ENGLISH WORK公式

キャビンアテンダントやめたいと思う8つの瞬間

  • 投稿日時:8か月前

みなさん、こんにちは。キャビンアテンダント(CA)のお仕事には憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。その一方で、実際にキャビンアテンダントとして働く中で、辞めたいと思う瞬間もあるかもしれません。この記事では、私が聞いた話や経験から、キャビンアテンダントとして働く上での悩みや困難な部分、そしてそれにより「やめたい」と感じる理由をいくつかご紹介します。

この記事を通じて、キャビンアテンダントという仕事がどのようなものであるか、一部でも理解していただければ幸いです。また、キャビンアテンダントを目指す方、または既に働いている方が、自分の感じている悩みや困難を共有し、解決策を見つける一助となればと思います。

それでは、キャビンアテンダントとしての日常生活や仕事について、さまざまな視点から掘り下げてみましょう。


「キャビンアテンダントやめたい」と思う8つの瞬間

不規則な生活リズムが大変でやめたい

キャビンアテンダントの職業に憧れる方は多いと思います。しかし、一方で「キャビンアテンダントをやめたい」と感じる方も少なからずいらっしゃいます。それは一体どういった理由でしょうか。今回は、一つの理由として「不規則な生活リズム」について詳しくご紹介します。

キャビンアテンダント(CA)のお仕事は飛行機のスケジュールに沿った勤務となります。そのため、早朝の便、深夜の便、長距離便などによって、勤務スケジュールは毎週、毎月変わります。一般的な「朝起きて、夜寝る」という生活リズムを保つのは困難で、時には「朝寝て、夜起きる」、「徹夜をする」など、通常とは異なるリズムで生活を送ることが求められます。

航空会社はCAが十分に休息を取れるよう、睡眠時間を計算してスケジュールを組みます。しかし、組まれたスケジュール通りに睡眠をとれるとは限りません。飛行機のスケジュールに従って働く中で、「本来寝ているべき時間に働き、本来起きているべき時間に寝る」状態が続くと、自律神経に影響を及ぼす可能性があります。

具体的には、自律神経は体内の生理的な働きを調節しています。たとえば、心拍数、血圧、体温、食欲などの調整がその役割となります。これらが乱れると、不眠、頭痛、倦怠感など様々な不調が現れることもあります。これらは長期間にわたって不規則な生活が続くと発生する可能性があります。さらに、ストレスが加わるとこれらの症状はより悪化することもあります。

私自身、CAとして勤務していた時期がありますが、初めて長距離便の早朝フライトを経験したとき、体調を崩すことがありました。その時は、飛行前の準備や長時間のフライトで疲れた体を休めるべき時間に、体が眠らずに目が覚めてしまったのです。

それを経験した後、自分自身が「キャビンアテンダントをやめたい」と感じる瞬間がありました。その感情は、自分の体調不良を引き起こす不規則な生活リズムに大きく影響されていました。

しかし、あくまでこれは私個人の体験にすぎません。キャビンアテンダントの仕事には多くの魅力があり、多くの人がこの職業を選び、満足していることも事実です。その中で、「キャビンアテンダントをやめたい」と考える方がいるとすれば、その理由は十人十色でしょう。


フライトのたびに知らない同僚と仕事で疲れる

「毎回初めての同僚と働くこと」について掘り下げていきます。

一般的な職場では、同じ職場の同僚と毎日一緒に働くことが多いです。しかし、キャビンアテンダントの職業では、その構図は少し異なります。キャビンアテンダントの仕事はフライトごとにチームが変わるため、新たな顔ぶれと一緒に働くことが多いのです。

もちろん、所属している班の同僚とのフライトは月数回設けられていますが、それ以外のフライトでは、数千人の社員の中からそのフライトに割り当てられたキャビンアテンダントと共に仕事をします。これにより、「毎回のフライトが初めまして」という状況が続きます。

これは一見、新しい出会いや経験が多い、というポジティブな側面もありますが、実際には、毎回新しい人間関係を構築するということが精神的な負担となることもあります。人間関係を築くことはエネルギーを必要とするものであり、これが日々の仕事に繰り返し求められると、「キャビンアテンダントをやめたい」という思いが芽生える方も少なくありません。

私自身もキャビンアテンダントをしていた時期がありますが、フライトごとに異なるチームでの仕事は、初めは新鮮で楽しいと感じていました。しかし、時間が経つにつれて、毎回新たな関係性を築くことの疲れやストレスを感じ始めました。それは一種の「人間関係の疲れ」で、それが「キャビンアテンダントをやめたい」と感じる一因となりました。

