ENGLISH WORK公式

翻訳家になるデメリット10選:凡人はAIに勝ち目なし

  • 投稿日時:8か月前

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。今日は皆さんに、一見魅力的に見える翻訳家の仕事について、その裏側に隠れたデメリットをお伝えしたいと思います。

言葉を巧みに操り、異なる文化間を繋ぐ架け橋となる翻訳家。外国語をマスターして、多様な作品や文書を自国語に訳すという仕事は、言葉に魅力を感じる多くの方々にとって、魅力的なキャリアパスと思われることでしょう。しかし、翻訳家の仕事には見えないデメリットも少なからず存在します。

当記事では、具体的な経験談やデータをもとに、翻訳家という仕事のデメリットについて深堀りしていきます。高い英語力を活かしたいと考える方、自由なライフスタイルを求めてフリーランスの翻訳家を考えている方、その仕事に魅力を感じている方々へ、現実的な視点から翻訳家の仕事をご紹介します。

ここでの情報が皆さんのキャリア選択の一助となれば幸いです。それでは、さっそくデメリットの深掘りに入っていきましょう。


翻訳家になるデメリット10選

デメリット1: 将来性がない- AI翻訳機の躍進

皆さん、現在のAI翻訳ツールを活用したことはありますか? DeepLやGoogle翻訳のようなツールは、日々進化を遂げており、その精度は素晴らしいものです。そのため、翻訳家になることを考えている方々にとって、最大のデメリットとして挙げられるのが「将来性の不確実さ」です。具体的には、AI翻訳機の驚異的な進化により、翻訳家としての仕事の将来が揺らいでいます。

私自身、何度か翻訳プロジェクトに関わったことがありますが、それらの経験からもAI翻訳の進化の速さを実感しています。先日も、短い文章をGoogle翻訳で英語に翻訳したところ、ほぼ完璧な結果が得られました。さらに、DeepLを利用して同じ文を翻訳した際も、その精度は驚くほどで、文法や文脈のニュアンスまでしっかりと捉えていました。これは私だけでなく、多くの翻訳家も体験しているでしょう。

これらの翻訳ツールが一部の短い文章の翻訳において、人間の翻訳家に匹敵するかそれ以上の成果を出している現状を見ると、将来的にはさらに広範な翻訳業務においてもAIが活躍することが予想されます。人間の翻訳家にとっては、これが大きなデメリットとなります。なぜなら、これらのAIが更に進化し、広範な翻訳業務を賄えるようになると、多くの翻訳家が求められなくなる可能性があるからです。

AI翻訳ツールの存在は確かに便利で、その進化は歓迎すべきことです。しかし、翻訳家としての仕事を続けるためには、AIに取って代わられないスキルや独自性を持つことが重要になるでしょう。あるいは、AIの進化を捉えて、それを自身のスキルや経験と組み合わせて利用するという道もあります。


デメリット2: AIとの厳しい勝負 – すべてがChatGPTの舞台

皆さん、AIの進化についてどの程度認識していますか? 特にAIの中でも最先端の存在とされているChatGPTについてはご存知でしょうか。その能力は驚異的であり、すでに多くの翻訳家のレベルを超えています。翻訳家を目指す方にとってのデメリットとして、私が挙げるのが「AIとの厳しい勝負」です。

例えば、私が過去にChatGPTを使用して文章を生成したときの経験から言えば、その人間らしさと精度は非常に高いです。AIは、本一冊文の内容を理解する能力を持ち、あらゆる分野の知識を持つことができます。数学、物理、文学、芸術など、その知識範囲は人間を超えています。そして、それらの知識を駆使して最適な言葉を見つけ出し、高品質な翻訳を実現します。

こうしたAIとの競争が、翻訳家を目指す方々にとっての大きなデメリットとなっています。なぜなら、AIは情報量の点でも、英語力や日本語力の点でも、人間を超える能力を持っているからです。AIは情報を忘れることなく、また人間が持つような癖を持つことなく、最適な情報を条件に応じて選び出すことができます。

つまり、AIは今や翻訳家が持つべきスキルをすべて持っている上に、それを人間よりも効率的に、確実に利用できるのです。この現状を見ると、多くの人間にとって、翻訳家としてAIと競争するのは非常に困難であると言えます。

このAIとの厳しい勝負が翻訳家を目指す方々にとっての大きなデメリットとなります。しかし、それでも翻訳家として活動を続ける方々には、AIにはまだ及ばない人間独自のセンスや感性、それらを駆使した創造力が求められるでしょう。もちろん、それが容易でないことは認識しておかなければなりません。


