ENGLISH WORK公式

あなたに翻訳の仕事がない10の原因:マシンに勝てない?

  • 投稿日時:8か月前

皆さんが翻訳家としてのキャリアを歩んでいく中で、「仕事がない」と感じたことはありますか?特にフリーランスの翻訳家の場合、安定した仕事の流れを保つことは難しい場合が多いですよね。そんな悩みを抱えている方々のために、この記事では「翻訳家が仕事がない」という状況の原因と対策について解説します。

ここでは、仕事がない状況に陥る主な原因として、翻訳業界の競争環境、自身のスキルや経験の不足、そして翻訳業務の探し方の問題点などを考察します。その上で、それぞれの問題に対する具体的な解決策を提案します。

翻訳家としてのスキルや知識だけでなく、仕事を見つけ、自分自身をマーケットに適応させるためのヒントと戦略を学ぶことができます。この記事が「翻訳家としての仕事がない」という状況を改善し、より充実したキャリアを送るための一助となれば幸いです。それでは一緒に、この問題を解決するためのステップを見ていきましょう。


あなたに翻訳の仕事がない10の原因

自動翻訳機の登場:簡単な翻訳業務は消える?

皆さんも感じているかもしれませんが、最近、「翻訳の仕事がない」と思ったことはありませんか?これは、様々な要因が絡み合っていますが、今回はその一つとして「自動翻訳機の登場」を挙げたいと思います。

過去10年で、Google翻訳やDeepLなどの高性能な自動翻訳ツールが登場しました。これらのツールは、それまで人間が手間暇をかけて行っていた翻訳業務を、素早くかつ高精度にこなすことが可能になりました。具体的には、例えばDeepLは、その精度と自然さから一般ユーザーだけでなく、翻訳のプロフェッショナルたちからも高評価を得ています。DeepLが翻訳精度のベンチマークテストで人間の翻訳家を凌駕する結果を出し、その高性能ぶりが話題になりました。

特に、文脈の理解がそれほど求められない、例えば手紙や報告書、ウェブサイトなどの簡単な文章の翻訳に関しては、人間が行う翻訳よりも自動翻訳機の方が精度が高い場合が多いのです。これは、単純な語句の翻訳だけでなく、ある程度の文脈理解も可能になっているからで、その結果として、多くの人間による翻訳業務が不要になりました。

そして、ここに至って、「翻訳の仕事がない」と感じる人が増えてきたのです。これは、自動翻訳機の進化と直結しており、かつて人間が行っていた翻訳作業が自動化され、それに伴い翻訳の仕事の数も減ってしまったからです。

これは決してネガティブな事象だけではありません。自動翻訳機の進化は、翻訳業務を効率化し、より多くの情報を、より多くの人々へ提供できるようになったという意味でもあります。しかし、それは同時に、人間の翻訳家たちが直面する新たな課題でもあります。簡単な翻訳が自動化された今、翻訳家はより高度なスキルを求められるようになっています。特に、文化的背景や専門的知識を理解し、それを文章に反映させる能力が重要となってきています。

今後、自動翻訳機の進化は止まりません。しかし、それが進むことで翻訳業界はより成熟し、人間の翻訳家も自身のスキルを磨き続ける必要があると言えるでしょう。それが翻訳業界にとって、そして私たちにとって、最善の道となるのです。


AIが広範囲に翻訳業務を奪い、人間の仕事がない

最近「翻訳の仕事がない」と思った方、その理由の一つにAIの発達があるかもしれません。特に、ChatGPTのようなAIは、翻訳業務だけでなく、幅広い分野で人間の作業を自動化することが可能になり、結果として「翻訳の仕事がない」という状況を生み出しています。

ChatGPTは、自然な人間の会話を模倣する能力を持つAIです。これを利用すれば、人間が行う翻訳業務の多くが自動化できます。特に、文章全体の内容を理解し、それに基づいて最適な言葉を選択するという、翻訳の基本的なプロセスを高精度に実行することが可能です。

実際、ChatGPTは、英語力、日本語力など、特定の言語能力だけでなく、数学や物理、文学、芸術など、幅広い知識を総動員して文章を理解する能力を持っています。そして、その知識量とアクセス速度は、人間をはるかに凌ぎます。例えば、1秒あたり数百万の単語を処理する能力があり、人間が持つ記憶力の限界や、物忘れといった問題を全く抱えていません。

このため、ChatGPTは、翻訳における情報の処理量と、それを適用する能力において、人間より優れています。これは、広範囲な翻訳業務が自動化され、人間の介入が必要ないという事実を示しています。ただし、高度な専門知識を必要とする翻訳や、文化的背景を深く理解する必要がある翻訳においては、まだ人間の翻訳家が重要な役割を果たしています。

