ENGLISH WORK公式

翻訳家の将来性ないと言える10の理由:AIに勝ち目なし

  • 投稿日時:8か月前


結論:残念ながら翻訳家に将来性はない

皆様、今回のテーマは少し厳しい話になるかもしれませんが、現実を見つめてみましょう。それは「翻訳家の将来性」についてです。具体的には、私の結論は「翻訳家には残念ながら将来性がない」というものです。

そんな風に言われると、翻訳家の方々やこれから翻訳家を目指している方々は衝撃を受けるかもしれません。しかし、この結論は冷静に事実とデータを分析した上でのものです。それには具体的な理由があります。その4つの理由をこの記事で詳しく説明していきます。

  1. AIの存在です。現在、ChatGPTを代表とするAIは、人間の翻訳家よりも圧倒的にスピードが早く、精度も高いです。
  2. AIの進化による微細なニュアンスの再現能力です。以前は、「AIは細かいニュアンスまで理解できない」というのが一般的な意見でした。しかし、技術が進化した現在、適切な指示を出せば、AIは微細なニュアンスまで捉えることが可能です。
  3. AIのエラー修正能力とコストパフォーマンスです。もちろん、AIも完全ではありません。ミスをすることもあります。しかし、そのミスは英語力が低い人間でもAIを使って修正可能です。また、その修正にかかる時間や労力を考えれば、翻訳家に高い報酬を支払うよりもAIの使用が合理的と言えます。
  4. AIを駆使する1割の優秀な翻訳家によるものです。彼らはAIを巧みに使いこなし、非常に効率的に翻訳作業を行っています。これが示すことは、人間の翻訳家がAIを上手く利用すれば、AIと協働する形で新たな価値を生み出すことが可能だということです。

以上の4つの理由から、私の結論は「翻訳家には将来性がない」というものになります。

これらを詳しく解説していきます。

将来性がない理由1:90%の翻訳家よりAIの方が優れている

実は翻訳は機械的な作業だから、AIの方が強い

私は「翻訳家に将来性がない」という結論を述べましたが、その背後にある大きな要因は「翻訳という作業の本質」にあります。

皆様もご存知の通り、翻訳とは異なる言語間で文の意味を正確に伝える作業です。そして、この作業は機械的な側面が強く、それはAIの得意な領域です。多くの人は、人間の翻訳家が心をこめて訳したものとAIによる訳を比較すると、前者の方が「心がこもっている」から優れていると考えがちです。しかし、これは少し誤解があるかもしれません。

確かに、詩や小説などの一部の文学作品においては、感情やニュアンスの伝達が重要となる場合があります。しかし、ビジネスや科学、技術、法律などの多くの分野では、情報の精度と速度が求められます。そして、これらの領域ではAIが翻訳家を凌駕しています。

一つ目の例として、テクニカルな文書の翻訳を考えてみましょう。例えば、あるソフトウェアの操作マニュアルを英語から日本語に翻訳するといった作業です。この場合、特に専門的な知識を必要とし、一部の専門用語の定義を理解することで正確な翻訳が可能です。ここでは、感情やニュアンスよりも正確さが求められます。つまり、ある程度機械的に翻訳することができます。

また、文法規則に従った翻訳も機械的な作業の一例です。特定の文法規則や文型を元に、原文を別の言語に正確に変換する作業は、ある意味でプログラムによるコードの変換と同じです。例えば、「I am a student.」という簡単な英文を日本語に翻訳する際、主語+be動詞+名詞という構造を理解し、それに基づいて「私は学生です」という翻訳を生成することは、ある種の機械的な作業と言えます。

さらに、最近のAIは、学習データを増やすことで微妙なニュアンスまで捉える能力が向上しています。これは、AIが単に言葉の意味を機械的に変換するだけでなく、その背後にある文化や社会的な背景を理解し、それを反映した翻訳をすることが可能となっているからです。このような進化により、AIの翻訳能力はますます翻訳家のそれを上回ると言っても過言ではないでしょう。


人間よりも文章の深みを理解できるAI

皆さんが思い描く「翻訳」という作業はどのようなものでしょうか? 多くの人がイメージするのは、単に言葉を変換するだけではなく、その文脈を理解し、適切な表現を見つけ出す作業でしょう。そう、まさにそれが翻訳です。しかし、今やこの領域でも、人間の翻訳家の将来性がないという憂慮があるのです。

