ENGLISH WORK公式

航空管制官がつまらない言われる10の理由

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今回の記事では、航空管制官という職業にスポットを当ててみたいと思います。航空管制官と聞くと、多くの方が高度な技術や専門知識を持ったプロフェッショナルをイメージするかもしれません。確かに、彼らは私たちが安全に空を飛ぶための裏方として、日々緊張感を持って業務に取り組んでいます。

しかし、一方で「航空管制官の仕事はつまらない」という声も耳にすることがあります。一体、どうしてこのような声が上がるのでしょうか? その背後には、どのような現実や課題が存在するのでしょうか。

この記事では、航空管制官の仕事の魅力とともに、なぜ「つまらない」と感じる瞬間があるのか、その理由を深掘りしていきます。航空管制官の日常や彼らが直面する課題を知ることで、この職業に対する理解が深まることを願っています。


航空管制官がつまらない言われる10の理由

ルーティンワークの側面があり、つまらないと思われてる?

航空管制官の仕事が「つまらない」と言われること、皆さんはどれくらい耳にされていますか?私もそのような声を聞いたことがあります。そして、その背景には「ルーティンワーク」があると感じています。

航空管制官の仕事は、一度覚えてしまえば、基本的には毎日同じ業務をこなすことになります。飛行機の遅延や天候の変化など、イレギュラーな状況は確かに発生します。しかし、それらの状況に対する対応も基本的には決まっており、日常業務に大きな変更は生じません。このルーティン性が、仕事に対する「つまらない」という感覚を生む要因の一つとなっているのかもしれません。

一方、一般の会社での仕事、例えば企画やマーケティング、営業などは、日々の業務にクリエイティビティが求められることが多いです。新しい商品のアイディアを考えたり、どのようにサービスを売り出すかの戦略を練ったり…。これらの仕事は、まるでゲームのように楽しむことができると感じる方も多いでしょう。しかし、航空管制官の仕事には、そのようなクリエイティビティを発揮する場面は少ないのが現実です。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、ルーティンワークの側面を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


褒められずの減点方式の仕事がつまらない?

「つまらない」という言葉が、航空管制官の仕事に対して使われることがあるのをご存知でしょうか。その背後には、減点方式の仕事という特性が影響していると感じています。

航空管制官の仕事は、ミスをしないことが前提となっています。飛行機の安全な運行を担保するため、その責任は非常に重大です。そのため、日常的に業務を順調にこなしていても、特別に褒められることは少ないのが現状です。一方、もしミスを犯してしまった場合、それが大きな損害を引き起こす可能性があるため、注意や指摘を受けることが多くなります。

このような減点方式の評価が、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じさせる要因の一つとなっているのかもしれません。多くの職場では、良い成果を上げたり、努力をした際には褒められることが期待されます。しかし、航空管制官の場合、そのようなポジティブなフィードバックを受け取る機会が少ないのです。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、この減点方式の評価の側面を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


給料や昇進に夢がない

「つまらない」という言葉、その背後には、キャリアや給料の面での制約が影響していると感じています。

航空管制官の仕事は、多くの人々にとって夢のある仕事として知られています。航空管制塔という、航空管制官のみが入れる特別な場所から、飛行機という大きな乗り物に指示を出し、空の安全を守るという役割は、多くの人々にとって憧れの存在です。しかし、その背後には、給料や昇進の面での制約が存在しています。

給料面では、航空管制官は国家公務員であるため、給与の上限が決まっています。また、役職に関しても年功序列が主であり、どれだけ頑張っても昇進のチャンスは限られています。このような制約が、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じさせる要因の一つとなっているのかもしれません。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、キャリアや給料の面での制約を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


ドラマとのギャップでつまらないと思われる?

