ENGLISH WORK公式

通訳を辞めたいと考えてしまう原因13選

  • 投稿日時:8か月前

「通訳 辞めたい」という言葉が心の中を駆け巡ったことはありますか?職業としての通訳は、高度な語学力を要求されるだけでなく、人間関係の調整や緊張感の高い場面でのパフォーマンスなど、困難を伴う面が少なくありません。そのため、「通訳を辞めたい」と感じる瞬間は、誰にでも訪れるかもしれません。

この記事では、通訳者が「辞めたい」と感じる理由をいくつかピックアップし、深く掘り下げてみます。フリーランスとしての不安、AIの進化による仕事の奪われ、英語習得の易しさ、孤独感、そして人間関係の難しさなど、通訳者が直面する現実を描き出します。

もし、あなたが「通訳を辞めたい」という思いに悩んでいるなら、共感する部分があるかもしれません。逆に、通訳者としてのキャリアをこれから歩む人は、仕事の厳しさや喜びを事前に知ることができます。これから描く通訳者の日常が、あなたの「通訳 辞めたい」という思いに寄り添い、あるいは新たな視点を提供できれば幸いです。それでは、一緒に通訳の世界を見てみましょう。


通訳を辞めたいと考えてしまう原因13選

仕事が全然見つからなくて通訳やめたい

通訳という職業に対するロマンや魅力が、あなたをこの業界へと引き寄せたことでしょう。さまざまな文化や言語に触れる経験、国際的な環境で働くという期待、そしてそのすべてが一つの言葉によってつながる壮大な光景。しかし、楽園のように思えるその世界にも、辛く厳しい現実が存在します。本記事では、「働く場所が見つからない」という通訳の現実について詳しく語ります。

「辞めたい」という思いは、私たち通訳者にとって矛盾した感情でしょう。本来好きで、情熱を注ぐ仕事であるはずの通訳を辞めたいと思うなんて、どうしてでしょうか。その一因は、「仕事がない」という事実です。仕事が見つからない、そしてそれが「辞めたい」という思いを生む大きな理由となっています。

通訳を志す人々の多くは、クラウドソーシングサイトや求人サイトで仕事を見つけようとします。これらのサイトは、いくつもの仕事が一覧で掲載されているため、一見すると通訳の仕事も豊富にあるように思えます。しかし、これらのサイトに溢れているのは、低単価の仕事ばかり。しかも、その低単価の仕事は、レベルの低い通訳者たちが取り合いになっています。

例えば、あるクラウドソーシングサイトでは、2000字の英日翻訳を1,000円で依頼するという仕事が掲載されていました。しかも、その仕事にはすでに10人以上の通訳者が応募していました。これでは、仕事を得るための競争が激化し、報酬が低くても仕事を必要とする通訳者が多すぎるため、働く場所が見つからないという状況が生まれてしまいます。

そして、あなたが新人であれば、なおさら問題です。実績がなく、信用もない新人通訳者が、なぜ重大な仕事を任されるはずでしょうか。その結果、あなたは安い報酬の仕事を受けるしかない、そういう状況になってしまいます。

一方、高単価の通訳業務は、専門的な通訳エージェントなどに存在します。しかし、通訳エージェントに登録するためには、それなりの実力と実績が必要となります。たとえば、ある通訳エージェントでは、登録のための試験にパスするだけでなく、数年以上の通訳経験が求められていました。これでは、新人の通訳者が仕事を得るのは難しいでしょう。

こうした現実を知ると、通訳の仕事を探すのは「針のむしろ」とも言える厳しさです。「辞めたい」と思う気持ちが高まってしまうのも無理はないでしょう。通訳という仕事が好きだからこそ、適切な働く場所が見つからない現状は悲しいものです。


年収が低くて通訳辞めたい

通訳という職業の魅力の一つは、さまざまな人々との出会いや国際的な舞台で活躍する機会があることでしょう。しかし、その一方で「年収の低さ」という厳しい現実に直面している通訳者も少なくありません。私たちがこの現状を知ることで、「辞めたい」という気持ちにつながる理由を理解することができます。

