ENGLISH WORK公式

“留学行きたくない”に潜む7つのリスク:後悔する前に

  • 投稿日時:8か月前


はじめに:留学に行きたくない、その心の叫びに応える

こんにちは、あなたの心の中に潜んでいるその一言に、今日は真剣に耳を傾けたいと思います。「留学に行きたくない」、その声、聞こえていますよ。

怖いですよね、留学。未知の国、未知の人々、未知の言語。全てが初めての経験ばかり。治安が心配だとか、友達ができるかどうか、家族と離れ離れになること。まるで闇雲に飛び込むような気分でしょう。何が待っているのかわからない、だから怖い。そんな不安が頭をよぎり、「留学に行きたくない」と心の中で叫んでしまう。あなたのその声、私はしっかりと捉えています。

でもね、ここで一つだけ言わせてください。その心配、それ本当に必要ですか?たしかに、一見すると大きな山のように思えるかもしれません。でも、ちょっと立ち止まって、その山をよく見てみましょう。そのふもとまで行ってみれば、その山は案外小さく見えるかもしれませんよ。

それらの心配事たちは、大抵の場合、心配で終わるだけです。実際には起こらないことばかり。もしもその心配が現実になったとしても、99%の確率であなた自身の力で対処可能です。そして、留学とは閉じ込められた牢屋ではないのです。最悪の事態になったら、いつでも日本に帰ることができます。

「留学に行きたくない」という気持ちは、あなたが抱えている無意識の恐怖が引き金となっています。その恐怖を一つ一つ取り扱っていくことで、あなたが抱く留学に対する恐怖を少しずつ解消していきたいと思います。それぞれの心配ごとについて、その恐怖を解きほぐすヒントを提供します。それらを通して、留学があなたにとって恐怖の対象でなくなることを願っています。

留学に行きたくない原因トップ7

サバイバルの恐怖:留学地の治安について

ハイ、さっそく始めていきましょうか。まず最初に、留学に行きたくないと思わせる恐怖、その一つが「治安」の問題だと思います。そう、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど、留学生が集まる先進国の治安の悪さ。それは時々ニュースで見る異国の犯罪事情を見て、心の底から「絶対に行きたくない!」と叫んでしまうほどの恐怖感を抱いているのかもしれません。

でも待ってください、本当にそこまで恐ろしいでしょうか?この問題についてちょっと考えてみましょう。治安が悪いとされる地域というのは、実は限られているんです。たとえば日本でも歌舞伎町など、一部地域の治安が悪いと言われますよね。しかし、それが全日本の治安が悪いというわけではないのと同じで、留学先の国全体が危険、とは限らないのです。

治安について過剰に心配する必要はありません。もちろん無防備になることは避けるべきですが、夜中に一人で出歩かないなどの基本的なルールを守っていれば、怖い目に遭うことはほとんどないでしょう。

大事なのは、自分が行く先の地域の状況をきちんと把握し、自己防衛の意識を持つことです。そして、その上で、留学先で得られる経験や学びを大切にすること。それこそが、留学の目的でもあるはずです。

治安問題による恐怖が、留学に行きたくない理由にならないようにしましょう。ちょっとした自己防衛の心得と、情報収集の努力で、その恐怖は必ず克服できるはずです。

治安の問題に怯えることなく、留学という大きな一歩を踏み出す。そうすることで、あなたの視野は確実に広がり、人生はさらに豊かになるでしょう。


万が一の状況:病気や事故に対する不安

さて、次に取り上げるあなたに留学に行きたくないと思わせる恐怖は「病気や事故」。異国の地で身体を壊したらどうしよう。交通事故に巻き込まれたらどうしよう。しかも英語が話せない。ヘルプを求めることすらままならない。こんな状況、考えるだけでも恐怖に駆られますよね。

でもここでも、ちょっと一息ついて、その心配についてよく考えてみてください。病気や事故に遭遇したとしても、本当にそこで全てが終わりなのでしょうか?

