ENGLISH WORK公式

通訳向いてない人・向いている人の特徴14選

  • 投稿日時:8か月前

通訳者という職業は、国際的なビジネスやコミュニケーションの場において重要な役割を果たします。しかし、すべての人が通訳者に向いているわけではありません。ある人にとっては天職かもしれませんが、他の人にとっては必ずしも適合しないかもしれません。それでは、一体誰が通訳者に向いていて、誰が向いていないのでしょうか?

この記事では、「通訳者に向いている人」と「向いていない人」の特性について深く探ります。それぞれの人々が直面する可能性のある困難やチャンス、そして通訳者として成功するための特質を詳しく見ていきましょう。自身が通訳者に向いているかどうかを探るための手掛かりを提供することが、この記事の目的です。

あなた自身が通訳者になることを検討しているなら、あるいはすでに通訳者として活動していて自己評価を行いたいと思っているなら、この記事はあなたのために書かれたものです。通訳者としての道があなたに向いているのか、または向いていないのかを見極め、自己理解を深め、より良いキャリア選択を行うための一助となることを願っています。


通訳に向いてない人の特徴10選

英語力が低い人

まずはこの記事の初めのトピック、つまり「英語力が低い人」について深く掘り下げてみましょう。私がここで強調したいポイントは一つです:高い英語力は、通訳という職業において決して譲れない要素であるということです。つまり、あなたが通訳を目指すのであれば、その基礎となる英語力を確固たるものにする必要があります。

何故英語力がそこまで重要なのかという疑問に対する答えはシンプルです。通訳業界は、高度な英語スキルを持つプロフェッショナルたちが競い合う、厳しい競争環境となっています。その中で生き抜くためには、当然ながら高い英語力が必要不可欠です。

それだけではありません。通訳者たちは自身の英語力を上げるための訓練を怠らないという共通点を持っています。彼らは自分たちの仕事が、単に言葉を訳すだけではなく、文化やニュアンス、背景知識を含めた深い理解を必要とすることを認識しているからです。そのためには高い英語力が必要であり、その英語力を維持、向上させるために日々努力を重ねています。

この事実を前にすれば、英語力が低い人が通訳に向くわけがありません。そもそも、通訳業界の競争環境に立ち向かうための最低限の要件である高い英語力を備えていなければ、通訳としての活動は考えにくいのです。

勿論、英語力は時間と努力をかければ向上させることができます。しかし、その努力が果たして報われるのでしょうか。すでに高い英語力を持つ人々が大量にいるこの業界では、英語力が低ければ、あなたが手にできるのは低単価の案件に限られる可能性が高いのです。


調べ物が不得意な人

通訳という仕事は、ただ単に言語能力が高いだけでなく、調査力もまた必須の要素となります。では、具体的にはどのような調査が求められるのでしょうか。

例えば、通訳の現場が会議である場合、通訳者はアジェンダの確認、事前に渡された資料を読み込むなど、事前準備が欠かせません。また、依頼主の情報、相手先の情報を把握するための調査も必要です。そして、自分が不慣れな専門分野であれば、知らない単語を全て調べ、その意味を理解しておく必要があります。

これらの事前準備は通訳の仕事を成功させるために不可欠であり、調査力が必要となります。これらを怠ると、通訳としてのパフォーマンスは大きく低下します。それは、いかに英語力が高くても同じです。

調査が不得意な人が通訳に向いていない理由はここにあります。調査力が不足していると、通訳者としてのパフォーマンスを発揮できないばかりか、依頼主からの信頼を得ることも難しくなるでしょう。

したがって、調査が不得意な人は、通訳という職業に向かない可能性が高いのです。調査力は通訳者としての品質を大きく左右する要素であり、それを欠けばレベルの高い通訳者にはなれないでしょう。

これは、ある程度の知識を有しているだけでなく、未知の情報に対して自分で調査し、理解し、それを通訳に活かす能力が求められるからです。それは言葉だけでなく、文化や社会背景など、言葉が持つ多様な要素を理解するための力でもあります。


責任感がない人

通訳者に必要なスキルや資質といったところを考えていくとき、この「責任感」は確かに大変重要な役割を果たします。

通訳者の役割は単に言葉を変換するだけではありません。通訳者には依頼主の情報を守るという重大な守秘義務があります。例えばビジネスにおける交渉や契約の場で通訳者として働くとき、重要な商談の内容や機密情報が飛び交います。責任感がなければ、これらの重要な情報を漏洩してしまう可能性があります。

