ENGLISH WORK公式

翻訳家の仕事での大変なこと13選:孤独感や低賃金

  • 投稿日時:8か月前

現代のグローバルな社会では、異なる言語や文化をつなぐ重要な役割を果たすのが翻訳家という職業です。彼らは語学力だけでなく、文化的な違いを理解し、それを踏まえて正確に意味を伝える能力を持つ必要があります。そのため、翻訳家として働くことは、非常にやりがいのある仕事でありますが、同時に「翻訳家の大変なこと」も少なからず存在します。

この記事では、その「翻訳家の大変なこと」について詳しく掘り下げていきます。仕事の集中化、孤独感、経済的な困難、締切のプレッシャー、安定性の欠如、キャリア進展の困難など、さまざまな視点からこの問題を考察します。これらの課題は翻訳家だけでなく、フリーランスやクリエイティブな職業を目指すすべての人々にとって参考になるでしょう。

この記事を通じて、「翻訳家の大変なこと」をより深く理解し、それぞれの職業における課題と向き合うための一助になれば幸いです。


翻訳家の仕事での大変なこと13選

初期キャリアの困難性: 好きな翻訳ができない現実

翻訳家という職業は、文字通り世界をつなぐ重要な役割を担っています。しかし、この仕事にも「大変なこと」が存在します。特にキャリアの初期段階における困難性は、予想以上に大きいかもしれません。今回はその1つ、すなわち「好きな翻訳ができない現実」についてお話ししましょう。

初期キャリアの翻訳家にとって、何も実績がないことは大きな壁です。言葉遊びが好きで、海外の文化に興味を持ち、翻訳家になったとしても、あなたが好きなジャンル、例えば文学や映画の脚本などの翻訳を始めることは難しいのが現実です。なぜなら、クライアントはあなたがそれまでに何を訳したのか、どのような評価を受けてきたのかを確認したいからです。それが実績、つまりあなたの信用度に直結します。

だからこそ、初期の翻訳家はどんな仕事でも引き受ける必要があります。それはあなたが好きでない、または興味がない分野の翻訳であってもです。なぜなら、実績を作るため、またお金を稼ぐためには仕事は選んでられないからです。これこそが「大変なこと」の一つです。

具体的には、たとえば医療や法律といった専門的な分野があります。これらの分野は専門的な知識が必要であり、難易度も高いです。しかし、その一方で、それらの分野は翻訳ニーズが非常に高いため、初期の翻訳家が実績を積む良い機会となります。また、これらの分野は一般的に単価が高い傾向にありますので、収入面でも有利となります。

つまり、好きじゃないジャンルの翻訳をすることで、経済的な安定を得られる可能性が高まります。

しかし、あくまでこれは一時的な状態であるべきです。初期の段階を乗り越え、ある程度の実績と信用を築いたら、自分の好きな分野、得意な分野にシフトしていくことが大切です。それがあなたの長期的な翻訳家としてのキャリアに寄与するでしょう。そのためにも、最初の段階である程度の幅広い分野にチャレンジすることが重要となります。

こうした現実は一見厳しいように見えますが、それもまた成長の一部です。お気に入りのジャンルの翻訳を手に入れるための第一歩と捉え、積極的に挑戦することが大切です。初期キャリアの困難性を乗り越えたその先に、あなたが夢見る翻訳家の生活が待っていることでしょう。


健康問題: 座りっぱなしの仕事とその影響

現代の労働環境は、ますますデスクワークが増え、長時間の座り仕事が常態化しています。特に、翻訳家という職業は、その最たる例です。そして、ここに翻訳家の大変なことの一つ、健康問題が絡みます。

仕事と健康のバランスは、どの職業においても非常に重要です。しかし、翻訳家の場合、長時間座っての作業が必要なため、それが引き起こす健康問題が避けられない「大変なこと」です。AIの出現やクラウドワーカーの増加により、翻訳の価値が下落し、大量の仕事をこなすことが求められます。その結果、さらに長時間座り続けることが要求されるのです。

この座りっぱなしの作業が引き起こす可能性のある健康問題としては、肥満、糖尿病、心血管疾患、そして慢性的な腰痛が挙げられます。アメリカンハートアソシエーションによると、座りっぱなしのライフスタイルは心臓病のリスクを高め、体重増加、高血圧、高コレステロールなどを引き起こす可能性があります。

