ENGLISH WORK公式

通訳の仕事がしんどいと言われる10の理由

  • 投稿日時:8か月前

皆さんこんにちは、今日は「通訳」について話を広げていきたいと思います。通訳者は言葉の架け橋として、国境や文化の壁を越えて、人々のコミュニケーションを可能にします。外国語を理解し、正確に伝えるというその役割は、まさに人間の知識と技術の粋を極めた仕事とも言えるでしょう。しかし、一方でその仕事は「しんどい」ことも事実なのです。

本記事では、通訳の世界に踏み込んで、その「しんどさ」について詳しく語ります。一見華やかに見える通訳者の仕事ですが、実際は相当なストレスと孤独感、人間関係の複雑さによる心労、そして時代の進歩と共に押し寄せるAIの恐怖など、さまざまな問題に直面しています。

この記事を通じて、「通訳」という職業に対する理解を深めていただき、多言語を操るプロフェッショナルたちがどのような挑戦と困難に立ち向かっているのかを理解いただければ幸いです。それでは、通訳の世界へ、一緒に踏み込んでいきましょう。


通訳の仕事がしんどいと言われる10の理由

脳が爆発!翻訳の戦場で戦う同時通訳者の悲鳴

世の中にはしんどいという言葉がピッタリくる職業が山ほど存在しますが、その中でも私たち通訳者の仕事はかなりしんどいものがあります。どうしんどいのかというと、それは「脳が爆発する」ほどの疲労感です。そう、言葉を即座に翻訳して伝えるという私たちの仕事は、まさに脳のエクササイズなんです。

特に同時通訳と呼ばれる部門は、まるで超能力者が要求されるような業務です。あなたがテレビで見るアメリカ大統領の演説の同時通訳、あれこそがまさしく脳の戦場。話を聞き、瞬時に翻訳し、聞き手に伝える。これら全ての作業をほぼ同時に行います。おまけに、それらは全てリアルタイムで進行します。

普通に考えても、一つのことを深く考えるだけでもそれなりに疲労しますよね? でも我々は一つではなく、三つもの事を同時に行っているのです。もはやこれは一種のマルチタスクの神業。それも超集中状態で行わなければならない。あなたが焦ってパソコンの複数のタブを開きながら操作する感覚を考えてみてください。あの疲労感を何十倍、何百倍にも増幅したものを私たちは経験しています。

さらに辛いのが、その集中力を持続させなければならない点。大統領の演説などは1時間以上に及びます。短い時間で脳をフル回転させ続けること自体が難しいのに、それを長時間もやらなくてはならない。まさに私たちの脳は、激しいマラソンを走り抜けるランナーのようなもの。

もちろん、一人で通訳するとなれば脳は爆発してしまうでしょうから、テレビでは通常2〜3人の通訳者が交代で作業を行います。でもそれでもキツイ。だって、一回休むとすぐまた次のターンが回ってくる。思ったより早く自分のターンが回ってくると、脳がもう機能しない……。まさに人間の限界を迎えてしまうのです。

このように、同時通訳者の仕事は「脳が爆発」するほどしんどい。それでも我々はこの仕事を選び、頑張り続けています。


地獄の現場!極限の責任に挑む通訳者の壮絶な闘い

ある程度内容がわかればいいという甘い状況は通訳者には許されません。なぜなら、通訳者が呼ばれる場面とは、一言で言ってしまうと「命がけ」の場所だからです。そう、それはビジネスの交渉や契約など、まさに極限の責任を伴う現場なんです。

会議や接待程度であれば、全てを完全に理解しなくても流れを掴めればしんどいと感じることは少ないかもしれません。しかし、契約や交渉では、一言一句、全ての情報を正確に把握し、瞬時に正確な翻訳を行わなければならない。だって少しのミスが会社に大きな不利益をもたらす可能性があるからです。そのための通訳者なのですから、ミスは許されません。

あなたが一度失敗したら取り返しのつかない状況を思い浮かべてみてください。あのプレッシャーを想像しただけでしんどいですよね? そのプレッシャーが通訳者には常に付きまとうのです。しかもそれが日常茶飯事。思わず「地獄の現場」なんて表現を使いたくなるくらいです。

ただし、この話を聞いて通訳者は全員が全員、一日中極限状態で働いているわけではないと思わないでください。通訳者の仕事は場面により、その極限感は様々。だからこそ、通訳者は多面性を持つ仕事と言えます。

しかしここで大切なことは、通訳者がどんなに多面性を持つ仕事であっても、その中心には必ず「正確な翻訳」が求められるということ。それは極限状態でなくても、疲労困憊で頭がフル回転していなくても、その責任は常に付きまとう。一言のミスが許されない重圧は、通訳者にとって逃れられない運命とも言えるのです。

