ENGLISH WORK公式

翻訳家やめたい切実な11の理由

  • 投稿日時:8か月前

あなたがフリーランスの翻訳家として活動を始めたとき、仕事に対する情熱や新たな挑戦への興奮が胸を熱くしたことでしょう。しかし、時間が経つにつれて「翻訳家 辞めたい」と思う瞬間が増えてきたのではないでしょうか。

多くの翻訳家が楽しみながらも、時折この感情に襲われます。理由は様々で、厳しい締め切り、専門外の案件、孤独な仕事環境、フリーランスとしての不安定な収入などが考えられます。これらの課題は、どの翻訳家も避けて通れない道であり、これらを乗り越えることが、翻訳家として生き残るための条件となります。

本記事では、「翻訳家 辞めたい」と感じる瞬間が増えたあなたへ向けて、その感情の背後にある具体的な理由とそれに対処する方法を探っていきます。私たちの考察があなたの翻訳家としてのキャリアに役立つことを願っています。


翻訳家やめたい切実な11の理由

駆け出し翻訳家の収入が低すぎて辞めたい

現代の翻訳家がなぜ「辞めたい」と思うのか、その一因について考えていきましょう。

過去数年で私たちの働き方は大きく変わりました。特にフリーランスの方々はクラウドワーカーとして多くの場面で活躍されています。こうした流れは翻訳業界にも影響を及ぼしており、給料体系に大きな変動が生じています。

たとえば、これまでは1単語あたり20円といった単価で仕事を請け負っていた翻訳家も、今ではクラウドワーカーとして参入した多くの人々によって単価競争が生じ、1単語あたり15円、あるいはそれ以下にまで下がってしまうケースも珍しくありません。

このような状況の中で、「もっと良い待遇で働きたい」「もっと評価されるべきだ」と感じ、「辞めたい」と思う翻訳家が増えているのは当然の流れともいえるでしょう。

しかし、これからの翻訳業界の展望を考えるとき、私たちはもう一つ重要な要素を見逃してはなりません。それは、AI(人工知能)の進化です。

AIの進歩は著しく、特に言語処理技術は近年大きな飛躍を遂げています。AIは簡単な翻訳であれば人間に匹敵する、あるいはそれ以上のパフォーマンスを発揮することが可能となりました。例えば、OpenAIが開発したGPT系のAIは、一部のシンプルな文章を翻訳する際、人間の翻訳家とほぼ同等の精度を達成することが示されています。

これにより、「AIに仕事を奪われるのではないか」「収入がさらに減るのではないか」という不安が翻訳家の間に広がり、「辞めたい」という声が高まっています。

このような状況を踏まえると、今後の翻訳業界では、単に語学力があるだけではなく、専門知識を持つことが求められるようになるでしょう。そしてその過程で、業界内の格差が広がり、さらなる収入面での挑戦が翻訳家たちを待つこととなるでしょう。


好きな翻訳ができないから辞めたい

これまで考えてきた収入面での問題に加え、仕事の選択権についても触れていきたいと思います。特にキャリア初期の翻訳家にとって、仕事選びは一筋縄ではいきません。好きな翻訳ができるわけではなく、これが「辞めたい」という思いを強くする一因となるのです。

一般的に、翻訳業界においては仕事を選ぶためにはそれなりの実績と信頼が必要とされます。具体的には、あるジャンルの翻訳において一定数以上の実績があること、品質が一定レベルを保てること、納期を守ることなどが求められます。しかし、新たにキャリアをスタートさせたばかりの翻訳家がこれらの条件を満たすのは困難です。

たとえば、ある翻訳家が文学翻訳を得意としていて、それが彼の夢だったとしましょう。しかし、彼がまだ実績を持っていない初期段階では、依頼者からは一般的なビジネス文書やテクニカルなマニュアルの翻訳が回ってくることが多いです。こうした状況になると、彼は自己実現を追求するよりもまずは生計を立てるために、得意でない、好きではないジャンルの翻訳を引き受けざるを得ない状況になります。このような経験から「辞めたい」と思う翻訳家も少なくありません。