長時間座り続けることが、翻訳家の大変なことであると言えます。しかし、それは同時に翻訳家自身が工夫しなければならない課題でもあります。例えば、定期的に休憩を取る、適度な運動を行う、健康的な食事を心掛ける、といったことが重要になります。翻訳家としての仕事の効率と品質を維持する一方で、自身の健康も維持することは、キャリアを続けるためには必要不可欠な要素なのです。


永遠の挑戦: 常に努力を続ける必要性

翻訳家という職業は、まさに「永遠の挑戦」です。その中でも特に大変なことは、英語学習と翻訳技術の向上のための絶え間ない努力の必要性です。

学問の終わりはない、という言葉がありますが、それは特に言語学習において当てはまります。英語の語彙は約17万語から20万語と言われており、これら全てを理解し、適切に使いこなすことは、一生をかけても困難な挑戦でしょう。さらに、新たなスラングや表現が日々生まれるので、それらをキャッチアップするためにも、常に英語学習を続ける必要があります。

また、翻訳技術の向上も、翻訳家にとって大変なことの一つです。翻訳はただ単に文を別の言語に変換するだけではなく、その文の背後にある文化やニュアンスを理解し、それを別の言語で適切に表現する技術です。これは非常に複雑で微妙な技術であり、一朝一夕で身につけることができるものではありません。日々の訓練と経験を通じて、徐々に磨かれていきます。

「現状維持は退化を意味する」という言葉がビジネスの世界でよく使われますが、これは翻訳家にも適用されます。翻訳家が自己満足に浸っている間に、世界は変わり、言語は進化し、新たな翻訳技術が生まれていきます。これらの変化に適応しなければ、翻訳家は自然と取り残されてしまうのです。

翻訳家の大変なことの一つである、常に努力を続ける必要性は、同時にその職業の魅力でもあります。言語学習と技術向上の旅路は無限であり、その先にはいつも新たな発見と成長が待っています。


専門性の問題: 英語力だけでは不足

翻訳家の大変なことといえば、専門性の問題を挙げることは避けられません。一見すると、英語が得意であれば翻訳家になるのは容易いように思えますが、現実はそう簡単ではありません。なぜなら、自分の専門外の分野での翻訳は、英語力が高くても初級者レベルからスタートすることを意味するからです。

たとえば、ある翻訳家が英文学を専攻し、その分野では高度な知識と経験を持っていたとしましょう。しかしその翻訳家にとって初めての医学文書の翻訳案件が舞い込んだとします。この時、彼の英語力がいかに高くても、医学の専門知識がなければ適切な翻訳は難しいでしょう。

医学用語には専門的なものが多く、それらの語彙を理解しなければ文の意味がつかめません。例えば「神経筋接合部」という専門用語を見ても、一般的な英語力だけではその意味を理解するのは困難です。また、短い文でも、自分の専門外の分野では未知の語彙や表現が登場するため、その都度調査と学習が必要になります。

このような専門性の問題は、翻訳家が直面する大変なことの一つです。そして、それはただ単に「困難」なだけでなく、自己成長とスキルアップの機会でもあります。翻訳家は各案件で新たな知識を学び、自身の知識の幅を広げることができます。それは一種の挑戦であり、そしてその挑戦を乗り越えることで、翻訳家としての更なるスキルアップに繋がります。


AIとの戦い: 機械翻訳の脅威と競争

次なる翻訳家の大変なこととして、AIとの勝負を無視することはできません。人間の言語能力と人工知能が組み合わさった、例えばChatGPTのような技術の出現は、翻訳業界に新たな風を吹き込んでいます。これらのAIはとても人間らしい文章を生成し、数々の語学や知識を瞬時にアクセスして、理解し、応用することができます。

翻訳というのは、全体の内容を理解し、持っている知識を総動員して、最適な言葉を当てはめる作業です。人工知能はすでに本一冊の内容を理解でき、膨大な数学や物理、文学、芸術など、ありとあらゆる分野の知識を持っています。そして、それらの情報を瞬時にアクセスし、理解し、適用する能力を持っています。

この点で人間はAIに劣ってしまいます。人間は物忘れをしたり、個人の癖に影響を受けたりしますが、AIはそういった欠点がありません。必要な情報を瞬時に取り出し、適切な表現を選び出すことができます。