実は、ほとんどの国では、入院や通院時には通訳のサービスが提供されています。英語が話せないからといって、言葉の壁によって医療を受けられないということはありません。もちろん、言葉が完全に通じないというのは不便であり、恐怖でもあります。でも、それがあなたの生命を脅かすことにはならないのです。

英語が話せないという恐怖は理解できます。でもそれが、留学の価値を無くすほどの大問題ではないのです。だから、病気や事故に対する恐怖に支配されることなく、あなたが留学で得る経験や成長を大切にしましょう。

私たちは、未知のことに対して恐怖を感じます。それは自然なことです。でもその恐怖に立ち向かうことで、私たちは成長し、強くなります。あなたが留学で経験することは、それ自体があなたを強くし、あなたの視野を広げることに繋がります。

病気や事故に遭遇したとしても、それがあなたの留学体験を無駄にすることはありません。だから、無理に恐怖を消そうとしなくてもいいのです。ただ、その恐怖を認めつつ、それに立ち向かう勇気を持つことが大切です。

言葉の壁によって命を落とすことはありません。そして、その壁を乗り越える経験は、あなたをより強く、より成長させます。留学に行きたくないという気持ちを乗り越えていきましょう。


孤独の淵:友達作りへの懸念

さあ、次の留学に行きたくないと思わせる恐怖へ進みましょう。それは「友達ができるかどうか」の不安です。異国の地で自分だけ取り残され、孤独になることの恐怖。同じ気持ちになったこと、ありますよね?

この一文を読んでいるあなたも、そんな不安を感じているかもしれません。しかし、ここでも言いたいのは、「あなたは心配しすぎている」ということです。

では、具体的にどうしてそう断言できるのでしょうか。それは、留学生活が自然と友達を作る環境であるからです。特に語学学校などの環境では、あなたと同じく新しい国で新しい生活を始めるたくさんの人々がいます。

そして、その中には必ずあなたと同じレベルの英語力を持つ人々もいます。それはつまり、あなたが完璧な英語を話すことができなくても、お互いに理解し合える人が必ずいるということを意味します。

もちろん、最初のうちは緊張するかもしれません。でも、その気持ちを押し殺して勇気を出し、一歩を踏み出すことが大切です。そうすれば、あなたもまた、自然と友達を作ることができるでしょう。

恐怖は、私たちの心の中で大きくなることがあります。でもそれは心の中だけの話。現実はもっとシンプルで、もっと容易に対処できるものです。だからこそ、友達ができるかどうかの恐怖に打ち勝ち、留学という新しい経験を楽しむことが大切なのです。

あなたが抱える不安や恐怖を無視するつもりはありません。それらはあなたの感情で、大切な部分です。しかし、それらの感情があなたの前進を阻むべきではないということを理解してください。友達作りの恐怖を超えて、新たな人間関係を築くことができるあなたを、私たちは待っています。あなたは必ず留学に行きたくないという感情も乗り越えられます。


心の隙間:家族との別れに耐えられるか

さて、次の留学に行きたくないと思わせる恐怖は「家族と離れ離れになること」への不安です。この感情は紛れもなく深いものですよね。家族という安心感がある日本を離れ、外国で一人きりになる。なんて恐ろしいシナリオでしょう。

そんな不安を抱くのは、全く普通のことです。あなたがまだ実家で暮らしている場合、その変化は特に大きいですよね。家族がそばにいてくれる状況から一変、一人で生活を立て直さなければならない。その恐怖心は深く、留学への意欲をくじく可能性があります。

しかし、ここでもあなたに一つだけ覚えておいてほしいことがあります。それは、「あなたは決して一人ではない」ということです。

昔と比べると、現代の通信技術は格段に進歩しています。LINEなどのアプリを使えば、世界のどこからでも簡単にビデオ通話をすることができます。そして、そのおかげで家族とのつながりを常に感じることができます。

もちろん、家族がすぐそばにいないことは寂しいかもしれません。でも、今は離れていても心は常につながっている時代です。家族の笑顔を見ることができる。家族と一緒に笑い、話すことができる。そんな毎日を想像してみてください。

それでも、やはり家族と離れて生活することへの恐怖があるとしたら、それはあなたの感情として尊重されるべきです。しかし、あなたがその恐怖に打ち勝つための援助が必要なら、私たちはいつでもそこにいます。あなたが新しいステージへ進むことを応援しています。

だからこそ、あなたの留学生活は必ず成功すると信じています。そして、それは家族も同じくあなたを全力で応援していることでしょう。だから、少しでも前進することができるなら、その一歩を踏み出してみてください。その留学に行きたくないという感情を乗り越えた一歩が、あなたの新たな人生の始まりとなるかもしれません。


苦渋の手続き:留学手続きへの疑念

「留学に行きたくない」というこの強大な心の叫びの原因の最後を掘り下げるために、今回のトピックは「手続き」についてです。

留学というと、ややこしい手続きの数々がすぐに思い浮かびますよね。ビザの更新、シェアハウスの探し方、SIMカードの契約、そして定期券の購入など。それぞれが複雑で、英語が堪能でない場合、それがさらに困難に見えるでしょう。

