ENGLISH WORK公式

翻訳家はやめとけと言われる9つの理由:AIの方が能力高い

  • 投稿日時:8か月前

「翻訳家はやめとけと言われる9つの理由」――そんなちょっぴり物騒なタイトルの記事に目を留めてくださり、誠にありがとうございます。あなたがここを訪れた理由は何だろうか?英語を活かした仕事に興味があるから?それとも翻訳業界の現状について調べているから?いずれにせよ、ここで得る情報があなたの思考や行動に何らかの影響を与えることを願っています。

さて、この記事は、一見すると「翻訳家になるな!」と叫んでいるようにも見えますが、決してそういう意図ではありません。翻訳は素晴らしい仕事であり、情熱と才能を持った人々にとっては素晴らしいキャリアパスになり得ます。しかし、その一方で、ここでは一般的に見過ごされがちな翻訳業界の厳しい現実について語りたいと思います。

仕事とは、自分のスキルや情熱を活かして人生を豊かにする手段であり、それぞれの業界はその可能性を広げてくれます。しかし、翻訳業界に限らず、どの業界にも固有の課題や苦難が存在します。その課題に目を向け、自分が直面する可能性のある難問を理解することが、結果としてより充実したキャリアを築くための第一歩となります。

そこで、この記事では「翻訳家はやめとけと言われる9つの理由」を提示します。これらは私自身の考えや経験、そして業界内外の専門家から得た知見に基づいています。これらの理由が皆さんにとって有益な情報となり、将来の道筋を選ぶ一助となれば幸いです。


翻訳家はやめとけと言われる9つの理由

理由1:翻訳の将来性が危うい

「翻訳家を目指すこと、それはやめたほうがいい」。この声が現在、世界中で高まっています。なぜなら、翻訳の仕事の将来性が揺らいでいるからです。これは決して過言ではなく、技術の進歩がこの産業を大きく脅かしているという現実を見つめていかなければなりません。

まず具体的に語ると、翻訳機の発展が目覚ましいです。DeepLやGoogle翻訳を使ったことがある人なら実感できるでしょう。これらの翻訳機は、人間の手による翻訳をほぼ匹敵する品質の翻訳を提供しています。例えば、日本語から英語への翻訳においては、翻訳機が出力する文章は一般的な翻訳家が作るものよりも高いレベルで、精度が高いことが一般的です。

私自身も実際にこれらのツールを使ってみた経験があります。英語から日本語への翻訳で時折、間違いや違和感を感じることはありました。しかし、それらはささいなもので、全体の文脈を理解する上で大きな障害にはなりませんでした。しかも、それらの誤訳や違和感も今から数年もすれば、さらなる技術進歩により大幅に改善されるでしょう。逆に考えると、現状でも十分な品質の翻訳が可能であるということです。

これにより、企業や個人は翻訳家に頼る必要性が薄れてきています。翻訳ツールを活用すれば、短時間で大量の翻訳をこなすことができますし、費用も大幅に削減することが可能です。このような利便性を考えれば、やはり翻訳家としてのキャリア選択は、やめとけと言わざるを得ません。

さらに、私が数年前に参加した国際翻訳者会議での一件を思い出します。そこでAI翻訳の進歩についてのパネルディスカッションが行われたのですが、参加者の中にはすでに「翻訳家の仕事はAIに取られる」と考えている人が少なくありませんでした。このような声を聞くと、まさに「翻訳家をやめとけ」と言われる理由が、現実のものとして伝わってくるのではないでしょうか。

これらの事実を考えると、翻訳家としてのキャリアには大きな不安がつきまといます。やめとけ、という声が高まっていることには、明確な理由が存在します。それは、単に「時代の流れ」や「進歩の波」を感じるためだけではなく、翻訳業界そのものの未来が不確かであるからです。


理由2:AIとの勝負で人間に勝ち目がない

翻訳家というキャリアの問題点として「AIとの勝負に勝ち目がない」ことを掘り下げていきましょう。これもやはり、翻訳家を志す人にとっては深刻な問題であり、「やめとけ」と言われる大きな理由の一つです。

それを実感させる具体的な例が、AI技術の一つであるChatGPTです。こちらを使ったことがある方ならご理解いただけると思いますが、ChatGPTの翻訳品質はすでに大半の翻訳者を超越しています。その人間らしい文章表現と、正確な翻訳が注目されています。

翻訳は、文脈全体を理解した上で、自分が持っている知識を総動員して最適な言葉を選び出す作業です。それに対して、AIのChatGPTはその全てを超越しています。何故なら、ChatGPTは一冊の本を理解できるトークン数を有し、人間が持つことのできない広大な知識を利用できるからです。数学から物理学、文学、芸術といったありとあらゆる分野の知識を持ち合わせています。