デメリット3: 人間にしか理解できないものはない – ニュアンスまで理解するAI

私たちがAIについて語る際、しばしば引き合いに出されるのがその「理解力」です。一昔前までは、AIには人間の持つ繊細な感性や直感的な理解力が欠けているとされていました。特に翻訳の領域では、これが人間の翻訳家に比べたAIの大きなデメリットとされてきました。しかし、最新のAI技術であるChatGPTがその常識を覆しています。

ChatGPTは、一見人間にしか理解できないと思われていた「ニュアンス」までをも理解できる能力を持っています。例えば、私がChatGPTを使用して試しにある長文を翻訳したときの経験から言えば、そのニュアンス捉えの精度は圧倒的でした。細かな文脈や隠された意味すらも見逃さず、原文にあるミスを全体の文脈から誤りであると理解できるほどです。

これが翻訳家にとっての新たなデメリットとなります。なぜなら、ニュアンスを理解できるということは、それを適切に表現できるということに他ならないからです。つまり、AIが書いた文章は、それがAIによるものであると気づかないほど、人間らしい表現を可能にしています。

このような進化するAIの能力は、一方で人間の翻訳家が持つ”癖”や個性を浮き彫りにします。人間は時として癖がついてしまい、ある一定のパターンに固執してしまうことがあります。これが多様な表現をすることを阻害し、結果としてニュアンスの表現力を低下させることがあります。しかし、AIにはそのような問題が存在しないのです。AIはあらゆるパターンでニュアンスを表現でき、一貫した品質を保つことが可能なのです。

このような状況は、翻訳家にとってのデメリットではありますが、逆に言えば、人間にしかできない特殊なスキルや独自の感性を活かす機会でもあります。AIが持つ高度な能力と共存しながら、自分自身のスキルを磨き、独自性を発揮できる翻訳家であれば、今後も大いに活躍の場があるでしょう。


デメリット4: 創造力も人間よりAIの方が上

長らく、クリエイティビティという要素は人間特有のスキルであるとされてきました。それは新たなアイデアを生み出す力、未知の問題に対応する柔軟性、さまざまな情報や知識を組み合わせて独自の解を見つけ出す能力といった、人間ならではの創造力の産物だと信じられてきました。しかし、ChatGPTの出現により、その常識は大きく揺らいでいます。この事実は翻訳家にとって、一つの大きなデメリットになっています。

翻訳という作業は、単に言葉を他の言葉に変えるというものだけではありません。文化的なニュアンスを読み解き、作品の背後にある意図や感情を理解し、それらを他の言語でうまく表現するというクリエイティビティが必要とされます。そのため、多くの翻訳家は、そのクリエイティビティを活かすことで存在価値を見いだしてきました。

しかし、ChatGPTはそのクリエイティビティの壁をも超えてしまったのです。具体的な例としては、ChatGPTが翻訳の一環として行った作文です。その作文は、膨大な数の文学作品や詩、エッセイから学んだ知識をベースに、新たな物語や詩を作り出すことができました。人間が一生かけても読み終えられないほどの膨大な文献を一瞬で吸収し、それらを元に新たな作品を生み出すその能力は、人間が持つクリエイティビティを凌駕するものでした。

ここに翻訳家としての新たなデメリットがあります。それは、AIが持つ驚異的なクリエイティビティに対抗する術を持たないという現実です。人間が一生懸命に努力して身につけたスキルや知識、そしてそれを元に生み出されるクリエイティビティが、AIによってたちまち追い越されてしまうのです。


デメリット5: 1割の優秀な翻訳家が仕事を総取り

AIの進化によるデメリットは、翻訳業界にとってさまざまですが、その中でも「仕事集中現象」は特に注目に値します。具体的には、今後翻訳の仕事がレベルの高い一部の翻訳家に集中すると予想されるのです。

確かに、全ての翻訳がAIによって行われるわけではありません。人間特有の感情やニュアンスを含んだ文章、または繊細な対話の表現を要する作品など、まだまだ人間の手による翻訳が必要とされる場面は少なくありません。さらに、AIが作成した文章に対する編集作業も必要となるでしょう。しかし、これらの高度な仕事は必然的にスキルの高い翻訳家に集中するというデメリットがあります。

能力の高い翻訳家は、AIを自己のツールとして巧みに使いこなし、翻訳作業をより高速かつ効率的にこなすことが可能となります。その結果、大量の翻訳作業を一手に引き受けることができ、またその品質を保証することも可能になるのです。これにより、これまで数多くの翻訳家に分散していた仕事は、一部の高スキルな翻訳家に集中する傾向が見られます。

この状況は、翻訳家としてのキャリアを考える上で大きなデメリットとなります。翻訳業界は競争が激化し、一部のエリート翻訳家に仕事が偏ることで、広く機会が与えられるべき初心者や経験の浅い翻訳家にとってはチャンスが減少する恐れがあるのです。これは、翻訳家として生き抜くためには、単に翻訳スキルだけでなく、新たなツールとしてのAIを使いこなす力も必要とされる時代が到来していることを示しています。


デメリット6: 身につくスキルが限定的で、転職が難しい?

