ENGLISH WORK公式

ワーホリ中の一時帰国がアリな7の理由:家族との時間

  • 投稿日時:8か月前

はじめまして、皆さん。このブログを読んでくださっている方々が、全員が全員、一緒に海外で働きながら、異文化に触れ、新たな経験を積んでいるワーキングホリデー(ワーホリ)を楽しんでいると思います。そんな皆さんに向けて、今回はちょっと趣向を変えて「ワーホリ中の一時帰国」について語りたいと思います。

一時帰国?ワーホリ中に?と思う方も多いかもしれませんね。ワーホリの目的は海外で働きながら新たな経験をすること。それを中断して一時帰国することに価値があるのか、疑問に思うかもしれません。

しかし、それは一概に否定できるものではないんです。一時帰国には、あなたが思っている以上にメリットがあるんですよ。ワーホリ情報のシェア、英語力の維持や向上、費用面の懸念、保険問題、病院訪問、成人式、長期休暇…色々とありますが、一時帰国があなたのワーホリ生活を豊かにするヒントがここには詰まっています。

この記事を読み終えたら、ワーホリと一時帰国の新たな視点を得られるはずです。それでは、一緒にこの旅を始めてみましょう。


ワーホリ中でも一時帰国すべき7の理由

家族に顔を見せる重要性

皆さん、ワーホリを楽しんでいますか?違う国、違う文化を体験し、たくさんの刺激を受けていることでしょう。しかしながら、私が今日皆さんに伝えたいのは、ワーホリ中でも一時帰国して家族に顔を見せることの重要性です。これは単なる我がままやホームシックによるものではなく、家族の想いを考えた結果です。

何年も続くワーホリの中、一時帰国を考えること自体が勇気がいるかもしれません。その間に多くのことが進行し、リズムを崩したくないという気持ちもあるでしょう。しかし、家族というのは、あなたがいなくても時間は止まらず、彼らも日々、歳を重ねています。親はいつ亡くなるか、そしてあなたが次に彼らと対面できるかは、誰にも分からないのです。辛い言葉ですが、これが現実です。この事実を踏まえて、ワーホリ中の一時帰国が重要となるわけです。

また、家族にとっても、あなたが元気であることを確認するために、たまには顔を見せてあげることは大切なのです。あなたが海外で安心して生活している姿を目の当たりにすることで、家族もまた心から安堵感を得ることができます。そのためにも、一時帰国を積極的に検討し、計画に組み込むことをおすすめします。

皆さん、ワーホリという経験は貴重ですが、家族との時間もまた、決して取り戻すことのできない大切な時間です。ワーホリがどれほど魅力的で、一時帰国がどれほど面倒くさいと感じても、家族と会う機会を逃してはなりません。親はいつ亡くなるかわからないのですから。会えるうちに、しっかりと顔を見せてあげてください。そして、あなた自身も家族の愛情をしっかりと受け取ってください。それが、最も人間らしい、そして最も大切な時間の過ごし方ではないでしょうか?


ワーホリ生活への新鮮な視点の再確認

ワーホリの期間は、新しい環境や文化に身を置く素晴らしい機会です。ですが、長期間にわたるワーホリの生活は、時には新鮮さを失ってしまい、単調でつまらなく感じてしまうこともあります。ましてや、言語習得という重要な目標に対するモチベーションまで薄れてしまうことも。こうなったら、そろそろ一時帰国を検討してみてはいかがでしょうか?

一時帰国が意味を持つのは、なんといっても気分転換のためです。思い出してみてください、初めてワーホリの地を踏み出した時のあの興奮や期待。新鮮な風景、食べ物、人々…しかし、それが長期ワーホリの日々の中で、ただの日常に変わってしまったら、それはある種の悲劇とも言えます。新鮮な視点を失うと、あなた自身のワーホリの経験も、同じように色褪せてしまうのです。

だからこそ、日本に一時帰国することで、再びその新鮮な視点を取り戻すことができます。一時帰国を経験することで、ワーホリという大きなチャンスを再認識することができるのです。日本の日常に戻ってみて、改めて海外の生活の価値や、新たな環境での学びを感じるでしょう。

