ENGLISH WORK公式

翻訳家に向いている人・向いてない人13の特徴

  • 投稿日時:8か月前

こんにちは、皆さん。このブログでは、翻訳家を目指す皆さんに向けて、成功への道を見つけるヒントを提供しています。

翻訳家という職業は、語学力だけではなく、さまざまなスキルや特性が求められます。それらを持っているかどうかで、翻訳家としてのキャリアが大きく左右されることでしょう。

しかし、どのような特性が翻訳家に向いているのか、という問いには一概に答えることは難しいですね。なぜなら、それは各個人の目指す方向やスタイルによるからです。そこで今回は、様々な特性を持つ人々がどのように翻訳家として成功する道を見つけられるのかを、具体的な例を交えてご紹介します。

記事の中では、「翻訳家に向いている人」「翻訳家に向いていない人」の特徴を話していきます。それぞれがどのように翻訳家として成功への道を歩んでいけるのか、具体的にお伝えします。

これからの記事が、あなたの翻訳家としてのキャリアに新たな視点を提供し、あなた自身が翻訳家として向いていると感じることができる一助となれば幸いです。それでは、一緒にその道を見つけていきましょう。


翻訳家に向いてない人の7つの特徴

英語力が低い人:AIとの競争

英語力が低い人が翻訳家に向いてない理由とは、何と言っても現在のAI技術の進化による競争力の増大です。AIの一例として、OpenAIのChatGPTを挙げてみましょう。このAIは、その洗練された学習アルゴリズムにより、日々増える情報から英語力を自己学習し、人間と同じように自然な英語を話すことができます。それは、まるで人間が長年に渡り学んだ英語力をAIが短期間で身につけたかのようなものです。

このようなAIの存在が示すことは、中途半端な英語力では翻訳家としての価値を証明することが難しくなってきているという事実です。そこそこの英語力では、AIがその仕事を引き受けてしまいます。さらに、「翻訳家になりたい」と考えている人々の中には、TOEICのスコアが990点、IELTSやTOEFLも満点に近いという、非常に高い英語力を持つ人たちが少なくありません。そんな猛者たちが活躍する業界において、TOEICスコアが800点程度では、残念ながら英語力が低いと判断されてしまうでしょう。

こういった現状から、私たちは業界がどう変化していくかを見据える必要があります。一つには、翻訳業務が二極化するでしょう。簡単な翻訳業務はAIが行うようになり、難易度の高い翻訳業務は高い英語力を持つ人々によって行われるでしょう。これは、AIの技術がさらに進化し、より複雑な翻訳もこなせるようになった場合、翻訳家が持つべき英語力のレベルがさらに高まるという可能性を示しています。

それゆえに、これから翻訳家を目指す人々には、十分な英語力の獲得が必須となるでしょう。そしてその英語力は、ただ単に「そこそこの」レベルではなく、「AIに負けない」、「他の猛者たちに立ち向かえる」レベルでなければならないのです。そのような高い英語力を持つことが、これからの翻訳家に求められるスキルとなるでしょう。そのため、英語力が低い人にとっては、翻訳家という職業は向いていないと言えます。これは厳しい現実かもしれませんが、それを理解することで、自分が向いている仕事を見つける手助けになるはずです。


調べ物が不得意な人

さて、調べ物が苦手な人が翻訳家に向いてない理由を掘り下げてみましょう。翻訳作業は、驚くべきことにその8割が調査や研究に費やされると言われています。これは、翻訳が単なる言葉の変換作業だけでなく、特定の専門分野の知識と理解を必要とするからです。具体的には、医学、法律、エンジニアリングといった分野での翻訳には、それぞれの分野の深い理解が求められます。

なぜなら、単語やフレーズは文脈によって意味が変わることがあり、その適切な翻訳を行うためにはその文脈を理解する必要があります。例えば、医学の分野では「ショック」という単語が使われた場合、一般的な「驚き」や「衝撃」という意味ではなく、医学用語としての「血流が低下し、体の機能が低下する状態」を指すことがあります。このような文脈を理解するためには、翻訳家自身が医学の知識を持っていなければならず、そのためには多くの調査が必要となるのです。