翻訳家になる魅力の一つは、自身の語学力を活かせることでしょう。特に、高い英語力を持つ人々にとっては、その能力が直接的に評価され、成果に結びつく職業として魅力的に映るかもしれません。しかし、その一方で、翻訳家として培ったスキルが他の領域で活かせるのか、という疑問が生じます。これこそが、翻訳家になることの大きなデメリットの一つかもしれません。

たとえば、世の中でお金を稼ぐためには、どのようなスキルが必要とされるでしょうか?おそらく、「プロダクト制作」、「営業」、「宣伝」、「集客」などのビジネススキルが挙げられるでしょう。しかしながら、これらのスキルは翻訳家としての日常業務の中で自然と身につくものではありません。

翻訳家は、基本的に言語を読み解き、その意味を別の言語に変換するという作業を行います。その過程で、優れた語学力、文化に対する深い理解、そして高度な文章作成能力を身につけることになります。しかし、それらのスキルは、必ずしも上記のビジネススキルに直結するわけではないのです。

ここに翻訳家のキャリアにとってのもう一つのデメリットが見つかります。それは、「スキルの限定性」です。翻訳家として長年の経験を積んできたとしても、そのスキルが他の業界で十分に活かされる保証はありません。翻訳業界での成功が、他の業界での成功に直結するわけではないのです。

なお、これはあくまで一般的な見解であり、例外は存在します。語学力を活かした営業職や、国際関係の専門職など、翻訳家としてのスキルが生かせる場面も存在します。しかし、それらは一部のケースであり、全ての翻訳家がそのようなキャリアパスを選ぶことができるわけではありません


デメリット7: 地味な仕事の多さ – 非グラマラスな翻訳現場

皆さんが翻訳家という職業について思い描くイメージは何でしょうか。有名な小説や映画の字幕、世界を動かす重要な政治的なスピーチなどを翻訳する、そんな派手でグラマラスな仕事かもしれません。しかし、現実は少々異なります。ここには、翻訳家にとってのデメリットが存在します。それは、「地味な仕事の多さ」です。

大抵の翻訳家は、実際にはビジネスドキュメントやウェブサイトの翻訳など、比較的地味な作業を行っています。説明書、プレゼンテーション資料、契約書など、翻訳の対象は非常に広範で、そして多くはあまり光が当たらないエリアに集中しています。

このデメリットは、特に期待と現実のギャップとして感じられるでしょう。例えば、高名な作家の小説を翻訳し、その作品が世界的に評価される。そんな翻訳家のイメージが先行しすぎていると、現実の翻訳業界の多くがそれとは異なる風景であると知った時の落胆感は大きいかもしれません。

また、こういった地味な仕事が多いという特性は、自己満足感や達成感を得るのが難しい面もあるでしょう。ビジネスドキュメントの翻訳が正確であったとしても、それが他の人々にとってどのような影響を及ぼすのか、具体的には分かりにくいです。一方、有名な小説を翻訳した場合、その作品が読者に喜ばれ、自身の仕事が認知される確率は高いでしょう。

しかし、地味な仕事であるからと言って、その価値が低いわけではないということも忘れてはいけません。ビジネスドキュメントやウェブサイトの翻訳は、企業の国際的な業務を支え、情報を広範に伝えるという重要な役割を果たしています。


デメリット8: 優秀な人が多すぎて勝てない

翻訳家という職業に魅力を感じる方は少なくないでしょう。異文化の橋渡しをする存在、高度な語学力を生かせる仕事、文化的な価値を持つプロジェクトに関わることなど、引きつけられる要素は多いです。しかし、そこには避けて通れないデメリットも存在します。それは「競争が厳しく、仕事が少ない」という点です。

英語力を持つ人は一般的に頭が良く、勉強熱心な傾向があります。それはつまり、翻訳家を目指す人々が、高い能力と意欲を持っている可能性が高いということです。ここには、深刻なデメリットが隠れています。それは、質の高い競争者が多い一方で、依頼される翻訳の仕事の量がそれに見合っていないという現実です。

実際のところ、翻訳業界では他者との差別化が図りにくいです。具体的には、「英語力」「実績」「仕事力」「知名度」など、比較される項目は限られています。これらの項目で他の翻訳家たちに勝つためには、高い英語力だけでなく、優れた仕事の完成度や、人々に自分の名前を知ってもらうための広報活動など、様々な努力が必要になります。

そして、ここで特筆すべきは、仕事量の問題です。翻訳の依頼は絶えずあるものの、それは全ての翻訳家に均等に分散されるわけではありません。そのため、新たに翻訳業界に足を踏み入れたばかりの方や、まだ知名度が低い翻訳家は、仕事を得るのが難しいというデメリットに直面します。

