ENGLISH WORK公式

社会人留学のデメリット8選:対処法あり

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今日は重要なトピックについて話していきたいと思います。それは、あまり語られない「社会人留学のデメリット」についてです。

社会人として海外に留学することを考えたことはありますか?新たな言語を習得したり、異文化を体験したり、自分自身を見つめ直す機会を得たりすることで、生涯に一度の経験になるでしょう。しかし、語学学習や異文化体験の魅力につつまれて、考えられるデメリットを見落とすことがあります。

「留学」この言葉は、まるで人生の新しい扉を開くかのようなイメージを持っているかもしれません。確かに、留学はそのような可能性を秘めています。しかし、その一方で、社会人として留学するという選択は、いくつかの問題や課題をもたらす可能性もあるのです。

本記事では、そんな社会人留学のデメリットについて深堀りします。これから留学を考えている人、留学経験者でこれからの生活について考えている人、あるいはただ単純に「社会人留学ってどうなの?」という興味を持っている人に向けて、この記事を書いています。留学は大きな決断であり、多くの時間と費用がかかります。そのため、自分が直面する可能性がある問題について、事前に深く理解しておくことが重要です。

さて、共に、社会人留学のリアルなデメリットについて考えていきましょう。


社会人留学に伴うデメリット8選

第一のデメリット:キャリアのブランクと戦う

私たちが日本の社会人留学に関して真剣に考えなければならない最初のデメリット、それは恐怖の「キャリアのブランク」です。なんとも強烈な響き、おわかりいただけましたか?皆さん、私たちの働く日本社会は仕事のブランクを許さない厳しい環境となっています。もちろん、留学とはまさにキャリアのブランクを生み出す行為なのです。

これは決してオーバーな表現ではなく、現実的な問題なのです。なぜなら、日本の働き方文化は時間の連続性と一貫性を強く重視しています。仕事にブランクがあると、その期間は「何をしていたのか?」という疑問を持たれ、キャリアとして評価されないことが多いのです。留学で身につけた経験やスキルがどれほど素晴らしくても、それを正当に評価される保証はないのが現状です。

さらに厄介なことに、このブランクの存在は帰国後の転職活動を難しくする可能性があります。特に社会人の場合、職場を離れている期間が長ければ長いほど、仕事に対する技術や知識、業界動向から遠ざかってしまい、再就職の際にハンディキャップとなり得ます。

では、このデメリットを無視してでも留学は進むべき道なのでしょうか?答えは人それぞれです。ただし、一つはっきりさせておきたいのは、社会人留学におけるこの「キャリアのブランク」は決して軽視できない問題であり、そのリスクを理解した上での準備と対策が必要不可欠であるということです。

そのためにも、次に挑戦する仕事やキャリアに対する明確なビジョンを持ち、留学がそのビジョンにどのように結びつくのか、そのプランをしっかりと描くことが求められます。そうしなければ、キャリアのブランクという大きなデメリットがあなたの社会人留学の結果を大きく阻害するかもしれません。


第二のデメリット:「社会人留学=遊び」のレッテル

「社会人留学=遊び」、この固定観念は、社会人留学を考える皆さんにとって重大なデメリットであり、無視できない壁です。何とも刺々しい表現でしょうが、日本の社会にはこのような見方が存在します。私たちがいくら真剣に留学を通じて学び、成長し、自己を向上させようとも、これらの努力が「遊び」のレッテルで覆われてしまう可能性があるのです。

それは何を意味するのでしょうか?それは留学後、あなたが帰国して再び仕事市場に足を踏み入れたとき、留学経験があなたの価値を上げるどころか、逆に「遊びに行っていた」という偏見を抱かれ、不利に働くというリスクが存在するということです。

どんなに留学で得た経験や知識が素晴らしく、実用的であっても、それが全く評価されない、なんとも残念な現実がここにはあります。これは社会人留学のもう一つの大きなデメリットであり、特に日本ではよく見られる傾向なのです。

これが現実であると認識した上で、どう対処すべきでしょうか?その答えは個々のケースによりますが、一つの方法は自分の留学経験を具体的にどのようにキャリアやスキルに活かすかを明確に説明できるようにすることです。留学を「遊び」ではなく「自己投資」と捉え、その価値を確信し、他人に伝える能力が必要です。

しかし、それでもなお「社会人留学=遊び」という見方をなくすことは困難かもしれません。だからこそ、社会人留学を考える皆さんにとって、このデメリットを理解し、対策を立てることが重要です。


