ENGLISH WORK公式

AI時代でも通訳の将来性が明るい5つの理由:脅威もある

  • 投稿日時:8か月前

AIの発展が著しい現代、人間とAIの関係性やそれぞれの役割はますます注目されるようになっています。その中でも特に、言語翻訳・通訳の分野では、AIの能力向上とともに大きな変革が期待されています。

この記事では、AIが通訳の分野の「将来性」にどのように影響を与えるか、また人間がAIの進化とともにどのように変化していくべきかについて考察していきます。具体的には、AIが一般の人々を通訳レベルまで引き上げる可能性、AIの感情的ニュアンスやダブルミーニングの理解力の進化、そしてAIの圧倒的な知識量と人間の情報アクセス力の限界について掘り下げていきます。

これらの話題を通じて、AIと人間が共存する未来の「将来性」について一緒に考えていきましょう。


第1部:通訳の将来性が明るい理由

人間にしかできない通訳の精緻さと確認作業の重要性

人間とAI。両者はどちらが将来的に通訳業界を支配するのでしょうか。この問いに対して、私たちは楽観的な視点を持っています。つまり、「通訳の将来性」は明るいと考えているのです。その理由について、具体例を交えながらお伝えします。

人間にしかできない通訳の精緻さを理解するためには、プロの通訳者が求められる場面をイメージすることが有効です。例えばビジネスや政治の交渉場面。ここでの通訳のミスは許されません。一言の誤訳が大きな契約の決裂を招いたり、国際関係に影響を及ぼす可能性があります。このような場面で活躍するプロの通訳者は、細心の注意を払って、ミスのない通訳を提供することが求められています。

一方、AIによる通訳も進化を遂げています。しかし、その進化がAIの完璧さを保証するものではありません。確かにAIは大量の情報を即座に処理し、多様な言語を自在に変換できる能力を持っています。しかし、AIは絶対にミスを犯します。何故ならAIは機械であり、完全なる精緻さという人間の感覚を理解することはできないからです。そして最も重要な点は、AIは自分のミスを自己修正することができないということです。

ここでプロの通訳者の真価が発揮されます。彼らは自分のミスを自ら気づき、必要な修正を施すことができます。また、通訳が難しい部分があれば、うまく言葉を濁すなどして、コミュニケーションが途切れないように工夫します。このような調整能力は、人間の持つ柔軟さと判断力から生まれるもので、AIにはまだ到達していません。

さらに、プロの通訳者はコミュニケーションのニュアンスを捉え、それを正確に伝える能力を持っています。例えば、「彼は考えています」という表現は、その人がただ思考にふけっているのか、まだ決定を下すべきか迷っているのか、といったニュアンスがあります。AIはこのような微妙なニュアンスを正確に理解し、適切な表現で伝えることが難しいのです。


AIがまだ対応できないリアルな世界とノンバーバルコミュニケーション

通訳という職業が抱える「将来性」について深く考える際、どうしても避けては通らないのがAIの存在です。AIの進化により、多くの仕事が自動化され、効率化されています。しかし、通訳業界においては、AIが全てを支配するという未来像は実現しないと考えます。その理由を、リアルな世界とノンバーバルコミュニケーションの観点から説明します。

通訳とは、ただ言葉を翻訳するだけの仕事ではありません。もちろん、言語の知識と変換能力は必須ですが、それだけでは十分な通訳を提供することはできません。通訳者は、話す人の表情や視線、身体の動きなど、ノンバーバルな情報を読み取ることも求められます。これらの情報は、言葉そのものでは伝えきれない、相手の感情やニュアンス、意図を理解する上で非常に重要です。

しかし、現時点では、AIはこれらのノンバーバルな情報を完全に理解し、適切に反映する能力を持っていません。例えば、会議の場で参加者が皆、肯定的な表情をしていても、一人だけが否定的な表情をしているとき、その人の言葉だけではなく、表情も正確に理解することが重要です。この微細な表情の違いをAIが理解し、適切に翻訳することは現状では難しいと言えます。

さらに、通訳の仕事はリアルな世界に干渉する能力も求められます。言葉はただの文字情報だけでなく、背景にある文化や体験、特定の状況への理解などが必要です。しかし、AIはまだこのようなリアルな世界への干渉が難しいのです。たとえば、ある特定の地域でしか使われない方言や、ある特定の文化でのみ理解できる言い回しをAIが理解し、適切に翻訳することは非常に困難です。


