ENGLISH WORK公式

通訳の仕事が疲れると言われる10の理由

  • 投稿日時:8か月前

「通訳」と聞くと、エキゾチックな場所で活躍するプロフェッショナルなイメージが浮かびますよね。しかし、その裏側には「疲れる」という一面が隠されています。多言語を操り、異なる文化を繋ぐ通訳者たちは、実は様々な困難やストレスと闘っているのです。

この記事では、通訳者が「疲れる」原因とその対処法、そしてその背後にある通訳業界の現状と未来について深堀りしていきます。特にフリーランスの通訳者に焦点を当て、その働き方や生活の中での不安要素を明らかにします。

AIの発展や市場の変動、コミュニケーションの難しさ、孤独感、仕事の継続性など、通訳者が直面する挑戦について詳しく解説していきます。通訳者が「疲れる」理由について理解し、より良い環境を求めて行くための一助となれば幸いです。


通訳の仕事が疲れると言われる10の理由

脳のフルマラソン:同時通訳が生む疲労度

通訳という職業は、一見するとエレガントな仕事のように思えます。国際的な場で話される様々な言語を駆使し、橋渡し役としての重要な役割を果たします。しかし、通訳が実際にどれだけ疲れる作業なのか、一般的にはあまり理解されていないかもしれません。今回は、その中でも「同時通訳」がどれほどの疲労度をもたらすのか、その理由について掘り下げてみたいと思います。

同時通訳とは、その名の通り、話される言葉をほぼ同時に別の言語に翻訳し伝えることです。たとえば、アメリカ大統領の演説を日本語に翻訳し、それを日本の視聴者に伝える…といった具体的な場面を想像してみてください。演説が進むごとに新たな内容が次々と出てくる中で、通訳者はその全てを迅速に、かつ正確に翻訳し伝えなければなりません。それがまさに同時通訳の現場です。

実際、この作業には相当な集中力が求められます。一つの言葉を聞き、それを瞬時に別の言葉に変換し、さらにそれを聞き手に伝える…これらの作業をほぼ同時に行うのですから、それはそれは驚異的な集中力が必要です。まさに脳のフルマラソンとも言えるでしょう。短時間でも脳の疲労度は極めて高く、これが通訳者が疲れる大きな要因となります。

なお、同時通訳はその難易度から、一人で長時間続けることはほぼ不可能とされています。実際、テレビでアメリカ大統領の演説を通訳する際には、2〜3人の通訳者が交代して行われることが一般的です。これは、疲労によるミスを防ぐためだけでなく、通訳者自身の健康を守るためでもあります。

こうした現状を考えると、同時通訳は文字通り「脳のフルマラソン」であり、その過酷さが一層明らかになるでしょう。


プレッシャーのハードル:通訳が担う重大な責任

続けて、今回は通訳者がどのような状況でどれほどの責任を担っているのか、具体的に見ていきたいと思います。特に、ビジネスの交渉や契約といった重要な場面での通訳が、どれほど疲れる作業であるかについて探っていきましょう。

通訳者が呼ばれる場面というと、国際会議や視察旅行など、大勢の人が集まる場での情報の伝達を思い浮かべるかもしれません。しかし実際には、通訳者の仕事はもっと多様で、その中には非常に重要な場面での活動も含まれています。その一つが、ビジネスの交渉や契約など、企業間の重大な取引を円滑に進める役割です。

このような場面での通訳は、通常の会議や接待などとは異なり、翻訳の正確さが最優先されます。なぜなら、一つ一つの言葉が企業の利益に直結するからです。たとえば、ある企業が海外のパートナーと新たなビジネスプランを進めるための契約を結ぶ場合を考えてみてください。その交渉で、通訳者が微妙な言葉の違いを誤って翻訳したとしたら、その結果として企業が大きな損失を被る可能性もあります。

このような場面では、通訳者が間違いを犯す余地はほとんどありません。すべての情報を完璧に把握し、それを正確に翻訳し伝えることが求められます。そのため、通訳者は絶えず高い緊張感とともに仕事を進めなければならず、これは大いに疲れる要素となります。

それに加えて、通訳者はその通訳が企業の運命を左右する可能性を常に抱えています。それはまさに、絶えず緊張感とプレッシャーと共に仕事をしなければならない状況となり、これもまた通訳者が疲れる大きな要因となるのです。


