ENGLISH WORK公式

航空管制官をやめたいと思う10個の原因

  • 投稿日時:8か月前

航空管制官という職種は、多くの人々にとって憧れの仕事の一つでしょう。空の安全を守るという大きな役割を担いながら、飛行機という壮大な乗り物をコントロールするその姿は、多くのドラマや映画で取り上げられています。しかし、その背後には知られざる現実が潜んでいます。実際に業務を行っている中で、「やめたい」と感じる瞬間もあるのです。この記事では、航空管制官としての魅力とともに、その裏側にある現実について深く掘り下げていきます。


航空管制官をやめたいと思う10個の原因

ストレスがすごくて辞めたい – 航空交通整備の重責

航空管制官の仕事は、飛行機の離着陸を指示し、空の交通整備を担当する非常に重要な職務です。この仕事が持つやりがいは大きく、飛行機が安全に航行できるようにサポートする役割は多くの人々にとって魅力的でしょう。しかし、その裏には強いストレスが潜んでいると言われています。このストレスの存在が、一部の航空管制官に「やめたい」と考えさせる要因となっているのです。

この職務においては、飛行機に乗っている乗客の命を預かるという非常に大きな責任があります。一つのミスが命の損失や経済的価値の損失につながる可能性があるため、その重責は計り知れません。例えば、もし飛行機の遅延を引き起こした場合、それは航空会社にとっても、そして何より乗客にとっても多大な迷惑となります。

このような状況下で働くことは、精神的にも肉体的にも非常に厳しいものがあります。特にピーク時には、多くの飛行機が一度に飛び立つか着陸するため、その調整作業は一瞬の隙も許されない緊張感に満ちています。このようなプレッシャーが日常的に続くことで、ストレスは積み重なっていくのです。

さらに、航空管制官が扱う航空機は、膨大な資金を使って購入された高価な機体です。そのため、機体に何らかのトラブルが生じた場合、その責任は非常に大きくなります。このような要素が組み合わさることで、航空管制官の仕事は多くのストレスを生む環境となっています。

ストレスが積み重なると、それが健康にも影響を与える可能性があります。長期的には、心身の健康を損なうリスクも考慮に入れられるでしょう。このような理由から、一部の航空管制官は「やめたい」と考えることがあるとされています。

このように、航空管制官の仕事は非常にやりがいがある一方で、そのストレスと責任の重さもまた大きいのです。この職種に興味を持つ人々は、その両面性を理解した上で、このキャリアパスを選ぶべきでしょう。


転勤が多くて辞めたい。

航空管制官の仕事には多くの魅力がありますが、一方で「やめたい」と思う瞬間も確かに存在します。その一つが、転勤の問題です。航空管制官は国家公務員としての役割を果たしているため、転勤は避けては通れない道となっています。

数年ごとに全国規模で行われる転勤は、航空管制官のキャリアの中で避けられないものとなっています。新たに基礎研修を修了した研修生は、全国の管制機関への赴任を命じられるのですが、ここでのポイントは、赴任地が個人の希望で決まるわけではないということです。これは、多くの航空管制官にとって大きなストレスの原因となり得ます。

例えば、「出身地の空港でずっと働きたい」という希望を持つ人も少なくありません。しかし、実際にはそのような希望が叶うことは稀です。このため、家族や友人から離れることを余儀なくされる場合もあります。また、新しい地域での生活に馴染むこと、新しい職場の環境や人間関係を築くことなど、転勤には多くの課題が伴います。

転勤が頻繁に行われることで、航空管制官の生活リズムや家庭環境にも影響が出ることは容易に想像できます。特に家族を持つ航空管制官にとっては、子供の学校や配偶者の仕事など、多くの要因を考慮しなければならないため、転勤は大きな負担となることがあります。

このような背景から、転勤の問題は航空管制官にとって「やめたい」と感じる大きな要因の一つとなっています。もちろん、新しい場所での経験や人間関係の構築は成長の機会とも言えますが、それに伴うストレスや不安も無視できない事実です。

航空管制官という仕事を選ぶ際、このような転勤の問題も考慮に入れる必要があるでしょう。仕事の内容や魅力だけでなく、生活面での課題やストレスもしっかりと理解した上で、キャリアの選択をすることが大切です。


キャリアの天井?航空管制官の給与と役職の課題

「やめたい」と感じる瞬間。その一つが、給料やキャリアの制約に関する問題です。

航空管制官は国家公務員としての役割を果たしています。そのため、給料面では上限が決まっており、どれだけ頑張っても一定の範囲を超えることはできません。これは、多くの航空管制官にとって大きなフラストレーションの原因となることがあります。特に、経験やスキルを積み重ねても、それが給与に反映されにくいのは、モチベーションを維持する上での大きな課題となります。