結果的に、一部の有名で実績のある翻訳家が大量の仕事を抱え込む一方、他の多くの翻訳家は生計を立てるのが難しくなる可能性があります。


デメリット9: クラウドワーカーとの低単価競争 – 肉体との戦い

翻訳業界は、AI技術の影響を受けているだけでなく、クラウドワーキングの台頭という大きな変化にも直面しています。それは、どこにいても仕事ができる新しい働き方、クラウドワーキングによって、低単価で仕事を引き受ける人々、いわゆるクラウドワーカーが増えてきているという現象です。これもまた、翻訳家としてのキャリアを追求する上での大きなデメリットと言えます。

クラウドワーカーは、最新のテクノロジーを駆使して、世界のどこからでも仕事をこなすことができます。そして彼らの多くが、人工知能(AI)や翻訳ツールを駆使し、高速かつ効率的に翻訳の仕事を行っています。彼らがこれほどまでに生産性を高められる背景には、AI技術の進歩が大きく寄与しています。

このような状況下では、クラウドワーカーとの競争が避けられません。彼らは低単価で仕事を引き受けることができるため、価格競争が激化し、結果として全体の報酬水準が下がる傾向にあります。これは、翻訳家として生計を立てるのがますます困難になる、大きなデメリットでしょう。

そして、問題はそれだけではありません。あなたがどれだけ高い翻訳スキルを持っていたとしても、それが十分に報酬に反映されない可能性があるのです。高度なスキルを持つ翻訳家でも、クラウドワーカーとの低単価競争に巻き込まれてしまうと、そのスキルが十分に評価されないことがあります。

したがって、翻訳家を志す皆さんは、こうしたデメリットをしっかりと理解した上で、自分自身のスキルと価値をどのように見つけ、高め、そして市場に示すかを考えることが大切となります。


デメリット10: 座り作業の過酷さ – ヘルスリスクとの戦い

翻訳家としての仕事は、長時間の座り作業が必須となることが多いです。この仕事は、文字通り、一日中椅子に座ってパソコンを前に仕事をすることが求められます。これは、明らかに翻訳家としての生活における大きなデメリットです。

デジタル化が進んだ現代では、翻訳業務の大部分がパソコン上で行われます。原文の読解、辞書や翻訳支援ツールの使用、ターゲット言語への翻訳、校正作業と、すべてがデスクトップやラップトップ上で進行します。これは翻訳家の身体に大きな負担を与え、長期的には各種のヘルスリスクを生じさせる可能性があります。長時間の座り作業による運動不足は、肥満、心臓病、糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めます。

さらに、AIやクラウドワーカーの存在によって、翻訳の価値が下がり、競争が激化する傾向が見られます。その結果、一件あたりの報酬が下がり、同じ収入を得るためにはより多くの作業をこなす必要があります。これは、更なる長時間の座り作業を強いる結果となり、デメリットとなります。

しかし、健康的な生活習慣を維持することは必須です。定期的に体を動かし、ストレッチをしたり、散歩をしたりすることで、座り作業の悪影響を軽減することが可能です。また、エルゴノミクスに基づいた作業環境を整えることも重要です。

おわりに: 翻訳家になる前に考えるべき10のポイント


さて、ここまで翻訳家という仕事のデメリットについて、深く掘り下げてきました。それぞれのデメリットは確かに存在し、それらに向き合うことは、翻訳家としてのキャリアを考える上で避けては通れない道と言えるでしょう。

しかし、その一方で、翻訳家の仕事には依然として高い魅力があります。異なる言語や文化をつなげる役割、自分の手で世界をつなぐという仕事の充実感、そして、自分の時間を自由にコントロールできるフリーランスとしてのライフスタイル。これらは、翻訳家という職業が持つ独特の魅力であり、多くの方々がこの道を志す理由です。

デメリットが存在するからと言って、それが全ての人に翻訳家を諦める理由になるわけではありません。むしろ、これらのデメリットを理解し、その上で自分自身がどのようにそれらと向き合うかを考えることが、翻訳家としての成功につながるかもしれません。

そして何より、自分自身が仕事を通じて何を達成したいのか、どのような働き方を求めているのか、これらの本質的な問いに対する答えが、最終的なキャリア選択を左右するでしょう。今回の記事が皆さんのその答えを見つける一助となれば、これほど嬉しいことはありません。

最後に、どの仕事にもデメリットは存在します。それを恐れず、真剣に向き合うことで、自分自身の成長と仕事への深い理解を得られるでしょう。皆さんが自身のキャリアパスを選ぶ際に、今日の記事が少しでも役立つことを心より願っています。

これからも、皆さんのキャリアと人生に役立つ情報をお届けできるよう努めてまいります。これからも当ブログをよろしくお願いいたします。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X