ENGLISH WORK公式

航空管制官はやめとけと言われる11の原因

  • 投稿日時:8か月前

「航空管制官になりたい!」という夢を抱いたことがありますか?雲の上の安全を守る存在として、一見華やかに見えるこの仕事。しかし、中には「航空管制官、やめとけ」と言う声も決して少なくありません。一体、何がその背景にあるのでしょうか。

この記事では、「航空管制官 やめとけ」と言われる理由を深掘りしていきます。一部の人にとってはネガティブに映るかもしれませんが、目指す方向が同じであれば知っておくべき事実だと思います。資格取得の難しさ、勤務条件の厳しさ、業務の重圧、そして現実とドラマのギャップなど、航空管制官という職業が持つ厳しい現実を明らかにしていきます。

これから航空管制官を目指そうという方、もしくは航空管制官という職業に興味を持つ方々にとって、本記事は必読の内容となるでしょう。ドラマや映画で描かれる華やかなイメージとは一線を画す、現実の航空管制官の世界へ、皆さんをご案内します。


航空管制官はやめとけと言われる11の原因

命と巨額資産のバランサー:ストレス山盛りの職業

皆さん、航空管制官と聞いて何を思い浮かべますか?飛行機を離着陸させる優雅な指揮者か、もしくは空の安全を守るための不動の盾かもしれません。そう、それが航空管制官の顔です。しかしこの顔には、実は多くのストレスと巨大な責任が密接に関わっています。だからこそ、この仕事は”やめとけ”と言われることが多いのです。

まず、この仕事が強いストレスを伴う一つの理由は、人の命と巨額の資産を同時に預かるという巨大な責任です。航空管制官は、機体という何百億もの資金を投じて作られた巨大な金属塊を扱うだけでなく、その中に乗っている何百人という命を預かる役割を果たします。それが、まさに空の交通整備という仕事の一端です。

しかしここで一つ考えてみてください。たとえばあなたが、何十億もの金を預かるバンカーで、その上に数百の命を預けられたとしたら、どれほどのストレスを感じるでしょうか?一瞬のミスが、経済的な大損害につながるだけでなく、何百もの無垢な生命を失う可能性があると考えると、その重圧は計り知れません。

さらに、航空管制官は飛行機の遅延に対しても責任を持つところがあります。これが第二のストレスです。あなたが空港で飛行機の遅延を経験したことはありますか?そのストレスはあなた一人だけではなく、数百人という乗客全てが感じています。その全てが航空管制官の肩にのしかかります。一つのミスが遅延を引き起こし、それが航空会社や乗客に多大な迷惑をかけることになるのです。

このような大きな責任とストレスを背負った仕事に就くのは、本当に大変なことです。その為、航空管制官になりたいと思ったら、一度深呼吸して、二度目に”やめとけ”を聞いてみてください。それがあなた自身の心と体を守る最善の選択となるかもしれません。


毎日同じこと:クリエイティブ性の追放

毎日同じルーチン、繰り返しの続く日々。航空管制官の仕事は、その繰り返しの中にあるのです。そこには新しい発見や驚きがあるような、いわゆる「クリエイティブ」な要素はあまりないです。これもまた、この仕事に「やめとけ」と言われる一つの理由です。

一度仕事を覚えてしまえば、その後の業務は基本的に同じです。飛行機の離着陸を指示し、飛行機の進行方向をコントロールし、乗客の安全を守る。これらが航空管制官の日常となります。飛行機の遅延や天候の変化など、一見するとイレギュラーな出来事が起こることもありますが、それらに対する対応も基本的には決まっています。そこには新たな発想や斬新なアイデアを生み出す余地はほとんどありません。

一方、一般の会社であれば、企画やマーケティング、営業などの仕事ではクリエイティビティが求められます。新しい商品の提案、斬新なマーケティング戦略の構築、効果的な営業方法の開発など、日々新しい発想やアイデアを求められます。それはまるでゲームのように楽しく、それぞれの人が自分だけのクリエイティビティを発揮できるフィールドが広がっています。

