ENGLISH WORK公式

社会人留学が就職活動で不利に働く現実を暴く

  • 投稿日時:8か月前

はじめに、日本では近年、社会人の留学経験者が増加していますが、留学後の就職活動において不安を抱える方も少なくありません。なぜなら、留学を経験したことが必ずしも就職にプラスになるとは限らないからです。特に日本の企業は、留学経験者に対して懐疑的な目で見ることがあるのが現実なのです。

この記事では、留学経験者が就職活動において直面するリスクや問題点を深堀していきます。さらに、社会人の留学後の就職活動を有利に進めるための方法もご紹介します。留学を考えている方、留学を経験した方、また、留学経験者を採用する側の方にも、ぜひ参考にしていただきたい内容となっています。

今回の記事を読んで、留学経験者が抱える就職活動の問題点について理解し、より良い留学後のキャリアを築くためのヒントを得ていただければ幸いです。それでは、さっそく本題に入っていきましょう!


社会人留学の致命的なデメリット!就職活動で不利に?

キャリアのブランクが生む不利益:日本の非合理的な評価基準

キャリアのブランクが社会人留学後の就職活動に影響を与えることがあります。この問題の背後には、日本独特の非合理的な評価基準が潜んでいるんです。では、具体的にどのような不利益があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

日本の企業は、一度就職したらずっとその会社に勤め続けることが理想とされていることが多いですよね。そのため、キャリアの途中でブランクがあると、なんだかちょっと怪しまれる雰囲気があるんです。まるで、ブランクがあること自体が何らかの問題を抱えているかのようなイメージが付いてしまいます。

しかし、これは全くもって合理的な考え方ではありません。留学や転職など、キャリアのブランクが生じる理由はさまざまですし、そこで得た経験が実は企業にとって貴重なものだったりするんです。しかしながら、日本の企業はそういった価値を見極める力がまだまだ弱いと言わざるを得ません。

社会人留学を経験した人たちは、異文化コミュニケーション能力や語学力、問題解決能力など、さまざまなスキルを身につけることができます。それにも関わらず、キャリアのブランクを理由に就職活動で不利になることがあるのは、非常に残念なことですよね。

このような非合理的な評価基準が根強く残る日本の就職市場では、社会人留学後の就職活動がなかなか厳しいものになってしまいます。しかし、この問題を乗り越える方法は存在します。どうすれば留学経験を活かして、無事に就職活動を成功させることができるのか、これからの記事でお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。社会人留学を経験した人たちが、正当な評価を受けられる日が来ることを切に願います。


語学留学は遊びと軽視される現実:悪いイメージが就職に影響?

では次に、語学留学が遊びと軽視される現実についてお話ししましょう。これは、なんとも歯がゆい問題ですが、社会人の語学留学は、時に「遊び」として捉えられることがあるのです。これが、就職活動に悪いイメージとして影響することもあります。どうしてこんなことになってしまうのでしょうか。

まず、学生時代に留学するのと違って、社会人が留学する場合、すでにキャリアを築き始めていることが多いですよね。そんな中で、わざわざ留学に行くという行動が、「仕事を投げ出して楽しんでいる」という印象を与えてしまうことがあるのです。

また、留学先での生活が日本と比べてリラックスしたものであったり、友達との交流が楽しかったりすることもあります。そのような楽しいエピソードがSNSなどで伝わると、どうしても遊び感が強調されがちです。

しかし、語学留学が遊びだけではないことは明らかです。留学中には、現地での生活に慣れるための努力や、語学力を身につけるための勉強など、大変なこともたくさんあります。それにも関わらず、遊びと軽視されてしまうのは、本当に悔しいですよね。

こうした悪いイメージが就職活動に影響を与えることもあります。採用担当者が、語学留学を遊びと捉えていれば、その経験がプラスに働くことはなかなか難しいでしょう。しかし、これはあくまで一部の採用担当者の考え方であり、全ての企業がそう考えているわけではありません。

語学留学が遊びではなく、真剣に取り組んだ経験であることをアピールすることが大切です。留学中にどんな努力をしたのか、どんなスキルを身につけたのかを具体的に伝えましょう。そして、その経験がどのように今後の仕事に役立つのかを説明することで、遊びというイメージを払拭することができるでしょう。


すぐ仕事を辞められるリスク:企業が警戒する背景とは?

