ENGLISH WORK公式

グランドスタッフがキツいと言われる8つの理由

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。今回のブログでは、グランドスタッフという仕事について深堀りしてみたいと思います。飛行機に乗る際、彼らの顔を見ない日はありませんよね。彼らの仕事は航空旅行を円滑に進行させるために不可欠なものであり、その貢献度は計り知れないものがあります。しかし一方で、その仕事内容は多岐にわたり、また困難を伴うことも多いのが実情です。

この記事では、具体的に何がグランドスタッフの仕事を「キツい」と感じるのか、そしてその「キツさ」がどのように彼らの働き方や生活に影響を及ぼすのかを、私なりの視点から考えてみたいと思います。

ヒールの苦痛から始め、生活リズムの乱れ、厳しいクレーム対応、膨大な知識と技術の習得、職場環境の問題、そして転職困難の現実まで、様々な角度からグランドスタッフの仕事の「キツさ」を探ってみましょう。

私の考えを織り交ぜつつ、その一方でできるだけ客観的に事実を伝えることに努めます。そして最終的には、この仕事について理解を深め、それが我々の日常生活にどのように影響を及ぼすのかを共有することが、このブログの目的です。

それでは、一緒にこの旅を始めてみましょう。


グランドスタッフがキツいと言われる8つの理由

絶望の重労働: チェックインカウンターでの肉体労働の現実

あなたがイメージするグランドスタッフの仕事とはどういったものでしょうか?シックな制服に身を包み、お客様を笑顔でお出迎えし、煌びやかな空港を背景にした素敵な写真をSNSにアップロードしているといったイメージかもしれませんね。でも、実際の仕事の内容はかなりハードで、重労働だと認識していただくことが重要です。これがキツいと言われる理由の一つです。

実際には、チェックインカウンターでお客様のスーツケースを扱うとき、それが20kg以上になるケースがざらにあります。それ自体は仕事の一部といえばそうなのですが、この「持ち上げる」作業が1日に何十回も発生します。スーツケースの重さだけでなく、その頻度もまた、この仕事が「重労働」と呼ばれる理由となります。

さらに、グランドスタッフの職務には空港内の長い距離を歩く必要があります。チェックイン業務が終わったら搭乗ゲートまで向かい、それが終わったらチェックインカウンターに戻る…と、日々の業務は実に多くの歩行を伴います。そして、搭乗時間になっても現れないお客様を探すために、空港内を探し回ることも日常茶飯事なのです。

これだけでもきつい仕事内容であることがわかりますよね? しかし、それらはグランドスタッフの仕事の一部でしかありません。それに耐えられる体力と精神力が必要となります。

このように、美しい制服とは裏腹に、グランドスタッフの日常は肉体的にも精神的にもキツいものがあります。そして、それが「グランドスタッフの仕事はキツい」と言われる大きな理由となっているのです。


高い労力、低い給料: 羽田空港の給料事情

私たちは時として、人々が難易度の高い仕事に取り組む理由を給料と考えることがありますよね。だからこそ、グランドスタッフの仕事が高度に重労働であるにもかかわらず、その対価が思ったほど高くないという事実が、キツいと言われる理由です。

羽田空港でのグランドスタッフの給料を見てみましょう。国内線では月収が約190,000円~220,000円、国際線でも約190,000円~240,000円程度です。これは一見すると悪くないように見えますが、仕事の内容を考慮するとどうでしょうか? 数十キロのスーツケースを何十回も持ち上げ、空港内を歩き回ることを日常的に行うこの仕事に対して、はたしてこの給料は妥当なのでしょうか。

さらに、この仕事には覚えることもたくさんあります。チェックインプロセスの手順、セキュリティルール、さまざまな状況に対応するためのプロトコルなど、覚えなければならないことは決して少なくありません。また、早朝や深夜の勤務も珍しくなく、これによりライフワークバランスの維持が更に難しくなります。

これらの点を考慮すると、グランドスタッフという職業の給料が低いという意見が広まる理由が理解できるでしょう。結果として、「グランドスタッフはキツい」と言われることも少なくありません。

私たちは仕事を選ぶ際には、その仕事に対する報酬だけでなく、その仕事をするために必要な労力や犠牲についても十分に考慮する必要があるのです。これがグランドスタッフの仕事を考える際の大事な視点であり、私が皆様に伝えたいメッセージでもあります。


ヒール着用のキツさ: 女性スタッフの無理な服装要求

皆さん、職場での服装に関する要求が仕事を一層難しくさせることを想像したことはありますか?特に女性のグランドスタッフは、しばしばこの問題に直面します。それは何かと言うと、ヒールの着用要求です。