たとえば、Apple社のスティーブ・ジョブズは、従来の携帯電話業界に大きな革新をもたらすiPhoneを生み出しました。それはただの商品開発以上のもので、彼自身のクリエイティビティが具現化したものでした。その結果、携帯電話業界だけでなく、世界中の人々の生活に大きな変化をもたらしました。

しかし、航空管制官の仕事では、そのようなクリエイティビティは求められません。全てがルールと手順に縛られ、ある意味で自由が奪われてしまうのです。そこには個々のアイデアや発想を生かす余地はありません。

そんな繰り返しの中で、自分の可能性を感じることが難しくなるかもしれません。自分の仕事に対する情熱やモチベーションを保つことが難しくなるかもしれません。そのため、航空管制官を目指す人には、”やめとけ”という言葉をかけたくなるのです。

しかし、全ての人がクリエイティビティを求めるわけではありません。ルーチンワークが好きな人、明確なルールの中で働くことが安心感をもたらす人もいます。だからこそ、航空管制官という職業はなくならないのでしょう。


完璧を求められる地獄:減点方式の仕事風景

航空管制官の仕事には、過酷な減点方式が存在します。それは、ミスを一つでも犯せば、それが生命に関わる重大な事態を引き起こす可能性があるからです。そのため、「やめとけ」と言われる理由として挙げられるのが、この仕事の完璧を求められる性質です。

通常の仕事では、良い成果を出せば評価され、報酬を受け取ることができます。しかし航空管制官の場合は、基本的にミスをしないことが求められるため、普通に業務をこなしているだけでは褒められることはありません。

むしろ、ミスをした場合には、その重大性から厳しい批判や罰則が待ち受けています。それは航空管制官という職業が、数百人の乗客の命を預かり、何百億もの財産を運ぶ航空機を指導するという、絶大な責任を伴う仕事だからです。

それでも、この仕事を選ぶ人々がいます。それは、この仕事の厳しさを理解し、それを受け入れることができる人々です。そして、その厳しさを乗り越え、自分自身を高めていくことにやりがいを感じる人々です。

しかし、褒められることでやる気を出すタイプの人には、この仕事はおそらく向いていません。「やめとけ」という言葉を投げかけられることがあるかもしれません。それでも、あなたが自分の適性とこの仕事の特性を理解し、この仕事を選ぶのであれば、それはあなたの強い決意の表れであり、尊敬に値することです。


我が家はどこ?:転勤が人生のパートナー

航空管制官になるという選択は、命と巨額の資産をバランスする職業であるだけでなく、あなたの生活そのものをも左右する可能性があります。そう、「やめとけ」と言われる理由の一つに、頻繁な転勤があるという事実が挙げられます。

航空管制官は国家公務員であり、その職務は全国の管制機関に渡って広がっています。そのため、数年ごとに全国規模で人事異動が行われるのです。つまり、自分の思い通りに居住地を選べないということ。出身地の空港でずっと働きたいという願いも、容易には叶わないのです。

この特性は、家族を持つ人や安定した生活を望む人にとっては、非常に大きな負担となります。子供の教育、配偶者の仕事、親の介護など、さまざまな生活面での課題が考慮されます。そのため、「やめとけ」と言われる原因の一つとなるのです。

実際に、ある航空管制官は家族との時間が欠け、子供の成長を見守ることが難しいと語っています。また、転勤により友人とのつながりが途切れ、孤独感を感じることもあると述べています。

しかし、この事実を理解し、それを受け入れることができる人もいます。新たな土地で新しい生活を始めることは、新しい経験と知識を得るチャンスでもあります。異なる地域の風土を学び、その中で成長していくことは、一生の財産になり得ます。

だからと言って、この仕事の過酷さを軽視してはなりません。「やめとけ」という言葉を投げかけられるかもしれません。しかし、この仕事を理解し、それを選ぶことは、あなたが自分自身を信じ、成長するための一歩でもあります。決して簡単な道ではありませんが、それがあなたにとっての道であれば、前進してください。


