ENGLISH WORK公式

通訳はやめとけと言われる6つの理由

  • 投稿日時:8か月前

近年、人工知能(AI)の発展に伴い、「通訳になるのはやめたほうがいい」という声が少なからず存在します。AIが言語翻訳能力を進化させ、人間の通訳者が取り組む多くのタスクを自動化しているからです。

しかし、「通訳になるのはやめとけ」という短絡的な思考は本当に正しいのでしょうか。AIの技術進歩が間違いなく進んでいるものの、そのすべてが通訳者の価値を奪うものであるとは言えません。

本記事では、特に非標準な英語表現に焦点を当て、AIと人間の通訳者がどのようにこれに対応していくかを探ります。


通訳はやめとけと言われる6つの理由

高速での英語習得を可能にするAIの台頭

かつて、「通訳になる」という選択は、多くの人々が志向した職業の一つでした。しかし、今日では、その意見を一変させる新たな声が上がっています。「通訳になるのはやめとけ」と。

何故こんな警告が出てくるのか、その理由を深堀りしていきましょう。

まず、英語学習の環境が大きく変化していることに注目です。特に近年、人間が英語を習得する速度が加速しています。技術の進歩により、従来の学習方法と比較して何倍も効率的に学べるようになったのです。そうなると、一般的な、レベルの低い通訳業務が不要になる日が近いかもしれません。

具体的にどのような技術が英語学習の加速に寄与しているのか。それがAI、特にChatGPTのような最新のAI技術です。

ChatGPTは、ユーザーの要求に応じて適切な英語の指示を出すことができます。「もっとこのような表現をするといいだろう」「この単語を使うといいだろう」「ここに文法ミスがあります」など、まるで英語の先生のような役割を果たします。

しかも、ChatGPTはどんな英語の先生よりも豊富な知識を持ち、完璧な英語を話します。それだけでなく、日本語にも堪能であり、英語学習者の理解を助けるために繊細な日本語で解説を提供します。

その結果、これらのAIツールを使うだけで、ある程度の英語力が身につく時代が近づいています。このため、再度強調しますが、「通訳になるのはやめとけ」、という言葉が出てくるのです。

また、更なる未来には、ただ会話をしているだけで、AIが自動的に文法や単語、発音の知識を教えてくれる時代が来るかもしれません。間違いを指摘し、英会話力を上げてくれる。このような高度なAIの存在が広まると、通訳業務の中でも特にレベルの低い部分は不要になる可能性が高いのです。

このような未来は現在の技術進歩の結果として十分に想像できます。そしてそのためには、私たちは英語学習にAIをより活用し、その可能性を最大限に引き出すことが求められています。


素人もAIの力を借りてプロレベルになれてしまう

前述の通り、「通訳になるのはやめとけ」という警告が出ていますが、それは一面の真実であると同時に、別の視点から見れば全く異なる結論を導き出すことも可能です。ここでは、AIの進歩がもたらす新たな可能性、つまり「AIを利用してプロレベルの通訳者になれる」未来について考察していきましょう。

まず、この未来像の根底には、「ある程度英語力がある人」が前提となっています。英語をある程度理解できることで、AIの翻訳に生じる微妙なミスを見抜き、自分自身の知識と経験を用いて補完することが可能となります。

その結果として、AIを駆使することでプロレベルの通訳が可能となる時代が到来する可能性があるのです。AIの存在は、翻訳という行為を助ける一方で、新たなスキルと知識の獲得にも寄与してくれるのです。

この未来を実現するためには、AIの活用が必要不可欠です。しかし、今のAIは完璧ではありません。一部の専門的な表現や、特定の文化的背景を理解することは難しいです。これらの微妙なニュアンスを補うためには、ある程度の英語力が必要となります。

これが、「通訳になるのはやめとけ」という意見とは逆の、新たな可能性を示す根拠です。ある程度の英語力があり、AIをうまく活用することができれば、プロレベルの通訳者になる道が開かれるのです。

しかしこの流れには、また新たな課題が生じます。それは「素人でもプロレベルの通訳になれてしまう」という現象です。これにより通訳業務そのものが大幅に減少し、競争が激化する可能性があります。これがもう一つの「通訳になるのはやめとけ」という警告の背後にある理由です。