そうです、あの足首に負担をかけ、長時間の着用で足の痛みを引き起こす可能性のある靴、ヒールを女性スタッフは履かなければならないのです。これがキツい。

空港内を歩き回り、時には急いで走らなければならない重労働に対して何とも言えない要求ですよね。スーツケースを持ち上げる、長距離を歩く、乗客を探すために空港内を駆け巡る…そのすべてをヒールで行わなければならないと考えると、そのストレスと疲労は計り知れません。

その結果、足や腰に慢性的な痛みを持つ女性スタッフが少なくないと聞きます。職場の規則により、女性スタッフは美的な理由からあるいは制服の規定からヒールを履かざるを得ないのですが、それは仕事の難易度を高めるだけでなく、職場での健康と安全を危険にさらす可能性もあります。

私が皆さんに伝えたいのは、この問題が改善されるべきだということです。労働者の健康と安全は、外見的な理由や伝統的な規則よりも優先されるべきです。ヒールの着用要求は、グランドスタッフの仕事がキツいと考えられる理由の一つであり、これを理解することで、我々は職場の改善に向けた一歩を踏み出せるかもしれません。


破壊される生活リズム: 早朝と深夜のシフトのキツさ

仕事と私生活のバランスをうまく保つことは、誰しもが目指す理想の一つでしょう。しかし、グランドスタッフにとって、この理想を実現することは困難な場合が多いのです。なぜかと言いますと、それは我々のシフトスケジュールが一定の生活リズムを作り出すのを難しくしているからなのです。これがキツいのです。

思い描いてみてください、空港は一日24時間、年中無休で稼働しています。特に国際線の空港は、世界中から飛行機が到着するため、グランドスタッフもそれに応じて24時間体制で働かなければなりません。これは私たちが早朝のシフトに当たることもあれば、深夜のシフトに当たることもあるということを意味します。

このような変則的な勤務時間が結果として、私たちの自律神経に影響を及ぼす可能性があります。睡眠パターンが一定でないことは、体調不良、ストレス、疲労感の増大といった問題を引き起こすことがあります。特に女性の場合、自律神経の乱れは生理痛や頭痛、めまいなどの不快な症状を引き起こす可能性もあります。

私が皆さんに伝えたいのは、この問題が本当に大きいということです。一定の生活リズムを持つことは、私たちの健康と幸福にとって非常に重要です。グランドスタッフが「キツい」と言われる理由の一つとして、この生活リズムの乱れがあることを理解することは重要です。それは私たちがどのように職場環境を改善し、そして労働者の健康と幸福を最優先にするかを考える上で、非常に重要なポイントになるのです。


忍耐力を試すクレーム対応: グランドスタッフが直面するキツいお客様対応

皆さん、お仕事で難題に直面した経験はありますか?私たちグランドスタッフの日常には、いわゆる「クレーム対応」という難題が欠かせません。これが我々の仕事をキツいものにしています。

グランドスタッフとは、航空会社の顔とも言える職種で、お客様と最初に接する重要な役割を担っています。この役割は、飛行機への搭乗をスムーズに行うためのサポートをすると同時に、時には不満やクレームに対して耳を傾けることも求められます。

一部のお客様からは座席の変更要求や、超過した荷物の問題、あるいは自身の遅刻に対する不満など、さまざまなクレームを受けることがあります。そして、残念ながらこれらの問題の多くは、私たちスタッフのミスではなく、お客様自身の問題、あるいは運営側の問題であることが多いのです。しかし、その場ではグランドスタッフが直接対応し、解決に導く役割を果たさなければならないのです。

その状況は、大きな声で怒鳴られたり、場合によっては人格攻撃を受けることもあります。それでも私たちは落ち着いて対応しなければならないのです。

そういった事例を空港で見たことがあるかもしれませんね。もし見たことがあるなら、その瞬間がまさにグランドスタッフの仕事のキツさを象徴しています。

私が皆さんに伝えたいことは、これがグランドスタッフが「キツい」と言われる理由の一つだということです。だからこそ、我々の職種は一見華々しいだけでなく、厳しい忍耐力が求められる職業でもあるのです。次に空港を訪れる時には、ぜひともその点を思い出していただけると幸いです。


絶えぬ学習要求: 膨大な知識と技術の習得

グランドスタッフの業務における「学習要求」についてお話ししたいと思います。一見するとチケットの発券や搭乗のアシストが主な仕事のように見えますが、実はそれだけではありません。これがグランドスタッフの仕事が「キツい」と言われる要因の一つなのです。

