ENGLISH WORK公式

留学でぼっちになる9つの原因:

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今回のブログ記事では、留学生活という舞台上で巡り合う孤独、すなわち「ぼっち」について語りたいと思います。はるか遠くの異国の地で、新たな人生を築く試みは、無数の挑戦と共にやってきます。その一つが、自己を孤独から解放し、新しい繋がりを築くことです。

多くの留学生が直面する「ぼっち」現象は、単に言葉の壁や文化の違いだけが原因ではありません。それは、私たち自身の思考や行動、そして人間性が大いに関わっています。本記事では、その核心に迫ることを試みます。

各章では、それぞれ異なる視点から孤独という現象に焦点を当て、そしてその解決策を模索します。これらは、たとえば自身の意見を持つ重要性、他文化への開放的な心、適度な自由と規律のバランス、そして確かな自己理解といった、人間としての基本的なスキルを見つめ直すためのものです。

それでは、皆さんがこれから留学を控えている方であれ、すでに留学生活の真っただ中であれ、そしてそれ以外の方であれ、私の考えをお伴いいただければ幸いです。深淵に立つ孤独と向き合い、一緒にその解決策を見つけていきましょう。それでは、さっそく始めてみましょう。


留学でぼっちになる原因9選

シャイすぎる鎖 – ぼっちへの入り口

あなたは留学を夢見ていますか? それともすでに留学の準備を進めている最中でしょうか。さまざまな国の人々と触れ合い、新しい文化に身を置くことは大変刺激的ですよね。しかし、その経験を最大限に活かすためには、一つの大きな障壁を乗り越える必要があります。それが「シャイ」であること。はい、あなたがそれほどに内気なら、留学生活で一人ぼっちになる可能性があります。

なぜなら、留学生活はコミュニケーションが何よりも重要だからです。ランチを共にしたり、観光地に出かけたり、たくさんのイベントやパーティーに参加する機会があります。しかしこれらの場で自分から会話をはじめられないと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。「ああ、でも私、英語がまだ上手ではないから…」とあなたが思うかもしれません。しかし、大丈夫です。完璧な英語を話すことができなくても、他の留学生たちはあなたを受け入れてくれるはずです。彼らもまた自分の母国語以外の言葉でコミュニケーションをとることに慣れていないかもしれません。そのため、あなたが恐れているような場面はそもそも存在しないのです。

しかし、もしあなたが「一緒に時間を過ごすときに、会話が持つかな?」「まだ全然英語ができないし…」と思い込んでしまうと、それがあなたを閉ざされた会話の扉の前に立たせてしまうでしょう。そして、その扉を開く鍵を手に入れることができなければ、あなたは一人ぼっちになってしまう可能性が高まります。

確かに、他の留学生たちと自由に話すことは難しいかもしれません。しかしそれによって英語力は鍛えられ、あなたのコミュニケーションスキルも高まるのです。


日本人排除の闇 – 孤独の落とし穴

皆さん、留学中に「日本人と関わらない」ことに固執することはありませんか?その理由は何でしょうか。「英語を話す練習がしたい」「自分の中の日本を捨てて、新しい自分を作りたい」そんな思いがあるのかもしれませんね。しかし、その考え方は意外と危険かもしれません。なぜなら、それがあなたを孤独へと導く可能性があるからです。

語学学校にいる日本人の友人と親しくなることは、悪いことではありません。彼らはあなたの心の支えとなり、一緒に新しい土地での生活を楽しむ仲間になります。それに、彼らが既に外国の友人を持っている場合、それはあなたにとって新たな人脈を広げる絶好の機会になるでしょう。

しかしながら、「英語を話せるようになりたい」という強い思いから、日本人との交流を極力避ける人もいます。その結果、孤立してしまうこともあるのです。なぜなら、新たな友人を作るのは、母国の友人と過ごす時間を一時的に減らすことで可能になるからです。そして、全ての時間を英語の練習に費やすことは、その瞬間には素晴らしいことに思えるかもしれません。しかし、それがあなたを孤独にする可能性があると考えてみてください。

日本人との交流を全くしないという選択は、予想外の孤独を生むかもしれません。それは留学生活をつらいものにし、一人ぼっちになる可能性があるのです。だからこそ、バランスが重要です。英語を練習する時間と、自分自身を支える友人との時間を見つけることが大切です。


謎のネガティブ思考 – 自らをぼっちの闇に投げ込む

皆さん、ちょっと待ってください。自分自身を冷静に見つめてみてください。自分の考え方はネガティブではありませんか?そのネガティブ思考、それがまさにあなたを孤独に引きずり込む、その引き金かもしれませんよ。

留学中だろうが日本にいようが、極度にネガティブな人は、しばしば避けられることがあります。あなたが何かを言えば否定する人、暗い話を引き出す人、そんな人と一緒にいたいと誰が思うでしょう?もし、あなたがそのようなネガティブ思考を抱いているなら、そのままではあなたは孤独になってしまう可能性があります。