AIの嘘つき問題とビジネス・交渉における通訳の価値

AI技術の進歩により、我々の生活はさまざまな形で便利になっていますが、ビジネスや交渉シーンでは、今なお人間の通訳者が不可欠です。ここでは、AIが抱える問題と、通訳の「将来性」について考えてみましょう。

まず、現在のAIは、意味の通る文章を生成するために、平気で嘘をつくことがあります。機械学習の仕組みからくるもので、AIは教師データを基にモデルを学習しますが、それが全て正確であるとは限らないのです。また、AIは教師データに含まれる情報しか学習できないため、新たな情報や変化に対応する能力は限定的です。

例えば、契約交渉の場では、一部の情報が新たに提供されたり、交渉の状況が変化したりします。AIはそのような新情報を理解し、それに基づいて適切な言葉を選ぶことは難しいでしょう。その結果、AIが提供する情報が実際の状況とは異なる、つまり嘘となる可能性があります。

ビジネスや交渉においては、正確な情報が求められます。契約を交わす際、情報が誤っていたり不完全だったりすると、それは双方にとって大きなリスクをもたらします。つまり、AIの持つ嘘つき問題は、ビジネスや交渉におけるAIの活用を阻む大きな壁となります。

一方で、人間の通訳者は、その場の状況を直感的に理解し、新たな情報を迅速に反映できます。さらに、通訳者は自分の判断や責任感を持って仕事を行うため、適切な言葉を選び、誤解を生むような表現を避けることができます。これらの能力は、AIがまだ持ち合わせていないものであり、ビジネスや交渉シーンでの通訳の価値を高めています。

したがって、AIの嘘つき問題を考慮すると、ビジネスや交渉における通訳の「将来性」は明るいと言えます。さらなるAIの進歩が期待されますが、人間の持つ高度な判断力や感性は、AIにとっては未だ難易度の高い壁となっています。それ故に、通訳者の役割はこれからも必要であり、その「将来性」は依然として強いと断言できます。


AI進化による通訳の変化と人間のチェックの必要性

AI技術の進化により、私たちの生活は劇的に変わりつつあります。その中でも特に目を見張るのは、AIによる翻訳・通訳の進歩です。しかし、それにもかかわらず、人間のチェック作業が重要な役割を果たしていることを忘れてはなりません。その事実は、通訳の「将来性」を強く印象付けます。

最新のAI技術により、AIはリアルな世界に干渉する能力を持ちつつあります。それにより、AIは話す相手や自分自身に関する様々な情報を把握し、それをもとに正確な翻訳を提供することが可能になるでしょう。その発達により、私たちはAIによる「完璧に近い通訳」の時代を迎える可能性が高まっています。

しかし、その一方で、ビジネスや政治のようなミスが許されないシーンでは、通訳者の確認作業が必要だと言えます。AIが翻訳する文は、基本的にはAIが持っているデータや知識に基づいています。それはAIが完全であるわけではなく、また全ての文脈やニュアンスを理解し捉える能力はまだ不十分です。

例えば、あるビジネス会議で、「突然の問題発生に対して、どのように対応すべきか?」という話題が出たとします。AI通訳はその場の状況を読み取り、適切な言葉を選んで翻訳しますが、そこには人間の感情や意図、時には暗黙の了解などが含まれることがあります。その全てをAIが完全に理解し、適切に翻訳するのは現状では難しいのです。

このように、AIによる翻訳が一般化していく中でも、人間のチェック作業は依然として重要な役割を果たしています。それは翻訳の仕事に編集・構成の仕事が必要なのと同じであり、確かに翻訳の仕事は変化し、一部は衰退するかもしれません。しかし、最終的なチェックと細かい編集作業は、人間にしかできない仕事であり、その点で通訳の「将来性」は依然として明るいと言えるでしょう。

AIと人間の共存する未来において、通訳者の役割はどう変わっていくのでしょうか。それは、AIと人間のパートナーシップを形成し、AIが提供する翻訳に人間の感性や理解を加えることにより、より高度な通訳サービスを提供するという形を取るかもしれません。


メチャクチャな英語に対する人間通訳者の対応力

AIの進歩により、翻訳技術は飛躍的な発展を遂げてきました。それにより、正確な文法と適切な単語を使用した英語はAIによって迅速かつ正確に翻訳できるようになりました。しかし、全ての英語がネイティブレベルで話されているわけではありません。例えば、訛りが強い英語や文法的に不完全な英語、あるいは一部の単語が誤って使用されている英語など、様々な「メチャクチャな英語」に出会うこともあります。こうした場合、AIが完全に理解し翻訳するのは難しいかもしれません。

