ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダントの仕事キツい9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今日はちょっと異なる視点から、あの美しい制服を着て飛行機の中を颯爽と歩くキャビンアテンダントについてお話ししたいと思います。私たちはよく、キャビンアテンダントの仕事が「華やか」で「憧れの職業」だというイメージを抱きがちですが、実はその裏側には、私たちが想像する以上にキツい事情が存在します。

この記事では、そんなキャビンアテンダントが直面する可能性のある数々のハードな現実について深掘りしていきます。自律神経の乱れによる健康リスク、仕事のキツさ、うつ病の可能性、プライベートの犠牲、そして訓練の厳しさ等々。一見華々しいキャビンアテンダントの仕事ですが、実はこれらの難題に対処しながら高いレベルのサービスを提供し続けなければならないのです。

もちろん、キャビンアテンダントの仕事には楽しさややりがいもあります。それに様々な国や文化に触れるチャンスもたくさんあります。だからこそ、多くの人がキャビンアテンダントを目指すのでしょう。しかし、その一方で、この仕事の本当の厳しさを知ることは、それを選ぶ上で非常に重要です。

それでは、一緒にキャビンアテンダントの世界を探っていきましょう。


キャビンアテンダントの仕事キツい9つの理由

無情のスケジュール:不規則な生活と自律神経の乱れ

まず、キャビンアテンダント(CA)の仕事は、ひと言で言うとキツいです。その理由の一つに、彼らが日々取り組む、非常に不規則な生活スケジュールがあります。CAの勤務スケジュールは、飛行機のスケジュールに基づいて決定されます。早朝便、深夜便、長距離便…その種類は多岐にわたります。そして、これらのスケジュールは毎週、毎月変わります。

多くの人々が日常的に「朝起きて、夜寝る」というリズムで生活している中、CAは全く異なるリズムで生活することが求められます。彼らは「朝寝て、夜起きる」こともありますし、「徹夜をする」こともあります。そしてそのすべてが、CAの体調や仕事のパフォーマンスに影響を与えるのです。

航空会社はもちろん、CAが十分な休息を取れるように考慮したスケジュールを組むでしょう。しかし、そのスケジュールに合わせて睡眠を取り、体を休めることができるとは限らないのが現実です。実際には、体が必要とする睡眠時間と仕事のスケジュールが一致しないことが多いのです。

これにより、体は「本来寝たい時間に起きていて、起きているべき時間に寝ている」状況になります。これは、体の自律神経に大きなストレスを与える可能性があります。自律神経は、心拍数、血圧、呼吸、消化などの生命維持機能を調節しているため、その乱れは体全体に影響を及ぼします。これがキャビンアテンダンとの仕事がきついと言われる理由です。


毎回初めましての同僚とフライト

仕事場での人間関係は、時に難しく、心を疲れさせるものですよね。それは、キャビンアテンダントの職場でも例外ではありません。しかしその背後には、彼らが特有の状況に置かれているからこそ発生する問題があるのです。

普通の職場だと、同じメンバーと毎日一緒に働くことがほとんどですよね。これが一種の安定をもたらし、人間関係を築く上での土台となります。しかし、キャビンアテンダントの場合は少々違います。

なぜなら、彼らの職場は、フライトごとにコロコロと変わる同僚とともに空の上、つまり飛行機の中なのです。たしかに、所属している班の同僚と一緒に働くフライトは月数回設けられています。それでも、その他の多くのフライトでは、数千人もの社員の中からそのフライトに割り当てられたキャビンアテンダントと一緒に仕事をすることになります。

これはつまり、毎回のフライトが初対面の人との仕事となる、ということを意味します。その度に新たな人間関係を築くのは、言うまでもなく精神的な負担となります。これが、キャビンアテンダントの仕事がキツいと感じられるもう一つの要素となっています。