責任感のない通訳者は、依頼主からの信用を失います。信頼性が欠如した通訳者に対して企業が再度依頼することはほとんどありません。このように、責任感がない人は通訳という仕事に向かないでしょう。

さらに、通訳の仕事には、正確さが求められる場面が多く存在します。一語一句、正確に伝えることが求められる重要な会議や、専門用語が飛び交う医療や法律の現場など、ミスが許されない状況は数多くあります。通訳者がミスを犯した場合、それは依頼主のビジネスやライフラインに大きな影響を及ぼすことがあります。

このような場面でも責任感を持って臨めない人は、仕事が来ることは少ないでしょう。これは依頼主が、通訳者の役割に対する理解と、その責任を全うする能力を見ているからです。

以上を踏まえて、通訳者にとって「責任感」は必須の資質であり、それを欠いた人は通訳という職業に向かない可能性が高いと言えます。


頭脳労働が苦手な人

通訳者に求められる能力の一つとして、「頭脳労働」があげられます。これは特に「同時通訳」という分野で重要になります。同時通訳が頭脳労働の苦手な人に向いてない理由を、具体例を交えて解説いたします。

同時通訳とは、話を聞き、それをすぐに翻訳し、聞き手に伝えるという一連の作業をほぼ同時に行うことを指します。テレビの生放送でよく見られる形式で、アメリカ大統領の演説をリアルタイムで通訳している場面などが思い浮かべられるでしょう。

この同時通訳、驚くべき集中力と高度な語学力が求められます。話す人が何を言っているのか理解しながら、それを同時に別の言語に翻訳し、さらには聞き手に伝えるための適切な表現を選ぶという複数の思考プロセスを同時に行う必要があるのです。

例えば、アメリカ大統領の演説を通訳する場合、政治的な表現や固有名詞、専門用語を理解し、それを適切に翻訳しなければなりません。また、短い間隔で交代することが多いため、スムーズにリレーできるような準備も必要となります。

このような高度な頭脳労働は、短時間で脳への負荷が非常に高いです。頭脳労働が苦手な人は、こういった同時通訳の仕事をこなすことが難しいでしょう。一度ミスをすると、それは通訳の信頼性を大きく損なう可能性があります。

したがって、同時通訳のような頭脳労働を必要とする通訳の仕事は、頭脳労働が苦手な人には向かないと言えます。通訳者は話を正確に理解し、素早く適切な翻訳を行うために、常に集中力を維持しなければなりません。


メンタルが弱い人

通訳者という仕事に求められるスキルの一つに、「メンタルの強さ」があげられます。メンタルが弱い人には通訳者の仕事が向いてないと考える理由を、具体的なシーンと共に詳しく説明していきましょう。

まずはじめに、通訳者が求められる場面は非常に多岐にわたりますが、その中でもビジネスの交渉や契約といった重要な場面での活動が特に重要視されます。通常の会議や接待であれば、ある程度の内容が伝われば問題ない場合もありますが、交渉や契約では全ての情報を正確に伝えることが求められます。

例えば、新たなビジネスパートナーとの契約交渉の場面を考えてみましょう。この場面では、契約内容や取引条件など、微細な情報が交わされます。通訳者の任務は、このすべての情報を正確に、かつ適切な表現で伝えることです。少しの誤解や間違いが会社に大きな損失をもたらす可能性があります。

さらに、通訳者としての報酬は、その難易度や専門性によりますが、日常会話レベルの逐次通訳でも1日2万円以上、特に金融・IT・医療など専門分野の通訳になると、1日10万円以上になることもあります。この高額な報酬には、クライアントからの高い期待が込められています。通訳者が期待に応えることができなければ、クライアントから苦言を呈されることもあるでしょう。

こういった厳しい評価や高度なスキルが求められる現場で働くには、確固たるメンタルの強さが必要となります。つまり、メンタルが弱い人にとっては、通訳という仕事は非常にストレスフルであり、適合しづらいと言えるでしょう。


自己向上心がない人

自己向上心のない人は通訳者には向いてない、というのが私の見解です。それは通訳者という職業が、絶えず自己改善とスキルアップを求められるからです。

まず最初に明確にしたいのは、通訳者としての学習に終わりはないということです。例えば英語力。英語は生きた言語であり、新たな表現やスラングが日々生まれています。それらをキャッチアップし、時代と共に変化する言葉を理解し続けるためには、常に学習し続けることが必要です。