第三のデメリット:期待外れの英語力向上

社会人留学を考える際によく浮かんでくる夢の一つは、「海外での生活で英語がペラペラになる」というものでしょう。しかし、ここにも悲しいほどのデメリットが存在します。それは、社会人留学を経験した後でさえ、英語力が大幅に上がらないという現実です。これは、期待と現実がかけ離れた結果と言えるでしょう。

あなたが留学する前から英語力が高ければ、留学によってさらにスキルを磨くことができます。しかし、留学前の英語力が低いと、期待していたほど大きな進歩は望めないでしょう。なぜなら、一部の研究では、日本人が英語を流暢に話せるようになるためには、少なくとも2000時間以上の学習時間が必要とされているからです。

英語力ゼロから始めて1年程度留学したとしても、その学習時間はほんの一部です。そこまでの労力を投じても、想像していたほど英語が話せるようにならない、これが社会人留学のもう一つのデメリットです。そして、このデメリットは転職においても重大な問題になる可能性があります。なぜなら、あなたが期待していたほどの英語力が身につかず、求職市場で競争力を得られないかもしれないからです。

あなたが留学によって得られる英語力のレベルを正しく理解し、適切な期待を持つことが重要です。完璧な英語力を求めるのではなく、自分自身の英語力を底上げする手段として留学を見ることで、留学体験はあなたの成長にとって有意義なものとなるでしょう。


第四のデメリット:異世代留学生とのジェネレーションギャップ

社会人留学は自己啓発の一環としては素晴らしい経験ではありますが、ここで見逃せないデメリットが存在します。それは、留学生とのジェネレーションギャップが生じる可能性です。実はこれ、あなたがもしかしたら、留学生の中で一人ぼっちになるかもしれないという恐怖を伴う現実なのです。

まず、一般的に海外の語学学校の留学生は10代から20代前半の若者が多いです。これに対して、30代以上で社会人留学をする方は少ないのが現状です。そうなると、あなたがもし30代以上で留学をするとなると、自ずと周囲との年齢差が出てしまいます。それは決してあなたが何か悪いことをしたわけではないのですが、それにより生じるジェネレーションギャップは否応なく感じるものでしょう。

ここで出てくるのが社会人留学のもう一つのデメリットで、友達が作りにくいという事態です。若い学生たちは自分たちと年齢が離れたあなたに対して、どのように接したら良いのか迷ってしまうかもしれません。その結果、あなたは一人ぼっちになってしまうリスクがあるのです。

しかし、ここで必要なのはポジティブな視点です。異世代の人々とコミュニケーションをとることは、新たな視野を広げ、自身の人間力を磨くことにつながります。ジェネレーションギャップは確かに挑戦ですが、それを乗り越えることで得られる経験はあなたの人生において大いに価値があるでしょう。


第五のデメリット:「人生が変わらない」のリスク

留学が人生を一変させる、そう信じて留学を決意する方も多いでしょう。しかし、ここで警鐘を鳴らさせておかなければならない重要なデメリットが存在します。それは、「人生が大きく変わらない可能性がある」というリスクです。

確かに、留学は英語力を鍛える機会であり、異文化を経験し視野を広げる絶好のチャンスです。特に10代、20代の若者にとっては、この経験がきっかけとなり、就職活動や起業といった人生の大転機に繋がることもあります。

しかし、社会人留学のデメリットとして挙げられるのが、その「人生が大きく変わる」という期待が裏切られる可能性があることです。特に年齢を重ねた方々が留学を経験する場合、新しいことを始めるリスクを取れない場合も多いでしょう。それは歳を重ねたからこそ抱えるリスクであり、それ故に人生が大きく変わらない可能性が高まるのです。

さらに、留学自体は大きなイベントではありますが、これはお金さえ払えば誰でもできることです。そのため、留学だけで人生が劇的に変わるとは限らないのが現実です。

でも、ここで落ち込む必要はありません。人生が大きく変わるかどうかは留学がすべてを左右するわけではありません。大事なのは、留学をどのように捉え、自身の人生にどのように活かすかです。留学は新たな視点を得る機会であり、自分自身を見つめ直すきっかけにもなります。それは、その後の人生にどう影響を与えるかによって、その価値が決まるのです。


第六のデメリット:日本の働き方への違和感

社会人留学を経験すると、日本の働き方への違和感を感じるというデメリットが浮き彫りになることがあります。海外生活を経験した人は、しばしばその自由な働き方に魅力を感じ、自分の中でそれが常識化します。

