ENGLISH WORK公式

10年後グランドスタッフの将来性は明るい9つの理由

  • 投稿日時:8か月前

空港の舞台裏で活躍する、乗客と直接接する仕事、それがグランドスタッフの職業です。しかし、最近では、その「グランドスタッフの将来性」について様々な視点から議論がされています。なぜなら、AIの進歩や自動化、そしてサービス業としての給料の問題など、幾つかの要因がグランドスタッフの将来を左右するからです。

この記事では、「グランドスタッフの将来性」をキーワードに、業務の自動化とシステム化、AI時代に求められるスキルの必要性、そして給料の問題といった観点から検討していきます。それぞれのテーマについて詳しく掘り下げることで、グランドスタッフの職種がこれからどのように変わっていくのか、または変わるべきなのか、その一端を考えてみたいと思います。


10年後もグランドスタッフの将来性は保証されている理由

今後もビザやワクチン接種証明はグランドスタッフがやる必要がある

今やテクノロジーの進化は止まることを知りません。空港でも、WEBチェックインや空港内の自動チェックイン機の導入により、お客様自身が手続きを済ませることが可能になりました。しかし、私たちが議論を深めていきたいのは、「グランドスタッフの将来性」です。特に、国際線におけるグランドスタッフの役割とその将来性について詳しく見ていきましょう。

国際線では、パスポートだけでなくビザやワクチン接種証明など、様々な書類の確認が必要です。それらは一人一人の旅行者が持っている、その国への入国許可や健康状態を示す重要な証明書です。それらの確認作業は、AIや機械による自動化が進んだとしても、人間の目と判断力に頼らざるを得ないのです。

なぜなら、ビザやワクチン接種証明の確認作業には、複雑な情報の読み取りや、さまざまな例外事項への対応など、高度な認識能力と判断力が求められます。例えば、一部の国ではビザに関する情報が手書きで記入されることもあります。そのような情報を確実に読み取るためには、人間の目と理解力が必要です。また、ワクチン接種証明書も、接種したワクチンの種類や接種日など、様々な情報が詳細に記されており、それらを正確に確認することが重要です。

そして何より、グランドスタッフの役割は、ただ書類を確認するだけではありません。将来的に国際情勢が動揺し、新たなビザのルールが設けられたり、新たな感染症が発生しワクチン接種証明の取り扱いが変わったりした場合、その都度適切な対応を求められます。こうした変動的な状況下では、人間の柔軟な判断力が必要となります。

2019年から2020年にかけてのCOVID-19のパンデミックは、それを明らかに示しています。WHOの報告によれば、この時期には世界で20以上のワクチンが緊急使用を許可されました。しかし、それぞれのワクチンは接種スケジュールや効果、接種対象年齢などが異なり、それらを確認し、旅行者の健康と安全を守るためには、人間の確認作業が不可欠でした。

以上のような理由から、国際線のグランドスタッフはその重要性を失わず、むしろ今後の世界情勢によってはその存在価値がより一層高まると言えるでしょう。したがって、グランドスタッフの将来性は、このような課題を前にしても保証されると断言できます。実際、仕事の一部は自動化されても、人間の視点と判断力を必要とする業務はまだまだ存在します。


多くの人はWEBチェックインや自動チェックイン機を使うのが怖い

テクノロジーの進歩は、空港でもその影響を見せています。一方で、すべての人が最新のテクノロジーに慣れているわけではありません。さらに、飛行機の利用が頻繁ではない人々にとって、新しいシステムについて理解するのは難しいかもしれません。この点こそが、グランドスタッフの役割が不可欠であり、その将来性が確保されている理由と言えます。

WEBチェックインや自動チェックイン機は、乗客にとって便利なツールであり、大きな革新をもたらしました。しかし、その一方で、特に年配の方々やあまり飛行機を利用しない方々からすれば、それらは難解に感じられるかもしれません。

こうしたユーザーたちは、チェックイン時に技術的な問題や疑問に直面した場合、人間のアシスタンスを必要とします。また、WEBチェックインや自動チェックイン機の操作自体に不慣れな人々も、人間によるサポートを求めることが多いです。さらには、予期せぬ問題や急な変更が生じた場合、人間のグランドスタッフが対応することで、旅行者の不安を軽減することができます。

その他にも、荷物の重量超過や特別な手配が必要な場合、または航空券のアップグレードや変更が必要な場合など、WEBチェックインや自動チェックイン機では対応できないシチュエーションは数多く存在します。こうした場合にも、グランドスタッフの役割は極めて重要です。