したがって、調べ物が苦手な人は、それだけでなく、その調査を元に適切な知識を得て理解する能力も必要となります。そのため、調べ物が苦手な人は、翻訳家という職業には向いてないと言えます。

しかし、これが逆に言えば、調べ物が得意であれば、専門分野の知識を持つ翻訳家として成功する可能性が高まります。調べ物が好きであれば、翻訳作業の8割を占める調査作業も楽しむことができ、その分野についての深い理解を得るために自分自身を鍛えることができます。そしてそれが、自分が専門的な翻訳家として成功するための重要なステップとなるでしょう。

したがって、自分がどのような能力を持っているのか、どのようなスキルが必要なのかを理解することは非常に重要です。それによって、自分が向いている仕事を見つけ、成功する道を切り開くことができます。


タイムマネジメントが苦手な人:翻訳作業の無限ループ

さて、次にタイムマネジメントが苦手な人が翻訳家に向いてない理由について語ってみましょう。翻訳作業は、まさに終わりのない追求の旅です。いつまでも完璧を求めて「あそこはもっとこうした方が良いかな?」と悩んでいると、作業が一向に進まないのです。

翻訳作業は一見単純に見えますが、実際には緻密なスケジューリングとタイムマネジメントが求められます。例えば、100ページの英語の報告書を翻訳する場合、それは単に英語を日本語に置き換えるだけの作業ではありません。専門的な言葉を調査し、正確に表現するためには時間が必要で、その上で、指定された納期に間に合わせるためには、タスクの優先順位をつけたり、作業の進捗を常にチェックしたりすることが求められます。

また、翻訳は創造的なプロセスでもあります。一つの文をどう訳すか、どの単語を使うかは、しばしば複数の可能性があります。しかし、それら全てを試す時間はなく、またそれを行う必要もありません。そこで重要なのは、タイムマネジメントを駆使し、適切な訳を見つけつつ、期限を守ることです。

したがって、タイムマネジメントが苦手な人は翻訳家という職業には向いてないと言えます。常に最高レベルの仕事を心掛けることは大切ですが、それと同時に、期限を守りながら効率的に作業を進める能力が必要となるからです。

一方で、これは逆に言えば、タイムマネジメントが得意な人にとっては翻訳家という職業は適しています。タスクの優先順位をつけ、適切なスケジューリングを行う能力があれば、高品質な翻訳を期限内に提供することができます。そしてそれは、翻訳家としての成功につながるでしょう。


将来への不安を感じやすい人:フリーランス翻訳家のリスク

フリーランスとして活動する翻訳家の世界に足を踏み入れることは、しっかりとしたメリットがある一方で、その特性上、いくつかのリスクも伴います。もしあなたが将来への不安を感じやすいタイプの人であれば、フリーランスの翻訳家になる道は必ずしも向いてないかもしれません。

フリーランスの翻訳家は、一般的にプロジェクトベースで働きます。つまり、一つの仕事が終わったら、次の仕事を見つける必要があります。これは、一定の収入源を持つ会社員とは異なり、収入の不確実性が伴うため、これが不安を生む原因となります。具体的には、自分が担当しているプロジェクトが終了した後、すぐに次のプロジェクトを見つけられるかどうか、自分のスキルが市場で求められ続けるかどうか、などの不確定要素が存在します。

さらに、フリーランスの翻訳家としてのキャリアでは、クライアントからの信頼と高品質な成果物の提供が不可欠です。しかし、将来への不安が強いと、それが品質に影響を与え、結果としてクライアントとの関係や評価を損なう可能性があります。