だからと言って、これが全てのキャビンアテンダントに共通するわけではありません。人によっては新しい人との出会いを楽しむことができる方もいれば、同じチームの人と働くことが安心感をもたらす方もいます。

キャビンアテンダントが直面する課題や困難は十人十色ですが、その中で自分自身がどのように向き合い、どのように解決するかが大切です。


女の人間関係が怖くてやめたい

キャビンアテンダントの職場は女性が多いため、特有の人間関係の問題があります。一般的な職場にはない、微妙で繊細な人間関係の難しさがあります。これが時として、キャビンアテンダントを辞めたいと思わせる原因の一つとなるのです。

ネット上には多くのキャビンアテンダントの経験談が存在します。その中には、「先輩の機嫌を損ねないように立ち回る必要がある」といった内容や、「同僚やお客様の悪口を平然と話す先輩がいる」といった事例も散見されます。このような人間関係の問題が、キャビンアテンダントをやめたいと考える一因になっているのです。

さらには、「自分を守るためには嘘もつく」「都合が良ければ他人を利用する」などといった、人間性を疑いたくなるような行動をとる人も存在すると言われています。これらは決して一部の人物だけの問題ではなく、職場環境全体がそうした雰囲気に影響されることで、明るく開放的な性格だった人までが、次第に陰のある性格へと変わってしまうこともあります。

一方で、尊敬できる優しい先輩や、仕事に真面目で信頼できる同僚たちもいるのが事実です。しかし、職場環境が厳しいと感じる人も少なくなく、「キャビンアテンダントをやめたい」と思う人が増えるのも無理はありません。

このような女性同士の人間関係の問題は、キャビンアテンダントの仕事に限らず、女性が多い職場には広く見られる傾向です。しかし、その問題の深刻さは人それぞれで、自分がどう感じるかは個々の性格や感じ方に大きく依存します。


ルーティンワークが退屈でやめたい

キャビンアテンダントの職業は、華やかさと厳しさを同時に秘めています。その一方で、その日々の業務の多くは「ルーティンワーク」、つまり反復的でルーチン化された仕事となるのです。そのルーチンワークの退屈さが、キャビンアテンダントを辞めたいと考える一つの要因となることもあります。

キャビンアテンダントの仕事と言えば、ステキな制服を着て、丁寧にセットされた髪と完璧なメイクで、飛行機の中を華やかに歩くイメージが強いかもしれません。しかし、実際のところ、その裏側では毎回ほぼ同じ業務フローが繰り返されます。

フライト前のブリーフィングから始まり、機内安全チェック、乗客の搭乗、安全説明、飲食の提供、ドリンクや食事のサービス、回収、機内販売、そして着陸。これが一つのフライトでの基本的な業務の流れです。このルーチンワークが反復されることで、一見、華やかな仕事に見えるキャビンアテンダントの業務が、実際には繰り返しの作業であることが伺えます。

人によってはこのルーチンワークが安定感をもたらし、自信をつける材料となるかもしれません。しかし、一方でこの反復的な作業が、やがて退屈さを生む要因となり、「キャビンアテンダントをやめたい」という思いを抱く方も少なくありません。

仕事の中に新鮮さや変化を求める人にとっては、このルーティンワークはマンネリ化や退屈感を招く可能性があります。それは特に、新しい挑戦や成長を求める若い世代にとっては強く感じられるかもしれません。

このように、キャビンアテンダントの仕事がルーティンワークであることが、「キャビンアテンダントをやめたい」と考える一つの要因になる可能性があるということを、私たちは理解しておくべきです。


身につくスキルが特殊だから、転職が心配で辞めたい

その特殊なスキルが、他の業界で活かしにくいことが、「キャビンアテンダントを辞めたい」と考える一つの要因となることもあります。

キャビンアテンダントの職業は、社会的に意義深い仕事であるとともに、多くの特殊なスキルを身につけることができます。しかし、これらのスキルは他の業界でそのまま活用するのが難しいことがあります。

例えば、特定の航空機の安全手順や、国際的なマナーといった特殊な知識や、旅客機内でのサービス提供などの経験は、他の業界で直接利用するのが難しいかもしれません。これらはCAの職業に特化したスキルであり、これらが直接他の業界で通用するかどうかは疑問です。