「つまらない」という言葉が、航空管制官の仕事に対して使われることがあるのをご存知でしょうか。その背後には、ドラマや映画での描写と現実とのギャップが影響していると感じています。

航空管制官に関するドラマは、過去にいくつか制作されています。特に2012年10月14日から12月23日までフジテレビ系で放送されていた『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』は、多くの視聴者に大きな印象を残しました。そのドラマの中では、航空管制官たちが日々の業務を通じて様々な困難を乗り越え、時には感動的な瞬間を迎える姿が描かれていました。キラキラとした雰囲気、緊張感あるシーンの連続…。多くの人々がそのドラマを通じて、航空管制官の仕事に憧れを抱いたことでしょう。

しかし、現実の航空管制官の仕事は、ドラマのように常にドラマチックなわけではありません。もちろん、緊急事態や特別な状況に対応することもありますが、日常の業務はルーティンワークが中心です。また、ドラマでは主に航空管制塔の中での業務が中心に描かれていましたが、実際には普通のビルでの業務も多くあります。

このようなドラマと現実とのギャップが、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じさせる要因の一つとなっているのかもしれません。ドラマの中のキラキラとした世界と、現実の業務のギャップに戸惑う方も少なくないでしょう。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、ドラマとのギャップを無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


命の重さを背負う: 余裕を持てる仕事じゃない

「つまらない」と言われる原因には、極めて高い責任感が求められるこの仕事の性質が影響していると感じています。

航空管制官は、空の交通整備を担当する仕事です。飛行機の離着陸を指示し、飛行機が安全に航行できるようにサポートする役割を果たしています。この仕事には、飛行機に乗っているお客様の命を預かるという重大な責任が伴います。また、航空機という膨大な資金を使って購入された機体を扱うため、経済的な価値も非常に高いです。

このような大きな責任を伴う仕事のため、もし事故につながるようなミスを犯してしまった場合、命の損失や経済的な損害が発生する可能性があります。さらに、ミスによって飛行機の遅延を引き起こしてしまった場合、航空会社だけでなく、お客様にも多大な迷惑をかけることになります。

このような高い責任感から、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じる方もいるかもしれません。楽しむ余裕がない、という声も聞かれることがあります。しかし、その背後には、多くの人々の命や安全を守るというやりがいも存在しています。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、その高い責任感を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


転勤が多く人間関係が作りにくく、つまらない?

「つまらない」と言われる原因に、同僚との長い付き合いが難しいという現実が影響していると感じています。

航空管制官は国家公務員であり、その性質上、転勤(人事異動)が避けられないのです。数年ごとに全国規模での転勤が行われるため、同じ場所での長い付き合いや深い絆を築くのは難しいことが多いのです。基礎研修を修了すると、研修生ひとりひとりが全国の管制機関への赴任を命じられます。そして、赴任地は個人の希望で決まるものではありません。たとえ「出身地の空港でずっと働きたい」といった希望があっても、それが叶うわけではありません。

このような状況が、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じる要因の一つとなっているのかもしれません。新しい場所での仕事は新しい経験や学びがある一方で、同僚や友人との別れや新しい環境への適応が求められるため、心理的なストレスも伴います。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、転勤という現実を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。


週末の休みの取りづらさも「つまらない」と言われる原因?

週末の休みの取りづらさも「つまらない」と言われる原因に。

多くのサラリーマンやオフィスワーカーにとって、土日の休みはリフレッシュの時間。家族や友人との時間を楽しむための大切な日々ですよね。しかし、航空管制官の場合、そうはいきません。なぜなら、空港は毎日営業しているからです。航空管制官としての勤務スタイルは、4日勤務して、1日または2日間休みという形が一般的です。

このような勤務スタイルのため、友達や恋人との休日のタイミングが合わないこともしばしば。週末にイベントやデートを計画するのも難しく、その結果、社交的な活動が制限されることも。この点が、航空管制官の仕事を「つまらない」と感じる要因の一つとなっているのかもしれません。

もちろん、航空管制官の仕事には他にも多くの魅力ややりがいがあります。しかし、週末の休みの取りづらさという現実を無視することはできません。それが、この仕事に対する「つまらない」という声の一因となっているのかもしれませんね。

おわりに


航空管制官の仕事について、深く掘り下げて考察してきました。一見、華やかに映るこの職業も、実は多くの課題や困難に直面していることがわかりました。そして、その中で「つまらない」と感じる瞬間もあるのだと理解しました。

しかし、それらの困難や課題を乗り越えて、私たちの安全を守る彼らの努力や献身は、計り知れないものがあります。この記事を通して、航空管制官という職業に対する理解や尊敬の気持ちが少しでも深まったら幸いです。

最後に、航空管制官の皆さん、そしてその背後で支えている多くの関係者の方々に、心からの感謝を伝えたいと思います。私たちが安心して空を飛ぶことができるのは、彼らのおかげです。本当にありがとうございます。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X