金銭的期待と現実:クライアントからの完璧な要求

続いては、クライアントとの間で生じる「期待と現実」について深掘りします。通訳者に対する金銭的な期待がどのように彼らを疲れさせるのか、具体的に見ていきましょう。

まず、通訳者に対しては一般的に高い報酬が支払われます。たとえば、日常会話レベルの逐次通訳でも1日2万円以上、金融・IT・医療などの専門分野の通訳では1日10万円以上にもなることがあります。これは通訳者の専門知識とスキルが高く評価され、それに見合う報酬が支払われているということを示しています。

しかし、これは裏を返せば、クライアントからの期待も高いということです。すなわち、「高い報酬を支払っているからには、完璧な仕事をしてもらいたい」という期待が常に通訳者に対して寄せられます。これは、通訳者に対する大きなプレッシャーとなり、その結果として彼らを疲れさせる要因となります。

それに、例えば通訳者が英語と日本語の通訳を専門としていても、通訳の対象となる分野は無数にあります。それが一般的な日常会話であればまだしも、専門的な分野、例えば医療や金融などになると、それだけで専門知識が必要となります。これらの専門分野での通訳を求められると、通訳者は必然的にその分野の知識を身につけなければならず、これもまた彼らを疲れさせる要素となります。

具体的には、あるIT企業のビジネス交渉で通訳を担当した通訳者が、相手方の専門的な用語や話題についてきちんと通訳できなかったとしましょう。その結果、企業間のコミュニケーションにミスが生じ、交渉が滞ったとすれば、その責任は大きなプレッシャーとなり、通訳者を一層疲れさせるでしょう。

通訳者の仕事は、言葉の翻訳だけではなく、その背後にある意味を理解し、それを適切に伝えるための知識とスキルが必要です。それは大いに疲れる作業であり、クライアントからの完璧な要求はその負担を一層増大させるのです。


勉強地獄:通訳に必要な過酷な前準備

通訳の現場へ踏み出す前に、大量の学習と事前準備が必要となるのも、通訳者の仕事が疲れる理由の一つです。彼らが実際に通訳を始めるまでには、言葉の翻訳だけでなく、その背後にある意味を理解するための広範な知識が必要となります。

まず、通訳の準備には、アジェンダの確認、依頼主や相手方の情報の収集、事前に提供された資料の熟読などが含まれます。これらは、通訳者が通訳の現場で正確にコミュニケーションを行うための必要不可欠な作業です。しかし、これらの事前準備は、非常に時間とエネルギーを要する作業であり、それだけで通訳者を疲れさせます。

さらに、特定の専門分野で通訳を求められる場合、通訳者はその分野に関する知識を身につけなければなりません。たとえば、通訳者が法律関連の通訳を行う場合、彼らは法律用語や法的な概念を理解するための時間を割かなければなりません。知らない単語や概念についてはすべて調べて理解する必要があり、それはさらなる時間とエネルギーを必要とします。このような過酷な前準備は通訳者を疲れさせるのです。

具体例として、ある通訳者がIT企業の新製品発表会で通訳を担当した場合を想像してみてください。彼はその新製品に関する全てのテクニカルな詳細、それが解決しようとしている問題、そして市場での競争状況など、事前に学習しなければなりません。それだけでなく、彼は発表者の発音や話し方に慣れるため、過去のビデオを何度も見直さなければなりません。これらの準備は全て通訳の仕事の一部であり、通訳者を疲れさせる原因となるのです。


タイムリミット地獄:短期間での準備

時間というリソースが限られている中での仕事は、ほとんど全ての職業において難易度を増す要因となりますが、通訳業界では特にそのプレッシャーが高いです。通訳者の仕事は、脳が高速で処理しなければならない情報量と相まって、疲れる要因の一つとなります。

通訳の依頼が来たとき、通訳者は依頼主から提供された資料を基に事前準備を始めます。しかし、依頼主からの資料共有が遅い場合や、通訳の仕事までの日数が僅かである場合、または資料の量が膨大であったり、自身が不慣れなジャンルの通訳であったりといった理由で、通訳者が十分に準備できる時間が限られることがあります。さらに、他の依頼も同時にこなさなければならない場合、そのストレスは増大します。

通訳者はしばしば、通訳に必要な準備時間と依頼内容の間でバランスを取らなければなりません。例えば、通訳者が医療会議の通訳を担当することになり、その会議のための準備資料が数百ページに及ぶ場合を想像してみてください。しかし、その通訳の依頼が会議の一週間前にしか来なかった場合、通訳者は限られた時間内でその膨大な資料を理解し、自分がまだ知らない医学用語や概念を調べなければなりません。このような状況は、通訳者が疲れる原因となります。