しかし、現状に満足せず、AIの進化は日々続いています。これは翻訳業界だけでなく、社会全体に大きな変化をもたらしています。その中で、翻訳業界は、人間の翻訳家がどのように進化し、AIと共存していくのか、という問いを真剣に考える必要があるでしょう。


人間にしか理解できないはずだったニュアンスも感じ取るAI

翻訳者はしばしば、「翻訳の仕事がない」と感じます。しかし、その背景には、AIの驚異的な進化が存在しています。特に、人間が独占していた領域、つまり人間のみが理解できると考えられていた複雑な表現や細かなニュアンスまでも、AIは次第に理解し、表現できるようになってきています。その結果、翻訳の仕事が減るという現象が起きているのです。

かつての翻訳機は単語の直訳に頼ることが多く、文脈やニュアンスを正確に把握することは困難でした。しかし、ChatGPTのような高度なAIの出現により、その限界は大きく突破されました。例えば、文脈に基づく理解が可能になり、明確に記述されていなくても隠れた意味を捉えることができます。また、原文に含まれるエラーや矛盾も、全体の文脈から誤りであると判断することが可能となりました。

例えば次のような英語の文章があるとします。
“Despite the pouring rain, John walked to the store.”

この文を直訳すると、「雨が降り注いでいるにもかかわらず、ジョンは店まで歩いた」になります。しかし、この文は単にジョンの行動を述べているだけでなく、それ以上の情報やニュアンスを含んでいます。

この文から読み取れる一つのニュアンスは、ジョンがなんらかの理由で雨の中を歩いてでも店に行きたかったということです。人間の読者ならば、「ジョンはなぜ雨の中を歩いたのだろう?」と自然に疑問を持つでしょう。ここでのAIの理解力が試されます。AIがこの文を理解するためには、単に文字通りの意味を理解するだけでなく、ジョンがなぜその行動を取ったのかという背後にあるニュアンスや動機への理解も必要となります。

また、この文は「雨が降り注いでいるにもかかわらず」という表現を使用しています。これは、通常は避けるであろう状況である雨の中を歩いて店に行ったことを強調しており、ジョンの行動がどれだけ特殊であるかを示しています。このような細かい言葉の選び方によるニュアンスも、人間ならば理解できます。ChatGPTのような先進的なAIは、こうした細かなニュアンスまで理解し、翻訳時にそれを保持することができます。

これらの例からも分かるように、AIの翻訳能力は単なる文字の置き換えから遥かに進化しています。ニュアンスの理解、文脈の理解、隠された意味の捉え方など、これら全てが合わさることで、AIは人間に近い翻訳を実現しているのです。

この進化により、AIは人間が理解可能な範囲の大部分をカバーすることができるようになりました。そして、その理解力は表現力にも繋がっています。ニュアンスを理解できるAIは、それを自然な言葉で表現することも可能です。この結果、AIが生成した文章は、人間が書いたものと見分けがつかないほどになりました。

さらに、AIは人間の持つ癖や偏りを持たず、多様なパターンでニュアンスを表現することができます。一方、人間は言葉遣いや表現スタイルに自身の特性や個性が出てしまうため、必ずしも全てのニュアンスを同等に表現することは難しいのです。

これらの点から、AIの進化は人間が理解できる範囲を超えつつあり、これが「翻訳の仕事がない」という現象を生んでいると言えます。


クラウドワーカーの存在:低単価での翻訳仕事の実情

私たちは現代のデジタル化された世界で、物理的な距離や境界を越えて仕事をすることができます。それは全世界の人々が同じ労働市場で競争し合うことを意味し、その一環として、翻訳の仕事を行う人々の中には、低単価で働くクラウドワーカーの存在があります。これがなぜ「仕事がない」状況を生むのか、ここで一緒に探ってみましょう。

クラウドワーカーとは、インターネットを通じて仕事を行う個々の労働者を指します。彼らは独立したフリーランサーとして、またはクラウドソーシングプラットフォームを通じて、仕事を探し、受け取り、納品します。特に、英語のような広く使われている言語を扱う翻訳者にとっては、クラウドワーキングは魅力的な選択肢となることが多いです。

しかしながら、ここには予想外の結果が生まれます。その一つが、「仕事がない」感覚の一因となる過剰供給です。過剰供給とは、供給(この場合は翻訳者の数)が需要(翻訳の仕事の数)を上回る状況を指します。全世界から集まるクラウドワーカーにより、需要と供給のバランスが崩れ、低単価での競争が生まれるのです。