海外では、働き方は日本とは大きく異なることが多いです。社員同士が和やかに会話をしたり、仕事中にスマホを触ったり、レジの店員が椅子に座って仕事をしたりと、従業員の自由度が高いことが一般的です。その自由さと比較して日本の厳格な働き方は、留学から帰国した後に違和感を覚える原因になることが多いのです。

ここで言いたいのは、これが社会人留学のデメリットの一つであるということです。海外での生活を経験した後に、日本の働き方にフィットしきれない、または、「こんなところで働きたくない」という感情が湧き上がることがあります。

これは決して珍しい話ではなく、留学経験者の間ではよく語られる話題です。しかし、一方でこれは大きな成長の機会でもあります。異文化を体験し、自分の視野を広げることで、新たな視点を得て、日本の働き方に対する新たな認識を持つきっかけにもなるのです。

確かに、留学後の帰国はネガティブな側面を持つこともありますが、その経験を活かし、自身の働き方や生き方に変革を起こすきっかけにすることもできます。デメリットをどう捉え、どう行動するかが、次のステップにつながるのです。


第七のデメリット:逃避行から現実への苦痛な帰還

私たちが日常のストレスから逃れるために海外に飛び出すと、その帰還は辛くて苦痛なものになることがあります。特に、社会人留学が日本での人生から一時的に逃れる手段となっていた場合、このデメリットは顕著に表れます。

精神的な問題を抱えていたり、仕事がうまくいっていなかったりして、それから一時的に逃れるために社会人留学を選んだ場合、その問題は留学で解決しないことがほとんどです。海外生活は一時的な逃避行であり、現実問題からの解放感は一時的なものです。帰国後に待つのは、逃れていた問題の再燃、それどころか時には状況がさらに悪化している可能性もあるのです。

デメリットとして挙げられるこの現象は、何も自身の問題を解決せずに一時的に逃避した結果、帰国後に現実が待っているということを強く示しています。もし、これが自分の社会人留学に当てはまるなら、出発前に十分な準備と心構えが必要だということを念頭に置くべきです。

留学が万能の解決策ではないことを理解することは、そのデメリットを上手に乗り越える一歩となります。一時的な逃避行ではなく、新たな視野を得るための自己啓発の一環として留学を捉えることで、帰国後も前向きな視点を持つことができるでしょう。


第八のデメリット:周りからの揶揄と自尊心の破壊

どれほど身を削って留学を経験しても、それが周囲からの皮肉や冷笑に晒されることがあります。特に、社会人留学をした場合、このデメリットはあなたの自尊心を直撃することでしょう。

あなたが帰国すると、周囲の人々は留学から得た成果を期待しているかも知れません。彼らはあなたが英語を流暢に話せるようになったと考え、「なんか英語喋ってみてよ」と軽々しく要求するかもしれません。しかし、英語力ゼロから始めて1年の留学で英語を上手に話せるようになる人は稀です。それが周りからは理解されず、「なんのために留学したの?」と揶揄されることもあります。

このようなデメリットは、あなたが留学を経験した結果として得た自信や自尊心を、一瞬でひっくり返す力を持っています。あなたが留学を通じて得た多くの経験や知識、思考の変化などは、一般的な英語力のレベルとは必ずしも一致しないことを理解することが重要です。

傷つくかもしれませんが、あなたの留学経験はあなた自身にとっては非常に価値のあるものです。それを軽視する人々の声に影響されずに、自分の経験と成長を大切にすることが大切です。周囲の意見に左右されず、自身の価値観を持つことが求められます。

おわりに:社会人留学のデメリットを理解し、準備を整えよう


以上、社会人留学のリアルなデメリットについて掘り下げてきました。読んでいただき、本当にありがとうございました。

留学というのは、どのように捉えるかによりますが、一生に一度の大きなチャンスでもあります。しかし、その背景には多くの苦労や挑戦、そして思わぬデメリットが存在します。私たちは、そのデメリットをよく理解し、それに対処する準備ができているかどうかを見極めることが大切だと考えます。

留学を考えている方々にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。デメリットを十分に理解し、自身の目標や能力を冷静に見つめ直すことで、最適な選択をすることができるでしょう。

留学は、自己成長のための一つの手段です。しかし、自己成長は必ずしも留学だけに限られるものではありません。あなた自身が自己成長を実現するために、最適な道を見つけ出していくことを願っています。

そして、もし留学を選ぶことになったら、その旅が素晴らしい経験となり、自己成長につながることを心から願っています。社会人留学のデメリットがあなたの留学生活をより良いものにするための手引きとなれば、この記事の目的は達成されたと言えるでしょう。

どんな道を選ぼうとも、あなたの旅が豊かで有意義なものになることを祈っています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X