それでは、次のトピックである「仕事を辞めるリスク」についてお話ししましょう。なんともショッキングな事実ですが、社会人留学経験者は、企業から「またすぐに仕事を辞める」というリスクがあると警戒されることがあります。一体なぜこんなことになってしまうのでしょうか。

留学経験者は、一度自分のキャリアを中断して、新たな挑戦に勇気を持って取り組んだ人たちです。しかし、その行動力や柔軟性が、企業側から見ると「仕事に対するコミットメントが低い」と受け取られることがあります。つまり、留学経験者は、企業にとって「離職リスクが高い」というレッテルを貼られてしまうのです。

また、留学経験者は、海外での生活や働く環境に慣れてしまっていることもあります。そのため、日本の労働環境や文化に戻ることが難しく感じることがあるのです。これが、企業側から「またすぐに仕事を辞めるだろう」と疑われる原因の一つとなってしまいます。

しかし、このような見方は決して公平ではありません。留学経験者は、自分のキャリアを中断してでも新たなことにチャレンジした勇敢な人たちです。彼らが、そんな簡単に仕事を辞めるとは限らないのです。実際、留学経験者は、異文化に対応できる柔軟性やコミュニケーション力を持っていることが多く、企業にとっては大変貴重な人材です。

そこで、社会人留学経験者が「またすぐに仕事を辞める」というレッテルをはがすためには、どのようにアピールすれば良いのでしょうか。まず、自分がどのように企業に貢献できるかを具体的に説明しましょう。留学で得たスキルや経験が、どのように仕事に活かせるのかをアピールすることが大切です。

また、自分が長期的に企業にコミットする意志を示すことも重要です。

無計画な社会人留学が招く「逃げ」レッテル

社会人留学後の就職が不利になる根本原因


市場価値が低い人が留学後に露呈

なんとも刺激的な話題ですが、実は、「留学したから就職できない」というのではなく、元々市場価値が低かった人が、留学でその現実が浮き彫りになることが原因なのです。

社会人留学経験者が就職活動で苦労する理由の一つに、企業側から見た市場価値が低いと感じられることがあります。しかし、ここで大切なのは、留学したこと自体が市場価値を下げる要因ではないという点です。むしろ、留学前から市場価値が低かった人が、留学を経てその現実に直面することになるのです。

では、市場価値が低いとされる人とはどのような人たちでしょうか。例えば、専門スキルが不足している人や、コミュニケーション能力に難がある人などが該当します。これらの人たちは、留学を経ても、就職活動で競争力を持ちづらいという現実が待っているのです。

ただし、このような状況に陥ることを避ける方法もあります。留学前に自分の市場価値を向上させるために、スキルを磨いたり、コミュニケーション能力を向上させたりしましょう。また、留学中にも、現地でのインターンシップやボランティア活動を通じて、自分の市場価値を高める努力を惜しまないことが大切です。

要するに、社会人留学経験が就職活動に悪影響を与えるのではなく、元々の市場価値が低い人が留学を経てその現実を突きつけられることが、問題の本質なのです。留学を成功させ、市場価値を向上させるためには、自分自身のスキルや能力を磨くことが何よりも重要だということを、忘れてはいけません。


無理な応募:身の丈に合わない就職活動の危険性

なんともショッキングなことに、社会人留学経験者の中には、「留学で就職が有利になる」という魂胆で、自分の身の丈に合わない企業に応募してしまうケースがあるのです。そんな無理な応募が、結果的に就職できない理由の一つになっている可能性が高いのです。

例えば、留学経験があるからと言って、自分のスキルや経験に見合わない高いポジションや、競争率が非常に高い企業を狙ってしまう人がいます。しかし、そもそも留学だけがそのような企業で働くための切符ではないことは明らかです。留学経験を武器にすることは良いことですが、現実的な視点から自分の市場価値を正確に把握することが大切です。

