ENGLISH WORK公式

グランドスタッフ不可避のデメリット8選

  • 投稿日時:8か月前

航空業界で働くことに憧れを抱く人は多いです。特に、空港で働くグランドスタッフの仕事は、多くの人々にとって魅力的な職業と捉えられています。海外から来るお客様を迎えたり、出発するお客様を見送ったりすることで、世界中の人々と接する機会があり、そのためこの仕事は多くの魅力を持っています。

しかしながら、どんな仕事にも必ずデメリットが存在します。航空業界で働くことのデメリットを理解することは、業界への理解を深め、自分自身がこの仕事に適しているかを判断するのに役立つでしょう。

この記事では、グランドスタッフとして働く際のデメリットについて詳しく説明します。不規則な生活リズム、クレーマー対応、覚えるべき事項の多さ、女性社会の人間関係、そして、身につけたスキルが他の業界で活かせない可能性など、さまざまなデメリットを具体的に見ていきましょう。

これらのデメリットを理解することで、自分自身がこの仕事を通じて何を学び、どのような課題に直面するのかを予測することができます。それぞれの点をじっくりと読み進め、グランドスタッフという仕事についてより深い理解を得てください。


グランドスタッフの無視できないデメリット8選

意外と重労働というデメリット

あなたがグランドスタッフに興味を持っているなら、もしかしたらスマートな制服に身を包み、空港の中を鮮やかに動き回るスタッフの姿に魅了されたのかもしれませんね。ただ、その魅力的なイメージの裏側には、あまり知られていない「デメリット」が存在します。それは、グランドスタッフの仕事が意外と重労働であるということです。

一見、パソコンを操作しながらお客様を笑顔で接客する、そんな素晴らしい職業のように見えるグランドスタッフですが、その日々の業務は予想以上に身体を使うものです。ここではその一部を具体例を交えてお伝えします。

まず、グランドスタッフがチェックインカウンターで遭遇する課題を考えてみましょう。この場面では、お客様の荷物を扱うことが主な仕事です。中には20kg以上もあるスーツケースを頻繁に持ち上げることもあります。それが1日に数回であればまだしも、実際は何十回ということもあります。これだけでも相当な労力を要することがご理解いただけるかと思います。

さらに、グランドスタッフは空港内を歩き回ることが求められます。その理由は、彼らが様々な業務を担当しているからです。例えば、チェックイン業務が終われば次は搭乗ゲートへ向かいます。その距離は決して短くありません。さらにその後、再びチェックインカウンターに戻ることもあるでしょう。このように、1日の中でグランドスタッフが歩く距離は、驚くほど長いものです。

そして、さらなる「デメリット」として挙げられるのが、搭乗時間になっても来ないお客様を探す業務です。これには膨大な時間と労力が必要となります。空港内は広大で、探すべきお客様がどこにいるかは誰にも分かりません。それでも、安全なフライトのためには必要な作業であり、そのためにもう一度空港内を探し回ることになります。

これらの具体的な状況を考えると、グランドスタッフの仕事が重労働であることが理解できるでしょう。しかし、それは決して否定的な意味での「デメリット」だけではありません。身体を動かし、お客様のために最善を尽くすことは、グランドスタッフとしての責任と使命です。それが誇りとなり、充実感を与えてくれるでしょう。


給料が安すぎて生活が厳しい?

次に、給料に関するデメリットについて考えてみましょう。グランドスタッフの仕事は見た目以上にハードな労働を伴うものであることを、先ほどお伝えしました。それなのに、給料がその労働を反映していないと感じる方もいるかもしれません。

では具体的に、グランドスタッフの給料とはどの程度なのでしょうか。例えば、羽田空港の国内線では月収約190,000円~220,000円、国際線でも月収約190,000円~240,000円程度と言われています。これを見ると、重労働に見合った給料とは言えないかもしれませんね。

特にグランドスタッフの業務は、覚えることが多く、早朝や深夜の勤務も含まれます。それらの負荷に見合った給料とは思えない、と感じる人も少なくないでしょう。この点は、間違いなくデメリットと言えるでしょう。

また、その給料に見合わない労働が続くと、肉体的、精神的なストレスが溜まり、生活が厳しくなるかもしれません。この点もまた、グランドスタッフという職業のデメリットと考えられます。

しかし、これらの事実を見て「やめたほうがいい」と思うのは少し早計かもしれません。なぜなら、給料はあくまで一部の見方であり、他にも考慮すべき点があるからです。

仕事の魅力は給料だけではなく、自分が得られる経験やスキル、その仕事を通じて成長できるかどうか、またその仕事が自分にとって意義あるものであるかどうか、なども大切な要素です。

