ENGLISH WORK公式

ワーホリで経験するストレスの原因9選:ガチャに負けるな

  • 投稿日時:8か月前

「ワーホリストレス」――あなたがその言葉を聞いてどんなイメージを抱きますか?ワーキングホリデー、略してワーホリは、海外で生活しながら働く経験をすることができる素晴らしい機会です。新しい文化に触れ、自己成長を遂げる場として多くの若者が挑戦しています。ですが、その一方でワーホリ生活が抱える「ストレス」を見過ごしてはいけません。

この記事では、実際のワーホリ生活で経験されるさまざまなストレス要因を掘り下げます。アジア人差別、自己責任のプレッシャー、食の危機、ホームステイの地獄、シェアハウスでの人間関係――それぞれがあなたにとって未知のストレスかもしれません。

しかし、ここで述べられるストレス要因を理解し、それぞれにどう対処すべきかを考えることで、あなたがワーホリをより有意義で、そして楽しいものにするための道筋が見えてくることでしょう。ネガティブな側面を伝えることで、より実際に近いワーホリ生活のイメージを描くことができるはずです。それでは、一緒にワーホリ生活のリアルな一面を見てみましょう。


ワーホリで経験するストレスの原因9選

英語力の壁:究極の無力感、英語が話せない悲哀

ワーホリ。それは自由で楽しい海外生活の夢を追い求める一方、待ち受ける試練の一つに、英語力の壁があります。それは我々日本人にとって、まさに最大のストレスとも言えるでしょう。夢を描きつつ現実を直視し、その差異に打ちのめされることこそが、このワーホリ生活の甘酸っぱさを伴う苦悩なのです。

我々が日本を飛び出し、ワーホリに踏み出す際、当然のことながら英語力が求められます。しかし、日本人の場合、英語力ゼロから始めると、あっという間に壁にぶつかることとなります。それは何かと言うと、英語がすぐに話せるようにならないという、深い挫折感と無力感にほかなりません。

最初の2〜3ヶ月、何度も何度も英語に挑む毎日。しかし、なかなか進歩を感じられず、日々自分自身にストレスを感じることとなります。そして、心の奥底から沸き上がる無念の叫び、「なんて私はバカなんだろう。もしかしたら1年ワーホリ続けても英語を話せるようにならないのでは?」という恐怖。さらに、「大金を無駄にしてしまったのでは?」という罪悪感。その重荷に耐えることが求められます。

この英語力の壁、それは誰もがワーホリで避けて通れない道。ですが、その道を進むことこそが、本当の意味での海外経験、自分自身の成長を得るチャンスなのです。一方で、その試練がもたらすストレスにどう向き合うか、それがワーホリ生活を成功させる鍵となるのです。

この壁に直面したとき、大切なのは辛抱強く続けること。そして、自分自身を責めるのではなく、その経験を通じて得たことを評価し、自分自身を励ますこと。自己否定にとらわれず、自分自身と向き合い、深呼吸する。そうすることで、ワーホリのストレスから少しずつ解放され、本来の目的である自己成長と海外体験を楽しむことができるのです。


孤独の淵:ワーホリの寂しさという名の試練

ワーホリ生活は、時に遠く異国の地で一人になる経験を提供します。それは、自分自身の心の奥深くに踏み込むチャンスでもあります。しかし、同時に、孤独という名の深い谷間に我々を突き落とす可能性も秘めています。その孤独は、語られるべきもう一つのワーホリにおける大きなストレスとなるのです。

例えば、日本では家族と一緒に暮らしていた人は、ワーホリで初めて一人暮らしを経験することとなります。そして、新たな生活には刺激がある一方で、寂しさという感情も同時に湧き上がるでしょう。また、家族だけでなく、日常的に接する友人たちとも離れることになるのです。それは誰もが経験するであろう、深い寂しさという試練です。

日本から遠く離れた地で、新たな生活を始めると、問題は一つや二つではありません。困難は山積みで、それに対処するための手段は限られています。そして、悩みはたくさんあるにも関わらず、それを相談できる人もいなければ、頼りにできる人もいない。そのような状況でストレスを感じるのは当然のことなのです。