しかし、人間の通訳者の場合、経験と人間特有の洞察力により、こうした「メチャクチャな英語」を理解し、適切に翻訳することが可能となります。例えば、アメリカ南部の方言を話すビジネスパートナーと会議を行う場合を考えてみましょう。この方言は特定の単語の発音や文法構造が標準的な英語と異なり、それに慣れていないAIにとっては理解するのが難しいかもしれません。しかし、その地域や方言に精通している人間の通訳者であれば、その特性を理解し、適切な翻訳を提供することが可能となります。

また、人間の通訳者は直接相手に聞き返すことができます。言葉の意味が不明確であったり、発音が曖昧であったりした場合、人間の通訳者は瞬時にその場で確認し、正確な情報を得ることができます。AIにはまだこのようなリアルタイムな対話能力が十分に備わっていません。

このように、「メチャクチャな英語」に対する人間通訳者の対応力は、今後も通訳の「将来性」を支える重要な要素となります。AIがどれだけ発展しても、人間の経験と洞察力、そしてリアルタイムな対話能力には及ばない部分があるのです。それ故に、通訳の「将来性」は明るいと言えるでしょう。

第2部:通訳の将来性に対する潜在的な脅威


AIを活用した急速な英語習得と通訳者の価値の減少

近年、AIの技術進歩は目覚ましく、それは英語学習にも大きな影響を与えています。例えば、ChatGPTのようなAIは、ユーザーと英語で対話するパートナーとして活用できるようになりました。そこから一歩進めば、AIは自動的にユーザーの英語の文法や単語の使用、発音を修正し、英語力を向上させる先生の役割を果たす可能性があります。その結果、英語を学ぶ速度は飛躍的に上がり、通訳者の価値は減少する可能性があります。

具体的に見てみましょう。AI英語教師は、24時間対応し、すぐにフィードバックを提供できます。また、AIはユーザーの進行速度に合わせて教えることができるため、個々の学習者に最適な教育を提供することが可能です。例えば、「これからの会議でこのフレーズを使ってみては?」や「この単語の使用方法に誤りがあります」といった具体的なアドバイスを行います。これらの機能により、学習者はより短時間で高度な英語力を身につけることができるでしょう。

この「将来性」を考えると、通訳者の役割は減少するかもしれません。なぜなら、人々がAIの助けを借りて高度な英語力を身につければ、通訳者に依存する必要性が減るからです。しかし、これは通訳者の価値がなくなるということではありません。むしろ、通訳者はより高度なスキル、たとえばノンバーバルコミュニケーションの理解や特定の分野に関する深い知識などを活用することにより、その価値を高めていく必要があるでしょう。

しかし、私たちがこれらの可能性を考える上で忘れてはならないことは、このような変化が即座には起こらないということです。AI技術の進歩は確かに迅速ですが、それが全ての人々の英語学習のスタイルに完全に適合するまでにはまだ時間がかかるでしょう。また、高度な英語力を習得するためには、AIが提供する情報をどのように利用し、自分自身で学習を深めていくかが重要となります。


AIの補助により通訳レベルに到達する一般人の存在

AIの力を借りると、一般の人々でも通訳レベルの英語能力に達する可能性があります。なぜなら、AIは我々の英語力を助け、補強し、時には教えるためのツールとなり得るからです。しかしその一方で、AIもまた完全ではありません。時折、AIも間違えることがあります。しかし、ある程度の英語力がある人々ならば、このAIの間違いに気づくことができるでしょう。

考えてみてください。AIは英語の文法や単語を理解していますが、時には文脈やニュアンスを完全に把握することは難しいです。しかし、英語がある程度理解できる人々は、AIの補助を受けつつ、自身の知識と経験を用いてこのような問題を解決できるでしょう。

たとえば、ある人が英語を学んでおり、AIを使用して日本語から英語への翻訳を試みています。AIが提供した翻訳には少々不自然な表現が含まれていますが、その人が英語をある程度理解していれば、その誤りに気づき、自分の英語力でそれを補完することができるでしょう。

このようにして、一般人がAIの補助を受けて自身の英語力を向上させることで、通訳レベルに到達する「将来性」があります。そして、その能力は単にAIによる翻訳を理解し、適用するだけでなく、AIの欠点を補完することにも活用されるでしょう。

しかし、ここで忘れてはならないのは、AIの助けを借りても、最終的には自分自身の努力と継続的な学習がなければ高度な英語力は得られないということです。この点を理解し、AIを最大限に活用しながらも自己啓発を怠らない人々が、真に通訳レベルの英語力を獲得する「将来性」を持つと言えるでしょう。


