、なんの意味もない、ということです。ビジネス英語は、単に語彙力や文法だけではなく、ビジネスの文脈を理解する力や、相手の意図を読み取る力、そして何より専門的な知識を必要とします。

だから、残念ながら多くの留学生は、一見英語を話せるようになっても、実質的には使えない人間ということになってしまいます。そして、この現実は、就活の場でも否応なく突きつけられます。企業側としても、日常会話ができる程度の英語力を評価して採用するわけにはいきません。だって、ビジネスシーンで求められる英語力とは、それとは全く異なるレベルのものだからです。だから就活において留学は意味がないことが多いのです。


英語以外の能力が身につくことはほぼないから、留学は就活で意味がない

これは、まるで耳を覆いたくなるような言葉かもしれませんが、私から一つ、留学に関する真実を伝えます。それは、「留学中に英語以外の能力が身につくことは、ほぼない」という事実です。これを聞いて、あなたは「留学が就活に全く意味がないのでは?」と思うかもしれません。しかし、それは必ずしも間違いではありません。

あなたが留学に夢を持っているなら、一度立ち止まり、真剣に考えてみてください。あなたが留学中にどんな能力を身につけるつもりですか?日常会話レベルの英語力?それだけですか?実は、就活では、英語力だけではなく、あなたの総合的な能力が評価されます。もちろん、英語力はその一部ですが、それだけでは意味がないのです。

あなたが留学中、現地でただ生活しているだけで、英語学習もただ毎日こなしているとしたら、その結果、英語力はそこそこになるかもしれません。しかし、それ以外の能力は何も身につかないでしょう。だから、その点で留学は、あなたの就活における評価を大幅に下げてしまう可能性があります。

なぜなら、あなたがだらだらと海外で生活している間に、あなたの同級生は何をしているか考えてみてください。彼らはさまざまな資格取得をしていたり、プログラミングを学んでいたりしているかもしれません。そして、それらの能力は、英語力と同様に、仕事に直接的につながるものである可能性があります。

そう、ここで言いたいのは、「留学=就活で有利」という思い込みは、しばしば意味がない、ということです。留学で得られる英語力だけでなく、それ以外の能力も鍛えることが、就活では重要となるのです。だからこそ、留学を考えているあなたには、留学中にどのような能力を身につけるつもりなのか、よく考えてみてください。それがあなたの将来にとって、大きな意味を持つことになることでしょう。


英語力で基礎的な能力を判断するのは難しいから、留学は就活で意味がない

あなたが留学で英語力を身につけ、その力を武器に就活を勝ち取ろうと考えているなら、今すぐその考えを見直してください。なぜなら、英語力だけでその人の持っている基礎的な能力を判断するのは、非常に難しいからです。これはつまり、留学が就活におけるアドバンテージになるという考えは、しばしば意味がないことを示しています。

考えてみてください。日本の就活では、どういうことが重視されるでしょうか?それは間違いなく「学歴」です。なぜなら、学歴は一種のフィルターとなり、候補者の地頭の良さを簡単に判断することができるからです。例えば、Fランクの大学を卒業した人と、早稲田大学や慶應義塾大学、東京大学、京都大学を卒業した学生とを比べれば、後者の方が基礎的な能力が高いことは明らかです。

しかし、一方で英語力はどうでしょうか?TOEICのスコアが900点であるというだけで、その人の地頭が良いと判断できますか?明確に答えてみましょう。それは「NO」です。英語力というのはあくまで「言語能力」の一部であり、全ての基礎的な能力を含むものではありません。

英語力が高いからと言って、それが論理的思考力やプロジェクト管理能力、チームワークなど、ビジネスシーンで求められる他の重要な能力を持っているとは限りません。そのため、英語力だけを持っている留学生が、日本の就活において優位に立つとは限らないのです。

だから就活において留学というものはそこまで意味をなさないのです。


留学経験が特殊なものでない

留学というと、何だかワクワクする特別な経験のように思えるかもしれませんね。しかし、誤解しないでください。実際のところ、留学とは実質的に海外で生活しているだけのこと。そこまで特殊な経験が積めるわけではないのです。だからこそ、留学が必ずしも就活に意味あるとは言えないのです。

もう少し具体的に見てみましょう。留学といえば、なんとなくイメージするのは、国際的な交流や現地の文化に触れる機会、そしてもちろん英語力の向上でしょう。しかし、実際にはどうでしょう?多くの留学生の生活は、語学学校と自宅との往復が大半。国際的な交流といっても、語学学校にいる外国人と何気ない会話を交わすだけ。これらは、実はその気になれば日本でも積める経験なのです。

そう、日本にいても英会話スクールに通ったり、英会話系のイベントに参加すれば、外国人と交流を持つことは十分可能です。そして、それが海外での生活と比べて劣っているとは必ずしも言えません。

