ENGLISH WORK公式

翻訳家の仕事が厳しい12の理由:好きだけじゃ無理

  • 投稿日時:8か月前

皆さん、”翻訳家”という職業にどんなイメージを抱いていますか?グローバルなビジネスシーンを支え、言語の壁を取り払う役割を担っている翻訳家たちは、一見すると華やかな仕事をしているように見えます。しかし、”翻訳家”という仕事は実は、想像以上に「厳しい」側面を持っています。

この記事では、多くの人が知らない「翻訳家の厳しい現実」を深堀りしていきます。翻訳家の職業に関心がある人、すでに翻訳家として働いている人、または単に言語と文化に興味がある人にとって、この記事は目からウロコの情報を提供します。

翻訳家として成功するためには、単に高い言語力を持つだけでは不十分です。専門外の分野での作業、孤独感、厳しい締切、仕事の不安定さ、キャリアアップの困難さなど、翻訳家が直面する数々の「厳しい」問題について具体的に探っていきましょう。

私たちは”翻訳家”という職業について語る際、その「厳しい」現実を無視することなく、全てを包み隠さずにお伝えすることを約束します。それでは、翻訳家の「厳しい」世界への旅を始めましょう。


翻訳家の仕事が厳しい12の理由

“好きな翻訳ができない” なんて残酷な現実

何も知らずに「翻訳家になりたい」と言ってしまうあなたに、一つ厳しい現実を教えてあげましょう。それは、好きな翻訳だけをして生活していけるなんて甘い夢は、初めから水の泡です。そんな幻想、すぐにでも捨ててください。選り好みできる立場にいるのは、すでに翻訳家としての地位と実績を築いてきた一部のエリートだけです。

初めて翻訳家としての道を歩み始めたあなたが直面するのは、「実績づくり」の大切さ。実績がなければ仕事がもらえない、仕事がもらえなければ実績が作れない。この絶望的なループから抜け出すためには、選り好みなんてしていられません。たとえ嫌いなジャンルの翻訳であっても、不得意な分野の文章だって、仕事として受け入れるしかないのです。

そして、一つだけ覚えておいてください。あなたが好きなジャンル、あるいは得意なジャンルだけを選んで翻訳するというのは、事実上不可能です。なぜなら、初めて翻訳家としての仕事を請け負った時、それがあなたが得意とする分野であるとは限らないからです。仕事はお金を稼ぐためにやるものであり、選んでいられるほど甘くはありません。

「自分が好きじゃないジャンルの翻訳なんて、一体どれだけの効率で仕事が進むの?」と思うかもしれません。残念ながら答えは「あまり進まない」です。はっきり言ってしまうと、不得意なジャンルの翻訳は、本当に厳しい仕事です。まるで自分自身を殴り続けるような感覚でしょう。作業効率はどうしても落ちてしまいますし、その結果として仕事の厳しさを余計に感じることになるでしょう。

具体的な例を挙げてみましょう。たとえば、あなたが文学の翻訳が好きで、それが得意だとしましょう。でも、初めての仕事として請け負ったのが、専門用語がゴロゴロと転がっている医学論文の翻訳だったとします。あなたがどれだけ文学に精通していても、それが医学論文の翻訳に活かせるわけではありません。自分が得意とするジャンルとは異なる分野の翻訳は、まるで違う言語を翻訳するかのような困難さがあります。

このような経験を通じて、翻訳家として生き抜くためには、「好きな翻訳ができるわけじゃない」という残酷な現実に、どう立ち向かうかが問われるのです。翻訳家の道は、一見して華やかに見えるかもしれませんが、その実態は決して甘くないことを忘れてはいけません。


クラウドワーカーやAIによる翻訳家への低単価攻撃

翻訳家の仕事がすでに厳しいと思っていたあなたに、さらなる厳しい現実を突きつけてあげましょう。それは、「低単価のクラウドワーカーやAIによる賃金攻撃」です。これは、近年の翻訳業界において無視できない問題であり、翻訳家の生活をより厳しいものにしています。

まずは、クラウドワーカーによる低単価での翻訳依頼の現実から見ていきましょう。クラウドワーカーは自由な時間に仕事を選び、自分のペースで働くことが可能なため、多くの人が参入しています。その結果、競争が激化し、翻訳の単価がどんどん下がっていく構造が生まれています。

一部では、まるで「ダンピング(海外の市場においてシェアの拡大を目指すため、国内市場より大幅に値引きされた製品を販売する不当廉売のこと)」と言わんばかりの安値で仕事を引き受けるケースも見られます。