ChatGPTによる感情的ニュアンス、ダブルミーニング、背景理解の進歩

最近のAI技術の進歩は目覚ましいものがあります。中でも注目を浴びているのがChatGPTです。これはテキストベースの対話を可能にするAIで、感情的なニュアンス、ダブルミーニング、文化的・歴史的背景といった、これまで人間にしか理解できないとされてきた要素までも理解する能力を有しています。

それでは、具体的な例を挙げて、ChatGPTがどのように感情的なニュアンスやダブルミーニングを理解し、それをどのように表現できるのかを見てみましょう。

例えば、次のような英語の表現があったとしましょう。「It’s raining cats and dogs.」この表現は文字通りに訳すと「猫と犬が降っている」となりますが、実際には「雨が激しく降っている」という意味を表しています。ここでのダブルミーニングは、直訳と実際の意味の二つのレベルで理解することが求められます。ChatGPTはこのようなイディオムを理解し、適切に翻訳することができます。

さらに、ChatGPTは文脈から隠れた意味を理解することも可能です。例えば、「I’m fine.」という表現は「私は大丈夫です」という直訳が可能ですが、文脈によっては「実はそうでもない」というニュアンスを含む場合があります。ChatGPTはこのような文脈や背景を理解し、適切な翻訳を提供することができます。

このような進歩は通訳の「将来性」にも大きな影響を与えます。感情的なニュアンスやダブルミーニング、文化的・歴史的背景の理解という、通訳がなくならない理由とされてきた要素をAIが理解し、適切に翻訳できるということは、AIがますます人間の通訳を補完、時には置き換える可能性があることを示しています。


AIの圧倒的な知識量と人間の情報アクセス力の限界

AI、特にChatGPTのような先進的なAIは、すでに圧倒的な知識量を持っています。これは数学から物理、文学、芸術まで、ありとあらゆる分野に及ぶ知識です。そしてその知識は、人間が持つものとは比較にならないほどの広さと深さを持っています。それは何故かと言えば、AIは物忘れせず、バイアスに左右されることなく、適切な知識を必要な時に適切に引き出すことができるからです。

具体的な例として、ある特定の数学的な問題を解決しようとする場合、人間はその問題を理解し解くための必要な数学的な知識を持っているかどうか、またそれを思い出せるかどうかが問われます。しかしAIの場合、あらゆる数学的知識が常に利用可能であり、それを適切に問題解決に応用することができます。

また、AIはあらゆる分野の知識を組み合わせることが可能です。たとえば、科学と芸術の交差点に位置する問題に対しても、AIは両分野の知識を適切に組み合わせて解決策を提供することができます。これは人間が自身の知識と経験を総動員してもなかなか実現できない能力です。

さらに、AIは英語を含む多くの言語の理解と表現も得意としています。言葉の意味、文法、そしてその背後にある文化的・歴史的な文脈を理解し、適切に翻訳する能力を持っています。これは通訳の「将来性」にも大きな影響を与えます。なぜなら、AIの高度な言語理解能力と知識量は、通訳者の役割を大きく変える可能性があるからです。

しかしながら、ここでAIの圧倒的な知識量と情報アクセス力を見つめることで、人間がAIに対してどう向き合うべきか、という「将来性」についても考えるべきです。AIの存在は否応なく、人間の知識と情報アクセス力の限界を露呈しています

おわりに:将来性に問題はないが、進化が求められる


本記事を通じて、AIと人間が通訳のフィールドでどのように競い合い、協働していくのかについて深く掘り下げてきました。AIが持つ膨大な知識量と絶えず進化する理解力、そして人間が持つ柔軟な思考力と対人スキルが交錯する通訳の領域。その「将来性」について多角的に考察し、人間とAIがどのような関係を築いていくべきかのヒントを探りました。

AIは進化し続け、一部では人間を超越するレベルにまで達していますが、それでもまだ人間にしかできないことが存在します。一方、人間もAIのサポートを受けて自身のスキルを飛躍的に伸ばすことが可能になりました。この絶妙なバランスが、我々がこれから目指すべき理想の未来像であるかもしれません。

こうした未来は、決して遠い未来の話ではないでしょう。すでに多くの場面で、AIと人間は互いの強みを活かして協働しながら進化を続けています。そして、その進化はますます速度を増すことでしょう。通訳の分野も例外ではありません。

最終的に、AIと人間が共存し、それぞれが最大限のパフォーマンスを発揮できる社会を目指すことが重要です。そのためには、人間がAIの能力を理解し、自分たちの強みを活かす方法を模索し続けることが求められます。

今回の議論は、その一歩となることを願っています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X