実際に、通訳の年収はそのレベルや分野により大きく変わるものです。日常会話レベルの英語ができる人はたくさんいます。そのため、日常会話レベルの通訳の仕事は競争が激しく、それが単価の低さに繋がっています。これが一因となり、通訳の年収が低いという状況が生まれてしまいます。

例えば、ある通訳者の体験談によれば、1時間あたりの通訳の報酬が2,000円程度であったとのこと。一見すると高く思えますが、1日の通訳の時間が3時間であれば、その日の報酬は6,000円にしかなりません。そしてその通訳者は、1日の通訳の時間がこれ以上になることはほとんどなかったといいます。

「辞めたい」という気持ちはここから生まれるのかもしれません。報酬が低ければ、生計を立てることが難しくなります。家賃や生活費、医療費、教育費、老後の資金といった生活に必要なお金を稼ぐことができなければ、「辞めたい」という感情が強くなるでしょう。

一方で、医療、IT、経済などの専門知識が必要な通訳業務は、1日の業務で5万円以上の報酬になることもあります。これはあくまで一部の通訳者に限られた話であり、駆け出しの頃の通訳者にとっては、このような高報酬の仕事を得るのは至難の業です。

また、通訳の仕事は継続性に欠ける場合が多く、これがさらに年収を低くしてしまいます。通訳者が求人サイトやクラウドソーシングなどで仕事を見つけても、継続的な仕事につながらないことが多いのです。このような不安定さもまた、「辞めたい」という感情を増幅させる一因となります。


強いストレスで精神的にきつい通訳の仕事

通訳者という仕事は、異なる言語を操り、人々のコミュニケーションを滑らかにするという、非常にやりがいのある職業だと言えます。しかし、その一方で、通訳者が直面するストレスは計り知れないものがあります。そのストレスが「辞めたい」という気持ちを生む原因の一つであることを知るべきです。

通訳が求められるのは、会議や接待のような場面から、ビジネスの交渉や契約などの重要な場面まで、さまざまです。一部の場合、通訳者が全ての情報を完全に理解し、その場の流れに応じて的確な翻訳を行うことが求められます。ここには大きなプレッシャーとストレスが伴います。

例えば、A社とB社が新たな事業提携を交渉する場面を想像してみてください。その際の通訳者は、すべての情報を正確に理解し、それを両社に伝える責任があります。一言の誤訳や情報の欠落が重大な結果を招く可能性があるのです。このような緊張感は、通訳者にとって大きなストレスとなります。

「辞めたい」と感じる理由の一つに、この強いストレスが挙げられます。重要な商談の場での通訳という仕事は、緻密さと高度な技術が求められます。一方で、その責任の重さとプレッシャーは通訳者に大きなストレスを与えることとなります。

また、情報を正確に把握するだけでなく、文化の違いや慣習を理解し、それに基づいた適切な表現を選ぶ能力も求められます。このような通訳のスキルは、常に最新の情報をキャッチアップし、言葉のニュアンスを理解し続ける必要があります。そのための継続的な勉強や研鑽は、また別のストレスとなるでしょう。

こうした一連のプレッシャーやストレスが通訳者の心身に負担をかけ、「辞めたい」と思うきっかけとなります。


クライアントからのプレッシャーがやばい

通訳という仕事は、外見からは予想できないほどのプレッシャーがあります。特にそれは、クライアントからの高い期待や要求に由来します。そのため、通訳者が「辞めたい」と感じる一因となることは少なくありません。

通訳者への報酬は、一般的な日常会話レベルの逐次通訳でも1日2万円以上、専門的な知識を要求される金融、IT、医療などの通訳では1日10万円以上になることもあります。この報酬は、クライアントから通訳者への高い期待値を示しています。

具体的には、ある製薬会社が新薬の開発プレゼンテーションを行う場面を考えてみましょう。このプレゼンテーションでは、専門的な医学用語や新薬に関する具体的な研究データなどが飛び交います。ここでの通訳者の役割は、これら専門的な情報を相手方の言語に適切に翻訳し、その情報を正確に伝達することです。

しかし、いくら英語力や通訳の能力が高くても、一部の専門分野外の通訳になると、うまく通訳できないこともあります。例えば、この新薬開発のプレゼンテーションでは、医学用語や薬理学の専門知識が求められますが、これらの知識が十分にない通訳者は、情報を正確に伝達できず、結果としてクライアントからの苦言を呈されることがあります。