これらの理由から、将来への不安を感じやすい人は、フリーランスの翻訳家という職業には向いてないといえるでしょう。一方で、リスクを受け入れ、不確定要素をポジティブに捉え、それらを乗り越える力を持つ人であれば、フリーランスの翻訳家という道は大いに魅力的なものとなり得ます。自身のスキルや経験を活かし、自分のペースで、自分のスタイルで働けるフリーランスという形態は、それ自体が大きな価値と自由をもたらします。


自分を高め続けられない人

翻訳家として成功するためには、その人が持っているスキルセットや知識だけでなく、自己啓発への意欲もまた非常に重要な要素です。もし自己啓発が苦手な人であれば、翻訳家という職業は必ずしも向いてないといえるかもしれません。

翻訳家として働くには、日々、自分自身を高め続ける必要があります。これは英語力を高めることに限らず、得意とする専門分野に関する知識を深めること、さらには新たな分野の知識を学ぶことも含まれます。例えば、ある翻訳家が法律分野を得意としているとします。その人は最新の法律情報に追いつくために、法律のトレンド、変更された法律、新たな判例などを常に追いかける必要があります。こうした活動を通じて、自分の専門知識を更新し、その質を保つことが可能となります。

しかし、自己啓発が苦手な人にとっては、このような絶え間ない学習は負担となり得ます。その結果、彼らは翻訳家としてのパフォーマンスを最大限に引き出すことが難しくなるでしょう。自己啓発は翻訳家のスキルセットを更新し、自分を市場で競争力のある存在に保つために必要不可欠です。

さらに、今後AIの発展により、簡単な翻訳業務がAIに置き換えられる可能性が高まっています。このような変化に対応するためには、翻訳家はより高度な専門知識や、AIがまだ翻訳できない複雑な文脈理解能力を持つことが求められるでしょう。そのためにも、自己啓発の精神が重要となります。


孤独が苦手な人:翻訳家の孤独感

翻訳家の仕事について考える時、文字や言葉と向き合う静寂な時間を想像する人も多いでしょう。それはまさに翻訳家の日常の一部で、特にフリーランスの翻訳家の場合、一日の大半を自宅やオフィスで一人で過ごすことが多いです。だからこそ、孤独が苦手な人は翻訳家の仕事に向いてないかもしれません。

フリーランスの翻訳家というのは、自分のスケジュールを自分で管理し、自分でクライアントを見つけて仕事を得るという自由があります。しかし、その一方で、人との対話や交流が少ない生活を送ることになります。毎日を一人で過ごし、職場のようなコミュニティがないため、孤独感を感じることもあるでしょう。

さらに、翻訳家として駆け出しの頃は、高額な報酬を期待するのは難しいです。そのため、必然的に安い報酬の仕事を受ける必要があります。そして、少ない報酬で多くの仕事をこなさなければならない状況は、作業時間が増える結果となり、人との交流の時間がさらに減るという問題を生む可能性があります。

このような孤独感を克服するためには、自己管理能力や自己啓発の意欲、そして孤独に耐える強さが求められます。孤独を楽しむことができる、または孤独を感じてもそれが自分の生産性やモチベーションに影響を与えない人でなければ、フリーランスの翻訳家という仕事は向いてないといえるでしょう。


座りっぱなしの仕事が苦手な人:翻訳の労働環境

長時間のデスクワークが不得手な人にとって、翻訳家という職業はちょっと難しいかもしれませんね。なぜなら、翻訳の仕事は基本的にパソコンの前で行う作業が多いからです。特に最近では、AIの出現やクラウドワーカーの増加により、翻訳の価値がどんどん下がっています。つまり、大量の仕事をこなすことが収入を維持するための重要な鍵となっているのです。

この現象は、グローバル化やデジタル化が進んだ現代社会の特徴と言えるでしょう。AIや自動翻訳技術の進化により、一部の翻訳作業は機械に取って代わられつつあります。また、世界中からアクセス可能なクラウドソーシングのプラットフォームでは、低価格で翻訳サービスを提供する人々が増えているのです。