具体例を挙げてみましょう。あるクラウドソーシングサイトで、2000字の英日翻訳の仕事が出されているとします。その単価がなんと500円といった場合も珍しくありません。経験豊富な翻訳家であれば、その価値はずっと高いはずです。しかし、競争が厳しいクラウドワーカーの世界では、翻訳家が自身のスキルに相応しい報酬を得るのは難しいのが現実です。

そして、更に厳しい現実が待っています。それが、AIによる翻訳の進化です。AIの技術が進化し、翻訳能力が上がることで、シンプルな文章の翻訳には翻訳家が不要になる日が近いです。Google翻訳やDeepLなどのAI翻訳ツールは、一部のシンプルな翻訳であれば人間の翻訳家と比較しても遜色ない結果を出すことができます。

このような状況を見てみると、翻訳家として生き残るためには、ただ単に翻訳スキルを持つだけでなく、AIや低単価のクラウドワーカーにはない「付加価値」を提供することが求められます。もちろん、それは厳しい道のりとなるでしょう。しかし、その厳しさを乗り越えることで、翻訳家としての価値がさらに高まることでしょう。


人間よりも優れたAIとの死闘

さて、翻訳家としての厳しい道のりについて話しましたが、次に直面する厳しい現実は、「人間よりも優れたAIとの死闘」です。今後、翻訳家の仕事はますますAIとの競争になるでしょう。

あなたがAI、特にChatGPTに触れたことがあるなら、その能力に驚いたことでしょう。それは人間らしい文章を作り出し、思考を模倣し、複雑な問題を解決します。さらにAIは、すでに一冊の本を理解する能力を持ち、数学、物理、文学、芸術といったあらゆる分野の知識を蓄え、人間が持つ以上の情報量と知識を利用して、完璧に文章を理解し、最適な言葉を選び出すことができます。

具体例を見てみましょう。AI翻訳ツールが、プルーストの「失われた時を求めて」を翻訳したとしましょう。人間の翻訳家がその文学作品を理解し翻訳するのには、深い文学的理解と語彙力が必要です。しかしAIは、プルーストの作品全体を即座に理解し、それを完璧な日本語に翻訳することが可能です。さらに、その翻訳は人間の翻訳家が提供するものと比較しても劣らない、もしくはそれ以上の品質を保証します。

人間の翻訳家は、情報量や言語力の点でAIに対抗するのが厳しいと感じるかもしれません。AIは物忘れせず、アクセス可能な知識が広大であり、常に最適な情報を条件に応じて選び出します。しかし、レベルの高い翻訳家が存在する一方で、レベルの低い翻訳家に対しては、AIはすでに優れた成果を提供しています。

この厳しい状況から見えるのは、翻訳家がAIと共存し、それを超えるためには、どうすれば良いのかという問いです。その答えは、単に言語力を磨くだけではなく、AIが持つことのできない「人間らしさ」や「感情」を生かすことにあるかもしれません。それは非常に難易度が高い課題かもしれませんが、そのためには、自分自身の言語力と理解力を進化させ、未知の問題に対しても自分なりの答えを見つけ出すことが求められます。


AIがヒトの領域を侵略!翻訳家の優位性を奪う

なんと言っても、AIがヒトの領域を侵略し、翻訳家の優位性を奪う現象が一段と深刻化していることが厳しい現実です。私たちが「人間にしかできない」と信じていた領域が、AIによって確実に侵食されているのです。

ひと昔前までは、AI翻訳はまだまだ発展途上で、人間の感覚で細かいニュアンスや文脈を理解する能力には劣っていました。しかし、ChatGPTのような高度なAIの出現により、その状況が一変しました。人間にしか理解できないと思っていたニュアンスすらも、AIは理解できるようになりました。さらに、文脈があれば、明示されていない隠れた意味も理解でき、原文の誤りも全体の文脈から見抜くことができるのです。

具体例として、ある古い英詩を取り上げてみましょう。その詩には、時代背景や作者の人格を理解しなければ捉えられない微妙なニュアンスが含まれています。人間の翻訳家であれば、深い洞察力と経験を必要としますが、AIであれば、膨大なデータベースと高度な解析力を駆使して、詩の全体的な意味を理解し、その微妙なニュアンスまで表現することが可能となりました。

そして、驚くべきは、AIが理解したニュアンスを表現する能力です。細かいニュアンスを理解できるということは、それを表現できるということでもあります。人間には個々の癖や制約が存在しますが、AIはそのような制約にとらわれず、さまざまなパターンでニュアンスを表現できます。

