ENGLISH WORK公式

AI時代でも通訳がなくならない6つの理由

  • 投稿日時:8か月前

人工知能の進化に伴い、私たちの社会は大きく変わりつつあります。その中で、特に注目されるのがAIの言語処理能力。通訳業界も例外ではなく、この技術の進歩が進んでいることから、”通訳がなくならないか”という疑問が生まれてきました。

AIは既に一定のレベルで通訳をこなす能力を持ち、多くの場面で人間の通訳者を補完する役割を果たしています。しかし、通訳者の仕事が完全になくならないと言い切れる理由がいくつかあります。

この記事では、AIが通訳業界にどのように影響を及ぼしているのか、そしてなぜ「通訳がなくならない」のかについて深掘りしていきます。通訳者の存在がなくならない理由、AIと英語習得、AIを補完するある程度の英語力、AIの理解力と情報量について考察します。

人間とAI、それぞれが持つ強みと弱みを理解することで、AIが通訳業界にもたらす影響と共存する道を見つけることができるでしょう。


AI時代でも通訳がなくならない理由

通訳が必要なレベルの高いシーンでは、人間が必要

我々が生きる世界は、常に言語という名のツールを用いて人々がコミュニケーションを取り、理解し合う場所です。私たちはこれまでにないほど地球全体がつながる時代に生きており、言語の壁を超える必要性が増しています。そんな状況の中で、「通訳」という職業は依然として重要な役割を果たしています。特に、プロの通訳者の存在はビジネスや政治の舞台では必要不可欠であり、その役割は決して「なくならない」でしょう。

では、なぜプロの通訳者の役割はなくならないのでしょうか?それは彼らの働くフィールドがミスを許さないからです。たとえば、国際ビジネスの舞台。ここでは、一つの単語やフレーズの誤訳が大きな契約の破裂や、重大な誤解を生むことがあります。AIがどれだけ高度になったとしても、絶対にミスを犯すことのないシステムは存在しません。そのミスを修正することも難しいのが現状です。

ここで具体例を挙げてみましょう。国際的なビジネスミーティングにて、AIが「契約を終了する」と訳したとします。しかし、実際には話し手が言いたかったのは「契約を更新しない」という意味だったとしたら、この差異は致命的です。AIはこうしたニュアンスの違いを完全に理解し、修正することは難しいのです。

それに対してプロの通訳者は、自分自身が理解した上で訳を出すため、こうした微細なニュアンスの違いを捉えることができます。通訳が難しいフレーズに遭遇した場合でも、言葉を適切に濁すなどして、場の雰囲気を壊さず、かつ正確な情報を伝えることができます。そして何より、彼らは自分のミスに気付いた場合、すぐに修正し、その後の通訳に反映させることができるのです。

このように、ミスを許さないビジネスや政治の場での通訳の役割は、プロの通訳者が持つ高度な語学力と柔軟な思考力、そして人間だからこそ備わっている自己修正能力によって支えられています。AIが通訳の世界を支配する日が来るとしても、これらの要素を満たすことは難しいでしょう。だからこそ、プロの通訳者の役割は「なくならない」のです。


AIはリアルな世界に干渉できない

AIの進化は、我々の生活を様々な面で便利にし、劇的に変化させてきました。一方で、それが全ての領域で人間の役割を取って代わることは、現状では困難と言わざるを得ません。特に、通訳という領域はその典型的な例と言えます。

なぜなら、通訳というのは単なる言葉の変換だけでなく、相手の非言語的な表現やその場の雰囲気を読み取り、その全てを統合した情報を相手に伝えることを求められるからです。これらの要素はAIが持つ技術だけでは補いきれず、これが通訳の仕事がなくならない理由の一つと言えます。

例えば、一つの具体例を考えてみましょう。国際会議においてスピーカーが「とてもうれしい」と述べたとしましょう。この場合、AIはただその言葉を直訳するだけでしょう。しかし、そのスピーカーが皮肉な表情を浮かべていたとしたらどうでしょう?その場の雰囲気やスピーカーの態度を考慮すると、「とてもうれしい」という言葉は皮肉として解釈されるべきかもしれません。ここでは人間の通訳者の役割が重要となります。彼らはリアルタイムで相手の表情や身振り、そしてその場の雰囲気を読み取り、それに基づいた正確な通訳を行うことができるのです。