特に、海外ではこの傾向が強くなるかもしれません。ネガティブ思考の人と一緒にいると、そのネガティブさが自分にも伝播し、周囲の人々まで暗い気持ちにさせてしまうからです。

それでも、留学生活が初めてで、様々な問題を抱えて、精神的に辛いときもあるでしょう。そんなときにも、ネガティブな思考を表に出しても、それが何も解決しないことを覚えておきましょう。むしろ、ポジティブに問題に対処することが、その問題を解決するための最初の一歩かもしれません。

それに、あなたがポジティブな思考を持つことで、周囲の人々にもそのポジティブなエネルギーが伝わり、あなたの存在が明るい光となって、彼らを引き寄せるかもしれません。ネガティブ思考は、そのまま孤独へと道を開く。しかし、ポジティブ思考は、新しい道を切り開くチカラを持つのです。

それでは、あなたの心の中にあるネガティブな思考を手放し、ポジティブな思考を持つことで、あなた自身が自分の道を切り開く力となりましょう。


意見の欠如とその不気味さ – あなたは魅力的な存在?

皆さん、ちょっと自問してみてください。あなたは自分の意見を持っていますか?もしそれがないとしたら、その「意見の欠如」、それこそがあなたを孤独に陥れる可能性がある、ということを認識していますか?

海外では、自分の意見を持つことが重要視されます。政治の話から人生観に至るまで、あなたが何を考えているのか、それが人々とのコミュニケーションにおいて大切なのです。しかし、私たち日本人は、そうした意見を口に出すと「意識高い系」とレッテル貼られるのを恐れ、自分の意見を避けてしまう傾向があります。

それが普段から、特に留学先の海外で、あなたが自分の意見を持たず、周りが盛り上がるだけの会話に流される原因になっているのです。その結果、あなたは意見を持たない、不気味な人、あるいは心を開いていない人とみなされ、人々との距離が遠ざかり、ぼっちになってしまう可能性があります。

だからこそ、あなた自身が自分の意見を持ち、それを堂々と表現する勇気を持つことが大切です。自分の考えを言葉にすることで、あなた自身が魅力的な存在となり、人々があなたに引き寄せられるかもしれません。

それでは、自分の心の中にある考えを見つけ、その意見を世界に発信することで、あなた自身が人々とつながる力を持つことを思い出しましょう。


他国の文化を拒否する鉄壁の心 – 異文化接触の躍動

“他国の文化を受け入れる”ということ、これがあなたを孤独から救う一つの鍵となるかもしれません。さて、ここで一つ、思考実験をしましょう。あなたの目の前に、日本にいながら日本文化を全否定する外国人がいるとします。「日本食はあまり好きじゃない」「日本人は冷たい」「日本は不便だ」と言うその人に対して、あなたは友情を感じますか?

おそらく答えは「ノー」でしょう。それは誰しも、自分の文化や価値観を否定されることに対する自然な反発心から来るものです。そしてこれが、留学先で他国の文化を拒否するあなた自身に対して、同じ反発を生むのです。

なるべく全てに対して肯定的になる必要はありません。しかし、まだ経験すらしていない何かを「あれは無理だ」と拒絶するのではなく、まずは一旦、その国の文化や人々の特性を受け入れてみることから始めてみてください。

あなたが異文化を拒否するその鉄壁の心壁を解き放つことが、孤独を避け、新たな友情を築く上で必要な第一歩です。それがあなた自身が異なる環境に適応し、自分の視野を広げ、結果としてより豊かな留学生活を送るための、決定的な躍動を生むのです。


ぼっちの起源 – 日本からの連鎖反応

友達作りが苦手なあなたに対し、問いを投げかけてみます。「そもそも、なぜ友達が作れないのか」その答えを見つけることが、孤独からの脱却への一歩となります。

日本で友達が少ない、または友達作りが苦手な人が留学に行くとどうなるでしょうか。外国で変わることなく、おそらくあなたは孤独な日々を送る可能性が高いのです。なぜなら、外国人も日本人と同じく「人間」だからです。留学する国が変わっても、対人関係を築く上での基本的なスキルは全く同じです。

なので、あなたが日本で孤独だった原因が何であったか、それを深く探り、理解し、そして解決することが重要なのです。無理に自分を変える必要はありません。しかし、自分自身の中にある問題点を見つけ出し、それを少しずつ改善していくことが求められます。孤独を経験したことが、逆にあなたの成長のチャンスとなるのです。

覚えておいてください、孤独になるのには必ず原因があります。それを見つけ出し、そして解決に向けて行動を起こすことで、この連鎖反応の終わりを迎えることができます。これがあなたが孤独から脱却し、留学生活を最大限に楽しむためのスタートラインです。


真面目過ぎる困惑 – バランスの迷路に迷い込む

あなたが真面目な性格で、常に完璧を追求するタイプの人だとしましょう。それは素晴らしい長所であり、実生活ではあなたの力となるでしょう。しかし、留学生活ではその真面目さがあなたを孤独へと導くかもしれません。