このことが、キャビンアテンダントを辞めたいと考えている人々の中には、転職先で自分のスキルが活かせるかどうか心配している方がいることでしょう。特に、マーケティングや企画などの職業を目指す場合、まったく未経験の状態からスタートする可能性があるため、そのステップは困難を伴うことが想像できます。

もちろん、キャビンアテンダントの経験は接客スキルや語学力など、一部の業界で高く評価される可能性もあります。例えば、ホテル業界などのサービス業では、キャビンアテンダントのスキルセットと親和性が高いかもしれません。

それでも、キャビンアテンダントが身につけるスキルが特殊であることが、「キャビンアテンダントを辞めたい」と考える要素となることは確かです。転職を考えている方々は、これらの事情を考慮に入れて、将来のキャリアパスを慎重に計画することが重要と言えるでしょう。


自律神経の乱れが続いて、もう辞めたい

キャビンアテンダントの職業は多くの独特な課題を抱えています。その一つが、自律神経の乱れによる体調不良です。この問題は、キャビンアテンダントを辞めたいと考える人が増える一つの原因となっています。

キャビンアテンダントの仕事は不規則な生活になりがちです。国内便、国際便を問わず、フライトスケジュールは日々変わり、夜間の勤務や時差の影響も受けます。その結果、生活リズムが定まらず、自律神経が乱れることがあります。

自律神経が乱れると、多様な問題が発生します。精神的な影響、例えば気分の波動、不安、睡眠障害などが引き起こされることもあります。さらには、身体的な影響、例えば消化器系の問題や肌荒れといった問題が起こることもあります。

これらの問題が積み重なると、「もうキャビンアテンダントを辞めたい」という感情が湧き上がってくることもあるでしょう。そういった状況になると、仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼす可能性があります。また、自己の健康を維持するためにも、解決策を見つけることが必要となります。

キャビンアテンダントの職業には確かに魅力がありますが、その一方で自律神経の乱れが続くという難しい課題も存在します。そのような事情から、「もうキャビンアテンダントを辞めたい」と考える方も少なくないのかもしれません。


想像してたのと違う!意外と重労働で辞めようかな

想像してたのと違う!意外と重労働で辞めようかな
キャビンアテンダントという職業は、華やかな制服を身にまとい、空を飛ぶというイメージから、魅力的であると感じられることが多いですよね。しかし、その仕事内容は一見の価値があります。実は、とても重労働なのです。これこそが、「キャビンアテンダントを辞めたい」と考える人が増えている原因の一つでもあります。

乗客のお手荷物を頭上の収納に入れるのを手伝うといった作業がありますが、これが思ったよりも体力を必要とします。中には10kg近い重い荷物を持ち運ぶお客様もいらっしゃるのです。そして、これが一回や二回ではありません。多数の乗客の手荷物を頭上まで持ち上げるのは、一日の作業の中でも相当な負担となるのです。

また、食事や飲み物の提供も、思った以上に大変な作業です。食事やドリンクを乗せたカート(ギャレー)は、驚くほど重いです。最大で1個100kg以上にもなることがあると聞いて、びっくりされる方も多いでしょう。それを飛行中の揺れる機内で運ぶというのは、かなりの重労働と言えるでしょう。

さらに、食事の提供時には、しゃがんだり立ち上がったりを何度も繰り返す必要があります。窓際のお客様に食事を提供する際は、体の均整を保ちながらギャレーから食事を取り出し、乗客に提供するため、腕の筋肉もかなり使います。

これらの作業が日々繰り返されるため、「もうキャビンアテンダントを辞めたい」と感じる人も少なくありません。

しかし、このような重労働を通じて、体力や忍耐力、そして何よりもプロ意識が身につきます。そうしたスキルを身につけることは、将来的には大きな自己成長につながるでしょう。


私うつ?と心配になり辞めたい

キャビンアテンダントの業界でのうつ病の可能性は、非常に重要な問題です。もちろん、どの業種でもうつ病は発症する可能性がありますが、キャビンアテンダントの仕事の特性からすると、そのリスクは少なからず存在します。これもまた、キャビンアテンダントを「辞めたい」と考える人が増えている一因となっています。

キャビンアテンダントの職務は、自律神経の乱れを引き起こしやすい環境が数多く存在します。たとえば、昼夜逆転の生活が求められることが多いです。地球の反対側への長距離フライトや、夜間のフライトなどで生活リズムが乱れ、体調管理が難しくなることがあります。

