ENGLISH WORK公式

航空管制官に向いている人、向いてない人の特徴13選

  • 投稿日時:8か月前

航空管制官という職種は、多くの人々にとって憧れの存在でしょう。空の安全を守る彼らの背後には、数々のドラマや映画が存在し、私たちのイメージを形成しています。しかし、実際にこの仕事に向いている人、向いてない人はどのような特徴を持っているのでしょうか。この記事では、航空管制官という職業について、その魅力や現実、そして「向いている人」と「向いてない人」の特徴について深掘りしていきます。


航空管制官に向いている人

航空業界への興味が強い人

航空業界は、多くの人々にとって夢やロマンを感じさせる分野の一つです。飛行機が空を飛ぶ様子、空港の賑わい、そしてその裏側で動いている多くのプロフェッショナルたち。その中でも、航空管制官は特に注目される職種と言えるでしょう。

航空管制官という職業は、航空業界に興味がある人にとって向いていると言われています。なぜなら、この仕事は航空業界の中でも非常にやりがいがあるものだからです。航空管制塔という、空港の中でも特に高い場所から、空港の状況を俯瞰的に確認しながら、パイロットに的確な指示を出す役割を担っています。この仕事の醍醐味は、多くの飛行機をスムーズに、そして安全に運行させること。そのための判断力や瞬時の決断が求められるのです。

しかし、航空管制官になるためには、国家公務員試験である航空管制官採用試験に合格する必要があります。この試験は非常に難易度が高く、合格することができるのは一握りの人々だけ。誰にでもできる仕事ではありません。しかし、そのハードルの高さが、この仕事の魅力や価値をさらに高めているとも言えるでしょう。

航空業界に興味がある人なら、一度は航空管制塔からの景色を見てみたいと思うことでしょう。そこから見える飛行機の離着陸、空港の動き、そしてその全てを支える航空管制官の仕事。それは、航空業界に興味を持つ人にとっての夢の一つと言えるでしょう。

最後に、航空管制官という職業は、航空業界に深い興味や情熱を持つ人にこそ向いていると感じます。その興味や情熱が、この難しい仕事を乗り越える大きな力となるのです。


責任感が強い人

航空業界は、その華やかなイメージとは裏腹に、非常に高い責任感を求められる場面が多いです。特に、航空管制官という職種は、その中でも特に責任の重さが感じられる仕事と言えるでしょう。

責任感が強い人は、航空管制官に向いているとよく言われます。なぜなら、航空管制官は空の交通整備を担当する仕事で、飛行機の離着陸の指示を出すだけでなく、飛行機が安全に航行できるようサポートする役割も持っているからです。この仕事の中心には、何よりも「安全」があります。飛行機に乗っているお客様の命を預かるという大きな責任があるのです。

そして、航空機自体も膨大な資金を使って購入される高価な機材。その機材を適切に運用し、事故やトラブルを防ぐことが航空管制官の役割となります。もし、何らかのミスが原因で事故につながってしまった場合、それは命の損失や経済的価値の大きな損失につながる可能性があります。また、ミスによって飛行機が遅延してしまった場合、それは航空会社だけでなく、多くのお客様に迷惑をかけることになります。

このような背景から、航空管制官の仕事は非常に高い責任感が求められるものとなっています。そのため、責任感が強い人、そしてその責任をしっかりと果たすことができる人が、この仕事に向いていると言えるでしょう。

最後に、航空管制官という職業は、そのやりがいと同時に大きな責任を伴う仕事です。しかし、その責任をしっかりと果たすことができる人にとっては、非常に充実感のある仕事となるでしょう。


臨機応変な対応力がある人

航空管制官の仕事は、一見するとルーチンワークのように思えるかもしれません。しかし、実際には予測不能なイレギュラーな状況が日常茶飯事に起こるのです。そんな中で、臨機応変に対応できる人は、航空管制官に向いていると言えるでしょう。