ここで具体例を挙げましょう。AIによる翻訳が人間の翻訳家を凌駕する例として、繰り返し発生する大量の文書の翻訳を考えてみてください。例えば、毎日更新されるニュース記事や大量のSNSの投稿、あるいは日々生み出される法的文書などです。これらは、AIが既存の大量のデータからパターンを学び、新たな文書に適用することで、短時間で高品質な翻訳を提供することが可能になります。

しかし、ここで忘れてはならないのは、AIはあくまで人間が作り出したものであるということです。それは最終的には人間の指示に従って動き、人間の価値観を反映した結果を生み出します。したがって、人間の翻訳家が完全に不要になるということはありません。特に、複雑な文化的背景や微妙な感情を正確に表現するためには、人間の翻訳家の役割は依然として重要です。

そうは言っても、AIの存在は翻訳家にとって大変なことであることは間違いありません。ただし、これを脅威と捉えるだけでなく、AIと共存し、互いに補完しあう形で翻訳業界を発展させていくことが重要です。


人間性の侵食: AIによるニュアンス理解の進化

人工知能がどんどん進化し、人間が持つ特異性を侵食している現代、翻訳家として直面する大変なことは少なくありません。それは人間が持つ特性、特にニュアンスを理解する能力がAIにも可能となってきたからです。

かつて、人間が行う翻訳の特性として文脈理解やニュアンスの掴みが挙げられてきました。これは人間の経験や感情、直感が重要な要素であり、これまではAIが持つことのできない要素でした。しかし、その壁も最近ではAIによって破られつつあります。ChatGPTのようなAI技術の出現によって、これまで人間だけが理解できるとされていたニュアンスまで、AIが理解できるようになってきたのです。

例えば、複数の文が連なった文章を読むとき、明確には記述されていなくても、文脈から隠れた意味を読み取ることができます。そして、それは人間だけの特性ではなくなりました。AIは各文の繋がりや全体の流れから、人間が気付くかもしれない微妙なニュアンスや意図を捉えることが可能です。また、原文の誤りも全体の文脈から誤りであると理解できます。

ここで具体例を挙げてみましょう。例えば、「彼はそのケーキを見て、微笑んだ」という文章があったとします。この文章だけでは、「彼」がケーキを好きであることか、嫌いであることかは明示されていません。しかし、この前に「彼は甘いものが大嫌いだった」という情報があれば、その微笑みは皮肉や辛辣さを含んでいることが読み取れます。これまではこのような細かいニュアンスを読み取ることは人間だけの領域でしたが、現在のAIはこれを理解し、表現することが可能になっています。

このような状況は、翻訳家にとって大変なことであり、新たな挑戦を求められています。


レベルの高い1割への仕事の集中

最先端のAI技術が翻訳業界に深く浸透していく中で、新たな現象が見られるようになりました。それは仕事の集中化です。具体的には、レベルの高い上位1割の翻訳家に仕事が集中するという大変なことが進行しています。

AIが様々な翻訳タスクを担当できるようになった今日、人間の翻訳家が必要とされるのは一部の領域だけになってきました。特に、心に響くような文章の創出や、繊細な編集作業などがその典型的な例です。これらの仕事は人間の感性や洞察力が問われるため、AIには難しいタスクです。しかし、これらの仕事は高度な専門知識や技術力を必要とするため、一部のレベルの高い翻訳家しかこなせないのが現状です。

具体的な例を挙げると、100件の翻訳依頼があったとします。そのうちAIがこなせるものが80件、人間の翻訳家が必要なものが20件とすると、その20件は高い技術力と知識を持つ翻訳家に集中します。これは高いレベルの翻訳家がAIを使って作業効率を上げることで可能となります。つまり、1割の高レベルな翻訳家が90%以上の仕事を総取りするという現象が起こりつつあります。

これは、翻訳家の大変なことであります。一方で、これはレベルの高い翻訳家にとってはチャンスでもあります。仕事が集中することで、翻訳家としてのスキルと経験をさらに深め、自己の価値を上げることができます。しかし、そのためには自己のスキルアップと、最新のAI技術への理解とその活用能力が不可欠です。