また、女性が多く活躍しているキャビンアテンダントの業界は、特有の職場環境として、「女社会」と呼ばれることがあります。その環境が、ストレスを増加させる要因となることも少なくありません。

これらの要素が組み合わさると、うつ病を発症するリスクが増えます。特に自律神経の乱れは、精神的な症状を引き起こすことがあり、それが長引くとうつ病に繋がる可能性があります。

「私、うつ病かもしれない」と感じている方、あるいはそういった心配が頭をよぎって、「もう辞めたい」と思っている方がいらっしゃったら、まずは自分の心と体の状態を見つめ直すことをお勧めします。そして、必要なら専門家に相談し、適切なケアを受けることが大切です。

うつ病は誰にでも起こり得るもので、恥ずべきことではありません。しかし、「辞めたい」と感じる前に、まずは自分の心と体の健康を優先し、適切な対策を講じることが重要です。キャビンアテンダントの仕事を続けるため、そして何より自分自身の健康と幸福のために、大切なことを忘れずに。


土日休みが取れない:恋人とデートできない…

キャビンアテンダントの仕事は、その業界特有のスケジュール管理により、一般的な週末の休みを取ることが難しいことがあります。実際、この土日休みが取りにくいという状況が、「キャビンアテンダントを辞めたい」と考える方々の中には、大きな理由となっています。

通常、キャビンアテンダントの休日は固定されていません。「月に○日以上休み」「4日働いたら2日休み」といった形式が多く、これが土日と必ずしも一致しないため、一般的な週末休みとは異なるライフスタイルが求められます。

大学時代の友人との予定を合わせたり、特に恋人とのデートを計画する際には、大きな制約となることがあります。特に、平日の日中にしか時間を取ることができない場合、パートナーとの時間を作ることが難しくなるでしょう。

実際、あるキャビンアテンダントの方から伺った話では、「彼とのデートを予定するのが難しく、何度も彼を待たせる形になってしまい、そのたびに辞めたいと感じてしまいます」という声を耳にします。あるいは、「友人たちとの時間が取れず、寂しさを感じ、辞めたいと思うことが多いです」という方もいます。

しかし、一方で、これがキャビンアテンダントという職業の特性でもあります。同じ時間を共有できないことから生じる寂しさや不便さを乗り越えられるのなら、世界を飛び回るその職業の魅力を存分に味わうことができるでしょう。

ただ、「恋人とデートができない」「友人と時間を合わせるのが難しい」という問題は、どうしても「もうキャビンアテンダントを辞めたい」と感じてしまう大きな要因になります。

訓練編:キャビンアテンダントを辞めたい3つの理由


サービス訓練の時点で辞めたい

キャビンアテンダントとして働き始める前のステージ、それは訓練期間です。そこで実施される「サービス訓練」の厳しさを経験した時点で、「もう辞めたい」と感じる方が多いのが現実です。

キャビンアテンダントの訓練は大きく分けて、「サービス訓練」と「保安訓練」の二つに分かれますが、今回は特に「サービス訓練」に焦点を当てたいと思います。

サービス訓練では、フライトの基本的な流れを学びます。「フライト前のブリーフィング→機内安全チェック→乗客の搭乗→安全説明→食べ物や飲み物の提供→ドリンク・食事サービス→回収→機内販売→着陸」といった流れです。これらは一見シンプルに見えますが、実際にはそれぞれが高度なスキルを必要とします。

また、身だしなみや言葉遣い、マナー、メイクの仕方なども学びます。これらは一部ですが、これら全てが乗客のサービスに直結するため、とても重要な要素です。実際、このような訓練の厳しさを経験して、「辞めたい」と思う方も少なくありません。

例えば、ある訓練生の方から「メイクや身だしなみの訓練が予想以上に厳しく、私自身、見た目に対する自信が無かったので、それが辞めたいと感じる大きな要因となりました」という体験談を伺ったことがあります。

また、「サービスを提供する流れの訓練がとても細かく、それぞれのアクションに正確さが求められる。私はその厳しさに驚き、辞めたいと考えるようになりました」と語る方もいました。

それぞれの訓練にはその背景に深い意味があり、それらは乗客に安心して飛行を楽しんでもらうための重要な要素となっています。しかし、その厳しさを経験すると、「もう辞めたい」と感じることも否めません。