これが、通訳者の仕事がしんどいと言われる理由の一つ。しかし、この極限の責任に挑む通訳者の壮絶な闘いが、彼らに絶えず成長を促し、その結果、新たな価値を創造する力となるのです。


クライアントの皮肉な笑み!完璧を求められる通訳者の涙の真実

日常会話レベルの逐次通訳でも1日2万円以上、金融・IT・医療などの専門分野だと1日10万円以上もの報酬を手にする通訳者。こんなに高額な報酬を手にしているんだから、完璧なパフォーマンスを期待されても当然、そんな風に思われてもしょうがないかもしれません。

だけど、あなたが思う通訳者の「完璧」は、彼らが思う「完璧」とは大きく違うかもしれません。もちろん、一言一句正確に通訳することが求められる。だけど、その通訳の対象が自分の専門分野外となると、その「完璧」はあっという間に崩れ去る。

それは例えば、IT専門の通訳者が医療分野の会議で通訳を求められたとき。ITの知識は豊富だけど、医療の知識は乏しい。でも、その場で即座に、正確に通訳しなければならない。そんな状況、想像してみてください。あなたがその状況に立たされたら、どうしますか?

その「完璧」が求められる圧力に耐えられる人が、果たしてどれほどいるでしょうか? それでも通訳者は、そんな絶対に完璧を求められる状況に立ち向かわなければならない。そのプレッシャー、しんどいと感じない人なんて、一体どれほどいるでしょうか?

それでも通訳者は黙って耐えて、精一杯のパフォーマンスを提供します。だけど、それが少しでもクライアントの期待を満たせなかったら? クライアントから皮肉な笑みと共に、苦言を呈されることもあります。その瞬間、通訳者の頭の中には「何のために、こんなにもしんどい思いをしてまで通訳者になったのか?」という疑問が湧き上がるかもしれません。


事前準備の地獄!通訳者が悲鳴をあげる大量学習の必要性

ある通訳者が次の仕事の前日に目を赤く腫らし、まだ読み込んでいない資料の山を見つめながら深夜まで必死に働いている姿を想像してみてください。通訳の仕事の一部は現場で、その場での瞬時の判断と翻訳能力が問われるものですが、その他の大部分は、実はこれらの地味な準備作業に費やされるのです。

一見、通訳者の仕事は現場での口頭での通訳が全てのように思われがちですが、実は通訳の前段階で大量の学習が必要なのです。会議の場合、アジェンダの確認、事前に渡された資料の読み込み、依頼主の情報、相手先の情報をしっかり確認することが求められます。これらの準備なしに現場に入るなんて、ある意味で自殺行為と言えるでしょう。

さらに専門分野外の通訳が必要となると、その分野に関する一つ一つの専門用語、そしてその分野に関する基本的な知識も要求されます。自分が普段なじみのない分野の通訳を求められた時、それはまるで未知の世界への冒険となります。知らない単語は全て調べ、一つ一つその意味を理解し、その上でその単語が適用される文脈も理解しなければなりません。それにはどれだけの時間と労力が必要だと思いますか?

通訳者が感じるこの準備の過程でのしんどさ、それはまるで大学の最終試験前夜のようなもの。それが通訳者にとっては、毎日のように訪れる現実なのです。このしんどさ、想像できますか?

これが通訳者の仕事の一部。表面上見えない、でも決して欠かすことのできない地獄の事前準備。その過程で感じるしんどさを乗り越え、ようやく現場に立つことができるのです。


時間との勝負!準備期間が限られた通訳者の逃げ場なし

時計の針がじわりじわりと進む。目の前には未だ読み切れない膨大な資料の山。これが通訳者の日常です。通訳者が挑むのは、他人の言葉を橋渡しするだけではなく、時間という無情な敵との戦いなのです。

依頼主からの資料共有が遅れる場合、これはまるで時間の刻々と進むサンドクロックのよう。資料を手に入れるまでの待ち時間、それは通訳者にとっては貴重な準備期間の無駄になってしまうのです。そして資料を受け取った瞬間から、カウントダウンは始まります。

さらに通訳の仕事までの日数が僅かである場合、それはまさに緊迫したレースの始まり。まるで走りながら靴紐を結ぶような状況です。あれもこれもと情報を頭に詰め込むためには、息つく暇もないほどのスピードが求められます。

それぞれのジャンルの専門用語、それらを一つひとつ確認し理解することが求められます。不慣れなジャンルの通訳であればあるほど、そのプレッシャーは倍増します。時間との戦いは、これでもかというほどのしんどさを通訳者に強いるのです。

そして他にも大量の依頼を受けている場合、そのスケジュールはまるでジグソーパズルのように組み合わさり、通訳者には逃げ場なしの状況を生み出します。膨大な量の情報を把握し、正確に通訳するための準備期間が、その他の依頼で狭められること、そのしんどさを想像できますか?