無限のループ:キャリアに向かない給与体系

「航空管制官」――一度は子供の頃、空に飛ぶ飛行機を見上げてその仕事に憧れを抱いた人も少なくないでしょう。飛行機という大きな乗り物に指示を出し、空の安全を守るという重要な任務を担っている職業です。だからこそ、「やめとけ」といわれる理由があるのもまた事実です。それはなんといっても、給与体系やキャリアアップの観点からです。

航空管制官は国家公務員の一つであり、その給料体系は上限が決まっています。つまり、どれだけ長く、どれだけ一生懸命働いても、収入が一定以上にはならないのです。「やめとけ」と言われる理由の一つはここにあります。たとえその仕事が夢だったとしても、経済的な安定が求められる現代社会において、この給与体系は確かに厳しいものです。

また、キャリアアップについても同様です。航空管制官の仕事は、基本的に年功序列で進む形となっており、個々の努力によって早く昇進する、ということが難しいのです。つまり、一生懸命働いても昇進の可能性はあまりないという現実があります。「やめとけ」という言葉が投げかけられる理由として、この現実も見逃すことはできません。

例えば、若い航空管制官のAさんがいます。彼は毎日一生懸命に仕事をして、飛行機の安全な運行をサポートしています。しかし、頑張る彼の努力が評価され、昇進や昇給につながることはほとんどありません。それはなぜなら、この職種が基本的に年功序列に基づいているからです。

これらの理由から、「やめとけ」という言葉が飛び交うことも少なくありません。しかし、これらの現実を理解した上で、それでもこの仕事を選ぶことは、人々の命を預かる重大な任務を担う意義と喜びを感じられるのではないでしょうか。


トレードオフ:他の仕事へのスキル転用不可

航空管制官という仕事は、それ自体が高度な専門性を持ち、精密かつ緻密な業務遂行が求められる職種であると言えます。しかし、その特異性ゆえに「やめとけ」と言われる面も見逃せません。それは、航空管制官として習得したスキルが、他の職種に転用しづらいという現実です。

確かに、航空管制官の業務は難易度が高く、そのためには特定の技術や知識、対応力が必要となります。それは飛行機の安全を担保する重要な役割を果たすからです。しかしながら、ここにはある種のトレードオフが存在します。それは、航空管制官としてのスキルが、他の職種では直接的に活かしづらいという現実です。

例えば、金融業界やIT業界といった一般的に高収入が期待できる職種を考えてみましょう。こうした業界では、営業スキルやプログラミングスキルといった、他の業界でも活かせる技術や知識が求められます。「やめとけ」という声が聞こえる原因の一つは、このようなスキルの転用性に問題があるという点です。

具体的には、航空管制官のBさんがいるとしましょう。彼は長年、航空管制官として働き、その業務に必要なスキルを磨いてきました。しかし、仮に彼が転職を考えたとき、そのスキルを活かすことができる職種は限られます。航空関連の業界でなければ、彼の持っているスキルは直接的には活かせません。「やめとけ」という言葉が飛び交う原因の一つが、ここにあるのです。

しかし、この事実を認識した上で航空管制官を目指すことは、航空という特定の分野に強い情熱を持っている証でもあります。「やめとけ」などという言葉が飛び交う中で、それでも自分の道を進む決意は、ある種の勇気とも言えるでしょう。航空管制官としての専門スキルは、他のどこでも通用するようなものではないかもしれませんが、それは同時に自分が選んだ特異な道の証でもあるということを忘れないでください。


眠り知らず:不規則な生活リズム

航空管制官の仕事は、飛行機の安全を守るという大切な役割を担っています。しかし、その裏には「やめとけ」と囁かれる厳しい環境が存在します。今回は、その中でも航空管制官が抱える問題の一つ、不規則な生活リズムについて考察してみましょう。

大きな空港では、羽田や成田、関西国際空港といったところでは、24時間フライトが行われています。そのため、航空管制官は早朝から深夜まで、時には通夜の勤務形態をとることもあります。具体的には早番、遅番、夜勤というローテーションで働き、その間に休日が挟まるというのが一般的です。