つまり、不規則なスケジュールだけでなく、毎回新たな人間関係を築かなければならないという状況が、彼らのストレスに拍車をかけているのです。この現実を知ることで、我々は彼らが直面する難しさをより深く理解することができるでしょう。


カオスの人間関係:毎回の新顔と女社会の厳しさ

キャビンアテンダントの仕事がキツいと言われる理由の一つに、特有の人間関係の難しさがあるのは既にお伝えしましたが、それにはもう一つの側面が存在します。

それは、女性が多く在籍する職場特有の、いわゆる「女社会」の難しさです。普通の会社とはまた違った、少々陰湿な要素を持つことがあるんですよね。ここで述べるのは決して全ての職場、全てのキャビンアテンダントが経験することではないですが、一部にはそうした現象が見られると聞きます。

例えば、ネット上にはキャビンアテンダントの職場環境について以下のような経験談が散見されます。「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」、「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる」、「自分を守るためなら平気で嘘をつく」、「都合よく相手を利用する女ばかり」。

もちろん、これらは一部の人々の声であり、一方で尊敬できる優しい方も多くいらっしゃるそうです。しかし、同じくらいの頻度で、人間性を疑うような行動を見せる人も存在するとのこと。そんな環境で仕事を続けていると、最初は明るく友好的だった人が、徐々にその陰湿な雰囲気に染まってしまうこともあるといいます。

このような現状があるからこそ、キャビンアテンダントの仕事はキツいと言われるのです。毎回新顔の同僚と仕事をするだけでなく、女性が多い環境特有の人間関係にも頭を悩ませる必要がある。それは一筋縄ではいかない問題で、一人ひとりがその対処法を模索しながら自分の道を切り開いていくしかないのかもしれません。


鬼のルーティンワーク:華やかな表面下の同じ日々

キャビンアテンダントと聞くと、素敵な制服に身を包んだ美しい姿が浮かび上がるかもしれませんね。綺麗にセットされたヘアスタイル、整ったメイク、そしてあの特有のエレガントな仕草。なんて華やかなイメージでしょう。しかし、その華やかな表面下では、同じルーティンを繰り返す日々が待っているのです。

例えば、キャビンアテンダントの一日の流れは、おおよそ次のようなスケジュールになります。「フライト前のブリーフィング→機内安全チェック→乗客の搭乗→安全説明→食べ物や飲み物の提供→ドリンク・食事サービス→回収→機内販売→着陸」。そしてこの一連の流れが、フライト毎に繰り返されます。

これらのタスクが全て必要であり、そして重要であることは間違いありません。それぞれの項目は、乗客の安全と快適さを守るための重要な役割を果たしています。しかし、それらを日々同じ順序で繰り返すとなると、キツいと感じることもあるでしょう。慣れ親しんだ作業でも、その繰り返しは時には厳しさを伴うものです。

そのため、見た目の華やかさやステータスといったものとは裏腹に、キャビンアテンダントの仕事はルーティンワークが主であり、その繰り返しに対処するスタミナが求められるのです。その点を理解した上で、改めてキャビンアテンダントの仕事がキツいと感じる理由を理解いただけたらと思います。

業務の繰り返しやルーティンワークがもたらすストレスについては、どんな仕事でも感じることがありますが、キャビンアテンダントの場合、その他にも挙げたような厳しい環境や条件が重なることで、よりキツいと感じることがあるのかもしれません。


限定的スキルセット:他の業界で活かしにくい?特殊技能

次に、「限定的スキルセット:他の業界で活かしにくい特殊技能」について触れてみましょう。キャビンアテンダントの仕事がキツいと感じる理由の中には、他の業界で通用するスキルが身につきにくい、という点もあります。

キャビンアテンダントの仕事は、社会的な意義が大いにありますよね。顧客へのサービス提供、機内の安全確保、緊急時の対応など、高いスキルと責任感が求められる職業です。ただし、そのスキルが他の業界でどれほど活かせるかというと、必ずしも高い親和性があるとは言えないかもしれません。