これらが通訳者の立ち向かわなければならない現実。時間との勝負、その中で生まれる圧倒的なストレス。通訳者の逃げ場なしの戦いをご理解いただけたでしょうか。


仕事が来ない夜!フリーランス通訳者の不安と絶望

安定した仕事と収入、それは私たちが日々の生活を安心して送るために求められることです。しかし、フリーランスの通訳者の世界では、その安定というものが絶えず風前の灯火なのです。

フリーランスの通訳者は、毎日が新たな戦いであり、いつ自分に次の仕事が来るのか、その確証はありません。つまり、自分の生活を安定させるための支えとなる仕事が、常に確実に手元にあるとは言えないのです。これがフリーランス通訳者のしんどさの一端を表しています。

そして、一度でも大きなミスを犯してしまうと、築き上げてきたクライアントとの良好な関係が途端に崩れ、次の月からは仕事の依頼が全く来なくなることもあります。その結果、不安定な収入にさらなる不安が加わり、生活のリズムすら乱れてしまうでしょう。これが、フリーランス通訳者のしんどい現実なのです。

このような不安定な状況の中で、フリーランスの通訳者は常に自分自身にプレッシャーをかけ続けなければなりません。ミスを絶対に許されない緊張感、それは時間と共にストレスとなって体に積み重なり、心身を蝕みます。

そんな通訳者たちの深夜の戦いは、暗い部屋でただ仕事の依頼が来ることを待ち続ける、長い夜と化します。これはまさにフリーランス通訳者の不安と絶望の現実。仕事が来ない夜、そのしんどさというものを皆さんに伝えたいのです。


AIの恐怖!通訳市場を握る技術進化の影

さて、あなたがもし通訳者だったら、ある夜突然、自分の仕事を奪い去ろうとする「モンスター」が現れたらどう感じるでしょうか。そのモンスターの名前は「AI」です。彼の登場によって、通訳者という職業が直面する可能性がある、新たなしんどさを見ていきましょう。

AIの進化は、情報技術の世界を席巻しており、私たちの日常生活にも大きな影響を与えています。そして、その影響は言語翻訳業界にも及び、通訳者の生活を直撃しているのです。

ChatGPTというAIが登場したことで、文字ベースの翻訳では、人間の翻訳者を凌駕する能力を持つ存在がすでに現れています。彼の理解力、表現力、そして何よりもその驚異的なスピード。これは間違いなくレベルの低い翻訳者より高い能力を有しています。そして、その技術の進化は止まることなく、着実に通訳の世界にも影響を及ぼしています。

もちろん、AIがまだまだ太刀打ちできない領域もあります。特にコミュニケーションの深度やニュアンスを理解し、それを伝える能力は、今のところ人間の通訳者にしかできないことです。しかし、それでもAIの進化が通訳者にとってどれほどの脅威となるかを無視することはできません。

これからの時代、通訳者が生き残るためには、ただ言葉を翻訳するだけでなく、人間が持つ豊かなコミュニケーション力や深い理解力を更に磨いていくことが求められます。この変化に対応するための努力は、通訳者にとってさらなるしんどさを増しています。

つまり、AIの恐怖、それは通訳者が直面している新たなしんどさ。しかし、その一方で、通訳者自身の価値を見直し、再確認するきっかけともなるでしょう。


英語力アップの恐ろしい波!AIが導く通訳不要の時代の足音

これはまさに通訳者の夢でもあり、悪夢でもあるシナリオです。通訳者が普段鍛えてきたスキル、それが誰でも身につけられる世の中になるというのですから。

通訳者とは一体何なのでしょうか?それは言葉を翻訳し、人々の間でコミュニケーションを橋渡しする者、そして語学のエキスパートであります。しかし、もしそのエキスパートと言われる地位がAIや他の素人によって危ぶまれるとなると、通訳者の存在価値はどうなるのでしょうか。

一部ではすでに現実になっています。ChatGPTなどのAI技術を利用すれば、これまでの学習法を一新する可能性があります。これらのAIは、適切な指示を出せば「ここに文法ミスがあります」「この単語を使うといいだろう」などと先生の役割を果たしてくれます。

まるで深夜の自習室に一人残ったような努力家の通訳者の姿を思い浮かべてみてください。一方で、すでにAIの手が伸びています。それは理想的な英語の先生でもあり、そして完璧な日本語の先生でもあります。その完璧な指導のもと、将来的にはどんな英語の先生よりも豊富な知識を持つAIと会話をしているだけで、語学の知識が身につく時代が訪れるかもしれません。

