ENGLISH WORK公式

「Symphony」歌詞の和訳解説&MVの意味考察9選

  • 投稿日時:3週間前


Clean Bandit – Symphony (feat. Zara Larsson)楽曲の概要

音楽の魔法は、時には言葉を超えた感情を呼び起こし、私たちの心を深く動かす力を持っています。Clean BanditとZara Larssonがコラボレーションした「Symphony」は、まさにそんな楽曲の一つです。この曲は、愛の喪失と再生をテーマにした深い感情を表現しており、聴く者に強烈な印象を与えます。

「Symphony」は、イギリスのエレクトロニックミュージックグループであるClean Banditと、スウェーデン出身のポップシンガー、Zara Larssonの才能が見事に融合した作品です。2017年にリリースされたこの楽曲は、その美しいメロディーと心に響く歌詞で、世界中で愛され、多くの音楽チャートで高い評価を受けました。

楽曲の魅力は、ただのポップソングに留まらず、クラシック音楽の要素を巧みに取り入れたClean Banditの革新的なサウンドと、Zara Larssonの感情豊かなボーカルが組み合わさることで、聴く者の心に深い共感を呼び起こします。また、ミュージックビデオもまた、愛と喪失、そして人生の再生を象徴する力強い映像美で、曲のメッセージをさらに際立たせています。

このブログ記事では、「Symphony」の背後にあるメッセージ、楽曲が世界的に受けた評価、そしてClean BanditとZara Larssonという二人のアーティストについて深く掘り下げていきます。また、この楽曲が多くの人々に愛される理由や、その音楽ビデオの意味についても考察していきたいと思います。

「Symphony」歌詞和訳と解説9選

「I just wanna be part of your symphony」 – ただあなたの交響曲の一部になりたい

“I just wanna be part of your symphony, will you hold me tight and not let go?”
「ただあなたの交響曲の一部になりたいだけです、しっかりと抱きしめて離さないでくれますか?」

この歌詞は、Clean BanditとZara Larssonによる「Symphony」の中核をなすメッセージであり、深い愛と絆を象徴しています。彼らは、愛する人との関係を「交響曲」という比喩を用いて表現し、一つの音楽作品の中で互いに調和し合い、共鳴することの美しさを歌っています。この表現は、愛という感情が持つ複雑さと、それがもたらす豊かな経験を捉えています。

想像してみてください。人生という大きな舞台で、あなたと愛する人が互いに影響を与え合いながら、美しい旋律を奏でている様子を。この歌詞は、そんな2人の関係が形成する独自の調和を願っており、愛する人の一部になりたい、そしてその人の人生における重要な一部であり続けたいという切実な願いを表しています。

たとえば、2人が共に重要な人生の節目を迎えたり、困難な時期を乗り越えたりすることが挙げられます。そうした経験を共有することで、2人の間には言葉では言い表せないほど深い絆が生まれます。この歌詞は、そうした絆が2人の関係を永遠のものにし、愛する人との間に生まれる「交響曲」が、時間を超えて響き続けることを願っています。

この一節からは、愛する人との関係を通じて自己実現を求める深い願望も伝わってきます。自分自身が愛する人の人生において重要な役割を果たし、その人の幸福の一部となりたいという思いは、私たちが抱く最も根源的な欲求の一つです。それは、単に愛されること以上に、愛する人の人生において意味のある存在でありたいという願いを示しています。


「Symphony, like a love song on the radio」 – 交響曲、ラジオで流れるラブソングのように

“Symphony, like a love song on the radio, will you hold me tight and not let go?”
「交響曲のように、ラジオで流れるラブソングのように、しっかりと抱きしめて離さないでくれますか?」

この歌詞は、「Symphony」における愛の普遍性と、音楽を通じて共有される感情の力を象徴しています。Clean BanditとZara Larssonは、音楽が人々の心をつなぎ、愛の感情を共有させる独特の能力を持っているという考えを表現しています。ラジオで流れるラブソングは、不特定多数の人々に届けられる一方で、個々のリスナーにとっては非常に個人的なメッセージとして受け取られることがあります。

例えば、あなたが一人で車を運転しているときや、家でリラックスしているときに、偶然ラジオから流れてきたラブソングが、ちょうどあなたの心情や経験と完全に一致する瞬間があります。その曲があなたにとっては、まるで自分だけのために作られたかのように感じられ、深い感情を呼び起こします。