また、初期の翻訳家が仕事を選べない理由の一つに、市場のニーズも考慮しなければならない点が挙げられます。日本の翻訳市場の需要の多くがビジネスやIT関連の翻訳であり、一方で文学翻訳の需要はそこまで多くはありません。つまり、市場のニーズと自己実現との間でバランスをとることが求められ、これに悩む翻訳家が「辞めたい」と考えることもあるのです。


AIに勝てないから辞めたい

それでは次に、AIとの競争について考えていきましょう。これがまた、翻訳家が「辞めたい」と考える理由となる重要な要素です。特に、ChatGPTのようなAIが生成する人間らしい文章と比較すると、その差は歴然としています。

まず、翻訳とはどのような作業か考えてみましょう。翻訳は、内容全体を理解した上で、あなたが持っている知識を総動員して、最適な言葉を当てはめていく作業です。その意味では、翻訳は文化や社会、学問など、人間が持つ膨大な知識と経験を活用するタスクなのです。

しかしここにAIが登場します。例えば、ChatGPTはすでに膨大な内容を理解できる知能を持ち、数学や物理、文学、芸術など、人間よりも膨大な知識を持つことが可能です。AIは情報量において、英語力や日本語力において、人間を凌駕する能力を有しています。また、人間のように物忘れをすることなく、癖に頼ることなく、常に最適な情報を条件に応じて選び出す能力を持っています。

これにより、「辞めたい」と思う翻訳家が増えています。なぜなら、AIとの競争は厳しいものとなっており、それは専門家レベルの翻訳家にとってさえもそうです。とりわけ、レベルが低い翻訳家にとっては、AIにはすでに勝てないという現実があります。

具体例を挙げましょう。2023年の時点でChatGPTは一般的なニュース記事の翻訳において、人間のプロ翻訳家と同等の品質を達成しています。この結果は、人間の翻訳家がAIと対等に戦うのが難しいことを示しています。

しかし、これは全ての翻訳家がAIにとって変わられるという意味ではありません。高度な文学作品の翻訳や、専門的な知識を必要とする翻訳など、AIがまだ対応できない領域は存在します。そして、これらの領域で優れた翻訳家が活躍する場はまだまだ広がっています。

しかし、その一方で、AIの進化は止まらないのです。AIの学習能力や理解力は日進月歩で向上しており、いつか人間の領域を侵食するかもしれません。それが現実となれば、翻訳家として生き残るためには、AIがまだ手を出せない領域を探し、そこで価値を提供することが求められます。


もはや人間より人間らしいChatGPTに勝てっこない

最近のAIの進歩は目覚ましく、特に人間らしさを模倣する能力においては、その進化が顕著に現れています。AIが人間にしかできないと思っていた部分を侵食し始めており、それが翻訳家が「辞めたい」と考える理由の一つとなっています。

かつては、AIは文脈を理解できず、細かいニュアンスを捉えられないと一般的に考えられていました。しかし、ChatGPTのような高度なAIが出現し、この状況は大きく変わりました。今では、AIは文脈を理解し、それに基づいて隠れた意味を読み取ることが可能です。また、原文の誤りも全体の文脈から見つけ出し、適切な修正を行います。このような力は、かつては人間だけが持っていたと思われていた能力です。

それどころか、AIは細かいニュアンスまで理解し、それを表現することができます。例えば、人間が感情的になったときや、特定の文化的背景を持つ場合など、人間特有の表現方法を理解し、それを模倣することができます。これは、AIが人間の感情や経験を直接理解するわけではなく、大量のテキストデータから人間がどのように言葉を使うかを学習することで達成しています。

具体的な例を見てみましょう。ある研究によると、AIはダブルミーニングやイディオムなど、人間の会話における微妙なニュアンスも高い精度で理解できることが明らかになりました。また、人間の詩や小説を翻訳する際には、その作品の感情的なトーンや風格を保持することができます。