これらの影響で、翻訳家として生計を立てるためには、大量の翻訳作業をこなさなければならない状況になっています。具体的には、数千から数万ワードの翻訳を一日にこなすこともざらにあります。このようなワークロードは、翻訳家にとって座りっぱなしの長時間労働を強いることになるでしょう。

さらに、こうした大量の作業をこなすためには、集中力を維持し、ミスを防ぐための精神的な強さも必要です。こういった状況を考えると、座りっぱなしの仕事が苦手な人には翻訳家の職は向いてないと言えるかもしれません。

もちろん、適度に休憩を取りながら作業する、運動をする時間を設けるなど、座りっぱなしの状況を改善する工夫は可能です。しかし、それでもなお翻訳作業の大半は座って行うものであり、座りっぱなしの仕事が苦手な人には向いてない可能性があります。

翻訳家に向いている人の6つの特徴


英語が大好きな人:常に進化する語学力

英語が大好きな人にとって、翻訳家はまさに理想の職業と言えるかもしれません。何故なら、翻訳家という仕事は、毎日英語に触れ続けることが求められますから。自分の英語力を常に向上させ続けることができ、その上で自分のスキルを活かして働ける環境があるとすれば、それは翻訳家の仕事にぴったりです。

まず、翻訳家が求められるスキルの一つとして、高い英語力があります。自身の英語力を試す場として、TOEICやIELTSなどの公認の英語テストがあります。これらのスコアが高いほど、翻訳家としての信頼性も上がります。例えば、一般的にプロの翻訳家として活動するためには、TOEICでは800点以上、可能であれば900点以上を目指すと良いとされています。

また、単に語学力が高いだけでなく、新しい表現やフレーズを学ぶ好奇心、そして学んだことを実践する情熱も大切です。英語は日々進化し続ける言語ですから、新しい言葉や表現に触れることで、自身の英語力を磨くことができます。

さらに、好きなことに対しては自然と時間を使い、継続的に取り組むことができますよね。だからこそ、英語が好きな人は、常に英語力を高め続けることができるのです。その結果、翻訳家として求められる高い語学力を保つことが可能になります。

しかし、単に英語が好きなだけではなく、それを活かすための具体的なスキルも必要です。例えば、原文の意味を正確に理解するためのリーディングスキルや、適切な日本語に翻訳するためのライティングスキルなどです。こういった技術を磨くことで、英語力だけでなく翻訳家としての実力も向上することができます。

これらを踏まえて考えると、英語が大好きな人は、翻訳家に向いていると言えるでしょう。英語力の向上に対する情熱があれば、翻訳家としてのスキルも自然と身につけていけます。だからこそ、英語が大好きな人にとって、翻訳家はぴったりの職業と言えるのです。


翻訳家になる夢がある人:モチベーションと成長の源

翻訳家になりたいという夢がある人は、まさに翻訳家に向いています。何故かと言うと、それは確固たる目標が自己成長の強力な原動力となるからです。

翻訳家になることは容易な道のりではありません。もちろん、高い語学力が求められますし、それだけではなく、文化の理解や、時には専門的な知識も必要となります。更には、自己管理能力や、フリーランスとしてのビジネススキルも求められます。このような多くのスキルを身につけ、維持するためには、相当な努力と時間が必要となるでしょう。

では、なぜ「翻訳家になる夢」がある人が向いているのでしょうか。それは、その夢が強力なモチベーションとなり、必要なスキルを磨き続ける原動力になるからです。例えば、有名な翻訳家である村上春樹氏は、その著書で翻訳に対する情熱と、自分自身が翻訳家という職業を目指す夢が、自身の作品を創り上げるための強力なエネルギー源になったと述べています。

また、夢を持つことは、困難を乗り越える力にもなります。英語が好きだけでは、長時間の作業や高度な語学力を要求される厳しい現場で挫折する可能性もあります。しかし、翻訳家になりたいという夢があれば、それは乗り越えるべき困難に向かう勇気をくれます。