この一節からは、愛と音楽の普遍的な結びつきと、それが人々の心に与える影響の大きさが伝わってきます。Clean BanditやZara Larssonがこの曲を通じて伝えたいのは、音楽が持つ感情を共有する力と、それが人々を結びつける方法です。


「And now your song is on repeat」 – あなたの歌が私の中で繰り返し再生される

“And now your song is on repeat and I’m dancing on to your heartbeat.”
「そして今、あなたの歌がリピートされ、あなたの心拍に合わせて踊っています。」

この歌詞は、「Symphony」において特に心に残る一節です。Clean BanditのメンバーやZara Larssonは、この楽曲を通じて、愛する人との関係がいかに深く、切ないものであるかを表現しています。彼らはインタビューで、この曲が「愛の力と、失ったものへの懐かしさ」をテーマにしていると語っています。

想像してみてください。あなたが大切にしていた誰かとの思い出が、頭の中でぐるぐると繰り返される瞬間を。その人と共有した音楽、言葉、笑顔が、あなたの日常の一部になっているんです。これは、私たち誰もが経験する感情ですよね。音楽は特に、人の記憶に強く残ります。ある曲を聴くだけで、過去の特定の瞬間や感情が蘇ってくることってありますよね。

Clean BanditやZara Larssonがこの曲で伝えたかったのは、そういう普遍的な経験、そして愛する人とのつながりが心の中でどのように生き続けるかということです。彼らは、「Symphony」を通じて、リスナーに対して、失われた愛を乗り越え、新たな始まりを迎える勇気を与えたいとも話しています。

たとえば、長い時間を一緒に過ごした友人との別れがあります。その友人と聴いた特定の曲が、離れていてもずっとあなたの心の中で鳴り響くことでしょう。その曲がかかるたびに、笑顔や会話、一緒に過ごした時間が思い出される。まるで彼らがまだそばにいるかのように感じる瞬間です。


「I’m sorry if it’s all too much」 – すべてがあまりにも多すぎるならごめんなさい

“I’m sorry if it’s all too much, every day you’re here I’m healing.”
「すべてがあまりにも多すぎるならごめんなさい、あなたがここにいる毎日、私は癒やされていきます。」

この歌詞のセクションは、「Symphony」における深い愛と謝罪の感情を描いたものです。Clean BanditやZara Larssonは、この楽曲を通じて、人間関係における脆弱性と強さを同時に示しています。彼らはこの曲について語る際に、真の愛が持つ複雑さと、時にはそれが重荷になることもあるが、そこには癒やしの力もあることを強調しています。

あなたが大切な人と深い話をするとき、時には自分の感情が相手にとって重すぎるのではないかと心配になる瞬間がありますよね。その感情を素直に表現することの勇気と、相手に対する過剰な配慮から、「ごめんなさい、すべてが多すぎるかもしれない」という言葉が出てくるわけです。

この一節は、私たちが誰かを深く愛するときに直面するジレンマを表しています。自分の感情を全てさらけ出すことは、相手にとって負担にならないか、という不安です。しかし、その一方で、愛する人がそばにいることで感じる安心感や癒やしもある。それは、どんなに自分が傷ついていても、その人がいるだけで、少しずつ心が癒やされていくという実感です。


「Every day you’re here, I’m healing」 – あなたがここにいる毎日、私は癒やされていく

“I’m sorry if it’s all too much, every day you’re here I’m healing.”
「すべてがあまりにも多すぎるならごめんなさい、あなたがここにいる毎日、私は癒やされていきます。」

この歌詞は、「Symphony」における愛と癒しのテーマを深く掘り下げています。Clean BanditのメンバーやZara Larssonは、この楽曲を通じて、人間関係が持つ治癒の力に光を当てています。彼らは過去のインタビューで、この曲が人々に希望を与え、困難な時期を乗り越える手助けになることを願っていると語っています。

想像してみてください。あなたが何かしらの悩みや問題を抱えている時、そこに愛する人が寄り添ってくれるだけで、その重さが少しずつ軽くなっていく感覚。この歌詞は、そんな経験を通じて、人が人を癒やすことの素晴らしさを伝えています。

