ENGLISH WORK公式

航空管制官になるメリット・デメリット20選

  • 投稿日時:8か月前

「航空管制官」、その職業はテレビドラマで描かれることもあり、社会的に注目を集めています。しかし、その実像はどうなのでしょうか。航空管制官のメリットとデメリットをリアルに描いていきたいと思います。

高い社会的評価や充実したやりがいがメリットとして挙げられる一方で、強いストレスやルーティンワーク、不規則な生活リズムなど、思わぬデメリットも存在します。ここでは、そんな航空管制官のメリットとデメリットを詳しくご紹介し、その実像に迫ります。


航空管制官になる絶大なメリット5選

社会的評価が高い

航空管制官という職業、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?航空関連の仕事というと、華やかなパイロットやキャビンアテンダントが思い浮かびますよね。しかし、その背後で飛行機を安全に運航させるために欠かせない存在が、航空管制官なのです。

航空管制官になるメリットとして、最初に挙げられるのが「社会的評価が高い」という点です。なぜなら、航空管制官は国家公務員として働くため、非常に厳しい試験に合格した人だけがその職につくことができます。具体的には、英語のテストや空間関係検査試験など、普通の公務員試験よりもさらに難易度が高い試験に合格しなければならないのです。

航空管制官が難易度の高い試験に合格しなければならない理由は、その仕事が飛行機の安全運行に直結しているからです。飛行機が墜落したり、空中で衝突するといった事故を防ぐために、航空管制官は常に細心の注意を払いながら業務を行います。その重責とプレッシャーは、一般的な職業と比べても格段に高いです。

また、航空管制官を題材にしたドラマも多く放送されており、その職業に対する社会的なイメージも良好です。ドラマの中では、航空管制官がいかに重要な職業であるか、またその仕事にどれだけのやりがいがあるかが描かれています。これらのメディアの影響もあり、航空関連の仕事というと「かっこいい」「やりがいがある」といったイメージが強いです。

このような理由から、航空管制官という職業は社会的評価が高く、そのメリットは非常に大きいと言えます。しかし、この仕事にはそれなりの覚悟と、しっかりとしたスキルが求められます。それだけに、航空管制官という職業に就くことは、自己実現の一つの形とも言えるでしょう。


責任感とやりがいがある仕事

航空管制官という職業は、社会的な評価だけでなく、仕事そのものが非常にやりがいを感じることができる職業だと言えるでしょう。

航空管制官は、飛行機を安全に運航させるために欠かせない存在として、毎日数々の飛行機とその乗客の安全を守っています。まさに航空業界の裏方として、空の安全を支えているのです。飛行機に乗っているお客様の命を預かる重要な役割を担っていることから、緊張感のある仕事ではありますが、その分やりがいも大きいと言えます。

航空管制官の仕事は、飛行機という高価な機械を扱うため、常に高い集中力と正確さが求められます。しかし、一度航空管制官として活動を開始すると、自身が担当する飛行機が無事に離着陸を行い、お客様が安全に目的地に到着したという事実は、大きな達成感をもたらします。

また、航空管制官は、天候や航空機の状態、空港の混雑状況といった変動する要素を考慮しながら、飛行機を適切に指導する必要があります。そのため、高度な知識とスキルが必要であり、それを持っている自分自身を誇りに思うことができます。これもまた、航空管制官という仕事の大きなメリットと言えるでしょう。


女性からモテる

「航空管制官」は社会的な人気が高い職業で、モテます。

航空管制官になるということは、国家公務員になるということです。国家公務員は、社会的な信頼と安定感があり、安定した職業として評価されています。また、航空管制官の給料は他の公務員に比べて高い傾向にあります。高い収入は、自己の価値を高め、人間関係の中での自己評価にもつながります。これは、航空管制官という職業が、社会的に高い評価を得るメリットの一つです。

また、航空管制官になるためには英語力が必要です。英語は国際言語であり、英語が話せること自体が「かっこいい」と感じる人も多いです。英語ができるというスキルは、自身をさらに魅力的に見せる要素であり、モテる要素の一つと言えるでしょう。