AIが「人間の通訳者しか理解できないニュアンス」を理解できる

人間が通訳者として持つ独特の価値といえば、「人間の通訳者しか理解できないニュアンス」を掴む能力でしょう。この能力があるからこそ、長年にわたり人間の通訳者はその存在価値を維持してきました。しかし、この「人間だけが理解できるニュアンス」をAIが理解できるようになったら、どうなるでしょうか? “通訳になるのはやめとけ”というアドバイスは、そのような未来を予見しているのかもしれません。

これまで、「人間だけが理解できるニュアンス」とは、感情的なニュアンス、ダブルミーニング、文化的背景、歴史的背景などを含むと考えられてきました。しかし、それらはすでにAIによって理解されるようになっています。最新のAI、ChatGPTの能力を見てみましょう。

ChatGPTは、文字ベースでのコミュニケーションでは人間を凌駕する理解力を持っています。それは、文脈があれば、明確に記述されていなくても、隠れた意味を理解できるからです。たとえば、文化的背景や歴史的背景に基づく微妙な表現や、ダブルミーニングのような複雑な意味の含まれたフレーズも理解可能です。

具体例を挙げてみましょう。

まず考えてみてください。あなたが友人にメールを書き、その中に以下のような一節が含まれていたとします。

“I was feeling blue because it was raining cats and dogs.”

直訳すると、「私は落ち込んでいました、なぜならば犬や猫が雨として降っていたからです」となります。しかし、この文章には実際の動物が雨として降っているわけではありません。”feeling blue”は「憂鬱に感じる」を意味し、”raining cats and dogs”は「雨が激しく降る」を表しています。

これらの表現は、英語のイディオムと呼ばれ、文字通りに解釈することは適していません。しかし、ChatGPTなどの先進的なAIはこれらの表現を理解し、正確に翻訳することができます。つまり、上記の文はChatGPTにとっては「激しい雨が降っていたので私は落ち込んでいました」と解釈されるでしょう。

このように、ChatGPTは文字通りの意味だけでなく、非直訳的な意味や文化的背景を含むニュアンスまでも理解することができます。

このようなAIの進歩を見ると、「人間の通訳者しか理解できないニュアンス」が、AIにも理解可能になってきていることが明らかです。そして、その結果として、レベルの低い通訳業務は不要となり、「通訳になるのはやめとけ」と言われるようになっています。

しかし、それは通訳者の終焉を意味するのではなく、新たな機会をもたらす変革の始まりです。それは、人間の通訳者がAIと共に、更なる高みを目指すための機会です。AIは単なるツールであり、その使い方は我々次第です。


ChatGPTによる微細なニュアンスの再現

ChatGPTの驚くべき力は、細かなニュアンスまで再現できることです。実際には、その能力はあまりにも洗練されていて、多くの場合、人間がAIが書いた文章だと認識することは難しいでしょう。

では具体的な例を見てみましょう。以下はChatGPTによって生成された文章の一例です。

“春の訪れを感じていますか?私の目の前に広がる桜の花びらが風に乗って舞い上がる光景は、まさに生命力に溢れた季節の訪れを告げています。その一方で、冬の名残の冷たい風が肌を撫でるたびに、季節の移り変わりの刹那を噛み締めています。”

この文章はChatGPTによって生成されたもので、その表現は繊細で感情的で、視覚的な詳細まで含まれています。また、春の訪れと冬の名残という相反する要素をうまく組み合わせて、季節の移り変わりの微細な感覚を表現しています。

このような表現の豊かさは、通訳業務において非常に重要な要素です。だからこそ、ある程度の英語力を持つ人間は、自分の英語力にChatGPTのようなAIの能力を組み合わせてプロレベルの通訳者になれる可能性があると考えています。

また、人間は癖がついてしまうため、色々なニュアンスを出すのが難しいことがあります。しかし、AIはその制約を受けません。AIは大量のデータから学習することで、さまざまなパターンでニュアンスを表現することが可能です。このような能力は、通訳業務においても役立つでしょう。

しかし、ここで一つ重要な警告が必要です。それは「通訳になるのはやめとけ」という言葉です。なぜなら、AIがこれほど高度になった今、レベルの低い通訳業務はすでに不要となりつつあるからです。その代わりに、AIと協力して、新たなスキルと価値を提供する能力が求められるでしょう。