また、通訳者としては専門分野に対する知識も必要です。自分の得意とする分野についての知見を深めることで、より精度の高い通訳が可能となります。そのためには、自分自身で研究し、学ぶことが必要となります。さらに、専門外の分野についても広範に学ぶことが、未来の新しい仕事に繋がる可能性があるからです。

そして、AIの進歩により、通訳業務も変化しています。すでに簡単な翻訳業務はAIによって実行されており、この傾向は今後さらに加速する可能性があります。このような状況下で通訳者として生き残るためには、AIが代替できないような高度なスキルや知識を身につけることが求められます。

以上のように、通訳者としての働き続けるためには、常に新しいことを学び、スキルを磨き続けることが必要となります。そのため、自己向上心がない人にはこの職業は向いていないと言えます。自己成長の意欲があるかないかが、通訳者としての長期的な成功を左右する重要な要素となるでしょう。


孤独に弱い人

孤独に弱い人が通訳者になるのは厳しい、それが私の持論です。通訳者という職業は、自分一人で多くの仕事をこなす必要がありますから、孤独に弱い人には向いてないでしょう。

特にフリーランスの通訳者というのは、独自の視点で情報を取り入れ、それを元に自己管理をしながら仕事を進めることが求められます。依頼された通訳内容の予習、資料の翻訳、通訳が必要となる場のリサーチ等、全てを自己管理しながら行わなければならないのです。これらの作業は基本的に一人で行われますから、孤独感を感じやすい人にとっては向いてない職業といえるでしょう。

加えて、通訳業務の現場でも孤独感はつきものです。たとえば、大きな会議で通訳を行う場合、依頼主や相手側の企業、会議の参加者等、全員が自分の味方であるわけではありません。このような状況下で孤独に耐え、自分の仕事に集中し続けることが求められます。

このように、孤独に耐えつつ自己管理をしながら作業を進めるというスキルが通訳者には必要です。そのため、孤独感に弱いという特性を持つ人にとって、通訳者という職業はやはり向いていないと考えられます。


コミュニケーションスキルが低い人

コミュニケーションスキルが低い人が通訳者になるのは困難です。それはなぜか。それは通訳者の役割が、単に言葉を翻訳するだけではないからです。高度なコミュニケーションスキルが求められ、これが欠ける人にとっては向いていない職業と言えるでしょう。

通訳者としての業務は、依頼主やその取引先との密接なコミュニケーションが必要とされます。依頼主からの要望を正確に理解し、それを取引先に適切に伝達する能力は、通訳者としての基本的なスキルです。また、依頼主や取引先と円滑な関係を保つためには、優れたコミュニケーション能力が求められます。

例えば、高圧的な依頼主やその取引先に対しても、プロフェッショナルな態度で対応し、彼らの要望を適切に伝える能力が求められます。これらのコミュニケーションスキルが低い人は、依頼主や取引先との間に摩擦を生む可能性があり、結果的に通訳業務を適切に遂行することが困難となるでしょう。それ故、コミュニケーションスキルが低い人には通訳という職業は向いていないと言えます。

言語の知識と同等に、通訳者としてのコミュニケーションスキルも極めて重要です。それは通訳者が、言葉を通じて人と人をつなげる架け橋であるからです。だからこそ、コミュニケーションスキルを高めることで、より高いレベルの通訳業務を提供できるようになるのです。


タイムマネジメントが苦手な人

タイムマネジメントが苦手な人には通訳業務はあまり向いていないと言えます。通訳という仕事はしばしば時間に制約が伴うもので、有限な時間の中で資料の研究、必要な情報の整理、言語変換の準備など、多岐にわたる業務を遂行する必要があります。

まず、依頼主からの資料共有が遅れる場合があります。それでも、通訳者としては依頼主が求める品質の仕事を提供しなければなりません。このような状況下では、効率的に時間を使い分けるタイムマネジメント能力が問われることとなります。

また、通訳の仕事までの日数が僅かであるという状況にも直面することがあります。これは、準備する時間が短く、その中で膨大な量の資料を処理しなければならないという意味です。特に自分が不慣れなジャンルの通訳であった場合や、他にも大量の依頼を受けている場合など、適切なタイムマネジメントが求められます。

