ENGLISH WORK公式

グランドスタッフに向いていない人の特徴8選

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、こんにちは。今日はちょっと特別なテーマでお話をしようと思います。それは、「グランドスタッフに向いてない人」について。

一見、空港で働くスタッフというと、何だか華やかなイメージを持つかもしれませんね。確かに、空港という国際的なフィールドで、世界各地からやってくる旅行者やビジネスマンをサポートするお仕事は、多くの人にとって魅力的に映るでしょう。

しかし、事実は一枚岩ではありません。この仕事は、人によっては厳しい一面をもつことがあります。そこで、今回は特に、このグランドスタッフの仕事が向いていないかもしれないと感じる人たちに焦点を当てて、その実情をお伝えします。

この記事を通して、あなたが自分自身に向き合い、自分に合った仕事を見つける一助となれば幸いです。そして、もしもあなたがこれからグランドスタッフになることを考えているなら、今回の記事がその決断を後押しする情報になればと思います。

では、一緒にこの旅を始めてみましょう。


グランドスタッフに向いていない人の特徴8選

航空業界に対する興味が低い人

みなさん、航空業界や海外に興味があるかどうかを一度考えてみてください。答えが「あまり…」だったら、グランドスタッフのお仕事は向いてないかもしれません。なぜなら、グランドスタッフとして働く上で、あらゆる航空会社名や、世界の国名、都市名を知っておく必要があります。また、ビザに関する基本的な知識も必須です。さらに、それぞれの航空会社にはマイレージプログラムがありますから、それらについても理解しておく必要があるんです。

もし、海外や航空業界に関心があるなら、これらの情報を学ぶのは楽しい旅になるでしょう。好奇心があると、新しい情報を覚えるのも苦ではなく、むしろ新たな発見となり、仕事へのモチベーションにもつながります。

しかし、逆に興味がないとなると、これらを覚えるのは少々苦痛に感じるかもしれません。興味がないと、情報を頭に入れるのは大変で、仕事の質にも影響を与えてしまいます。

特に国際線では多くのお客様が外国の方なので、多様な文化背景を理解することも求められます。航空業界に対する興味や好奇心が、より良いサービスを提供するための強い味方となるのです。

なので、グランドスタッフを考えている方は、自身の興味と関心をしっかり見つめ直してみてください。それが自分自身の仕事の質を左右する大切な要素となるのですから。


旅行をしない人

みなさん、旅行が好きですか? もし答えが「あまり…」だったら、グランドスタッフという仕事はあまり向いてないかもしれませんね。なぜかと言うと、グランドスタッフとして働くことで得られる大きなメリットの一つが、なんと言っても「EFチケット(Employee Free Ticket)」という、航空会社からの特別な割引航空券なんです。

ANAやJALなどの航空会社では、社員であるグランドスタッフに対して、このEFチケットを提供します。これは本当に無料で飛行機に乗れるというもので、国内線なら基本的に無料、国際線も最大90%OFFという、これ以上ない特典なんです。もちろん、「航空機に空きがある場合にのみ搭乗ができる」や「搭乗予定の便が満席になると、キャンセルにされてしまう」などのルールはあるのですが、それでも無料や大幅割引のチケットはかなり魅力的ですよね。

しかし、旅行をあまりしない人にとっては、この魅力もちょっと色あせてしまうかもしれません。それはそれで全く問題ないのですが、グランドスタッフという仕事を選ぶ際には、この特典をどれくらい活用できるか、自分のライフスタイルと照らし合わせて考えるといいかもしれませんね。

もし、あなたが頻繁に旅行をするタイプの人であれば、グランドスタッフとして働くことで、その旅行の範囲が格段に広がる可能性があるということを覚えておいてください。それはそれで、とても素敵なことだと思いますよ。


メンタルが弱い人

私たちは生きていく上で様々なストレスや挑戦に直面しますが、それらにどう対処するかは人それぞれですよね。今回はメンタルが弱いと自己評価される方々が、航空業界でグランドスタッフとして働くことについて考えてみたいと思います。

まず、グランドスタッフはその性質上、多大なストレスがかかる職種です。航空業界は時刻表に厳しく縛られ、一つのミスが大きな影響を及ぼす可能性があります。それは高いプレッシャーとなり、しっかりとメンタルをコントロールしなければならない環境となります。

加えて、女性社員が多いという特性から、陰湿な職場であることがあるそうです。陰口、悪口、いじめが存在する場合もあると聞きます。メンタルが弱いと自覚している方は、これらの状況を真に受けてしまい、精神的なダメージを受けやすいかもしれません。

これらを加味するとメンタルが弱い人はグランドスタッフに向いてないかもしれません。

ただし、全てのグランドスタッフの職場がそうだとは限らない点も忘れないでください。それぞれの職場の文化や環境は大きく異なります。そういった職場環境を避けることも可能ですし、メンタルを強くしていくためのスキルを身につけることも可能です。

それでも、もしメンタルが弱いと自覚しているなら、グランドスタッフという職種を選択する前に、自分がどういう環境で働きたいのか、何を大切にしたいのか、しっかりと自問自答する時間を持つことをおすすめします。それが自分自身を守るため、そして自分が真に望むキャリアパスを見つけるための重要な一歩となるでしょう。


