ENGLISH WORK公式

今後低レベル通訳業務では食えなくなる6つの理由

  • 投稿日時:8か月前

通訳という仕事は、他の仕事と比べても、高度な語学力とともに文化的な理解や状況判断、さらにはノンバーバルなコミュニケーション能力などを必要とします。これらは決して容易に習得できるものではなく、それだけに通訳の仕事は高い専門性を持っていると言えます。

ところが、近年のAIの発展により、通訳の仕事がAIによって「食えなくなる」のではないかという懸念が広がっています。一見すると、AIの高度な翻訳能力は人間の通訳者を脅かすように見えます。しかし、本当にそうでしょうか?

この記事では、私の考えとして「低レベルな通訳業務は食えなくなる。しかしハイレベルな通訳の仕事は今後も残る」という主張を展開します。それはなぜなら、AIがどれだけ発達しても、人間の直感や感覚、そして判断力には及ばないからです。その主張を具体的に解説していく中で、AIの限界と、通訳者が持つべき能力との関連性についても深掘りしていきます。

この記事が、通訳者の皆様、またはAIの発展によって自身の仕事に影響を受けるかもしれないと考えている方々にとって、何かしらのヒントや新たな視点を提供できれば幸いです。


今後レベルの低い通訳業務では食えなくなる6つの理由

誰でも高速で英語習得できる時代が近づいている

文明が進化し続ける中で、私たちの周囲にはいつも革新的なテクノロジーが溢れています。特に最近では、AI(人工知能)の進化が目覚ましいですよね。本記事では、そのAIの力を使った高速英語習得の時代の到来と、それが通訳業界に与える影響について語ります。

まず初めにお伝えしたいことは、我々が予想する未来はすぐそこまで迫っている、ということです。それは英語を従来の何倍ものスピードで習得できる未来であり、そのキーテクノロジーがAIであることが指摘されています。

そして、もしこの未来が実現するとしたら、いわゆるレベルの低い通訳業務では「食えなくなる」可能性があります。一体なぜそうなるのでしょうか。

AIが英語学習にどのように利用されているかを具体的に説明すると、ChatGPTというAIが素晴らしい例になります。これは文章ベースの対話AIで、ユーザーが適切な指示を出すことで「もっとこのような表現をするといいだろう」「この単語を使うといいだろう」「ここに文法ミスがあります」など、まるで英語の先生のような役割を果たします。

しかも驚くべきことに、これらのAIはどんな英語の先生よりも豊富な知識を持ち、完璧な英語を話し、完璧な日本語を話します。これらのAIは世界中の文献から学習し、その範囲は数百万冊に及びます。これほどの知識を持つ英語教師は現実的には存在しないでしょう。

そんなAIがこれからどのように進化するかを見てみましょう。将来的には、私たちがただ会話をしているだけで、AIが自動的に文法や単語の知識を身につけ、間違いを正し、英会話力を向上させる時代が来る可能性があります。この時代が訪れると、誰もがある程度の英語力を身につけるでしょう。そうなると、通常の通訳業務では食えなくなると言えるでしょう。


ちょっと英語できる人が、AIを使いプロレベルの通訳者に進化

いわゆるレベルの低い通訳業務は、今後「食えなくなる」かもしれません。なぜなら、AIと人間の英語力を組み合わせることで、通訳者の仕事自体が大きく変わり、より高度なスキルが求められるようになるからです。

では、具体的にはどういった変化が起こるのでしょうか。それは、中級レベル以上の英語力を持つ人がAIを活用することで、プロレベルの通訳者になれる未来が来る可能性があるということです。例えば、人間が自然な日本語のニュアンスを理解し、それを英語に翻訳する能力と、AIの驚異的な情報処理能力と正確性を組み合わせることで、その可能性は現実のものとなります。