加えて、AIは情報量だけでなく、アクセスできる知識の量においても人間を上回っています。物忘れすることなく、固定化した癖に頼ることなく、必要な情報を瞬時に選び出す能力を有しています。それに対し、人間は日々情報を忘れていき、その上で癖や思い込みに頼った翻訳をすることが多々あります。

それゆえに、翻訳における文章理解の深さ、英語力、日本語力といった点においても、AIに対抗することは非常に困難と言えます。つまり、これらの要素を見ると、人間がAIと勝負するにはあまりにも厳しい状況になっています。

このように、AIとの翻訳能力比較では、人間に勝ち目がないと断言できます。そのため、現在翻訳家を志している方に対しては、残念ながら「やめたほうがいい」というアドバイスをせざるを得ません。


理由3:人間ならではのニュアンスもAIは理解できるように進化した

翻訳家にとってのもう一つの大きな懸念点は、「人間ならではのニュアンスもAIが理解できるように進化した」ことです。これもまた、「翻訳家になるのはやめとけ」とアドバイスする背景にある重要な理由の一つです。

かつて、AI翻訳の一番の弱点とされていたのが「文脈の理解」や「細かいニュアンスの理解」でした。しかし、現在ではChatGPTのような高度なAI翻訳ツールの出現により、その問題は大幅に解消されています。人間が理解できるニュアンスも、AIはちゃんと理解できるようになりました。

例えば、ある文が全体の文脈としてどう働いているか、何が言いたいのか、どの部分が重要でどの部分がそうでないのかなど、それまで人間だけが理解できるとされていた部分を、AIは確実に把握します。原文の誤りも全体の文脈から見て「ここは間違いである」と理解することができます。つまり、人間が理解できる要素は、ほぼ全てAIにも理解可能となりました。

さらには、「細かいニュアンスを理解できる」ということは、「それを表現することができる」ということに直結します。現在のAI翻訳は、そのニュアンスをきちんと表現するために、さまざまなパターンでの表現が可能となりました。それは人間が見ても「これはAIが書いた文章だ」と認識するのが困難なほど自然で、正確なものです。

それに対して、人間の翻訳は必然的にその人の個性や癖が出るため、さまざまなニュアンスを出すことが難しくなります。一方、AIはこれらの個性や癖に縛られることなく、必要なニュアンスを正確に表現することができます。

このように見ていくと、AIの翻訳力は人間をすでに超え、さらにその差は日に日に広がっているのが現実です。そのため、「翻訳家になるのはやめたほうがいい」という結論になるのは避けられません。

あなたが翻訳家になるのを躊躇するもう一つの理由として、「AIは人間以上のクリエイティビティすら持つ」という事実を考えるべきです。「翻訳家になるのはやめとけ」とアドバイスするに至ったこの理由がどういったものなのか、具体的に考察してみましょう。

一昔前まで「AIにはクリエイティビティがない」とよく言われていました。しかし、それは過去の話。ChatGPTのような最先端のAIを用いてみれば、それが誤りであったことが明白にわかります。AIのクリエイティビティは、私たち人間が想像する以上のものとなっているのです。


理由4:AIは人間以上のクリエイティビティすら持つ

あなたが翻訳家になるのを躊躇するもう一つの理由として、「AIは人間以上のクリエイティビティすら持つ」という事実を考えるべきです。「翻訳家になるのはやめとけ」とアドバイスするに至ったこの理由がどういったものなのか、具体的に考察してみましょう。

一昔前まで「AIにはクリエイティビティがない」とよく言われていました。しかし、それは過去の話。ChatGPTのような最先端のAIを用いてみれば、それが誤りであったことが明白にわかります。AIのクリエイティビティは、私たち人間が想像する以上のものとなっているのです。

AIのクリエイティビティはどこからくるのか。その答えは、「パクリ」、すなわち学習からです。学習とは、教材や素材から技術を吸収すること、つまり「盗む」ことであり、それは人間もAIも変わりません。しかし、AIの学習能力は人間とは比較にならないほどです。AIは、人間が一生かけても吸収できないほどの広大な知識を一瞬で身につけ、利用することができます。

そして、AIはその吸収した知識を組み合わせて、新たな文章や芸術を創り出すことができます。こういった膨大な情報を組み合わせてクリエイティブなアウトプットをするという点では、AIは人間をはるかに超越しています。これがAIのクリエイティビティ、人間を超えたクリエイティビティです。

人間が同様のことをするには、一生をかけても無理だと言えるでしょう。膨大な知識を一瞬で吸収し、それを組み合わせて新たなものを創り出す、これがAIのクリエイティビティの力です。それを目の当たりにしたら、「翻訳家になるのはやめたほうがいい」という結論に達するのは、間違いないと言えます。あなたが翻訳家を目指すのであれば、こうしたAIの力を真剣に考えるべきです。