したがって、グランドスタッフの役割は、新しいテクノロジーが普及した現代でも重要であり、その将来性は疑いようのないものです。確かに、テクノロジーの進化により一部の業務は自動化されましたが、それでもまだ人間の視点や判断力が必要な状況は多く存在します。したがって、グランドスタッフの存在価値、そしてその将来性は、今後も確保されると言えるでしょう。


乗り遅れそうな人を探すのもグランドスタッフの仕事

現代の航空旅行では、精密なスケジュールが求められます。そのためには、乗客が適切な時間に搭乗口に到達することが重要です。搭乗が遅れると、飛行機自体のスケジュールに影響を及ぼし、他の乗客にも迷惑をかける可能性があります。その点を考慮に入れると、グランドスタッフの役割は大変重要で、その将来性は確かに明るいと言えます。

具体的には、グランドスタッフは、チェックインはしたが搭乗時間になってもゲートに来ていないお客様を探すなど、乗り遅れを防ぐための役割を果たします。その役割は、乗り遅れるという個々の問題を超えて、航空会社のスケジュール維持や他の乗客への配慮といった観点で重要性を持つのです。

また、グランドスタッフの存在は、ホスピタリティの観点からも極めて重要です。搭乗ゲートで最終呼出しをするグランドスタッフ、お客様に対して笑顔で対応するグランドスタッフ、これらの人間の温かみとサービス精神は、AIや機械では決して再現できません。航空会社が提供するサービスの一部として、こうした人間らしい接客サービスは、お客様の満足度を高め、航空会社のブランド価値を向上させる重要な要素です。

したがって、グランドスタッフの役割は、乗り遅れ防止やホスピタリティという観点から、その存在価値と将来性が保証されていると言えます。AIが発展し、多くの業務が自動化されるとしても、人間の温かさや人間の目での確認が必要な部分は存在し続けます。そのため、グランドスタッフの役割とその将来性は、今後も確保されることでしょう。


別人が搭乗しないようにゲートでグランドスタッフが確認:テロ防止

航空旅行の安全性を維持する上で、乗客一人ひとりの確認が極めて重要であることは言うまでもありません。その点を考慮に入れると、搭乗ゲートでの顔認証は、その安全性を維持する上で欠かすことのできないプロセスであり、それによってグランドスタッフの存在意義とその将来性は高まると言えます。

その根拠として、具体的な事件を挙げると、2001年のアメリカ同時多発テロ以降、飛行機に搭乗する際の安全対策は世界的に強化されています。このテロ事件により、全世界の航空産業は激しい変動を経験しました。それ以来、セキュリティの重要性がますます認識され、その一環として搭乗ゲートでの顔認証は重要な位置を占めています。

飛行機に搭乗するにあたって、パスポートとチケットが一致し、パスポートの所有者本人が実際に搭乗していることの確認は必須です。この作業を疎かにすると、パスポート所有者とは異なる人物が搭乗するという非常に危険な状況が生じる可能性があります。これがテロリストによるテロ行為につながると、航空会社は大きな責任を問われることとなります。

現状では、このような重要な認証作業を行う役割を果たすのがグランドスタッフです。彼らは、乗客が搭乗ゲートに到着した際にパスポートと顔を見比べ、所有者本人が搭乗することを確認します。この作業は、テクノロジーの進化によって自動化されつつありますが、依然として人間の目での確認が必要です。

つまり、搭乗ゲートでの顔認証は、グランドスタッフの重要な役割であり、その将来性を確保しています。AIや自動化技術の発展により多くの業務が変わりつつある中でも、航空旅行の安全性を維持するためにはグランドスタッフの存在は欠かせないものです。

このように、全世界の航空産業におけるセキュリティ対策の強化は、搭乗ゲートでの顔認証をはじめとするグランドスタッフの役割を強化しており、その将来性を確保しています。テクノロジーの進化とともに、彼らの役割は変わるかもしれませんが、それでも彼らの存在は航空旅行の安全性を維持する上で欠かせないものとなるでしょう。


車椅子やお子様など、特別な対応が必要なお客様がいる

飛行機の乗客は、若者から高齢者、ビジネスパーソンから観光客、そして健常者から身体に制限がある人々まで、幅広い背景を持つ人々で構成されています。この多様な乗客全員がスムーズに飛行機に搭乗できるように、特別な対応を提供することが求められる場面が日々発生します。そのような場面では、グランドスタッフの役割が非常に重要であり、その存在が今後も必要であることを示しています。よって、グランドスタッフの職種には将来性があります。