これらの経験は、通訳者にとって大きなプレッシャーとなり、「辞めたい」と思う要因となります。通訳者は、言葉の壁を超えて情報を伝達するだけでなく、各分野の専門知識も求められるため、その要求レベルの高さは他の職業に比べて高いと言えるでしょう。

クライアントのプレッシャーや要求レベルの高さが、「辞めたい」と感じる通訳者のストレスを増大させています。


通訳は想像以上に難しい仕事だった

通訳者の仕事は、一見すると「英語が話せる人なら誰にでもできる」と思われがちですが、それは大きな誤解です。その実際の難度は想像をはるかに超えており、この難しさが通訳者が「辞めたい」と感じる一つの大きな要因となります。

通訳者の仕事は、2つ以上の言語を操る能力はもちろん、専門知識、さらには高度な通訳スキルも求められます。すべてを備えた通訳者であればあるほど、その仕事は複雑で難易度が高くなります。

具体的な例を挙げてみましょう。例えば、国際的な環境会議で通訳を務める場合を考えてみてください。その場では、各国の代表者たちが独自の視点や提案を持って話し合います。これらの内容を的確に通訳するためには、英語力だけでなく、環境問題に対する深い理解や、それぞれの国の背景知識も必要です。

また、このような重要な会議で通訳をする場合、一言一句を的確に翻訳するだけでなく、発言者のニュアンスや感情も正確に伝える能力が求められます。これは、単に言葉を理解し、それを別の言語に翻訳するという以上のスキルが必要となります。

これらの要求は、通訳者にとって大きなプレッシャーとなります。英語力だけでなく、専門知識や高度な通訳スキルも必要とされ、そのすべてを満たすことは容易なことではありません。「辞めたい」と感じる通訳者の中には、このような厳しい要求に直面したことが背景にあるかもしれません。

通訳の難度は想像以上に厳しく、それが「辞めたい」という気持ちを生む要因の一つとなります。通訳者が抱える難易度とプレッシャーを理解することで、その仕事の価値や貢献度をより深く認識することができます。


通訳は事前準備が膨大すぎてきつい

通訳者の仕事と言えば、通常は会議や交渉の現場で活躍するイメージが強いですよね。しかし実際には、その場での活動よりも事前の準備が大半を占めています。この「準備の地獄」が、「辞めたい」と思う原因となることも少なくありません。

具体的には、通訳を行う前にはアジェンダの確認、資料の読み込み、依頼主や相手先の情報の収集、さらには未知の専門用語の調査など、大量の準備が求められます。これらの作業は時間と労力を大量に必要とし、それだけでなく、通訳者の知識と技術を試すものでもあります。

例えば、ある通訳者が複数の企業が関与する大規模なビジネス会議で通訳を担当するとします。その場合、通訳者はそれぞれの企業の業界背景、会議の目的、参加者のポジションや意見、さらには専門的なビジネス用語などをあらかじめ把握する必要があります。

この準備期間は、通訳者にとってはまさに「地獄」のような時間です。それは、短時間で膨大な情報を頭に入れ、それを使って現場でスムーズに通訳を行うことが求められるからです。この過酷な準備が、「辞めたい」と感じる通訳者の中には、通訳の仕事に対するモチベーションを著しく下げる要因となることも少なくありません。

以上から、通訳の仕事が一見するよりも遥かに複雑で困難なものであることがわかります。その準備段階が、通訳者の仕事の大半を占め、また通訳者が「辞めたい」と感じる原因となることも明らかです。


仕事に追われる生活になりがちな通訳

通訳者の業務は、様々な要因により生活を大いに狂わせる可能性があります。まさに、自身の生活が仕事の奴隷となる状態です。そんな圧倒的な忙しさが、「辞めたい」と感じる理由の一つとなるでしょう。

多くの通訳者は、資料の共有が遅い、通訳作業までの期間が短い、資料量が膨大、あるいは自分が不慣れな分野の通訳を要求される、さらには同時に多数の依頼を受けるなど、準備時間が限られる状況に直面します。これらの状況は、極度のストレスを生むものです。

