ENGLISH WORK公式

グランドスタッフが辛い理由8選

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは。今回のブログ記事では、航空業界で働くグランドスタッフの仕事について深掘りしていきます。あの美しい制服、キラキラと輝く空港の舞台で働く、そんなイメージが一般的ですよね。しかし、その華やかさの裏側には、我々が知らない辛さや問題が存在しています。

ここで、ある一つの事実をお伝えしたいと思います。それは、グランドスタッフが辛いと感じること、それが一体何なのか、ということです。この職業が辛いと感じる理由は多岐にわたります。ヒールでの労働、不規則な勤務時間、無責任なクレーム対応、膨大な知識の必要性、複雑な人間関係、そして他業界へのスキルの非汎用性など、その理由は多種多様です。

本記事では、私の視点から、これらの問題点を具体的に明らかにし、グランドスタッフの現状をより深く理解することを目指します。皆さんが一緒に学び、理解し、そして改善に向けた議論を深めていければと思います。それでは、早速各章に移りましょう。


グランドスタッフが辛いと言われる8つの理由

第一章: 力仕事との戦い – 重労働の現場

空港の煌びやかな光に誘われて、一見、グラマラスな職業に見えるグランドスタッフ。でも実際のところ、日常は遥かに辛いものが待っています。なぜなら、グランドスタッフの仕事はまさしく重労働だからです。

まず最初に出迎えるのは、20kg以上のスーツケースを手で持ち上げるという重労働です。お客様から預かる大きなスーツケースは、あるときは数回、あるときは何十回と持ち上げなければならないのです。これが繰り返される一日です。そこには、軽い作業だと安易に考える余地などありません。

さらに、持ち上げるだけではありません。スーツケースを持ち上げてからの流れはこれまた辛いのです。持ち上げたスーツケースを機器にセットし、お客様の目的地を確認してからチェックイン業務を終え、次には搭乗ゲートへ向かいます。その距離は決して短いものではなく、空港内を歩き回ることになります。そして、ゲート業務が終わったら、再びチェックインカウンターへ戻るという、これまた辛い行程が待っています。

なおかつ、搭乗時間になっても来ないお客様を探すというタスクもあります。空港内を探し回り、無事にお客様を見つけるまでの時間、その間にも仕事は一向に終わることはありません。それこそが、グランドスタッフの仕事の一部なのです。


第二章: 報われないと感じる給料 – 薄給の現実

先程、物理的な重労働があることを詳しく説明しましたが、その裏には経済的な負担も同時に存在します。

彼らが得る給料を見てみると、羽田空港の国内線で働くスタッフの場合、月給は約190,000円~220,000円程度です。さらに、国際線のスタッフでも、給料は約190,000円~240,000円と、それほど高いとは言えません。この金額を見ても、彼らが日々行うタスクの量や負担を考えると、その給料がとても辛いと感じるのは当然かもしれません。

これはただ単に給料が低いというだけでなく、その報酬に見合った仕事の量や負担があるからこそ辛いという面もあります。一般的に、仕事の難易度や負担が高いほど給料も高くなることが多いですが、グランドスタッフの場合はそのバランスがとれていないのかもしれません。

また、グランドスタッフの仕事は覚えることが多く、早朝から深夜までの勤務もあるため、給料に見合った報酬を得られていないと感じるスタッフも少なくないでしょう。特に早朝や深夜の勤務は体調を崩しやすく、その上で薄給となると、それはさらに辛い状況となるでしょう。

このような理由から、グランドスタッフの仕事は「辛い」と言われ、一部からは「やめたほうがいい」という声も上がることがあります。しかし、これらの情報を理解し、納得した上で仕事を続けるスタッフもいます。


第三章: ヒールで走る戦場 – 無理なドレスコード

グランドスタッフが日々直面する辛さには、外観に関する規定、いわゆる「ドレスコード」も含まれています。それは特に、女性スタッフにとって大きな負担になることが多いです。

彼女たちは長時間にわたり、広い空港内を歩き回るだけでなく、急な状況変化に対応するために走り回ることもしばしば。それだけでも足腰への負担は相当なものですが、その上で女性スタッフはヒールを履かなければならないのです。たしかに、プロフェッショナルな空港スタッフとしての見た目を保つためには必要な規定かもしれません。しかし、それが辛さを増幅させる要因となっているのも事実です。