具体的な例を考えてみましょう。一部のお客様は車椅子を使用して生活している場合があります。これは年齢や健康状態に関係なく、飛行機に搭乗するために特別なサポートが必要な場合があります。その他、怪我や病気の治療の一環として松葉杖を使用している人もいます。これらの方々は、一般的な乗客とは異なる対応やサポートが必要です。

たとえば、搭乗ゲートまでの移動や飛行機への搭乗、そして飛行機からの降機時には特別な援助が必要でしょう。これらの特別な対応は、グランドスタッフが担当します。彼らは車椅子の乗客を搭乗ゲートまでエスコートしたり、搭乗口で乗客を迎えて飛行機に搭乗するのを手伝ったりします。これらの作業は機械や自動化では対応できず、人間の配慮と助けが必要です。

そのため、特別な対応が必要な乗客のサポートを続けるためには、グランドスタッフの存在は不可欠です。特に人間の配慮や細やかなサービスが必要とされる航空業界においては、グランドスタッフの役割は今後も重要であり、将来性があると考えます。

こうした特別な対応が必要な乗客の存在は、グランドスタッフが提供するサービスの一部に過ぎません。しかし、それらは極めて重要なサービスであり、航空会社の評価や乗客の満足度に直接影響を与えます。これらのサービスを提供し続けることで、グランドスタッフの仕事の価値は高まり、その将来性も明るくなるでしょう。


グランドスタッフのホスピタリティ力は他業種でも活かせる

航空業界に身を置くグランドスタッフは、特有のスキルセットを日々磨き続けています。そこには、高度な人間関係スキル、異文化間コミュニケーション、英語力、細やかなホスピタリティ、そして厳しい時間管理が含まれます。これらのスキルは非常に特異で、それらが他の業界で容易に活用できないという認識が一部にはあります。これが、一部でグランドスタッフの職種が将来性を欠くと言われる一因となっているのです。

しかし、私の見解は少々異なります。確かに、グランドスタッフが持つ特定のスキルセットが、マーケティングや企画などの領域で直接活用できるわけではありません。しかし、スキルとは「どれだけ柔軟に適応し、新たな環境に馴染むことができるか」を試すものです。

例えば、グランドスタッフが日々鍛えているホスピタリティは、ホテル業界やレストラン業界、そして広くサービス業全般で非常に重宝されます。その理由は明らかです。顧客に対する気配り、細やかなサービス、そしてプロフェッショナルな態度は、どの業界においても高く評価される資質です。これらを身につけているグランドスタッフは、ホテル業界への転職をスムーズに行うことが可能です。

また、航空業界で培った英語力もまた、非常に有用なスキルです。グローバル化が進む現代社会において、語学力は広範な業界で求められる資質となっています。英語講師や商社など、英語力を活かせる職種への転職も可能です。

このように見ていくと、グランドスタッフの持つスキルが他の業界で応用しにくいという考え方は、一部の視点に過ぎません。それはある種の固定観念であり、グランドスタッフが持つスキルの幅広さと柔軟性を見落としています。

私たちは、個々のスキルがそのまま他の業界で活用できるかどうかという視点から、スキルがどれだけ自分自身を成長させ、新たな挑戦を可能にするかという視点に移行するべきです。その意味で、グランドスタッフの仕事は個々のスキルを強化するための素晴らしいプラットフォームであり、確固たる将来性を秘めていると私は考えます。


グランドスタッフとして身につくマナーや接客力は将来活きる

航空業界におけるグランドスタッフの業務は、それ自体が一種のマナーと接客術の実践場であり、そこで磨かれた技能は他の仕事でも活かすことができます。こうしたスキルは、業界を問わず、社会人として大切な資質であり、多くの雇用主が求めるものです。グランドスタッフとして身につけた優れたマナーと接客術は、例えばホテル業、レストラン業、販売業、さらにはオフィスワークなど、さまざまな職種で役立つでしょう。

グランドスタッフの仕事は、顧客対応の一環として非常に高度なマナーと接客術を必要とします。これらの技能は日々の業務を通じて身につけ、それらはお客様との接触機会が多い業務では重要なスキルとなります。例えば、レストランのウェイターやホテルのフロントスタッフなどは、直接お客様と対話する機会が多いため、グランドスタッフとして磨いた接客術が大いに役立つでしょう。

そして、それらのスキルはマナー重視のビジネス環境でも非常に価値のあるものとなります。例えば、企業の顧客サービス部門や、外資系企業のオフィスワークなどでは、礼儀正しさやプロフェッショナリズムが求められます。グランドスタッフとしての経験は、こうした環境での対人スキルを養うのに役立ち、あなたを他の応募者たちから一歩引き立てるでしょう。