例えば、オンラインのフリーランスマーケットプレースであるUpworkでは、英日翻訳の仕事に対する応募が一つの仕事につき平均50件以上となることも珍しくありません。これは大量の翻訳者が少数の仕事に対して競争していることを示しています。結果として、価格競争が激化し、翻訳料金が下落します。

こうした市場の状況は、一見、翻訳の「仕事がない」と感じさせる原因の一つとなります。


翻訳家への仕事の集中:レベルの高い翻訳家が独占する現状

現在の翻訳市場はまさに“サバイバル”と言える状況にあります。というのも、「仕事がない」と感じる翻訳者が増えつつある一方で、レベルの高い翻訳家たちは独占的に仕事を獲得し、市場を支配しているからです。では、なぜこうなってしまったのでしょうか?

その答えは、翻訳市場が、技術進歩と共に成熟しつつあり、より専門的な知識やスキルを求められるようになっているからです。要は、中途半端な能力では、もはや市場で生き残ることができないということなのです。

例えば、AIが十分に対応できない領域である、詩や小説の翻訳、特許や法律文書の翻訳などは、人間の翻訳者がまだまだ重要な役割を果たしています。しかし、これらの領域では独自の専門知識や洗練された感覚が求められます。つまり、レベルが高く、特定の分野に深い知識と経験を持つ翻訳家だけが、これらの仕事をこなすことができるのです。

その一方で、レベルの高い翻訳家たちは、AIツールを活用して仕事の効率を高めています。例えば、一般的な文書の大枠をAIに訳させ、その結果を人間が添削・校正するという形です。このようにAIを使って高速に仕事をこなすことで、彼らは更に多くの仕事を手に入れることが可能となり、結果的に翻訳の仕事が集中する現象を引き起こしています。

このように、翻訳業務はますますレベルの高いスキルと専門知識を求める市場となり、それに対応できる翻訳家だけが仕事を獲得できる状況が生まれています。この結果、「仕事がない」と感じる翻訳家が増えている一方で、レベルの高い翻訳家たちは更に仕事を獲得し、市場を支配する構図が今後も拡大していくでしょう。


フリーランス翻訳家の戦略:仕事を得るための努力

市場が競争的で、「仕事がない」と感じる状況下でも、フリーランスの翻訳家は何をすべきでしょうか?その答えは、実はとてもシンプルで、積極的に仕事を探すことです。そしてこの探し方は、決して一つの方法に固執するものではありません。それはどういうことか、一緒に探ってみましょう。

フリーランスの翻訳家が最初に取り組むべきは、クラウドワーキングプラットフォームの活用です。ランサーズやクラウドワークスでは国内のクライアント、UpworkやFreelancerなどのプラットフォームでは、世界中から集まったクライアントが様々な仕事を投稿しています。ここで積極的に仕事を探し、自分のスキルと経験をアピールすることが求められます。

しかし、仕事探しはクラウドワーキングプラットフォームだけに頼るものではありません。SNSを活用することも重要な手段の一つです。TwitterやLinkedInは、自分の存在をアピールし、クライアントとのネットワーキングを行うための有力なプラットフォームです。自分のスキルや知識を見せることにより、クライアントの信頼を得て仕事に繋げることが可能です。

さらに、リアルの営業活動も侮れません。地元の企業や団体に直接アプローチをかけてみたり、知人や友人の紹介を頼ったりすることで、新たな仕事のチャンスをつかむことが可能です。これは、他の多くのフリーランサーが実施していない活動であるため、独自の市場を開拓することが可能です。

つまり、翻訳家が「仕事がない」と感じるのは、仕事探しの方法が一方的であることが原因である可能性があります。待っているだけでは、なかなか仕事はやってきません。クラウドワーキングプラットフォーム、SNS、そしてリアルの営業活動を組み合わせることで、翻訳の仕事を獲得する確率を高めることが可能です。今日から積極的に仕事を探し、自分自身のマーケットを広げていきましょう。


能力不足:翻訳技術向上の重要性

市場が変化し、一部の翻訳家が「仕事がない」と感じている中、ここで重要なのは自身の能力、特に翻訳技術の向上です。なぜなら、今後の翻訳業界ではAIによる翻訳や低単価のクラウドワーキングが台頭し、その一方で高度な翻訳業務は一部の高い翻訳技術を持つ者たちが担うようになるからです。