理由5:1割の優秀な翻訳家が仕事を総取りする

翻訳家になる前に、次のような考えについてもしっかり考えてみてください。それは、「今後はレベルの高い1割の翻訳家に仕事が集中する」という現象です。「中途半端な決意で翻訳家になるのはやめとけ」というアドバイスの理由のひとつとなっています。

AIが進化を遂げた現代では、すべての翻訳作業がAIに奪われるわけではありません。例えば、心に響くような文章を書くためには人間の感性が必要でしょうし、AIが書いた文章に対しても、編集作業を行うためには人間の手が必要とされます。しかし、こうした仕事は、一般的な翻訳作業と比べてレベルが高い仕事となるでしょう。

なぜなら、こうした仕事をこなすためには、単に言葉を訳すだけでなく、より深い意味を理解し、適切な言葉で表現する能力が必要となるからです。これは、翻訳家の中でも特にスキルが高い人々だけがこなせる作業となるでしょう。

さらに、こうした能力の高い翻訳家は、AIの力を借りて自身の作業効率を飛躍的に向上させることも可能です。AIの翻訳力を利用することで、高速に作業をこなすことができるのです。その結果、高品質な翻訳を求める仕事が、能力の高い翻訳家に集中する形となるでしょう。

このように、高レベルの翻訳家が仕事を総取りするという未来を考えると、「中途半端な決意で翻訳家になるのはやめたほうがいい」というアドバイスが出てきます。翻訳家として成功するためには、その道の専門家にも匹敵するスキルと、AIと共に仕事を進める能力が求められることを覚えておいてください。


理由6:翻訳家は身につくスキルが限定的

翻訳家になるという選択は、それなりの英語力を持っていて、それを活かしたいと考えている人にとって、とても魅力的に思えるでしょう。高い英語力を活かす仕事、それが翻訳家の職業です。しかし、「翻訳家になるのはやめとけ」というアドバイスの理由の一つが、身につくスキルが限定的であるという点です。

まず、翻訳者として身につくスキルは、言葉を適切に訳す能力、つまり、英語力ということになります。しかし、ここで問いたいのは、「翻訳者として身につけた英語力以外のスキルは、他の場所や職業で活かすことができるだろうか?」という点です。

私たちが世の中で生き抜くため、お金を稼ぐためには、様々なスキルが必要とされます。例えば、「プロダクト制作」、「営業」、「宣伝」、「集客」などのスキルがあげられます。これらのスキルは、ビジネスの現場で活かせる能力となり、自身の価値を高める要素となるでしょう。

しかし、これらのスキルは、翻訳家としての仕事を通じて身につくものではありません。これが、「翻訳家になるのはやめとけ」と言われる理由の一つなのです。翻訳家としての仕事は確かに専門的なスキルを必要としますが、それはあくまで「翻訳」に特化したものであり、他の職種や場面で直接的に活かすのは難しいかもしれません。

したがって、「やめとけ」という言葉は、翻訳家になることによって得られるスキルが、他の職業や場面で広く活用できるものではないという事実を指摘するものと理解してください。これは決して翻訳家のスキルを否定するものではありませんが、自分のキャリアを考える上で、ぜひ考慮していただきたい点です。


理由7:小説や映画の翻訳はできないかも

多くの人が翻訳家になるという職業を想像する時、まず浮かぶのは、有名な小説や映画の翻訳でしょう。一流の作家の作品を、異なる言語の読者に届けるという役割は、疑いようのない魅力とロマンを秘めています。しかし、「翻訳家になるのはやめとけ」という言葉があるように、現実はそう甘くはないかもしれません。

一部の有名な翻訳家は、確かに名作の翻訳を手がけることもあります。だがそのような役割は、極めて限られた人々だけが果たせるものです。そしてその一方で、多くの翻訳家が担当する仕事は、ビジネスのドキュメントの翻訳や、WEBサイトのローカライゼーションといった、比較的地味な作業が大半を占めています。

私が繰り返し「やめとけ」と言っている理由は、その地味な現実を理解してもらうためです。あなたが小説や映画の翻訳をすることを夢見ているのであれば、それは尊重すべき夢です。しかしその夢を追い求める過程で、地味な作業が待ち受けていることを認識しておくべきです。

翻訳家の仕事が地味だということは、必ずしも否定的な意味を持つわけではありません。しかし、自分自身がどのような翻訳の仕事に従事したいのか、それが現実的なのか、きちんと考えて、理想と現実のバランスを見つけることが重要です。小説や映画の翻訳はできないかもしれないという現実を理解した上で、それでも翻訳家になりたいという強い意志があれば、それを追求することは間違いではないでしょう。だからこそ、「やめとけ」と言いつつも、それが全ての翻訳家の候補者に当てはまるわけではないことを理解してほしいのです。


理由8:この業界は超優秀な人が多い。あなたは生き残れる?