私たちが考えている「将来性」とは、自身のスキルや知識がこれからの社会でどれだけ価値を持つか、そしてそれが自身のキャリアをどのように進展させるかを指します。グランドスタッフとしての経験が、他のどの仕事でも活かせるということは、その職種の将来性を大いに高める要素だと言えるでしょう。


イレギュラー対応の対応力はどんな仕事でも使える

グランドスタッフの業務において、非常に大切なスキルがイレギュラー対応です。飛行機の遅延や欠航、天候の変化、機材のトラブルなど、さまざまな予期せぬ事態に対応する力は、他の仕事でも大いに活かせるでしょう。ここでは、その対応力とその将来性について考えてみましょう。

まず一つに、イレギュラー対応は即座に状況判断を求め、迅速かつ的確な対応を要します。これは意思決定力、プロジェクト管理、リーダーシップなどのスキルに通じています。たとえば、飛行機の遅延が発生したとき、グランドスタッフは迅速に乗客に情報を伝達し、代替の手段を提案しなければなりません。また、その際には混乱や怒りを抑え、穏便に事態を解決するためのコミュニケーション力も必要とされます。これらのスキルは、他の仕事でも重要な要素となるでしょう。例えば、プロジェクトリーダーやマネージャーとして問題解決のための新たなアプローチを提案したり、クライアント対応においてもクレーム対応などの状況下でも冷静に対応する力は重宝されます。

二つ目に、グランドスタッフが培うイレギュラー対応力は、ストレス耐性と対人スキルを鍛えることにも繋がります。欠航や遅延が発生したとき、グランドスタッフは様々な問題を解決しなければなりません。一部の乗客は怒りや不満を露わにするかもしれませんが、そのような状況でも平常心を保ち、適切な対応を行うことで、より良い解決策を見つけ出すことができます。この経験は、クライアント対応や営業など、人々と接する仕事においても大きな利点となります。

最後に、イレギュラー対応力は「問題解決能力」そのものと言えます。問題に遭遇したとき、その原因を特定し、可能な解決策を探り、最適な行動をとる――これらは、どの業界においても有用なスキルです。

以上から、グランドスタッフが培ったイレギュラー対応力は、他の仕事でも大いに活かすことができると言えます。将来性の観点から見ても、この能力を身につけることで、他の応募者たちと差をつけることができるでしょう。

グランドスタッフの将来性が暗いと言える3つの理由


グランドスタッフの仕事はすでに大半が自動化可能

自動化とシステム化は、多くの業種で進行中の現象であり、航空業界も例外ではありません。特に、グランドスタッフの仕事における自動化の波は、その将来性を疑問視する一因となっています。しかし、一体どの程度の影響があるのでしょうか。今回は、この問題について深掘りしていきたいと思います。

まず、現在のグランドスタッフの業務には、チェックイン、搭乗ゲートでの確認、ビザやワクチン接種証明の確認などが含まれています。これらの業務は、すでに一部が自動化されつつあります。例えば、チェックイン作業は、自動チェックイン機が導入されることで、グランドスタッフが直接行う必要が減ってきています。

さらに、AIや顔認証技術の進化により、搭乗ゲートでのパスポートや顔の確認も自動化が進められています。

また、ビザやワクチン接種証明の確認も、デジタル化が進む中で自動化の波が押し寄せています。各国が共通のデジタル証明書を導入する動きがあり、これにより、確認作業はスムーズかつ自動的に行えるようになる可能性があります。

以上のような動きを見ると、確かにグランドスタッフの業務の一部は自動化とシステム化により変化しています。そして、この自動化の波が進む中で、グランドスタッフの将来性が危ぶまれる声も出ています。


AI時代で生き残るスキルが身につかない?

AI時代が到来し、様々な業務が自動化やシステム化の波により変革されていく中で、その将来性が疑問視される職種の一つにグランドスタッフが挙げられます。その理由として、AI時代に必要とされるスキルの獲得が困難なことが挙げられます。

確かに、グランドスタッフの業務には、チェックイン作業や搭乗ゲートでの確認、ビザやワクチン接種証明の確認など、ルーティンワーク的な部分が多いと言えます。そして、AI時代においては、このようなルーティンワークはどんどん機械に取って代わられていく可能性があります。自動チェックイン機の導入により、グランドスタッフが直接行うチェックイン作業が減少していることは、その一例と言えるでしょう。