でもあなた、深呼吸してみてください。これから教えることを覚えておいてくださいね。それは、「心配いりません」ということです。これらの手続きは確かにややこしそうに見えますが、実際にはそれほど難しくはありません。なぜなら、あなたは今、最強の武器を手に入れているからです。

そう、それは「Google翻訳」、「ChatGPT」、そして「DeepL」です。これらのツールを使えば、あなたはどんな言語の壁にも立ち向かうことができます。それはまるで魔法のように、あなたの不安を一掃する力を持っています。

そして、これらのツールを使うには英語が上手である必要はありません。カタコトの英語でも十分です。それらのツールはあなたが頼りにするために存在するのですから。

このように、留学に行く前の手続きについての不安も、あなたがどうにかして乗り越えることができるものばかりです。だからこそ、「留学 行きたくない」という気持ちに打ち勝つことができるのです。

あなたがこれから進むべき道は、決して平易ではないかもしれません。しかし、あなたがこの道を選んだなら、それはあなたにとって最高の選択だと信じています。


差別との戦い:アジア人差別への懸念

「留学 行きたくない」、というお気持ちの背後にある恐怖、それは「アジア人差別」について語りたいと思います。この問題は、あなたが世界に出て行く前にきちんと理解し、心に留めておくべき重要な問題です。

まず最初に、留学生活を始める前に差別について恐怖を感じるのは当然のことです。特にアジア人として異国の地で生活するとなると、自分が目立つ存在になることから来る不安はとても大きいですよね。

しかし、ここであなたに大切なことを伝えておきたいです。それは、「留学先でアジア人差別に遭遇することは非常に稀だ」という事実です。私がこれを断言できる理由は、語学学校や留学生が集まる場所は、多文化的な背景を持つ人々が集まる場所だからです。彼らは異なる文化や人種を尊重し、新たな友人を作るために学校に来ています。そのため、彼らが差別的な行動を取ることはほとんどありません。

また、留学生が多い地域では、現地の人々も留学生に対して理解と寛容さを持っています。彼らは留学生が地域の一部であることを認識し、多様性を受け入れています。ですから、露骨なアジア人差別に遭遇することは少ないのです。

それでも、「留学に行きたくない」と感じるのなら、あなたの感じる不安や恐怖を見つめ直し、それを乗り越える方法を見つけることが大切です。


住む場所のジレンマ:ホームステイガチャの恐怖

ここでのテーマは、「留学 行きたくない」この考えの中に潜む一つの恐怖、それは「ホームステイガチャ」です。これは、留学生活の初期段階で誰もが経験しうる挑戦で、その結果により留学生活が大きく左右されることがあります。

皆さんがホームステイのパートナーを選ぶ際、ある種の「ガチャ」が発生します。ガチャとは、運や偶然によって結果が決まるシステムのことを言います。運良く、あなたが素晴らしいホームステイの家族に恵まれた場合、それは素晴らしい体験となり、留学生活が一層充実するでしょう。

しかし、残念ながら、その反対の結果も存在します。運悪くルールが多い、または人間性に問題があるホームステイ先に当たることもあります。そのような状況は、確かにとても困難でしょう。このような不安から、「留学に行きたくない」と感じてしまう方も多いでしょう。

しかし、ここで大切なことをお伝えしたいと思います。そのような不運な状況に遭遇したとしても、それは決して終わりではありません。最悪の場合でも、留学エージェントを通じてホームステイ先を変更することが可能です。また、ホームステイをキャンセルしてシェアハウスに移り住む選択肢もあります。つまり、初めのホームステイ先が最悪だったとしても、その後の対応次第で大きく状況を好転させることが可能なのです。

「留学 行きたくない」という思いがあなたを困らせているなら、その不安をどうにか克服し、新たな挑戦への一歩を踏み出す勇気を持つことをおすすめします。あなたが選んだ留学という旅が、より良い経験となることを心から願っています。

それでも留学に行かないの?デメリット6選


成長の逸機逃避:自己成長へのチャンスを逃す

留学とは、私たちにとって自己成長への大きなステップであり、新しい文化や環境に触れることで、多くの困難を経験し、それを乗り越えることで大きな成長を遂げる機会を提供してくれます。

しかし、中にはこの機会を恐れ、留学への一歩を躊躇する人もいます。確かに、留学は未知なる挑戦であり、そこには大きな困難も伴います。違う言語、文化、習慣、それら全てに対応するためには、大きなエネルギーと勇気が必要です。

しかし、その困難こそが、自分自身を見つめ直し、成長するための重要なきっかけになるのです。「留学 行きたくない」と言ってチャンスを逃すことは、実は自分自身の成長のチャンスを逃してしまうことと同じなのです。