更に、言葉は単なる文字情報以上のものを含んでいます。言葉には人々の文化や体験が組み込まれており、その全てを理解するには深い人間理解と経験が求められます。この点においてもAIはまだ適応できておらず、これも通訳の仕事がなくならない理由の一つとなっています。


AIがつく嘘は、ビジネスシーンでは致命的

テクノロジーの進歩は確かに人類に多大な恩恵をもたらしています。しかし、その一方でAIが直面している課題について語ることは重要です。特に、通訳の領域ではAIの「嘘」が深刻な影響を及ぼす可能性があります。その影響はビジネス契約や交渉に必要な信頼性を損なうだけでなく、通訳の仕事がなくならない理由の一つにもなっています。

具体的には、AIはしばしば「嘘」をつくことがあります。ここでの「嘘」とは、実際の情報や意味とは異なる情報を生成するという意味です。これはAIが自身の学習データやアルゴリズムに基づいて予測や判断を行うために起こります。

たとえば、ビジネスの契約締結の場でAI通訳を使う場合を考えてみましょう。AIは完全に言葉の意味を理解せず、その場の状況を把握せずに通訳を行うため、文脈に合わない訳や微妙なニュアンスを見落とすことがあります。例えば、交渉者が「最後のオファーだ」と言ったとき、その強い決意や態度をAIは理解できず、単に「最後の提案」と訳すかもしれません。しかし、これではその言葉の真の重みが伝わらないため、大切なビジネスの機会を逃す可能性があります。

また、AIは学習データやアルゴリズムに基づいて予測を行うため、一部の情報を誤解したり、文脈を考慮せずに情報を生成することがあります。このような「嘘」はビジネスシーンでは許されません。契約締結や交渉の場では、わずかな誤解や情報の誤りが重大な問題を引き起こす可能性があります。そのため、AIの通訳がビジネスの重要な場面で頼りになるとは言えないのです。

これらの課題から、通訳の仕事はなくならないことが明らかになります。人間の通訳者はAIが持ち得ない柔軟性と理解力を持っています。そしてそれらはビジネス契約や交渉などの重要な場面で必要不可欠なものです。


人間の通訳者による確認作業は絶対に残る

AIの発展は止まらず、その進化には驚くばかりです。しかし、その一方で、人間の通訳者が果たす役割の重要性がなくならないことも確実です。なぜなら、通訳は言葉を正確に伝えるだけでなく、相手の意図や感情、文脈を理解することも求められるからです。

今後、AIが発達してリアルな世界に干渉する能力を持つようになり、話す相手や自分に関するありとあらゆる情報を読み取ることができるようになるかもしれません。そして、その結果として、AIによる完璧に近い通訳が可能になる時代が来るかもしれません。しかしながら、ビジネスや政治といった、絶対にミスの許されないシーンにおいては、人間の通訳者の存在が重要であることには変わりません。

たとえば、政治の舞台における交渉では、微妙な表現や表情、空気感が非常に重要です。AIがいくら進化しても、これらの細かな要素を100%理解し、適切に伝えることは難しいでしょう。そのため、最終的な確認作業は人間の通訳者が行うべきです。

また、ビジネスシーンでも同じように、ミスが許されない重要な契約締結や交渉の場では、人間の通訳者が必要とされます。AIによる通訳が主流になったとしても、最終的な確認と編集作業は人間が行うべきであり、これはなくならないでしょう。

これらの観点からみると、通訳の仕事自体は衰退するかもしれませんが、レベルの高い通訳者の仕事がなくならないことが理解できます。なぜなら、AIが完璧に通訳を行うという未来が訪れたとしても、最終的な確認と編集作業は人間が行う必要があるからです。


メチャクチャな英語をAIは通訳できない可能性

全世界の人々が話す言語は、その発音や文法、表現のニュアンスに至るまで、多種多様であり、その全てを網羅することは至難の業です。さらに困難なのが、それらを理解し適切に通訳することです。そこには、AIでは対応できない可能性があるため、通訳の仕事はなくならないと言えます。