例えば、仕事や日常生活で疲れ切って家に帰った時、家族やパートナーが温かい食事を用意して待っていてくれる。そんな小さな優しさが、どんなに大きな悩みも少しずつ和らげてくれるんです。この一節は、そんな「あなたがいるだけで、私は癒やされる」というシンプルながらも強力なメッセージを伝えています。


「A rhapsody for you and me」 – あなたと私のための狂詩曲

“A rhapsody for you and me, and every melody is timeless.”
「あなたと私のための狂詩曲、そしてすべてのメロディーは永遠です。」

この歌詞は、「Symphony」の中でも特にロマンティックな表現の一つです。Clean BanditとZara Larssonは、愛の経験を通じて、人生がどれだけ豊かになるかを歌っています。彼らは過去のインタビューで、この曲が「2人の愛が創り出す独自の世界」を表現していると述べています。

この「狂詩曲」という言葉は、通常、情熱的で、構造的な束縛から自由な楽曲を意味します。つまり、この一節は、愛する人と共にいることで生まれる無限の可能性と、その関係が時間を超えて不変であることを象徴しています。

例えば、あなたがパートナーと一緒にいるとき、周りの世界が消え去り、2人だけの独特なリズムとハーモニーが生まれる瞬間があります。それはまるで、2人だけの秘密の曲を作り上げているようなものです。この歌詞は、そんな愛の瞬間を永遠に封じ込めることの美しさを讃えています。


「When you’re gone, I feel incomplete」 – あなたがいなくなると、私は不完全を感じる

“When you’re gone, I feel incomplete, so if you want the truth, I just wanna be part of your symphony.”
「あなたがいなくなると、私は不完全を感じます。だから真実を知りたいのなら、ただあなたの交響曲の一部になりたいだけです。」

この歌詞は、「Symphony」における愛の深さと、愛する人がいないと感じる喪失感を強く表現しています。Clean BanditとZara Larssonは、愛する人との別れや距離がもたらす心の空虚感について語っており、その人の不在が自分自身を不完全に感じさせるほど、その人が自分にとってどれだけ大切な存在であるかを示しています。

想像してみてください。あなたの生活から大切な人が突然いなくなったときのことを。その人の声、笑顔、触れ合いが毎日の一部となっていたため、その全てが消え去ると、まるで自分の一部が失われたかのように感じます。これは、私たちが誰かを深く愛するとき、その人と自分は一体となっていると感じるほど密接な関係にあることを物語っています。

この歌詞のメッセージは、愛する人がもたらす安心感と完全性を失う経験を通じて、愛の絆の強さと重要性を浮き彫りにします。例えば、長期間の関係が終わった後や、大切な人が遠くに引っ越してしまった後に感じる空虚感。それは、単なる物理的な距離の問題ではなく、心と心のつながりが途切れたと感じることから生じる深い悲しみです。

この一節からは、人がどれだけ他者との関係によって自己を定義し、それがいかに自分の感情や生活に影響を与えるかが伝わってきます。Clean BanditやZara Larssonが伝えたいのは、真の愛は私たちの存在を形成し、それが欠けることで私たちは自分自身を完全に感じられなくなる、ということです。愛する人とのつながりは、私たち自身のアイデンティティの一部となり、その人がいなくなると、自分自身を見失ってしまうほどです。

「Symphony」MVの意味を考察

Clean BanditとZara Larssonによる「Symphony」のミュージックビデオは、視聴者に深い感動を与える作品です。このビデオは、愛と喪失、そして再生の物語を繊細に描いています。


オープニングシーン – 「始まりの静寂」

ミュージックビデオの始まりには、しばしば静寂があります。これは、物語が展開する前の静けさと、視聴者がこれから起こる物語に心を開く準備を促すためのものです。この静けさは、人生における重要な瞬間の前の平穏を象徴しているとも解釈できます。


感情の映像化 – 「愛の記憶」

ミュージックビデオでは、愛する人との幸せな瞬間を回想するシーンが描かれることがあります。これらのシーンは、過去の愛の記憶がいかに鮮明で、感情的に充実しているかを視覚的に示しています。愛の記憶は、時とともに色褪せることなく、私たちの心の中に生き続けるメッセージを伝えます。


喪失と直面 – 「心の嵐」

愛する人を失った悲しみやその喪失を乗り越えようとする試みが、しばしばミュージックビデオで描かれます。この「心の嵐」は、人生における試練や困難を乗り越える過程を象徴しており、視聴者に共感を呼び起こします。