そう、それはあなたが成長するチャンスを自ら逸してしまう行為。あなたの可能性を未知の世界が待っている場所に持ち去り、それを実現する機会を手放してしまう行為なのです。

だからこそ、私たちはあなたに留学の道を進んでみてほしいと強く願っています。その道には困難が待ち構えているかもしれません。しかし、それらを乗り越えることで得られる経験と成長は、何物にも代えがたいものです。あなたが「留学 行きたくない」と思うその不安を乗り越え、新たな自分を発見する勇気を持つことを心から願っています。


逃げグセの培養:逃げ癖が付く可能性

未知への不安、困難への恐怖は誰しもが感じるものです。しかしここで問題なのは、その感情に流されて留学というチャンスを自ら遠ざけてしまう行動に移すこと。これが一見無害に見えるかもしれませんが、実はあなたの人生に悪影響を及ぼす可能性があるんですよ。

それは何かと言いますと、それは逃げグセ、避け癖を養ってしまうという事態です。留学は困難かもしれませんが、それと同時に大きな自己成長のチャンスでもあるのです。困難を避けることで一時的に心地よさを感じるかもしれません。しかし、それが習慣化してしまうと、自身の成長チャンスを逃すだけでなく、逃げることを常習化してしまう恐れがあります。

その結果、困難が立ちはだかったときには逃げることを選び、人生における大切な経験を失うことになります。留学に限らず、人生は常に困難との戦いです。そしてその困難を乗り越えることで、初めて本当の成長があるのです。

だからこそ、「留学 行きたくない」と一度思ったとき、その感情をよく見つめてみてください。それは本当に留学への不安から来るものなのか、それとも困難を避けるための逃げの表現なのか。そして、逃げグセをつけてしまうことへの恐怖を理解してください。その逃げ癖こそが、あなた自身の可能性を縮小し、人生そのものを後退させる可能性を秘めているのです。


自己肯定感の低下:留学に行かないことで自尊心が下がる

「留学 行きたくない」という感情、私も理解できます。あなたが留学を迷っているその理由は何でしょう?未知の環境への恐怖感、英語力の不安、手続きの複雑さ…。それらは、私たちが留学という大きな挑戦を前にしたときに感じる、ごく普通の感情です。

しかし、皆さん。その感情に逃げてしまうと、自己肯定感が下がってしまうかもしれないという危険性について考えたことはありますか?自分が「留学すらできない人間」「恐怖に負ける人間」だと感じるようになってしまったら、それはあなた自身の自尊心を傷つける結果となります。そうなると、自己肯定感が低下し、あなたの行動力、意欲、さらには成功を引き寄せる力まで影響を与えるかもしれません。

自己肯定感とは、自分自身を肯定し、価値ある存在と感じることです。これは、あなたがどんな困難に直面しても立ち向かう勇気を与え、何事も乗り越えていく力を生み出します。自己肯定感が高い人は、困難な状況でもポジティブに前向きに取り組むことができます。一方、自己肯定感が低い人は、自分に自信を持てず、自分を否定的に見る傾向があります。

ですから、「留学 行きたくない」と思ったときは、その感情があなたの自己肯定感を下げていないか、しっかりと見極めることが大切です。留学は確かに困難かもしれません。しかし、それを乗り越えることで、自己肯定感が大きく上がるチャンスでもあるのです。あなたが留学を選ぶことで、あなた自身が最大の肯定を受け、自尊心を高めることができるのです。それは、あなたが自分自身を高め、自分の人生をより良いものにする大きな一歩となるでしょう。


時間との戦い:歳を重ねるほど留学の機会が難しくなる

ここで一つ、重要な真実を伝えます。それは、歳をとると、留学に行くのが難しくなるということです。もし、あなたが今、留学に行きたくないと思っていても、歳を重ねてから「あのとき留学しておけば良かった」と後悔するかもしれません。しかし、その時になってみて初めて理解するのでは遅すぎるのです。

仕事が忙しくなったり、家庭を持ったり、お金を稼ぐことが優先されると、留学を考える余裕はなくなります。だからこそ、今のうちに留学という経験をしておくことが大切なのです。それに、歳を重ねるほど、自分の人生をリセットするような大きな決断をするのは難しくなります。それは、人間の性質として仕方のないことかもしれません。

ですから、「留学 行きたくない」という気持ちを抱えているあなたには、この言葉をお伝えしたいのです。「留学は今しかできないチャンスかもしれません」。あなたが今、このチャンスを逃してしまったら、二度と戻ってこないかもしれません。それが現実なのです。