もちろん、AIは完璧ではありません。しかし、ここで重要なのは、AIのミスを見つけ出し、修正する能力があるかどうかです。たとえば、AIが誤った表現や単語を使った場合、それを見つけ出し、適切な表現に修正する能力が求められます。これが中級レベル以上の英語力を持つ人々の重要な役割となります。

具体的には、英語でのコミュニケーション能力があることで、AIが「It’s raining cats and dogs」と表現した時、これが直訳ではなく、「雨が激しく降っている」という意味であることを理解し、適切に日本語に翻訳できます。また、AIが「He kicked the bucket」という表現を使った場合、直訳ではなく「彼は亡くなった」という意味であることを理解する力が必要となります。

そうした自身の英語力をAIと組み合わせることで、高品質な通訳が可能になると考えられます。そして、このような状況が現実になると、今までの「レベルの低い通訳業務」では食えなくなる可能性があります。それほど、AIと中級以上の英語力を持つ人間の組み合わせが、通訳業務の未来を大きく変える可能性があるのです。


「人間にしか理解できない」の壁を簡単に乗り越えるAI

通訳の領域で「人間の通訳者しか理解できないニュアンス」について考えるとき、この領域がAIにとって最後の砦とも言えるかもしれません。それは、人間の感情や微妙なニュアンス、ダブルミーニングや文化的背景など、人間が長年の経験と知識を組み合わせて理解することができる領域だからです。しかし、現状はすでに大きく変わっています。その変化の中心には、AI技術が位置しています。そしてその結果として、レベルの低い通訳業務では食えなくなる可能性がますます高まっています。

ここで特に注目したいのが、AIが文字ベースで人間を超えるほどの理解力を持つようになってきたという現象です。具体的には、OpenAIのChatGPTというAIです。このAIは、与えられたテキストの文脈を理解し、人間が行うようなニュアンスの解釈を可能にしています。

例えば、「彼女は彼を猫のようだと思った」という表現があったとき、これは直訳すれば「彼女は彼を猫のようだと思った」になります。しかし、人間の感情や微妙なニュアンスを理解している人間ならば、これは「彼女は彼が甘えん坊で、自由気ままで、独立心が強い」と解釈するでしょう。このような微妙なニュアンスも、ChatGPTは理解することができます。

また、ダブルミーニングや文化的背景、歴史的背景まで理解する能力を持つことで、通訳業務に求められる高度なスキルをAIが担うことが可能になりました。例えば、「彼は彼女にバラを贈った」は単純な事実を述べていますが、西洋文化におけるバラの象徴性を理解すると、愛情や敬意を表す行為であると解釈できます。これらの微妙な解釈も、ChatGPTは手に入れつつあります。

つまり、人間が理解できるものはほぼ全てAIによって理解できるようになってきており、その結果として、レベルの低い通訳業務では食えなくなる可能性が高まっています。


もはや人間が書いたのかAIが書いたのか見分けがつかない

我々の周囲を見渡すと、AIがさまざまな領域で活躍し、日々の生活を豊かにし、仕事を助ける姿を見かけることが増えてきました。特に通訳業界においては、その変化が顕著です。そして、その変化の中心に位置しているのが、細かなニュアンスまで再現する能力を持つChatGPTというAIです。その結果として、レベルの低い通訳業務では食えなくなる可能性が出てきています。

具体的な例を挙げてみましょう。例えば、「彼は夜更かしするのが好きです」というシンプルな文章があったとしましょう。この一文は直訳すれば「He likes to stay up late」となります。これは完全に正しい英語ですが、そのままではニュアンスが足りません。ここに「彼は真夜中まで活動するのが楽しい、それが彼の一部であり、それが彼を彼たらしい存在にしている」といった細かなニュアンスを加えることで、より生き生きとした表現ができます。「He revels in the thrill of burning the midnight oil, it’s part of what makes him who he is」といった具体的な表現です。