人と関わることが少ないフリーランス翻訳家の孤独

翻訳家の仕事における大変なことを考えるとき、思い浮かぶものに孤独感があります。翻訳家という職業は、特にフリーランスの場合、一人で黙々と仕事を進めることが多いのが実情です。

私たちは、仕事を通じて人と関わり、コミュニケーションを取ることで、さまざまな刺激や新鮮な情報を得ています。しかし、フリーランスの翻訳家にとっては、人と関わる機会が限られています。もちろん、クライアントやプロジェクトチームのメンバーとのやり取りはありますが、それは主にメールやチャット、電話など遠隔の手段を通じて行われます。フェイス・トゥ・フェイスでのコミュニケーション、そしてそれによって生じる人間関係の深まりという要素が少ないのです。

特に駆け出しの翻訳家は、安い報酬でも仕事を受ける必要があります。それは自分のスキルを証明し、クライアントを増やすための必須のステップです。しかし、その結果、作業時間が増え、自然と人と会う時間が削られてしまうことになります。具体的には、一日8時間の労働を予定していたところ、安い報酬の仕事を受けるためには、12時間、15時間と働くことも珍しくありません。その結果、交友関係が疎かになり、孤独感が増すのは避けられません。

このような孤独感は、精神的な健康にも影響を与える大変なことです。また、人間関係が少ないということは、新しい視点やアイデアを得る機会も減ることを意味します。それはクリエイティブな作業である翻訳において、新たな挑戦となるでしょう。

これらの問題を克服するには、意識的に人との関わりを持つ時間を作ることが必要です。


経済的困難: AIとクラウドワーカーによる報酬の低下

翻訳業界においても、経済的な大変なことが見逃せません。これは、翻訳家の報酬が年々低下しているという問題を指します。具体的には、クラウドワーカーやAIの登場により、翻訳作業の報酬が下落しているのです。

最近数年間で特に目立つ傾向として、クラウドワーキングがあります。クラウドワーカーとは、インターネットを通じて仕事を受け、自宅や自分の選んだ場所で仕事をする人々のことを指します。彼らは自由に働く時間を選べる反面、一般的には安い報酬で仕事を引き受ける傾向があります。翻訳業界でも同じことが起きており、その結果、翻訳作業の報酬が全体的に下がる大変なことに繋がっています。

そして、新たな影響として現れてきたのがAIの進化です。AIが翻訳作業を行う技術が飛躍的に進歩してきた結果、簡単な文章の翻訳であれば人間の翻訳家を必要としないケースが増えてきました。AIによる翻訳サービスは、24時間365日稼働し、一貫した品質を保つことが可能であり、さらに低コストで提供できるという利点があります。そのため、企業や個人が翻訳を必要とする場合、ますますAIを利用する傾向が強まっています。

この結果、翻訳家の仕事はより専門的で高度なものへとシフトしつつあります。また、それに伴って翻訳家が持つべきスキルも変化し、コミュニケーション能力やプロジェクト管理能力など、単なる翻訳だけではない幅広い能力が求められるようになってきています。


締切のプレッシャー: 不得意なジャンルと時間管理の難しさ

翻訳家の仕事における大変なことの一つに、締切のプレッシャーがあります。仕事を受けるたびに、完成させるまでの時間が設けられます。この時間管理が難しいと感じる翻訳家も多いでしょう。

具体的なシチュエーションとして、考えてみましょう。自分の得意とする分野とは異なるジャンルの翻訳を依頼された場合、進行速度が普段の半分にまで落ちると仮定します。例えば、経済記事の翻訳に慣れている翻訳家が、初めて医学論文の翻訳を依頼されたとします。普段なら3日で終えることができる仕事が、この場合だと6日かかってしまうかもしれません。このような状況では、締切に対するプレッシャーが増すばかりで、大変なことになります。

さらに、一度に多くの案件を抱えている場合、時間管理が更に難しくなります。例えば5つの翻訳案件が同時に入ってきた場合、それぞれが普段の2倍の時間を要するとなると、時間的なバランスをとるのが大変なことになります。それぞれの案件に対して均等に時間を割り当てるとしても、全ての案件が予定通りに進まなければ、徐々に状況が悪化していくでしょう。

このように、翻訳家にとって時間管理は非常に重要なスキルとなります。時間管理を上手に行うことで、締切のプレッシャーを軽減し、作業の効率も上がるでしょう。しかし、そのスキルを磨くまでが大変なことなのです。自分の能力やスピードを正確に把握し、それに基づいて仕事を計画することが求められます。これは、一朝一夕には得られるものではなく、日々の経験と反省から成り立つものです。