歳を重ねるほど、人生の選択肢は減っていくもの。でも、だからこそ、今この瞬間にできること、今この瞬間に選択できることがとても大切なのです。留学を選ぶか選ばないか、その決断はあなた次第です。ただ、後悔のない選択をするためにも、今一度、留学という選択肢を見つめ直してみてください。それがあなたの未来を大きく変えるかもしれません。


国際化遅延:国際化の流れから置いてきぼり

皆さんは留学に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?単に海外で生活するということだけでなく、国際化の流れに乗ることとも密接に関わっています。

まず、一つ問いかけてみましょう。あなたが留学に行きたくないと思うその間に、周りの世界はどう変わっていくのでしょうか?それは残念ながら、あなたが国際化の流れに乗り遅れてしまうという結果をもたらす可能性があります。

日本も含め、今世界は急速に国際化が進んでいます。それはもはや止まらない流れで、私たちはその中に身を置いています。英語力は、国際社会で通じる手段として必要不可欠となり、それを持つ人々が増えています。多くの人々が英語を話せるようになり、それが新たな「常識」になりつつあります。

しかし、「留学 行きたくない」と思っているあなたがその流れに身を置くことができないとしたら、どうなるでしょうか?その結果は、あなたが国際社会から一歩遅れること、つまり自身が国際化の流れから置いてきぼりになってしまうことです。

それは決して良い結果ではありません。だからこそ、あなたには、留学という選択肢を再評価してみてほしいのです。留学は海外で生活することだけではなく、国際社会で生き抜く力を身につけるチャンスでもあるのです。

時代の流れに身を任せるのではなく、自分で選択をし、その選択によって自己を成長させ、時代の先を行くことが求められています。そのためには、留学という経験がとても大切なのです。「留学 行きたくない」と思っているあなたも、そのことを深く考えてみてください。あなたの未来を大きく変えるかもしれない選択ですから。


学歴の失敗:留学が必須である大学での卒業が困難になる

「留学 行きたくない」の感情と、あなたの学歴について話しましょう。大学生の皆さん、留学について考えたことはありますか?その反面、留学を避けることが学歴にどのような影響を及ぼすか、考えたことはありますか?

一部の大学では、留学が卒業の必須要件となっている場合があります。そのような大学では、「留学 行きたくない」と思っていても、卒業するためには留学を経験しなければならないのです。つまり、留学を避けることが学歴への道を閉ざす可能性があるということなんです。

あなたがもし、そういった大学に在籍していて、卒業のためには留学が必要なのにそれを避けた場合、その結果は何になるでしょう?それは、あなたが大学を卒業できないという悲しい現実と直面することになります。

「学歴がないと確実に将来損をします」。これは決して大げさな言葉ではありません。社会に出たとき、学歴は就職活動やキャリア形成に大きな影響を及ぼします。それはあなたがいくら留学を避けたいと思っていても変わらない事実なのです。

だからこそ、「留学 行きたくない」と思っているあなたも、この事実をよく考えてみてください。そして、留学に対する思いを再評価することをお勧めします。留学は、あなた自身の成長だけでなく、学歴を手に入れ、将来のキャリアを開拓するための重要なステップでもあるのです。

この問題を軽視してしまうと、将来に渡って大きな不利益を被る可能性があります。それを避けるためには、留学という経験をどう捉えるか、真剣に考えることが求められます。これはあなたの未来を大きく左右する重要な選択となるでしょう。

おわりに


さて、皆さん、「留学 行きたくない」という一瞬の迷いが、どれだけ大きな影響をもたらすか、今回のブログで少しでも感じていただけたでしょうか。留学を避けることによって逃れられる困難も確かに存在します。しかし、それは同時に自己成長のチャンスを逃すことでもあり、逃げグセの培養、自己肯定感の低下、時間との戦い、国際化遅延、さらには学歴の失敗といった様々なデメリットも抱えています。

しかし、恐怖と直面することは決して簡単なことではありません。それぞれの心の中で、留学という大きな一歩を踏み出す勇気が必要です。「留学 行きたくない」と感じるあなたが、その心の中に勇気を見つけることができれば、それこそが本当の成長への一歩となるのではないでしょうか。

この記事を通じて、少しでも留学という経験に対する視野が広がったら嬉しいです。あなたの中にある恐怖や不安を乗り越え、新たな挑戦をしてみることを心から応援しています。そして、あなた自身がその経験を通じて成長し、自己実現に向かって進むことを願っています。これからも、あなたの大切な一歩を応援しています。未来に向かって、一緒に歩んでいきましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X