この結果、AIが書いた文章と人間が書いた文章を区別することがますます難しくなっています。その厳しい状況の中で、私たちは何を持ってAIと競うのか、何を持ってAIを超えるのか、それは私たちがこれから深く考えるべき問いとなるでしょう。


生き残るための闘い!仕事が集中する1割の翻訳家へ

翻訳家の闘いは、仕事の適正とスキルのハイレベル化が求められる厳しい戦場となっています。その戦場で生き残るためには、仕事が集中する1割の高レベル翻訳家になることが求められます。

私たちは、AIが人間の仕事を奪うという危機に直面していますが、一方で全ての仕事がAIに奪われるわけではありません。なぜなら、心に響くような文章を書くのは、人間の感性や経験に基づくものであり、AIがまだ追いつけていないからです。また、AIが書いた文章に対する編集作業も、人間の手が必要とされます。

しかし、それらの仕事は、レベルの高い翻訳家に集中するという厳しい現実に直面しています。それはなぜかと言うと、高度な翻訳スキルを持つ翻訳家は、AIを活用して仕事を高速にこなす能力も備えているからです。

例えば、一般的なニュース記事の翻訳を依頼されたとしましょう。多くの翻訳家が数時間かけて作業を行う中、高レベルの翻訳家はAIを駆使してその半分以下の時間で仕事を完了させることができます。更に、その翻訳の質は他の翻訳家が手掛けたものと比較しても遜色ない、またはそれ以上のレベルである可能性が高いのです。その結果、効率と品質を兼ね備えた彼らは、仕事を総取りし、翻訳業界における地位を確立するでしょう。

このように、翻訳業界は今後も厳しい競争が続くことは間違いありません。それでも私たちが挫けずに前進するためには、自身のスキルアップとAIとの共存を模索し続ける必要があるのです。


座りっぱなしの仕事という名の貧困スパイラル

翻訳家の仕事には、避けては通れない厳しい事実があります。それは、座りっぱなしの作業が求められること、そしてその作業の価値が絶えず低下しているという現実です。

AIの台頭、そして大量のクラウドワーカーが翻訳業界に参入することで、翻訳の価値は劇的に下落しています。それはまるで競売に出された商品が次々と安値で落札されるような状況。あなたがどれだけ良い翻訳を提供しても、大量の競争者とAIが待ち構えているのですから、事実上、あなたの労力は低く評価され、あなたが提供する価値は薄れてしまうのです。

この厳しい現状に対抗するためには、一体何が求められるのでしょうか。それは、「大量の仕事をこなす能力」です。実際のところ、翻訳の仕事は時間がかかるもの。一つの文を翻訳するだけでも時間が必要ですし、さらに長い文章や専門的な内容になればなるほど、その時間は増えていきます。

しかしながら、この座りっぱなしの仕事が引き起こすのは、肉体的な疲労だけでなく、精神的なストレスも否応なく伴います。厳しい競争環境に身を置きながら、労力に見合った対価が得られないと感じたとき、それは貧困スパイラルの入口かもしれません。

翻訳家として生き残るためには、この座りっぱなしの厳しい状況を如何にして乗り越えるかが求められます。それは、自身のスキルを磨き、仕事の効率化を図ることが一つの答えかもしれません。


絶えず努力、学び続けろ!退化するな、翻訳家

「翻訳家」という職業においては、厳しい現実が待ち構えています。それは、絶えず努力し、学び続けることが求められるという厳しい事実です。いつまでも上手くやっていけると思っていると、その時点であなたは退化し始めているのです。

英語学習には終わりなんて存在しません。語彙は増え続け、表現は進化し続け、新しい慣用表現やスラングが次々と生まれては消えていきます。あなたが一度学んだ英語がすべてだと考えるのは、動いているエスカレーターの上で立ち止まるようなもの。いつまでも同じ場所にいるつもりでも、実際には後退しているのです。

それに、翻訳の技術そのものにも終わりはありません。単に言葉を言葉に置き換えるだけならAIに任せてしまえばいい。しかし、翻訳家が求められるのは、単なる言葉の置き換え以上のもの。それは文化や感情、ニュアンスを正確に伝えるという高度な技術です。それを達成するためには、絶えず自身の技術を磨き、新しい知識を学び、時代の変化に対応する必要があります。

ビジネスの世界ではよく「現状維持は退化を意味する」と言われますが、翻訳家の世界でも全く同じことが言えます。言葉というものは、文化と共に変化し進化し続けます。それに対応するためには、我々もまた変化し進化し続けなければならないのです。