これから留学を考えているあなた。留学経験が何か特別なものだと思い込む前に、一度冷静に考えてみてください。留学は確かに貴重な経験を提供してくれますが、それが絶対的な価値を持つわけではないのです。それが就活において必ずしも意味あるとは限らないのです。

あなたが留学を通じて何を得たいのか、どんな経験を積みたいのかを明確にしてから留学を決断することが重要です。そして、その経験が本当に海外でしか得られないのか、日本でも同等の経験を積むことができるのかを見極めることも忘れずに。


新卒が高いレベルの業務にアサインされることは少ない

あなたがもし留学をして、ビジネスレベルの英語力を身につけたとして、それが就活に有利になると思いますか?その考え、もしかしたら見直す時期かもしれませんよ。なぜなら、新卒がいきなり英語を使うようなレベルの高い業務にアサインされることはほとんどないからです。そのため、留学が就活に意味ない可能性があるのです。

一般的に、英語を使う業務というのは、そのレベルが高いことが多いです。新製品の開発、新市場への進出、重要な取引の交渉など、企業の成長を左右するような重大なプロジェクトで、海外とのコミュニケーションが必要となる場合が多いです。そのような重要な業務には、業務の内容を深く理解し、企業のビジョンを掴み、自ら主導して行動できる人がアサインされます。海外出張や海外赴任も同じです。

さらに、日本にある外資系コンサル企業であっても、実際に英語を使って業務を行う機会は必ずしも多くありません。ほとんどの業務は日系企業向けだったりします。確かに英語を使うプロジェクトも存在しますが、それは能力の高い社員がアサインされることが一般的です。

つまり、新卒でいきなり英語を使う高いレベルの業務に携わることは、実際には少ないのです。留学して英語力を身につけることは、個人のスキル向上や視野の拡大には間違いなく有用です。しかし、それが就活に直接的に意味はないかもしれない現実を、理解しておくことが大切です。


留学経験の評価が難しい

あなたが一生懸命に留学を経験し、英語力を身につけたとしても、その価値が適切に評価されないかもしれません。なぜかというと、人事担当者が留学経験をどう評価していいかわからないからです。これがもう一つの理由として、留学が就活に対して必ずしも意味を持つわけではないのです。

多くの人事担当者が留学経験や海外での生活経験がなく、英語力も限定的なことが一般的です。そのような状況下で、彼らが留学経験や英語を話せることの真の価値を理解し、適切に評価することは非常に困難です。あなたがどれだけ留学で得た経験が自身の成長に寄与したとしても、それを適切に理解し評価できる人がいなければ、それは就活の場で有利にはならないのです。

つまり、あなたがどれだけの時間と労力をかけて留学経験を得ても、それが就活におけるアドバンテージに繋がるとは限らないのです。これは一見すると非常に残念な事実かもしれませんが、これが現実なのです。留学経験や英語力が正しく評価され、就活における真のアドバンテージになるためには、自分自身がその価値を説明し、伝える力が必要です。そのスキルこそが、就活における真の武器になるのかもしれません。


多くの企業では英語を使う仕事がない

まだまだ現実には、留学が就活における意義が薄いと感じさせるもう一つの要素が存在します。それは、多くの企業では英語を使う仕事が実はない、という事実です。あなたが何ヶ月も海外で生活し、英語力を磨いたとしても、それが仕事で活かせる場面は必ずしも多くないのです。

今日、我々の社会はグローバル化が進んでいるとよく言われます。しかし、現実には大半の企業が主に日本国内向けの事業を展開しています。英語を必要とする業務は限られているのです。なぜなら、日本の市場がまだまだ大きく、海外市場に目を向ける必要性が強くない企業がほとんどだからです。

もしあなたが年収の良さやブランド力などだけで就職先を決めてしまうと、その企業は英語を使うような仕事がほとんどないかもしれません。そして、その結果としてあなたの留学経験や英語力が全く活かせず、意味を成さないことになりかねません。

このような事実を鑑みると、留学という経験が必ずしも就職活動における強みとは言えないのかもしれません。しかし、これは留学そのものが意味がないというわけではなく、その価値を如何に活かすかが問われているのです。適切なキャリアプランを描くことで、留学経験があなたの人生をより豊かにする一助となることでしょう。


留学経験者は扱いにくい存在となり得る

さて、ここまで考えてきたように、留学経験が必ずしも就活において意味あるとは限らない事実があります。しかしながら、これにはさらに一層深い側面が存在します。それは、「留学経験者が実は扱いにくい存在として認識される」という可能性です。