天候の変動、機材のトラブル、フライトの遅延。これらは航空業界における日常の一部です。特に、天候の変動は予測が難しく、突如として飛行機の運行に影響を及ぼすことがあります。また、フライトの遅延は連鎖的に他のフライトにも影響を及ぼすことがあるため、迅速かつ的確な判断が求められます。

空港には次から次へと飛行機がやってきます。そのため、航空管制官は一つのイレギュラーな状況に困惑している暇はありません。手早く、そして冷静に状況を捌いていく必要があります。このような緊張感のある状況でも、冷静さを保ちつつ、柔軟に対応できる能力は、航空管制官にとって非常に重要です。

臨機応変な対応力は、航空管制官の仕事をスムーズに進めるための鍵となるスキルの一つです。そして、このスキルを持つ人は、航空管制官としての仕事に向いていると言えるでしょう。

最後に、航空管制官の仕事は、予測不能な状況にも柔軟に対応できる能力を持つ人にこそ、その真価が発揮される職種だと感じます。


安定した職を求める人

現代の社会は、経済の変動や技術の進化により、多くの職種が変化や不安定さを伴っています。そんな中で、安定した職を求める人々にとって、航空管制官は魅力的な選択肢となるでしょう。

安定した職を求める人には、航空管制官が向いていると言われています。その最大の理由は、航空管制官が国家公務員としての地位を持っていることです。国家公務員としての職を持つことは、一般的に雇用の安定性が高いとされています。突然の解雇や、給料の大幅な減額といったリスクが低いのです。

航空管制官としての仕事は、確かに高度な専門性や緊張感を伴うものですが、その反面、国家公務員としての安定した待遇や福利厚生が得られるのも事実です。経済的な安定は、私たちの生活の基盤となるもの。その安定を手に入れることができる職種は、多くの人々にとって魅力的であると言えるでしょう。

また、航空管制官としてのキャリアを積むことで、専門的なスキルや知識を深めることができます。このような専門性は、他の職種にはない大きな魅力となります。

最後に、安定した職を求める人にとって、航空管制官はその願いを叶えることができる職種だと感じます。高度な専門性を持ちつつ、国家公務員としての安定した待遇を得ることができるのは、まさに二重の魅力と言えるでしょう。


学校の勉強が得意だった人

学生時代、テストの点数が良かったり、勉強が得意だった人っていますよね。そんな方々に、航空管制官という職種が向いているかもしれません。驚きですよね?でも、実はその背景には興味深い理由があります。

学校の勉強が得意だった人は、航空管制官に向いていると言われるのには、いくつかの理由があります。まず、航空管制官の業務資格は、勤務地毎に異なるのです。これは、異動や転勤があると、その都度、新しい業務資格を取得する必要があることを意味します。つまり、どんなに経験豊富なベテランであっても、新しい勤務地に移動すると、再び一定期間の訓練を受け、内部試験に合格しなければならないのです。

この点、学校のテストと似ていると感じませんか?学校でも、新しい内容を学び、それをテストで評価される。航空管制官の業務も、新しい勤務地での業務内容を学び、それを試験で評価されるのです。そして、航空管制官の業務は、ミスをしないことが前提となっています。評価も、減点方式で行われることが多いのです。

学校の勉強が得意だった人は、このような環境や評価方法に慣れているかもしれません。新しいことを学ぶ姿勢や、試験に向けての集中力、そしてミスをしないようにというプレッシャーに耐える能力。これらは、学校の勉強が得意だった人が持っているスキルと言えるでしょう。

航空管制官に向いてない人


不規則な生活リズムが苦手な人

日常生活の中で、定時に起きて定時に寝る。そんな規則正しい生活リズムを好む人は多いですよね。しかし、航空管制官の仕事は、そういった規則正しい生活リズムとは少し距離があるかもしれません。実は、不規則な生活リズムが苦手な人には、航空管制官の仕事が向いてないと言われています。