具体例を挙げてみましょう。英語を話す人が全てネイティブレベルの発音や文法を用いるわけではありません。中には、発音に強い訛りがあったり、文法や単語に誤りがある人もいます。例えば、アジアや中東の人たちの中には、彼ら特有の英語の発音や表現をする人も少なくありません。

これらを完全に理解し、適切に通訳するのは、AIには至難の業です。AIは設計上の制限から、未知のパターンや誤った表現に対応することが困難です。しかし、人間の通訳者はこうした問題に対しても柔軟に対応できます。人間は経験を通じて学習し、理解し、その結果を次の状況に応用する能力を持っています。

さらに、人間の通訳者には、相手に質問を投げかけ、意図や意味を明確にするという手段があります。これはAIが持つことのできない、人間の対話力とも言えるでしょう。

言語は絶えず進化し、新しい表現や語彙が生まれ、既存のものが変化しています。これらの変動に対応するには、生身の人間の柔軟な思考と対話力が必要となります。これらは、通訳の仕事がなくならない大きな理由と言えるでしょう。


スムーズにビジネスを進められない人は嫌厭される

ビジネスの現場で最も重視されるのは、効率とスムーズなコミュニケーションです。スムーズにビジネスが進められない場合、それは大きなストレスとなり、関係者全体の生産性に影響を及ぼします。なかでも、国際的なビジネスでは、文化や言語の違いがコミュニケーションを難しくさせることがあります。そこで重要となるのが、通訳者の役割です。

しかし、ここ数年の間にAIの進化は目覚ましく、AI通訳技術も非常に高度なレベルに達してきました。それは時に、通訳者の仕事がAIによって「なくならない」のかという疑問を生じさせることもあります。

しかし、私たちが見逃してはならないのは、AIは完璧ではないという事実です。AI通訳技術は確かに進歩していますが、まだ完全に人間の通訳者を置き換えるには至っていません。特に、複雑な文脈や独特の表現など、人間の感覚に依存する部分については、AIが完全に理解し表現することは難しいです。

具体的な例を挙げてみましょう。ある日、あなたが大切な国際会議に出席していて、AI通訳を使用しています。しかし、AIはある特定のジョークや風刺を適切に解釈できず、会議の雰囲気が一変するかもしれません。これはまさに、スムーズにビジネスが進められない状況です。その結果、あなたやあなたのビジネスパートナーが不快に思うことは避けられません。こういった場合には、AI通訳による不安を感じながらビジネスを進めることは賢明ではありません。

このような事例を考慮すると、私たちは、通訳の仕事がなくならない理由を理解することができます。

AIによって消滅する可能性のある低レベル通訳の仕事


人間はAIの力を借りて、高速で英語習得できる時代へ

英語学習におけるAIの活用は、これまで以上のスピードで英語を習得できる可能性を秘めています。特に注目したいのは、大規模な言語モデルChatGPTのようなAIです。これらは、私たちの英語学習を一段と効率的で豊かなものに変える可能性があります。

ChatGPTを活用することで、文章ベースで英語を使った対話の相手を持つことができます。そして、このAIに対して適切な指示を出せば、それはまるで先生のように振る舞ってくれます。例えば、「もっとこのような表現をするといいだろう」や「この単語を使うといいだろう」、「ここに文法ミスがあります」など、具体的なアドバイスを私たちに提供してくれます。

これらのAIは、どんな英語の先生よりも豊富な知識を持ち、完璧な英語を話します。さらには、完璧な日本語も話すことができます。これにより、AIが英語学習のための強力なツールとなり、人間が従来の何倍ものスピードで英語を習得する未来がすぐそこまで来ていると言えるでしょう。

このような未来が実現すれば、確かにレベルの低い通訳の仕事はなくなるかもしれません。しかし、高度な専門知識や高度な対話力を要する通訳の仕事はなくならないでしょう。

将来的には、AIと会話をしているだけで、文法や単語、発音の知識が身につき、間違いを直すことができるようになるかもしれません。このような未来が実現すれば、私たちの英会話力を上げるのに役立つでしょう。