保安訓練が苦行すぎてやめたい

キャビンアテンダントの仕事の一部を担う重要な訓練が「保安訓練」です。そして、これがまた一つ、「辞めたい」と感じる要因になっているのです。

保安訓練では、機内で発生が想定されるあらゆる事故に対処するための訓練が行われます。具体的には、緊急脱出用スライドを使った脱出訓練や、エンジントラブルで海上に着水した場面を想定した水上脱出訓練、AEDの使い方、消火訓練などが含まれます。これらの訓練は全て非常に厳しいものとなります。

サービス訓練の厳しさも語られますが、保安訓練はさらに人の命がかかっているものなので、教官もより厳しい指導を行うのです。この厳しさに直面したとき、「もう辞めたい」と思う方が少なくないのが現状です。

訓練生の一人であるAさんからは次のような体験談を伺いました。「緊急脱出用スライドを使った訓練は本当に怖く、何度も何度も行うことが求められました。その厳しさに打ちのめされ、辞めたいと考えてしまったことがあります。」

また、Bさんからは「水上脱出訓練は想像以上に難しく、自分の身体がその状況に耐えられるのか不安になりました。そのとき初めて、私も辞めたいと思うようになりました」という話を聞くことがありました。

しかし、これらの訓練があるからこそ、実際の緊急事態が発生したときに迅速に対応し、乗客の安全を守ることが可能となります。その重要性を理解しつつも、日々の厳しい訓練に耐えることは確かに大変なことです。

しかし、訓練を経て得られる安全への配慮と対応能力は、キャビンアテンダントとしての責任を果たすために必要不可欠なものです。それゆえに、一見辛く思える訓練も、全うなキャビンアテンダントとしての職務を遂行するための重要なステップと捉えることが求められます。それにより、「辞めたい」という気持ちを乗り越えることができるでしょう。


毎日が期末テストみたいで、やめたい

キャビンアテンダントの訓練期間は、まさに「毎日が期末テスト」のような状況と言えるでしょう。それは、毎日大量の情報を覚え、新しいスキルを獲得し、そのすべてをテストで証明しなければならないからです。この過酷な状況に直面したとき、「もう辞めたい」と思う方が少なくないのが現実です。

訓練期間は一般的に2〜3ヶ月間です。その間、キャビンアテンダントの職務に関連するさまざまな知識を覚えなければならないのです。その内容は、エンジンの構造から緊急事態の対処方法、機内サービスの手順まで、非常に幅広く、全てが試験に出題されます。そして、毎日のようにテストが行われるため、常にハイレベルなパフォーマンスを維持しなければなりません。

Cさんからはこんな経験談を伺いました。「毎日が新しい情報で満ち溢れており、それを全て覚えるのは本当に大変でした。それだけでなく、テストも頻繁にあるので、一度も気を抜くことができませんでした。その厳しさに耐え切れず、何度も辞めたいと思ったことがあります。」

しかし、これら全ての訓練とテストがあるおかげで、キャビンアテンダントは確固とした専門知識と技術を身につけ、乗客の安全と快適さを守ることができるのです。そのため、訓練期間中の厳しさを乗り越えられるかどうかが、キャビンアテンダントとしての適性を判断する大切な基準ともなっています。

ですが、この訓練期間の厳しさに打ちのめされ、「やめたい」と感じる方は確かに存在します。その厳しさを理解し、その上でキャビンアテンダントの職務を続けるか、あるいは違う道を選ぶかは、一人一人が直面する難しい選択となるでしょう。

おわりに


以上、キャビンアテンダントとして働く中で「やめたい」と思う瞬間や困難な部分について語りました。一見華やかに見えるキャビンアテンダントの職業ですが、実際には厳しい訓練や体力的な負担、自分自身の心理的な健康に対する懸念、そしてプライベートとのバランスを取ることの難しさなど、様々な困難が存在します。

しかし、それらの困難を乗り越えたときに得られる経験や成長は、他の職業では得られないものかもしれません。また、全世界を飛び回り、多様な人々との出会い、独特の体験は、CAの仕事ならではの魅力と言えるでしょう。

「やめたい」と感じることは、職業を問わず、誰しもが経験することです。しかし、その感情に対して直視し、それがなぜ生まれ、どう対処すればよいのかを理解することは、私たちが自身のキャリアをより良く進めていく上で重要です。

この記事が、キャビンアテンダントを目指す方、現役のキャビンアテンダントの方、また航空業界に興味を持つすべての方々にとって、何かしらの参考になりましたら幸いです。あなたの人生の旅路が、どんなに困難なものであっても、前向きなものでありますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X