なぜそうなるのか、理由はいくつかあります。留学経験者というのは、一般的に海外の様々な文化や環境を経験しています。彼らは日本とは異なる労働環境や組織運営を見てきているかもしれません。その結果、彼らが日本の企業に就職すると、その企業のやり方を見直すような提案をすることがあるかもしれません。

これが、留学経験者が「扱いにくい存在」となる要因となります。企業としては、自分たちのやり方を否定されるのは非常に困難です。特に日本の企業は伝統や体制を重視する傾向があり、新しい考え方を持ち込む留学経験者は時として受け入れられにくい存在になり得るのです。

こういった状況を踏まえると、留学は就活において必ずしも意味のあるものではない、という事実が見えてきます。だからと言って、留学経験そのものが無価値であるとは言いません。むしろ、その経験をどう活かすか、どう伝えるかが重要となります。留学経験者自身がその価値を理解し、自分の特性として適切にアピールすることで、留学経験は就活において確実に力を発揮することでしょう。


留学経験者はすぐに辞められそうで困ると見られがち

ここからはまた別の観点から留学経験の影響を見ていきましょう。それは、「留学経験者はすぐに辞めてしまうのではないか?」という疑念です。

はっきり言いましょう。これは偏見であり、全ての留学経験者がこのような行動をとるわけではないということを理解しておくべきです。しかし、企業の人事側が留学経験者を見る際に、こういった懸念が頭をよぎることもあるのが現実です。「彼らは一度海外の生活を経験している。だから、また海外に行ってしまうかもしれない」というような。

このような視点から見ると、留学経験は就活における「武器」ではなく、「障壁」つまり意味のないものとなり得ます。留学経験があるからといって、それが自動的に就職活動のプラスになるとは限らない。それどころか、場合によっては逆にマイナスポイントになる可能性さえあります。

そうならないためにも、留学経験者自身がその経験の価値をどう伝えるかが重要となります。留学経験から得たスキルや視野の広さをうまくアピールし、自分が企業にとって必要であり、そして長期間働き続ける意志があることを示す必要があるのです。これがうまくできれば、留学経験は就活における強力な武器となり得るでしょう。


英語ができない新卒も、内定後に鍛えさせればいい

さて、続いての話題は、就活において「英語力」が意外と意味ないという観点から見ていきましょう。そう、英語力。これは大学生にとっても、社会人にとっても、一見して大きな武器に見えるものですよね。

しかしながら、率直に言いましょう。新卒で英語ができる人材を一生懸命に探し求める必要は必ずしもないのです。それよりも、就職後に必要なスキルとして英語を鍛えさせる方がより現実的な選択であり得るのです。

「え、でも英語って難しいじゃない?」と思われるかもしれません。ですが、それは一部の特殊な状況や専門的な分野を除けば、大抵の場合は誤解です。英語は確かに初めは難しく感じるかもしれません。しかし、一歩一歩進めば、必ず誰でも話せるようになります。

もちろん、このプロセスには時間がかかります。しかし、それは一方で、その会社にとって必要な、かつ適切なスキルを持った英語話者を育成する絶好の機会でもあるのです。留学経験があるかないかよりも、新入社員が持っている成長意欲や学習意欲がより重要なのかもしれませんね。

これらのことを考えると、留学経験そのものが就活において意味ないものとなる可能性があるのです。ただし、これは絶対的な事実ではなく、企業や職種によっては留学経験が重視されることもあるでしょう。ですから、留学経験を持つ人々はその経験をいかに効果的にアピールするか、そしてそれがどのように自分のキャリアに役立つのかをしっかり考えることが大切だと言えるでしょう。

おわりに


それでは、長々とした私の説明を読んでいただき、ありがとうございました。今回の記事では、留学経験が就活にどのような影響を与えるのかについて、多角的な視点から掘り下げてみました。

結論として、私が言いたいことは、「留学経験が全く意味がない」ということではありません。留学は、自分自身の視野を広げる素晴らしい経験であり、その価値は計り知れません。しかし、就活においては、留学経験の価値は必ずしも高いとは言えないということです。あなたの目指す業界や職種、そして企業のニーズによって、留学経験の評価は大きく変わります。

ここで大切なのは、留学を選択する理由が「就活で有利になるから」という単純な理由だけではなく、自身の成長や人生の充実、視野の拡大を求めるという意欲があることです。そして、その経験をどう活かすか、就活にどう結びつけるかを考えることです。

これから留学を考えている皆さん、そして留学経験を活かして就活を戦っている皆さん、あなたが得た経験が何よりもの大きな力となることを心から願っています。留学の価値はあなた自身がどう活用するか、そしてどう表現するかによって決まります。

この記事が、皆さんの参考になれば幸いです。そして、これからの皆さんの選択と、その先の成功を心より応援しています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X