こういった細かなニュアンスまで反映することが可能なのが、ChatGPTの強力な点です。さらに、人間の通訳者が特定の表現に癖がついてしまうという問題も、AIには存在しません。AIはさまざまなパターンの表現を自在に生成することができます。そしてその結果として、レベルの低い通訳者よりも多彩な表現が可能となり、通訳業界における新たな風景が生まれつつあります。

AIの進化により、通訳業務が食えなくなるという見方もあるかもしれませんが、それはある種の視点に過ぎません。それよりも重要なことは、新たな可能性が開けてきているということです。AIの能力を上手く活用し、我々が新たな価値を創造することが求められているのです。


日本語力ですら負ける人間

人間が持つ語学力という能力、それを手にするまでには大量の時間と労力が必要ですよね。しかし、AIの登場によりその状況が大きく変わりつつあります。今や、AIは英語力も日本語力も、レベルの低い通訳者を圧倒するまでに至っています。その結果として、レベルの低い通訳業務では食えなくなるかもしれないという現状が迫っています。

AIの英語力と日本語力が優れている理由は、情報量と知識の広さにあります。具体的には、AIは全ての情報にアクセスし、それを分析・処理する能力を持っています。例えば、AIは”OpenAI’s GPT-4 can generate a coherent English text with proper grammar and vocabulary based on an input prompt.”という英語の文を即座に理解し、適切な日本語に翻訳することができます。その逆もまた然りです。

さらに、AIは人間のように物忘れすることもありません。AIは全ての情報に一貫してアクセスすることができ、適切な情報を条件に応じて選び出すことが可能です。例えば、ある特定の状況下で最も適した表現を選択することができます。そしてその選択は、その都度一貫して正確であり、人間が持つ癖や偏見に左右されることがありません。

これらの能力により、AIはすでに多くの人間を超越しています。もはや大半の人間には勝ち目がないのです。そして、この状況は特に、レベルの低い通訳業務を行う人々にとっては厳しい状況となっています。彼らは既に食えなくなる可能性があるという危機感を抱き始めています。

しかし、この変化は決して否応なく訪れるものではなく、我々がどのようにAIと共存するか、どのようにAIの力を利用して価値を生み出すかという視点から考えるべきです。今こそ新たな時代の幕開け、AIと共生する新しい通訳業の形を模索する時なのです。


ChatGPTは全分野で専門家。人間は?

今や、あらゆる専門分野でプロレベルの知識を持つChatGPTというAIの存在があります。これは通訳業界にとっても大きな影響を与えています。そのため、レベルの低い通訳者ではAIに太刀打ちできない状況にあるのです。その結果、レベルの低い通訳業務では食えなくなるという可能性が高まっています。

例えば、専門的な科学のテキストを思い浮かべてみてください。例えば、「The quantum superposition principle has been tested on particles, and even molecules, in an interferometer」のような専門的な文章を即座に解釈し、それを適切な日本語に翻訳する能力が求められます。しかし、このような知識は通訳者が日常的に使用するものではありません。一方で、AIであるChatGPTは即座にこの文章を理解し、それを適切に日本語に翻訳することが可能です。

AIは常に最新の情報にアクセスでき、その情報を瞬時に処理することができます。さらに、人間のように物忘れしたり、個々の癖に頼ったりすることがありません。この能力により、AIは条件に応じて最適な情報を選び出すことができます。これは特に専門分野において大きな優位性をもたらします。

そして結果として、人間が持つ語学力や情報量はAIに劣ることが多くなりました。大半の人間は、文章を理解するための情報量という点においても、英語を通訳するための英語力という点においても、日本語力という点においても、AIに敵わないのが現状です。

こういった状況が示すのは、レベルの低い通訳業者は今後食えなくなる可能性が高いということです。しかし、人間がAIに対してどのように競争するか、あるいはどのようにAIの能力を利用するかは、未だ探索途中です。これからの時代が人間とAIとの新しい関係性を模索する重要な時期となることでしょう。