しかし、これが翻訳家が「辞めたい」と感じる要因になっています。なぜなら、人間が持つ独特の表現力や感情的な理解力がAIに取って代わられつつあるからです。特に、人間が癖や感情に基づいて無意識に選ぶ言葉のニュアンスは、AIが学習することで模倣できるようになりました。

しかし、これは人間が無力化しているわけではなく、新たなスキルや視点が求められていることを示しています。AIが持つ能力を理解し、それを最大限に活用しながら、人間が持つ感情や創造力を活かすことで、これからの翻訳家が新たな価値を生み出す道はまだまだ広がっています。


健康問題:座りっぱなしの翻訳職

翻訳家という仕事は、想像以上に肉体的な健康に影響を及ぼす可能性があります。それが、翻訳家が「辞めたい」と考える理由の一つでもあります。ここではその理由を掘り下げてみましょう。

翻訳業界はAIや大量のクラウドワーカーの出現により、その価値がどんどん下がっています。その結果、翻訳家として生計を立てるためには、いかに大量の仕事をこなせるかが重要になっています。それはつまり、長時間の座り仕事が必須となるということです。

座り仕事がもたらす健康上の問題は多く、それが翻訳家が「辞めたい」と思う大きな要因となっています。長時間座ることは、生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、肩こりや腰痛、そして深刻な場合には慢性的な疾患を引き起こす可能性があります。

さらに、長時間座るという行為は、脳への血流を低下させ、集中力を落とす可能性があります。これは翻訳家にとっては致命的で、質の高い翻訳を提供するための思考力や創造性を阻害します。

以上のように、座りっぱなしの仕事である翻訳家は、体力的にも精神的にも厳しいと言えます。そのため、この職業で長く働き続けるためには、自己管理の能力や適度な運動習慣を持つことが求められます。


英語学習の終わりなき挑戦

翻訳家にとって英語学習は、まさに終わりのない旅です。この終わりなき挑戦が、翻訳家が「辞めたい」と思う理由の一つとなっています。

翻訳家の仕事は、ただ単に言葉を変換するだけではなく、その背後にある文化や感情、ニュアンスをも捉え、理解することを要求されます。それには、深い英語力だけでなく、広範で専門的な知識が求められます。英語の勉強はもちろん、各分野の専門知識を継続的に追求することは、非常に大変な作業です。そこに「辞めたい」と感じる疲労や挫折が生まれてくるのも無理はありません。

たとえば、ある文書がIT分野について述べている場合、その文書を適切に翻訳するためには、英語だけでなく、ITに関連する知識も必要となります。新しい技術や用語が日々生まれるこの分野では、一度学んだとしても更新し続ける必要があります。

また、英語自体も絶えず進化しています。新たなスラングが生まれ、新しい表現方法が広まるため、翻訳家は常に新しい知識を追求しなければなりません。終わりのない学習は、翻訳家が「辞めたい」と感じる大きな要因となります。

ビジネスの世界でよく言われるように「現状維持は退化を意味する」という言葉、それは翻訳家の世界でも同じです。翻訳家は一日たりとも同じ場所に留まることができません。進化し続ける英語と社会のニーズに対応していくため、自身も成長し続けることが求められます。

しかし、この絶え間ない学習が翻訳家にとっては負担である一方で、それがこの仕事の醍醐味でもあります。新しい知識を学ぶことで、自分自身の視野が広がり、新しい発見がある。それは翻訳家のみならず、一人の学習者としての喜びでもあります。翻訳家としての道は厳しく、時に「辞めたい」と思うこともあるでしょうが、その先に待つ達成感と新たな発見を楽しみに、私たちは学び続ける旅を続けます。


専門外翻訳の困難:言葉の壁と初級者からのスタート

翻訳家の仕事は多岐に渡ります。科学技術からビジネス、文化や芸術まで、さまざまな分野の文書が翻訳の対象となります。この広範囲な課題が翻訳家を「辞めたい」と思わせる要因の一つです。とくに専門外の分野の翻訳になると、その困難さは一層増します。