そして、重要なことは完璧主義の陥り穴に落ち込まないことです。全てを完璧にこなそうとすると、時間管理が難しくなり、全体の仕事のレベルが下がる可能性があります。結果として、それぞれのタスクに適切な時間を割くというバランスが重要となります。

以上のような理由から、タイムマネジメントが苦手な人には通訳という職業は向いていないと言えるでしょう。それでは逆に、タイムマネジメントが得意な人、時間を有効に使いこなすスキルを持つ人が、通訳という仕事で成功する可能性は大いにあります。


将来への不安を感じやすい人

将来への不安を感じやすい方は、通訳という職業には向いていないかもしれません。この仕事は特にフリーランスとして行う場合、その将来がどのように展開するかを予見することは難しいからです。

通訳業務は、その性質上、定常的に依頼が入るとは限りません。プロジェクトが終了したり、依頼主が通訳を必要としなくなったりすると、仕事が途絶えることもあります。そのため、未来に対する不確定性を受け入れ、それでも自分自身を最善に維持し続ける柔軟性と冷静さが求められます。

また、クライアントのニーズは常に変化します。これはフリーランスの通訳者にとって大きな挑戦となります。依頼が来なくなるという不安を抱きつつも、常に高い品質のサービスを提供し続けるためには、自己鍛錬やスキルアップ、業界動向の把握など、様々な努力が必要です。

例えば、ある通訳者はIT業界に特化していたとします。しかし、市場が変化し、その専門分野の通訳が必要とされなくなった場合、他のジャンルへの適応や新たな分野への学習が必要となります。このような変動を恐れ、逃避する傾向がある人には、フリーランスの通訳業務は向いていないかもしれません。

通訳に向いている人の特徴4選


英語が大好きな人

英語が大好きな方々、あなた方はまさしく通訳という職業に向いているかもしれません。通訳業界は確かに高い英語力を必要としますが、それ以上に求められるのが、英語に対する情熱です。

通訳者の役割は単に言葉を別の言葉に置き換えるだけではありません。通訳者は言葉を通じて文化や思考をも翻訳する必要があります。この過程で深い理解と、それを続けるための愛情、そして熱意が求められます。英語が大好きな方は、このような業務を円滑に進めるためのエネルギー源を自然と持っています。

また、英語が好きな方は、その好きなことを仕事にすることで、通常以上のモチベーションを保つことが可能です。これは自己向上心と直結し、結果として英語力を維持し、さらには向上させ続けることが可能となります。通訳業界は常に進化し続け、そのレベルは日々上がっています。そのような状況でも、英語に対する愛情があれば、自分自身を高め続ける努力を惜しまないでしょう。

例えば、ある通訳者が新たな専門分野に進出するためには、その分野に関連する英語の知識を獲得する必要があります。しかし、英語が大好きであれば、その学習自体が楽しく、新たな知識を吸収することが自然とできるでしょう。このようなポジティブな姿勢は、通訳という職業において非常に大切です。

以上からも、英語が大好きな方は通訳という職業に向いていると言えるでしょう。通訳という職業は英語に対する情熱を活かす最適な場と言えます。


通訳者になることが夢の人

通訳者を夢見ている方々、その夢はあなた方が通訳者に向いている強い証拠となります。通訳になる道は容易ではなく、困難や挑戦が付きものです。しかし、それでも通訳者になることが自分の夢であると心から思える方は、その困難を克服するための強力なモチベーションを持っていると言えます。

ここで重要なことは、夢を持つことが向上心を生み出し、その向上心が成長を促進するという点です。通訳者になることを夢見る方は、英語力の向上はもちろんのこと、コミュニケーション能力や専門知識の向上、新しい翻訳技術の習得など、通訳者としてのスキルを磨き続けることに積極的に取り組むでしょう。

たとえば、大きな国際会議の通訳者として活躍することを夢見ている方がいたとしましょう。その方は、国際会議で求められる高度な英語力を習得するために、日々努力を重ねることでしょう。また、様々なテーマについて深い知識を身につけるために、自己学習を怠らないことでしょう。そのような日々の積み重ねが、通訳者としてのスキルを磨き、その夢を現実に近づけるのです。

一方、英語が好きであるだけでは、その挫折を乗り越えるためのモチベーションが不足してしまうかもしれません。しかし、通訳者という夢を持つことで、困難を乗り越え、自己成長を続けるための源泉となります。