翻訳業界について考える時、私が一つ言いたいことがあります。「翻訳家になるのはやめとけ」、というのがそれです。一見するとやや厳しすぎるかもしれませんが、これには理由があります。それはこの業界が、非常に優秀な人材が多く、競争が厳しいからです。この現実を理解しなければ、あなたは生き残ることができません。

英語を学んだ人なら、誰しもが翻訳家になりたいと考えることでしょう。しかし、そこには難易度が高いハードルが待ち構えています。翻訳家を目指す人々は、基本的に能力が高い人ばかりです。英語力もさることながら、地頭がよく、仕事の効率も良い。それに対して、翻訳業界での仕事量はそれほど多くはないのです。

もちろん、一部の特殊な分野や専門的な知識を持つ人々には、独自の市場が存在します。しかし、一般的な翻訳業務では、他の翻訳家との差別化を図ることが非常に困難です。あなたが選ばれる基準となるのは「英語力」「実績」「仕事力」「知名度」でしょう。これらの限られた選考基準で、あなたは他の人たちに勝てるだろうか、と考えると「やめとけ」と言う方が正直な意見かもしれません。

だからこそ、「やめたほうがいい」と一度は考えてみることが大切です。それでも翻訳家として生き残るための独自の強みや戦略があるのなら、それを追求するべきです。競争が厳しいという現実を理解したうえで、それでも自分がこの業界で成功できると信じるなら、その信念を大切にしましょう。


理由9:安いクラウドワーカーとの価格競争に巻き込まれる

次にお話ししたいことは、翻訳業界における新たな課題、それは「安いクラウドワーカーとの価格競争」です。あなたがもしこれから翻訳の世界に足を踏み入れようとしているなら、ここで一度「やめとけ」と思う時間を持つことをお勧めします。なぜなら、この価格競争はあなたの翻訳キャリアに影響を及ぼす可能性があるからです。

近年、クラウドワーカーが増加しています。これらは翻訳を低単価で提供する人々で、その質も年々向上しているのです。彼らは翻訳機やAIを駆使し、レベルの高い翻訳を提供しています。このような背景から、「やめたほうがいい」という意見が出てくるのも無理はありません。

もちろん、あなたが高い翻訳技術を身につけ、それが評価される場があるなら、その道を進むべきです。しかし、技術のみならず価格競争も重要な要素であり、それを無視することはできません。

そしてその環境下で、あなたがどれだけ努力し、どれだけ技術を磨いても、それがどの程度収入に寄与するかは、非常に不透明な状態となっています。それほどまでに厳しい競争がある現状を知ることで、未来の選択がより賢明なものとなるかもしれません。

私のメッセージは、決してあなたの夢を打ち砕くためではありません。むしろ、現実的な視点を提供することで、より明確な道筋を描けるようになることを願っています。だからこそ、「やめとけ」という言葉を繰り返し述べています。翻訳の世界は素晴らしいものである一方で、それを取り巻く環境は日々変化しています。その現実をしっかりと把握し、自分自身の位置を見つめ直すことが、これからのあなたの選択を導く鍵となるでしょう。

おわりに:翻訳家なるのはやめといた方がいい?


それでは、これまでの「翻訳家になるべきではない9つの理由」を通して得られた知識と洞察をもとに、私たちはどのように前進すればいいのでしょうか。一つの答えは明らかで、それは自己啓発と自己認識です。

翻訳業界は、確かに困難な挑戦を伴う場面がありますが、それらを克服できる能力と意志があれば、それが自己の成長を促し、結果的に報酬につながる可能性があります。しかしそのためには、自己のスキルセットと、これからの業界の動向について、深く理解することが不可欠です。

そして、なにより大切なことは、あなたが真に自分のやりたいことを見つけ、それに献身的に取り組むことです。翻訳があなたの情熱であり、それに対する愛があるならば、難題も乗り越えていく力になるでしょう。しかし、もし翻訳が単に「手段」でしかなく、あなた自身がそれに納得していないならば、「やめたほうがいい」という選択もまた、尊重すべきです。

この記事を通じて、「翻訳家になる」という選択が全ての人にとって最善の道であるわけではないことをご理解いただければと思います。どの業界でも、自分自身がその仕事に対してどれだけ情熱を持っているか、自分が直面する課題に対してどの程度責任を持って取り組めるかが重要なのです。

最後になりますが、あなたがあなた自身のための最善の選択を見つける手助けができれば幸いです。あなたのキャリアパスが、あなた自身の幸福と成長に寄与するものであることを心から願っています。あなたの旅が、何よりも充実したものでありますように。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X