給料が低いことはデメリットの一つではありますが、それを上回るほどの利点が自分にとってあるのか、それが重要なポイントになります。具体的には、外国語を活かせる場があること、多様な人との出会いがあること、空港という独特の雰囲気を楽しめること、等が考えられます。


みんな苦言を呈するヒール着用労働

次に取り上げるデメリットは、特に女性のグランドスタッフにとって身近な問題である「ヒール着用」です。一般的に、グランドスタッフの制服にはヒールが含まれています。しかし、ヒールを履いて長時間立つこと、さらには空港内を歩き、時には走らなければならない状況は、確かに大きな負担となるでしょう。

ここで一つ具体例を挙げてみましょう。あるグランドスタッフの方は、1日の業務が終わると足がパンパンに腫れ上がり、家に帰るとすぐに足を高くして休むような状態だったと語っています。それだけでなく、足腰への負担が続くと、長期的な健康問題を引き起こす可能性もあります。腰痛や股関節の問題もあると言います。

これらの点を考えると、ヒール着用は間違いなくグランドスタッフのデメリットと言えます。重労働に耐えながらも、見た目の美しさを求められる女性のグランドスタッフにとっては特に大きな問題となり得ます。

しかし、ここでも冷静に考えてみてください。デメリットは事実として存在しますが、それが全てではありません。一方で、ヒールを履いていることで自信を感じる方もいるでしょう。また、その制服が誇りとなり、業務を遂行する上でのモチベーションにつながることもあるかもしれません。

それでも、「ヒールを履くことのデメリット」は認識しておくべきでしょう。その上で、どの程度それが自分自身の働き方や生活に影響を及ぼすのか、どの程度それが許容できるのか、そういった視点から仕事選びをすることが重要です。


不規則な生活リズムで健康に影響?

グランドスタッフとして働く際のデメリットとして、早番や夜勤による生活リズムの不安定さを忘れてはなりません。国際線の空港は24時間営業です。なぜなら、世界中から飛行機が出入りし、時間帯に関わらず旅行者やビジネスマンをサポートしなければならないからです。その結果、グランドスタッフの皆さんも同様に24時間対応する必要があり、シフトは早朝から深夜までさまざまです。

このような環境下で働くと、自然と生活リズムが不規則になるのは避けられません。この不規則な生活リズムが、長期的には健康へのデメリットとなる可能性があるのです。具体的には、自律神経の乱れを引き起こす可能性があります。

自律神経の乱れは、体調不良の原因となるだけでなく、心身の疲労感を高めるとも言われています。具体的には、眠れない、食欲がない、頭痛がする、集中力がないなどの症状が出ることがあります。特に女性の場合、ホルモンバランスと密接に関連している自律神経の乱れは、月経周期に影響を及ぼすこともあるのです。

あるグランドスタッフの方の経験談を挙げると、「不規則なシフトで生活リズムが崩れた結果、月経が不順になってしまった」というケースがあります。これは、まさに生活リズムの乱れが健康に与える影響の一例です。

これらの点を考えると、生活リズムの乱れは確かにグランドスタッフのデメリットと言えます。しかし、ここでもまた、自身の体調管理や健康管理の方法、そしてそれに対する意識が問われます。例えば、仮眠の取り方、食事の質とタイミング、適度な運動など、不規則な生活リズムでも健康を保つ工夫は可能でしょう。


クレーマー対応の矢面に立たされる

航空業界におけるグランドスタッフの役割は非常に重要であり、それは彼らが航空会社の顔となり、乗客と最初に接する存在だからです。その一方で、彼らの仕事のデメリットとして、クレーム対応が挙げられます。その原因となるシチュエーションは様々です。例えば、一部の乗客は、自分が持つ権利を超えた座席の変更を要求したり、荷物の重量超過に対して不満を言ったり、自身の遅刻によるフライトの遅延をスタッフに怒りをぶつけたりすることがあります。

こうした状況に直面した時、グランドスタッフは平穏な心とプロフェッショナルな態度を保ちつつ、乗客のクレームに対応しなければなりません。このクレーム対応が、仕事の中で特にストレスとなる部分であり、デメリットとして捉えられることが多いのです。

あるグランドスタッフの方からの経験談を挙げてみましょう。「ある日、遅刻した乗客がチェックインカウンターに駆け込んできました。彼は自分が遅刻したにも関わらず、飛行機を待ってもらうことを強く要求し、私に対して怒鳴りつけました。その時、私はただ彼の怒りに耐え、なるべく落ち着いて対応しようと努力しました。」