未来への不安:フリーランス通訳者と仕事の継続

通訳者という仕事は確かにグローバルな視野を広げ、人々の意思疎通を可能にするという素晴らしい面を持っていますが、それと同時にフリーランスとして働く場合、未来への不安という大きな負担も抱えています。これは通訳者が疲れる一因と言えるでしょう。

社内の通訳者であれば一定の安定性があるとはいえ、フリーランスの通訳者の場合は、いつ仕事が来なくなるかわからない状況にあります。ひとつのミスがクライアントとの信頼関係を崩す可能性があり、それが結果的に仕事の機会を失うことにつながるかもしれません。

例えば、通訳者が重要なビジネス会議で誤訳をしてしまい、それがクライアントのビジネスに影響を及ぼす可能性がある場合、それは通訳者にとって深刻な問題となります。このような大きなミスが起こると、信頼関係が一夜にして失われ、次の仕事が来なくなる可能性が高まります。

これは、通訳者が常にミスをしないように自分にプレッシャーをかける必要があることを示しています。その結果、仕事に集中するための精神的エネルギーが消耗され、通訳者が疲れることに繋がります。

また、フリーランス通訳者としての仕事の安定性に対する不確実性は、未来に対する不安というストレスも生むでしょう。次に仕事が来るかどうか、自分の生計が立つのかという不安は、ある種の精神的な疲労をもたらします。このストレスとプレッシャーが通訳者を疲れさせ、職業の難易度を増す要因となります。


AIとの戦い:通訳市場の将来性と縮小化

通訳者の疲れる一因として、技術進歩の波による市場規模の変動を考えてみましょう。特に、人工知能(AI)の発達により、通訳市場が小さくなる可能性があるという不安が存在します。

ここ最近のAIの進歩は目覚ましく、その一部が通訳分野にも影響を及ぼしています。例えば、OpenAIが開発したChatGPTは、文字ベースの翻訳においてはすでに人間を超える性能を発揮しています。翻訳の速度や精度、理解力、表現力という観点から見ても、ChatGPTは一部のレベルの低い翻訳者より優れた能力を持っています。

AIの技術進歩は通訳者にも影響を与える可能性があります。もし、AIが日常会話レベルの通訳をこなせるようになったら、多くの通訳者が不要になるかもしれません。これは通訳者が疲れる要因であり、その結果、将来に対する不安を増幅させます。このような情報技術の進化によって、通訳者は自身のスキルや専門性を常に更新し続けなければならないプレッシャーを感じるでしょう。

しかしながら、通訳の仕事は単に言葉を伝えるだけでなく、コミュニケーション力も求められるものです。例えば、交渉会議や重要なビジネス会議では、細やかなニュアンスや感情、文化的背景などを理解し、それを言葉に変換する能力が求められます。これは現在のAIがまだ克服していない難題です。そのため、通訳の需要が全く消えることはないでしょう。

しかし、それでも通訳者が市場縮小の影響を感じ、疲れることは避けられません。AIとの共存という新しい時代に向けて、通訳者はスキルの維持・向上だけでなく、自分自身の価値をどのように最大化するかという課題に取り組まなければならないのです。


AI教師:AIによる英語習得の短期化

AIの進歩は通訳者だけでなく、全ての英語学習者に影響を及ぼしています。AIが英語教師の役割を果たす時代が到来しようとしているのです。これが通訳者の疲れる要素として新たに加わっています。

例えば、ChatGPTのようなAIは、一般の英語学習者が短期間で英語力を上達させるためのツールとなりえます。AIは24時間いつでも利用可能で、ユーザーの進行速度に合わせて学習を進めることができます。また、AIは独自の豊富な知識を活用して、表現方法の提案や文法の修正などを行います。実際、AIは「もっとこのような表現をするといいだろう」「この単語を使うといいだろう」「ここに文法ミスがあります」といった具体的な指導を行えます。

将来的には、ChatGPTとの会話だけで、英語の文法、単語、発音の知識が自動的に身につく時代が訪れるかもしれません。AIが自動的に間違いを正し、ユーザーの英会話力を上げるのです。これは、個々人の英語学習を効率化するだけでなく、全体の英語力向上にも貢献します。