そして何よりも、ドラマや映画で描かれる航空管制官のイメージが、社会的な評価を高めています。彼らは「空の安全を守る英雄」として描かれ、その職務を遂行する姿は非常に魅力的に映ります。一般的に、ドラマや映画の中で描かれるキャラクターには人々が憧れ、その職業への理解と尊敬の念を抱きます。これもまた、航空管制官という職業がモテる要因の一つとなっています。

こうした要素が組み合わさり、航空管制官という職業は非常に魅力的なものとして捉えられ、その結果、モテるというメリットが生まれています。


国家公務員のため将来性がある

航空管制官という職業の魅力の一つに、その将来性があります。具体的には、AI(人工知能)の進化による代替リスクが低いという点です。航空管制官の仕事は、航空機の安全運航を支えるための一連の業務を担っており、その中には天候の変化、飛行機の運行状況、空港の混雑状況など、さまざまな要素が複雑に絡み合っています。これらの情報を即時にキャッチし、適切な判断を下すことが求められるため、単純なルールに従って動くAIだけでは対応が難しいのです。

現在、AIは驚異的な発展を遂げていますが、実際の物事をリアルタイムで捉え、適切な行動を起こすという点ではまだまだ人間に劣ります。航空管制官の仕事では、AIが難しいとされる目視による確認や、パイロットとの直接のコミュニケーションが必要となります。これは現時点ではAIに代替することが難しい部分であり、人間の働き方がメリットとなっています。

また、近年は生成AIが注目を浴びていますが、そのアウトプットはまだ不安定であり、人間によるチェックや編集が必要です。航空管制業務では、ミスが許されないという大きな責任がありますから、ここでもAIの代替は難しいでしょう。

こうしたことから、航空管制官の職業は、将来的にAIによって代替されにくいと考えられます。この点が、航空管制官になる大きなメリットの一つと言えるでしょう。

このような将来性がある職業を選ぶことで、長期的なキャリア形成にも安心感を持つことができます。航空管制官の仕事を選ぶことで、その安定性と将来性、そしてやりがいを手に入れることが可能です。


国家公務員のため安定性がある

航空管制官という職業は、私たちが日々の生活を送るうえで欠かすことのできない大切な役割を担っています。その中でも、安定性は航空管制官として働く大きなメリットの一つと言えるでしょう。

まず、航空管制官は国家公務員です。これは一般のサラリーマンと比較しても、雇用の安定性が大きく異なる点です。なぜなら、国家公務員は基本的に解雇されることがありません。組織のリストラや人員整理の対象になることはほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。この安定した雇用環境は、人生を計画的に進めるうえで大きなメリットとなります。

また、給与についても安定しています。国家公務員の給与は、公務員法に基づき決められ、給与カットが行われることはほとんどありません。これは、不況や企業の業績悪化による給与減額のリスクを気にすることなく、生活を送ることができるという意味で、大きな安心感をもたらしてくれます。

このように、航空管制官は雇用の安定性と給与の安定性という2つの観点から、働く上での安定性を享受することができます。これらはどちらも航空管制官になる大きなメリットと言えるでしょう。

例えば、家族を持つ人にとっては、安定した雇用と収入は子どもの教育費や老後の生活費など、長期的なライフプランを考える上で重要な要素となります。また、自身のキャリアを長期的に考えるうえでも、雇用の安定性は大きなメリットと言えるでしょう。

こういった安定性が求められる現代社会において、航空管制官はその安定した職場環境と収入により、多くの人々にとって魅力的な職業と言えるのではないでしょうか。

航空管制官になると味わうデメリット


航空管制官は強いストレスにさらされる

航空管制官の仕事には大きな魅力がありますが、同時に一部には見過ごすことのできないデメリットが存在します。その一つが「強いストレス」についての課題です。航空管制官は、航空機が確実かつ安全に運行できるように、その航行をコントロールするという大きな責任を担っています。そして、その責任感からくる強いストレスも、また航空管制官の仕事を象徴する一面と言えるでしょう。

この職業のデメリットとして考えられる「強いストレス」は、具体的にはどのようなものなのでしょうか。まず一つに、航空管制官の仕事には「命を預かる重大な責任」が伴います。機内に乗っている乗客の命を直接預かる仕事であり、それは決して軽視できない責任であると言えます。