ハイレベルな通訳の仕事は食える4つの理由


ミスの許されないシチュエーションでの人間の通訳者の重要性

AIが急速に発展する中、通訳業界もまたその影響を受けています。一方で、通訳が必要とされるレベルの状況では、人による確認が絶対に必要です。つまり、ハイレベルな通訳の仕事は残るのです。

通訳にはいろいろな種類があります。しかし、プロの通訳者が特に求められるのは、ビジネスや政治での交渉など、ミスが許されない場面です。確かに、AIによって多くの通訳業務は食えなくなる可能性があると言われています。しかし、その一方でAIは完璧ではなく、絶対にミスを犯す可能性があります。

具体的な例を挙げてみましょう。例えば、英語の表現「Break a leg」は文字通りに訳すと「足を折る」になりますが、実際には「頑張って」「成功を祈る」といった意味を持つ英語のイディオムです。AIがこの表現を初めて見た場合、文字通りの意味に訳すミスを犯す可能性があります。

しかも、AIは自分のミスを自ら気づいて修正する能力がありません。一方で、プロの通訳者はミスをする可能性がとても低いです。そして、もし通訳しずらい部分があれば言葉を濁したり、ミスをしたとしてもその後の文脈からミスを自ら修正することができます。これはAIが持つ能力とは全く異なる、人間だけが持つ特性です。

AIの発展とともにレベルの低い通訳業務は食えなくなるかもしれません。しかし、それはレベルの高い通訳が求められる状況で仕事を行うプロの通訳者には適用されません。ミスの許されない状況では、人間の通訳者は自らのミスを修正する能力を最大限に活用することで、より完璧に近い通訳を提供します。よって、このような状況でのプロの通訳者の将来性は明るいと言えるでしょう。


AIはリアルな世界に干渉できない

レベルの低い通訳業務がAIに取って代わられ、食えなくなる一方、ハイレベルな通訳の仕事はまだまだ人間の手に委ねられる部分が多いのです。

なぜなら、通訳を行うにはリアルな世界への干渉が必要だからです。たとえば、一つの具体的な例として、会議や交渉などでは、言葉だけでなく、その場の雰囲気や表情、ジェスチャーといったノンバーバルな情報も重要になります。これらの情報は、文脈を理解し、適切な翻訳を行う上で欠かすことのできない要素です。

しかし、現時点でAIは、こうしたリアルな世界への干渉を行う能力をまだ持っていません。人間の表情を理解し、その感情を正確に把握するというのは、AIにとっては非常に難しい課題です。それは人間の感情が非常に複雑であり、微妙なニュアンスを持つからです。

さらに、言葉というのは単なる文字情報ではなく、その背後には多くの体験や文化的背景が含まれています。例えば、英語の”Home sweet home”という表現は、文字通りに訳すと「家は甘い家」となりますが、実際には「自分の家ほど心地よい場所はない」というニュアンスを含んでいます。こうした背後にある体験や文化を考慮するというのは、まだAIには難しい課題です。

したがって、AIがどれだけ進化しても、リアルな世界への干渉やノンバーバルな情報の理解、背後の体験や文化を考慮する能力といった、通訳に求められるスキルをすべて持つことは難しいでしょう。そのため、レベルの低い通訳業務が食えなくなる一方で、ハイレベルな通訳の仕事は人間にとって重要な職業として残るでしょう。


平気で嘘をつくAIを見守る作業が必要

AIは確かに賢いですし、短時間で大量の情報を処理できる能力を持っています。それにより、単純な通訳業務はAIに取って代わられ、人間は食えなくなってしまいます。しかし一方で、AIには大きな欠点が存在します。それは、AIは平気で嘘をつくことができる、という点です。

具体的な例をあげてみましょう。あるビジネスシーンで、AI通訳が「契約は無効だ」と翻訳したとしましょう。しかし実際には原文の意味は「契約は有効だ」という全く逆の意味だったとします。これはAIがそれらしい文章を作るために、無意識に嘘をついてしまった結果です。