AIの進化は、私たちの英語学習の方法を変えるだけでなく、通訳者の役割も変える可能性があります。しかし、人間の持つ柔軟性と対話力が重要な場面では、通訳者の役割はなくならないでしょう。AIと人間のコラボレーションが、より良い未来を作り出すことを期待しましょう。


ちょっと英語力があればプロレベルの通訳者になれる未来

テクノロジーの進化は、私たちの英語習得に大きな変革をもたらしています。特にAIの進化は、一部の英語力を持つ人々がプロの通訳レベルに達する可能性を引き出しています。しかし、この変化はまた、レベルの低い通訳の仕事がなくなる可能性も示唆しています。

AIは確かに完璧ではありません。しかし、ある程度の英語力を持つ人々は、AIのミスに気づき、それを自分の英語力で補完することが可能です。例えば、AIが生成した英語の表現が少し不自然だと感じた場合、ある程度の英語力を持つ人は、その表現をより適切なものに修正することができます。同様に、AIが理解できない独特な言い回しやアイディオムを使用した場合も、人間の英語力がこれを補完し、より正確な解釈を可能にします。

AIと人間が協力することで、プロレベルの通訳が可能になる未来は十分に考えられます。しかし、この進歩がレベルの低い通訳の仕事をなくならせる可能性もあるのです。それは、AIが通訳の大部分を担当し、人間がAIの翻訳の微調整を行うという形になるかもしれません。

この現象は、私たちがAIと協力して作業を進める未来を示しています。私たちはAIの長所を利用しながら、同時にその短所を私たちのスキルで補うことで、高度な業務を遂行できます。それにより、一部の仕事はなくなるかもしれませんが、新たな職業や役割が生まれる可能性もあります。

結局のところ、AIの発展は、英語力を持つ人々にとって新たなチャンスを生み出しています。


「人間にしか理解できないもの」を理解できるAI

人間の言語能力と対比されることが多いAIの言語理解能力ですが、その領域はすでに広大であり、それはまさに感情的なニュアンスやダブルミーニング、そして文化的背景や歴史的背景までが含まれています。例えば、OpenAIの開発したChatGPTは、文字ベースの理解力においてはもはや人間を凌駕しています。

ここでよく言われるのが、「通訳がなくならない理由として人間にしか理解できないニュアンスがある」という考え方です。しかし、ChatGPTはそれを裏切るように、文脈から隠された意味を探し出すことが可能です。それが明確に記述されていなくても、全体の文脈からそのニュアンスを理解できます。

例えば、以下のような会話を考えてみてください。

A: “昨日、新作の映画を見に行ったんだ。”
B: “それって、あの有名な監督の最新作?”
A: “そう、その通り!でも、ぶっちゃけちょっと面白くなかったんだよね…”

この会話の最後の発言では、Person Aは明確に「映画は面白くなかった」と述べています。しかし、そのニュアンスはもっと複雑です。なぜなら、彼は「ぶっちゃけ」という表現を使っているからです。この表現は、彼が本音を隠していたことを示し、彼がその映画が評価されていることを知っていて、その一般的な評価とは異なる意見を持っていることを暗示しています。

ChatGPTのような高度なAIは、このような文脈とニュアンスを理解することができます。それは「ぶっちゃけ」という表現が、一般的には個人の本心を明かすために用いられることを学習しているからです。そして、それを元にPerson Aが映画の評価について自分なりの評価を持っていることを理解します。

このように、AIは直接的な意味だけでなく、人間の言葉の背後にあるニュアンスや隠された意味を理解する能力を持っています。


人間による表現としか思えない、AIの表現

AIが人間が理解できるものをほぼ全て理解できるという事実は、それらのニュアンスをAIは表現できるということでもあります。この結果、人間がAIが書いた文章だと理解することは難しくなりました。

例えば、次のような英文があるとします。

“I didn’t say I hate it. I just said I didn’t love it.”