日本の主要な空港、例えば羽田空港や成田空港、関西国際空港などでは、24時間体制での管制業務が行われています。これは、国内外からのフライトが絶え間なく行われるため、常に航空管制官の手が必要とされるからです。そのため、航空管制官のシフトは、早番、遅番、夜勤入り、夜勤明けといった形で、休日を挟みながら繰り返されるのが一般的です。

このようなシフト制の仕事は、普通の人が寝ている時間に起きて働くことが求められることも少なくありません。夜中に働き、昼間に休むというリズムは、自律神経を乱すことがあるとも言われています。特に、不規則な生活リズムが苦手な人にとっては、このような生活は体調を崩しやすく、ストレスを感じることもあるでしょう。

航空管制官の仕事は、非常にやりがいがある一方で、生活リズムの面での挑戦も伴います。そのため、不規則な生活リズムが苦手な人には、航空管制官の仕事が向いてないと言えるかもしれません。

しかし、もちろん、不規則な生活リズムに慣れてしまえば、それほど大きな問題とは感じないかもしれません。人それぞれ、向き不向きがあるのは当然です。大切なのは、自分自身の体調やライフスタイルをよく理解し、自分に合った職種を選ぶことですね。


同じ場所での生活を希望する人

地元愛が強い、あるいは特定の場所に深い思い入れがある。そんな方々は、一つの場所で長く暮らすことを望むことが多いですよね。しかし、航空管制官という職種は、そういった希望を持つ人には向いてないかもしれません。

航空管制官は国家公務員の一つであり、その特性上、転勤や人事異動が避けられない職種となっています。実際、数年ごとに全国規模での転勤が行われることが一般的です。新人の航空管制官が基礎研修を修了すると、全国の管制機関への赴任が命じられることになります。そして、この赴任地は、個人の希望だけで決まるわけではありません。

「出身地の空港でずっと働きたい」というような希望を持っている方もいるでしょう。しかし、残念ながら、そのような希望がすぐに叶うわけではありません。航空管制官としての職務は、全国の空港や管制機関での業務が求められるため、一つの場所に固定して働くことは難しいのです。

このような背景から、同じ場所での生活を強く希望する人には、航空管制官の職種が向いてないと言えるでしょう。もちろん、航空管制官の仕事には多くの魅力ややりがいがあります。しかし、転勤や人事異動を考慮すると、自分のライフスタイルや価値観と合致するかどうか、しっかりと考える必要がありますね。


英語力をバリバリ活かしたい人

英語を学ぶことの楽しみは、その言語を使ってコミュニケーションをとること、異文化との交流を楽しむことにあると多くの人が感じているでしょう。特に日常英会話を得意としている、またはそれを活かした仕事をしたいと考えている方も多いはず。しかし、航空管制官という職種は、そういった日常英会話を活かす場面が少ないため、このような希望を持つ方には向いてないかもしれません。

確かに、航空管制官の業務には英語が必要不可欠です。しかし、その英語は日常の会話とは異なる、航空管制専門の英語となります。飛行機を安全に運行するため、聞き間違いや誤解を生む余地がないよう、特定のフレーズや言い回しを厳格に使用する必要があります。このため、航空管制で使用される英語は、ある意味で機械的、かつ専門的なものとなるのです。

例えば、友人とのカジュアルなチャットや、海外旅行での楽しい交流を思い浮かべるような英語とは異なります。航空管制官としての英語は、正確さと即時性が求められるため、日常英会話のようなフレキシビリティやクリエイティブな表現は控えることが多いのです。

もちろん、航空管制官としての専門的な英語力は、非常に高いレベルのスキルとして評価されるものです。しかし、もし日常英会話を活かしたり、クリエイティブな英語表現を楽しみたいと考えている方であれば、航空管制官の職種は向いてないと感じるかもしれません。