一日中ヒールを履いての労働は、足だけでなく腰にも大きな負担をかけます。時間が経つにつれて痛みは増し、仕事に集中することさえ難しくなるかもしれません。また、痛みを和らげるために無意識のうちに体のバランスを崩すと、長期的な健康問題につながるリスクも生じます。

このような状況を踏まえると、ヒールの着用がグランドスタッフの仕事を辛いものにする一因と言えるでしょう。それでも彼女たちはこの厳しいドレスコードを守り、見た目のプロフェッショナルさを保ちながら日々の業務を遂行しています。その姿勢には敬意を表するべきですが、同時にドレスコードの見直しも求められるべきかもしれませんね。


第四章: 早朝、深夜、常に戦闘態勢 – 不規則な勤務時間

一日24時間、世界中から飛行機が着陸し、乗客が出入りする空港。その舞台裏を支えているのが、24時間体制で勤務するグランドスタッフたちです。彼らの勤務時間は、早朝や深夜に及ぶことがざら。その不規則な勤務時間が、彼らが直面する辛さの一つとなっています。

シフト勤務の現場には、深夜の時間帯であっても働く必要があるため、規則正しい生活リズムが取りづらくなるのです。また、日中に休むことが多くなるため、日常生活がずれ込み、友人との予定を合わせるのも難しくなります。そして、その結果として自律神経が乱れ、健康面に影響を及ぼす可能性もあります。

特に女性には、その影響がより強く出ることがあります。生理周期やホルモンバランスが影響を受けやすく、これらが不調になると身体的な不調はもちろん、精神的な辛さを引き起こすこともあります。そのため、女性スタッフにとっては、不規則な勤務時間が一層の辛さを増す要因となります。

海外からのフライトに対応するため、24時間稼働は必須である空港の現場。しかし、それがグランドスタッフたちの健康やプライベートに影響を及ぼすことは否めません。


第五章: 無責任なクレーム対応 – 顧客の無理難題

どの職場でも顧客対応は一筋縄ではいきませんが、それはグランドスタッフの仕事でも例外ではありません。航空会社の顔となる彼らは、乗客との接点が多く、その中には厄介なクレームを挟む人々も少なからず存在します。

クレーム対応は決して楽なものではなく、ときには非常に辛い状況を生むこともあります。例えば、予約していない座席への変更を強く要求する乗客や、明らかに荷物の重量が超過しているのにそれを認めずに主張する乗客など、適切な対応が難しい場合があります。また、自分のミスで飛行機に遅れたのにその責任をグランドスタッフになすりつける人もいます。

これらのクレームは、ほとんどの場合、乗客のミスや理解不足が原因であり、あるいは場合によっては会社のミスが原因であることが多いです。しかし、乗客はその怒りをグランドスタッフに向けて大声で発することがあります。公の場で大声で怒鳴られることは、人間として、とても辛い経験と言えます。

空港でたまに見かける、ゲートに駆け込む乗客やチェックインカウンターで議論している乗客。彼らが向かっている先には、様々なクレームを対応しなければならないグランドスタッフが待っています。その彼らの努力と辛さを思い出して、次に空港を利用するときは、少しでも理解と協力をしてみてはいかがでしょうか。


第六章: 知識の海を泳ぎ続ける – 膨大な仕事量

グランドスタッフの仕事量とその詳細を知ると、彼らがどれだけ知識を吸収し続けなければならないのかを理解できます。それはまさに知識の海を泳ぎ続けると言っても過言ではありません。これが辛いと言われる理由の一つ。

基本的な業務としてはチェックインや搭乗ゲートの管理がありますが、これだけでも覚えることは非常に多いです。しかし、これが全てではありません。欠航や遅延が起こった時の対応も、事例ごとに覚えなければなりません。これらは予測不可能なイレギュラーな状況であり、それぞれが異なる対応を必要とするからです。

さらに細かい知識としては、各航空会社のマイレージや、クレジットカードの特典に関する情報も必要とされます。これらは乗客からの質問に対する答えとなりますし、乗客の満足度を上げるためにも欠かせない情報です。