具体例として、考えてみてください。10年前と今では、我々が日常的に使う言葉や表現が大きく変わっています。インターネットの普及やSNSの出現により、新たな表現が生まれ、その一方で古い表現が消えていきました。これは外国語でも同じです。もしもあなたが10年前の知識で今の翻訳をしていたら、現代の表現を理解できないだけでなく、時代遅れの表現を使ってしまうかもしれません。

つまり、翻訳家という職業は、常に進化し続ける言葉と共に進化し続けなければならないのです。それが厳しいと感じるかもしれませんが、それこそが我々の生き残るための道しるべです。その進化の道程を怠れば、あなたはただの言葉の転写者にすぎず、その役割はすぐにAIに取って代わられてしまうでしょう。それがこの翻訳家という仕事の、厳しくも魅力的な側面なのです。


専門外の分野、初級者からのスタートの苦痛

翻訳家の仕事、見た目以上に中身は厳しい。というか、なかなかの酸っぱさですよ。特に、あなたが自分の専門外の分野に手を出すと、あれよあれよという間に初級者の領域に逆戻りしてしまいます。英語力が如何に高くても、その分野に関する知識がなければ、それはまるで暗闇で手探りをするようなもの。

例えば、一流の英語教師がある日、突然に医学論文の翻訳を依頼されたとしましょう。彼の英語力は確かに一流かもしれません。でも、そこに出てくる「心房細動」や「トランススクリプトーム解析」なんて専門用語を知っているでしょうか? 英語力が高いからと言って、専門的な表現や知識を理解できるわけではないのです。

また、それぞれの分野には独特の表現方法や文化があります。例えば、法律文書と小説では、全く同じ言葉を使ってもその意味やニュアンスは大きく変わるでしょう。そこを理解しないと、翻訳はただの言葉の羅列になってしまいます。

それはまるで、あなたが初めてスキーに挑戦するようなもの。どんなに運動神経が良くても、スキーの技術を知らなければ滑ることはできません。それと同じで、翻訳家もまた新たな分野に挑戦する時は、知識ゼロ、つまり初級者からスタートしなければならないのです。

短い文章だと思っても、知らない専門語が出てきたら終わり。それがこの翻訳家の仕事の厳しいところです。でも、だからこそ面白い。新しい分野を学び、自分の専門分野を広げることで、翻訳家としてのレベルを上げることができるのですから。だから、自分の専門外の分野の翻訳に挑戦することは、厳しいだけでなく、成長のチャンスでもあるのですよ。


孤独感の濁流に飲まれるフリーランス翻訳家

ああ、翻訳家という職業、美学の世界に足を踏み入れる一方で、孤独の洪水に飲み込まれるという厳しい現実が待っています。特にフリーランスとして活動する翻訳家たちは、この孤独感という闘いの舞台に足を踏み入れることが多いのです。

考えてみてください。一人でデスクに向かい、無数の文字と格闘しているあなた。翻訳の作業は自宅で完結し、時には完全に孤立した状態で仕事をこなすこともある。人との交流が減り、孤独感は深まるばかり。なんて哀しい状況なんでしょう。

そして、この厳しい現実は、新参者にとっては更に深刻です。なぜなら彼らは、低い報酬でも仕事を受けざるを得ないからです。結果、長時間の作業が必要となり、仕事と私生活のバランスが崩れ、人との接触がさらに減る。ああ、これ以上ない孤独感が彼らを包み込むでしょう。

しかし、その厳しい現実を乗り越えられるのが翻訳家の真の力。悲観的な状況の中でも自己改善の余地を見つけ、学び続ける力が翻訳家を強くします。孤独を友とし、自身の向上の糧とする。そんな翻訳家の姿は、孤独感という厳しい現実を乗り越える力強さを秘めているのです。


残酷な締切のプレッシャー、時間との戦い

翻訳家の仕事における一つの試練、それが締切という恐ろしい名の時間制限です。まるで砂時計のように、刻一刻と過ぎていく時間が作業の進行を追い詰め、翻訳家の神経を刺激します。締切のプレッシャーという、これほど厳しい状況を生み出すものはないでしょう。

この厳しさは、特に自分の不得意なジャンルの翻訳作業に取り組んでいるときに顕著に感じます。理解に時間がかかり、自然な文章を生み出すのが難しい。それはまるで深海の底を歩くような感覚。目の前に広がる混乱と闘いながら、時間だけが冷酷に過ぎていくのです。