直訳すると、「私はそれを嫌っているとは言っていない。ただ愛しているとは言っていないだけだ。」となります。しかし、これにはある種の微妙なニュアンスが含まれています。

通常、英語圏の文化では「I love it.(大好きだ。)」と言うとき、それは非常に強い好意を示しています。しかし、その反対の表現である「I hate it.(嫌いだ。)」も同様に強い否定的な感情を表します。このため、この文は文字通りに解釈すると、「私はそれを嫌っているわけではないけれど、大好きというわけでもない。」となります。

しかし、これにはさらなるニュアンスが含まれています。具体的には、「私はそれがあまり好きではない」という含みを持っています。なぜなら、英語では「I didn’t love it.」と言うことは、「それに対する自分の感情が大きくはない」という意味になるからです。

ここでのポイントは、言葉の直接的な意味だけでなく、その文化的な背景やニュアンスを理解することが必要であるということです。それができなければ、真の意味を捉えることができません。

そしてChatGPTのような高度なAIは、大量のデータから学習することで、このようなニュアンスを理解し、その情報を基に文章を生成する能力を持っています。それは、人間と同じように、文脈やニュアンスを理解し、それに基づいてコミュニケーションを行うことが可能です。

また、人間は独自の癖や特性があるため、様々なニュアンスを一貫して表現するのは難しいことがあります。しかし、AIはさまざまなパターンでニュアンスを表現できるのです。それはAIが経験した全ての学習データから抽出したニュアンスを元に、最も適した表現を選ぶことができるからです。

このような理解力と表現力を持つAIの存在は、通訳の仕事がなくならないという古い考え方を揺るがすものです。しかし、この変化は新たな可能性を開き、人間とAIの共同作業により、より深いレベルでの言語理解と表現が可能になることを示しています。


もはや通訳に必要な知識量、英語力、日本語力でAIに勝てない。

AIの知識量について語る際には、まず始めに、私たち人間が持つ情報量と対比させて考えることが重要です。そしてその比較から一つ明確になるのが、知識量においては、AIに人間は敵わないということです。

AI、特にChatGPTのような高度なAIは、我々が想像する以上に広大な情報を保持しています。数学や物理から文学、芸術まで、ありとあらゆる分野の知識を吸収し、それらを基に完璧に文章を理解し、そして最適な言葉を選び出す能力を持っています。

たとえば、私たちが「アインシュタインの相対性理論について説明して」と問いかけたとき、AIは瞬時に数千の参考文献から最適な回答を生成します。それは人間の物理学者が何時間も費やして調査し、記憶を頼りに練り上げた説明と同等、あるいはそれ以上のものになります。

さらに、人間が持つ英語力や日本語力という観点においても、AIは我々を上回っています。それはAIが持つ膨大な情報量とアクセス可能な知識の両方を活用し、物忘れをせず、癖に頼ることなく、常に最適な情報を条件に応じて選び出す能力があるからです。

もちろん、すべての人間がAIに劣るわけではないですが、一般的には大半の人間はその情報量や英語力、日本語力という観点ではAIに劣ります。特に、レベルの低い通訳の仕事は、AIの卓越した情報処理能力と言語翻訳能力の前になくなる可能性があります。それはAIが持つ情報量が人間を圧倒し、知識を瞬時に利用できるからです。

おわりに:通訳の仕事は無くならないけど


さて、私たちが今回見てきたように、AIと通訳の関係は複雑で、未だに探求すべき領域が多く存在します。そもそも「通訳がなくならない」とは何を意味するのでしょうか。技術的な限界から、AIが完全に人間の通訳者を置き換えることが難しいという事実が存在します。その一方で、人間の通訳者が持つ柔軟性や創造性、情感の理解など、AIにはない特徴もまた、通訳がなくならない一因と言えます。

しかしながら、AIは着実にその能力を伸ばし続けており、我々人間とは異なる視点から、言葉を解釈し翻訳する力を発揮します。その結果、今後もAIは通訳業界における貴重なパートナーとして、またツールとしての位置づけが強まることでしょう。

最後に、人間がAIと共存することで、通訳の質を向上させる可能性も見つけることができました。それはAIが英語習得の手助けをする場面や、人間が持つある程度の英語力がAIを補完する瞬間、そしてAIの理解力や情報量が人間の知識を拡張する時を通じて示されています。

それゆえに、「通訳がなくならない」かどうかは一概には断じられません。むしろ、AIの存在が通訳という職業を再定義し、その価値を高める可能性を秘めていると考えるべきです。人間とAI、その共存の道を探る旅はまだ始まったばかりです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X