安定性の欠如: フリーランスの不安要素

フリーランスの翻訳家にとっての大変なことの一つは、仕事の安定性に対する不安です。常に仕事がある保証はなく、今ある案件を終えた後に新たな仕事が来る保証もありません。これはフリーランスという仕事形態が、自然と持つリスクであり、それが大変なことと感じられます。

例えば、ある翻訳家が過去3ヶ月間、毎週3つの案件を受けていたとします。しかし、次の月に入った途端、案件が1つも来なくなる事態が起こり得ます。これはフリーランスの仕事の現実であり、案件の流入が一定しないという事実が大変なこととなります。

また、フリーランスの翻訳家は、ただ翻訳作業を行うだけでなく、新たな案件を取りに行く営業活動も必要となります。これには、自身のスキルやサービスをアピールするためのマーケティング活動やネットワーキングが含まれます。新たな案件を取りに行くための努力は、仕事の一部であり、これを怠ると翻訳の仕事が来なくなる可能性があります。

仮に一ヶ月間に10時間の営業活動を行ったとしても、その結果がすぐに現れるわけではありません。こうした活動から新たな案件が生まれるまでには時間がかかり、その間にも生活費を稼ぐための仕事が必要となるでしょう。このような不安定さも、フリーランスの翻訳家にとっての大変なことと言えます。

しかし、このようなリスクを理解し、適切なリスク管理と準備を行えば、フリーランスとして成功することも十分可能です。フリーランスの自由度と、自身のスキルや能力を直接仕事に活かすことの達成感は、多くの翻訳家にとって大きな魅力となっています。


キャリア進展の困難: 管理業務への進行の難しさ

翻訳家という仕事は、豊かな文化や言語への洞察力、厳密な表現力を求められる職業でありますが、その反面、キャリア進展の難しさも大変なこととなります。具体的には、翻訳家として一定の経験を積んできたとしても、それが自動的に管理職や上位のポジションへのステップアップにつながるわけではありません。

例えば、ある翻訳家が5年間にわたり、英日翻訳の専門家として数々のプロジェクトを成功させてきたとしましょう。しかし、その成果にも関わらず、彼は自分のキャリアを管理業務に進展させる機会に恵まれないかもしれません。なぜなら、彼の経験とスキルは主に翻訳の分野に特化しており、管理職が求められるスキルとは必ずしも一致しないからです。

もちろん、これは翻訳家の仕事が劣っているわけではなく、その職業の性質上、一定の専門性が求められるためです。そして、その専門性は時にキャリア進展を困難にする大変なこととなります。

この点を前提に、自分自身のキャリアパスを考える際には、どのような方向性を望んでいるのか、また、どのようなスキルを磨きたいのかを深く考えることが重要です。将来的に人に指示を出す仕事に興味があるなら、自分で翻訳会社を立ち上げたり、異なる業界に転職することを考えるのも一つの選択肢でしょう。翻訳家として培ったスキルは、他の領域でも十分に活用することが可能ですから、自分のキャリアパスは自分自身で切り開くことができます。

おわりに


今回の記事を通じて、「翻訳家の大変なこと」について詳しく掘り下げ、その現実と課題について一緒に考える機会を持つことができました。翻訳家という職業は、言葉の壁を越え、異なる文化や視点を繋げるという重要な役割を果たしています。しかし、その一方で、仕事の集中化や孤独、経済的困難、締切のプレッシャー、安定性の欠如、キャリア進展の困難といった様々な課題も抱えています。

だからといって、これらの大変なことが翻訳家の仕事の全てではありません。実際、それらの課題を乗り越えた先には、新たな言語や文化への理解、人々の繋がりの形成、そして自身の成長という大きな喜びが待っています。この記事が、これから翻訳家という道を選ぼうとする方々、またはすでにその道を歩み始めている方々の一助となることを心から願っています。

そして、最後に一つだけ忘れてはならないことがあります。それは、どんなに大変なことがあっても、それを乗り越えていく力が私たち自身の中にあるということです。翻訳家の大変なことに直面しても、自分自身を信じて、一歩一歩前進し続けてください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X