しかし、このようなほんの少しの誤りがビジネスシーンでは命取りになる可能性があります。ビジネスでは、細部にわたる正確さと信頼性が求められます。そのため、情報の信憑性に問題があるAIを用いて契約や交渉を行うのは、ビジネスを行う双方にとって大きなリスクを伴います。

よって、ハイレベルな通訳の仕事においては、人間の通訳者が求められるシーンは今後も多く存在するでしょう。契約書の作成や重要な交渉など、正確さと信頼性が必要とされる場面では、AIによる通訳ではなく、人間による通訳が必須となります。


翻訳にも編集者が必要なように、通訳にも確認作業は絶対に必要

ここで重要なのは、どれだけAIが高度化しようとも、その全てが完璧であるとは限らないということです。特にビジネスや政治といったミスが許されない場面では、人間の通訳者による最終確認作業が不可欠でしょう。言葉は文字情報だけではなく、文化や状況、時代背景など多くの要素が複雑に絡み合っています。これらを理解し、適切に表現するためには、AIだけではなく、人間の直感や判断力が求められます。

具体例を挙げてみましょう。例えば、あるアメリカ企業と日本企業とのビジネス交渉において、AIが「We hit a home run with this project.」(このプロジェクトは大成功だ)という表現を直訳した場合、「我々はこのプロジェクトで本塁打を打った」となるでしょう。しかしこれは、ビジネスの現場では意味が通じないかもしれません。そこで人間の通訳者が登場し、「このプロジェクトは大成功を収めた」という適切な訳を提供するのです。このようなシチュエーションは、AIがどれだけ進化しても変わらないと思われます。

確かに翻訳の仕事は減少の一途を辿るでしょう。しかし、それは「食えなくなる」状況ではなく、仕事の内容が変わるということであると私は考えています。これは翻訳の仕事が、純粋な文章の変換から、より深い意味を解釈し、表現するという作業へと移行するという意味です。これは「食えなくなる」のではなく、「新しい能力が求められる」状況なのです。

通訳者は今後、リアルな世界への干渉や人間のノンバーバル能力を活用し、AIと協働しながら、より高度な通訳作業を行うことが求められるでしょう。そう考えれば、ハイレベルな通訳の仕事は今後も残り続け、むしろその価値が高まっていく可能性もあります。これからの通訳者は、AIの助けを借りながら、自分自身のスキルを磨き続けることが求められるでしょう。

おわりに:本当に食えなくなる?


私たちは、AIの進歩とともに英語力や日本語力、そして専門的な知識について再考する時代に立っています。AIは既に低レベルの通訳業務を取り替える力を持っていますし、今後さらに進化し、ノンバーバルな要素や深い専門知識までもカバーできる日も近いかもしれません。しかし、その一方で、AIが「食えなくなる」理由も確かに存在します。AIの完璧さ、その情報信憑性やリアルな世界との関わり方にはまだ課題が残されています。

ミスの許されない場面では、特にプロの通訳者が果たす役割は非常に重要でしょう。また、確認作業の必要性、情報の信憑性、ノンバーバルなコミュニケーションなど、人間が果たすべき役割も確かに存在します。そして、それらはAIがいかに進化しても変わらない部分です。これらを考慮に入れると、ハイレベルな通訳者には確かに未来があると言えます。

言語とは、単に情報を伝達する手段ではなく、人間の経験や感情、思考を表現するためのツールです。そして、その奥深さはAIが到達することができる範囲を超えています。だからこそ、私たちはAIの発展を恐れることなく、それを利用しながらも人間としての働き方を模索し続けるべきです。それがAIと人間が共存する未来への道筋となるでしょう。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都新宿区
  • 時給1750円
  • 英語教育
  • Kix English School
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 時給5000円
  • 英語教育
  • 株式会社らいひよ

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X