だから、あなたがワーホリの生活に退屈を感じ始めたら、一時帰国を真剣に考えてみてください。それがあなたのワーホリの経験をリフレッシュし、再度新鮮な視点を得るための大切なステップとなります。ワーホリ生活の中で一度立ち止まり、一時帰国を経て新たな視点を得ることで、あなたのワーホリの日々は更に充実したものとなるでしょう。


英語力向上へのモチベーション獲得

ワーホリの醍醐味の一つは、言葉の壁を乗り越えて新しい文化に触れることですよね。でも、英語力が伸び悩んでいると感じることもあるでしょう。そんな時に一つの解決策となるのが、一時帰国です。

ワーホリ開始前に一時帰国をスケジュールに組み込んでおくと、そこに向けて「ある程度英語を話せるようになっておかなきゃ」と自分にプレッシャーをかけることができます。それが自分のモチベーションを刺激し、英語学習へのエネルギーに変えてくれるのです。

それに、一時帰国して自分の英語力を家族や友人に見せることは、一種の公約みたいなものです。もし、帰国時に「英語を話してみてよ」と言われて、自分が期待通りに話せなかったら、それは自分自身へのショックとなるでしょう。でも、その経験が再びワーホリの地に戻った時の強力な動機につながるんです。

つまり、一時帰国はワーホリの英語学習に新たな焦点とエネルギーを与える重要なツールなのです。自分の進歩を自分自身、そして他の人々と共有することで、あなたのモチベーションは新たな高みに達するでしょう。だからこそ、ワーホリ生活の中で一時帰国を計画し、それを英語力向上への強力な動機付けとすることを強く推奨します。


短期バイトによる資金稼ぎの機会

ワーホリの旅は確かに楽しいものですが、想像以上にコストがかかる場合もあるのです。だからこそ、一時帰国の魅力について考えてみてください。

ワーホリを始めると、新しい経験や冒険、楽しみに溢れているでしょう。しかし、そんな楽しみに夢中になっていると、ついついお金を使い過ぎてしまうこともあるんです。さらには、ワーホリ先で働くことを計画していても、英語力が伸び悩んだり、予想外の理由で仕事が見つからなかったりすることもあります。

その時に一つの解決策となるのが、一時帰国です。一時帰国を利用すれば、日本で短期間のバイトをして再度のワーホリ資金を稼ぐチャンスがあります。これは一見ネガティブな状況をポジティブな機会に変える素晴らしい方法です。

一時帰国で働くことで得られる収入は、あなたのワーホリ生活をさらに充実させ、より多くの体験を可能にします。こういった意味で、一時帰国はワーホリの中で非常に重要な要素となりえるのです。

だから、ワーホリの間に一時帰国を計画することを強くおすすめします。それは新たな体験への道を開くだけでなく、ワーホリ生活の資金面を支える有効な手段となるでしょう。ワーホリ生活の成功に向けて、一時帰国は無視できない要素ですよ。


ワーホリ情報の友人へのシェア

ワーホリの旅を一人で楽しむのも良いですが、その情報を他人とシェアすることで、旅の価値がさらに増すことは間違いありません。

ワーホリで海外に出ると、毎日が新鮮で驚きに満ちています。異文化体験や言語の壁、生活スタイルの違いなど、直面する課題は確かに困難な時もあります。しかし、その難関を乗り越えた時、自分自身の成長を実感できますよね。

そんな経験や知識、感じた衝撃を、一時帰国の機会に友人とシェアするのはいかがでしょうか。あなたの話を聞いて、友人たちも自分もワーホリを経験してみたいと思うかもしれません。あなたが海外での経験を通して得た情報や感動を共有することで、その価値は更に高まることでしょう。

また、自分が海外で得た経験を他人とシェアすることは、自己理解を深める絶好の機会でもあります。自分の思考を言葉にすることで、ワーホリで得た経験が自分にどのような影響を及ぼしたかを再確認することができます。