しかし、ここで大切なのは、この孤独が必ずしも否定的なものではないということです。確かに、孤独はワーホリ生活の大きなストレスとなるでしょう。しかし、それは同時に、自分自身の内面に向き合い、自己理解を深める絶好の機会でもあるのです。


無職の危機:仕事が見つからない絶望感

ワーホリは、日本を離れ、新たな生活をスタートさせる大きなチャンスです。それは、新しい文化を体験し、さまざまな人々と出会い、そしてもちろん、仕事を通じて生計を立てるための手段でもあります。しかし、ワーホリ生活での最大級のストレスと言えるものが一つ存在します。それは、「仕事が見つからない」という状況です。

せっかくワーホリビザまで取得し、海外に来たのに、バイトが全く受からない。そんな経験をした方もいるのではないでしょうか。それはまさに「無職の危機」で、生活が立ちゆかないというストレスは、絶望感へと繋がります。人間、仕事が無いという現実に直面した時の焦燥感や絶望感は、他のどんなストレスとも比べ物にならないほどの重さを持ちます。

さらに、ワーホリ生活を通じて仕事を探すというプロセスは、自身の英語力を直接的に試す場ともなります。そこで、英語力が原因で採用されないという結果に直面すると、それはただの絶望感以上のものを感じさせるでしょう。それはまさに、自分自身への信頼を揺るがす瞬間なのです。


友達零:友達作りの困難と無常の孤独感

ワーホリで最も大きなストレスの一つと言えるもの、それは「友達作りの困難」です。それは、一人旅の孤独、語学の壁、そして、社会との接点の希薄さといった要素が複合的に作用し、その結果として生じます。

日本であれば友達作りは思うように行くことが多いですよね。でもワーホリ先では、話が全く違います。一番の問題点は、言語の壁です。特に、英語力ゼロでワーホリすると、言葉を通じたコミュニケーションが難しくなり、当然ながら友達作りも厳しいです。

さらに、語学学校で出会う人々の中には短期留学生が多いという事実も、友達作りを困難にします。留学生たちはその国を一時的に訪れているだけで、彼らが去った後には深い孤独感が訪れます。彼らとの別れは、ワーホリという経験の一部でありながらも、同時に大きなストレスとなるでしょう。

そして、語学学校を卒業すると、新たな問題が待っています。それは、社会との接点が少なくなるという問題です。ここでもまた、友達を作るのが難しくなります。仕事先でも友達を作るのは容易ではないかもしれません。それは、職場の人間関係や職場環境など、様々な要素が影響してくるからです。


差別の毒:アジア人差別の冷酷なリアリティ

ワーホリを考えるとき、思い描くのは新鮮な体験、友達作り、自己成長などの明るい面だけではないでしょうか。しかしその一方で、私たちが直面する可能性がある厳しいリアリティがあります。その一つが「アジア人差別」です。これはワーホリにおける大きなストレスになる可能性があります。

それでは、ワーホリ中に頻繁にアジア人差別を受けることはあるのでしょうか。実際には、そうではないことを明らかにしておきたいと思います。しかし、確かに現地人の中には無理解な人もいます。彼らは自分の人生に満足しておらず、白人であることしか誇れることがなく、低賃金労働者であることが多いです。彼らは日々の鬱憤を晴らすために、アジア人に対して汚い言葉を吐いたりするのです。

頻繁に差別を受けるわけではないかもしれませんが、一度でも衝撃的な経験をすると、それが頭の中を巡ってストレスになります。誰もが平等に扱われるべきなのに、肌の色や出身地で差別されるという事実は、心の底に深い傷を残します。

更に、アジア人だからという理由でバイトに受からないこともあります。自分が頑張って努力したのに、その結果が出ないことは大きなストレスになるでしょう。ワーホリをするという決断は、新たなチャレンジと成長の機会です。だからこそ、こうした不条理に直面したときは、それを乗り越える力を自分自身で見つけ出すことが大切です。


食の危機:食事ストレス、知らぬ間のグルテン罠

ワーホリで海外へ出かけると、食事に関するストレスも無視できない存在となることでしょう。普段、日本でご飯が主食である私たちは、突如パンが主食となる欧米の食生活に戸惑うことでしょう。そしてそのパンには、ある罠が潜んでいるのです。

