ENGLISH WORK公式

通訳の仕事がない9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

通訳の仕事に就くことは、多くの人々にとって魅力的なキャリア選択肢の一つです。しかし、一方で「通訳の仕事がない」という声をしばしば耳にします。言語のプロフェッショナルである通訳者たちは、なぜ仕事がないと感じ、その原因は何なのでしょうか。

本記事では、「通訳の仕事がない」と感じる現象について深く探り、それがなぜ起こるのか、どのようにしてそれを解決できるのかについて説明します。ここでは、通訳の業界の特性、現在の市場状況、さらにはAIの進化といった要素を考慮に入れて、通訳者が直面する課題と解決策を探っていきます。

通訳者としての成功を目指すすべての方に、価値ある洞察と実行可能な戦略を提供することを目指します。これから展開する情報が、あなたが「通訳の仕事がない」という状況を打破し、より充実したキャリアを築く手助けとなることを願っています。


通訳の仕事がない9つの理由

クラウドソーシングサイトは低単価の仕事ばっかり

「仕事がない」、それが通訳者が経験するジレンマです。では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。実は、これは単に案件が不足しているからではないのです。問題の本質は、良質で高収入の通訳業務がクラウドソーシングサイトや求人サイトには滅多に掲載されないという現実にあります。

具体例を挙げましょう。もし私達がスーパーマーケットに行き、安価な品物ばかりが並んでいることに気づいたら、その品質に対する疑念は募る一方でしょう。まさにそれが、通訳案件が見つかるとされるクラウドソーシングサイトや求人サイトにおける状況と似ています。そこには低単価の仕事が溢れ、それらは多くの通訳者達が取り合っています。

しかしここで、深呼吸して冷静に考えてみてください。何の実績もなく、信用の欠片もない人間に、企業は重大な通訳業務を任せられるでしょうか。私達通訳者は、自分の存在をしっかりと認識し、自分の価値を理解し、そしてそれを上手に訴えることが求められます。その一つの方法として、通訳エージェントに登録するという手段が存在します。

しかし、通訳エージェントに登録するためにはそれなりの実力が求められます。だからこそ、高単価の通訳業務が主に通訳エージェントを通じて発生し、それらのエージェントは厳選された通訳者だけを採用します。

これが私が見つけられず彷徨う通訳者の現状と、その背後にある深刻なジレンマです。私達はこの状況を乗り越え、自分の市場価値を高めるための戦略を立てる必要があります。


専門性のない通訳には仕事がない

通訳の世界で「仕事がない」と嘆いている人の中には、一体どうして自分には仕事がないのか、と疑問に感じている方もいらっしゃることでしょう。その一つの答えが、専門性の欠如による市場価値の低下にあります。

言葉の海に漂いながら、我々は「通訳者」を名乗ります。しかし、「通訳者」の名の下には、実は多くの異なる種類のスキルと経験が含まれています。簡単な例を挙げてみましょう。

思い浮かべてみてください。カフェに座ってコーヒーを飲みながら友人と話をする、そんな日常的な場面を想像してみてください。その場面に英語が介在したところで、何も大きな問題は起きません。日常会話レベルの英語ができる人は数え切れないほどいます。そのため、日常会話レベルの通訳の仕事は単価が低く、また多くの通訳者が取り合っています。

しかし、想像を少し変えてみてください。カフェではなく、病院の診察室、あるいはIT企業の会議室での会話を通訳することを考えてみてください。そこでは医療やIT、さらには経済など、特定の専門知識が必要となるでしょう。そのような専門的な知識を必要とする通訳業務では、1日の業務で5万円以上の報酬になることもあります。こうした通訳業務は、日常会話の通訳とは違い、その専門性から市場価値が高いのです。

「仕事がない」と感じている通訳者の中には、専門性の不足による市場価値の低下が挙げられます。あなたが何か特定の専門分野に精通していれば、それはあなたの通訳業務に大きな価値をもたらし、より多くの仕事の機会を引き寄せる可能性があります。多くの通訳者が「仕事がない」と感じる理由の一つは、この専門分野での通訳スキルがないからかもしれません。


そもそも田舎には通訳の仕事がない

通訳者の中には、「仕事がない」と感じている人々がいます。特に、その感覚は田舎に住んでいる通訳者の間で強い可能性があります。なぜなら、仕事の需要は地域によって大きく異なるからです。

都会、特に東京や大阪のような大都市に住んでいる場合、通訳の仕事は豊富にあります。人口が多いため、外国人との交流が頻繁に行われ、多様なシーンで通訳が必要とされています。例えば、ビジネスミーティング、観光ガイド、さらには医療や法律関連など、様々な機会で通訳の能力を活用することができます。

しかし、田舎に住んでいる場合、状況は大きく変わります。田舎では人口も少なく、外国人も少ないため、通訳が必要とされる機会はずっと少ないです。この地域の差が通訳者にとって「仕事がない」という現実を生んでいるのです。