もし、航空管制官が一つのミスを犯した場合、その結果は飛行機の遅延だけに留まらず、最悪の場合、命の損失や経済的な損害といった形で現れます。このような事態を避けるためには、航空管制官として常に緊張感を持ちつつ業務を遂行することが求められるわけです。これこそが、「強いストレス」の根源の一つと言えるでしょう。

さらに、航空管制官は膨大な資金を投じて購入された航空機を扱うという点でもストレスが生じます。航空機という大きな資産を、的確に運行させるための指示を出すというのは、慎重さと冷静さが求められる作業です。このため、微細なミスが起きたとしても、その影響は飛行機の遅延や航空会社の経済的損失となって現れます。これらは航空管制官にとって、避けられないデメリットと言えるでしょう。


ルーティンワークで飽きる

航空管制官のお仕事には、デメリットとしてルーティンワークがあることをご存知でしょうか。一度その仕事内容を覚えてしまうと、基本的にはその後もやることは同じなのです。飛行機の遅延や天候の変化といった、予期しない事態に対しても、事前に定められた手順に基づいて対応をするのが一般的です。

たとえば、飛行機の遅延が発生した場合、その対応策は既にあらかじめ決まっており、新たに何かを考えるということはありません。このような事例からも見て取れるように、基本的な業務フローに大きな変更が生じることは少ないのです。

このようなルーティンワークがデメリットと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。何故なら、それは仕事に対する新鮮さや面白みを感じにくくさせてしまうかもしれません。一般的な企業の企画やマーケティング、営業のような業務には、どのようにして商品やサービスを売り込むか、新しいアイデアを生み出すことが求められます。これはまるでゲームのように楽しいものです。

しかし、航空管制官の業務には、そのようなクリエイティビティは基本的に求められません。その代わりに、緊密なコミュニケーション能力や的確な判断力が重要となります。ルーティンワークがデメリットと感じるかどうかは、それぞれの価値観や求める仕事の内容によるところが大きいでしょう。


減点方式の仕事

航空管制官の仕事は、正確さと完璧さが求められる職業です。ミスをすることは許されません。そのため、日々の業務をミスなく完璧にこなすことが当然とされ、それが求められます。ですが、この特性が一方で航空管制官のデメリットともなるのです。

航空管制官の仕事はまさしく「減点方式」の職業です。何故なら、普通に業務をこなしていても、特に褒められることはなく、その一方でミスをした場合には大きな損害を引き起こす可能性があるからです。航空管制官がコントロールする飛行機には多くの人々が乗っています。その飛行機が安全に運航できるかどうかは、航空管制官の判断と指示によって左右されます。

たとえば、もし航空管制官が一瞬でも注意が逸れ、飛行機同士の距離を誤って判断したとしたら、それは大きな航空事故を引き起こす可能性があります。それほどまでに航空管制官の仕事は、ミスが許されない仕事です。それゆえ、普通に業務をこなしていても、特に大きな問題が起きなかったとしても注意されることがあるでしょう。

逆に言えば、航空管制官の仕事においては、「ノーミス」が当たり前であり、「褒められる」ためにはそれ以上の何かが必要となります。それはたとえば、特別な状況下での優れた判断力や、困難な状況をクリアするための創造力など、普段の業務を超えたスキルが求められるでしょう。

このように、航空管制官の仕事は「減点方式」であり、そのことがデメリットとなることもあるのです。特に、「褒められると伸びるタイプ」の人には、なかなか厳しい環境かもしれませんね。


転勤を避けられない

航空管制官の仕事には多くの魅力がありますが、同時にデメリットも存在します。その一つが、転勤の問題です。

国家公務員である航空管制官の職業柄、必ずと言っていいほど移動が伴います。これは、数年ごとに全国規模で行われる人事異動、つまり転勤があるためです。基礎研修を修了し、正式に航空管制官として働くようになると、全国の管制機関へと派遣されます。このときの赴任地は、一律に決められたものであり、個々の希望は基本的に考慮されません。つまり、「自分の地元の空港で働きたい」、「特定の地域で生活を続けたい」といった希望が叶うことはほとんどありません。