AIが持つ圧倒的な英語力と日本語力

AIが持つ語学力は、ある意味で人間を圧倒しています。それは英語力であれば英語力、日本語力であれば日本語力、どの面から見ても人間の力を上回っています。その事実について深く考えることで、「通訳になるのはやめとけ」という提案が出てくるのは納得がいくかもしれません。

では、その語学力は具体的にどのようにして人間を上回るのでしょうか。それを説明するためには、AIが持つ2つの重要な特性を理解する必要があります。それは「情報量」と「知識へのアクセス」です。

まずは「情報量」についてです。これはAIが読み込むことができる情報の総量を指します。たとえば、GPT-3はインターネット全体からの情報を学習しました。これは人間が一生で読むことのできる本の数をはるかに超える情報量です。そして、この情報量がAIに圧倒的な語学力をもたらす一因です。

さらに、AIはその全ての情報を常にアクセス可能な状態に保持しています。これが「知識へのアクセス」です。人間は時間とともに情報を忘れてしまうという限界がありますが、AIはそのような限界を持っていません。AIは物忘れせず、いつでも必要な情報を抽出することができます。

これらの特性により、AIは文章を理解するための情報量、英語を通訳するための英語力、日本語力という面で大半の人間を凌駕しています。つまり、AIはレベルの低い通訳者以上の能力を持っていると言えます。

しかしここで一度、「通訳になるのはやめとけ」という言葉を再度思い起こしてみてください。この状況を考えると、レベルの低い通訳業務はAIによって埋められ、人間の通訳者の必要性は減少するでしょう。


AIのプロレベルの専門知識と通訳業務

言語に関するAIの優位性を考えるとき、その知識範囲の広さと深さについて考えるのが避けては通れないテーマとなります。その一例として、ChatGPTがプロレベルの専門知識を持つ点が挙げられます。

ChatGPTは、その訓練データに基づきあらゆる専門分野についての情報を理解し、それを文章に結びつけることができます。医学から工学、哲学から音楽まで、広範に渡る知識を内包しています。その結果、専門的な内容を通訳する必要がある場面であっても、ChatGPTは問題なく対応することが可能となります。

これに対して、一般的な通訳者は多岐にわたる専門知識を持つことが難しく、通訳を行う過程で誤解や誤訳を生む可能性があります。そのため、「通訳になるのはやめとけ」というアドバイスが出てくるのは必然とも言えます。

具体例を挙げるならば、医学的な会議で用いられる専門的な英文を考えてみてください。例えば、「The patient exhibited symptoms of acute myocardial infarction, necessitating immediate coronary angioplasty.」という文は、専門的な医学知識を必要とします。ChatGPTならば、その深い知識ベースを用いて正確に日本語に翻訳できます。

AIの強力な知識ベースと翻訳能力を考えると、大半の人間はAIに比べて劣ると言わざるを得ません。人間が持つ情報量、英語力、日本語力、全ての面でAIが優れています。これはAIが物忘れをせず、必要な情報を適時に選択し、癖に依存しないことから生まれる強みです。

このようにAIの優位性を認識した上で、「通訳になるのはやめとけ」ともう一度強く主張します。しかしこれはレベルの低い通訳業務についての話であり、人間が持つユニークな価値や高度な通訳業務における役割を否定するものではありません。

通訳はやめとけ!しかしハイレベルな通訳の仕事は残る5つの理由


高度な状況下での通訳:人間の重要性

AIが持つ圧倒的な情報量と語学力を鑑みると、「通訳はやめとけ」という考えが浮かんでくるのは無理からぬ事かもしれません。しかし、ここではその一方で、高度な状況下での通訳において、人間の存在がいかに重要であるかを掘り下げていきましょう。

通訳の世界には様々なレベルが存在します。AIはレベルの低い通訳業務を担うことができるでしょうが、ビジネスや政治の交渉など、ミスが許されない場面ではプロの通訳者が求められます。「通訳はやめとけ」と思われるかもしれませんが、ここではその考えを一度棚上げにし、更なる詳細について説明してまいります。

まず、AIは決して完璧ではありません。AIが翻訳を行う上でミスを犯す可能性があることは確かです。そのミスをAI自体が認識し、修正する能力は現状ではまだ限定的です。

一方で、プロの通訳者は自分がミスをしたときにそれを自分で気付き、修正することが可能です。例えば、ある交渉会議で「The agreement is contingent on the fulfillment of all conditions precedent.」という英文が発せられたとします。通訳者がこの文を一部誤訳したとしても、その後の文脈から自己修正し、正確な意味を伝えることができます。