その名も「グルテン」。パンやピザ、パスタなどの小麦製品に含まれているこのたんぱく質は、日本人にはなじみが少なく、体質によってはグルテン不耐性を引き起こす可能性があります。知らず知らずのうちに取り入れてしまい、毎日腹痛や他のグルテンによる症状に悩まされる可能性があります。これがまさにグルテンの罠、食事にまつわる新たなストレスとなります。

さらに、海外では衛生環境が必ずしも良好とは限らないため、食材による食中毒を経験することも多くあります。頻繁に食あたりを経験すると、ワーホリが一大ストレスフェスティバルと化すこともあります。

食事は生活の基本であり、楽しみでもあります。しかし、その食事が原因で身体に不調をきたすとなると、それは深刻なストレスとなるでしょう。これらの問題を理解し、対策を練ることで、ワーホリ生活のストレスを減らすことが可能になるでしょう。


ホームステイ地獄:期待と違う現実、ホストとのストレス

ワーホリを始める時に、ホームステイ先がどんな場所か期待と不安で心が満たされることでしょう。ですが、その現実が期待と大きくかけ離れていることがあるのです。

まるで「ホームステイガチャ」を引いたかのような感覚になることもあります。事前にホームステイ先の情報は手に入るものの、それが紙上のものでしかなく、実際の生活はその情報とは大きく異なる場合があるのです。例えば、厳格なシャワー時間制限、あるいは突如として告げられる門限など、ホストからの細かい制約に辟易とすることもあるでしょう。

そして、さらに大きなストレスとなるのがホスト自体の人間性です。善良で理解深いホストがいる一方で、思いやりの欠如したホストと一緒に生活しなければならない場合もあります。それが日々のストレスとなり、ワーホリの楽しみが薄れてしまうかもしれません。

そしてそのストレスから逃れようと思っても、すぐには新たな住まいに移ることも困難で、このホームステイ地獄から逃れる方法は見つけられないかもしれません。ですが、こうした問題を予測し、対策を練ることで、少なくともそのストレスを和らげることは可能です。これがワーホリ生活での重要な一環となることでしょう。


シェアハウスの争い:人間関係の緊張と信頼裏切り

シェアハウスはワーホリ中の住まいとして一般的ですが、そこにも独特のストレスが待ち受けています。主な問題としては同じ家を共有する人々との人間関係の複雑さです。

事前にシェアハウスに住む人々の情報を集めることは可能ですが、実際に生活を共有するとなると、そこから生じるストレスは計り知れないものがあります。たとえば、あなたが大切に冷蔵庫にしまっておいた食べ物が、勝手に他人に食べられてしまうこと。これはもはや序の口で、さらに深刻な問題も起き得ます。

真夜中まで大騒ぎするルームメイト、公共のWi-Fi料金を滞納する人、掃除やゴミ出しをサボる人…。そういった問題は、思いもよらないストレスを引き起こします。これらは日本の一般的な生活スタイルからは想像もつかないほど違う事象で、ワーホリ生活を困難にする要素となります。

このような問題が発生した時、適切に対処できるように事前に知識をつけることが大切です。そして、それを通じて自身のストレス対処能力を高め、ワーホリという一生に一度の貴重な経験を最大限に楽しむことができるようになるでしょう。

おわりに


以上、ワーホリ生活で経験される可能性のあるストレス要因について、具体的にご紹介しました。アジア人差別の冷酷な現実、全て自分でやらなければならないプレッシャー、食事のストレス、ホームステイとシェアハウスでの人間関係――これらは一見、ネガティブな要素に見えるかもしれません。

しかし、それら全てがワーホリという貴重な体験を通じて、自身の成長につながる糧となります。その際に重要なのは、事前にこれらの可能性を知り、自己対処法を練っておくこと。ストレスと上手に向き合うことで、あなた自身がより強く、より広い視野を持つ人間に成長できるのです。

それぞれが持つ困難やストレスを共有することで、私たちは互いに理解を深め、支え合うことができます。ワーホリは決して簡単な道のりではないかもしれませんが、それは同時にあなた自身を深く理解し、成長する絶好の機会でもあるのです。

最後に、あなたがワーホリ生活を通じて多くの経験をし、個人としての成長を遂げられることを心から願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X