例えば、ホテル業界やレストラン業界などの接客業に進む場合、CAのスキルは大いに活かされるでしょう。しかし、それがマーケティングや企画、開発などの仕事に転じるとなると、未経験の状態からスタートせざるを得ない場面も出てくるでしょう。

これが、キャビンアテンダントがキツいと言われる理由の一つです。キツいと感じる原因の一つが、特定のスキルに限定された仕事を長くやってきた結果、それ以外の業界で活躍するためのスキルが身につきにくいという現実です。

この事実は、CAを退職しようと考える時にも大きな壁となります。新しいフィールドでの活動を始めるとなると、キツい再スタートを余儀なくされることもあるのです。

しかし、これは必ずしも悪いことだけではありません。むしろ、全く新しい経験を積むための機会でもあります。挑戦することは難しく、時にはキツいこともありますが、新たな視点やスキルを身につけることで、これまでの経験を深い理解とともに新しい道へとつなげていくことも可能なのです。


健康への潜在的リスク:自律神経の乱れと体調不良

次に「健康への潜在的リスク:自律神経の乱れと体調不良」についてお話ししましょう。これもまた、キャビンアテンダントの仕事がキツいと感じる要因の一つです。

私たちの生活リズムは自律神経によって大きく支配されています。そして、自律神経が正常に機能するためには、規則正しい生活が求められます。しかしながら、CAの仕事は前述の通り、その性質上、不規則な生活となりがちなのです。

それにより、自律神経が乱れるという問題が発生しやすくなります。自律神経が乱れると、体の機能が正常に働かなくなることもあり、それが精神状態に影響を及ぼしたり、生理周期の乱れを引き起こしたり、肌トラブルを生じさせたりする可能性があります。これらはすべて、キャビンアテンダントがキツいと感じる大きな要因となります。

また、乱れた自律神経は、長時間にわたるフライト、頻繁な時差ぼけ、寝不足など、CA特有の生活スタイルからくるストレスと相まって、さらなる体調不良を招きやすくなります。キツい労働環境は、時にはCAの健康を直接脅かすこともあります。

だからと言って、これがCAの仕事を避ける理由になるかというと、必ずしもそうではありません。自律神経の乱れは、適切なケアと対策を講じることで、ある程度管理することが可能です。それがキツいと感じる時もあるでしょうが、それに対する対策を知り、それを実行することで、健康を維持し続けることができます。


想像を超える重労働:見た目の美しさに隠された苦労

キャビンアテンダントの仕事は、一見華やかでエレガントなイメージがありますよね。しかし、その美しさの裏側には、なかなか厳しい現実が隠されているのです。

みなさん、キャビンアテンダントの仕事がキツいと言われるのは何故かご存知ですか?一つの答えは、実はとても重労働だからなんです。彼女たちが頭上の収納に乗客の荷物を納める様子を見かけたことはありませんか?見かけただけでも、それぞれのバッグの重さが想像できるでしょう。一つのバッグが10kg近い重さだとしたら、それを何度も何度も持ち上げるのは、それ自体が相当な筋力を要求します。

それだけではなく、食事や飲み物の提供もまたキツい部分の一つです。食事カート、あるいは「ギャレー」と呼ばれるカートは、満載すると1個で100kg以上にもなることがあります。こんな重量物を機内の狭い通路を押して進むのは、かなりの力仕事。さらに、食事を取り出したり、配膳したりする際には、しゃがんだり立ち上がったりを何度も繰り返す必要があります。

また、窓側のお客様に食事を提供する際には、カートから食事を取り出し、お客様に手渡すまでの間、腕の筋肉をフルに使う必要があります。それを何度も何度も繰り返すと考えると、一日の仕事が終わる頃には、まるでジムでトレーニングをしたかのような疲労感に襲われることでしょう。