ここにきて、「やめとけ」という言葉が再び浮かんできます。それは、通常の生活リズムを逆転させるこの勤務形態が、自律神経に大きな負担をかけ、健康を害する可能性があるからです。日中活動し、夜に休息をとるという、人間の本来のリズムを覆す生活は、長期的に見れば体へのダメージを無視できません。

具体的には、Aさんという航空管制官がいるとしましょう。彼は一週間のうち数日間は昼間に働き、残りの日は深夜まで働くというスケジュールを繰り返しています。その結果、彼は昼夜が逆転し、疲労感を感じるようになりました。さらに、睡眠不足とストレスが重なり、健康を害する可能性が出てきました。「やめとけ」という声がここから出てくるのは、そのようなリスクを指摘するためです。

しかし、その一方で、航空管制官は必要な職業です。そのため、こうした問題をどう対処するか、また、自分自身がそのリスクを受け入れることができるのか、よく考える必要があります。


永遠の受験生:常に試験と隣り合わせの職業

航空管制官の職業は、非常に専門的な技術を要求されるだけでなく、高度な知識を必要とします。しかし、その知識は一度身につけてしまえば永久に有効というものではなく、常に最新の情報を追い続ける必要があります。そのため、航空管制官という職業は、試験という常に隣り合わせの存在について考えるべきです。

具体的には、航空管制官の業務資格は、勤務地ごとに異なります。たとえベテランの航空管制官であっても、異動があれば再度、内部試験を受けなければなりません。これは、その地域特有の風土や気候、航空機の流れなど、地域ごとの状況を正確に理解するためです。

ここで、あの言葉、「やめとけ」が浮かんできます。ずっと試験を受け続けるというプレッシャーは、思っている以上に大きなストレスになるでしょう。これは、航空管制官が高度な専門知識を要求される職業であるからこそ生じる問題です。

具体例を一つ挙げてみましょう。ある航空管制官Bさんは、北海道から沖縄へと異動になりました。北海道と沖縄では、気候や風向き、航空機の流れなどが大きく異なります。このため、Bさんは沖縄での業務を行うためには、再度試験を受けて資格を取得する必要がありました。異動の度に試験を受けるというプレッシャーは、想像以上に大きいもので、それが「やめとけ」という声を大きくする一因となるでしょう。

しかし、航空管制官の職業は重要な役割を果たしています。そのため、このプレッシャーにどう対処し、自分自身がそのリスクを受け入れることができるのか、よく考える必要があります。それが、「やめとけ」という言葉の意味を理解し、その上で自分の進むべき道を見つける一助になることでしょう。


壁高し:なれる前の厳しい採用試験

航空管制官という職業について話しているとき、その選考試験の難しさについて触れないわけにはいきません。その試験の厳しさと、それに向き合うまでの長い準備期間は、まさに「壁高し」という表現がふさわしいと感じます。「やめとけ」という言葉がここでも響くのは、その難しさと、まさにその壁の高さが原因でしょう。

航空管制官の採用試験は、一般的な国家公務員試験の基礎能力試験だけでなく、航空管制官に求められる特別な能力を判断する独自の問題が設けられています。これには、英語力を問う問題も含まれており、特に空間把握能力や記憶力を測る問題は難易度が高いとされています。

具体的な問題の一例として、空間関係検査試験があります。これは二つの立方体を指示通りに回転移動させ、その後指定の視点から見て、立方体上の特定の点がどのように見えるかを判断する問題です。言葉で説明するだけでも難しいこの問題、実際に解くのはさらに困難でしょう。

その他にも多種多様な問題が用意されており、これら全てをクリアすることが求められます。航空管制官の仕事は高度な専門知識と技術を必要としますから、当然といえば当然の試験内容ではありますが、これらの試験に対するプレッシャーは、「やめとけ」という思考を生む原因となることもあります。

しかし、航空管制官という夢を追う人々にとって、この試験は避けて通ることはできない壁です。その壁の高さを知り、それに挑戦することで初めて、本当に自分が航空管制官という職業に向いているのかを確認することができます。「やめとけ」という声を乗り越えてこの壁に挑む勇気、それがあれば、あなたは航空管制官という夢を追い求める資格があると言えるでしょう。