では、なぜ翻訳家に将来性がないと言われるのか。その理由の一つは、AIが人間よりも文章の深みを理解できる能力を持つからです。AIは、単に言葉を変換するだけでなく、全体的な文脈を理解し、その上で最も適切な表現を選び出す能力を持っています。これはAIが、本一冊分の内容を理解できるトークン数を持ち、はるかに多くの知識を保持しているからです。

AIは数学、物理、文学、芸術など、ありとあらゆる分野の知識を持っています。この知識は、人間が持っている知識と比べて桁違いに膨大であり、そしてそのすべてをアクセスできます。それはまるで、人間が図書館の一部の本を読むのと対比して、AIが全図書館の本を読んだかのようなものです。その結果、AIはより完璧に文章を理解し、最も最適な言葉を当てはめることができます。

文章の深みを理解できる具体例をご紹介しましょう。AIは複雑な文脈や暗黙の意味合いまでを理解する能力を有しています。例えば、シェイクスピアの有名な戯曲「ロミオとジュリエット」に出てくる「A rose by any other name would smell as sweet」という台詞です。これを直訳すると、「他の名前で呼ばれるバラも同じように甘い香りがする」となりますが、この台詞は物事の本質は名前によらず変わらないという深いメッセージを含んでいます。

ChatGPTのような最新のAIは、このような文の深みを正確に把握し、理解することができます。したがって、その翻訳は単なる文字の置き換えだけでなく、本来の意味を忠実に伝えることができます。

また、特定の文化圏でしか理解できない言い回しや比喩、暗黙の了解に基づく表現もAIは学習しています。例えば、日本語の「読み飛ばす」は、直訳すると英語では”I read and fly”になりますが、これは非常に奇妙な表現になってしまいます。しかし、AIはこの表現が「Skip reading」という意味を持つと理解し、適切に翻訳します。

こうした具体例からも、AIが人間のように文章の深みを理解し、適切に表現に落とし込む能力を持っていることがわかります。これが、現代の翻訳業界における人間の翻訳家の将来性がないという説を裏付ける証拠となります。

さらに、AIは人間と違い、物忘れをすることがありません。また、人間が癖や経験に依存して考えることはありません。これらの特性により、AIは常に最適な情報を選び出すことが可能です。言い換えれば、AIは情報量だけでなく、それにアクセスする能力においても人間を凌駕しているのです。

将来性がない理由2:ニュアンスさえも情報量があれば再現できる


人間にしか理解できないニュアンスは、実はなかった

ここ数年のAIの進化は、とても目覚ましいものがあります。その中でも特に注目すべきは、AIが人間にしか理解できないとされていたニュアンスすらも理解できるようになったことです。この点が、翻訳家に将来性がないと考える大きな理由の一つになっています。

一昔前まで、翻訳機を使うと言うと、大まかな意味は掴めるものの、細かなニュアンスや文脈を理解することは難しいというのが一般的な認識でした。しかし、現在ではこの認識は大きく変わっています。特にChatGPTの出現は、AIによる翻訳の質を大きく向上させました。

ChatGPTは、大量のテキストデータから学習し、人間が使う言葉のパターンを学びます。その結果、それは単に言葉を変換するだけでなく、全体的な文脈を理解し、それに合わせた表現を選び出すことが可能になりました。これはまさに、人間の翻訳家が行う作業と同じです。しかも、その速度と正確さは人間を遥かに超えています。

そのため、現在では「AIは人間にしか理解できないニュアンスを理解できない」という考えは古いものとなりました。

例えば、英語の表現である”I’m feeling blue”というフレーズがあります。これは直訳すると「私は青い気分だ」となりますが、実際の意味は「私は悲しい」という感情を表しています。これは英語圏の文化に由来する表現で、字面だけを見ると理解するのは難しいですよね。

しかし、ChatGPTのような最新のAIはこのような表現も正確に理解します。このフレーズを翻訳すると、「私は悲しい」と正確に日本語に変換します。これはまさに、人間が文化的な背景やニュアンスを理解して翻訳するときと同じです。

また、話し言葉における微妙なニュアンスや口語表現も、AIは適切に処理します。例えば、「I guess」は直訳すると「私は推測する」となりますが、実際には「多分」や「たぶんそうだと思う」といった意味合いで使われることが多いです。これもまた、ChatGPTは適切に日本語に変換します。

以上の例からも、現代のAIは人間にしか理解できないと思われていたニュアンスや文化的な背景を考慮に入れた翻訳を可能にしていることが分かります。これは翻訳家にとっての将来性がないという強い証拠であり、人間とAIの翻訳能力の違いを明確に示しています。