クレーム対応はストレスフルな作業であり、常に冷静であること、そして乗客の立場に立って考えることが求められます。それができるかどうかは、グランドスタッフとしての技術だけでなく、心の持ちようにも関わってきます。

しかし、もちろん、このクレーム対応のデメリットが仕事全体を覆いつくすわけではありません。一方で、この業務を通じて、人間関係のスキルを磨く機会にもなります。厳しい状況に立ち向かい、プロフェッショナルな対応を続けることで、自己成長を遂げることができるでしょう。


女社会が怖いよ…

グランドスタッフの業界は、比較的女性が多いため、特有のデメリットが存在します。それは、女社会特有の人間関係の複雑さです。多様な人間性が交錯する職場環境は、一見、楽しく見えるかもしれませんが、その陰には陰湿な職場環境が潜んでいることもあるのです。

実際、インターネット上には多くの経験談が投稿されています。以下にその一部をご紹介しましょう。

「先輩社員に気を遣わなければならず、先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある。」

「お客様や同僚の悪口を平気で言う先輩社員がいる。」

「自分を守るためなら平気で嘘をつく。」

「都合よく相手を利用する女ばかり。」

もちろん、尊敬できる優しい方も存在しますが、同時に人間性を疑うような人も多く存在するのです。これが女性社会特有のデメリットと言えるでしょう。

このような環境に長時間晒されると、最初は明るくて素直な人でも、徐々に周囲の影響を受けてしまい、陰湿な性格に変わってしまうこともあります。これもまた、女社会におけるデメリットと言えるでしょう。


身につけたスキルが他の業界で活かせない可能性

グランドスタッフとしての経験は、自己成長や職務遂行に対する貴重な知識とスキルを提供します。しかし、この経験が他の業界で同じくらいの価値を持つかどうかは、一概には言えません。これは、グランドスタッフのデメリットの一つとして挙げられます。

まず、グランドスタッフとしてのスキルは、特化したものが多いです。つまり、航空業界固有の知識やスキルが中心となります。これは、航空業界で働く中でとても重要なものですが、他の業界では直接的な利益をもたらすものではないかもしれません。

例えば、ホテル業界などの他の接客業界であれば、グランドスタッフとしての経験は活かせる可能性があります。しかし、マーケティングや企画などの仕事に転職した場合、その経験が全く未経験の状態からのスタートとなる可能性が高いです。そのため、グランドスタッフの経験を持つことが必ずしも他の業界での転職に有利とは限らない、これがデメリットと言えるでしょう。

また、グランドスタッフの仕事は非常に独特で、その仕事を理解し、習得するのには時間と努力が必要です。そのため、他の業界への転職を考えた時、新しいスキルを身につけるための時間や労力が必要となり、これもまたデメリットと言えるでしょう。

しかし、こうしたデメリットを前にしても、グランドスタッフとしての経験は決して無駄ではありません。顧客サービスのスキル、チームワーク、問題解決能力、プレッシャーの下での作業能力など、他のどの業界でも重要なスキルを鍛えることができます。そのため、グランドスタッフとしての経験は、他の業界に転職する際の良いステップとなることもあります。

おわりに:デメリットだけじゃないよ。


以上、グランドスタッフという職業について、その魅力だけではなく、実際には避けて通れないデメリットについても詳しく解説しました。

ヒール着用による足腰への負担、不規則な生活リズムによる健康影響、時には厳しいクレーマー対応、覚えることが多すぎて頭がパンクするほど、女性社会の人間関係の難しさ、そして、身につけたスキルが他の業界で活かしにくい可能性といった具体的な問題点を具体例をもとに説明しました。

このようなデメリットが存在する一方で、グランドスタッフとして働くことには間違いなく大きな魅力があります。世界中の人々との接触、新たな文化への理解を深める機会、そして何より、人々が旅を通じて新たな体験をするための一端を担うというやりがい。

しかし、どんな仕事も理想ばかりでなく現実的な側面があり、その全体像を理解することが大切です。特に航空業界のように特殊な知識やスキルを必要とする業界では、事前にしっかりとリサーチをして、自分が直面する可能性のある問題を理解し、対処法を練ることが求められます。

この記事が、あなたがグランドスタッフという職業を選ぶ際の参考になれば幸いです。デメリットを理解したうえで、それでもなおこの仕事にチャレンジしたいと思うのであれば、それはあなたにとって最適な道である可能性が高いです。自分自身の目で現実を見つめ、最善の決断を下してください。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X