しかし、その一方で、AIが教師の役割を果たすという事実は、通訳者に新たなストレスをもたらす可能性があります。なぜなら、全ての人が一定レベルの英語力を身につけることができれば、低レベルの通訳業務が不要となるからです。このような変化に対応するため、通訳者は自分自身のスキルや価値を維持・向上させる必要があり、それ自体が疲れる一因となります。

AIの進化と共に英語学習が変化し、通訳者の業務環境も変わっていくでしょう。これらの変化に対応するためには、通訳者自身が進化し続ける必要があるのです。


孤独の宿命:フリーランス通訳者の孤独感

フリーランスとして通訳を務めるということは、ひとりで全てを達成しなければならないという厳しさを伴います。その厳しさが、通訳者にとって疲れる要素の一つとなることは間違いありません。

まず、通訳業務は全て自分一人で行わなければならないのです。これには、事前準備から現場での通訳業務、さらにはその後の報告までが含まれます。多忙な日々を送りつつ、誰も助けてくれる人がいない状況は、確かに疲れる状況でしょう。その上、不慣れなジャンルや膨大な資料を前にした時、自分一人で対処しなければならない厳しさを実感することでしょう。

さらに、通訳の現場は一見友好的に見えても、実は孤独な戦場かもしれません。例えば、会議で通訳を務める際、依頼主も相手側の企業も自分の味方ではありません。あくまで自分は依頼主のために働く存在であり、相手側の企業は依頼主のお客様です。言い換えれば、通訳者は会議の中で中立的な立場を保ちつつ、言葉を適切に伝える役割を担っています。それは非常にデリケートなバランスを要求される仕事であり、そのバランスを維持し続けることは確かに疲れるでしょう。

このようにフリーランス通訳者が感じる孤独感は、他の仕事にはない独特なものです。自分一人で全てを行う孤独、依頼主と相手企業との関係性による孤独。これらは通訳者の精神的な負担を大いに増大させ、疲労を生じさせます。だからこそ、通訳者は自身の心のケアも重視しながら、その孤独に立ち向かっていく必要があるのです。


人間関係の戦場:通訳とコミュニケーションの難しさに疲れる

通訳者が言葉を翻訳するだけでなく、適切なコミュニケーションをとることも求められるのが通訳業務です。その業務は疲れる部分も少なくありません。通訳者は依頼主だけでなく、依頼主の取引先とのコミュニケーションも求められるため、人間関係の管理がとても大切になります。

特に高圧的な依頼主やその取引先との関係は、疲れると感じる瞬間が多くなるでしょう。例えば、依頼主があまりにも厳しい条件を提示したり、無理な要求をしてくる場合、通訳者はそれを受け止め、なるべく依頼主の要求に応えるよう努めなければならないのです。そうした状況は、自身のスキルや経験だけでなく、対人スキルも試される瞬間であり、疲れる要素となります。

また、取引先とのコミュニケーションでも同様の問題が生じます。取引先の立場、価値観、文化的な違いを理解しながら、依頼主と取引先を結びつける役割を果たさなければならないのです。その過程で生じる誤解やミスを適切に修正し、スムーズなコミュニケーションを保つことは、精神的にも物理的にも疲れる作業でしょう。

これらの事例からもわかるように、通訳者は言葉を伝えるだけでなく、人間関係の橋渡しも行う重要な役割を担っています。だからこそ、コミュニケーションの難しさと向き合いながら、それでも最善を尽くすことが通訳者の仕事と言えるのではないでしょうか。

おわりに


通訳者が「疲れる」様々な要因について、私たちは一緒に考えてきました。時間的な制約、フリーランスとしての不安、AIの進歩と市場の変化、孤独感、そして複雑な人間関係など、通訳者たちは多方面からのプレッシャーに直面しています。

しかし、これらの困難を乗り越えることが通訳者の成長とプロフェッショナリズムに繋がるのです。もちろん、それらが疲れを引き起こす原因であることは間違いありませんが、それが通訳者の仕事をより重要なものにしています。

そして最後に、私たち自身も通訳者が直面する問題について理解を深め、その役割と価値を尊重することが重要であると言えます。だからこそ、通訳者が「疲れる」背後の事情を知ることは、彼らが直面する困難を理解し、共感する一助となるのです。

それぞれの職業には固有の問題や挑戦がありますが、通訳者の労働環境を改善し、持続可能なキャリアをサポートするためには、これらの課題についての認識と理解が不可欠です。通訳者が「疲れる」原因について深く考えることで、より良い未来を共に築いていきましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X