さらにプロの通訳者は、通訳が困難な表現やニュアンスに出会ったとき、その場の状況や文脈を読み取り、適切な対応をとることが可能です。この柔軟性は、現在のAIが持つ能力をはるかに凌駕しています。

したがって、「通訳はやめとけ」という言葉は、通訳業界全体を一概に否定するものではなく、あくまでレベルの低い通訳業務に対してのみ適用されるべきだと考えます。「通訳はやめとけ」ともう一度強調しますが、それは高度な通訳業務については対象外ということを明記します。


リアルな世界への干渉:AIの限界と通訳

数年前からAIが話題になり、中でも通訳分野でのAIの活用が注目されています。AIの能力が向上し、特に基礎的な翻訳業務においては人間を凌駕するレベルにまで到達しているからです。「通訳はやめとけ」と一部から言われるのも頷けます。しかし、それは完全に正しいとは言えないのです。実は、通訳業務が要求するスキルや能力には、現在のAIがまだまだカバーできていない領域が存在します。それが「リアルな世界への干渉」です。

通訳は、単に言葉を別の言葉に置き換えるだけの作業ではありません。言葉を解釈し、それを再現する際には、その状況の空気感を読み取る能力、相手の表情や身振りを読み取るノンバーバルな能力も求められます。

例えば、「That’s a great idea.」という表現があります。ただ文字情報として翻訳すれば、「それは素晴らしいアイデアだ」となりますが、会議の進行状況や話者の表情、口調などによっては、「それは素晴らしいアイデアですね(実際には賛成できないが礼儀として)」といった微妙なニュアンスを捉えなければなりません。これらは現在のAIではまだまだ難しい課題です。

さらに、言葉には単なる情報だけでなく、そこには体験が伴っていることもあります。「I missed the last train.」という言葉には、「終電に乗り遅れた」という具体的な情報だけでなく、その背後にある悔しさや困惑といった体験が含まれているのです。これを適切に通訳するためには、その体験を理解し、再現する能力が求められます。これもまた、現在のAIには難しい領域です。

したがって、「通訳はやめとけ」と言われるかもしれませんが、高度な通訳の仕事はまだまだ残ります。人間の通訳者が持つリアルな世界への感受性や体験の理解力は、現時点のAIではまだ到達できていない領域なのです。


AIと嘘:ビジネスシーンでの通訳者の役割

AIが日々進化し、一部では通訳の仕事までAIに任せる流れが生まれつつあります。「通訳はやめとけ」と一部から言われるのもそのためでしょう。しかし、私たちが考えるべきは、AIが提供する「それらしい」通訳がビジネスシーンで本当に適切であるかという問いです。

まず一つ理解すべきなのは、現状のAIは平気で嘘をついてしまうということです。AIは情報を構築するために、しばしば推測や想定を基にその場しのぎの回答を生成します。それはAIが故意に嘘をつくわけではなく、AIが人間のように意識を持つわけではないからです。

たとえば、ビジネスシーンでの交渉時にAIが通訳するとしましょう。「The deal is off the table.」という表現が飛び出したとき、AIは「取引は無効です」と訳すかもしれません。しかしここには、「取引は(現状では)無効です」、「取引は(一時的に)無効です」という微妙なニュアンスが存在します。これは話者の口調、表情、その後の文脈などによって変わります。現在のAIはそうした微妙なニュアンスを捉えることができません。

このような微細な差異は、契約を交わす際や交渉の場では重要な意味を持ちます。ほんの少しの誤解が命取りになることもあるのです。そのため、「通訳はやめとけ」と再び言いますが、それはあくまで一般的な状況における話で、ビジネスシーンではその限りではありません。

AIがそれらしい文章を作るために平気で嘘をついてしまう現状を見ると、ビジネスシーンでの通訳はやはりプロの通訳者が行うべきだと言えます。その分野では、正確な情報と微細なニュアンスが求められます。それらを確実に伝える能力を持つ通訳者の存在は、これからもなくてはならない存在でしょう。


AIの発展と通訳者の確認作業

AIの発展は止まりません。その成果は目覚ましく、今後AIがリアルな世界に干渉し、話す相手や自分に関するありとあらゆる情報を読み取り、完璧に近い通訳が可能になる時代が来る可能性は高いです。一部では既に、「通訳はやめとけ」という声も聞かれます。しかし、通訳が必要とされるレベルの状況では、人間による確認作業が絶対に必要なのです。