したがって、ワーホリ中に一時帰国を計画し、自分の経験を友人にシェアすることは、ワーホリ生活をより深く、より豊かなものにする手段の一つです。自分だけでなく、友人たちにも新たな視野を開くきっかけを提供することができるでしょう。

ワーホリ中でも一時帰国が問題ない理由


一時帰国しても英語力は下がらない

ワーホリ期間中、一時帰国を考える人の中には、「英語力が下がるんじゃないか?」と心配する人がいるかもしれません。しかしその心配、大丈夫ですよ、もうちょっと信じてみましょう。

数週間の一時帰国が、あなたがワーホリで培った英語力を一気に奪うなんてこと、まずないのです。なぜなら、人間の記憶力は忘れることで逆に強化される仕組みを持っているからです。一度覚えたことを忘れて再度覚え直すことで、その知識はより深く記憶に定着するとされています。

一時帰国中にも英語学習を続けることができます。英単語のリストを作ったり、英文法の問題集を解いたりと、インプット系の学習を進めていくと良いでしょう。そしてワーホリ先に戻った時に、それをアウトプットすることで、学習した知識をしっかりと定着させることが可能になります。

つまり、一時帰国中に英語の勉強をサボらなければ、英語力は下がらないどころか、むしろアップする可能性があるのです。ワーホリという大冒険を踏み出したあなたには、英語学習を継続し、それを活用する力がきっとあります。その力を信じて、一時帰国の機会をうまく活用してください。


一時帰国のお金の心配はいらない

ワーホリでの一時帰国には、確かに費用がかかります。しかし、その心配が足かせになってしまうのはもったいないですよ。大切なのは、その費用をどうやって捻出するか、その解決策を見つけることです。

あなたがワーホリ中に一時帰国を考える理由は何でもいいのです。しかしその理由が費用だけであるなら、もっと広い視点で見てみてください。帰国するための航空券代が重荷に感じられるかもしれませんが、思ったほどそれは大きな出費ではありません。賢く安い航空券を探せば、たとえあなたが地球の反対側にいたとしても、10万円程度で日本に戻ることができるでしょう。

そしてここで一つのアイデアです。一時帰国中に短期バイトをするのです。そうすれば、帰国の費用を取り戻すことができるでしょう。航空券代が少し高くても、それを日本でバイトをして稼げば、またすぐにワーホリの世界へ戻ることができます。

ワーホリからの一時帰国、その費用面での懸念を乗り越える方法はいくつかあります。大切なのはその一歩を踏み出す勇気です。ワーホリ生活、それは新たな視野を開く大冒険です。その冒険に費用面での小さな壁が立ちはだかったとしても、それを乗り越えることで、さらに広い世界があなたを待っていることを忘れないでください。


保険の心配もいらない

ワーホリや一時帰国について誤解が生じやすい部分の一つが、実は保険なんですよ。特に、ワーホリから一時帰国すると保険が無効になる、なんていう誤解を持っている人がいるかもしれません。

でも、安心してください。そんなことはありません。ワーホリから一時帰国中も、あなたはきちんと保険の対象であり続けます。というのも、実は海外旅行保険には一時帰国中補償特約というものがあるんです。これは、一時帰国中にケガや病気になって病院を利用した場合、帰国した日から約1か月もしくは約3か月に限り、その医療費を保険で補償してくれるというものです。

これを知っていれば、ワーホリから一時帰国する際の保険についての心配が減ることでしょう。また、自身の健康を保つためにも、帰国中に必要な検診や治療を受けることができます。

ですから、ワーホリから一時帰国を考える際には、保険が無効になるという誤解を持たないでください。あなたの健康は、あなたのワーホリ体験と一時帰国の旅の最中でも、しっかりと保護されているのですから。


ビザの心配もいらない

ワーホリビザは一時帰国しても切れる心配はないので、帰りたいのであれば2回でも3回でも一時帰国しても問題ありません。

ワーホリ中に一時帰国すべきタイミング


病院訪問の必要性があるとき

実はワーホリをしていると、ときには、体調が優れないときや、持病の再診が必要なときなど、病院を訪れる必要が生じることがあるんです。その時に最適な解決策が何か、それが一時帰国だと思うんです。