まず、覚えなければならない業務は膨大です。基本的なチェックイン業務や搭乗ゲート業務はもちろんのこと、飛行機の欠航や遅延といった予期せぬイベントに対する対応策、これを「イレギュラー対応」と呼びますが、これらもしっかりと覚えなければなりません。

そして、それだけでなく、航空業界の知識も深く理解する必要があります。例えば、各航空会社のマイレージサービスや、クレジットカード特典など、さまざまな情報を把握し、それをお客様に提供できるようにすることも求められます。

これらの業務を一つ一つこなすことは、単純な作業ではなく、膨大な知識と高い技術力が要求されます。そして、それらは日々の業務の中で絶えず更新され、新たな情報に追いつく必要があります。

皆さん、これがグランドスタッフの仕事がキツいと言われる理由の一つであることを理解いただけましたか? 知識と技術の習得は、グランドスタッフの日々の仕事の一部に過ぎませんが、それらをこなすことで、お客様に安心して飛行機に搭乗していただくサポートをしています。次回、空港を訪れる際には、グランドスタッフの仕事の裏側を少し思い出してみてください。


女性社会の厳しい人間関係: 陰湿な職場環境の実態

語られることの少ないグランドスタッフの現場におけるキツい人間関係について、少し深堀りしてみようと思います。意外に知られていないかもしれませんが、実はこの仕事は、女性のスタッフが非常に多いのです。それは多様性を持ち込み、エネルギーを提供する一方で、なかには特殊なチャレンジをもたらすことがあります。

ネット上で見かける実際の体験談によれば、グランドスタッフの現場は時に「陰湿な」職場環境を醸成することがあるようです。「先輩の気分を損ねないように振る舞う必要がある」「お客様や同僚の悪口を平然と話す先輩スタッフがいる」「自己保身のために嘘をつくのも構わないというスタッフがいる」「都合のいい相手を利用する女性スタッフばかり」といった報告は、一部のグランドスタッフが直面している可能性のある厳しい現実を示しています。

もちろん、すべてのスタッフがそのような行動をするわけではありません。尊敬できる、温かい人間性を持ったスタッフも多く、それらのスタッフは日々の業務において大切な役割を果たしています。しかし、このような職場環境の中で働くことが、時には元々良い性格を持っていたスタッフさえも陰湿な性格に変えてしまう可能性があるとの声もあります。

これは、空港のグランドスタッフが「キツい」と感じる原因の一つであると考えられます。次回は、この問題をどう改善することができるのか、そこに向けた可能性を探る予定です。それまで、皆さん、元気でお過ごしください。


独自性が裏切る: 転職困難の現実、スキルの転用性の問題

皆さん、こんにちは。今日はグランドスタッフという仕事の特殊性、それが転職やキャリアチェンジにどのように影響を与えるのか、そして、それがなぜ「キツい」要素になるのかを考察したいと思います。

まず前提として、グランドスタッフの仕事は確かに社会的な意義があり、人々の旅を支えるという大切な役割を果たしています。しかし、その仕事の独自性があるため、グランドスタッフが習得するスキルは他の業界で活かしにくい場合が多いのです。

たとえば、ホテル業界やレストラン業界のような他の接客業なら、ある程度の親和性があるかもしれません。しかし、仮にマーケティングや企画といった業界に移ろうとすると、その知識や経験があまりにも異なるため、事実上、未経験の状態からスタートすることになるでしょう。これは、仕事を続ける上で、またキャリアの幅を広げる上で、重要な制約になりえます。

これこそが、グランドスタッフの仕事が「キツい」と感じる要因の一つです。それは、もし何らかの理由でこの業界を離れることになった場合、スキルの移行性の低さが転職を困難にするという問題点を指しています。

おわりに


皆さん、この長い記事を読んでくださり、ありがとうございます。今回は、航空業界の一角を担うグランドスタッフという仕事にスポットを当て、その厳しさや困難さについて語ってきました。

彼らの仕事は、見えないところで多大なる労力を要し、時には困難な状況に立ち向かわなければならないこともあります。それでも彼らは笑顔で働き、私たちの旅を支え続けています。今回の記事を読んで、その労力や困難さを少しでも理解し、次に空港を訪れる際には、グランドスタッフの皆さんへの感謝の気持ちを忘れないでいただければ幸いです。

それと同時に、グランドスタッフの仕事の厳しさを知ることで、働き方や職場環境について考えるきっかけになればとも思います。私たちの社会が成長し続けるためには、どの職業にも尊重と理解が必要であり、それは改善と進化を促進する原動力となります。

皆さんにとって、この記事が有意義な時間となったことを願っています。また次回の記事でお会いしましょう。それでは、良い一日をお過ごしください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X