たとえば、あなたが英語に堪能であったとしても、医学分野の論文を翻訳する際には、専門的な知識が必要となります。複雑な専門用語やその分野固有の表現法、また、その背後にある科学的な理論や論理を理解しなければなりません。これらの知識がなければ、正確な翻訳を行うことはできません。これはまさに、初級者としてスタートし直すような状況です。

短い文章でも、専門外の分野では、未知の語彙や表現に直面し、解読すること自体が困難となることがあります。例えば、「非規則的な組織化パターンを持つ細胞のクラスタ」というような生物学的な表現が出てきたとき、これを理解し、適切な日本語に訳すには相応の専門知識が必要です。

そして、そういった専門語をただ辞書で調べるだけでは足りません。その言葉が示す専門分野の全体像を理解しなければ、真の意味をとらえ、適切な翻訳を生み出すことはできません。これが専門外の翻訳が難しい理由であり、それが翻訳家を「辞めたい」と感じさせる一因となるのです。

しかし、一方でこの難しさこそが翻訳のやりがいでもあります。未知の分野に挑戦することで、自身の知識を広げ、新たな視野を開くことができます。


上位1%の翻訳家への仕事の集中で、仕事がなくなる

これまでの翻訳業界の風景が変わりつつあります。翻訳家が仕事を「辞めたい」と感じる理由として、仕事の量や品質に大きな変動があることを指摘せざるを得ません。具体的には、仕事の大部分が上位1%の翻訳家に集中してしまうという現象が起こりつつあります。

AIの進化により、単純な文章の翻訳はAIが十分にこなせるようになりました。これにより、平均的なスキルを持つ翻訳家がこれまで担ってきた翻訳業務の一部がAIに置き換わってしまったのです。しかし、それでもまだAIには及ばない部分があります。それは心を揺さぶるような文章を書くことや、文脈を深く理解して適切に翻訳する能力です。こうした高度な翻訳業務は、一部の高度なスキルを持つ翻訳家が担当することとなります。

さらに、高度な翻訳業務を担当する翻訳家は、AIを自身のツールとして巧みに使いこなし、生産性を向上させることが可能です。その結果、一部の優秀な翻訳家が大量の高度な翻訳業務を独占する傾向が生まれています。そして、この状況が一部の翻訳家を「辞めたい」と感じさせています。

この問題の解決策は一概には言えませんが、一つの考え方として、翻訳家自身がAIを積極的に活用し、自身のスキルや知識を継続的に向上させることが求められます。また、専門分野を持つことで、その分野の翻訳においては自分だけが持つ付加価値を提供できるという道もあります。


孤独感:フリーランス翻訳家の現実

翻訳業界は、一見すると充実したフリーランスライフを約束しているかのように思えますが、そこには思わぬ罠が待ち受けています。それが、翻訳家という職業にまつわる孤独感です。翻訳家が仕事を「辞めたい」と感じる理由の一つに、この孤独感が大きく影響しています。

フリーランスの翻訳家は自分のペースで働くことができる反面、同僚や上司、部下との人間関係がほとんど存在しないため、孤立感が増してしまいます。また、一人で仕事をこなすことが多いため、仕事の悩みやストレスを共有する相手がいないという点も大きな課題となっています。

さらに、新人翻訳家は安い報酬の仕事を引き受けることが多く、作業時間が増えてしまうことで人との交流の時間が減ってしまいます。例えば、初めてのプロジェクトに挑戦するとき、安い報酬だけど経験を積むために引き受けることが多いです。その結果、長時間の作業が続き、外出する時間や友人と会う時間が奪われ、さらに孤独感を深める原因となります。「辞めたい」と思う瞬間は、そんな日々の中に多く存在します。

だからと言って、この孤独感が翻訳家の仕事全体を覆すものではありません。孤独感に打ち勝つための対策はいくつか存在します。ネットワーキングの場を増やす、在宅勤務を一部オフィスワークに変える、時間管理を改善するなどの工夫が求められます。


プレッシャーと不安:締め切りと仕事量

翻訳家としての仕事は、自由な時間を手に入れる反面、自身でスケジュールをコントロールしなければならないプレッシャーも持ち合わせています。このプレッシャーは、翻訳家が仕事を「辞めたい」と感じる一因になることでしょう。