以上のような理由から、キャビンアテンダントの仕事は、美しさの裏に隠された重労働であると言えます。そんな彼女たちの働きぶりを見て、きっと尊敬の念を抱くことでしょう。一方で、これらのキツい現実を理解した上で、キャビンアテンダントという職業に就くことを希望する人も少なくないはずです。それは、彼女たちが提供するサービスに対する情熱と、顧客の満足を追求する姿勢が、その労働の価値を高めているからです。


うつ病の危険:職業特性による精神的な苦痛

キャビンアテンダントの仕事は、見た目の華やかさとは裏腹に、思いの外キツい部分が多いです。そういったキツい環境が、時にはうつ病を引き起こすリスクとなるのです。

確かに、うつ病はどの業種でも発症する可能性があります。しかし、キャビンアテンダントの仕事には特有の要素が幾つかあり、それらがうつ病のリスクを高めています。一つ目は、自律神経の乱れです。長時間の飛行や時差の影響で生活リズムが乱れると、自律神経も乱れがちになります。これが精神的なストレスとなり、うつ病を引き起こす可能性があるのです。

二つ目は、昼夜逆転の生活になりがちな点です。これはキャビンアテンダントの勤務スケジュールが不規則であることに起因します。昼夜が逆転すると、体のリズムが狂い、ストレスが溜まりやすくなるため、うつ病のリスクが高まると言われています。

三つ目は、女性が多い職場環境の中で働くという特性です。女性の中には、感情的なストレスを抱え込みやすい人も少なくありません。また、職場の人間関係に悩むことも多く、これがストレスとなりうつ病を引き起こすことがあるのです。

以上のように、キャビンアテンダントの仕事は、その職業特性からくる精神的な苦痛がキツいと言われる理由の一つとなっています。


プライベートの犠牲:休みが取りにくいという現実

キャビンアテンダントという職業は、プライベートな時間が確保しにくいというキツい側面を持っています。

一般的には、週末が休みという勤務スタイルが多いですよね。友達と遊んだり、趣味を楽しんだりするには土日が休みのほうが都合が良いことが多いです。しかし、キャビンアテンダントの休日は固定していません。例えば、「月に○日以上休み」や「4日働いたら2日休み」などという形で、休みの取り方が柔軟に設定されています。

このような働き方は、仕事とプライベートのバランスをとる上でキツい面もあります。大学時代の友人と休みを合わせて出かけるといったことが難しくなりがちです。また、趣味や習い事など定期的に参加するアクティビティを持つのも難しくなります。長期的に計画を立てるのも一苦労で、その点でもプライベートが犠牲になることが多いのです。

一方で、そうした制約の中で自分自身をコントロールする力が身につくことも事実です。自分の時間を有効に使う方法を模索し、時間管理能力を磨くことが求められます。それでもやはり、プライベートの制約はキャビンアテンダントのキツい部分と言えるでしょう。

ですから、キャビンアテンダントを目指す人は、このキツい現実をしっかりと理解した上で、自分がどう対処していくかを考えることが大切です。

訓練編:キャビンアテンダントの地獄の訓練過程


サービス訓練の厳しさ

キャビンアテンダントとして働くための前提となる訓練の厳しさについて、私の考えをお話ししたいと思います。

キャビンアテンダントとして働く前には、確かに厳しい訓練が必要となります。それは、まさにキャビンアテンダントの仕事がキツい理由の一つです。訓練は大きく分けて「サービス訓練」と「保安訓練」の二つに分かれ、そのどちらもが非常にキツいのです。

サービス訓練について具体的に見てみましょう。「フライト前のブリーフィング→機内安全チェック→乗客の搭乗→安全説明→食べ物や飲み物の提供→ドリンク・食事サービス→回収→機内販売→着陸」といった基本的な流れを訓練します。この一連の流れをスムーズに行えるようになるまでの訓練は、想像以上にキツいものです。