翻訳の仕事と通訳の仕事の違いを考えてみましょう。翻訳は、リアルな世界の情報を必要とせず、文字情報の変換だけで良い場合が多いです。例えば、「I am happy」という文を翻訳すると、「私は幸せです」となります。AIがこういった紙の上の情報だけを用いた翻訳に関してはほぼ完璧になりつつあります。しかし、それがビジネスや政治のような実世界の状況に移ると、話は別です。

ビジネスや政治といった絶対にミスが許されないシーンでは、翻訳だけでなく、その翻訳が適切であるかどうかを確認する作業が必要です。「通訳はやめとけ」と言われるかもしれませんが、このような重要な場面では、絶対に人間の手による確認作業が必要になります。

AIが完璧な翻訳を提供しても、その翻訳が正しいとは限らないのです。例えば、あるビジネスマンが「I am happy」と言ったとき、それが「私は幸せです」という意味なのか、「私は楽観的です」、「私は満足しています」など、その場の状況やトーン、ノンバーバルな情報によって変わる可能性があります。これはAIだけでは判断できない部分です。

翻訳作業においても、人間による最終確認は重要です。誤訳がないか、誤解を招く表現はないか等、細かいチェックが必要です。通訳も同じです。AIが提供した翻訳が正しいかどうか、そしてそれがその場の状況に適しているかどうかを確認する必要があります。そのため、「通訳はやめとけ」と言われるかもしれませんが、ハイレベルな通訳の仕事は残ると私は信じています。


非標準な英語表現と人間の通訳力

英語を話す人が全員がネイティブレベルの英語を話すわけではないことはよく知られています。強い訛りや文法の誤り、間違った単語の使用といった非標準的な英語表現が飛び出すことは稀ではありません。「通訳はやめとけ」と言われる一方で、こうした複雑な状況に対応するためには、やはりハイレベルな通訳の能力が求められます。

現代のAIは、一般的な英語表現には驚くほど強くなりました。しかし、非標準的な英語表現、つまり訛りや誤った文法、誤った単語使用などに対応するのは難しいです。例えば、「I feels happy」や「Me is very sad」のような文法的に不正確な表現をAIが理解し、適切に翻訳するのは難しいでしょう。

ここで、人間の通訳者の力が発揮されます。人間なら、そもそもの発言が間違っていることを認識し、相手に確認を求めたり、適切な翻訳を提供するための推測を立てることが可能です。「あなたは幸せを感じているのですか?」や「あなたは非常に悲しいのですか?」といった具体的な質問を通じて、情報の精度を上げることが可能です。

「通訳はやめとけ」という声があるかもしれませんが、AIはこれらの微妙な人間のコミュニケーションを完全に理解することは難しいでしょう。一方、経験豊富な人間の通訳者は、非標準的な表現に遭遇したときでも適切に対応することが可能です。

これは、人間の通訳者が経験や直感、そして深い言語理解を活用できるからです。AIが一部の非標準的な表現に対応できるようになる日が来るかもしれません。しかし、全ての非標準的な表現、全ての文化的なニュアンス、全ての人間の間違いと誤解を完全に理解することは、現状では不可能でしょう。

おわりに


「通訳はやめとけ」と言われる時代になった今、私たちは人間の通訳者が持つユニークな能力について考え、議論を深めてきました。人間の通訳者がAIと比較して持つ強みの一つに、非標準な英語表現への対応力があることを明らかにしました。これはAIがまだ克服していない難題の一つであり、通訳者が依然として価値を持つ理由です。

また、ビジネスや政治などの厳粛なシーンでの翻訳ミスは許されません。この点も、AIが完全に人間の通訳者を置き換えることが難しい理由の一つと言えます。そして、これらのシーンにおいては、経験と高度な技能を持つ通訳者の存在がこれからも不可欠でしょう。

AIの進歩は確かに通訳者の役割を変えています。しかし、それは単に通訳者の役割が消滅するという意味ではなく、より高度なスキルと対応力を持つ通訳者が求められるようになるという意味であると私たちは考えています。

「通訳はやめとけ」と一概に結論づけるのではなく、AIの発展とともに通訳者の役割がどのように進化し、変化していくかを見守りましょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 2か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 2週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 2か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X