ここで、具体例を挙げてみましょう。田舎に住んでいる通訳者が仕事を探すとします。一般的な求人サイトやクラウドソーシングサイトを利用しても、大都市の企業が掲載する案件がほとんどで、田舎の案件はほとんど見つかりません。そこで、地元の企業や団体に直接アプローチを試みるかもしれませんが、結果的に必要とされる通訳の機会は限られてしまいます。

結論として、地域の需要によって「仕事がない」という現実が生まれてしまうことがあります。しかし、これを悲観的に捉えるだけではなく、逆にこの状況を自分の有利に働かせる方法を見つけ出すことが重要です。例えば、オンラインでの通訳業務を拡大する、特定の地域や業種に特化した通訳サービスを提供するなど、新たな需要を創出する試みを行うことで、地域の差を乗り越えることも可能です。


そもそも英語力が低くて仕事が来ない

通訳者として「仕事がない」と感じる理由の一つに、自身の英語力の不足があげられます。世の中には多くの日本人が英語を話せるようになり、それが通訳者にとっての新たなジレンマを生み出しています。例えば、一般的なビジネスシーンでの簡単な通訳ならば、現在ではAI翻訳ツールのような進化した技術が使えるため、多くの企業は特に専門的な通訳者を雇う必要がなくなってきました。

これが、「仕事がない」と感じる一因となっているのです。簡単な英会話レベルであれば、技術的にはGoogle翻訳などのツールを使用すれば十分な場面が多く、そうした仕事の需要は少なくなりつつあります。したがって、通訳者が持つべき英語力は、単なる日常会話を超えた高度なスキルとなる必要があります。

では具体例を挙げてみましょう。通訳の仕事というと、大体が「英語を日本語に訳す」というイメージがありますが、それは一部の仕事だけです。例えば、政治、経済、医療、科学技術、法律など、専門的な知識を必要とする場面での通訳があります。その場面では、単に英語が話せるだけではなく、専門用語や背景知識が求められます。また、国際会議などでは、その場の雰囲気を読み、ニュアンスを正確に伝えるための高度な言葉遣いも必要とされます。

このように、英語力のみならず、それを裏打ちする専門知識や高度なコミュニケーションスキルが必要とされます。


実績がないと仕事は来ない

通訳者の仕事がないと感じる一因に、「実績のなさ」が挙げられます。英語力が非常に高くても、通訳者としての実績がなければ、なかなか仕事が舞い込んでこないのが現実です。これはなぜかと言うと、通訳が必要となる多くのシーンで、信頼性と責任感が問われるからです。

具体的には、ビジネスの場で通訳を必要とする場面は多々あります。契約交渉、重要なプロジェクトミーティング、国際会議など、その内容は時に企業の運命を左右するほどの重要性を帯びています。そんな場面で通訳を担当する者には、ただ英語が話せるだけではなく、その業務内容を理解し、的確に伝える能力が求められます。

また、通訳が必要とされる業務には守秘義務が伴うこともあります。企業の重要な情報を扱う場合、情報を安全に扱える信頼性が求められるため、実績がない通訳者は、その能力が疑われてしまうこともあります。これが「仕事がない」と感じる一因となるのです。

例えば、ある重要な契約交渉の場で、その会社は通訳者に守秘義務を求めます。その通訳者が実績がない場合、その能力や信頼性を疑われ、結果として仕事を任せられない、ということが起こり得ます。そのため、通訳者として多くの仕事を得るためには、実績を積むことが大切なのです。


営業力の低さが原因

通訳者として「仕事がない」と感じる状況は、多くの場合、営業不足が原因であることも少なくありません。つまり、自分が通訳者であること、そしてお客様に価値を提供できることを十分にアピールしていないからです。何も行動を起こさなければ、通訳の仕事は自然と舞い込んでくるものではありません。この現実を理解し、自身をアピールすることで仕事が増える可能性が高まります。

具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。ここで私が提案するのは、SNSやYouTubeを活用するという方法です。時代はデジタル化が進み、情報はインターネットを通じて瞬時に広まるようになっています。そのような環境で、自分自身をブランディングし、自身の能力や実績を発信することで、自然と仕事が増える可能性があります。

例えば、自分の専門性や得意な分野、また過去の通訳実績などをTwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSで発信するといいでしょう。これらのプラットフォームは、自身のスキルや経験を伝えるだけでなく、他の通訳者やクライアントと繋がりを持つ場ともなります。また、YouTubeを活用し、自身が通訳を行う様子を動画に収め、それを共有するのも一つの方法です。これにより、通訳者としての実力を具体的に示すことができます。

このように自分自身を積極的に発信することにより、クライアントからの信頼も深まります。通訳者としての「仕事がない」という状況は、自分自身の能力をアピールし、その価値を伝えることで大きく変わることが可能です。日々自己アピールに努め、自身のブランドを構築することが、通訳者としての成功に繋がるのです。


通訳エージェントが大量の案件を持ってる

あなたが通訳者として「仕事がない」と感じているなら、その理由の一つに通訳エージェントへの登録がないことが挙げられるかもしれません。通訳エージェントは、大手企業やイベントなどを担当する、数多くの優秀な通訳者を抱えています。そして、そのエージェントは企業から「レベルの高く、実績がある通訳者を送ってくれる」という安心感を提供します。