試練の繰り返し:地点毎の業務資格試験

航空管制官にとって、壁高き採用試験を突破した後でも、試練は続きます。それは、勤務地毎に異なる業務資格試験の存在です。これこそが、航空管制官という職業を「やめとけ」と思わせる、また一つの大きな理由と言えるでしょう。

業務資格はその名の通り、航空管制官として特定の業務を遂行するために必要な資格です。航空業界は広大で、そしてその地域性や国際性から、各地で働く航空管制官が求められるスキルは微妙に異なるのです。

ここで大切なのは、その資格は勤務地毎に異なるという点です。たとえば、東京での業務に精通していても、その資格は大阪での業務には適用されません。このため、異動や昇進などで新しい勤務地に移るとき、どんなベテランの航空管制官でも再び一定期間の訓練を受け、新たな内部試験に合格しなければならないのです。

つまり、航空管制官とはひとたび採用されれば安泰、というわけではなく、「試練の繰り返し」が待っている職業なのです。「やめとけ」と思わせる理由の一つが、この絶えず求められる更新と向上、そしてそのための試験への挑戦です。

しかし、逆に言えば、それは自身のスキルを常に磨き、航空業界の最前線で活躍し続ける機会でもあります。新たな勤務地への適応、新たな業務資格への挑戦は、航空管制官の仕事を「やめとけ」と思わせることもあれば、その仕事に夢中になる糧ともなるのです。試練があるからこそ、達成感もまた大きいのです。


ドラマは虚構:現実とは異なる雰囲気

航空管制官に対するイメージ、それはドラマや映画の中で描かれる華やかな仕事ぶり、緊張感あふれるシーン、そして何よりその職業が持つ重大な責任。誤った判断が何百、何千もの命に関わる可能性を秘めています。しかし、これらのドラマティックな描写は、実際の現場とはかなり異なるのが現実です。「やめとけ」と言われる理由の一つが、この現実とのギャップです。

かつてフジテレビ系で放送されていたドラマ『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』は、多くの視聴者に航空管制官の仕事を理解させ、あるいはそれに夢を抱かせたでしょう。そのキラキラとした雰囲気、刻々と変わる状況に対応する航空管制官の冷静な対応、それは確かに魅力的で、多くの人を惹きつけたに違いありません。

しかしこのドラマの描写は一部の真実を捉えているだけで、航空管制官の仕事の全体像ではありません。現実の航空管制官の業務は、管制塔だけではなく、普通のビルで行われる業務も多くあります。そして、ドラマとは違って全てがドラマティックなわけではなく、一部は地味で堅実な作業が主体となることもあります。

「ドラマとは違う」、これは航空管制官に限らず、多くの職業に当てはまる言葉かもしれません。だからこそ、「やめとけ」と言われる前に、あなた自身で真剣に職業選択を考えることが求められるのです。ドラマや映画が描くロマンと現実のギャップ、これを知った上での選択が、あなたの未来を左右することでしょう。

おわりに


それでは、航空管制官という職業が抱える多くの課題と、その理由で「航空管制官、やめとけ」と言われることがあるという事実について、本記事を通じて詳しく解説してきました。

しかし、重要なことは、これらの挑戦が存在することを知り、それを理解し、乗り越える準備ができているかどうか、ということです。何事も知識と理解があれば、対策を練ることができます。

本記事で述べられた課題が全ての人に等しく当てはまるわけではありません。一部の人にとっては、これらの課題がやりがいとなり、仕事への情熱を燃やす燃料になるかもしれません。しかし、無理にそれを押し付けるつもりはありません。結局のところ、航空管制官という仕事が自分に合っているかどうかを見極めるのは、各自自身なのです。

なので、この記事が「航空管制官、やめとけ」という意見があることを知り、その背後にある理由を理解する一助となれば幸いです。そして、自分自身がこの職業に対してどう向き合いたいのか、自分なりの答えを見つけるきっかけになればと思います。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X