人間が書いたとしか思えないニュアンスを出せるAI

私たちが翻訳について語るとき、それは単に言葉を別の言葉に置き換えるだけの作業ではありません。それは文化、感情、意図といった微妙な要素を理解し、それを表現する力を必要とします。そして、そのニュアンスを捉えることができるのが、現代の人工知能の力です。

最新のAI技術は、翻訳の世界で、人間が書いたとしか思えないようなニュアンスを作り出すことが可能になっています。その一例として、ユーモラスな表現や比喩、慣用句などを適切に使い分け、読者の感情に訴えるような文章を生成することができます。これらの要素は、翻訳家がかけがえのない存在であると思われてきた一因ですが、現在ではAIもそれに匹敵する力を持つようになってきています。

そして、ここからが本当に驚くべき点なのですが、人間が書いたとしか思えない文章を生み出すAIは、人間の癖や偏りに影響されることなく、さまざまなパターンの表現を適切に選び出すことができます。例えば、文学作品の翻訳では、作者のオリジナルの声を再現することが求められますが、AIはその作者の過去の作品や言い回しを学習し、そのニュアンスを正確に捉え、再現することができます。

例えば、原文にあった表現 “her heart sank into her boots” は直訳すると「彼女の心はブーツに沈んだ」となり、日本語の読者には少々理解しにくいかもしれません。しかしChatGPTは、この表現が「非常にがっかりした」ことを意味する英語の慣用句であることを認識し、それを「彼女の心は底なしに落ちていった」といった日本語の感情表現に適切に変換します。

さらに、ストーリーの中で重要な役割を果たす地元の方言や特定の社会的背景も、ChatGPTは正確に捉え、それを日本の読者が理解できる形で表現します。

また、登場人物の口調も緻密に再現されます。例えば、一人のキャラクターが若者言葉を使う場合、ChatGPTはそのキャラクターの口調を日本語の若者言葉にマッチさせます。あるいは、老人のキャラクターが古風な英語を使う場合、その話し方は日本語の古風な表現に変換されます。

これらの例からも分かるように、ChatGPTは人間が書いたとしか思えないようなニュアンスを持った翻訳を生み出すことができます。それは、人間の翻訳家が持つ個々の特性や限定的な知識を超えて、広範で深い理解を持つAIの能力によるものです。

一方で、人間の翻訳家は、知識や経験に基づいて判断を行いますが、それは必ずしも客観的であるとは限りません。個々の翻訳家は自分自身の経験や感じ方、理解に基づいて文章を作成します。これは、その翻訳家が持つ特有のスタイルや感じ方が文章に影響を与えるため、その翻訳が必ずしも原文の意図を正確に反映しているとは限らないからです。

将来性がない理由3:人間を使う経済的メリットが低すぎる


素人でもChatGPTを使えばレベルの高い翻訳ができる

皆さんが初めて英語を学び始めた時、もしくは複雑な文章を翻訳する課題に直面した時、その難しさを実感したことでしょう。だからこそ、翻訳は専門の職業とされ、専門家を必要とするのです。しかし、ChatGPTの出現により、その考え方は少しずつ変わり始めています。実際に、私の考えとしては、素人であってもChatGPTを使えばレベルの高い翻訳が可能だと確信しています。

ChatGPTは、その強力な学習能力とデータ分析能力を活用し、複雑な英文さえも高精度に翻訳することができます。一見、TOEIC900点以上の英語力を持つ人だけが可能なことも、ChatGPTなら容易に達成することができるのです。

私が実際にChatGPTを使って翻訳作業を行ったとき、その精度の高さに驚きました。長文の論文でも、難解な専門用語を含む業界報告書でも、それを正確に日本語に翻訳する能力がありました。そのため、単に「正確性」だけを売りにしている翻訳家の将来性は、個人的にはないと感じています。

しかも、ChatGPTを使えば、基本的な英語力とある程度の分野知識があれば、誰でも修正作業を行うことができます。もしChatGPTが稀に翻訳ミスを犯したとしても、それを正しく修正することが可能です。これは、専門的な知識を持つ人々が、AIの助けを借りてより効率的に業務を遂行できるという、新たな時代の幕開けを意味しています。

このように、ChatGPTは翻訳の世界を大きく変革しています。人間の翻訳家が持っている独自の視点や文化的理解はもちろん大切なのですが、その効率性や経済性を考えると、翻訳家という職業の将来性はないと言えるでしょう。