AIが単純な翻訳業務を担当し、低単価で作業を行うクラウドワーカーが増えている中、本当に価値のある仕事は、高度な翻訳スキルを持つ者たちに集中していきます。具体的には、専門的な知識を必要とする業界や、豊かな表現力と理解力を必要とする文芸翻訳などがこれに該当します。

例えば、医学や法律、技術文書など専門的な領域の翻訳は、専門的な知識と翻訳技術を両立した翻訳家でなければ手がけられません。また、文芸翻訳では、原作者の意図を汲み取り、そのニュアンスを適切に表現する能力が求められます。これらの仕事はAIやクラウドワーカーには難しいため、これらのスキルを身につけることで、競争力を維持することができます。

つまり、「仕事がない」と感じている翻訳家は、今まさに自身のスキル向上に集中するべき時期にいます。単純な翻訳だけでなく、専門的な知識を身につけ、表現力を磨き、高度な翻訳能力を持つことで、変化する市場に対応し、自分自身の価値を高めていくことが重要です。そして、それが一人ひとりの翻訳家が「仕事がない」という現状を打破する一歩となるでしょう。


実績不足:翻訳仕事を得るための信頼構築

「仕事がない」という悩みを抱えている翻訳家の皆さん、それはもしかしたら実績不足によるものかもしれません。専門的な翻訳技術を身につけていても、それが実績として示されていなければ、あなたのスキルが正当に評価される機会は減少します。

それならば、どのように実績を作るのでしょうか。まずは小さな一歩から始めましょう。初めは簡単な業務でも、その経験と結果を積み重ねることが大切です。たとえば、フリーランスとして働く翻訳家の場合、短い文章や一部分の翻訳から始め、その結果をポートフォリオにまとめるといった方法があります。これにより、自身の能力を証明し、仕事を依頼するクライアントへの信頼を得ることが可能です。

翻訳エージェントの利用:未知の翻訳業務へのアクセス方法

「仕事がない」と感じている翻訳家の皆さん、その原因の一つに、翻訳エージェントの利用を見落としていることがあるかもしれません。現在、フリーランスの翻訳家が仕事を探す主な方法として、クラウドワークサイトが一般的ですが、実はその枠を超えた大量の翻訳業務が存在します。それらはどこにあるのかと言いますと、それが翻訳エージェントです。

翻訳エージェントとは、一言で言えば、翻訳家とクライアントを結びつける役割を果たす機関のことです。彼らは大手企業や専門的な翻訳を必要とするクライアントと直接連携しており、そのためには翻訳家の一覧を持っています。そして、クライアントのニーズに最適な翻訳家を選び出す役割を果たします。これがあなたが「仕事がない」と感じている原因の一つかもしれません。

具体的な例を挙げてみましょう。特殊な専門分野や大規模なプロジェクトを扱うような案件は、しばしばクラウドワークサイトではなく、翻訳エージェントを通じて依頼されます。例えば、医療分野の大量の研究論文翻訳や、大規模なIT企業のソフトウェアローカライゼーションなどです。こうした仕事は一般的にクラウドワークサイトでは見つけられませんが、エージェントに登録していればチャンスを掴むことが可能となります。

なお、エージェントに登録するためには一定の翻訳スキルが必要ですが、自信がある方は是非この機会に挑戦してみてください。これにより、「仕事がない」という現状が変わる可能性があります。それはまさに、新たな翻訳業務への未知のアクセス方法となるでしょう。

おわりに


これまでの記事を通じて、「翻訳家としての仕事がない」問題について深く掘り下げ、その原因と解決策を探る旅を共有しました。結局のところ、一人ひとりの翻訳家が直面する問題や状況は異なり、一概に解決策が存在するわけではありません。しかし、この記事があなたの問題解決のヒントになり、適切な行動をとるための判断材料になればと思います。

レベルの高い翻訳技術を身につけること、絶えず新しい仕事を探し続けること、そして自分自身の実績と信頼を築くこと、そして翻訳エージェントの利用という戦略について述べました。これらは、翻訳家としての活動を続け、より多くの仕事を獲得するための基礎となります。

最後に、すべての翻訳家が自分自身の価値を理解し、それを適切に評価し、自分自身のキャリアを形成することが重要だと強調したいと思います。そして忘れないでください、あなたのスキルと才能は貴重で、それは何も代えがたいものです。あなたが持つ独特な視点と経験は、あなたの翻訳作業を独特なものにし、必要とされているのです。

あなたの翻訳家としての道が、これからも充実したものであり続けますように。そして「翻訳家としての仕事がない」という状況が、適切な戦略と行動によって、過去のものとなることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X