もちろん、自分に自信を持ってチャレンジすることも大切ですが、現実を見失って無理な応募を続けていると、結果的に就職活動に失敗するリスクが高まります。留学経験者が身の丈に合わない就職活動をしてしまう背景には、過剰な自信や誤った情報に基づく判断があることが多いのです。

こうした問題を回避するためには、まず自分のスキルや経験を客観的に評価し、適切な企業や職種を見極めることが重要です。また、社会人留学経験をアピールする際にも、具体的なスキルや成果を示すことが大切であり、留学だけを売り物にするのではなく、自分の強みをアピールすることが求められます。

留学経験者が就職できない理由の一つに、身の丈に合わない就職活動があることを認識し、現実的な視点で自分の市場価値を見極めることが、成功への道を切り開く鍵となるでしょう。

英語を使う仕事をジャンル別30種紹介:未来を英語で切り開け

社会人留学後の就職リスクを回避するための方法


英語力アップがカギ!

「社会人留学をしたことが原因で就職できない」という悪夢を避けるために、一番重要なポイントをお伝えしましょう。それは、なんと言っても英語力を上げることです!他に方法はありません。

実際、海外に行ったからといって、特別なスキルや経験が身につくわけではありません。日本で身につけられなかったスキルを、海外で身につけられるはずがないのです。ですから、せめて英語だけでも習得しましょう。他の能力がなくても、英語力の一点突破で就職先に受け入れられる可能性は十分あります。

そして、英語力が上がれば、知能が底上げされ、その他の知的能力が向上する可能性もあります。英語力が高いと、世界中の情報や知識にアクセスできるようになり、新たなスキルやアイデアを得るチャンスも広がります。これが、英語力を向上させることの大きなメリットです。

結論として、社会人留学のリスクを回避し、無事に就職活動を成功させるためには、まず英語力をしっかりと身につけることが重要です。英語力を高めることで、留学経験をプラスに活かすことができ、就職活動でも大きなアドバンテージを得られるでしょう。皆さんも、英語力アップに励んで、留学後の就職リスクを乗り越えましょう!


専門スキルを身につけることで留学後の就職活動を有利に進める

そんな皆さんの社会人留学後の就職活動をさらに有利に進めるために、英語力だけでなく、専門的なスキルも身につけることをおすすめします。例えば、留学中にSNSで情報発信をしたり、YouTubeで動画配信をしてみるなど、スモールビジネスを始めることでマーケティングの知識を身につけられます。

このような取り組みを通じて、留学後に就職できないという事態が起こる確率を大幅に減らすことができます。しかも、動画編集代行やSNS運用代行などの仕事を副業として行う可能性も出てくるでしょう。

ここで重要なのは、留学先での時間を有意義に使い、自分の市場価値を高めることです。英語だけでなく、専門的なスキルも身につけることで、留学経験がより充実したものになり、就職活動においても大きなアドバンテージを得られるのです。

あなたがこれから留学を検討しているなら、ぜひ英語力アップに加えて専門的なスキルを身につけることを意識してください。そして、留学後の就職活動を成功させるために、自分の能力や魅力を最大限にアピールできるよう努力しましょう。そうすれば、社会人留学後の就職リスクを回避できるはずです!

まとめに


社会人留学後の就職活動において、多くの方が抱える不安やリスクについて、今回は深く迫ってみました。残念ながら、留学経験が就職活動にマイナスに働くこともあるのが現実です。しかし、そのリスクを克服するためには、英語力の向上や専門スキルの習得が非常に重要だということがわかりました。

留学をただの遊びと軽視されることがある中で、自分の市場価値を高めるために努力し続けることが、留学後の就職活動においても大きな強みとなります。英語力だけでなく、マーケティングや動画編集などの専門スキルも身につけることで、身の丈に合わない就職活動を避けることができます。

社会人留学経験が就職において不利益をもたらすこともあるのは事実ですが、そのリスクを踏まえた上で、しっかりとした準備と努力を重ねることで、留学後の就職活動を成功させることができるでしょう。これから留学を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考に、留学後の就職活動に向けての準備を進めてください。その努力が、きっと将来のあなたのキャリアに大きく寄与することでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X