例えば、ある通訳者が3日後に開催される大規模な医療関連の国際会議の通訳を依頼されたとしましょう。彼女の専門はビジネス英語であり、医療専門用語にはあまり詳しくありません。そして、依頼主から提供された資料は膨大で、専門的な医療用語が溢れています。

この通訳者は、限られた時間内に医療用語を一つ一つ確認しながら資料を理解し、通訳の準備をしなければなりません。そして同時に、他の依頼も受けているため、それらの準備も進める必要があります。これは極度のストレスを伴う作業で、その結果、「辞めたい」と感じることもあるでしょう。

通訳者の生活は、依頼主からの資料共有の遅れや短期間の通訳依頼など、様々な要因によって厳しく制約されることが多いのです。これらの事実を理解することで、通訳者がどのような環境下で働いているか、そしてその仕事の難しさや価値を再確認することができます。


常に学習し続けなければならない

通訳という職業は、決して絶えることのない学習が求められます。それは英語力を維持、あるいは向上させるためだけでなく、専門知識をアップデートするためでもあります。この不断の努力が求められる環境は、ある人にとっては魅力的である一方、他の人にとっては「辞めたい」と感じさせる原因となるでしょう。

ビジネスの世界では「現状維持は衰退」という言葉がありますが、これは通訳の世界でも同様に当てはまります。英語力の向上はもちろん、経済、法律、ITなど、通訳作業に必要となる各種専門知識のアップデートも絶えず求められます。しかし、学習を続けないと、英語力が下がるだけでなく、レベルの高い通訳業務ができなくなり、その結果として年収が上がらないどころか、下がる可能性すらあります。このようなプレッシャーが、「辞めたい」と思う要因になることもあるでしょう。

具体例を挙げてみましょう。ある通訳者は、業務の合間を縫って英語学習や専門分野の研究に励んでいます。しかし、その結果が出るのは数年後で、その間に周囲には新たな優秀な通訳者が次々と現れ、仕事の依頼が減ってしまいます。その通訳者は、自身の能力の限界に直面し、途方に暮れ、「辞めたい」と感じることでしょう。

このように、通訳業は絶えず成長し続けることが求められる仕事です。通訳者自身の成長を止めることは、そのキャリアを終わらせることと同じだと理解することが重要です。


仕事が来なくなる不安に耐えられない

通訳業界の厳しい現実として、仕事がなくなるという不安が挙げられます。特にフリーランスの通訳者の場合、次の仕事がいつ来るのか、あるいは来るのかどうかすらも分からないという状況に見舞われることも少なくありません。このような不確実性は、「辞めたい」という感情を引き起こす原因の一つとなるでしょう。

例えば、ある通訳者が、長年信頼関係を築いてきたクライアントから定期的に仕事を受けていたとしましょう。しかし、ある日、大きなミスを犯してしまい、その結果として次の月からの仕事が全く来なくなったとします。これは、通訳者の生活に深刻な影響を及ぼし、さらにそのミスに対する自己責任の感情も加わり、「辞めたい」と思う瞬間につながるかもしれません。

このようなリスクは、社内の通訳者にはあまり関係ありませんが、フリーランスの通訳者にとっては避けて通れない課題です。仕事を確保するためには、一貫して高いパフォーマンスを発揮するだけでなく、クライアントとの信頼関係を維持することが必要です。しかし、それは同時に、自分自身にプレッシャーをかけることを意味し、そのストレスは通訳者の心に重くのしかかるでしょう。

以上のような点から、仕事が見えない不安は、通訳を「辞めたい」と感じる要因となることでしょう。そしてそれは、自身の職業生活における緊張と不安を緩和するための方法を模索することへとつながるでしょう。


AIの能力が高すぎて、通訳を辞めたい

通訳の仕事におけるもう一つの大きな懸念事項が、AI(人工知能)の存在です。この最新のテクノロジーは、私たちの生活の多くの側面に影響を及ぼしていますが、その一方で、「辞めたい」という感情を通訳者に抱かせる可能性も秘めています。

翻訳に関しては、特にAIの進歩が目覚ましいです。例えば、OpenAIが開発したChatGPTは、文字ベースの翻訳においてすでに人間を上回る能力を示しています。

例えば、次のような複雑な英文があるとします。

“The proliferating advancements in quantum computing pose both an enormous potential for breakthroughs in numerous fields, and a considerable threat to classical encryption methods, which may necessitate a reevaluation of current cybersecurity measures.”