そしてあたかもそれだけでは十分でないかのように、多数の案件を抱えるとさらに厳しい状況になります。多忙すぎて一息つく暇もない。まるでジャングルの中を走り続けるような、息をするのも忘れそうな厳しい状況。そして時間が経つにつれ、その状況は悪化するばかり。それは砂漠を歩くような感覚、目指すゴールが見えない、ただ前を進むだけ。

しかし、その中でも翻訳家は締切に立ち向かいます。そのプレッシャーこそが彼らを鍛え、成長させるのです。適応力と柔軟性、そして鋼のような意志。それらは時間との戦いから生まれる、翻訳家の強さなのです。


仕事が来ない!フリーランス翻訳家の不安

ある日突然、仕事がこなくなる。まるで風が止んでしまったかのような静寂。それは翻訳家の仕事が孕んでいる厳しい現実の一つです。フリーランスとして翻訳家をしている場合、その恐怖は倍加します。安定した給料の支払いを期待することはできません。次の仕事はいつ来るのか、その答えを知る者はいません。

この状況は、翻訳作業だけをしているだけでは生き抜くことができないほど厳しいものです。翻訳の技術だけでなく、案件を見つけ出し、契約を勝ち取る能力も求められます。言い換えれば、翻訳家はただの言語の達人ではなく、ビジネスパーソンでなければならないのです。

具体的な例としては、あるフリーランスの翻訳家がある日、いつものようにメールボックスを開いたとしましょう。しかし、その日は新たな案件の依頼は一つもありません。一日、二日と過ぎても依頼は来ず、不安は募るばかり。その時、彼はただ待つだけでなく、自ら案件を探す行動に出ます。これが翻訳家としての厳しい現実を乗り越えるための重要なステップなのです。

これは、フリーランスとして活動するすべてのプロフェッショナルが直面する厳しい問題です。しかし、それが逆に彼らの成長を促し、スキルを磨く契機となります。その結果、翻訳家は言葉を操るだけでなく、ビジネスの世界で生き抜くスキルも身につけるのです。


キャリアアップが難しい翻訳家、進路迷子の末路

翻訳家のキャリアパスは、一見すると素晴らしいもののように見えます。あなたが特定の言語に堪能であるなら、そのスキルを活かして自分の時間をコントロールしながら生計を立てることができます。しかし、この道に進むと、厳しい現実に直面することになります。それはキャリアアップの困難さです。

翻訳家の場合、いくら作業をこなしても、あなたがマネージャーや監督者になるわけではありません。そこには昇進という概念は存在せず、あなたは常に翻訳の作業を続けることになります。そのため、キャリアとしての進歩は比較的制限され、業務範囲も一定です。それはとても厳しい現実で、多くの翻訳家が直面しています。

たとえば、ある翻訳家が10年以上同じフリーランスの仕事をしていても、彼の職位は変わりません。新たな言語スキルを習得したとしても、その報酬は大きく変わることはありません。ある日、彼がマネージメントの業務に興味を持ったとしましょう。しかし、彼はただの翻訳家です。そのスキルセットは、彼を管理職に昇格させるのに十分ではありません。このような状況は、キャリアの進歩を望む翻訳家にとっては特に厳しいものです。

もちろん、翻訳作業を永遠に続けることが悪いことではありません。それは本質的にフルフィルメントを与え、独立性を保つことができます。しかし、あなたが将来的に徐々に指導的な役割を果たしたいと考えているなら、別の道を模索することを考えるべきでしょう。たとえば、自分で翻訳会社を設立する、または他の業界に転職するなどの選択肢があります。どの道を選ぶにしても、これはあなた自身の決断に委ねられています。

おわりに


さて、これまで翻訳家の厳しい現実について掘り下げて参りました。美しい文学作品の翻訳、国際的なビジネス文書の変換、人々が言語の壁に阻まれることなくコミュニケーションを取るための助け…。それらは翻訳家の仕事の魅力的な部分ですが、一方で絶えず努力を続けなければならない厳しさ、専門外の分野への挑戦、孤独感、締切のプレッシャー、仕事の不安定さ、キャリアアップの難しさなど、「厳しい」側面も多く存在します。

しかし、翻訳家の職業が厳しいからといって、それが全て悪いというわけではありません。厳しさは成長の糧となり、それを乗り越えたときに得られる達成感や成長は計り知れません。翻訳家という職業は、多くの挑戦と共に、言葉と文化の深い理解という報酬を与えてくれます。

この記事を通じて、翻訳家という仕事がどれだけ「厳しい」ものか、その一端を理解していただければ幸いです。それが翻訳家を目指す方々の参考になること、そして翻訳家の仕事をより深く尊重するためのきっかけになることを願っています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X