年収2000万円の高収入を目指す人

お金というのは、私たちの生活において非常に大きな役割を果たしています。それは、夢を叶えるための手段であったり、生活の質を向上させるための道具であったりします。そんな中、多くの人が高収入を求めて様々な職業に挑戦しています。特に年収1000万円という数字は、多くの人にとって憧れの目標となっているのではないでしょうか。しかし、航空管制官という職種において、この目標を達成するのは難しいと言わざるを得ません。なぜなら、航空管制官には向いてないからです。

航空管制官は、国家公務員としての役職を持っています。そのため、給与は公務員の給与体系に基づいて決まります。確かに、国家公務員の中では航空管制官の給与は高い部類に入るでしょう。平均的な国家公務員の年収が約650万円である中、航空管制官の給与はそれを上回ることもあります。しかし、年収2000万円を超えるような額を手に入れることは、公務員の給与体系の中では事実上不可能と言えます。

もちろん、航空管制官としての仕事には多くの魅力があります。空の安全を守るという重要な役割、やりがいのある業務内容、そして安定した職場環境など、多くのメリットが挙げられます。しかし、お金持ちになりたい、という強い希望を持つ方にとっては、航空管制官という選択は向いてないかもしれません。


ストレスに弱い人

私たちの生活の中で、ストレスは避けて通れないものとなっています。仕事、人間関係、日常のさまざまな出来事から、ストレスは生まれるものです。そのストレスをどう捉え、どう対処するかは、人それぞれ異なるでしょう。しかし、航空管制官という職業に関して言えば、ストレスに弱い人には向いてないと言わざるを得ません。

航空管制官の仕事は、文字通り「空の安全」を守るという重要な役割を担っています。飛行機に乗っているお客様の命を預かる仕事であり、航空機という膨大な資金を使って購入された機体を扱う仕事です。このような大きな責任を持つ仕事は、自然とストレスが伴うものとなります。ミスをしないのが当たり前の仕事であるため、常に高い集中力と注意力が求められます。

このような状況下での業務は、ストレスに弱い人には非常に厳しいものとなるでしょう。日々の業務の中で、一瞬のミスが大きな事故につながる可能性があるため、常に神経を張っている必要があります。このようなプレッシャーの中での業務は、ストレスに弱い人には向いてないと言えるでしょう。


ドラマのようなキラキラ職場を期待する人

ドラマや映画の影響って、意外と強いですよね。特に職業に関するものは、その仕事に対するイメージを大きく変えることがあります。航空管制官に関しても、ドラマ『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』のような作品を通じて、キラキラとした雰囲気やドラマチックな瞬間に憧れる人は少なくないでしょう。しかし、実際の航空管制官の仕事は、ドラマのようなキラキラした雰囲気とは少し違います。そう、ドラマのような職場を期待している人には、航空管制官に向いてないかもしれません。

まず、航空管制官の業務は管制塔だけではありません。実際には、普通のビルでの業務も多くあります。そして、その業務内容は非常にシリアスで、高い集中力や責任感が求められるものです。ドラマでは見せられない、日常のルーチンワークや、緻密な計算、そして何よりも安全を最優先する姿勢が必要とされます。

もちろん、航空管制官の仕事にはやりがいや魅力がたくさんあります。しかし、ドラマのような華やかさやドラマチックな展開を期待している方には、航空管制官の現場は向いてないでしょう。現実とドラマのギャップを理解し、真の航空管制官の仕事に興味を持っている方だけが、この職種の魅力を十分に感じることができるのではないでしょうか。

おわりに


航空管制官という職種は、一見華やかに見えるかもしれませんが、その背後には多くの責任と緊張が伴います。この記事を通して、航空管制官という仕事に「向いている人」と「向いてない人」の特徴を少しでも理解していただけたら幸いです。最終的には、自分自身の価値観や生き方、能力をよく知り、自分にとって最適な道を選ぶことが大切です。航空管制官という選択肢の一つを、あなたの未来の可能性として考えてみてください。c

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X