この文は量子コンピューティングの進歩に関連しており、その可能性とリスクを同時に説明しています。ChatGPTはこの英文を次のように翻訳できます。

「急速に進歩している量子コンピューティングは、多くの分野でのブレイクスルーの膨大な可能性と、古典的な暗号化方法への相当な脅威を同時に提示しており、これが現行のサイバーセキュリティ対策の再評価を必要とするかもしれません。」

このように、ChatGPTは文脈を理解し、専門的な語彙やフレーズの意味を正確に捉え、適切に翻訳することができます。これは一部の未熟な翻訳者が難しいと感じる可能性がある作業であり、ChatGPTの強力な翻訳能力を示しています。

このAIは、理解力、表現力、翻訳スピードの観点から見ても、一部のレベルの低い翻訳者を凌駕する可能性があります。このような状況は、「辞めたい」と感じさせる恐怖感を増大させるでしょう。

しかし、もちろん、通訳者がAIに置き換えられる可能性があるという事実に直面したとしても、その全てが悲観的な結果につながるわけではありません。通訳の仕事は、単純に言葉を翻訳するだけではなく、相手とのコミュニケーションを円滑に行うという側面も含んでいます。人間の通訳者は、相手の感情や文化的背景を理解し、それを尊重するという重要な役割を果たします。

それでもなお、AIの進化は否応なく通訳業界に影響を及ぼすでしょう。その波が来るとき、私たちはそれにどう対応するべきなのでしょうか?その問いに対する答えを見つけるためには、さらなる研究と討論が必要となるでしょう。その過程で、「辞めたい」と思うことがあっても、それは通訳者自身のスキルや価値を見つめ直す良い機会となるかもしれません。


AIによって英語力がコモディティ化し始めてる

この新たな時代、AIの進歩は私たちの生活のあらゆる側面に変化をもたらしています。その一つが、我々の学習方法、特に語学習得に対するアプローチです。以前であれば、通訳者として働くためには、何年もの献身的な学習と実践を必要としました。しかし今日では、その壁が低くなってきているのです。それは、AIがもたらす新たな可能性の象徴とも言えます。

ChatGPTのようなAIツールを使用すれば、語学学習が誰にとっても手軽で効率的なものになることでしょう。適切な指示を与えることで、このようなAIは「ここでこの表現を使うと自然だよ」「あなたはこの単語の代わりにこれを使うといいよ」「ここでは文法が間違っているよ」と、真の先生のようにあなたを導いてくれます。そして、これらのAIはどんな英語の教師よりも豊富な知識を持ち、完璧な英語と日本語を話すのです。

さらに進んだ未来を想像してみてください。ChatGPTと会話をしているだけで、そのAIが自動的に私たちの文法の知識を高め、単語の選択を改善し、発音を修正してくれる時代が訪れるかもしれません。これは、文字通り英会話力を上げることの「イージーモード」でしょう。

しかしこの便利さが通訳者にとっては脅威となる可能性もあります。なぜなら、すべての人が一定の英語力を身につけることができれば、基本的な通訳業務の需要は大きく減少するからです。一部の通訳者はすでに、「こんな時代が来るのではないかと思うと、正直なところ、辞めたい」と感じています。

では、我々はどのようにこの変化に対応すべきでしょうか? その一つは、通訳者としてのスキルセットを高度化し、より専門的な領域へシフトすることでしょう。もう一つは、新たな機会を探求し、AIと共に働く新たな道を模索することです。何れにしても、「辞めたい」という感情を抱くこともあるかもしれませんが、それはこの変化を前向きに捉え、次のステップへと進むための契機にもなるでしょう。

今日の世界は、AIの進歩により、語学学習が誰でも容易に行える「イージーモード」の時代に突入しようとしています。


孤独感が強くて通訳辞めたい

フリーランスの通訳者として働くことは、自由を享受する一方で、しばしば孤独を伴うことがあります。まさに”一人ぼっち”の日々とも言えるでしょう。仕事の事前準備から現場での通訳業務まで、全てを一人で担当しなければなりません。この孤独感が通訳を「辞めたい」と感じさせる原因の一つとなっているのです。