さらに、役職に関しても、年功序列が主となっています。これは、実力や能力よりも勤務年数が評価の基準となることを意味します。そのため、新しいアイディアや提案を持っている若手の航空管制官が、その能力を十分に発揮できない場面も少なくありません。このような環境下では、いくら頑張っても昇進や役職の変動が期待できないことから、「やめたい」と考える航空管制官も少なくないのです。

航空管制官の仕事は、航空管制塔という特別な場所から、飛行機の安全を守るという非常に重要な役割を持っています。その仕事内容自体には多くの魅力がある一方で、給与やキャリアの制約は、この職種の大きな課題となっています。

このような背景を理解した上で、航空管制官というキャリアを選ぶ際には、仕事の内容だけでなく、給与やキャリアの制約も考慮に入れることが必要です。それぞれの価値観や目標に合わせて、最適なキャリアパスを選ぶことが大切です。


不規則な生活リズムのせいでやめたい?

不規則な生活リズムという問題です。

大きな空港、例えば羽田空港や成田空港、関西国際空港などでは、24時間管制業務が提供されています。これは、飛行機が昼夜を問わず離着陸するため、航空管制官もそれに合わせて24時間体制で業務を行う必要があることを意味します。その結果、航空管制官のシフトは、早番、遅番、夜勤入り、夜勤明けといった形で繰り返されることとなります。

このようなシフト制の仕事は、普通の人が寝ている時間に起き、起きている時間に寝るという、通常の生活リズムとは異なるパターンを強いられることが多いです。これは、航空管制官の体調や健康に影響を及ぼす可能性があります。特に、自律神経の乱れや睡眠障害、疲労の蓄積など、さまざまな健康問題が生じるリスクが考えられます。

また、このような不規則な生活リズムは、プライベートの時間や家族との時間を確保することが難しくなることもあります。週末や祝日に休めるわけではなく、休日のタイミングが一般的な週末とは異なるため、友人や家族との予定を合わせるのが難しい場面も出てきます。

このような生活リズムの変動は、航空管制官の仕事の魅力ややりがいを影で支える一方で、「やめたい」と考える大きな要因ともなっています。航空管制官というキャリアを選ぶ際には、このような生活リズムの変動や健康への影響も考慮に入れることが必要です。

航空管制官の仕事は、飛行機の安全を守るという非常に重要な役割を持っていますが、その背後には多くの課題やストレスが存在します。それらの課題を理解し、適切に対応することで、より健やかなキャリアを築くことができるでしょう。


土日休みの難しさが原因?

「やめたい」と感じる瞬間。その一つが、休日の問題です。

多くの企業や職種では、土日が休日となっています。しかし、航空管制官の場合、空港は毎日営業しているため、土日だけが休みというわけにはいきません。実際には、4日勤務して、1日または2日間休みというシフトが多いようです。これは、航空管制官の生活リズムやプライベートの時間を大きく影響させる要因となります。

土日が休みでないということは、友人や家族、恋人との時間を確保することが難しくなることを意味します。週末に集まる友人たちの予定や、家族とのイベント、恋人とのデートなど、多くの人々が週末を中心に予定を組む中、航空管制官はそのタイミングが合わないことが多いのです。

このような休日の課題は、航空管制官の仕事の魅力ややりがいを影で支える一方で、「やめたい」と考える大きな要因ともなっています。特に、社交的な人や家族との時間を大切にしたい人にとっては、この休日の問題は大きなストレスとなることが考えられます。

航空管制官というキャリアを選ぶ際には、このような休日の課題も考慮に入れることが必要です。仕事の内容や魅力だけでなく、プライベートの時間や家族との関係も大切にしたいと考える人は、この職種の特性を理解し、適切に対応することが求められます。


航空管制官はドラマのようなキラキラした世界じゃないかも

ドラマや映画は私たちに夢や希望を与えてくれる素晴らしいエンターテインメントです。特に、特定の職業をテーマにしたドラマは、その職業の魅力や背景を知る良い機会となります。しかし、「やめたい」と感じる瞬間もあるのが、航空管制官の現実です。

2012年にフジテレビ系で放送された『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』は、多くの人々に航空管制官の仕事を身近に感じさせました。そのドラマの中では、キラキラとした雰囲気の中で航空管制官たちが日々の業務に取り組む姿が描かれていました。しかし、ドラマと現実は必ずしも一致しないものです。