そうなると、レベルの低い通訳業務は不要になるかもしれません。その結果、通訳者はますますしんどい状況に立たされることとなります。

しかし、これは技術革新の結果であり、避けて通れない道なのかもしれません。もちろん、その過程でしんどさを感じる通訳者もいるでしょう。しかし、そこから進化することで、新たな価値を創造する可能性も秘めているのです。その結果、通訳者自身が新たなスキルを身につけ、さらに高度な専門性を持つ者へと変化する可能性があるのです。


孤独の絶頂!通訳者が感じる壮絶な孤独感

どんな仕事でも孤独感はあるでしょう。しかし、通訳者の孤独感はそれを何倍にもして味わうこととなるでしょう。フリーランスの通訳者の場合、自分一人でやることが山積みで、これが通訳者のしんどい現実なのです。

通訳者は、文字通り、二つの世界の間に立つ存在です。それらの世界を繋げる役割を果たすために、あらゆる労力と知識を使い果たして、場の空気を感じ取り、時には未出の語彙を創り出します。しかし、この奥深い仕事の背後には、自分一人で立ち向かわなければならない数々の挑戦が潜んでいます。

事前準備から現場での通訳業務まで、全てが通訳者自身の手にかかっています。想像してみてください。ひとつひとつの仕事が終わるたびに、次の仕事が自分の待ち構えている。その繰り返しで、あたかも自分だけが砂漠を彷徨っているような感覚に陥ることでしょう。それが通訳者のしんどい現実です。

そして、何よりも重要なことは、通訳者がいる場では、依頼主も相手側の企業も、通訳者自身の味方ではありません。依頼主はあくまでお客様であり、相手側の企業はお客様のお客様です。通訳者は彼らを繋ぐ中立的な存在であり、それが評価されることは少ないのが現実です。

だからこそ、通訳者の孤独感は深く、またしんどいものなのです。まさに孤独の絶頂に立たされている通訳者たちへ、私たちは何を提供できるのでしょうか?それはおそらく理解と共感でしょう。彼らの仕事の大変さを理解し、その価値を正当に評価することが求められているのかもしれません。


人間関係地獄!通訳者が直面する嫌な人々との戦い

言葉の海を渡る船乗りとして、通訳者が直面する最大の試練が何かと言われれば、それは多くの場合、人間関係の調整です。何しろ、通訳の仕事は言葉を翻訳するだけではなく、依頼主やその依頼主の取引先との間に立つ”人間関係の通訳”でもあるのです。

この人間関係の調整が特にしんどいのは、高圧的な依頼主やその取引先と向き合う時です。ここで引き受けた仕事を完璧にこなさなければならないプレッシャーと、同時に突きつけられる人間関係の困難。これほどまでに通訳者の仕事をしんどいものにする要素は他にないでしょう。

考えてみてください。通訳者はただ黙って通訳をすればいいわけではありません。発言のニュアンス、会議の雰囲気、依頼主の意図、すべてを感じ取り、それを相手方に的確に伝える。そういう複雑な役割を果たすのです。

さらに、それら全てをこなす上で、通訳者自身が置かれる環境は常に変わります。状況は刻々と変化し、それに応じて通訳者は自分のスキルをフル活用し、時には困難な依頼主とも向き合わなければなりません。

具体的には、例えば、ある日は高圧的なビジネスマンから、プレゼンテーションの通訳を依頼されるかもしれません。彼の厳しい目が自分を見詰め、一言でも間違った表現をすれば怒りの矛先が自分に向く。そういう状況下で、通訳者は依頼主の要求に応えなければならないのです。

人間関係の煮詰まった場で、中立の立場を保ちつつ、すべての人々に対して真摯に対応する。それが通訳者の役割であり、それが通訳者の仕事が”人間関係地獄”である理由です。

おわりに


以上、通訳の世界について、その「しんどい」現実に迫ってきました。独自のスキルを持つ通訳者たちは、コミュニケーションの重要性を身をもって感じており、時には厳しい環境の中で自己犠牲を払いながらその役割を果たしています。

技術進歩の波、人間関係の難しさ、孤独感、そして不安定なフリーランスの立場と、様々な要素が通訳の仕事を「しんどい」と感じさせています。しかし、それでも彼らがこの道を選び続ける理由、それはきっと言葉を通じて人々をつなげる喜びや、新たな価値を創出する充実感にあるのでしょう。

結局、通訳者たちの経験は、どの職業にも通じる普遍的なものであり、私たち自身の生活や仕事にも教訓を与えてくれます。私たちは、自分自身の職業にも目を向け、困難や挑戦を乗り越えることの大切さを再認識することができるのです。

これからも、通訳者たちの奮闘を支えることが、国や文化を超えたコミュニケーションの円滑化、そしてそれぞれの職業の向上につながるでしょう。これからも通訳者の皆さん、そしてそれを支える全ての人々に、心から敬意を表します。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X