これがデメリットと感じられる理由は、転勤が自分の生活に大きな影響を及ぼすからです。例えば、地元を離れて新しい地域での生活を始めることは、精神的なストレスに繋がりますし、家族を持っている方にとっては家庭環境の変化が大きな負担になります。また、新たな赴任地での生活準備や住居探し、子供の学校の転校など、転勤に伴う手続きや準備も大変です。

このように、航空管制官の仕事は多くの魅力を持つ一方で、転勤という大きなデメリットも存在します。自分自身の生活スタイルや家庭環境、将来設計を考慮しつつ、仕事を選ぶ際はこの点を十分に理解しておくことが大切です。


給料やキャリアに限界がある

航空管制官という職業は、飛行機という巨大な乗り物に指示を出し、空の安全を守るという、まさに憧れの仕事ですよね。しかし、その魅力にもかかわらず、デメリットが一つ存在します。それが「給料面やキャリア面での夢がない」という点です。

国家公務員という職種は、一般的に給料の上限が決まっています。具体的には、ある一定の給与体系に従い、給料が決められています。これは航空管制官も例外ではなく、どんなに頑張っても、給料が一定以上上がることはありません。これは、努力家で、自身のスキルや貢献に応じて給与が上がることを期待している方にとっては大きなデメリットとなり得ます。

また、役職に関しても年功序列が基本となります。つまり、自身の実力や成果によって昇進するというシステムではなく、勤続年数が主に評価されるシステムとなっています。これは、新しい挑戦をしたいと考えている方や、成果主義を望んでいる方にとっては、キャリア形成において限界を感じるかもしれません。

また、給料が一定であるため、自己投資をしてスキルを磨いても、それが給与に反映されにくいのが現状です。

ですので、航空管制官という職業を選ぶ際には、給料やキャリアにおける夢が制限されるというデメリットを理解したうえで、決断することが重要となります。


不規則な生活リズム

あなたが航空管制官を目指す際には、一つの重要なポイントとして生活リズムの変化について考える必要があります。というのも、航空管制官の仕事は24時間365日止まることなく続くため、通常の9時~17時の勤務とは異なり、早番・遅番・夜勤といった形でシフトを組むことが一般的です。特に大きな空港、たとえば羽田空港や成田空港、関西国際空港などでは、一日中航空機が出入りするため、24時間体制での管制が求められます。

これは、航空管制官のデメリットとも言えるでしょう。なぜなら、普通の生活リズムとは大きく異なるため、体調管理が求められるからです。私たちは基本的に昼間に活動し、夜に休むという生活リズムが自然に体に備わっています。しかし、航空管制官の仕事では、普通の人が寝ている時間に起き、逆に普通の人が活動している時間に寝るというリズムを送ることがあります。

例えば、夜勤明けのあとすぐに次の日の早番に入るというケースもあります。これは、自律神経のリズムを乱す可能性があり、長期的には健康を損なうリスクもあります。睡眠不足や不規則な食事、運動不足などが体調不良を招くこともあるため、注意が必要です。

また、航空管制官のデメリットとして、社会生活との調整も難しくなります。例えば、家族や友人との時間を確保することが難しくなる可能性があります。家族との食事や友人との集まりなど、一般的な社会生活のリズムとは異なるため、プライベートな時間を調整するのが難しいと感じることもあるでしょう。

このように、航空管制官の仕事は確かにやりがいがありますが、一方で生活リズムの変化というデメリットも存在します。これは、航空管制官を目指す方がよく考えておくべき点でしょう。


土日休みでない

航空管制官の仕事の一面として、週末の休日が取れないというデメリットがあります。空港は24時間365日、年中無休で営業しています。だからと言って、航空管制官だけが特別に土日を休めるわけではないのです。実際、航空管制官のシフト制度は4日間働いて、その後に1日または2日間の休日という形をとることが一般的なのです。

ここで大切なポイントとなるのが、この休日が必ずしも土日に固定されているわけではないということです。つまり、一般的な週末に休めないというのは、航空管制官の職業特性上のデメリットであると言えます。