私たちの仕事の一つに、締切日があります。プロジェクトは締切日を持つため、その日までに翻訳を完了させなければならないというプレッシャーが翻訳家には常にあります。これは自分の能力を最大限に引き出すための良いモチベーションになる反面、仕事が難航した時や不得意なジャンルの翻訳が発生した時には、このプレッシャーが逆にストレスとなります。

例えば、医学や法律といった専門的な知識を要する分野の翻訳を依頼された時、それが自分の専門外だと、どうしても作業が進まない時があります。ここで締切のプレッシャーが追い打ちをかけると、「辞めたい」という気持ちが湧き上がることもあります。

さらに、たくさんの案件を抱えていると、そのプレッシャーは一層大きくなります。一つの仕事が遅れると、それが連鎖的に他の仕事に影響を及ぼし、時間が経つほど状況が悪化してしまいます。これらのプレッシャーが一気に押し寄せてくると、「辞めたい」という思いが頭をよぎるかもしれません。

しかし、この厳しい状況も翻訳家としての成長の一部であり、自分自身を成熟させ、仕事の質を高める一方で、適切なスケジュール管理や仕事の受け入れ方を再考する契機にもなります。これらの経験を乗り越えることで、初めて翻訳家としての強靭さが身につくのです。


不安定なフリーランスライフ:仕事が来なくなる恐怖

フリーランスとしての翻訳家生活は、楽しみと冒険がいっぱいですが、一方でそれは不安定さを伴うものでもあります。その一つが、仕事が突然来なくなるという恐怖です。この不安定さは、翻訳家が「辞めたい」と感じる理由の一つとなることでしょう。

仕事が来なくなるという状況は、フリーランスにとっては悪夢です。安定した収入がないと、生活を維持することが困難になります。フリーランス翻訳家としての生活は、仕事を探す能力も求められるため、仕事が来ない時期は、「辞めたい」と思うこともあるでしょう。

具体的には、一定のクライアントからの定期的な仕事を失うことや、新規の仕事が予想外に少ない月が続くことなどがあります。例えば、特定の業界が景気後退を経験した場合、それは翻訳家にも影響を与え、仕事が急速に減少する可能性があります。

そのような状況では、案件を取りに行く努力が必要になります。しかし、自分で仕事を見つけ出すスキルやネットワークを持っていない場合、その努力も空回りしてしまう可能性があります。こうした状況が続くと、「辞めたい」と思う気持ちが強まるかもしれません。

ですが、こうした困難な状況こそが、新たなスキルを磨くチャンスでもあります。市場を調査し、新たなニーズを見つけ出し、自己のスキルをブラッシュアップすることで、新しい市場に進出する可能性も開けるのです。これらの経験が翻訳家としてのキャリアを豊かにし、一層強いプロフェッショナルへと成長させる原動力となります。

おわりに


「翻訳家 辞めたい」と感じることは、多くの翻訳家が直面する現実です。私たちがこの記事で説明したように、そんな思いに駆られるのには、さまざまな原因が存在します。

でもそれは、翻訳家という仕事が素晴らしい職業であることを否定するものではありません。それはむしろ、その職業がどれほど深く、そしてどれほど重要であるかを証明するものです。私たちは、文章をただ単に他の言語に置き換えるだけではなく、文化、思考、感情を繋ぎ、世界を近づける役割を果たしています。

「翻訳家 辞めたい」と思う瞬間があることは、全く自然なことです。しかし、それが最後の結論であるとは限りません。自分自身を見つめ直し、自分に何が必要なのか、何が原因でそのように感じているのかを理解することが大切です。

最後に、どんなに困難に直面しても、自分の価値を見失わないことが大切です。あなたがこれまで築き上げてきたスキルと経験は、何ものにも代えがたい価値があります。そしてそれは、あなたがもはや「翻訳家 辞めたい」とは思わない未来を作る鍵となるでしょう。これからもあなたの翻訳家としての旅が、新たな可能性と成長に満ちたものであり続けることを心から願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X