一方、AI時代に求められるスキルとは何でしょうか。それは創造力です。AIが得意とするルーティンワークに対して、人間がもつ唯一無二の能力、それが創造力となります。

これらを考慮すると、グランドスタッフという職種の持つルーティンワーク的な要素と、AI時代に求められる創造力というスキルは、一見すると相反するもののように感じられるかもしれません。そして、これがグランドスタッフの将来性が問われる一因となっているのです。


グランドスタッフの給料は将来的にも上がる可能性は低い

さて、ここまでAI時代の影響とともにグランドスタッフの将来性について考察してきましたが、この問題において欠かすことのできない要素が給料の問題です。社会的意義を持つ一方で、あまり明るくない将来性が見え隠れするグランドスタッフの現状において、給料は切っても切れない課題と言えるでしょう。

グランドスタッフは、その性質上、サービス業となります。そのため、業績と給料の関係は直線的ではありません。例えば、レストランのウェイターやウェイトレスがいくら最高のサービスを提供したとしても、その直接的な結果が会社の売り上げに反映されるわけではありません。同様に、グランドスタッフが素晴らしいサービスを提供しても、その結果が直接自分の給料に反映されるわけではありません。

さらに、グランドスタッフの業務には、ルーティンワーク的な部分も多いという現状があります。一度覚えてしまえば、誰でもこなせる作業もあるため、給料の上昇が限定的となる傾向にあります。

こうした給料の問題が、グランドスタッフの将来性を疑問視する一因となっています。社会的意義を持ちながらも、給料が低いという状況は、個々の生活やキャリア計画に影響を及ぼす可能性があるからです。

おわりに:グランドスタッフの将来性を再評価する


以上、各セクションで深堀りしてきた通り、グランドスタッフの将来性には一筋縄ではいかない課題があることが明らかになりました。AIの進歩と業務の自動化、スキルの必要性、給料の問題という多面的な視点から見てきたグランドスタッフの将来性について、皆さんはどのように感じましたか?

ただし、これらの課題に直面する中でも、グランドスタッフの仕事が必要とする対人スキルやイレギュラーな状況への対応力、そしてホスピタリティといった、機械には代替できない人間の力があることを忘れてはいけません。それらは他の業界や職種でも通用する、非常に価値の高いスキルセットです。

だからこそ、グランドスタッフの仕事の将来性について考える際には、単に技術の進歩や給料面だけを見るのではなく、多角的に、そして深く見つめる必要があるのではないでしょうか。それが、真の「将来性」を見極める鍵となるはずです。それぞれの立場から、これからのグランドスタッフの将来性を考える一助となれば幸いです。

ENGLISH WORKで人気の英語求人

  • アルバイト
  • 掲載終了まで 4年
  • アルバイト
  • 東京都渋谷区
  • メディア・エンタメ
  • Welcome Tokyo
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 9か月
  • フリーランス
  • 814-0021 福岡県福岡市早良区荒江3-11-2 讃井ビル1階
  • 時給1200円
  • 英語教育
  • (株)PebyStyle
  • 契約社員
  • 掲載終了まで 1か月
  • 契約社員
  • 674 Harmon Loop Road
  • 建設業
  • Obayashi Corporation Guam Office
  • フリーランス
  • 掲載終了まで 1週間
  • フリーランス
  • 東京都千代田区丸の内2丁目3−2 郵船ビルディング
  • 時給3000円
  • コンサルティング
  • GNS Science
  • アルバイト
  • 掲載終了まで 1か月
  • アルバイト
  • 東京都豊島区池袋
  • 時給1500円
  • 英語教育
  • 株式会社R
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都千代田区麹町5−3−23 日テレ四谷ビル 8F
  • 英語教育
  • 株式会社ワンコイングリッシュ
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都港区高輪1丁目2−17 高輪梶ビル2F
  • 年収380万円
  • 月給32万円
  • 時給2000円
  • 英語教育
  • 有限会社 英語の時間
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 プログリット新宿センタービル校
  • 年収450万円
  • 英語教育
  • 株式会社プログリット
  • アルバイト
  • 掲載終了しました
  • アルバイト
  • 東京都台東区浅草橋
  • 時給1200円
  • ホテル・宿
  • スターリット株式会社
  • 正社員
  • 掲載終了しました
  • 正社員
  • 福岡県福岡市中央区清川1丁目7−12 大戸ビル B1F 103
  • 年収350万円
  • 英語教育
  • 株式会社Morrow World

英語を活かせる求人を検索する

都道府県、市区町村、駅名
職種
こだわりの条件

関連記事

© All rights reserved. ENGLISH WORK

特定募集情報等提供事業者の登録番号:51-募-000992(厚生労働省HP

英語を活かせる仕事を見つける→

X