そう、通訳者になることが夢である方々は、その夢があなた方が通訳という仕事に向いている大きな証拠となります。だからこそ、その夢を追い続けることで、通訳者として成功する道が必ず開けるのです。


世界を股にかけて活躍したい人

世界を股にかけて活躍したい、という強い思いを抱いている方々、通訳者という職業はあなた方の希望にピッタリかもしれません。その理由は、通訳者という職業が、そのまさに世界的な視野と多様な交流を提供する機会に満ちているからです。

通訳者としてのスキルが一定のレベルに達すれば、その可能性は無限大に広がります。大企業の国際会議や交渉の場で、世界各地から集まった専門家たちと共に仕事をする機会もあるでしょう。自分の言葉が、国境を越え、ビジネスの成功に貢献する瞬間を実感することができます。

具体的な例を挙げてみましょう。ある日、大手自動車メーカーの新製品開発に関する重要な会議が開催され、あなたがその会議の通訳者に任命されたとします。その会議には、世界各地の支社から技術者やマネージャーが集まり、最新技術の情報交換や新製品の開発戦略について議論します。そのような場面であなたが果たす役割は、単に言葉を訳すだけではありません。文化や慣習の違いを理解し、的確に情報を伝達することで、グローバルなコミュニケーションの橋渡し役となるのです。

また、通訳者としての経験は、世界を股にかけて活躍するための自己成長にもつながります。異なる文化や思考を経験することで、より広い視野を持つことができ、自分自身の柔軟性や対応力を鍛えることができるのです。

つまり、世界を股にかけて活躍したいという方々にとって、通訳者はその夢を実現するための適職といえるでしょう。その理由は、通訳者が提供する豊かな経験と無限の可能性が、その夢を具現化するための強力なツールとなるからです。

新しいことを学ぶのが好きな人

新しいことを学ぶことが好きな人々にとって、通訳者というキャリアはまさにそれを実現するためのフィールドです。何故なら、通訳者として働くためには、語学力だけでなく、様々な専門分野に対する理解も必要とされるからです。

通訳者としての仕事は多岐にわたります。医療通訳、法廷通訳、ビジネス通訳、技術通訳など、各分野に特化した知識とスキルが求められます。それらの分野では、それぞれ独特な専門用語や概念が存在します。したがって、通訳者として成功するためには、自身が取り組む分野の知識を深め、最新の情報を継続的に学ぶことが求められます。

例えば、あなたがIT分野で通訳を行うと仮定しましょう。その場合、あなたは新たな技術やソフトウェア、データ分析の手法など、日々進化していくIT業界の動向を追い続ける必要があります。その知識をもとに、技術者と非技術者の間で通訳を行い、互いの理解を深める役割を果たすのです。

同様に、ある日医療通訳を任されるかもしれません。その際には、疾患や治療法、医療用語などの知識が不可欠です。また、病気の患者と医療スタッフの間に立ち、感情的な要素を適切に伝えることも重要です。

これらの例からわかるように、新しいことを学ぶことが好きな方々は、通訳者という職業に向いています。様々な分野の知識を身につけ、それを通訳者としての仕事に活かすことで、そのスキルレベルを自然と上げることができるのです。自分自身の成長を楽しみながら、より高いレベルの通訳者へと進化していく道のりは、新しいことを学ぶことが好きな人々にとって、非常に魅力的であるはずです。

おわりに


ここまで、「通訳者に向いている人」と「向いていない人」について詳しく説明してきました。世界がどんどんとつながっていく現代社会において、通訳者という職業は一段とその重要性を増しています。しかし、通訳者には特有のスキルや人格特性が求められ、すべての人がこのキャリアに向いているわけではありません。

向いていると感じる特性があれば、それは通訳というキャリアがあなたにぴったりである可能性を示しています。また、向いていないと感じる特性がある場合でも、それはあなたが成長や改善が必要な領域を明確に認識していることを意味します。これらを理解することで、自分自身をより深く理解し、適切なキャリア選択をする一助になるでしょう。

ともあれ、重要なことは自分自身を理解し、自分に合ったキャリアを選ぶことです。あなたが通訳者になることを希望しているなら、自分がどのような特性を持ち、何を改善すべきかを理解することは、目指すキャリアに向けての大きな一歩となります。どんな道でも、自己理解と成長への欲求があれば、困難を乗り越えて進んでいくことができます。あなたのキャリア探しと自己成長が、この記事を通じて少しでも助けられたのであれば、これ以上の喜びはありません。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X