再生への道 – 「光への歩み」

ミュージックビデオのクライマックスには、主人公が喪失から立ち直り、再び希望を見出す瞬間が描かれることがあります。この再生のプロセスは、人生において困難な時期を乗り越え、より強くなることの重要性を示しています。愛の記憶が再生への道を照らす光となり、前向きな未来への一歩を踏み出す勇気を与えます。

このミュージックビデオは、単に美しい映像を提供するだけでなく、愛、喪失、そして再生という普遍的なテーマを通じて、深い感情的な旅を視聴者に提供します。それぞれのシーンは、人生の複雑さと美しさを映しだしています。

Clean Bandit – Symphony (feat. Zara Larsson)が楽曲全体を通して伝えたいこと

Clean BanditとZara Larssonがコラボした「Symphony」は、ただのポップソングを超えた深いメッセージを私たちに届けています。この楽曲を通して、彼らが伝えたかったのは、愛の力、愛の喪失とその癒し、そして愛による完全性の回復です。それぞれの歌詞には、愛する人との関係がどれだけ私たちの人生に影響を与えるか、その深い絆が私たちの心にどのように響くかが込められています。

楽曲の中で繰り返される「あなたの歌がリピートされ、あなたの心拍に合わせて踊る」というフレーズは、愛する人がいることの喜びと、その人との深いつながりを象徴しています。一方で、「あなたがいなくなると、私は不完全を感じる」という部分では、愛する人の不在がもたらす空虚感と、その人がいてくれることでのみ感じられる完全性を強調しています。

さらに、「ただあなたの交響曲の一部になりたい」という願いは、私たち一人一人が愛する人の人生において重要な役割を果たし、その人と共に調和のとれた関係を築きたいという切実な願いを表しています。そして、ラジオで流れるラブソングのように、愛の感情が普遍的に共有されることの美しさを歌っています。

「Symphony」は、愛とはただの感情ではなく、私たちの存在を形作り、私たちが直面する困難を乗り越える力であると教えてくれます。また、愛する人との関係が私たちの人生においていかに大切であり、その関係を通じて私たちはより豊かで完全な人生を送ることができるかを示しています。この楽曲は、愛の経験を通じて私たち一人一人が成長し、癒され、そして最終的には自己実現を遂げる旅路を描いているのです。

Clean BanditとZara Larssonのプロフィール


Clean BanditとZara Larssonは、それぞれが音楽業界で独自の地位を築いているアーティストです。彼らがコラボレーションした「Symphony」は、世界的なヒットを記録し、多くの音楽ファンから愛されています。


Clean Banditについて

Clean Banditは、イギリス出身のエレクトロニック・ミュージックグループです。2008年に結成され、クラシック音楽の要素をポップやエレクトロニック・ダンスミュージックに融合させた独自のサウンドで知られています。メンバーは、ジャック・パターソン、ルーク・パターソン、グレース・チャットーの3人で構成されています。彼らのデビューシングル「A+E」は、イギリスの音楽シーンで注目を集めましたが、2014年にリリースされた「Rather Be」が世界的なブレイクスルーを果たし、グラミー賞を受賞するなど、その名を世界に知らしめました。


Zara Larssonについて

Zara Larssonは、スウェーデン出身のポップシンガーで、力強いボーカルとキャッチーなメロディーで若い世代を中心に幅広いファンを持っています。1997年生まれの彼女は、早くから音楽の才能を示し、10歳の時にスウェーデンのタレントショーで優勝したことがキャリアのスタートとなりました。特に2015年にリリースされた「Lush Life」は国際的なヒットとなり、彼女の名前を世界中に広めました。その後も「Never Forget You」や「Ain’t My Fault」など、数多くのヒット曲を世に送り出し、新世代のポップアイコンとしての地位を確立しています。

Clean BanditとZara Larssonのコラボレーションは、それぞれが持つ音楽性の融合が見事に表現された「Symphony」で実現しました。この楽曲では、Clean Banditのエレクトロニックとクラシカルの融合されたサウンドと、Zara Larssonの情感豊かなボーカルが合わさり、聴く者の心を動かす美しいハーモニーを生み出しています。彼らのコラボレーションは、世界中の音楽ファンに新たな音楽の楽しみ方を提供し、今後もその活躍が期待されています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X