エージェントはただ通訳者と企業を繋げるだけではありません。彼らは、通訳者がその業務を遂行する上で必要な条件や報酬、守秘義務などの細かな契約内容を交渉し、通訳者の利益を守る役割も果たします。そして何か問題があった場合、エージェントはその解決に向けて行動します。これらの信頼性から、特に大手企業は高単価で通訳エージェントに仕事を依頼する傾向にあります。

具体的な例としては、ある通訳者が直接企業と交渉したとき、単価や条件が厳しかったとします。しかし、その通訳者がエージェントに登録した後、同じ企業からの依頼があったとき、エージェントが適切な報酬と条件を交渉することで、より良い状況で仕事を行うことができました。

通訳者が「仕事がない」と感じるのであれば、自身のスキルや経験を活かすために、まずは通訳エージェントへの登録を考えてみてはいかがでしょうか。


フリーランスは継続的な仕事が得にくい

通訳者として「仕事がない」と感じる場合、その原因の一つに、継続的な仕事が来ないことが挙げられるでしょう。特に、キャリアの初期段階では、実績も信用もまだ確立されていないため、仕事を得ることは困難です。

仕事を探す一つの方法として、求人サイトやクラウドソーシングサイトを利用することがあります。しかし、ここで得られる仕事は、プロジェクトごとの一時的なものであり、継続的な仕事とはなりません。たとえば、一つのプロジェクトが終了したら、次に続く保証はありません。これでは安定した収入を得ることは困難でしょう。

また、通訳エージェントに登録しても、「仕事がない」状況を改善するには時間がかかるかもしれません。なぜなら、良質な仕事はしばしば経験豊富で高レベルの通訳者が継続的に受け持つためです。新人の通訳者は、そのような仕事を得るのはなかなか難しいのが現実です。

具体的な例を挙げてみましょう。ある新人通訳者が通訳エージェントに登録しました。しかし、最初の数ヶ月間は小規模な仕事しか来ませんでした。経験を積むことでレベルアップを図り、ようやく大きな仕事を任されるようになったとき、既に継続的に大きな仕事を受け持っているベテラン通訳者にその仕事を譲ることになったのです。

これは厳しい現実かもしれませんが、通訳者としてのキャリアを積む過程では、こうした挑戦を乗り越えていく必要があります。自身の能力を磨き、信頼を積み上げ、継続的な仕事を得ることができるようになるまで、持続力と根気が求められます。


すでにAIに仕事を奪われてる

今日、私たちは急速に進化するAIの影響を通訳業界でも目の当たりにしています。それは、通訳者として「仕事がない」と感じる原因の一つで、特に簡単な通訳業務が影響を受けているのです。

近年のAI技術の発展は目を見張るものがあります。特に言語翻訳能力において、文字ベースのAIモデル、ChatGPTは人間を凌駕する翻訳能力を有しています。また、人間が書いたと思われるほど自然な文章を生成することも可能です。これらの進化は、通訳の分野にも間違いなく影響を及ぼすでしょう。

具体的には、簡単な通訳業務に対する需要が減少する可能性があります。例えば、日常的な会話レベルの翻訳、基本的なビジネス英語の翻訳などはAIによってカバーされるようになるでしょう。もしAIがこうした業務を遂行できるようになった場合、仕事がない通訳者が増えるだけでなく、簡単な通訳業務の単価も大幅に下がることでしょう。

たとえば、今まで英語と日本語の基本的な会話を翻訳するために通訳者を雇っていた企業が、AIを利用した翻訳システムに切り替える事例が出てくるでしょう。このような場合、企業はコストを大幅に削減でき、同時に24時間、即時の翻訳サービスを提供できるようになるため、人間の通訳者を雇うメリットが減少します。

それは厳しい現実かもしれませんが、これからの通訳者に求められるスキルは、AIがまだ到達できていない領域、たとえば高度な専門知識を必要とする通訳や、文化的なニュアンスを理解する通訳など、より高度なものとなるでしょう。通訳者として生き残るためには、これらの高度なスキルを身につけ、自分自身の価値を上げていくことが重要となります。

おわりに


通訳者としてのキャリアは疑いなく挑戦的なものです。「通訳の仕事がない」という問題に直面することも少なくありません。しかし、今回探求した様々な理由と解決策を理解し、適切な対策を講じることで、その困難を克服することが可能です。

英語力の向上、実績の積み重ね、適切な営業活動、通訳エージェントへの登録、そしてAIとの共存。これらは全て、あなたが通訳という仕事で成功を収めるための道標となるはずです。

そして最も重要なことは、自分自身を成長させる意欲を保ち続けることです。知識とスキルを絶えず更新し、自身の価値を高めていくことで、「通訳の仕事がない」という現状を乗り越えていけるのです。

あなたが通訳という道を進む上で、今回の情報が何らかの助けとなり、また新たな視点を提供できたことを願っています。どんなに困難な道のりであったとしても、あなた自身の力でそれを乗り越えることができます。前進し続けてください、その先にあるのは、きっと光り輝く未来でしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X