ChatGPT2500円、翻訳家20万円

これまでの話からもお分かりの通り、AIを活用した翻訳サービスの精度は著しく向上しています。そしてその中でも、OpenAIのChatGPTは特に卓越した成果を上げています。そんなChatGPTの利用料金は現時点で月額2500円ほど。この金額を考えると、人間の翻訳家一人を雇うのに20万円以上を支払うことのメリットを見つけるのは難しいと感じています。

何故なら、ChatGPTが提供する翻訳サービスの質は人間のプロの翻訳家と比較しても遜色ないレベルであり、時にはそれを凌駕するケースすらあります。一度の翻訳作業だけでなく、継続的に大量の翻訳が必要な場合には、ChatGPTのコストパフォーマンスは非常に魅力的と言えます。

もちろん、人間の翻訳家が持つ特有の経験や知識による付加価値は一定存在します。しかし、「将来性がない」の言葉をお借りするなら、単純な翻訳作業においては人間の翻訳家はAIに太刀打ちできないと言わざるを得ません。また、特定の分野に詳しく、ある程度の英語力がある者がAIをうまく活用すれば、一人前の翻訳家と同等の成果を得られることが可能です。

繰り返しになりますが、「将来性がない」という言葉をお借りしますが、今後AIの進化は更に加速し、その精度は向上し続けます。この流れを受けて、翻訳サービスを必要とする企業や個人は、人間の翻訳家を雇うのではなく、ChatGPTのようなAIを積極的に活用する方向に舵を切るべきです。コストとパフォーマンスの観点から見ても、それが最善の選択であると断言できます。


心に響く文章は上位1割のエリート翻訳家ができること

AIの進化は、数多くの業界で大きな変革をもたらしています。特に翻訳業界では、AIの利用が一般的になりつつあります。しかしここで一つの大きな課題が浮かび上がります。それは「心に響く文章」です。これはAIにとっても、そしてレベルの低い翻訳家にとっても難易度の高い課題となっています。

それはなぜでしょうか? それは、単純に言葉を正確に翻訳するだけではなく、原文の意図やニュアンスを正確に理解し、それを対象言語に適切に翻訳する能力が求められるからです。この能力は、AIや初心者翻訳家がなかなか持つことができないスキルであり、特に感情的な表現や固有の文化的なニュアンスを含む文書においては、「将来性がない」と言えるかもしれません。

例えば、詩や小説などの文学作品を翻訳する際、AIは確かに単語やフレーズの正確な翻訳を提供することができます。しかし、その文が持つ深い意味や感情を的確に表現することはまだ難しいのが現状です。

一方、レベルの低い翻訳家も、単純な翻訳作業は可能かもしれませんが、より高度な感情表現や文化的ニュアンスの理解・表現は難しく、「将来性がない」と言えるかもしれません。

ここで必要となるのが、エリート翻訳家です。彼らは、単に言葉を翻訳するだけでなく、原文の意図やニュアンスを的確に捉え、それを翻訳先の言語と文化に適した形で表現することができます。彼らはまた、AIが提供した翻訳を基に、それをさらにブラッシュアップすることも可能です。このようにして、エリート翻訳家は「心に響く文章」を作り出すことができるのです。

おわりに:「将来性がない」ではなく、AIとの共存


この記事を通じて、AIと人間翻訳家の関係と、それぞれが担う役割の変化について掘り下げてきました。特に、翻訳業界ではAIとエリート翻訳家という新しいコンビが登場し、それぞれの長所を活かしながら業務を進めています。一方で、一部の翻訳家にとっては「将来性がない」という状況も浮き彫りになりました。

しかし、それぞれの立場において、可能性を探し、新たな機会をつかむことが重要です。AIは確かに翻訳の多くを担当するでしょうが、その結果を最終的に人間が評価・修正することで、より高品質な翻訳を提供することが可能になります。

心に響く文章を作り出すことは、今のところエリート翻訳家にしかできないスキルです。そして彼らがAIと共に働くことで、効率と品質の両立を実現し、業界の大部分の仕事を総取りする可能性があることも見えてきました。

このような変化は、我々が思うよりも早く、現実のものとなっています。AIと人間が共存し、互いの強みを活かしながら仕事を進める未来は、もう目の前に来ています。それぞれが最善の役割を見つけ、最高の結果を引き出すことができれば、それが最善の道だと言えるでしょう。今後もこの興味深い進化を追いかけ、その変化を共有していきたいと思います。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X