更に、自己啓発の欲求も刺激します。最新の語学知識を追求し、その分野の専門性を高め、最高の翻訳を提供するために自己を磨き続ける、これらはすべて翻訳家として成功するために必要なスキルです。そしてこれらの努力を支えるのが、夢への強い思いです。

これらを考えると、翻訳家になる夢を持つ人が、翻訳家に向いていると言えるでしょう。


感受性が豊かな人:AIと共存する翻訳家の姿

感受性が豊かな人、つまり感情の微細なニュアンスを敏感に察知する能力を持つ人は、翻訳家という職業に向いていると断言できます。これが、どうしてもAIではまだ得られない独特の能力であり、人間がAIと共存し、その上を行くために重要な鍵となります。

AIの発展により、基本的な翻訳業務は徐々にAIに取って代わられる可能性があります。その一方で、人間の翻訳家が持つべきスキルは変わってくるでしょう。AIがまだ達成できない部分、それは「人間の感情を読み解く」ことや、「ニュアンスを理解する」ことです。感受性が豊かな人は、これらの要素を理解し、表現する能力が高いため、AIと共存し、そのギャップを埋める役割を果たすことができます。

例えば、ChatGPTのようなAIは、膨大な量の文章データから人間の言葉を学び、それを理解し、人間と同様の表現を生成する能力を持っています。しかし、これはあくまで「表現」のレベルであり、本当に人間が感じている感情や、その背後にある深層の意味を理解するまでには至っていません。

そこには、一例として詩や文学の翻訳があります。これらは、単純に言葉を言葉に翻訳するだけではなく、作者の感情や背景を読み取り、それを他の言語でも同じように伝えることが求められます。感受性が豊かな人ならば、作者の微妙な感情や言葉の選び方、背景にある文化や社会の理解を通じて、より深いレベルでの翻訳を実現することができるでしょう。

このような視点から考えると、感受性が豊かな人は、AIと共存する翻訳家として、確かに向いていると言えるのです。


日本語が上手い人:AIを超える翻訳の質

日本語が上手い人にとって、翻訳家という職業は非常に向いています。なぜなら、人間が感動するような文章を書くためには、単なる正確さだけでなく、感情を揺さぶる言葉の選び方や表現が求められるからです。それはAIのような機械的な文章生成では決して達成できないことで、日本語力が高い人だからこそできる特技です。

確かに、ChatGPTのようなAIは驚くほど精度の高い翻訳を提供します。一般的な文書やニュース記事、ビジネスメールなど、基本的な翻訳作業においては、AIは十分に機能します。しかし、それが文学や詩、映画の台詞など、感情が大きく関わる翻訳になると、そこにはまだAIには乗り越えられない壁が存在します。

例えば、芥川龍之介の「羅生門」を英語に翻訳する場合を考えてみましょう。AIが提供する翻訳は、技術的には完全に正確であるかもしれません。しかし、その物語の悲しさや絶望感、登場人物の内面を深く理解し、それを他の言語でも伝えるためには、日本語の豊かな表現力と感性が必要となります。

また、日本語が上手い人は、読者の心を揺さぶるような表現を見つけ出し、それを用いて文章を書くことができます。これは、AIが単純に文法や語彙を学ぶだけでは到底達成できないことです。これは、人間の感性と深い言語理解があってこそ達成できるもので、日本語力が高い人にはこの能力が自然と身についています。

このように考えると、日本語が上手い人は翻訳家として向いていると言えます。AIが翻訳業界にもたらす影響は大きいですが、それでもなお、人間の感性を必要とする翻訳作業は残っています。そして、その作業を高いレベルで達成するには、日本語力が高い人が最も適しているのです。


英語以外のことも好きな人:多才な翻訳家への道

英語以外の分野にも興味を持つ人が翻訳家になるというのは、実はとても理にかなった選択です。なぜなら、翻訳家に向いているのは、単に語学力が高い人だけではなく、多様な知識を持つ人だからです。そして、それが翻訳家としてのレベルを上げる大きな鍵となります。