私たちの生活リズムは社会全体の動きと密接に関わっています。一般的には週末が休日となり、その時間を利用して友人や家族との時間を過ごしたり、自己啓発に使ったりします。しかし、航空管制官の場合、このような一般的な生活リズムとは異なる形で仕事と休日をバランス良く過ごす必要があります。

例えば、友人との集まりやデート、家族行事などが土日に計画されていることが多いですよね。しかし航空管制官の場合、自分だけが休日のタイミングが異なってしまうことから、人間関係の維持やプライベートの時間の確保が難しくなる可能性があります。


定期的な試験を受ける必要がある

航空管制官の仕事に取り組む際に忘れてはならないデメリットとして、なんと言っても定期的な試験の存在が挙げられます。これは僕が直接経験したことでもあるので、ぜひ読者の皆様にも理解していただきたいと思います。

まず、航空管制官の業務は、飛行機の出発から到着までを全面的に支えるとても重要な職務であり、その職務を遂行するためには高度な知識と技術が求められます。そしてその知識や技術は、各勤務地ごとに異なる業務資格を持つことによって保証されます。つまり、航空管制官はその業務地が変わる度に、新たな業務資格を取得するための訓練を受け、内部試験に合格する必要があるのです。

これは、たとえベテランの航空管制官であっても例外ではありません。例えば、東京から福岡に異動になったとしましょう。それぞれの空港によって取り扱う飛行機の種類や量、また天候や地理的な要素など、考慮しなければならない要素が変わるわけですから、それに応じて新たな知識や技術を身につける必要があります。

これらのことから、航空管制官は定期的に試験を受け続ける必要がある、というデメリットを理解していただけたと思います。ただし、このデメリットは同時に、航空管制官が持つ専門性とプロフェッショナリズムを象徴しています。新たな勤務地での業務に対する責任を果たすために、常に自己を更新し続けることが求められているのです。試験という形でその専門性を評価・確認するのが航空管制官の仕事の一部なのです。

要は、常に新しい知識や技術を身につけることに前向きに取り組むことができるかどうかが、航空管制官の仕事に向いているかどうかを決める重要な要素となります。

ドラマのような明るい雰囲気とは異なる現実

航空管制官という職業を考えるとき、たくさんのドラマから得られるイメージが頭に浮かびます。特にフジテレビ系で放送されていた『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』はその中でも有名な作品で、その明るくキラキラした雰囲気に魅了される方も多いことでしょう。しかし、それが全てではないというのが私の考えです。

まず大前提として、航空管制官の職業はドラマとは大きく異なるところがあるということを理解する必要があります。ドラマではどうしても視覚的なインパクトを重視するため、管制塔での活動が中心となりますが、現実の航空管制官の業務はそこだけに留まりません。その他にも普通のビルで行われる業務があり、管制塔での仕事だけではないのです。

もちろん、これはデメリットとも言えます。ドラマの中では、いつも楽しそうに仕事をこなし、常に何か新しいことにチャレンジしているように描かれる航空管制官。しかし、現実はそうではなく、日々同じ業務を繰り返す日常が多いのです。また、ドラマでは目立つ管制塔での仕事だけが取り上げられますが、現実ではそれだけでなく、ビルでの事務作業なども含まれるため、想像していた職業像とのギャップに戸惑うかもしれません。

このような事実を知ったうえで、航空管制官という職業を選ぶのであれば問題はありません。しかし、ドラマに描かれるような華やかなイメージだけで選んだ結果、現実とのギャップに失望することがないよう、しっかりと現実を理解したうえで航空管制官という職業を選ぶことが重要です。

それぞれの職業にはメリットとデメリットがあります。そして、そのデメリットを理解し受け入れられるかが、その職業に向いているかどうかを判断する大切な要素となるのです。

おわりに


以上が航空管制官のメリットとデメリットになります。高い社会的評価や大きなやりがいを感じることができる一方で、強いストレスや不規則な生活リズムなど、決して楽な仕事ではないことがお分かりいただけたと思います。

しかし、それぞれのメリットとデメリットを知ることで、より具体的に自分がこの仕事に向いているか、挑戦する価値があるかを見極めることができるでしょう。航空管制官に興味を持つ皆様が、本記事を参考に、自身のキャリア選択に役立てていただければ幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X