フィジカルが弱い人

さて、今回は体力に自信がない、フィジカルが弱いと感じる皆さんが航空業界のグランドスタッフとして働くことについて掘り下げてみたいと思います。

「グランドスタッフって華やかなイメージがあるよね。」と誰もが思うかもしれません。確かに、それは一面の真実です。ただ、そのイメージとは裏腹に、グランドスタッフの仕事はかなりのフィジカルを必要とするものなんです。なんといっても、旅行客の重い荷物を持ち上げることもあるのですから、それなりの体力が求められます。

さらに、広大な空港を歩き回ることもあります。チェックインカウンターから搭乗ゲートまで、その距離は決して短くはないですよね。それも一度だけではなく、何度も往復することがあります。これが、例えば、ヒールを履いていたりすると、相当に足腰に負担がかかります。

だからこそ、フィジカルが弱いと感じる人にとっては、グランドスタッフという仕事は少々向いてないかもしれません。とはいえ、体力は鍛えることができますし、適切なスタミナ管理や労働環境の配慮があれば、乗り越えられる壁ではあるでしょう。

ただ、それでも万全の状態で働きたいなら、体力が必要な仕事に対して、自身の体調管理と向き合う意識が求められます。それが自分自身の健康を守ることにつながり、また自分が望むキャリアパスを歩み続けることにもつながるのですから。


不規則な生活リズムが苦手な人

次に、生活リズムが一定でないとつらい、不規則なスケジュールが苦手という方に向けてグランドスタッフの仕事について語りたいと思います。

空港は24時間営業ですよね。一日中、世界中から飛行機が出入りしています。それに対応するために、グランドスタッフたちも24時間体制で働いています。つまり、早朝から深夜まで、時には夜中に働くこともあるのです。

そんなグランドスタッフの仕事は、自然と生活リズムが乱れがちになります。同じ時間に起きて同じ時間に寝る、そんな規則正しい生活はなかなか保てません。そのため、自分の生活リズムを自由にコントロールできる、睡眠時間をうまく調整できるというスキルが必要になってきます。

もちろん、これが得意な人もいれば、苦手な人もいます。特に、睡眠時間が乱れると体調を崩しやすい、規則正しい生活が心地いいと感じる人にとっては、グランドスタッフという仕事はちょっと向いてないかもしれません。

それでも航空業界で働きたい!という熱意があるなら、睡眠や体調管理について学び、自分なりの方法を見つけることも一つの手です。そして、何より大切なのは、自分の体と心を大切にすること。不規則な勤務でも、自分自身を第一に考えて、楽しく働ける環境を作っていきましょう。


英語が本当に苦手な人

そして、もうひとつ、大切なポイントがあります。それは「英語力」です。英語が本当に苦手な方について考えてみましょう。

航空業界では国際的なコミュニケーションが求められるため、グランドスタッフとして働く上で英語力は必要不可欠です。国内線ならば大半のお客様が日本人ですから、言葉の壁に悩むことは少ないでしょう。しかし、国際線では話が変わります。ここでは、さまざまな国籍のお客様が来られるため、英語が話せなければ、まともに仕事ができなくなってしまいます。

もし英語が苦手であれば、業務上の困難が生じる可能性が高いです。英語が理解できなければ、お客様のニーズをうまく把握できず、サービス提供に支障をきたすことになるでしょう。そして、それが原因でお客様や上司から不満を言われることもあるかもしれません。

だからと言って、英語が苦手だからといって航空業界から遠ざかる必要はありません。実際、英語が話せないからといって、グランドスタッフの仕事が絶対に向いてないわけではありません。ただ、その場合は国内線のスタッフとして働くことが主になるでしょう。

もしグローバルに働きたいという希望があるなら、これをきっかけに英語学習に取り組むのもいいかもしれませんね。英語力は一夜にして身につくものではありませんが、コツコツと努力を積み重ねることで、きっと成果は出るはずです。それが一つの自己成長にもつながりますから、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。


チームワークが苦手な人

皆さん、チームワークに自信がありますか?航空業界で働くグランドスタッフとしては、これが非常に重要な能力となります。もしチームワークが苦手な方はグランドスタッフに向いてないかもしれません。

皆さんが海外旅行をする際に、空港のスタッフさんが無線で何やらやり取りをしているのを目撃したことはありますか?あの無線通信、実はとても重要な仕事の一部なんです。チェックインしたのになかなか搭乗ゲートに来ていないお客様の情報を共有したり、遅れそうなお客様の対応を調整したり、そして搭乗完了の確認など、全てがチームワークによって成り立っています。

空港は日々多くのお客様が行き交う大きな場所。その全ての動きを一人で把握するなんて不可能ですから、情報を共有しながら、みんなで協力して業務を進めていく必要があります。また、それはグランドスタッフだけの問題ではありません。グランドハンドリングスタッフやキャビンアテンダントともやりとりをしながら業務を進行していきます。

だからこそ、一人で集中して作業を進めたいタイプの人には少々厳しいかもしれません。しかし、それがチャレンジとなり、人間関係のスキルを向上させるきっかけになるかもしれませんよ。