実際の航空管制官の業務は、ドラマのような明るい雰囲気だけではありません。もちろん、管制塔からの眺めや飛行機を安全に誘導するやりがいは確かに存在します。しかし、その裏には高い責任やプレッシャー、そして継続的な研修や試験が待っています。また、航空管制官の業務は管制塔だけに限らず、普通のビルでの業務も多く存在します。

ドラマで描かれるような華やかなシーンもあれば、現実の厳しい業務も存在する。このギャップによって、「やめたい」と感じる航空管制官も少なくありません。ドラマや映画はあくまでフィクションであり、現実の職業の全てを網羅しているわけではありません。

航空管制官という職業を選ぶ際には、ドラマだけでなく、現実の業務や課題もしっかりと理解することが大切です。その上で、自分自身がこの職業の魅力や課題にどう向き合っていくかを考えることで、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。


減点方式の評価法が航空管制官をやめたい原因

航空管制官の仕事は、文字通り「空の安全」を守る役目を持っています。そのため、ミスをしないことが絶対的な前提となっています。この業界でのミスは、単なる数字のズレや書類の遅れとは異なり、命に関わる可能性があるため、その重要性は計り知れません。このような背景から、「やめたい」と感じる航空管制官もいるのが現実です。

航空管制官の業務は、いわば「減点方式」で進行します。普段からの正確な業務遂行が当たり前とされており、その上でのミスは大きな減点となります。一方で、ミスをしないこと、つまり普通に業務をこなしているだけでは、特に褒められることは少ないのが現状です。

このような環境は、自分の業務に自信を持って取り組む航空管制官にとっては、やりがいを感じる場面も多いでしょう。しかし、逆に「褒められると伸びるタイプ」の人にとっては、この職種が向いていない可能性も考えられます。特に、ミスをした場合の影響が大きいため、そのプレッシャーは計り知れないものがあります。

ミスをした場合、その影響は飛行機の遅延や、最悪の場合、事故につながる可能性も考えられます。そのため、ミスをした航空管制官は、その後の業務に大きな影響を受けることが考えられます。このような状況下で、再び同じミスをしないように、そして次の業務に全力を尽くすことが求められます。

結論として、航空管制官の仕事は、非常に高い責任感とプレッシャーを伴う職種です。そのため、「やめたい」と感じる瞬間もあるかもしれません。しかし、その反面、空の安全を守るという大きな使命感を持ち、日々の業務に誇りを感じることもできるでしょう。


他の業種で通用しないスキル?

航空管制官という職種は、特有のスキルセットを要求されるものです。空の安全を守るための専門的な知識や技術、高度な判断力や瞬時の決断能力など、この職種にしかない特別な能力を身につける必要があります。これらのスキルは、航空管制官としての業務を遂行する上で非常に価値があり、その難易度からもやりがいを感じることができるでしょう。しかし、「やめたい」と感じたとき、このスキルが他の業界でどれほど活かせるのかという疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

航空管制官のスキルは、その業務特有のものであり、他の一般的な業界や職種に直接的に適用するのは難しいと言わざるを得ません。例えば、金融業界やIT業界など、高収入とされる業界では、営業スキルやプログラミングスキルが主に求められます。これらのスキルは、多くの業界や職種で広く活かすことができるため、転職を考える際には有利となるでしょう。

一方で、航空管制官としての経験やスキルは、他の業界での転職を考える際には、どのようにアピールすればよいのか、またどのように活かすことができるのかという点で悩むことがあるかもしれません。もちろん、航空管制官としての経験は、高度な専門性や判断力、責任感などの面で非常に価値があると言えますが、それを他の業界でどのようにフィードバックするかは、一筋縄ではいかない問題です。

「やめたい」と感じたとき、航空管制官としてのスキルや経験が他の業界でどれほどの価値を持つのかを考えることは、転職を考える上での大きな課題となるでしょう。しかし、それぞれの経験やスキルには、必ずどこかで活かすことができる場所や方法があるはずです。航空管制官としての経験を他の業界でどのように生かすか、その方法を見つけることが、次のキャリアステップを考える上での鍵となるでしょう。

おわりに


航空管制官の仕事は、外から見ると輝かしく、多くの人々が憧れる職種であることは間違いありません。しかし、その中には数々の課題や困難が存在します。今回の記事を通して、その実態について少しでも理解を深めていただけたら幸いです。最後に、どんな職種にも「やめたい」と感じる瞬間はあるもの。それでも続けることで得られる経験や成長は計り知れないものがあります。航空管制官の皆さんの努力と献身に、心からの敬意を表します。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X