これだけの情報を一人の頭の中に詰め込み、必要な時に適切に引き出すことが求められるのがグランドスタッフの仕事です。情報を頭に入れ、整理し、必要な時にそれを取り出す能力は、学ぶことの得意な人でも辛いことでしょう。これらの事を踏まえると、グランドスタッフの仕事がどれほど知識と情報処理能力を必要とするかが理解できるのではないでしょうか。


第七章: 毒牙と蜜言の女社会 – 複雑な人間関係

グランドスタッフの職場は、一般的には女性が多く、そこから生じる人間関係の複雑さが仕事の辛さに繋がるとも言われています。何がそれほどまでに複雑なのか、その詳細について考えてみましょう。

まず、女性が多い職場ということは、男性が少ない、あるいはいない環境下で仕事をするということです。その結果、女性特有の感情や行動が浮き彫りになり、それが職場環境を特殊なものにしてしまうこともあります。これにより、普通の会社とは違う、とても微妙で陰湿な雰囲気が生まれることも少なくありません。

例えば、先輩社員に対して気を使い、その機嫌を損ねないようにする必要があるといった状況です。また、同僚やお客様の悪口を平気で言う先輩社員がいる場合もあります。これは特に人間関係を複雑にする要素で、働く上で大きなストレスとなります。

さらに、自分を守るためなら嘘をつく、他人を自分の都合の良いように利用するという行為も、女性社会では見受けられることがあります。そして、このような環境の中で働き続けると、性格が徐々に変わってしまう人もいるようです。

もちろん、尊敬できる優しい先輩社員もいることは事実です。しかし、人間性を疑うような人も同じくらい存在するというのが、実情で辛いようです。これらの要素が重なり合うことで、グランドスタッフの仕事がどれほど人間関係の複雑さに悩まされているか、理解できるのではないでしょうか。


第八章: 他業界への適用困難 – スキルの非汎用性

さて、グランドスタッフという仕事は、社会的な意義を持ち、人々を空港から目的地へと運ぶという重要な役割を果たしています。しかし、その一方で、この仕事で身につけるスキルが他業界で活用しにくいという辛い側面も存在します。

一般的に、グランドスタッフの仕事では、お客様の対応、チェックイン手続き、搭乗手続きなどの業務を行います。これらの業務は、非常に特化したスキルを要するため、航空業界以外での活用は難しいといえます。

例えば、ホテル業界や接客業などのフィールドに移る場合は、その親和性が比較的高いといえるかもしれません。これは、共通する要素として「お客様の対応」があるからです。しかし、マーケティングや企画などの職種に転職を考えた場合、グランドスタッフとしての経験が直接的に活かせる要素は少ないでしょう。

それらの職種では、市場のトレンド分析や新たなビジネスチャンスの創出、広告戦略の立案など、さまざまな専門的な知識やスキルが求められます。これらは航空業界の中で働いているとなかなか身につきにくいものであり、その結果、全く未経験の状態からスタートしなければならない可能性があります。

このように、グランドスタッフとして働くことで得たスキルが他の業界では十分に活かせないという現実が、仕事の辛さを増幅させる一因になっているのではないでしょうか。そのため、転職やキャリアチェンジを考える場合は、自分がこれまでに獲得してきたスキルがどの程度他の業界で活用できるのか、しっかりと考える必要があります。

おわりに


以上、航空業界のグランドスタッフが抱える問題点や辛さについて詳しく見てきました。ヒールでの労働、不規則な勤務時間、無責任なクレーム対応、膨大な知識の必要性、複雑な人間関係、そして他業界へのスキルの非汎用性と、その挑戦は多岐にわたります。

しかし、ここで重要なのは、これらが全てのグランドスタッフが必ずしも経験することではないという点です。各人、各場所、各状況で独自の経験と課題があるでしょう。それでも、彼らが経験する可能性のある困難を理解することは、職場環境改善や支援策を考える上で重要です。

この記事を通じて、皆さんがグランドスタッフの仕事に対する理解を深め、改善策を探求する一助になれば幸いです。そして、少しでも働くすべての人々がより良い労働環境で働ける社会に向けて、一緒に考え、行動しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。次回の記事でも、皆さんと一緒に新たなテーマについて考察していきたいと思います。それでは、またお会いしましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X