一般的に翻訳家といえば、英語力や他の外国語の能力が必須と思われがちです。それはもちろん正しいのですが、ただ語学力だけではなく、その他の専門知識も必要とされることが多いのです。例えば医療分野や経済、ITなど、特定の分野に精通している翻訳家は、その分野の専門用語や概念を理解し、正確に翻訳することができます。

具体的には、医療論文の翻訳を考えてみましょう。ここでは、単に英語を日本語に翻訳するだけではなく、複雑な医療用語や治療法、病態の理解が求められます。そのため、医療に関する知識を持つことが、より精度の高い翻訳を可能にします。

また、IT分野の翻訳も同様です。新しい技術やプログラミング言語、システムアーキテクチャなど、専門的な知識を持つことで、的確な翻訳を提供することができます。それは、単に英語を理解するだけではなく、ITの専門知識を持つことで、より深いレベルでの理解と翻訳が可能になります。

こうした理由から、英語以外の分野にも興味を持つ人は、翻訳家として向いていると言えます。その多様な知識が、翻訳の精度を上げ、翻訳家としてのレベルを自然と高めるのです。


コツコツと実績を作り続ける人:フリーランス翻訳家の成功への一歩

翻訳家という職業は、数多くのフリーランスが活躍するフィールドです。実績と経験がとても重要なこの業界で、コツコツと努力を積み重ねて実績を作り上げることができる人は、フリーランスの翻訳家として向いていると言えます。

フリーランスの翻訳家として最初の一歩を踏み出すとき、あなたがやりたいと思うジャンルの翻訳の仕事がすぐに手に入るとは限りません。例えば、小説や映画の翻訳を目指している場合でも、最初はそういった仕事がなかなか手に入らないかもしれません。でも、そのような時期でも、一つ一つの仕事に全力を尽くして実績を作り続けることが、後の成功につながる大切なステップとなるのです。

翻訳家のキャリアを積み重ねていく過程では、様々なジャンルの翻訳に触れることになります。ビジネス資料から技術書、取扱説明書まで、様々なものが対象となり得ます。初めて触れる分野の仕事であっても、そのたびに新たな知識を学び、翻訳技術を磨き上げていくことで、自分自身のスキルを高めていきます。

実際に、翻訳家の中には、自分の興味のある分野だけでなく、自分が未経験の分野でも仕事をこなし、その経験を通じて多様な知識とスキルを身につけた人がたくさんいます。それは彼らが、自分の夢を追い求める過程で、どんな仕事でも全力で取り組み、コツコツと実績を作り上げてきたからです。

このように、フリーランスの翻訳家として成功するためには、自分の夢を追い求めながら、一つ一つの仕事に全力で取り組んで実績を作り上げていく姿勢が大切です。そして、そのような姿勢を持つ人が、翻訳家として向いていると言えます。

おわりに


それでは、これまでの話を振り返りながら、皆さんに一つのメッセージを残したいと思います。

翻訳家という職業は、多様なスキルと特性を必要とします。そのため、自分が向いていると思える特性を持つかどうかで、自分自身の翻訳家としての道が決まることでしょう。

私たちは、「翻訳家になる夢がある人」「感受性が豊かな人」「日本語が上手い人」「英語以外のことも好きな人」「コツコツと実績を作り続ける人」の視点から、翻訳家に向いている特性を考察してきました。

しかし、大切なことは、自分自身がどの特性に当てはまるかを見つけることです。そして、それを持って自分自身の翻訳家としての道を進むこと。そのためには、自分自身を見つめ直すことが必要です。

あなたが翻訳家としての道を進むためには、自分自身の特性を理解し、それを活かすことが大切です。また、自分が苦手と感じる部分は、改善するための努力を怠らないことも重要です。

最後に、私たちの記事が、あなたが翻訳家としての道を進むための一助となったことを願っています。そして、あなたが翻訳家として成功する日を心から楽しみにしています。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X