それに、海外の医療費用はかなり高額なことが多いんですよ。さらに、治療を受けるための手続きも複雑で、その上で外国語でのコミュニケーションにも頭を悩ませることになります。ここで、一時帰国を考えると、様々な問題がスムーズに解決します。

もちろん、ワーホリから一時帰国するという決断は簡単ではないかもしれません。でも、ここで重要なのは、あなたの健康です。自分の身体を誰よりも大切に扱うこと、それが一番です。そんなとき、日本の医療機関に頼るという選択肢は、安心感や信頼感をもたらします。

ですから、もしワーホリ中に何か体調不良を感じ、病院に行く必要があると感じたら、一時帰国を考えてみてください。それはあなたの健康を守り、ワーホリをより楽しむための一歩となるでしょう。


成人式の期間

「成人式の期間」、これもまた、ワーホリから一時帰国する絶好のタイミングなんです。聞いてください、僕たちが成人式に参加するのは一生に一度だけ。これは、一見すると、面倒くさそうなイベントに感じるかもしれませんよね。でも、ここで一つアドバイスをさせてください。

成人式は、昔の友達と再会できる機会でもあります。高校時代のクラスメイトと久しぶりに顔を合わせる。彼らがどんな道を選んで、どんな経験をしているかを知る。それ自体が、とても貴重な経験となるでしょう。

それに、こうした再会は、ワーホリ先に戻った時のモチベーションにもつながります。何故なら、彼らとの会話から新たな視点や発想を得られるからです。それは、ワーホリという大きな経験をさらに豊かにする可能性を秘めています。

だからこそ、成人式は一時帰国する理由として大いに考えられると思います。なんといっても、一生に一度の大切な時間ですから。これを逃すと、もう二度と戻ってくることはありません。あなたがワーホリを続けるためにも、一時帰国を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。


夏休みや正月などの長期休暇期間

どうせワーホリで海外にいるなら、現地での経験を最大限に生かして、常に新たなチャレンジを…と思うかもしれませんね。だけど、ここで一つ考えてみてください。本当にそれがベストな選択でしょうか?

長期休暇期間、これは実はワーホリから一時帰国するのに最高のタイミングなんです。何故なら、その時期には現地で出会った友達も帰国したり、実家に帰っていたりするから。その結果、一人取り残されてしまうなんてこともあるかもしれません。

それに、長期休暇期間は親戚との交流の機会も多いです。運が良ければ、若いあなたはお年玉やお小遣いをもらえるかもしれません。これがワーホリの資金になり、その後の活動を支える一助となるでしょう。

つまり、一時帰国は悪くない選択肢なんです。むしろ、一見するとネガティブに感じるかもしれないこの一時帰国が、あなたのワーホリ生活をさらに充実させる可能性を秘めています。それを是非、お忘れなく。

おわりに


さて、これまで様々な角度からワーキングホリデー(ワーホリ)中の一時帰国について掘り下げてきました。ワーホリという経験は、それぞれの人にとって異なる価値と意味を持つものです。そしてその一部として、一時帰国が果たす役割もまた、人それぞれです。

思い描いていたワーホリの生活と現実が一致しなかったとき、なんとなくホームシックになったとき、新たな視点やエネルギーが必要なとき、一時帰国は意外なほど有益な選択肢となります。

そして、実際に一時帰国を経験してみると、ワーホリの体験が一層深まり、人生の豊かさを実感することができるでしょう。無理に一時帰国をする必要はありませんが、可能性として考えてみるのもいいかもしれませんね。

この記事が皆さんのワーホリ体験に少しでも役立つことを願っています。今後もワーホリの成功のための情報を発信していきますので、是非引き続きお付き合いください。

それでは皆さん、素晴らしいワーホリ生活をお過ごしください。そして、一時帰国を検討する際には、この記事を思い出していただければと思います。ハッピーワーホリ!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X