まず、準備段階から話してみましょう。通訳という仕事は、対話やコミュニケーションの役割を果たしますが、事前準備については通常、一人で行われます。通訳をするためには、その背景、主題、関連する専門知識を十分に理解する必要があります。長時間にわたる調査と学習が求められ、時には何日もかかることもあります。そして、これら全てのプロセスを一人で行うため、孤独を感じることは避けられません。

次に、現場での通訳業務について考えてみましょう。たとえば、会議で通訳を行う場合、自分は依頼主と相手側の企業の間の「中立的な存在」として動かなければなりません。依頼主は確かにお客様ですが、一方で相手側の企業も依頼主のお客様となります。このダブルクライアントの状況は、自分自身が孤立した立場にいるような感覚を引き起こすことがあります。

例えば、ある通訳者のAさんはこのように語っています。「私が通訳をしているとき、人々が交流して笑顔を交わす中、私はただその言葉を訳すだけ。その瞬間、彼らとの間に一線を引かれたように感じることがあります。それは時々、私が辞めたいと思う瞬間でもあります。」

これらの経験は、通訳者が直面する孤独の一面を浮き彫りにしています。それぞれの通訳者がこの状況にどう対処し、この難しさを乗り越えていくかが問われるでしょう。そして、「辞めたい」と思う感情が湧き上がってくるとき、それは自分自身と向き合い、新たな道を模索するきっかけにもなるかもしれません。


人間関係が面倒で通訳を辞めたい

通訳という仕事は、単に言葉を翻訳するだけではなく、依頼主やその依頼主の取引先とのコミュニケーションが重要な要素となっています。特に、依頼主が高圧的な場合や、その取引先との人間関係が難しい場合には、通訳者としての精神的な負担が増すこともあるでしょう。こうした人間関係のストレスが、「通訳を辞めたい」と思う原因の一つとなることは容易に想像できます。

具体的には、一例として、「Bさん」という通訳者がいるとします。彼はある日、大企業の社長であり、自分の考えを強く主張する依頼主からの仕事を受けました。この依頼主は、自分の思い通りにならないことに対して怒りやすく、仕事の中で何度もハードな要求を出し、そのたびにBさんはプレッシャーを感じることとなりました。

Bさんは依頼を受けたからには、依頼主の高圧的な態度にも真摯に対応しなければならないという状況に苦しむこととなり、「辞めたい」という思いが膨らんでいきました。これは通訳業界においては決して珍しい事例ではなく、むしろ現場で直面する難しい課題の一つとも言えるでしょう。

しかし、そのような高圧的な依頼主に対しても、真摯に対応することが通訳者のプロフェッショナリズムを示す一つです。それがストレスとなり、「辞めたい」と感じる瞬間があるかもしれませんが、それは全て自分自身の成長の一部であり、人間関係の難しさを乗り越えることで得られる充実感や達成感もまた、通訳という仕事を続けていく上での大切な要素となるでしょう。

おわりに


これまで、通訳者という職業が直面する難しさ、不安、孤独感などを見てきました。「通訳 辞めたい」という言葉が思い浮かぶことも、その現実の一部です。しかし、それぞれの課題は、決して乗り越えられないものではありません。重要なのは、これらの問題に対して自分自身がどう向き合うか、どう行動するかということです。

AIの進化による脅威を見るとき、それは通訳者の役割をより高度なものへと昇華させるきっかけにもなり得ます。人間が持つ独自の感性や情緒を通じて、より深いコミュニケーションを可能にする役割が増えていくでしょう。また、孤独感や人間関係の難しさに対しては、フリーランスのコミュニティに参加する、メンターを見つけるなどの手段もあります。

「通訳 辞めたい」と感じる瞬間が訪れたとしても、それは一時的なものかもしれません。しかし、何度も同じ思いが襲ってくるのであれば、それは新たな選択をするためのサインかもしれません。その時には、自分の感情を大切にし、必要ならば新たな道を探る勇気を持つことが重要です。

通訳という仕事は確かに大変な部分が多いですが、それと同時に多くの充実感や達成感を得られる職業でもあります。通訳者としての道を歩むすべての方々が、自分にとって最良の選択をすることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X