さらに、身だしなみや言葉遣い、マナー、メイクの仕方なども学びます。これらの訓練は一見シンプルに見えるかもしれませんが、実際には高い技術と緻密な心遣いが求められます。それぞれの項目において、一定の基準を満たすことが求められるので、訓練はかなり厳しいと言えるでしょう。

しかし、こうしたキツい訓練を経験することで、キャビンアテンダントとして必要なスキルとマインドを身につけることができます。それは、お客様に対して最高のサービスを提供するための大切なステップなのです。


保安訓練の厳しさ

キャビンアテンダントの訓練と言えば、サービス訓練がまず思い浮かぶかもしれません。しかし、それだけではなく、保安訓練も非常に重要で、そして非常にキツいものとなっています。これは、人の命を守るための訓練ですから、その厳しさは想像以上かもしれません。

具体的には、緊急脱出用スライドを使った脱出訓練や、エンジントラブルで海上に着水した場面を想定した水上脱出訓練、AEDの使い方、消火訓練など、機内で発生が想定されるあらゆる事故に対処するための訓練が行われます。これら全ての訓練は、実際に緊急事態が発生した時に備えて行われます。これは、私たちが常に安全に空を飛べるようにするための重要なステップなのです。

そして、その厳しさは、サービス訓練以上でしょう。なぜなら、保安訓練は人の命がかかっているからです。そのため、教官もより厳しい指導を行います。ここまでのキツさがあるので、中にはこれがつらくてキャビンアテンダントをやめてしまう人もいるようです。


大量の情報を覚える圧力

キャビンアテンダントになるための訓練は、それ自体が非常にキツいもので、その一環として大量の情報を覚えなければならないというプレッシャーもまた、大きな要因となっています。

訓練期間は一般的に2〜3ヶ月ほどと言われています。しかし、その間に覚えるべき情報は圧倒的です。航空機の構造や操作方法、緊急時の対処法、乗客の安全に関する知識、そして多種多様なサービスについての知識等々、全てを頭に入れなければなりません。

そして、その全てが一度に与えられるのではなく、日々新しいことが投げかけられてきます。それらを頭に叩き込むためには、一日でも気を抜くことはできません。さらにキツいことに、訓練中は毎日のようにテストが行われ、覚えたばかりの情報の理解度をチェックされます。

これは私が考える、キャビンアテンダントの訓練がキツい理由の一つです。ただ、その反面、これらの訓練を乗り越えて初めてキャビンアテンダントとしての仕事に就くことができるという事実も忘れてはなりません。そのキツさは、乗客の安全と快適な旅を確保するための必要なプロセスなのです。

おわりに


それでは、キャビンアテンダントという職業についてのリアルな一面についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。私たちが普段目にする彼女たちの明るい笑顔と高品質なサービスの裏には、想像以上にキツい訓練や厳しい業務条件、そしてそのために必要な努力や献身が存在します。

しかし、ここでご紹介したキツい部分ばかりに目を向けると、キャビンアテンダントの職業が全くの苦行のように感じられてしまうかもしれません。それは違います。確かにキツい部分も多いですが、それと同時に楽しさややりがい、達成感など、他の職業にはない特別な魅力がキャビンアテンダントの仕事には存在します。それが、彼女たちが難題に立ち向かい続ける原動力にもなっています。

私たちは、彼女たちのサービスを受けるたびに、その努力や献身を忘れずに感謝の気持ちを持つことが大切だと思います。そして、これからキャビンアテンダントを目指す方々が、この記事を通じて、職業選択における参考にしていただければと思います。

皆さんがどんな職業を選ぶにせよ、その職業には必ず良い面と厳しい面があることを忘れないでください。大切なのは、その厳しい面に立ち向かう覚悟と、それを乗り越えるための強い意志です。皆さんの職業選択が、自分自身の成長と幸せにつながるものであることを願っています。それでは、また次回のブログでお会いしましょう。ありがとうございました!

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X