チームワークが苦手な方でも、コミュニケーションを重視し、少しずつ慣れていくことで、きっと楽しい仕事になることでしょう。そしてそれが、お客様から感謝され、仕事のやりがいにつながると思います。


クレーマーが苦手な人

皆さん、クレーム対応は得意ですか?あるいは、あまり好きではないですか?実は、グランドスタッフのお仕事の中には、お客様からのクレーム対応も含まれます。クレーマーが苦手な方であれば、ちょっとした心構えが必要かもしれません。

実際のところ、お客様からのストレスは避けて通れないものです。グランドスタッフとして働くということは、いい意味でも悪い意味でも、航空会社の顔を担うということ。あなた自身のミスでなくても、お客様からのクレームは直接受け止めることになります。

例えば、規定数以上のスーツケースを持ってきて、それに対する料金を払おうとしないお客様。また、自分のミスで飛行機を逃したのに、代替便を要求してくるお客様。こうした場面で、自分のメンタルが弱いと感じる人は、ショックを受けてしまうかもしれません。

ですからクレーマーが苦手な人は、グランドスタッフに向いてないかもしれません。

でも、そんな時こそ、ほんの少しの勇気と柔軟性が必要です。お客様の要求に耳を傾け、理解を示し、何が最善の解決策かを一緒に考える。それがクレーム対応の一端と言えるでしょう。

クレーマーが苦手な方でも、対応方法を学んで慣れていけば、必ずやりがいを感じる瞬間がくるはず。そしてそれが、グランドスタッフとしての成長につながると思いますよ。気丈に、しかし優しく、お客様と向き合ってみてください。


高い給料が欲しい人

皆さん、お仕事を選ぶ際、給料はどのくらい重視しますか?それぞれの人にとって、給料は生活を支える大切な要素。だからこそ、高い給料が欲しいと考えるのは、決して贅沢なことではありませんよね。

ただ、グランドスタッフという仕事に対する期待と現実は、いつも一致するとは限らないのが現状です。羽田空港のグランドスタッフの給料は、国内線で月に約190,000円から220,000円、国際線でも約190,000円から240,000円程度。これが一般的なスタートラインです。

そして、この業界はサービス業であるため、働き続けたとしても給料の上限はある程度決まっています。つまり、昇進によって大幅な給料アップを期待するのは難しいかもしれません。

ですから高い給料が欲しい人には、グランドスタッフは向いてないかも。

ですが、お金だけが全てではありませんよね。グランドスタッフとして働く魅力は、そこにあります。飛行機や空港が好き、人々の旅をサポートすることにやりがいを感じる、そんな方々にとっては最高の職場と言えるでしょう。

高い給料が欲しいと思っている方は、少々厳しい現実かもしれません。しかし、仕事の選び方はそれぞれ。自分が何を大切にするか、それが最終的にどんな仕事を選ぶかを決めるポイントになるはずです。皆さんの選択が、最善のものとなることを心から願っています。


のんびりと働きたい人

あなたはのんびりと、ゆったりとした時間を過ごしながら働きたいと思うタイプですか?それなら、あなたのライフスタイルを支える職場選びは非常に重要です。今日は、そんなのんびり派の方々に、グランドスタッフという仕事のリアルをお伝えします。

グランドスタッフの仕事は、とにかく「急」が求められます。飛行機は時間通りに動くからです。航空業界には予定通りに進まない状況、つまりイレギュラーな事態が日常茶飯事なのです。飛行機が遅延したり、なんとなく欠航になったり、そのたびにお客様への対応は必須。それが情報の提供であったり、代替便への振替指示だったり、場合によってはホテルの手配など。

とにかく忙しい、それがグランドスタッフの日常です。飛行機を定刻通りに飛ばすため、常に時間との戦い。もちろん、その間にもチェックインの対応、搭乗ゲートでのアナウンスなど、普通の業務も待っています。のんびりと働いていると、他のスタッフやお客様に迷惑をかけてしまうこともあります。

ですから、のんびりと働きたい人にとっては、グランドスタッフという職種は向いてないかもしれません。しかし、忙しさの中にもやりがいを見つけられる方にとっては、まさに最高の舞台。皆さんが自分に合った働き方を見つけられますように。

おわりに


皆さん、ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。今回はグランドスタッフという職業について、特に向いていないかもしれないと思われる方々の特徴について掘り下げてみました。恐らく一部の方々には厳しい内容も含まれていたかもしれませんね。

でも、決してこれが全てではありません。あくまで一面的な見方です。これらの「向いてないかも」な要素を克服するための方法もたくさんありますし、一部だけが難しくても他の部分で優れた能力を持っている方は多いはずです。また、自分がどのような状況でも対応できるように成長できる可能性もあります。

最後に、もしあなたがグランドスタッフを志しているのであれば、この記事があなたの道しるべとなり、より良い決断をするための一助となれば幸いです。そして、これからのあなたの旅が、自分自身にとって最善の結果をもたらすことを心から願っています。

それでは、この記事を締めくくります。読んでいただきありがとうございました。またの機会にお会いしましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X