なぜなら、英語学習に集中するあまり、周囲の友人との交流を疎かにしてしまう可能性があるからです。勉強が全てと思い込んでしまうと、友人との時間を二の次にしてしまうかもしれません。しかし、友人と過ごす時間も、留学生活の一部であり、英語習得にとっても非常に重要な要素です。

大金を払って留学しているので、無駄にしたくないという気持ち、その思いは十分に理解できます。それでも、留学という経験はただの学問的な学習だけでなく、文化的な交流や人間関係の構築も含むものです。自分自身を過度に追い詰めるのではなく、あなたの時間をバランスよく配分することが重要です。

あまりにも一方に重きを置きすぎると、あなたはバランスを失い、孤独の迷路に迷い込んでしまうかもしれません。あなたが目指すべきは、学習と交流のバランスを見つけること。その道筋を見つけられれば、留学生活はもっと豊かで有意義なものとなるでしょう。


ルールに縛られた自由 – 社会性の犠牲

規則正しい生活は、確かに自分自身の健康や秩序を保つのに重要な役割を果たします。しかし、留学のような新たな環境では、あまりにも自分のルールに固執しすぎると、あなたは意外と孤独を感じるかもしれません。

例えば、絶対にタバコやアルコールに手を出さない、あるいはクラブやパーティーには行かないという厳格な決断を下す人がいるかもしれません。これ自体はあなたの生活スタイルを尊重するもので、悪いことではありません。だけど、これらの厳格なルールがあなた自身の社会性を犠牲にする場合もあるのです。

考えてみてください。あなたの友人たちは夜のクラブに行き、飲み物を共有し、音楽に合わせて踊り、お互いをより深く理解しようとしています。そんな場所で、あなたはお酒を一滴も飲まない、踊らないというルールを守ることが、本当に自分自身を孤独にしないのでしょうか?

もちろん、健康は重要な要素ですが、社会性もまた、人間としての大切な部分です。孤独感が募っているなら、時折はルールを少し緩め、友人たちとの絆を深めるためにお酒を飲む、ダンスフロアで踊るという選択肢もありだと思います。あなたのルールを壊すのではなく、新しい文化との接触、新しい友情の機会を作り出すのです。


お金がない、友達もいない – 留学生活の経済戦争

お金が全てを解決するわけではない、とよく言いますよね。それは確かに正しい。けれども、お金がないという状況が、あなたの留学生活、そして人間関係の中に亀裂を生む場合もあるのです。

考えてみてください。あなたが新たな土地で友人を作ろうとしているとします。新しい友人から旅行に誘われたとしましょう。楽しみに満ちたアドベンチャー、そのワクワクする時間を共有することで、あなたたちはより深い絆を築くでしょう。しかし、あなたが「お金がない」と答えざるを得ない場合、その瞬間、あなたはただの孤独な人に戻るかもしれません。

友人との深い絆を作るための旅行やイベント、さらにはレストランやカフェでの食事など、これらは全てお金が必要です。あなたがこれらの活動に参加できない場合、友情を深めるチャンスを逸してしまうかもしれません。これらの機会を逃してしまうと、あなたは自然と孤独に向かう可能性があります。

だからこそ、少なくとも基本的な生活費、そして一定の余裕を持つことが重要なのです。それがあなたの社会生活、そして心の安定につながるのです。あなたが誰かと深い絆を築くことができるかどうかは、時としてお金の問題でもあるのです。そう悲しい現実も、留学生活には含まれていることを理解しておくことが大切です。

お金ないと留学は無理?できる14の理由

終わりに


それでは、この記事を通して、留学生活での孤独な「ぼっち」になる可能性とその背後にある理由、そしてそれを乗り越えるためのヒントを提供してきました。一見、それぞれが異なるテーマに思えるかもしれませんが、すべてが深く繋がっています。それは、自己理解と自己成長の旅である留学生活の中心的なテーマに直結しているからです。

この記事を読んで、自分自身の行動や思考について再考するきっかけになれば幸いです。そして、自分自身をもっとよく理解し、自分の弱点を認め、それを乗り越えるための方法を模索することが、結果的にはぼっちからの解放へとつながるのです。

結局のところ、留学はただの勉強だけでなく、自己と他者への理解を深め、自分自身をより強く、より豊かな人間に成長させる絶好の機会です。留学生活は確かに難しく、時には孤独を伴うかもしれません。しかし、それは同時に、自分自身の可能性を広げ、新たな視点を持つための、とても価値のある経験となります。

さて、皆さんがこれから留学を控えている方であれ、すでに留学生活の真っただ中であれ、そしてそれ以外の方であれ、この記事が少しでもお役にてたのであれば幸いです。

英語を使う仕事をジャンル別30種紹介:未来を英語で切り開け

留学で涙がとまらない経験!9つの対処法

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X